アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第25話「決勝開幕!ガンダムファイター大集合」

機動武闘伝Gガンダム 第25話「決勝開幕!ガンダムファイター大集合」

機動武闘伝Gガンダム 第25話「決勝開幕!ガンダムファイター大集合」

 

機動武闘伝Gガンダム 第25話「決勝開幕!ガンダムファイター大集合」

 


ストーカー:さて、みなさん。第13回ガンダムファイトが開催されて、はや11ヶ月が過ぎ、地球各地でのサバイバル戦を生き残った、ガンダムファイター達による決勝大会が、いよいよ始まろうとしています。そしてその会場となるのは、そう。このネオホンコンです。それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


決勝開幕!ガンダムファイター大集合


アナウンサー:ご覧下さい。こちら特設スタジアムは、まもなく始まる開会セレモニーを前に、異常な盛り上がりを見せています。それもそのはず。世界各国のコロニーの首脳陣が、次々と集まり、現在全宇宙の実権を握っている、ネオホンコンのウォン・ユンファー首相に、表敬訪問を行っているのです。

ウォン:さて…お祭りの始まりです…

ウルベ:ドモン君。デビルガンダムの撃滅、ご苦労だった。君のおかげで地球の、いや、コロニー連合の危機を救う事ができた。あらためて礼を言うよ。

カラト:だがな!本当の戦いはこれからだという事を、忘れてもらっちゃ困るぞ!

ドモン:言われなくてもわかっている!

カラト:おお…

ドモン:必ず優勝してやるさ…父さんを救うためにもな!

アナウンサー:さあいよいよ、全宇宙注目の、決勝大会が始まりました。世界各地での闘いに勝ち抜き、決勝大会に出場する栄光の戦士たちの出場です!1番手は、ネオアメリカ代表の、ガンダムマックスター。重装甲と軽快なフットワークで、向かうところ敵無しの猛烈ファイター!

チボデー:ウォォォォ…

アナウンサー:狙った的は外さない。ギガンティックマグナム!風を切り裂く!サイクロンパァンチ!

チボデー:シューーゥトォ!

アナウンサー:必殺技は、燃える拳のバーニングパンチです!そしてガンダムファイターは、ボクシング百戦百勝のコロニーチャンピオーン!チボデー・クロケットォー!

チボデー:やってやる!なんとしても優勝して、この国にアメリカン・ドゥリームを掴んでやるぜ!そして、生まれ故郷のある町を、希望の光で!照らすんだぁー!!

アナウンサー:2番手の登場は、ネオチャイナ代表のドラゴンガンダム

恵雲&瑞山:サイ・サイシー。気合だ。気合を入れろ!

アナウンサー:その機体は、ネオチャイナ、4千年の技術の結晶!あらゆる物を噛み砕く、鋼鉄の牙、ドラゴンクロー!相手の動きを封じる、フェイロンフラッグ!焼き尽くせ、紅蓮の炎!ドラゴンファイアー!これらの技を使いこなすのは、史上最年少のガンダムファイターサイ・サイシー選手です。

サイ:へっへへーん。優勝は!このオイラが!頂くもんね!天国のお父様、おじい様!宇宙最強の拳の寺として、我ら少林寺の再興はもうすぐです!

アナウンサー:続いての登場は!おや?あの華麗なる機体は!そう、ネオフランス代表の、ガンダムローズです!

これぞ騎士道シュバリエサーベル!

ジョルジュ:はぁぁぁぁぁっ!

アナウンサー:綺麗なバラにはトゲがある。敵にとどめのローゼスビット!

ジョルジュ:受けよ、我が洗礼!ローゼェス、スクリーマー!

アナウンサー:ガンダムファイターは、伝統あるサンド家の若き当主、ジョルジュ・ド・サンド様です!

ジョルジュ:マリアルイゼ様…このジョルジュ・ド・サンド、間違ってもご期待にはそむきません。我が祖国の名誉と威信を守り抜くため、必ずや!ガンダムファイトの優勝を謙譲致します!はぁぁぁっ!

