アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第35話「決着の時!豪熱マシンガンパンチ」

機動武闘伝Gガンダム 第35話「決着の時!豪熱マシンガンパンチ」

機動武闘伝Gガンダム 第35話「決着の時!豪熱マシンガンパンチ」

 

機動武闘伝Gガンダム 第35話「決着の時!豪熱マシンガンパンチ」

 


ストーカー:さてみなさん。大変な事になってしまいました。隠し持ったデビルガンダムの姿を見られてしまった、ウォン・ユンファは、その犯人をドモン・カッシュだと思い込みます。そして秘密を守るために、ここに恐るべきカードを組み上げたのです!

ウォン:さあ…ドモン・カッシュの次の対戦相手は!

ストーカー:そう、なんとウォンは、シャッフル同盟の面々を、次々にぶち当てるカードを宣言したのです!そして、その第1の対戦者は!ガンダムマックスター!燃える拳のチボデー・クロケット!この因縁の対決!どうやら今日の彼は、今までとは違ったファイトを見せてくれそうではありませんか!それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


決着の時!豪熱マシンガンパンチ


チボデー:さあさ!故郷ネオアメリカのみんなが喜んでくれるんなら、どんなポーズでもとるぜぇ!

記者:そうです!今や全ネオアメリカが、あなたの優勝を確信しています!

アナウンサー:ですが!

チボデー:ですが?ですがとはなんだ!

アナウンサー:我々が懸念するのは、あなたが何度も拳を交えながら決着を付けていないファイターだという事です!

記者:その名は!

記者たち:ドモン・カッシュ

記者:そう、賞賛はあるんですか!

記者:そこの所を聞かせていただきたいんです!

記者:お願いします!実際の所どうなんですか!チボデーさん!

バニー:ち、ちょっと、まずいよ。

チボデー:ふっふっふっふっふっ…ふっふっふっふっふっ!ドモン・カッシュか。はっはっはっはっはっはっはっ!はっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

記者たち:おおおお?

チボデー:一つだけ言っておこう!次のファイトで、ネオアメリカの人々は夢の素晴らしさを見る!そう!このチボデー・クロケットの勝利をな!

記者たち:おおおおおおお!!

チボデー・クロケット:ふんっいよいよ来ちまったなドモン!この時がよ…おおおっ!

記者たち:おおおお!?

チボデー:なんだ!一体どうした…ぬお!?シャッフルの紋章が…はっ!まさか!あ、あれは!

ドモン:はぁっはぁっはぁっデビルガンダムが、このネオホンコンに現れただと!

レイン:信じたくはないことだけど!

人々:うわあああ!!うわあああああ!!ああああああ!

ドモン:間違いない!奴だ!出ろぉぉぉ!ゴッドガンダァァァム!

マスター・アジア:待てぇい!

ドモン:おっ?はっ…

マスター・アジア:はいやぁぁぁっ!

ドモン:東方不敗

マスター・アジア:馬鹿者!貴様のようにグズグズしておっては、なんの役にも立たんわ!

ドモン:なにぃっ!?

マスター・アジア:ふっよぉく見ておけぇ…てやぁぁっ!いやあああああああ!証拠を残すわけにはいかん…

ドモン:東方不敗!これは一体なんだぁ!お前がデビルガンダムを再生させたのか!それとも、兄貴はまだ生きてるのか!

マスター・アジア:ふははははははははは!馬鹿者!ワシはどこぞから紛れ込んだ、生き残りのガンダムヘッドを始末しただけだ!言いがかりは大概にせい!

ドモン:じゃあ、お前以外に誰がデビルガンダムを再生させようとするぅ!

マスター・アジア:まだゆうかぁ!このぉ…

ドモン:後ろだ!師匠!

マスター・アジア:ふんっ!まだ生きておったか!酔舞!再現江湖!デッドリーウェェイブッ!爆発っ! 人々:おおおおっ!

男:やるねぇっ!

男:シード選手だったから見られなかったけど、やっぱり東方不敗は最高だぜ!

男:そうさ!ネオホンコンが今回も優勝さ!

レイン:確かに凄い技だわ…でも変だわ!こんなデモンストレーションのために、ガンダムヘッドを使うなんて…

マスター・アジア:ドモン!案ずるでない。ワシも武闘家の一人、ガンダムファイトは無事続けさせる。ワシがお前を倒すためにもな…ゆくぞっ!風雲再起!

風雲再起:ヒーッヒヒヒヒン!

