アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第28話「狙われたドモン!殺し屋ファイターの必殺剣」

機動武闘伝Gガンダム 第28話「狙われたドモン!殺し屋ファイターの必殺剣」

機動武闘伝Gガンダム 第28話「狙われたドモン!殺し屋ファイターの必殺剣」

 

機動武闘伝Gガンダム 第28話「狙われたドモン!殺し屋ファイターの必殺剣」

 


どこかのファイター:はっはっはっ…はっはっはっ…あっ!!うああああああ!!

ストーカー:さてみなさん。この世には恐ろしいファイターもいたものです。なぜならば、彼との対決が決まった者はみな、突然の死を遂げているではありませんか。彼の名は、死神キラル。

ウォン:ふっふっふっ…素晴らしい。またまた不戦勝とは…さあ次は君の番だよ!ドモン・カッシュ

ストーカー:果たして全勝宣言をしたドモンは、この、謎のファイターのマンダラガンダムと、無事、闘う事ができるのでしょうか。それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


狙われたドモン!殺し屋ファイターの必殺剣


アナウンサー:さあみなさま。本日のガンダムファイト決勝リーグ。ここ、会場スタジアムでは、ネオノルウェーはバイキングガンダムと、ネオドイツのガンダムシュピーゲルによる対決が、いよいよ大詰めになってきました!おおっと!バイキングガンダム。得意のオール攻撃に入りましたぁ!

シュバルツ:んん!

アナウンサー:さすがのシュピーゲルも防戦一方です!

エリック:さあて、そろそろ一気に決めてくれるかぁ!うおおおおっ!

シュバルツ:んん?

エリック:うおおお!!こぉれで!どうだぁぁっ!!

シュバルツ:なんのっ!

エリック:ふはははは!やったぜ!ぬぉ!?

アナウンサー:おっと!変わり身の術かぁ!?

エリック:なにぃっ!?

シュバルツ:甘いな!私はここだ!

バイキング:んんっ!?うあああおあああっ!!

アナウンサー:決まったぁ!シュバルツ選手、これで早くも2勝目をマーク。そして!救助隊がバイキングガンダムに向かっておりますが…おおっと!敵をも助けるとはなんたるファイター魂!素晴らしきはシュバルツ・ブルーダー!

ミン:すごぉぉい!

ホイ:なんかよくわかんないうちに終わっちゃったね。

レイン:本当。まるで手品だわ!

ミン:ねぇお姉ちゃん。あっちのガンダムとドモン兄ちゃんのガンダム、どっちが強い?

レイン:えっ?

ホイ:決まってんだろ!ゴッドガンダムだよ!ねえ、兄ちゃん?

ドモン:ふふっそうだな…多分…

ホイ:多分じゃダメだ!絶対!

ドモン:絶対か!

ミン:そう絶対!ぜぇーったい!

ホイ:ぜぇーったい!

ミン:ぜぇーったい!

ホイ:ぜぇーったいだよぉ!絶対!

チボデー:おおい!レイン!ははっこんな所で会うなんて奇遇だな。えへへへっどう?食事でも?

レイン:いえ…あの…遠慮しとくわ…チボデー!えっ!?

チボデー:あーったったったったっ!!

ホイ:レインはドモン兄ちゃんのもんだ!手ぇ出したら承知しないぞ!

チボデー:げぇ?ドモンのものぉ?

レイン:ちょ、ちょっとぉ!

ドモン:チボデー!偵察か!

チボデー:ドモン!お前いつから保育園を始めたんだ?

ホイ:早く行けよ!このおジャマ虫!

チボデー:あのなぁ!レインとドモンはただのお友達。だから、俺がレインを口説いたって問題ないの。わかるぅ?

ホイ:えええーっ?

ミン:そうなの?

ドモン:そうなのか?

レイン:あのねぇ…

チボデー&ホイ:はっはっはっはっはっへへへっ

チボデー:ところでドモン。お前、死神に狙われてるんだって?

ドモン:死神?

チボデー:知らないのか!?お前の次の対戦相手だろぉ!

ドモン:ネオネパールのガンダムファイター、キラル・メキレルまたまた不戦勝。まさか暗殺!