アナウンサー:今度は、ネオロシア代表のボルトガンダムが姿を見せました。超強力!ビクトルエンジンの生み出すパワーは、モビルファイターナンバー・ワン!

アルゴ:ぬぅ…とぅあああ…!

アナウンサー:情け無用の巨大鉄球!グラビトンハンマーの一撃は、どんな相手も粉砕します!

アルゴ:ぬぅおおおおおおお!!

アナウンサー:そして、この機体を操るのはなんと!宇宙海賊として悪名を轟かせた、アルゴ・ガルスキー選手!コロニー刑務所に収監されている部下たち同様、彼もまた囚人なのです!

ナスターシャ:これからだぞ!アルゴ・ガルスキー

アルゴ:ふん。お前たちの指図を受けなくとも、優勝は勝ち取ってやる。その暁には、俺の仲間たちを釈放するという約束を守ってもらうぞ!

アナウンサー:そしてみなさんご静粛に!次のガンダムは、一体どこの国でしょう!ネオジャパン代表は、新型機のゴッドガンダム。コロニー格闘技の覇者にして、キング・オブ・ハートの称号を持つ、ガンダムファイタードモン・カッシュ選手が、慣れない機体でどう闘うのか!まったく目が離せません!

ドモン:ゴッドガンダムよ…お前はシャイニングガンダムの分身だ…とぅああっ!シャイニングガンダム。俺と一緒にずっと闘い続けてくれた…ふぁぁぁ!ふん!えい!とぅぅぅ…はぁっ!!スーパーモードで俺を鍛えてくれた、シャイニングガンダム。最後の最後まで闘い抜いてくれた、レインと共に!

レイン:そうよ、ドモン。私はあなたさえ無事でいてくれれば、それで…

ドモン:シャイニングガンダム!でもどうして!はぁっ…

レイン:ドモォン!諦めないで!シャイニングガンダムのデータを、ゴッドガンダムに移すのよ!

ドモン:レイン…うおおおおおおっ!!シャイニングガンダムよ…頼む!この俺の闘いを、いつまでもいつまでも見守っていてくれ!闘いの中で得たお前の戦闘データは、しっかりと受け継いだ!そう、シャイニングガンダム!俺とお前とゴッドガンダムは、まさしく三位一体なのだぁ!!

アナウンサー:さて、これまでに登場しました、5体のガンダムファイター達は、いずれも最強武闘家の証、シャッフルの称号を持っているという噂。いやがうえにも今大会への期待は高まります!

ウォン:すると、あなたはあの5人の中に我々の求める最強のファイターがいるというのですね?

マスター・アジア:そうだ。

ウォン:しかし、他の国のファイター達も、強豪揃いのようですよ?

 

 

 

アナウンサー:さあ、引き続きご覧下さい!次は、強豪ネオギリシャから、ゼウスガンダム!威風堂々たるものではありませんか。そして続くは、ネオオランダのネーデルガンダム。その巨大な風車の威力はいかなるものか。はたまた、パワーに置いては群を抜くのか。マタドールガンダムはネオスペインです。さらに!海から駆けつけたネオノルウェー、バイキングガンダム!ネオネパール、マンダラガンダム。ネオデンマーク、マーメイドガンダム。ネオインド、コブラガンダム。ネオケニアガンダムゼブラ!そしてぇ…次の選手が入場してきましたー!

アルゴ:やはり来たか、アンドリュー・グラハム!この俺との決着をつけるために!ううううう…ぬっ!お前が決着をつけようというならば、俺はいつでも相手になってやる!ネオカナダのランバーガンダム

ドモン:ふっアルゴ!お前にとっては、厄介な奴が決勝に進出してきたものだな。しかし…なぁっ!