ドモン:待て!まだ聞きたい事が…

マスター・アジア:ドモンめ…思わずワシを師匠と呼びおった…うぅぅー!ゴホッゴホッゴホッゴホッ!うーっ…だが、ミスター・ウォン…この一件、失態だぞ…

ウォン:いやいや。これは移動中に起きた些細な事故です。それにこの騒動のスキに、本体はすでに別の場所に移す事ができました。そう、これでデビルガンダムも無事再生してゆくでしょう。

ミカムラ:あれこそまさにデビルガンダム

ウルベ:我が調査隊がギアナ高地で消えてしまった理由がこれでわかった。

ミカムラ:まさかこのネオホンコンに運ばれていようとは。

ウルベ:とにかく私は、宇宙に上がる。なんらかの手段をこうじなければ。後は任せますぞ。博士。

ミカムラ:うむ…

アルゴ:デビルガンダムの、再生機能が働いて…

サイ:だから紋章が光ったってわけか。

チボデー:そういう事だな。

アルゴ:これでミケロ達の謎も解けた。

ジョルジュ:そして厄介な敵が現れた。

ドモン:恐らく東方不敗は、この決勝大会のスキを狙って、デビルガンダムを復活させようとしてるんだ!こうなったら今のうちに奴を見つけ出して…おっ…どうした!何を黙っている!デビルガンダムが出てきた以上、俺たちの役目は!

アルゴ:俺は手を引く。

ドモン:なにいっ!

ジョルジュ:私も、できない相談ですね。

チボデー:まっ、付き合えんな。

サイ:アニキ、悪いけど、オイラも遠慮するよ。

ドモン:なんだって!サイ・サイシー!アルゴ!ジョルジュ!チボデー!お前たちっ!ああっ…

レイン:ドモン…追いかけてもムダよ。だって、みんなにはそれぞれ理由があるじゃない!チボデーは夢のため。サイ・サイシー少林寺再興のため。アルゴは仲間の開放のため。ジョルジュは国家の名誉のため。あなただってそうじゃない!

ドモン:はっ!いや、だからこそ!ガンダムファイトを乱させるわけにはいかないんだ!

レイン:ドモン!

ドモン:そうだ…ガンダムファイトを正しい物に戻せるのは、シャッフル同盟だけなんだ!チボデー!待ってくれ!チボデー!

チボデー:うるせぇ!俺に構うな!確かに、シャッフル同盟の役目は俺にもわかる。わかるがなぁ!今の俺たちにとっちゃあなあ、デビルガンダムよりもお前と闘う事の方が、意味があるんだよ!

ドモン:お前…

チボデー:俺は…お前との決着を付けてぇんだよぉ!!それを今わからせてやるっ!ギアナ高地の修行で俺が掴んだ技ぁ!まだ披露してなかったなぁ!

ドモン:なにっ!?

チボデー:豪熱っ!マシンガーンパァァァーンチ!!

ドモン:はぁっ!うおっ!ぬあっ!?チボデー!

チボデー:そういう事だ…ファイトには応じてもらうぜ…ネオジャパンのガンダムファイター

ドモン:お前…

チボデー:あばよ!

レイン:ドモン!今のは…

ドモン:ああ…あいつも自分のハイパーモードを会得したようだ…

レイン:ええっ!?

シュバルツ:拳を交えよ。いいか。デビルガンダムは私が探す。今のお前の役目はシャッフル同盟をまとめる事だ!

ドモン:シュバルツ・ブルーダー!

シュバルツ:武闘家とは所詮、拳と拳でしかわかりあえない不器用なもの。それしか方法はあるまい。いずれ奴らも立ち上がる。お前とのファイトを通じてな。

ドモン:ファイトを通じて…

チボデー:はぁ…はぁ…はぁっ…はぁ…

シャリー:すごいわ。今のチボデー。

ジャネット:これなら、ドモンに勝てるかもしれない。

チボデー:いやぁ!かもじゃねぇ!俺は勝つ!そうだ…ドモン・カッシュに勝つ事が、俺の夢だ!

シャリー:チボデー…

チボデー:みんなぁ!俺に力をくれぇ!奴を倒すために!

シャリー:ええっ!チボデー!あなたは最高の男よ!

ジャネット:そう、ネオアメリカの希望!

チボデー:そうだ…俺は希望!

キャス:あなたはネオアメリカの夢!

チボデー:そうだ!俺は夢!

バニー:だからドモンを倒して、夢を掴むの!

チボデー:そうだ!俺は掴むっ!夢を掴むっ!

