アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第21話「決勝迫る!タイムリミット3日前」

機動武闘伝Gガンダム 第21話「決勝迫る!タイムリミット3日前」

機動武闘伝Gガンダム 第21話「決勝迫る!タイムリミット3日前」

 

機動武闘伝Gガンダム 第21話「決勝迫る!タイムリミット3日前」

 


カラト:なんだと!ドモン・カッシュはまだ決勝会場へ向かってないだと!

ミカムラ:はあ。それが娘からの連絡でも詳しい事がわからず。

カラト:冗談じゃない!決勝大会まではあと3日しかないんだぞ!

ウルベ:いえ、ご心配は無用。彼は必ず現れます。

カラト:断言できるのかね!

ミカムラ:もちろんです。なぜならドモン君は、父を助けるためにも、決勝会場になにがあってもたどり着くはずです。

カラト:しかしだなぁ。

オペレーター:報告します。

カラト:ん?

オペレーター:地球上のG反応、急激に上昇!各国のガンダム、動きます!

ウルベ:よし!

ストーカー:さて、どうやらこの11ヶ月間を勝ち残って来たガンダム達が、いよいよその姿をあらわし始めました。目指すは第13回ガンダムファイト決勝会場、ネオホンコン。残された時間はわずか3日。果たしてドモン達シャッフルの紋章を受け継いだ一同は間に合うのでしょうか。それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


決勝迫る!タイムリミット3日前


ジョルジュ:そうですか。彼らはクルーを先に出発させてここに残りましたか。それじゃレイモンドも、一足先にネオホンコンへ向かってくれるね?そう、私にもまだ、ここでやるべき事がある。

レイン:バランサー、マーク、パワーバランスシステムOK、オープンゲージ誤差ゼロコンマプラス2、変形システム。正常。良し。

ジョルジュ:レインさん…もうネオホンコンへ出発しているのかと思っていたのですが…

レイン:見ないで!

ジョルジュ:え?

レイン:よその国のガンダムの修理を盗みにくるなんてサイテー!

ジョルジュ:あっあっこ、こりゃ失礼!ですが私はドモン・カッシュに用があって…

レイン:いないわ。

ジョルジュ:え?それはどういう事ですか!

レイン:どうって…どこへ行くの?

ドモン:修行を完成させるために、しばらく一人になる。

レイン:でも、決勝が始まるまで、もう時間が無いわ。

ドモン:大丈夫。必ず戻ってくる。その時には、この刀を使いこなす所をお前に見せる事ができるさ。

レイン:そう言って消えたのが、2週間前…

ジョルジュ:2週間前?そうですか…さあみなさんお聞きの通りです。もう出て来てはいかがです?

サイ:ふっとぉっへっへへーん。ばれてたか。

ジョルジュ:チボデー・クロケット。あなたもいますね?

チボデー:それにネオロシアのお二人さんもな。

ナスターシャ:ふん。考える事はみんな同じって事か。

ジョルジュ:そう。やりますか!

チボデー:OK!

レイン:ちょちょっと!何をする気なの!

ナスターシャ:黙って見ていてもらおう。どうせネオホンコンで倒さねばならない相手だからな。

サイ:そう。できればアニキ抜きじゃやりたくなかったけどね。んんっ!

チボデー&ジョルジュ&アルゴ:おおっ…

サイ:あっああっあっうっ…

レイン:どうしたの!

サイ:また…痛み出した!

アルゴ:お…俺もだ。

チボデー:じゃあ、俺だけじゃなかったんだな…ちいっ…それにお前も…

ジョルジュ:ええ。丁度ドモン・カッシュが消えた2週間前から。

レイン:えっ?

サイ:まさか、アニキの身に何か!

ジョルジュ:いや、彼に限ってそんな事は…

チボデー:じゃあよ。この痛みは奴が感じているものが俺たちに伝わって来ていると考えられないか?

アルゴ:ああ、苦しみともあせりともつかぬ、不思議な…

サイ:オイラ達やっぱり、この紋章でつながってんだろうかぁ…

レイン:それがシャッフル同盟

ナスターシャ:くだらん!貴様ら妙な仲間意識でも起こしたか?なにがシャッフル同盟だ!いいか?貴様らは国の運命と威信を背負ったガンダムファイターなんだぞ!互いに敵同士なんだ!それがこんな所に集まって茶番をするか!はん!やる気が無いんなら時間の無駄だ!行くぞアルゴ!

アルゴ:確かに俺たちは敵同士…だが…この痛みもまた確かなもの。いったいドモンは…

ドモン:ダメだ!なぜ俺は怒りを感じなくてもスーパーモードを出せた!あの偽マスターガンダムと対決した時! そして、チボデーと対決した時のあのパワー!それは、暴走するジョルジュをも止めた。一体俺の何が!スーパーモードへつなげるんだぁ!!

マスター・アジア:ふっふっふっふっふっふっ

ドモン:それになぜ!師匠の姿が見える!