チボデー:お前も、暗い夜道には気をつけた方がいいんじゃないの?

ドモン:忠告はありがたいがなチボデー。少し遅かったらしい。

チボデー:なにっ!

キラル:ドモン・カッシュさんですね?

ドモン:なんのようだ?

キラル:死んでもらいます!ふんっ!

ドモン:くっ!ううっ貴様っ!こんな街中で!

キラル:場所は…選ばずっ!

ドモン:ええい…

キラル:逃しはせんっ!

チボデー:くそぉぉ!まっ昼間から狙ってくるとは!

レイン:ドモォン!

チボデー:まかせて!ここで待ってろ!

ドモン:ふぅー…さすがにここまでは…あっ!?あいつ!

キラル:ふふふふ…私から逃げられると思うなよ。

ドモン:なに!はあっ!こう暗くっちゃ、むこうも手出しできまいっ!なっ!

キラル:そうかな?闇など私には意味がなぁい!

ドモン:なにぃ!?

キラル:つああっ!おりゃあ!

ドモン:ぐああっぐうっ!てああっ!

キラル:くっ…うう…

ドモン:な…なにぃ!?

キラル:ふふふはははははは!一撃で楽にしてやったものを…

ドモン:目が見えなかったのか!

キラル:それがどうした!

ドモン:恐ろしく長い尺杖!しかし!奴の懐に潜り込めば役に立つまい!行くぞぉっ!

キラル:ふりゃ!ふりゃ!ふりゃ!ふりゃ!ふああああっ!

ドモン:もらったぁぁっ!

キラル:そうかな?

ドモン:仕込み杖!ぐぁぁぁっぁぁっ!!

チボデー:ドモォォン!ド、ドモン!しっかりしろ!

ドモン:かっ…ああっ…

チボデー:ガッデム!ぐっここは、引くしかないか!ノォォッ!ノォォッ!

キラル:ふっ命は預けておこう。おうらぁっ!!

チボデー:ジ…ジーザァス!!

高官:なに!討ち損じただと!なんという事だ!ネオジャパンとの試合は2日後に迫っているのだぞ!

キラル:ふっ殺しの世界は生きるか死ぬか2つに1つ。そのどちらかはこの腕と運次第。このような事もある。

高官:何を生ぬるい事を!いいか!光を失い、一度はガンダムファイトから追い出された貴様を!我が政府がなぜに雇っていると思う。貴様の!その暗殺者としての腕を見込んでの事だろうが!ん?あっああ…

キラル:いかにも私はプロの殺し屋。狙った獲物は必ず倒す。よけいな口出しは無用。

高官:おっおお…

キラル:心配なさらずとも、ドモン・カッシュは必ず仕留めて見せましょう。ふっはははははははっ!

チボデー:キラルは元々、れっきとしたファイターだったのさ。第11回大会の事だ。奴は優勝候補とさえ言われたつわものだったらしい。その腕はするどく。並みいる敵を次々とその力でねじ伏せ続けていた。だが、決勝大会も大詰めの時、奴はほんの少しの油断をしてしまった。

キラル:ぬ…抜けない!?ぐっ!?

チボデー:それが奴の、この世の最後の光だった。

キラル:うあああっ!!

チボデー:こうなったらファイターとしては死んだも当然。途端にお払い箱さ。

レイン:でも、どうしてまた、ファイトに戻ってきたのかしら?

チボデー:恐らく奴は、自分から光を奪ったガンダムファイトを憎み。死神として蘇ったのさ。復讐のためにな…

 

 

男:はっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

ドモン:はあっはあっはあっ…

サイ:そいじゃも一度行くよ!アニキ!

ドモン:はっ!はぁっ!てぇっ!

サイ:らーらっらっららららららららら!!

ドモン:やはり同じだ!次々と繰り出す棒の速さは、かわすので精一杯だ!これを破るには!懐に飛び込むしかない!あっ!うっ!

サイ:そうれっと!

ドモン:はっ!

サイ:あっはっはっはっはっアニキ!やっぱ無理だろ!?

チボデー:そうさ!棒術の攻撃範囲に比べて、素手じゃリーチが短すぎる!