シュバルツ:ふっふっふっふっふっふっふっ!どうやら全員無事決勝会場へたどり着けたようだな。

ドモン:ガンダムシュピーゲル!シュバルツ・ブルーダー!生きていたのか!

シュバルツ:お互いにな…!

ジョルジュ:やはりムッシュ、おいでになりましたね。

サイ:ギアナ高地ではアンガトね。

チボデー:あんたには助けられたなぁ…

アルゴ:礼を言おう。

シュバルツ:気にする事は無い。それより君たちとのファイトを楽しみにしている。特にドモン・カッシュ!お前とはな…

ドモン:ああ…でも、あんたが無事で本当に良かった…そう、あのギアナ高地では、随分と世話になったからな。こ、これは一体!

シュバルツ:明鏡止水の心よ!

ドモン:へぇ!?

シュバルツ:いいか!わだかまりややましさの無いすんだ心。それが明鏡止水。そしてその時こそ、人は己を超えた力を持つ事ができる。それがお前のスーパーモード!

ドモン:そうだ…あんたは俺に、色々な事を教えてくれた…だが最後には…その身をていしてまで!この俺をたすけてくれた!

シュバルツ:ふっふっふっふっふっふっふっふっ…

ドモン:なぜだ!あんた一体誰なんだ!

シュバルツ:ふっ俺はネオドイツのガンダムファイター。ただそれだけだ。それよりあれを見ろ!

ドモン:ネロスガンダムにジョンブルガンダム!ミケロ・チャリオットにジェントル・チャップマンか!だが二人とも、この俺が倒したはず!

ジョルジュ:そうです!私もこの目で見ました!

チボデー:失格になったガンダムが、決勝大会に出るなんて、重大なルール違反だぜ!

サイ:オイラ言いつけてやる!

シュバルツ:待てっ!まだ大物が残っているらしいぞ!

アルゴ:んんっ!

ドモン:あっ…あれは!まさか!どぅああっ!ぐっ!

マスター・アジア:ゆくぞぉ!風雲再起ぃ!うらぁぁぁっ!!

ドモン:間違いない!マ、マスターガンダム

アナウンサー:そうです!この方こそ、東方不敗、マスター・アジア。クーロンガンダムを駆り、我らがネオホンコンに、全宇宙の指導権をもたらせた、第12回。ガンダムファイト優勝者。今回は、マスターガンダムに乗り換え、今、愛馬風雲再起と共に、堂々の入場です!この方あっての我がネオホンコン。その実力は、すでに皆様もご存知でありましょう!そう、噂では!ネオジャパンの東京新宿シティに現れた謎のモビルスーツ軍団を、いとも簡単にその素手でなぎ倒したという、恐るべき技の持ち主。

マスター・アジア:てぇああっ!

アナウンサー:いかがでしょう。さらに驚くべきは、ネオジャパンのファイター、ドモン・カッシュとは、師弟関係と言う噂もあり、その連携プレーは、恐るべきパワーだと聞いています!

ドモン:超級!

マスター・アジア:覇おぉ!

ドモン&マスター・アジア:電影だぁんっ!

マスター・アジア:撃てっ!ドモン!

ドモン:はぁぁいぃぃ!

マスター・アジア:いやああああ!!爆発!

ドモン:確かに、あんたは俺の師匠だった。でも、その師弟の縁も切ったはず!

マスター・アジア:うおおおおおお!!うああああああ!

ドモン:そうだ!確かに俺はあんたを倒したはずなのに…なぜだ!答えろぉ!東方不敗

マスター・アジア:うるさぁぁい!何を寝言を言っておる!ワシはこうしてここにおる!なんの不思議があろうか…よいか!今回の大会は、まず貴様らで総当りリーグ戦を行い、トップレベルの数名のみが選ばれる!そして、あのランタオ島で、本決勝のバトルロイヤルを行い、真の優勝者を決める!だが心してかかれよ!このワシはシード選手として、先にあそこで待っておる!そして、貴様ら全員を叩きのめし、東方不敗では無く、真の王者!東西南北、中央不敗!スーパー・アジアと、なってくれるわぁっ!ふっはっはっはっはっはっはっはっはっ

チボデー:東!?