マスター・アジア:ふっふっそんなものか貴様の腕は!

ドモン:えぇい!

マスター・アジア:笑わせるわ!

ドモン:どぉらっ!ええい…

マスター・アジア:それでは貴様の親父を助ける事など、できんわ!

ドモン:父さん!くっ

マスター・アジア:はっはっはっはっはっはっほれほれワシが倒せるか!倒せるものなら倒してみせい!

ドモン:うわぁぁぁ!!

マスター・アジア:ふっはっはっはっはっはっはっはっ!

ドモン:俺は…

シュバルツ:ドモンがここまで修行に行き詰まっていたとは…ならば仕方あるまい!

チボデー:あああっあ…沈む沈む日が沈む。これで決勝まであと2日か。たっく1日中何やってんだろうなぁ俺たち…

ジョルジュ:少なくとも、私には理由があります。

チボデー:ほほうそりゃなんだい?

ジョルジュ:この地は野蛮な上に獣が多い。なのにドモンが居ない以上、私がレディを守る役目をしなくては。それもまた、騎士の役。

サイ:へぇー本当に、それだけか?みんな考えてる事は同じじゃないの?

ジョルジュ:な…何を?

サイ:オイラはアニキの事が気になってさ。

チボデー:けっドモンドモンドモン!一体あいつがなんだっていうんだ!ほっとけばいいじゃないか!おめぇらもあいつにはひどい目に合わされてんじゃねぇか。そう、マスターといい、デビルガンダムといいよぉ!俺たちゃいい巻き沿えさ!いい迷惑さ!

ジョルジュ:じゃあ、あなたはどうして?

チボデー:ん?ん…俺かぁ?おりゃあ…暇なだけさ。

アルゴ:なぜだ。なぜすぐにネオホンコンに連れて行かない!

ナスターシャ:いずれにせよドモンは決勝で当たる相手。それをほおっておけるか。

アルゴ:気まぐれな指揮官だ。

ナスターシャ:お前は囚人なのだ!言葉に気をつけろ!

アルゴ:そうだったな…しかし、今俺たちを捕らえているのは、ドモン・カッシュ。奴らしい。

ドモン:はぁはぁはぁ…父さん俺はダメだ!修行を完成させる事はできなかった!

シュバルツ:ドモン。ドモン!

ドモン:なに…また師匠の声が聞こえるのか?

シュバルツ:ドモン!

ドモン:いや違う!これは一体誰だ?

シュバルツ:来い!かかって来い!かかってこんかぁ!

ドモン:何者だぁ!どこにいるぅ!お前は!シュバルツ・ブルーダー!

シュバルツ:ドモン・カッシュ!見事、受けてみろ!ガンダムファイトだぁぁ!!

 

 

 

シュバルツ:レディィィ!!ゴォォ!

ドモン:待て!このファイト、受けるつもりは無い!

シュバルツ:うるさい!

ドモン:ぐあっあいつ何を考えている!ぐぅ!なぜだ!なぜ奴はこんな中で、自由に動ける!ぐおっ!こ、このままじゃ!

シュバルツ:ふっはっはっはっはっ!はっはっはっはっはっ!観念しろドモン!心静かに…死ねぇっ!

ドモン:やられる!死ぬ…俺が死ぬ…な、なんだこの気分は…兄さん…父さん母さん!師匠…一切が過ぎ去っていく…もう怒りも憎しみもどうでもいい…あるのは目の前の死…レイン!?見える!

シュバルツ:おお!!

ドモン:な、なんだこの光は!

アルゴ:うっああっ!!

ナスターシャ:どうした!うっ!

チボデー:光った!

ジョルジュ:紋章がこんなに!

サイ:アニキの身になにかが!

ドモン:こ、これは一体!

シュバルツ:明鏡止水の心よ。

ドモン:ええっ!?

シュバルツ:いいか、わだかまりややましさの無い清んだ心。それが明鏡止水。それが人に己を超えた力を持たせる事ができる。

ドモン:それが俺のスーパーモード…だがなぜ敵の俺に教える!

シュバルツ:そんな事はどうでもいい!今は技を完成させる事に集中しろ!その力で私のガンダムを押し返してみろ!それが出来てこそ!お前はスーパーモードを完成させる事が…うわっ!!

ドモン:ううっ…な、なんだこれは!デスアーミー!

シュバルツ:ええい後一歩で修行が完成したものを…ドモン!ここは私にまかせてガンダムを動かせ!

ドモン:わかった!来いぃぃぃぃ!!ガンダァァム!!

レイン:動いたわ…ドモンがガンダムを呼んでいる…あっ誰の攻撃?ええっ!!デスアーミー!!

アルゴ:ドモン・カッシュガンダムが、狙われている!

ナスターシャ:アルゴ!要らぬ事に関わらずここから脱出する…

アルゴ:うるさい!ここは俺の好きにさせてもらう!