ドモン:かといって、懐に潜り込めばキラルの仕込み刀が待っている。なら、どうすれば…!

サイ:ア、アニキ…ア、アレ…

ドモン:キラル!

チボデー:あの野郎、性懲りも無く!

サイ:あいつが!

ドモン:よせっ!見ろ!あいつの足下を。水面に浮いた一枚の葉の上に、その全神経を集中して立ち続ける。すさまじい集中力だ。それにあんな所では、うかつに手を出した方が負けだ。

キラル:ふはははは!わかっているじゃないか。ならば覚悟しておけ!貴様らのように友情を気取ってつるむような弱虫どもは!この私がまとめてあの世へ!送ってくれるわ!

ドモン:うっ…

キラル:戦いの場では、頼れる者は己のみという事を教えてくれよう!

チボデー:やっろおう!

レイン:チボデー!

チボデー:とぅああっ!

キラル:なんのぉ!ふああっ!

チボデー:なんだとぉっ!

キラル:いいか。私は忘れない。私の目から光を奪ったガンダムファイトを!そうだ!貴様らにも見せてやる!この世の闇をな!ふーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

ドモン:まずい…このままでは奴に勝つ手段が無い。俺はどうすれば…

シュバルツ:ふっ貴様の頭では悩むだけ無駄無駄。ふはははははははは!

ドモン:シュバルツ!

シュバルツ:ドモンよ!今の貴様は一度喰らったキラルの技を、ただ恐れているだけではないのか!

ドモン:そんな事は無いっ!

シュバルツ:ならばっ!あの明鏡止水の心境はどうした!

ドモン:うっ…うあああ!!ええい!

シュバルツ:思い出させてやるドモン!!

ドモン:なにぃ!?こ、これは…

シュバルツ:さらばだドモン。

アナウンサー:さてみなさん。ゴッドガンダム対マンダラガンダムの一戦を、ここ、クイーンズロードインストリームより、生中継でお送りいたします。これまでの全ての闘いを不戦勝でひろっていたマンダラガンダム。果たしてどういう闘いを見せてくれるのでしょうか。

サイ:がんばれよ!アァーニキィ!

高官:結局ドモンをリングに上げてしまうとは。

高官(偉そう):死神キラルも落ちたものだ。

キラル:ふっ心配ご無用。

ウォン:それではここに。ゴッドガンダム対マンダラガンダムの闘いを宣言する。ガンダムファイトォ!レディー!!

ドモン&キラル:ゴォォー!!

ドモン:くっ…

ホイ:ドモン兄ちゃーん!

ミン:がんばってぇ!

アナウンサー:マンダラガンダム怒涛の突き攻撃。ゴッドガンダムよけるので精一杯かぁ!

レイン:どうしたのドモン!早くゴッドフィンガーを!

チボデー:いやだめだ!奴の懐に飛び込めば、仕込み刀が待っている。ゴッドフィンガーは使えねい!

レイン:そんなぁ!

ホイ&ミン&レイン:ああっ!

アナウンサー:おおっとゴッドガンダム、バリアーに追い詰められました!

キラル:ふはははは!どうした!手も足も出ないか!ならばこれはどうだ!炎獄烈風!!

ドモン:ぐ…ぐあああっ!!

アナウンサー:す、すごい炎です!マンダラガンダムの炎が、ゴッドガンダムを包み込みました。

ホイ&ミン:ドモン兄ちゃぁぁん!

ドモン:うう…うう…

ウォン:ふふふふふふ…これであの生意気なサムライボーイも、ジ・エンドですね。

マスター・アジア:そうかな?聞けばあのキラルは、一度ドモン暗殺に失敗しているとか。だが東方不敗の流れを組むドモンに、それは命取り。

ウォン:なら期待しましょう。9回裏の逆転ホームランをね。

キラル:ふっはっはっはっはっはっはっ!このまま焼け死ぬか!それとも死神の私の懐に飛び込んで、その首を落とされるかぁ!

ドモン:ぐぅ…うう…はあっ!

シュバルツ:思い出せ!明鏡止水の心境を!