ギャルズ:チボデー!チボデー!チボデー!

チボデー:俺は希望だ…俺が夢だ!俺は今こそ、最高に燃えてやる!そう!今度こそドモン・カッシュを倒してぇ!俺はぁ!夢を掴むんだぁぁぁっ!!

 

 

レイン:ねぇお父様?

ミカムラ:んん?

レイン:どうしてウルベ少佐は、ガンダムファイトを見届けずにコロニーへ…

ミカムラ:ううん…お前もあれを見ただろう。

レイン:ガンダムヘッド。

ミカムラ:そうだ。だから万が一のためにも手を打っておかねばな。

レイン:まさか戦争を起こしてまで、デビルガンダムの制圧を?

ミカムラ:何を言う。そうならないためにも、ドモン君に優勝してもらわなければならないのだろう?

レイン:えっ?そ、そうね。そのためのガンダムファイトだったのよね…

チボデー:確かに、シャッフル同盟の役目は俺にもわかる。だがな!今はデビルガンダムより、お前と闘う事の方が意味があるんだよっ!

ドモン:俺と闘う意味か…

シュバルツ:拳を交えよ。いずれ彼らも立ち上がる。お前とのファイトを通じてな!

ドモン:はぁーっ…

アレンビー:ドモーン!

ドモン:ん?

アレンビー:やっほー!

ドモン:アレンビーか。いい所に来た。これから汗を流す。付き合うか?

アレンビー:そのつもりできたのよ。うっふふっ。

レイン:ドモーン?ドモーン。ん?改築エリアで、特訓…?

ドモン:はぁぁぁぁぁっ!っダメだ!連続して砕けって言ってるだろ!

アレンビー:でもぉっ。そんな事いったって…

ドモン:いや!今度こそ頼んだぞ。アレンビー。

アレンビー:でもこんな特訓何になるのかしら。

ドモン:早く-!

アレンビー:もう。じゃあ遠慮しないよ!はぁぁぁぁぁっ!

ドモン:これだ!これがチボデーのパンチだ!

チボデー:おりゃああああああっ!

ドモン:たぁぁぁぁぁっ!たぁぁぁっ!次!もっとだ!てぁぁぁぁぁっ!

アレンビー:す、すごい…

ドモン:どぅおっ!ああああああ!!

アレンビー:ドモン!

ドモン:あっあっ…

アレンビー:ドモン、大丈夫?もうやめようよドモン。

ドモン:いや、全て受け止めなければ、チボデーには勝てないんだ!

アレンビー:でも、一度にあんな数、一人じゃ無理よ!

ドモン:えっ一人では無理…

アレンビー:どうしたの?

ドモン:そうか…そうかこの手があった!

アレンビー:え?

ドモン:これでチボデーと闘える!

(チボデーコール)

アナウンサー:さて、いよいよ優勝候補同士の対決が始まります!そう、ご覧下さいこの熱気!ネオアメリカからは、数万の応援団が駆けつけ、ここネオホンコンに、チボデーコールが渦巻いています!ガンダムマックスター気合充分といったパフォーマンスです。一方のゴッドガンダムは対照的に、静かな様子。ネオジャパンのわびさびの世界か!さあ、長い間待っていた決着が付きます!

チボデー:ついにこの時が来たな…ドモォォォォォン!

ドモン:なんて奴だ…昨日よりはるかに凄まじい!

チボデー:ふんっ!覚悟しろよベイビー!

マスター・アジア:ふっふっミスター・ウォン。感じておりますかな。チボデー・クロケットの気迫を。そう、これはもはや人のものでは無い。まさしく奴は野獣と化しておるのです。

ウォン:なるほど。さすがはシャッフル同盟。すばらしい。ではそろそろ始めますか。それではガンダムファイトォ!

チボデー:レディィィィィ!

ドモン:ゴォォォォォ…ぬ!?ぬおおおおお!!

レイン:一撃で!

アレンビー:あそこまで吹っ飛ばされた!

ドモン:うう…チボデー…

チボデー:おーらおらおらー!!

ドモン:うあっ!ち、違う…今までのチボデーとはケタ違いだ…

チボデー:うらうらうらうらうらうらぁー!

バニー:すごい!すごいラッシュだわ!

ジャネット:チボデーが最高に燃えてる!

キャス:きっと思い出してるのよ!ダウンタウンから這い出した、ハングリーな頃を!

シャリー:ネオアメリカの、星になる夢を追い始めた頃を!

ギャルズ:さあ、私たちの夢と希望の星になって!チボデー!

