アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第38話「ドモン対アルゴ!突撃ボルトガンダム」

機動武闘伝Gガンダム 第38話「ドモン対アルゴ!突撃ボルトガンダム」

機動武闘伝Gガンダム 第38話「ドモン対アルゴ!突撃ボルトガンダム

 

機動武闘伝Gガンダム 第38話「ドモン対アルゴ!突撃ボルトガンダム

 


ストーカー:さぁてみなさん!ネオホンコン首相、ウォン・ユンファの仕組んだ、ドモンとシャッフル同士の闘いも、いよいよネオロシアの、アルゴ・ガルスキーとの対戦を残すだけとなりました。ですが、この闘いにも、なにやら怪しげな企みが影を落とし始めます。ドモンとアレンビーがチームを組んでの、二度目のタッグマッチですが、問題なのは、対するアルゴのパートナーが、彼の命を狙って決勝までやってきた、ランバーガンダムの、グラハムだという事なのです!それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


ドモン対アルゴ!突撃ボルトガンダム


グラハム:アルゴォォォッ!

アルゴ:うおおおおおおおおおっ!ぬうううううっ……

グラハム:ぐうううううっ……せえりゃあっ!

アルゴ:ぐおおおっ!

グラハム:ふおっ!

アルゴ:ぬぅぅ……おおおお……

グラハム:まだまだぁぁぁぁっ……!

チボデー:ほおう……あれがネオカナダのグラハムか。

ジョルジュ:アルゴとファイトをするために、ネオカナダから来たと。

ドモン:いや、あれはファイトじゃない。グラハムにとって、これは復讐なんだ。

サイ:復讐?

ドモン:ああ。アルゴが宇宙海賊だった頃、逃亡中の奴の宇宙船が事故を起こし、その結果、グラハムの妻を死に追いやった。

ドモン:だがグラハムは、アルゴを仇と信じ、決着をつけるためにガンダムファイターとなり……

サイ:この決勝まで勝ち抜いてきたって事?

グラハム:アルゴォ!今日こそ決着をつけてやるぅ……

アルゴ:ううううう……

ナスターシャ:何をしている!そんな事では貴様の仲間を助ける事はできないぞ!

アルゴ:そうだ……俺は絶対に負けん!仲間達のためにもーっ!

グラハム:な、なんだと!

アルゴ:うおおおおおおおっ!

グラハム:うあああああああああああっ!

サイ:ボルトガンダムが!

ドモン:まさか、あれはハイパーモード!

アルゴ:うおおおおおおおおおっ!おおおおおお!!

チボデー:す、すげぇぇぇ……

サイ:なんて技だぁ……

ナスターシャ:ふっ…ついに物にしたな。大地を破壊し、己の武器とするガイアクラッシャー。

グラハム:うあああああああっ!

アルゴ:ぬおおおおおおおおおおっ!

グラハム:うおおおお……ぐあああああああっ!

アルゴ:決着は付けたぞ、グラハム!これでお前も満足だろう!

グラハム:ま、まだだぁ!私はまだお前を許すわけには、いかないんだぁぁ!

チボデー:勝負あったな。

ジョルジュ:ええ。

レイン:ドモン、今度はあなたの番よ。

ドモン:ああ、わかってる!

アルゴ:そう、いよいよお前との決着をつける時!

ドモン:そう、この紋章に懸けてな!

マスター・アジア:ドモンが用無しですと!

ウォン:そう、デビルガンダム復活のため、我々が求める最強のファイターは、彼では無いのです。

マスター・アジア:では一体誰だと!

ウォン:先生の手の下ですよ……

マスター・アジア:なにぃ?こ、これは……!!

ウォン:どうです?東方先生?

マスター・アジア:しかしこやつは、あまりに未知数!

ウォン:いえいえ、次のカードで祖の素質を証明して見せます。

男:ウォン首相、ご指示のあった方をお連れしました。

ウォン:よろしい。例の部屋へ通しておきたまえ。丁重にな。さて、それでは準備にかかりますか。私が正しいという事を証明するためにもね。

マスター・アジア:そう上手くゆくかな?ウオッゴホッホッホッホッ……

ウォン:はっはっはっはっはっはっはっ!はっはっはっはっはっはっはっ!

