アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第26話「新必殺技!爆熱ゴッドフィンガー」

機動武闘伝Gガンダム 第26話「新必殺技!爆熱ゴッドフィンガー」

機動武闘伝Gガンダム 第26話「新必殺技!爆熱ゴッドフィンガー」

 

機動武闘伝Gガンダム 第26話「新必殺技!爆熱ゴッドフィンガー」

 


アナウンサー:おおっ!ネオオランダのネーデルガンダム、立ち上がれるのでしょうか!

ポール:くうっ…

マーキロット:ふふふふふ貴様それでよくこの決勝大会に辿り着けたな。

ポール:何を!

マーキロット:貴様のような弱いガンダムには、神の手による罰が必要!

ポール:ん!?

マーキロット:行くぞ!ハーキュリー!たぁぁっ!

ポール:なめやがってぇ!喰らえ!ネーデルタイフゥーン!やった!ん!?

マーキロット:喰らえ!裁きのイカヅチ!!

ストーカー:さてみなさん。あれこそが本大会の優勝候補ナンバーワン、ネオギリシャのゼウスガンダムなのです。なんと強そうなガンダムなのでしょう。ですが、肝心のドモン・カッシュは、開会式でこんな事を。

ドモン:マスター!俺はアンタと闘うために!全勝で勝ち進む!

ストーカー:はてさて、そう簡単に行くのでしょうか。なぜなら彼は、ゴッドガンダムの必殺技を、まだ知らないのです。それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


新必殺技!爆熱ゴッドフィンガー!!


ウォン:ふっこのカードは面白みに欠けていた…次の相手はと…あの全勝宣言のゴッドガンダムね…悪くない。 それで行くか…これでドモン・カッシュが負ければ、奴は所詮それまでの男。優勝どころではない。

マスター・アジア:その通り。

ウォン:おやおや。彼の組み合わせが気になってのお越しですか?

マスター・アジア:獅子は己の子を谷底に突き落とし、這い上がって来た者だけを我が子とする。その例に習い、ドモンには常に最強のファイターをぶつけるのだ。その試練を乗り越えた時、ドモンは私の求める武闘家となりうる。

ウォン:そう、私のためにね…東方先生…

マスター・アジア:ふふふっ…

レイン:待ってドモン!ねぇ待ってったら!ねぇドモン!何も出て行かなくたっていいじゃない。せっかく、落ち着いて試合にのぞめるように。って、ここを選んだっていうのに。

ドモン:だが、俺の肌には合わん!

レイン:あっそんな…

ドモン:じゃ、あした会場でな。

レイン:え?ちょっと!

ドモン:んん?

カラト:おおドモン・カッシュ。よい所で会った。今ちょうどな…

ドモン:用ならレインに頼む。

カラト:おい!お前の第1戦目の相手が決まったんだぞ?

ドモン:ん?

カラト:聞いて驚くなよ!相手はネオギリシャ

ドモン:ん!

レイン:まさか!

ウルベ:ゼウスガンダム

カラト:そうとも。本大会優勝候補ナンバーワンと言われる奴だ。

ミカムラ:一回戦で最強の相手にぶつかるとは…

ドモン:笑わせるな!何をおじけづいてる!そいつに勝つためのゴッドガンダムだろ?

カラト:強気だな。

ドモン:俺だって伊達に、ギアナ高地で修行をしてきたわけじゃない。

カラト:で?どこへ行く!

ドモン:宿を探しにだ!

カラト:なにぃっ!?や、宿探しって…どういう事かね!

ウルベ:ま、まあ、ここは彼の好きにさせるのが…

レイン:あのぉ!私、やっぱり連れ戻して来ます。

ウルベ:ああ。

ミカムラ:レイン…

レイン:もう、ドモンったら…ドモン…

町の男:あれがネオジャパンのファイターか。

町の男:優勝候補の一人なんだってな。

町の女:かっこいい!

町の女:タイプだわ!私…

町の男:第1戦の相手は、ゼウスガンダムだってさ。

町の男:ウォン首相もきっつい組み合わせするよな。

町の男:だけど見ものだぜぇ。ゼウスってのはそりゃつえぇって事だからな。7、3か…いや9、1でゼウスが勝つぜ!

町の男:気の毒なドモン・カッシュ…1回戦で全勝宣言がオジャンとは…

ドモン:ふっ誰も俺のゴッドガンダムの凄さを知らないんだ…ん?あれは…ゼウスガンダム!さすがだ…優勝候補の筆頭に挙げられるだけの事はある。ふっ。だが俺のゴッドガンダムに比べればまだまだ…

マーキロット:ほぉ…そいつは言ってくれるな!

ドモン:ん?

マーキロット:お前がドモン・カッシュか!

ドモン:ああ、そうだ!ん?うおっ!うう…

マーキロット:俺は、ネオギリシャのマーキロット。今のパンチは貴様の全勝宣言への、挨拶がわりよ。

ドモン:で、でかい…

マーキロット:そう、俺はうぬぼれた野郎はヘドがでるほど好かんのでなぁ!