チボデー:そうだ…俺のためだけじゃねぇ…お前たちのため!ネオアメリカのため!それにも増してお前のためぇぇっ!!そう、俺はお前が憎かった!生まれ故郷のニューヨークで倒されたあの敗北感!そしてぇ…忘れはしない!お前を永遠のライバルだと感じたあの瞬間!俺は誓ったんだ!必ずお前に、勝つってなぁ!

ドモン:ぐおっ…おおっ…

レイン:ああっ!

ギャルズ:あああっ!

チボデー:立てドモン!こんなんで終わるわけがねぇ!お前は、俺の必殺技で倒してこそ、初めて意味がある!立て!立つんだドモン!

ドモン:うっううっ…お前って奴は…嬉しい奴だぜ!チボデー・クロケェェェェーット!

チボデー:そうこなくっちゃな…ドモン!

レイン:ドモンの気力が、膨れ上がる!

アレンビー:は…!

ウォン:一方的な展開に見えていたはずなのに…!

マスター:チボデーがドモンの魂に火を付けたか。

シュバルツ:そして互いに死力を持って魂の拳を打ち放つ。悟ったな!二人とも。

チボデー:さあ!一緒に行こうぜぇ!シャリー!キャス!ジャネット!バニー!俺たちの夢を!この一撃で掴むんだぁぁぁっ!!ドモォォォン・カァァッシュ!

ドモン:おうっ!

チボデー:豪ねぇぇつ!マシンガァァァン!パァァァァァンチ!

ウォン:ああっ…なんという!

アレンビー:あ、あれが!

レイン:ドモン!

マスター・アジア:さあどう受け止める!

シュバルツ:チボデーの熱き思いを!

ドモン:感じるぞチボデー!お前の夢を!ならばこそ!分身殺法!ゴッドシャドウ!

チボデー:なにっ!?

レイン:そんな!機体が分身して見えるなんて!

アレンビー:特訓、うまくいったね!ドモン!

ドモン:チボデー!お前が一度に10発のパンチを打つならば!俺は、10体のガンダムになって受け止めるっ!

チボデー:おおう…俺の…必殺技を打ち破っただと…おおっ…

ドモン:チボデー。お前の熱気が俺に火をつけた!お前が強くなればなるほど俺も燃える!ライバルよぉ!

チボデー:うう…そうだったな…それでこそドモン・カッシュ!だからこそお前を倒したい…よぉし来い!今度はお前の番だ!

ドモン:なら勝負!俺のこの手が真っ赤に燃えるぅ!

チボデー:勝利を掴めと!とぉどろき叫ぶぅ!

ドモン:ばぁぁぁぁくねつっ!ゴォッドォ!フィンガァァァァァァァ!

チボデー:おおりゃあああああ!!

レイン:あっあっ!

ギャルズ:あああっ!

観客:ああおおおっ!

ウォン:ああっ!

マスター・アジア:これは…

ドモン:チボデェェェ…

チボデー:ドモォォォォン…どぅあっ!

ギャルズ:チボデェェェー!

レフェリー:セブン!エイト!ナイン!テンッ!

チボデー:へっ…また、負けちまったか…

ドモン:いや、俺たちの勝負はこれからだ。俺とお前がいる限り、何度でも闘えばいい。今日のようないいファイトでな。

チボデー:そうだな。お前のゆう通りだ。夢は、果てしないから夢なんだ…

ドモン:ああっ…

(観声)

(チボデーコール)

チボデー:納得してくれたようだな…故郷のみんなも。

ドモン:また見せてやれよ。お前の夢を。

チボデー:もちろんだ。もう迷わないぜ。今度のデビルガンダムは負けられない相手だ。この紋章がそう言ってるぜ!

ドモン:ああっ!

チボデー:アーイルネバァー!ギブアァーップ!

シュバルツ:うむ。よくやったぞ。二人とも。

ウォン:まあ、今日の所は武闘家らしいファイトと誉めておきましょう。ですが、果たして次もハートの勝負ができますかな?ネオフランスのジョルジュ・ド・サンドを相手にね。はっはっはっはっはっ!はっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!ジョルジュに下された残酷な命令!それは、ゴッドガンダムとの試合を放棄せよ!というものでした。戦士のプライドを傷付けられたジョルジュは、悩んだ末に、アッと驚く方法で、ドモンに決闘を申し込むのです!機動武闘伝Gガンダム!「騎士のほこり!奪われたガンダムローズ」にぃー!レディィィ…ゴー!