アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第22話「戦士の絆!デビル包囲網を突破せよ」

機動武闘伝Gガンダム 第22話「戦士の絆!デビル包囲網を突破せよ」

機動武闘伝Gガンダム 第22話「戦士の絆!デビル包囲網を突破せよ」

 

機動武闘伝Gガンダム 第22話「戦士の絆!デビル包囲網を突破せよ」

 


チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:ド、ドモン!

シュバルツ:馬鹿者が!お前の修行はまだ完成していないのだ!それなのに!

ドモン:しぃしょぉぉぉぉ!!

マスター・アジア:ドモォォン!

ドモン&マスター・アジア:今日こそ決着をつけてやる!

マスター・アジア:ダァークネェス!

ドモン:シャァァイニング!

ドモン&マスター・アジア:フィンガァァァ!!!

ストーカー:さてみなさん。ご覧の通り、遂にドモンはマスターと最後の決着の時を迎えようとよしています。ですが、幾多の死闘を生んで来たガンダムファイトも、決勝大会まで後2日!果たして彼らは、マスターの魔の手を逃れ、決勝会場のネオホンコンへと向かう事ができるのでしょうか。それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


戦士の絆!デビル包囲網を突破せよ


ドモン:どぅあああ!!

マスター・アジア:ふっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

ドモン:どぅあああ…ぐ!!

チボデー&ジョルジュ:ドモン!

サイ&アルゴ:ドモン!

マスター・アジア:はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっふっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

ナスターシャ:な、なんだあれは!

兵士:報告します!あの物体は、このギアナ高地を完全に包囲しています!

ナスターシャ:なんだとぉ!一体何が起きているんだ…

ドモン:オ…俺の右手が…うっ

マスター・アジア:ふっふっふっふっバカな奴らだ。ドモンなどにかまっておるから!このような目にあう!さあ!おとなしく最後を迎えるがよい!!

ドモン:しぃしょぉぉ…

マスター・アジア:やれいっ!

ドモン:ししょおおお!!

シュバルツ:伏せろ!

マスター・アジア:うっ…

シュバルツ:いいか!ここは逃げるのが先だ!

マスター・アジア:おお!?ほう、上手く逃げたものだな。まあいい。どうせ奴らの逃げ場は1つ。ドモンよ、今は逃れても、いずれは我が足下に屈すると知るがよい!はっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

ナスターシャ:我々は完全に包囲されている!しかし、決勝大会まで後2日しかない以上、なんとしてもこれを突破して、ネオホンコンへ向かわねばならない。それはここにいる誰もが同じ事。そこでだ!先ほど地下から出てきたガンダムヘッドの性能を調べてみた。見ろ!試しに無人機を飛ばしてみた所…

サイ:うっひゃああ!!

チボデー:ひゅう~♪グレイトォー!

ナスターシャ:この攻撃を避けるためには、大気圏ギリギリまで上昇する必要があるが、運べる機体はボルトガンダムだけで、手一杯だ。

チボデー:つまり、逃げたければ、俺たちのガンダムを置いてけって事かよ。

ナスターシャ:そういう事だ。

シュバルツ:では、その手は問題外だな。ここはやはり全員で1ヶ所を集中突破するしかあるまい。

ナスターシャ:うん…この際は…

サイ:ちょい待ち!ドモンのアニキはどうなるんだよ!ボルトガンダムはすぐ直るからいいかもしんないけどよ!けど、アニキのシャイニングガンダムは簡単には直らないんじゃない?だって内部があんなにやられたんじゃ…

ドモン:いや、完全に動かなくなったわけじゃあない。それに、ネオホンコンにははってでも辿り着くさ。

レイン:大丈夫よ。ガンダムは、私が直して見せるわ。ねっドモン。

サイ:お姉ちゃん!気がついたの!

レイン:ええ…もう大丈夫…だから半日もあれば…

ドモン:ダメだ!半日もじっとしていたら、敵の総攻撃を受けて共倒れになるのがオチだ!

チボデー:たったの半日だろぉ!5機のガンダムが協力すりゃ、それぐらい持つと思うがねぇ。

ドモン:あ?

チボデー:い?えいいああっ勘違いすんなよ!お前のためじゃねぇぞ!レディのために言ってんだからな!

ジョルジュ:私もチボデーに賛成ですね。

サイ:要はあさってまでにネオホンコンにつきゃいいんだろ。

アルゴ:俺も…

ナスターシャ:わかっている。新宿での借りを返すいい機会だからな。

シュバルツ:話は決まったな!

ドモン:お前らっ…

レイン:うんっ

チボデー:よぉし!それじゃあ作戦開始と行くかぁ!

ジョルジュ:ええ。

サイ:おう!

