アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第19話「激闘!ドラゴンガンダム対ボルトガンダム」

機動武闘伝Gガンダム 第19話「激闘!ドラゴンガンダム対ボルトガンダム」

機動武闘伝Gガンダム 第19話「激闘!ドラゴンガンダム対ボルトガンダム

 

機動武闘伝Gガンダム 第19話「激闘!ドラゴンガンダム対ボルトガンダム

 


ストーカー:さて、みなさん。ここギアナ高地の奥深く、今日もドモン・カッシュは修行に専念しております。そんな中、なんと、ドラゴンガンダムとボルトガンダムが、死力を持って闘うとは驚きではありませんか!さて、その結果やいかに。それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


激闘!ドラゴンガンダム対ボルトガンダム


レイン:パワーシステムアップ回路のAからB、EからGのそれぞれ切れて、そこからモードラインのエネルギーがもれてる。これを止めるには大変よっと。でもなんとかしなくっちゃ。ドモンも修行頑張ってるんだから。

ドモン:ふん!うおおお…!!どぅおっ!

レイン:はっ!はあ…まだまだ見たいね…

ドモン:はぁっはぁっはぁっはぁっ

シュバルツ:ドモン・カッシュよ。その刀を使いこなす事が出来なければ、スーパーモードはお前のものにならんぞ! 恵雲:サイ・サイシー!待つのじゃ!

瑞山:修行は始まったばかりじゃぞ!

サイ:やーだよー!お姉ちゃん!こんばんはぁ!っとぉ。

レイン:うわぁっ!

サイ:こっちもこんばんわぁ!

レイン:まったく、なにすんのよ!

サイ:へっへぇーっと!

レイン:どうしてあの子がこんな所にいるの!……見たのねっ!

ドモン:うわっ!

シュバルツ:修行が足りんぞドモン。

レイン:ふんっ。

恵雲:ううむ…わざわざここまで来ながら!

瑞山:肝心のサイ・サイシーがあれでは!

恵雲:少林寺復興は夢のまた夢!

レイン:なんなの一体?

サイ:このオイラにも今さら修行しろだって?年寄りの心配性にはついていけねぇや!いよっと!はっはっはっ!はぁっ!気のせいか…ん?あれはネオロシアの連中じゃん。へっへへへっうんうんうんダメだねこりゃ。うんうん味付けの基礎がわかっちゃいないらしいよ!うはっうんうんあいやぁぁ…はっはっはっひいっ…

ナスターシャ:誰!

サイ:ひいっ!ちょっと大げさなんじゃないの、ねぇ?なにっ?いっ…アルゴ・ガルスキー!うああ…ったった放せ!放せってば!

アルゴ:サイ・サイシー

★サイ:この野郎!

★アルゴ:こんなところで

アルゴ:何している。

★サイ:ぐぅぅ…

★アルゴ:ぬぅぅぅ!?

サイ:オイラちょっと道に迷っただけだぜぇ!ありゃ?ううっと…へっへっ…こりゃ力ずくしかないみたいだね!てゃあああ!!

アルゴ:ん!!

サイ:こっちこっち!とぅりゃあああ!!決まった!へへっえっ?あっあっあああ…あああっああああ…うわぁ!うわぁ!ああああ!うわぁぁ!あああああ!!あっあっああああ!

アルゴ:お…おい!

サイ:うっうあっうわああああ!!

ナスターシャ:アルゴ!侵入者は!

サイ:いでぇぇぇ!もう少し優しくやってよぉ!

レイン:ぜいたく言ってんじゃないわよ!

サイ:だってぇ

レイン:情けないわねっ

サイ:痛ててっ!

レイン:男の子でしょ!

サイ:いちち…

恵雲:ネオロシアのアルゴ・ガルスキーか。

瑞山:新宿では言葉を交わす暇もあらなんだが、やはりただものでは無かったようじゃな。

ドモン:お前の自慢の拳法も、アルゴの力には通用しなかったか。

サイ:んっちょっと油断してただけよ!

レイン:それにしたって、随分なやられ方みたいじゃない。子供は子供らしく、おとなしくしといた方が、身のためよぉ?

サイ:ぬぅぅ…にゃろぉ!見てろぉ!

恵雲:んっ?

瑞山:うおっ!

サイ:オイラが本気を出しゃあ、あんなデカブツ、イチコロでぇぇ!くっそおお!!

恵雲&瑞山:うむ。

ナスターシャ:ガンダムファイトの重要性は、私が一番よく知っています。ですが!それ以上に、デビルガンダムの脅威は重大だといっているのです!だからこそ!ドモン・カッシュから!目を離すわけにはいかないのです!

上官:しかしだなぁ…新宿の一件は全て集団幻覚と言う説も出てるじゃないか。

ナスターシャ:しゅうだんげんかくぅ!?

上官:いずれにせよ君の任務はガンダムファイトに優勝する事。本国の政策に意見する事では無い。それより!強敵のシャイニングガンダムを倒す事にでも、全力を尽くしたまえ!

ナスターシャ:奴らは何もわかっていない!ん?ドラゴンガンダム

サイ:アルゴ・ガルスキー!お前にガンダムファイトを申し込む!さあ!ボルトガンダムを出しな!