ドモン:そうだ!死を恐れてどうする!敵を恐れてどうする!俺はキング・オブ・ハート!最強の男だぁっ!! マスター・アジア:んっ!

ウォン:おおっ…

キラル:んんっ…

ドモン:俺のこの手が真っ赤に燃える!勝利を掴めと轟き叫ぶぅ!ばぁくねぇつ!!

ホイ:ああっ…

チボデー:ダメだドモン!

レイン:キラルの思うつぼよ!

ドモン:ゴォォッド!フィンガァァァァァ!!

キラル:馬鹿めが!でぇぇぇるぅああ!!なにぃっ!?

ミン:あっははっ!

チボデー:ドモン!

キラル:くぉぉぉ!!??

ドモン:はぁぁぁぁぁっ!!

キラル:馬鹿な!

ドモン:キラル・メキレル…ガンダムファイトは、同じ命を懸けても、ただの殺し合いの世界とは違う。このリングの中で勝つか負けるか!貴様はそれを忘れ!闘いの前に俺に奥の手を開かしてしまった!キング・オブ・ハートに!同じ手は二度と通用しない!

高官(偉そう):ええい…どこまで恥をさらすのだ!

ドモン:ばぁぁくねぇつ…ゴッドスラッシュ!

キラル:なるほど…真の決着をつけようというわけか!ならば来い!

ドモン:おう!

ホイ&ミン:ひゃああ!!

サイ:二人とも隙が無い…

チボデー:やるな…勝負は一瞬で決まる!

レイン:ドモン…

キラル:ドモン!貴様に今こそ教えてくれるわっ!この私のガンダムファイトから追放された、恨みを!この私の恨みをおっ!

ドモン:ならばっ…斬るっ!!うあああっ!とぅあああっ!

キラル:うおおお…!!

ドモン:ぐっ!だあああ…ああ…

チボデー&レイン:ドモォン!

キラル:見事だドモン…貴様のような男と、再び剣を交える事ができようとは!たっ楽しい闘いだったぞ…ぬほっ…!!

アナウンサー:ゴッドガンダムの勝利です!

ホイ&ミン:いやったやったやった!

高官(偉そう):ええーい役立たずめが!こうなったら!キラルの殺しを隠すためには、自爆してもらおう!

シュバルツ:おっとそのまま。

高官(偉そう):ぬぅ!?

シュバルツ:証拠隠滅とは念のいった事だが、余計な事はやめてもらおう。でなければ今までのファイター暗殺の件、キラルに全部白状してもらうぞ!

高官(偉そう):ぬぅぅ…勝手にしろ!

シュバルツ:よろしい…ドモン!ナイスファイトだったぞ!

ウォン:なるほど。なかなか楽しませてくれるね。ドモン・カッシュ君。次の試合が楽しみだよ。

マスター・アジア:ふっふっふっふっドモン。ワシはいつでもお前を待っているぞ。

キラル:ドモン・カッシュよ。私は忘れはしないぞ。そう、あの最後の一瞬の、お前を支える仲間たちの姿。まさか、この目にもう一度あのような素晴らしいものが見えるとはな…礼を言おう!さらばだ!

レイン:どこへ行くのかしら。キラルは。

ドモン:ファイトから足を洗って、今まで殺してしまった人たちを供養して歩くそうだ。

チボデー:自分の犯した罪が、償っても償いきれるものじゃないって事は、奴自身、一番よく知ってるってわけだ。

サイ:サイゼェン!キラル!

 

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!マーメイドガンダムとの対戦を控えながら、サイ・サイシーの心はウキウキ。なぜなら彼は、美しい少女セシルに、すっかり夢中になっていたのです。ですが二人の前には、皮肉な運命が待ちかまえていたではありませんかぁ!機動武闘伝Gガンダム!「試合放棄!?恋にドキドキ、サイ・サイシー」にぃー!レディィィ…ゴー!

 

 

ロリポップ!

 

お名前.com

 

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

 

Xserverドメイン

 

Xserverビジネス

 

ムームードメイン

 

直送で実現する最高のコスパ!「海外直送」

 

エルセーヌ

 

安心安全の「海外直送」