アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第13話「大ピンチ!敵は5大ガンダム」

機動武闘伝Gガンダム 第13話「大ピンチ!敵は5大ガンダム」

機動武闘伝Gガンダム 第13話「大ピンチ!敵は5大ガンダム

 

機動武闘伝Gガンダム 第13話「大ピンチ!敵は5大ガンダム

 


隊長:こちら東地区。デスアーミーの連中に西地区が襲われている。救援を頼む!

マスター・アジア:んん…こざかしい雑兵どもめが…目にもの見せてくれるわぁぁ!そぉぉれっ!たたたたっちぇぇぇりゃゃぁ!ほいっほいっほいっほいっほいっとぅぉぉぉ!!つおおお!今だドモン。

ドモン:うおおおおりゃあああ!!へっ次から次へとこれじゃ切りが無い!これも兄貴…いやキョウジのしわざか!ならばこの手で倒してやる!一体残らず!はぁぁぁぁ!!

ストーカー:さて…ネオジャパンの新宿シティで、ドモンはマスターなる人物と再会しました…そして新たな運命の歯車が、回り始めたのです。さらにこの町では今、デスアーミーと呼ばれる謎のモビルスーツ軍団と、生き残った人たちが激しい戦いを繰り広げているのです。今日の相手はなんと、あの4人のガンダムファイターです。そしてさらに恐ろしい謎のガンダムが。それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


大ピンチ!敵は5大ガンダム


マスター・アジア:ピアノの曲が聞こえるですと?

通信兵士:ケーブル放送のチャンネルで、偶然キャッチされたんです。

市長:つまり、生存者が他のエリアにもおるというのかね。

通信兵士:おそらく…

マスター・アジア:助けを求める人々がいるのでしょう。

ドモン:ピアノに乗せたSOSか…

レイン:どこから発信しているか、わからないんですか?

通信兵士:かつて電波塔として使われていたタワーからだと確認されている。

マスター・アジア:地下放送局を開くには持ってこいの場所だな。

通信兵士:生存者がいるのは間違いない。

兵士:じゃあそこまで助けにいくのかい?

マスター・アジア:助けを求めている人々がいるとわかった以上、見過ごすわけにはいかんだろぉ。

通信兵士:うむ…見殺しにはできん。

市長:ま…待ってくれ!生存者を助けるのも大事だが、ここの守りが弱くなるのは困る!

通信兵士:ううん…確かに…

マスター・アジア:いやいや最小限の人数で充分。

通信兵士:というと?

マスター・アジア:そうだな…私を入れて二人…

市民:マスター自ら?たった二人で?

兵士:無茶だぜ!あそこは敵の支配しているエリアの中だ!やられに行くようなもんだぜ!

マスター・アジア:いや…大勢で派手に動けば帰って敵に悟られる。そうは思わんかドモン。

ドモン:師匠…

マスター・アジア:ドモン。ワシと一緒に行ってくれるな!

ドモン:喜んで!

マスター・アジア:ふっ…よいかドモン。例え二機と言えども、敵は見逃してはくれんぞ。心してかかれよ! ドモン:はい。師匠!さすがは師匠。動きが軽い。

マスター・アジア:さっそくきおったぞドモン。ワシらの力を知らんと見える…ゆくぞっ!たったったったったっちああー!うおおおお!!はああ!見事だドモン。相当修行を積んだらしいな…

ドモン:師匠の教えがあればこそです。

マスター・アジア:ふむ…お前との修行時代を思い出すのぉ…

ドモン:久々に血が騒ぎます!

マスター・アジア:ゆくかドモン。

ドモン:はい!

レイン:目標のタワーは、我々の防衛エリアの外ですが、敵の警戒が手薄なルートがあります。四ツ谷から議事堂前を通り、霞ヶ関を抜けてタワーへと向かいます。このルートなら、戦闘を避けて進めます。ただし防衛エリアの外は電波妨害のため、こちらの連絡は出来なくなります。

市長:あの二人、まるで危険を楽しんでいるかのようだ。他の連中とは全然違う。

兵士:彼らはガンダムファイターです。我々の常識は通じませんよ。

レイン:えっ…はい、タワーの周りにすごいエネルギー反応が4つも…ドモン達が危ない!

マスター・アジア:ドモンよ感じるか。邪悪な気が我々を待ち伏せておるぞ。

ドモン:邪悪な気?

マスター・アジア:まっ退屈しのぎには丁度よいわ。どうだドモン。ここは一つ、どちらが先にタワーに着くか勝負しようではないか。

ドモン:勝負ですか?

マスター・アジア:お前の腕前見せてもらおう。とっ!

ドモン:師匠!