アルゴ:断る。

サイ:ぬ!?なんだって!

アルゴ:今のお前とやりあうつもりは無い。引き取るがいい!

サイ:ちょちょっとそりゃ!まっ待てって!わかった!オイラと闘うのが怖いんだなぁ!なんとか言えよ!弱虫!デッカイ弱虫ぃ!かかってこいよぉぉ!!ぬぅぅぅ…うっ…

ナスターシャ:ネオチャイナのサイ・サイシー!先刻の潜入者もお前か!

サイ:やべぇ!

ナスターシャ:いかぁくしゃげぇき!

サイ:うっひょっと

ナスターシャ:撃ち方やめ!アルゴ。なぜファイトを断った。

アルゴ:受ければよかったというのか。

ナスターシャ:それを判断するのは私だ!お前は命令に従っていればよいのだ!

アルゴ:ここは騒がしすぎる。しばらく一人にさせてもらう…

ナスターシャ:待て!忘れるな!お前は囚人だ!お前が命令に逆らえば、胸の爆弾が爆発する!どこへ行こうと逃げられんぞぉ!そろそろ出てきてもらおうか。

恵雲:あいや、ご無礼つかまつった。

瑞山:実は折り入って、お頼みしたき義があって、まかりこした次第。

ナスターシャ:頼み?

ドモン:ダメだダメだダメだダメだ!ああ!はあっはあっ俺には一体何が足りないんだぁ!はぁっ…アルゴォ!!

 

 

 

ナスターシャ:挑戦を受けて欲しいだと?

瑞山:ファイトを受けるか否かは、挑戦された側に、選択権があるのは百も承知!ですが…

恵雲:どうか、ドラゴンガンダムと闘ってやってくだされぇ…

ナスターシャ:よほど自信があるのか。それとも他に狙いが?

ドモン:なぜサイ・サイシーの挑戦を断ったんだ?囚人のお前にとって、闘いは唯一残された自由じゃ無かったのか?

アルゴ:俺は闘いに喜びを感じた事など無い。海賊だった頃から、一度もな!いや、お前との闘いは別だった。アレはいーいファイトだった。またあんなファイトをして見たいものだ。

ドモン:サイ・サイシーではなぜいけないんだ?

アルゴ:ぬっ!?あれは!俺たちのキャンプの方だ!

兵士:うわあああ…!!

ナスターシャ:あれはドラゴンガンダム

恵雲&瑞山:まさか!サイ・サイシーがこのような事をしでかすわけがござらん!

ナスターシャ:アールゴ・ガルスキィィ!!貴様がいない間にこの有り様!命令だ!直ちにドラゴンガンダムと勝負だ!

瑞山:はっ!

恵雲:成り行きはどうあれ。

恵雲&瑞山:願ったりかなったりじゃ!

ナスターシャ:そう、強豪ネオチャイナを倒せば、本国も私の言葉を無視できなくなるはず。

レイン:もう。なんだってここにくるわけ?こっちはガンダムの整備で忙しいのよ。

サイ:いいじゃない。ケチ。んんっ?

レイン:ボルトガンダム

サイ:やる気になったな!オッサン!

アルゴ:なぜあんなマネをした!

サイ:あんなマネって…?

アルゴ:できれば今のお前とは闘いたくなかった。だが!やる以上は俺は本気でやる!

サイ:そりゃオイラだって同じさ!ガンダムファイトォォ!

アルゴ:レディィィィ!!

サイ:ゴォォォォ!!

レイン:はあっ

恵雲&瑞山:始まったか!

ドモン:だが!

サイ&アルゴ:うおおおおおお!!

サイ:ええいほおおお!!へへっどうだ!びびって口も聞けねぇだろ!

アルゴ:闘いの最中に無駄口を叩くのは素人だ。

サイ:誰が素人だぁぁ!たらぁぁ!ふんふんふん!なかなかやるじゃねぇか!

アルゴ:どうやら遠慮はいらんようだな!

サイ:ドモンのアニキの他にも!こんなつえぇ奴がいたなんて嬉しいね!

恵雲:我らのもくろみ、効をそうしたようだな!

瑞山:んむ。

ドモン:もくろみ?

恵雲&瑞山:左様。

瑞山:実は!デビルガンダムとの闘い以来、サイ・サイシーは覇気がうすれ、修行していても心ここにあらずといった状態でありました。

アルゴ:ぬぅぅぅぅ!!

サイ:くぅぅ!!

アルゴ:たあああ!!えええい!!

瑞山:負け知らずのサイ・サイシーが、初めて勝てぬと思わされた、デビルガンダム

恵雲:やつめのショックはいかばかりだったか…

サイ:へへっ

瑞山:サイ・サイシーに、気迫を蘇らすには、強い敵にぶつけるのが1番。しかし、生憎ドモン殿は修行中の身。

ドモン:そこでアルゴを代役にか?

レイン:でもアルゴって強いのよ?負けちゃったらどうするの?

恵雲:言われてみれば確かに。

瑞山:それは考えておらなんだら。

恵雲:瑞山!