ナスターシャ:なんだと!アルゴ…

レイン:う…ううう…あああ…ううっ…ああ…う…ううぅ…デスアーミーぐらい!えっ?あああっ! ああっ!

ジョルジュ:マドモアゼル!

チボデー:大丈夫か!

レイン:チボデー!ジョルジュ!

サイ:オイラもいるぜぇ!!へっへへっさあ後方の敵はここで食い止める!お姉ちゃんはドモンのアニキの所へ早く!

レイン:ありがとう!

チボデー:さあ!行くぜっ!

サイ:さあ…かかってこい!

ジョルジュ:レイン。ガンダムは一体どこへ?

レイン:わからないわ。ドモンがサインを送ってる所よ。

チボデー:だが、素直には行けそうも無いぜ!行くぜ!フライングタイプの新手だとぉ!

ジョルジュ:ここは私が!行けぇ!!ローゼェスゥビットォ!意外に脆い!んっ!しまったぁぁ!!うあああ!

レイン:ジョルジュ!

チボデー:振り向くなっレイン!

レイン:でも!

チボデー:ごちゃごちゃ言わずに前を気をつけろ!

レイン:えっ!?

チボデー:おっと…なにぃぃ!!レイン!回りこんでいけ!ネイビィタイプまで用意するとは念がいり過ぎてる。だがなぁあんたには何があっても、ドモンにガンダムを渡してもらわなきゃ困るからな!

レイン:でも!

チボデー:さあ!行けよ!

レイン:わかった!

チボデー:さあ!カモォォン!うあああああ!!バーニングパンチィ!シューー…トゥ!

レイン:チ、チボデー!ドモン!マ、マスター!嘘でしょ!

マスター・アジア:ふんレイン・ミカムラか!だぁがぁ!

レイン:あああ!あっあああ!!あっ!

マスター・アジア:とどめはワシが刺してやろう!んっ!

ドモン:とぅああああああああああ!

マスター・アジア:おお!

ドモン:レイン!とぅぅぅんらぁぁぁ!!はぁっ…師匠!

マスター・アジア:ドォモン!

ドモン:てぇぇぇぇ…

マスター・アジア:こんなナマクラ刀で、ワシを斬ると言うのか!

ドモン:なにぃっ!?

マスター・アジア:笑わせるな!

ドモン:どぅぅ!ぐぅああああ!

マスター・アジア:先ほどの貴様の光!ワシの思い過ごしのようだな!てぇらぁ!!

ドモン:ししょおお!!

マスター・アジア:お前を育て上げたこの修行の地で!今度は見事に葬ってくれるわぁ!!

アルゴ:うおおお!!

マスター・アジア:貴様ぁっ!ぐぅおおっ!

ドモン:アルゴ!!

アルゴ:ネオホンコンに行ってもお前がいないと、面白くないんでなぁ。

ジョルジュ:その通りです。

サイ:アニキ!一人でかくれんぼなんてもうお終いだよ!

チボデー:そう、お前の帰りを待っていたのは俺たちだけじゃないんだ!もう一人大事な人がいるだろ!

ドモン:ああっ…ありがとう…

マスター・アジア:貴様らぁ!!

アルゴ:ぬぅ…

マスター・アジア:よくもワシを、バカにしてくれおったな!

アルゴ:ぐぅああああ!!ぬぅ…

ドモン:アルゴ!大丈夫か!しーしょお!

マスター・アジア:うるさぁい!ドモンよ!どうやら今日こそお前との決着を、つけねばならんようだな!

ドモン:なにぃっ!?

チボデー:こりゃあ…

マスター・アジア:ふっはっはっはっはっはっはっはっ!貴様ら誰一人として、ここからは逃がさん!このギアナ高地で、なぶり殺しにしてくれるわぁ!!

ドモン:なにをいう!血路なら俺が切り開いてやる!

シュバルツ:待てドモン!やめろ!ここは一致団結して脱出を!

ドモン:いや、誰も巻き添えにしない!これは俺の闘いだ!そう!俺のこの手が光って唸る!師匠を倒せと輝き叫ぶ!

マスター・アジア:よく言った!それこそ元、ワシの弟子!のぉらぁっ!

ドモン:ひぃぃぃっさぁつっ!

シュバルツ:やめろ!お前の修行はまだ!ぬぅおお!!

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:ああっ!

シュバルツ:馬鹿者ぉぉぉ!!

マスター・アジア:ドモォン!

ドモン:ししょおお!!

マスター・アジア:ゆくぞぉぉ!

ドモン:シャァイニングゥ!

マスター・アジア:ダークネスゥ!

ドモン&マスター・アジア:フィンガァァァァァ!!!

 

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!陸も空も水中も、全てを埋め尽くしたデビルガンダム大軍団。もはやギアナ高地からは脱出不可能!今ここに、ガンダムファイターチーム、必死の攻防戦が開始されるのです!機動武闘伝Gガンダム!「戦士の絆!デビル包囲網を突破せよ」にぃー!レディィィ…ゴー!