サイ:西!?

ジョルジュ:南!?

アルゴ:北!?

シュバルツ:中央不敗だとっ!?

ドモン:ならばぁ!俺は宣言してやろう!お前に打ち勝つためにも!リーグ戦を全勝で勝ち抜くとぉ!

マーキロット達:何を言う!俺たちは眼中にねぇってわけか!ふざけやがって!てぇっ…

アルゴ:なんと…

チボデー:ジャパニーズめ!勝手な事言ってくれるぜぇ!

サイ:オイラ達もなめられたもんだねっ!

ジョルジュ:猪突猛進は相変わらず…

ウォン:まあまあ、せっかくの開会式です。そう血気にはやらずとも、明日から存分に闘っていただく事になる。違いますかな?

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:くぅっ…(けぇっ…)

アナウンサー:ここで、開会にあたっての、ウォン首相のお言葉です!

ウォン:長い11ヶ月を闘い抜いたファイターの諸君。まずはおめでとうと言っておこう。だが、これからはもっと苦しい闘いとなるだろう。なぜならば、君達には私の決めた決勝三ヶ条に従ってもらわなければならない。

カラト:なぁーにぃー?

ウォン:ひとぉーつ!決勝大会においては、機体の交換、及び修理改造が何度でも認められる。ふたぁーつ!勝利のためにはコックピットを狙うのもよし。手段は問わず。

レイン:そ、そんな!それじゃファイターの命は!

ウルベ:なんという事を!

チボデー:派手なルールじゃねぇか!

サイ:そいでもって最後は!

ウォン:ふっ…みっつ!このルールの元に最終バトルロイヤルを勝ち抜いた最後の一体に、ガンダム・ザ・ガンダムの栄誉が与えられる!

(歓声)

ウォン:では開会を記念して、特別模範演舞を、ネオホンコンマスターガンダムと、ネオジャパンはゴッドガンダムにお願いしよう。

ドモン:おう!

マスター・アジア:ゆくぞ、ドモン!

ドモン:来い!東方不敗

ドモン&マスター・アジア:流派!!

マスター・アジア:東方不敗はぁ!!

ドモン:王者の風よっ!!

マスター・アジア:全新!

ドモン:系れぇつ!

ドモン&マスター・アジア:天破侠乱!見よっ!東方は赤く燃えているぅ!

マスター・アジア:ドモンよ!ワシが憎いか!憎ければかかって来い!シャッフル同盟の一員としてかかって来い!

ドモン&マスター・アジア:いざ!勝負っ!!うああああっ!!

ドモン:宣誓!我らガンダムファイターは!

マスター・アジア:この手にガンダム・ザ・ガンダムの栄誉を掴むため!

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ&シュバルツ:己の技量の全てを持って闘かい抜く事を!今、ここに誓う!

ウォン:よぉろしい。ここに、第13回ガンダムファイト、決勝大会の、開会を宣言する。

観客:わぁぁぁぁっ!

ウルベ:いよいよ始まりましたな…

ミカムラ:そう、全てはこれからです…

レイン:ドモン…

ドモン:父さん…俺は…必ず…必ず父さんを助けるよっ!東方不敗がどんな罠を張ってこようとも!必ず優勝してみせる!キング・オブ・ハートの名にかけて!ゴッドガンダムとぉぉぉっ!共にっ!!

 

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!ゴッドガンダム注目の第1戦、相手は優勝候補のゼウスガンダム。その圧倒的なパワーに、ゴッドはピーンチ!ですが、ドモンの拳が真っ赤に燃えて、勝利を掴めと!轟き叫ぶのですっ!機動武闘伝Gガンダム!「新必殺技!爆熱ゴッド・フィンガー!!」にぃー!レディィィ…ゴー!