アルゴ:よおおし、ギアナの大地で会得した、このガイアクラッシャー。この技で俺は必ず優勝し、俺の仲間たちを……ん!?なんだ!!これは一体!なっ!ネオロシアの宇宙船!ぬおおおおっ!宇宙船の中……んん?なっ!あれは!ミハエル!リムスキー!ベイリング!セルゲイ!お前たちどうして!なっ!?んんっ!?これは立体映像……!くだらないマネはやめろぉっ!なんのつもりだっ!

ナスターシャ:ゆうな!これも全て本国からの命令なのだ。お前の戦闘意欲をかきたてろとな……

アルゴ:今さらなぜ!

ナスターシャ:お前の次の対戦カードのせいだ。

アルゴ:なにっ?

チボデー:なんだとおっ!アルゴとグラハムが組んで、ドモンとアレンビーと闘うだぁ?

ジョルジュ:自分を仇と狙っている男と、タッグを組むなんて……

チボデー:で、ドモンは?

サイ:それがさぁ……それを見るなりネオカナダの宿舎に行ってくるって飛び出して……

グラハム:帰れ!何度言われても同じだ!私はチャンスを逃がしはしない!

ドモン:やはり、お前はまだアルゴを疑ってるのか……あれは事故だったんだろう!

グラハム:ふん……所詮ネオロシアの報告だ。本当の事などわかりはしない!そうだ……奴が無実がどうかは私がこの手で決める……

ドモン:だがお前は奴に負けたんだぞ!それでもまだ!

グラハム:だからといって奴とおとなしくタッグを組めるかっ!仲良しごっこをしろと言うのか?んっ?

ドモン:俺はただ、アルゴとの闘いに無意味な邪魔をして欲しくないだけだ!お前もガンダムファイターなら、拳と拳で語り合ってみろ。そうすれば真実は見えるはずだ。

グラハム:拳と拳で……

アレンビー:ふぅーん……しつこい人なんだね。でも大丈夫。私がグラハムを押さえてあげる。

ドモン:アレンビー、油断するなよ。ウォンが仕組んだこのタッグマッチ、ただですむとは思えん。

アレンビー:まっ、いいじゃない。その時はまた、二人で力を合わせてがんばろう!

ドモン:ああ!

アレンビー:じゃっ、さよならドモン。最近帰りが遅いって、ベルイマン博士がうるさいんだ。明日ね!

ドモン:アレンビー!

アレンビー:んっ?

ドモン:いや、気をつけて帰れよ……

アレンビー:ありがと。

ベルイマン:うっ……こ、これは……バーサーカーシステム!だっ……

ウォン:ようこそ。ベルイマン博士。おっしゃる通りバーサーカーシステムですよ。

ベルイマン:ウォン首相!これは一体どういう事です!まさか、我がネオスウェーデンのマシンを盗んだんじゃ!

ウォン:はっはっはっ!これは人聞きの悪い。我がネオホンコンも開発に成功したのです。今日はそのお祝いに、発明者であるあなたに、ぜひ立ち会ってもらおうと思いましてね……

ベルイマン:な、なにっ?

ウォン:その前に、一つ教えていただけませんか?そう、アレンビー・ビアズリー。あの子の脳波を操れる周波数をね。

ベルイマン:い、いやだ!教えるものかっ!

ウォン:どうですかな?

ベルイマン:うあああああああああっ!

アレンビー:んっ?

 

 

アルゴ:誰がこんな所へ呼んだ。

ナスターシャ:私だ、アルゴ。

アルゴ:ナスターシャ!

ナスターシャ:どうした、食べないのか?箸は苦手か?それとも、グラハムとのタッグが気になるか?

アルゴ:んっ……

ナスターシャ:これは言わば私のお前に対する謝罪だ。見ろ、あの船を。

アルゴ:あ、あれは!

ナスターシャ:国の連中め……本当にお前の仲間をここに送り込んできおった……正直言って私も腹が立つ!この1年を闘い抜いて来た私たちへの信頼など、所詮この程度だ。アルゴ!このドモン・カッシュとの対戦必ず勝て!必要ならグラハムも一緒に叩き潰せ!一つの勝利は二人の勝利だ!

アルゴ:んんっ。はうっはうごうご……

ナスターシャ:ふっ……流れ星?コロニーでは不吉を意味するが……

ジョルジュ:ですが……復讐とは、そんなに簡単に諦める事ができるものでしょうか。

チボデー:じゃあ、なにか?奴はファイトの途中に、アルゴに何か仕掛けてくるってのか?

ジョルジュ:それはわかりません。ですが……

シュバルツ:そう、今日のファイト、グラハムの動きが鍵を握る事は間違いない。

チボデー:シュバルツ・ブルーダー!あんたにはその答えがわかるってのか!