瑞山:恵雲!

恵雲&瑞山:困ったのぉ。よよよよよぉ…

ドモン:しかし、今の所は互角に闘っている。

シュバルツ:甘いぞドモン!とぅあっ!寝ぼけまなこを開いてよく見ろ!アルゴ・ガルスキーが優勢なのは明らかだ!

サイ:へっへっ!えい!てららららら!!

恵雲&瑞山:こ、

ドモン&レイン&恵雲&瑞山:これはっ!!

シュバルツ:ボルトガンダムは動きを最小限に抑えて闘っている。対してドラゴンガンダムの運動量はその数倍!早晩スタミナが切れるは必定。

ドモン:ああっ!

恵雲&瑞山:確かにこのままでは!

サイ:はっはっはっはっはっはっやっぱただデカイだけのオッサンじゃなさそうだ!へ、よぉし!こうなりゃ奥の手だぁ!!

アルゴ:んんっ!?

サイ:宝華教典!五火!七“令羽”旗!!

アルゴ:こんな子供騙しが!通用するとでも!

サイ:思ってるさぁ!!

アルゴ:なにぃ!?

サイ:とどめぇ!!

アルゴ:させるかぁ!!

サイ:てえええ!!らぁぁ!!

アルゴ:うあああ!

サイ:その首!もらったぁ!

アルゴ:俺は!俺は負けるわけにはゆかんのだ!

サイ:なっ!

アルゴ:ぬおおおお!!

サイ:ぐぅあっ…ぐうあっ!

アルゴ:ぬぅぅぅ…

ドモン:はあっ!

シュバルツ:ドモンよ見たか!目前の敵に全神経を集中すればこそ!あれだけのファイトができる。そう!恐れや迷いを断ち切り、技に己の魂を込めるのだ!

ドモン:目の前の敵に全神経を集中…!

サイ:ちいっ…はあはあっ…

アルゴ:くっううう…ぬううう…

ドモン:俺は…

ナスターシャ:よぉしそこまでだ。

ドモン:はっこ、これは!

兵士:動くな!お前たちを重要参考人として連行する!

ナスターシャ:我々のキャンプを襲撃した件のな。

ドモン:なんだってぇ!あっ

ナスターシャ:ドラゴンガンダムが犯人では無い場合を考えれば、当然の措置だろう。

シュバルツ:ふっそうかな?ではあれはなんだ!

ナスターシャ:何っ!?はっ!!

シュバルツ:どうやら真犯人のお出ましのようだ。

ナスターシャ:向かい討てボルトガンダァム!

レイン:無理よ!二人とももう、体力の限界だわ!

アルゴ:ぬぅ…うっ…しまった!

サイ:力が入らない…!

シュバルツ:行くぞドモン!

ドモン:お…おう!

レイン:はあっ!

ドモン:出ろぉぉぉぉ!シャイニングガンダァァァム!!

レイン:ま、待ってドモン!

ドモン:なにっ!?なんだ!うわっあああっ!ぐあああああ!!ぐうっ!ぐっ

シュバルツ:どうした!

ドモン:ぐぅぅぅ…なんだこれは!ガンダムが思うように動かせない!

レイン:ドモォン!ごめんなさい!まだ整備の途中だったの!きっと、モビル・トレース・システムの、反動係数が大きすぎるの!

ドモン:ぐうあああ!!

レイン:ドモン!はっ!

ドモン:ぐぅぅ!!

シュバルツ:ここは下手に動くな!お前はじっとしていろ!

レイン:はっ!

シュバルツ:最後の一匹!とぅあああっ!しまったっ!

ドモン:はぁっ…

シュバルツ:恐れるなドモン!そうだ!全神経を!目の前の敵に、全神経を集中するんだぁぁ!!

ドモン:よぉぉし、行くぞ!俺のこの手が光って唸るぅ!お前を倒せと輝き叫ぶ!ひっさぁつ!シャァァァイニングゥ!フィンガァァ!!

ナスターシャ:デビルガンダムが作り出した、偽ドラゴン達か!

瑞山:このような地まで勢力範囲を、広げているとは…

サイ:なぁおっさん!最初、なんでオイラと闘うのを嫌がったんだ?

アルゴ:ふっあの時、お前が本調子で無いとわかった。できるならベストの時に闘いたかったのだ。

サイ:はっ!

アルゴ:ふっまた会おう…

サイ:ああ…また…ふっまたなっ!

シュバルツ:ドモンよ。戦士を高めるのは強敵の存在だ。ぐずぐずしていると彼らに先を越されてしまうぞ。泣きたくなければ己を鍛え抜く事だ。

ドモン:そう、そうだ。俺は前へ行かなければならない。この刀を使える日まで!俺はぁぁぁ!!やるっ!

 

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!デビルガンダムの幻影に怯えるジョルジュ。そんな彼を立ち直らせようと、執事のレイモンドはあの手この手でがんばります。ですが、その時!怒りに燃える復讐鬼が、ジョルジュに牙を向けてきたのです。機動武闘伝Gガンダム!「ジョルジュよ、悪夢を打ち砕け!」にぃー!レディィィ…ゴー!