ナスターシャ:では、作戦を説明する。我々の現在位置はここ。周囲にあるガンダムヘッドの行動範囲は限られいるため、敵はデスアーミーによる攻撃が中心と思われる。それに対して、我々も3派にわけて、敵を待ち受ける事にしよう。まず北側の守りだが、ここは、ガンダムシュピーゲルとドラゴンガンダムに守ってもらう。当然我が軍の兵士や、地雷などの使用は許可しよう。次に、南西部だが、ここは我がネオロシアのボルトガンダムに守ってもらう。 最後に、北東部の守りについては、ガンダムローズとガンダムマックスターにお願いしよう。

チボデー:敵は大群なのに、この程度の地雷で大丈夫かな?

ジョルジュ:まあ、何もしないよりはマシという事ですかね。

アルゴ:南西部、セット終わったぞ!

サイ:こっちもお終い。

チボデー:北とぉぉ部!準備OKだぜ!

ナスターシャ:よし、後は敵が動き出すまで、各位その場で待機せよ。

シュバルツ:残るは脱出口だな。私に任せてもらえるのなら、これで脱出口を作れるが?

ナスターシャ:信号弾!?そんな物でどうするつもりだ!

サイ:そうだよ。連絡だけなら今でも問題無いし。

ジョルジュ:敵に目立ってかえって危ないのでは?

チボデー:ああその通りだぜぇ!

シュバルツ:大丈夫。戦闘のポイントで使えば、絶大な効果を生むはずだ。じゃあ、後の守りはよろしく!

レイン:でも、ライバルとは言ったって、やっぱりいざとなればファイター同士ね。みんないい人たちばかり。ちょっと素直じゃないけど…ねぇ。どうしたの?さっきから黙り込んじゃって。

ドモン:うるさい!口より手を動かせ!

レイン:あーらら。一番素直じゃない人がここにいたわ。あっ

ドモン:はぁっ!うんっ…バカ!何やってんだ!はっ!

レイン:ああっ!

ドモン:おい熱が待ってろ、今医者を!

レイン:今は、ガンダムを修理する方が先よ。

ドモン:しかし!

レイン:私も医者よ。ダメだと思ったら、自分でそう言うから。やらせて!

ドモン:レイン…

マスター・アジア:ふっふっふっふっふっふっふっふっふっふっふっふっふっふっふっふっふっ何やら小細工をしておるようだが、この東方不敗の前では、無意味だという事を教えてくれる。

ナスターシャ:遂に動き出したかマスター・アジア!問題はシャイニングガンダムが直るまで!こちらが持つかどうかだ!

サイ:北側エリア、今の所敵は見えない!

チボデー:北東エリアもノープログレムだぜぇ!

ナスターシャ:アルゴ!アルゴ!南西エリアに動きは無いのか!

アルゴ:こちらも特に…ぐっうわぁ!

チボデー:来たか!

ジョルジュ:南西とは!

サイ:待ってろ!すぐ行く!

アルゴ:来るなぁ!こいつらは囮だ!そう、俺が海賊時代、よく使った手だ。本隊は必ず、別の場所に現れる!

チボデー:おいおい信じていいんだろうな?んんっ?来たぁ!ほんとに来やがった!

ジョルジュ:さすが元海賊。集団戦には、一日の長があるようですね。

チボデー:けっ!かじってる場合かよ?

ジョルジュ:では、やりますか。

チボデー:おおよぉ!

シュバルツ:始まったか…なんとか耐えてくれよ…危険だが、これ以外に脱出の方法は無い!

 

 

 

ドモン:始まったかのか!だが、いくらアルゴ達でも支えきれるのか!レイン!早くしてくれ!はっ!レイン!ああっレイン!しっかりしろ!レイン!

レイン:ん…ドモン…

ドモン:大丈夫か?

レイン:ごめんなさい。みんな戦っているっていうのに。

ドモン:無理するな。後は俺が何とか!

レイン:ううん…ここは私じゃないと直せないわ。私じゃないと!

ドモン:一緒に直そう。お前が指示をしてくれ。俺はその通りにする。

レイン:ええっ…

ドモン:いつか、マスターと闘った時、お前も一緒に闘ってくれただろ?今度は俺の番だ。

レイン:わかったわ。でもお願いがあるの。修理が終わっても、一緒にいさせて。私も離れたくないの。だってこれは私たちのガンダムでしょ?

ドモン:わかった。約束しよう。これは二人のガンダムだからな。

兵士:現在、防衛ラインは各ガンダムの動きにより、接近するデスアーミーから守られております。

ナスターシャ:だが、あまりにも敵の勢力が弱すぎる。変だ!

サイ:ねぇねぇオイラも他のエリアに移った方がいいんじゃない?だって相手が攻めてこなきゃ、こんなとこにいたってうわあ!!

ナスターシャ:どうした!

サイ:うっひゃあ!出てきた出てきた!前言撤回!ウジャウジャウジャウジャ来た来た!

マスター・アジア:ふっふっふっふっふっあの防衛網の張り方、多少はよう兵の心得があると見える。ならばぁ!本隊を持って一気に攻め落とす!

兵士:監視所より報告します。我が陸海空!四方を包囲されました!

ナスターシャ:こ、これが奴らの本隊…!!

マスター・アジア:はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

ナスターシャ:マスターめがぁ!!シャイニングガンダムの方はどうだ!