シュバルツ:いや……その答えはグラハム本人にしかわからない!

ドモン:貴様もガンダムファイターなら、拳と拳で語り合ってみろ!そうすれば真実は見えるはずだ。

アルゴ:グラハム!お前がどれだけ執念を抱こうが、俺の目に映る敵はドモン・カッシュただ一人!

ドモン:アレンビー!グラハムは頼むぞ!俺にアルゴと1対1の勝負をさせてくれ!

アレンビー:うん、任せてよ!

ホルベイン:アレンビー、ベルイマン博士がいないため、今日はバーサーカーシステムは動かせない!

アレンビー:結構よ、そんなの!けど、どこ行っちゃったのかしら博士……

風雲再起:ヒヒィーッヒヒヒン!

(どよめき)

マスター・アジア:ウォンめ……今日は一人で観戦するなどと……一体何をたくらむ!

ウォン:ふっふっふっふっふっ……どうやら役者が揃ったようですね……ベルイマン博士、そこでゆっくり見ていて下さい。バーサーカーシステムの本当の使い方をね……それではガンダムファイトォーッ!

ドモン&アレンビー&アルゴ:レディィィィィッ!ゴォォォォォォッ!

アルゴ:来い、ドモン・カッシュゥーッ!

ナスターシャ:そうだアルゴ、グラハムなどに構うなっ!

アルゴ:ああっ!この勝負、誰にも邪魔させぇぇぇんっ!ぬあああああっ……

グラハム:これはっ……!

レイン:あの技が、二人のリングを作った!

ドモン:気に入ったぜぇ!これで存分に闘えるっ!

アルゴ:そうだドモン、勝負だっ!どぅあああっ!

ドモン:おうっ!てあああああっ!デビルガンダムを倒すため!父を救うためぇっ!

アルゴ:俺の仲間たちを救うためっ!

ドモン&アルゴ:負けるわけにはゆかないっ!

ナスターシャ:よおおし、アルゴそれでいい!今こそ決着を付けるんだ!だがやはり気になるのは、奴がどうでるかだ……アンドリュー・グラハムッ!

アレンビー:そう、とにかくドモンの闘いの邪魔だけはさせないっ!

ウォン:ふふっ……これはいい。願ってもいない形になりました。よおし、バーサーカーシステム用意っ!発射ぁ!

アレンビー:えっ?ああああああああああああっ!

レイン:アレンビー!まさか、バーサーカーシステム!

ホルベイン:そんなバカな!我々はシステムを作動させていないぞ!

シュバルツ:まさかっ!

マスター・アジア:ウォンめ、まさかここまでやるとは……ゆくぞ、風雲再起ぃ!

風雲再起:ヒヒーーンッ!

(どよめき)

アレンビー:うああああっ!!やめてっ!!お願いだからシステムを切ってぇぇぇ!!

ウォン:よおし、パワーを上げるぞっ!

マスター・アジア:ウォンッ!

風雲再起:ヒヒーッヒヒヒヒンッ!

マスター・アジア:つまらぬ事をしおってぇぇぇっ!

ウォン:東方先生……

マスター・アジア:やめろぉっ!こんな事をして何になるっ!

ウォン:東方先生……きれいごとはよしましょう……バーサーカーと化したアレンビーこそ、間違いなく最強のファイター!

マスター・アジア:うるさぁい!とぅああああああああっ!腕ずくでも止めて見せるわぁっ!

ウォン:うあっ……

マスター・アジア:さあっ!どうするウォンッ!ううっ!ゴホッ、ゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッ……ゴホッゴホッゴホッゴホッゴホッ……

ウォン:ふっふっふっふっふっ……東方不敗、老いたり!

アレンビー:ああああああああっ!ドモォォォン、助けてぇぇぇっ!ああああああっ!

グラハム:んん?あれは……いや、それよりも私には確かめなくてはならない事がある。そう、あのアルゴと言う男の正体をだ!

アルゴ:ぬおおおおおおっ!でぇぇぇい!

ドモン:とぅあああっ!

アルゴ:おおおおっ!

グラハム:なぜだアルゴ!なぜお前はそうまでして闘う!

ドモン:とぅああああああああっ!

アルゴ:ぐうううっ……りゃあああああっ!うーらうらうらうらぁっ!

グラハム:なぜだ……なぜだアルゴ!アルゴ・ガルスキィー!