マスター・アジア:先にゆくぞ!

ドモン:ガンダムを置いて一人で行くとは…負けませんよ師匠!

レイン:ドモォォン!待ってよ!ガンダム並のエネルギーを持ったモビルスーツが、タワーの周りにいるのよ!それも4機!この先ひとりで行くのは危険だわ。第一マスターはどこなの?

ドモン:ガンダム並のパワーを持ったモビルスーツ…まさか…

レイン:ドモン。私も行くわ。連れてって!

ドモン:レイン。この地下鉄はタワーまで行けるのか?

レイン:地下鉄?ちょっとまって…あるわ…予定と同じコースでタワーへ行けるけど、列車は動いてないみたい。 ドモン:よし、俺はここから行く。

レイン:こんな所から?無茶よ!

ドモン:ガンダムの右手の反応が遅い!調整不足なんじゃないのか?

レイン:え?そうなの?あっドモン!

ドモン:ガンダムと一緒におとなしく待ってろ!

レイン:もう。私だってシャイニングガンダムのクルーなんですからね!ふん。

ドモン:ガンダムに乗って師匠に勝っても意味は無い。レインも、ガンダムがあれば安全なはずだ。デビルガンダムが気になるからな。なるほど、この様子じゃ列車は走れないな。師匠もここを通って行ったんだ…俺も…ん? レインのデータも相変わらずだな…まるで俺の専用列車だな…ん?こんな列車に一体誰だ?

チボデー:ふふっふっふっふっふっ…久しぶりだな!ジャパニーズ!

ドモン:チボデー・クロケット!こんな所になぜ!

チボデー:ぷっ…貴様と闘うためさ…

ドモン:なんだと!一体どういうつもりだ!

チボデー:うおおおお!!

ドモン:どぅああっ…くっやめろ!チボデー!今はそれどころじゃない!はぁっ

チボデー:とぅお…

ドモン:以前のパンチとは、ケタ違いだ!

チボデー:ふっどうしたジャパニーズ!この程度でTHE・ENDか?ふははははははは…

ドモン:チボデー…

チボデー:ガッデム!ぬぅぅ…

ドモン:助かったぜ…しかし…

レイン:全然調子いいじゃない!ほんとにもう。ええっ?やだっ敵のモビルスーツがここに集まってきてる!?私を狙ってるの?ちょっと待ってよ!ドモォォン!

ドモン:チボデーのパワー、スピード!あれは一体ん?な…なに!反対方向から列車が!後ろからも?くぅ…

 

 

ドモン:前と後ろからか!どっちが早い……前か!ただの列車の暴走とは思えん…誰かが俺を狙っているのか…ん?

サイ:上手く逃げたもんだね。さすがだよアニキ!でもね…ゲームはまだ始まったばかりさ。楽しんでもらえると思うよ、アニキ?

ドモン:はっ!上で戦闘か!まさかレインが…いやあいつなら闘う前に逃げ出すか…

レイン:オートマチックじゃあんなにたくさん相手にできないわ!こうなったらモビル・トレース・システムを作動させれば!私だって…ううう…あああ…うええっん…ああ…き…きつい…う…うう…うっ!あんた達、かかってらっしゃい!はぁぁぁぁ!!ふん!女だからって!負けないわよ!

ドモン:ここは一体…どぅおっ!くっ俺を狙ってる!うおお…この攻撃、俺がここに現れるのを待っていたかのようだ!これもデスアーミーの仕業か…ん?ネオロシアのアルゴ・ガルスキー!お前がなぜここに!

アルゴ:ドモン・カッシュ!お前を倒すためだ!

ドモン:お前の相手をしている暇は無い!はぁ!

アルゴ:ぬぅぅぅぅ…ぬっ?

ドモン:奴が列車を操っていたのか…

チボデー:アルゴ、のんな…

サイ:あっちゃああ…逃げられちったか。まっいいや。どうせ行き先はわかってるんだ。待ってなよアニキ!

ドモン:チボデーにアルゴ…二人とも俺を狙ってた…何故だ!ああ…外からの光か!運が良かったぜ!これ以上地下を進むのは危険だ。おお…丁度タワーの下だったのか…師匠の事も気になる…急ぐか!

レイン:あたるもんですか!はぁっ!えっ…いい調子よ。がんばって早くドモンの所へ行かなくちゃ。えっ何?あああっ!!

ドモン:こんな所に、本当に誰か居るのか?ん?ピアノか?間違いない。この中からだ。師匠。どうやら俺の勝ちですね…助けに来たぜ!ピアニストさんよ!どうした助けに来たんだぞ…

ジョルジュ:ふっふっふっふっふっふっふっ…ようこそドモン・カッシュ

ドモン:ジョルジュ!お前がピアノを弾いていたのか!一体どういう事だ!