兵士:それが、まだかかるとの事です!

ナスターシャ:ええい!何をしているあの二人は!

兵士:あの、監督!ここは我々だけでも、ボルトガンダムと共に脱出に踏み切った方が!

ナスターシャ:ばかものぉ!!

兵士:おおっ!

ナスターシャ:自分達だけが助かろうなど、貴様は我がネオロシアに、恥をかかせるつもりか!

兵士:はっ!ははっ!

ナスターシャ:全ガンダムに伝えろ!敵の本隊にひるむな!それぞれの国の名誉と威信を懸け、この戦いに勝利せよ!

勝利者達の挽歌)

ジョルジュ:どうやら、地雷を仕掛けておいて正解でしたね。ぬっ!!

チボデー:へっお前さんを助けるとは思わなかったぜぇ!おぼっちゃん!

ジョルジュ:その呼び方は、やめて下さい!

チボデー:サンキュー!でもな!こいつら!切りがねぇ!

ジョルジュ:ふっ

チボデー:おい!余裕じゃねぇか!こんな時に思い出し笑いか?

ジョルジュ:いえ、考えてみれば、我々は決勝大会にもゆかず、なぜこんな事をやっているのかと思いましてね。

チボデー:まっそうさな。要はみんなと同じ、あのジャパニーズさ!

サイ:でもねっ!言っとくけど、決勝戦でドモンのアニキを倒すのはオイラだからねっ!

ジョルジュ:いやいや残念ながら、私が先に決着をつけさせてもらいます。騎士の誇りにかけても。

アルゴ:だが!そのためにもここを守り通す!

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:そう、全員揃ってガンダムファイト決勝の地、ネオホンコンへ行くために!

マスター・アジア:ふっふっふっそろそろワシ自ら動いてやるかぁ!

ナスターシャ:シャイニングガンダムが直った!?

ドモン:これで、俺も充分戦える!

シュバルツ:待てっドモン!今からうって出ても大勢は変わらん!

ドモン:なんだって!

シュバルツ:わからんかドモン!防衛網はすでに無いに等しい!ここはうかつに動かず、脱出のチャンスをうかがうのだ!ナスターシャ!そのために各ガンダムを高台に後退させてくれ!

ナスターシャ:お前なにを考えている!

シュバルツ:説明している暇は無い!頼む!

サイ:なんだよぉあの覆面のアンチャン。今まで隠れてたくせにぃー!

チボデー:でも、仕方ねぇーや!

アルゴ:この現状を考えればな!

ナスターシャ:よーし、発進準備急げ!

ドモン:レイン…

ナスターシャ:来たぞ!マスターの本隊だ!

マスター・アジア:ふっふっふっふっふっふっ

ドモン:ししょおお…

マスター・アジア:ふんここまで来てやっと脱出か。だが!時はすでに遅し!ふん!?地雷か!なめおってからにぃ!!んん!!

ドモン:こ、これはっ!

シュバルツ:よぉし!はぁぁぁぁぁぁぁ!!行くぞぉぉぉ!!ちぇあああ!!

マスター・アジア:ん、なんだ!?まさか!なんとぉっ!おーのーれー!!

サイ:いーやったぁー!気持ちいい!

チボデー:やってくれるじゃねえか!ネオドイツの野郎!

ドモン:この流れで!崩れた周囲の一角から逃げ出すって事か!

ナスターシャ:なにをぐずぐずしている!奴らの態勢が乱れているうちだぞ!レイン・ミカムラの事は安心しろ!ネオホンコンまでは私が責任を持つ!

ドモン:頼む…

アルゴ:決勝で待っているぞ…ドモン・カッシュ

ドモン:レイン。すまない、嘘をついてしまったな…

ジョルジュ:ドモン・カッシュ。さあ我々も急ぎましょう!決勝会場が私たちを待っています!

チボデー:そこでぇ!俺たちの本当の決着を!

サイ:いいねぇ!アニキ!

チボデー&サイ&ジョルジュ:いざ!ネオホンコンへ!

ドモン:また会おうか…だが、俺にはまだここでやる事がある!さあ!もう出てきたらどうだ!

マスター・アジア:はっはっはっはっはっはっ!友を無事行かせるために残るとは、つくづく馬鹿な奴め!

ドモン:うるさい!俺はもうあんたを師匠とは呼ばない!今日からは俺の敵、マスター・アジア、東方不敗

マスター・アジア:ふっはっはっはっはっはっはっ育ててやった恩を仇で返す愚か者っ!!その減らず口も今日限り!見よっ!

ドモン:あっああっ!

マスター・アジア:ばぁかめがあ!さっさと逃げれば良かったものを!

ドモン:デ、デビルガンダム!キョウジ!!

 

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!大地を引き裂いて再び出現したデビルガンダム。そして、情け容赦ない攻撃を仕掛けてくるマスター・アジア。立ち向かうドモンは、遂に修行を完了し、究極のスーパーモードを発動させるのです。機動武闘伝Gガンダム!「宿命の闘い!ドモン対デビルガンダム」にぃー!レディィィ…ゴー!