ドモン:うあああああっ!やるなアルゴッ!だからこそシャッフル同盟にお前が必要なんだ!

アルゴ:ああ、俺もブラック・ジョーカーの役目は忘れはしない……だがそれは、お前との勝負がついてからの事っ!

ドモン:ならば今決着を付けるっ!

ドモン:俺のこの手が真っ赤に燃えるぅっ!

アルゴ:勝利を掴めと、轟き叫ぶぅっ!

ドモン:ばぁぁぁぁぁぁぁくねつっ!!ゴッドォォ!!フィンガァァァァァァァァァァッ!!

アルゴ:さぁくれつっ!ガイアッ!クラッシャァァァァァァッ!

ドモン:もらったぁぁぁっ!

グラハム:おおっ……

ナスターシャ:アルゴォッ!

ドモン:俺の勝ちだぁぁぁぁっ!

アルゴ:いやぁっ!ここからがガイアクラッシャーの、本当の威力だぁぁぁぁっ!

ドモン:うおっ……あああああっ!!

レイン&グラハム&ナスターシャ:こ、これはっ!ゴッドフィンガーにひびがっ!

ドモン:アルゴッ……貴様ぁっ!

アルゴ:そうだ……貴様に勝つには……この方法しかないっ!例え相打ちになったとてぇ!

ナスターシャ:やめろアルゴォッ!そのまま頭をやられれば、お前に凄まじいダメージがぁっ!

アルゴ:ナスターシャ!もしもの時は、仲間の事は…頼む!

ナスターシャ:なっ……死ぬ気か……!

グラハム:お前は……そんなにまで仲間たちの命が大切なのかっ!自分の命よりも……はっ!そうだ……あの時……お前は妻の命を救おうと……今こそ、今こそ信じる事ができるっ!アルゴ・ガルスキィーッ!

アルゴ:うおおおおおおおおっ!

ドモン:アルゴォ……さすがだ!だが俺も!俺も負けるわけにはゆかんっ!はっ!そうか……ゆくぞぉっ!ゴッドフィィィーーールドォッ!!ダァァァァァッシュッ!!

アルゴ:うおおおおおおおおっ!

ドモン:アルゴォォォォォッ!

アルゴ:なっ、なにいっ!?

ナスターシャ:しまったっ!

アルゴ:ま、負けるのかっ……!

ナスターシャ:アルゴォッ!まさか、ガイアクラッシャーのパワーが、ボルトガンダムの脚に負担をかけていたとは……!!すまん……肝心な時に、機体の不備が出るとは……これは私の敗北だ……

アルゴ:ふっふっ……何を言う……例え一つの敗北さえも、二人の物では無かったのか?

ナスターシャ:アルゴ……

アルゴ:そしてドモン・カッシュ……共に闘う事を誓おう……

ドモン:ああ!これで全員が揃った……シャッフルの仲間たちが待っている……

グラハム:ん?

ドモン:アレンビィー!!

アレンビー:敵はっ!ドモンの敵はどこだぁぁぁぁっ!ボルトガンダム、お前かぁぁぁっ!

グラハム:まずいっ!アルゴは動けんぞっ!

アレンビー:倒すっ!敵をたおーっすっ!

ドモン:やめろーっ!

ドモン:あっああっ!

アルゴ:グラハムッ!

グラハム:うっううっ……かっ……

アルゴ:なっ、なぜだグラハムッ!!

グラハム:お前の拳が、私の心を目覚めさせたのだ……すまん、私にできる事は、こんな事だけだ……

アルゴ:グラハムゥゥゥゥゥッ!!

ドモン:アレンビィィーッ!!

サイ&チボデー&ジョルジュ:うおおおおおっ!

レイン:ド、ドモォンッ!

ナスターシャ:アルゴォォッ!

マスター・アジア:な、なんという事だぁっ!

ウォン:ふっふっふっふっふっ……

マスター・アジア:うんっ?

ウォン:素晴らしい……素晴らしいですよアレンビー!はっはっはっはっはっはっはっ!アレンビィィィィィーッ!

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!行方不明になったアレンビーを探すドモンに、闘いを挑むマスター・アジア。その二人の前に、突如ガンダムヘッドが出現!襲い来るこの敵を、かつての師弟は、流派、東方不敗、最終奥義で迎え撃つのです!機動武闘伝Gガンダム!「石破天驚拳!決闘マスター・アジア」にぃー!レディィィ…ゴー!