ドモン:ふっじゃあ、挨拶はきっちり返さなきゃなぁ!どうだ!はあっ!

マーキロット:ふっふっふっ…

ドモン:く、このお!ふ!ふ!まだまだぁ!うぉぉぉりゃああ!!

マーキロット:上には上がいる事を教える!

ドモン:うおお!!ふぅ…う!うっ…うっ!

マーキロット:ふふふふ…これじゃ全敗宣言でも出した方が良かったんじゃ無いのか?

ドモン:うぅー…うっ…

マーキロット:ふぅっ!

ドモン:ぐぅ…

マーキロット:ふん…

レイン:ダメなの…あっちこっち回って見たんだけど…

ミカムラ:とにかく明日の準備もある。お前も一度戻っておいで。

レイン:はい。でももう一度海の方へ言ってみるわ。じゃあ。

ミカムラ:確かに、ドモン君の気まぐれにも困ったものだ。

カラト:まったく!いつになったら一国を代表するガンダムファイターとしての、心構えができるのだ!

ウルベ:まあカラト委員長、彼を信じましょう。

カラト:そうやって君らがドモンを甘やかす!大体奴は、ゴッドガンダムの新必殺技を知らんままじゃなかったのか? ミカムラ:はい、爆熱ゴッドフィンガーの事はまだ何も。

レイン:もう。ドモンのバカ!どこ行っちゃったのよ…はっ!

ドモン:な、なにぃっ!

マーキロット:ふっはっはっはっはっはっはっ!貴様のような弱い者には、この俺が、ガンダムの、神の裁きを下してくれるわっ!

ドモン:はっ!はぁはぁはぁはぁ…今のは…夢!?でも今闘ったら!俺はああなる…はっ!うん…うっあっあっ…これは?

ハン:目が覚めなすったかね。

ドモン:誰だ!

ハン:ほっほっほっ誰だとはまたすごい朝のご挨拶じゃの。

ホイ:そうだよそうだよ! 助けてもらった癖してさ!

ドモン:え?

ハン:ほっほっほっほっほっほっほっほっほっ

 

 

 

ハン:口に合わんかな?

ドモン:助けてもらった礼を、まだ言ってなかった。

ハン:ほっとく訳にもいかんでな…

ドモン:すまない…実は俺は…

ホイ:ドモン・カッシュ!知ってるよ!ネオジャパンのガンダムファイターだろ?

ミン:今日第1戦があるんだって?

ドモン:ああ…

ハン:どうしたね。ファイターにしてはぼんやりしおって。ミン。そのホーロー虫の粉末取ってくれ。

ミン:ホーロー虫?

ハン:それ!その目の前にあるじゃろう!

ミン:これぇ~?これは…

ハン:ああっそうそうそれじゃ。ホーロー虫という虫はな、体長が2㎝しか無いのに、自分の数倍もある虫を餌として、向かってゆく勇敢な虫なんじゃ。弱い癖して自分が生きるためには絶対に諦めん。ほれ。あんたも…

ドモン:自分の何倍もの敵…

アナウンサー:四年に一度、地球と宇宙の主導権をかけて行われる、ガンダムファイト。ここ第1会場リングでは、対戦するガンダム同士が相対しております。ですが、何やらネオジャパン首脳陣の様子が変。それもそのはず。肝心のファイター、ドモン・カッシュがまだその姿を現していないのです。

ウォン:ふっふっふっふっ…まさかこのような事になるとはね。差し詰め、ゼウスガンダムに恐れをなしたといった所でしょうか。

マスター・アジア:ふっミスター・ウォン。あなたはドモンという男を知らないのです。

ウォン:と、いうと?

マスター・アジア:そう、相手が己より強ければなおの事。ドモン・カッシュとは、そういう武闘家なのです。

ハン:すでに敗北した身?

ドモン:ああ…

ハン:本当に思っているのか?

ドモン:ああ…

ハン:ならばお前さんは自分の弱さに気付き、おじけついたと言うわけじゃ。これはめでたい。

ドモン:え?

ハン:めでたかろーに。闘いは勝てないとはっきりしたんじゃ。

ドモン:言われてみれば確かに、迷う事は何もないはず。

ハン:なら、方法はただ一つ。

ドモン:そう、1つしかない。ふっそれは…

ドモン&ハン:ホーロー虫。はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ

ドモン:じいさん。気に入ったぜ。この船に俺を下宿させてくれ。

ハン:お前さんが勝ったらな。

ドモン:ならば話は決まった。闘いはよわい方が勝つ。

ハン:その意気じゃ!

ホイ&ミン:ははっ!

ハン:ホイ!ミン!船を出せ!

チボデー:へぇい!ドモォォン!どこをほっつき歩いてた!

サイ:随分と余裕じゃん!

レイモンド:ドモン殿!私たちもじっくりと拝見させて頂きますよ。

ジョルジュ:あなたの新しいガンダムもね。

ドモン:う!

マスター・アジア:ふっふっふっ…待っていたぞ!さあ己の言葉通り全勝で勝ちあがってこい!ドモン・カッシュ

レイン:あっ!

ドモン:よぉし行くぞぉ!ゴッドガンダァム!ふんっ!