ジョルジュ:その答えが知りたいですか?

ドモン:答えだと?どぅわぁぁぁぁ…

サイ:久しぶりだねドモンのアニキ。

ドモン:サイ・サイシーお前もか!全てはお前たち4人が仕組んだ罠だったのか!

ジョルジュ:やっと気づいたようですね!

チボデー&サイ&&アルゴ:はあっ!

チボデー:行くぜ!

アルゴ:勝負だ!

サイ:へっへっへっへっへっ!

ドモン:お前たちその力は!

サイ:はぁぁ…あたたたたたたたた!!いやああ!!

ドモン:くぅぅぅ…こいつも強くなってる…一体…くぅあっ…

アルゴ:ぐぅおおおお!!

ドモン:うおおおお…!!

チボデー:まだまだ!

ドモン:どぅおおおお!!

ジョルジュ:ふっふっふっふっふっふ

ドモン:ぐぅ…

チボデー:驚いたかジャパニーズ!

サイ:強くなったろオイラ達。

アルゴ:体の中から力が溢れてくるかんじだ…

チボデー:信じられねぇほど素晴らしいぞこの力!

サイ:アニキも欲しいだろ!

ジョルジュ:あの方に頂いたこの力!

ドモン:あの方だと?キョウジ!

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:へっへっへっへっへっへっへっ…

ドモン:お前たちがキョウジの手先になってしまったのなら、俺は負けるわけにはいかない!キング・オブ・ハートの名に懸けても!!

チボデー:こ…これは!

ドモン:なんだ!ガンダムが?どうしてここへ?はぁっ!レイン!ファイティングスーツを着るなんて、なんて無茶な!

レイン:敵が待ち伏せてて…

ドモン:はぁっ…!奴らガンダムまで用意してたのか!こうなったら強行突破しかない!

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:へっへっへっへっへっへっ

レイン:ドモン。あ、あれ…

ドモン:ん?なんだ!

ドモン&レイン:はぁぁ…

ドモン:あれもガンダムなのか…

レイン:あれは…!

ドモン:はあっ!

レイン:あ、あのガンダムよ!私が襲われたのは!

ドモン:なんだって!まさか…

マスター:ダークネス…フィンガァァァ!!

ドモン:うああ…くぅ…すごい!これほどのパワーを持っているとは何者だ!まさか、デビルガンダムの!奴もキョウジの手先なのか!ならば、叩きつぶしてやるぅぅぅ!ぐぅぅぅ…ぐぅぅぅぅ…ぬぅあああ…シャイニングフィンガーが、押されてる!?こいつのパワーは段違いに上だ!このままじゃ…

レイン:うう…

ドモン:レイン!いいか!今のうちにコアランダーで脱出しろ!一人ならなんとか逃げ出せる!

レイン:ドモン!

ドモン:急げっ!

レイン:なんで私だけ!!あなたも一緒に!!

ドモン:これは、俺とキョウジの闘いだ!お前をまきぞいにはしたくな…ああっ!レイン!

レイン:私、あなたのパートナーよ!だから一緒に闘うの…!

ドモン:レイン…!

(★は同時。)

★>ドモン:俺の

★>レイン:私の

ドモン&レイン:この手が光って唸る!お前を倒せと輝き叫ぶ!ひっさぁつ!シャイニングゥ…フィンガァァ!いぃぃけぇぇぇぇ!!

ドモン:うう…はあっ…

マスター・アジア:ドモン。

ドモン:師匠!

マスター・アジア:お前の話が本当なら、全ては罠だったのか…それにワシもまだ見た事の無い、巨大な角のガンダム

ドモン:はい。なんとか二人で切り抜けましたが…

マスター・アジア:とにかく奴らの力はまだまだ計り知れぬ恐ろしさがあるらしい。油断するでないぞ!

ドモン:はい、師匠!!

ストーカー:さて、なにやら物語にはさらに怪しげな雲が広がり始めました。果たしてあの恐ろしいガンダムの招待は。そしてチボデー達は本当にデビルガンダムの手先になってしまったのか。これらは全て、ドモンの兄であるキョウジの仕業なのでしょうか…それとも、別の誰かが…

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!さらに驚きです。レインが見たものは、不気味な兵士たちの工場でした。謎が深まる中!またも襲い来るデスアーミー軍団!そしてライバルに苦戦するドモンの前で、ついにマスターの正体が明かされるのです!機動武闘伝Gガンダム!「衝撃!シャイニング・フィンガー敗れたり」にぃー!レディィィ…ゴー!