ウォン:よぉしそれではガンダムファイトォ!

マーキロット:レディィィィ!!

ドモン:ゴォォォォォッ!

レイン:お待たせっ!モビル・トレース・システムは上手くシンクロしてるわ。これなら大丈夫。頑張ってねドモン。

マーキロット:ふっはっはっはっ!恐れずに現れたお前の勇気だけは認めてやる!

ドモン:何を言う!この身が砕け散る時は!貴様も道連れだぁ!!

マーキロット:捨て身の攻撃か!よぉぉしわかったぁ!望み通りその身を、粉々にしてやるわぁっ!うぁぁっ!

ドモン:うあっ…なんてパワーだ!

ホイ:ねぇおじいちゃん!知らないからね!ホーロー虫なんていい加減な事いっちゃって…

ミン:あれはただのスパイスだよぉ?

ハン:いいんじゃよ。迷いを吹っ切るためにはな。

ドモン:やはりバルカンじゃ歯が立たないか!

マーキロット:ふっはっはっはっはっはっはっ!そろそろとどめを討ってやろぉかぁ!生意気なネオジャパン!ふっはっはっはっはっはっ!

ドモン:はっ!夢と同じだ!でも、今の俺は、ホーロー虫だぁぁっ!はぁっ!

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:やったぁ!!

カラト:ほぉ…

ウォン:ほぉ…あのゼウスを一撃で!

マスター・アジア:いや、勝負はこれから!

ドモン:はぁっ!

マーキロット:喰らえっ!裁きのイカヅチィ!!

ドモン:うあああああっ!!うあああああっ!!うあああ…うっ…ぬああああ!!

マーキロット:ほめてやろう!この俺を戦車から降ろしたのはお前が始めてだ!だが!その罪は重いぞ…ぬぅぅっはっはっはっ!何が全勝宣言だバカバカしい!貴様のような青二才は、もう一度出直して来い!4年先でも、8年先でも、いつでも相手をしてやるわぁ!うっはぁっはぁっはぁっはぁっはぁっはぁっはぁっはぁっううっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

(歓声)br>
カラト:な、何をやっておるかドモン!

レイン:はぁっ…

ウォン:おやおやこれでは勝負が決まったようなもの。

マスター・アジア:いや、やつめは耐え難きは耐え、勝機を狙っているのだ!

チボデー:そう、こんな事で負けるドモン・カッシュじゃねぇ!見ろぉ!シャッフルの紋章が、叫んでるぜぇっ! チボデー&サイ&ジョルジュ:キング・オブ・ハートがなっ!

ドモン:ふっ…

マーキロット:ううっ笑った!?ほおっまだそんな気力が残っているのか。ならば!一思いに息の根を止めてくれるわぁ!!

観客:と、飛んだぁ!

マーキロット:行くぞぉっ!

ドモン:いいっ…

マーキロット:ゼウスガンダム!最大出りょぉく!

ドモン:来るなら来い!俺は,何度でも喰らいついてやるぅ!

マーキロット:ほざけぇ!

ドモン:とぅあああああっ!おおおおっ!!

マーキロット:こ、こいつぅ!

レイン:ドモォン!そのまま,ゴッドガンダムの必殺技で押し切るのよっ!

ドモン:何っ!シャイニングフィンガーがこのガンダムにもあるのか!

レイン:そうよ!爆熱、ゴッドフィンガー!あのギアナ高地の修行に耐えたあなたならできるはず!

ドモン:そうだ…明鏡止水の心で勝ち取ったあのパワーで…勝負!

マーキロット:ぬぅおっお!!

ドモン:俺のこの手が真っ赤に燃えるぅ!勝利を掴めと!轟き叫ぶぅ!ばぁくねぇつ!!ゴォォッドォ!フィンガァァァ!!

マーキロット:ぬああああああぐあああ!!

ドモン:ヒィィィィトォ!エンドォォ!!!

マーキロット:くっ、ま、まさか!おごり高ぶっていたのは俺の方だったのか!

ウォン:素晴らしい。実に素晴らしい。さすがに東方先生の目は確かです。

マスター・アジア:ふっ…ドモン、やりおったわ。

ハン:見事。ホーロー虫の勝利じゃな。若いの。

ドモン:ふっ得体の知れないスパイスのな!

ハン:なんじゃ、知っとったんか。

ドモン:ふっ

ハン:ほぉぉっ若いのに食えん奴じゃ。ぬほほほほほほほ

ホイ&ミン:えっ?

レイン:ねぇなんの話なの?

ドモン:えっ?ああ…

レイン:ねぇってば!

ドモン:いいじゃないか!それよりもお祝いだ。そう、俺とゴッドガンダムの初勝利にな。

 

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!ドモンの次なる相手は!ネオインド代表のコブラガンダム。ながぁい体で、敵をグイグイと締め上げます!しかも、ガンダムに憧れる少年のいたずらで、ドモンはピンチに追い込まれてしまうのです。機動武闘伝Gガンダム!「頑張れドモン!友に捧げた大勝利」にぃー!レディィィ…ゴー!