アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第39話「石破天驚拳!決闘マスター・アジア」

機動武闘伝Gガンダム 第39話「石破天驚拳!決闘マスター・アジア」

機動武闘伝Gガンダム 第39話「石破天驚拳!決闘マスター・アジア」

 

機動武闘伝Gガンダム 第39話「石破天驚拳!決闘マスター・アジア」

 


アレンビー:うああああああっ!

ドモン:どうした、アレンビー!

アレンビー:えああああああっ!!

ドモン:グラハムゥーッ!

アルゴ:アレンビィー!

アレンビー:うああああああっ!

ストーカー:さて、大変な事になってしまいました。アルゴ、グラハム組対、ドモン、アレンビー組のタッグマッチは、ウォンの企みによって、大混乱の内に幕を閉じたのです。そして、彼とマスター・アジアの間で生じ始めていた不協和音も、これで一挙に表面化しそうな雰囲気です。果たして、両者の間に、何が起きるのか!それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


石破天驚拳!決闘マスター・アジア


ドモン:アレンビー!アレンビィーッ!!

レイン:一体、どうなっているのよ!はあっ!ドモン……

ドモン:俺は大丈夫だ……しかし……!

アレンビー:うっ……

レイン:バーサーカーシステムね。

ドモン:そのようだな……

アルゴ:ドモン!手を貸してくれ!

ドモン:はっ…今行く!レイン!アレンビーを頼むぞ!

レイン:任せて!……はっ!救護班!あっあのっ……あのっ、一緒に行きます。

救護班:それには及びません!

レイン:でも、私医者なんです。

救護班:我々にお任せください!さあっ急ぐぞ!

レイン:ちょっと待って!グラハムがまだ!

救護班:追って別班が着ます!

レイン:はっ……

マスター・アジア:どういうつもりだぁっ!危うくドモンを殺してしまう所だったではないか!

ウォン:我々の目的はより強いファイターを特定する事です。ドモンが敗れたなら、彼を倒したファイターに標的を変更するだけの事ではありませんか?

マスター・アジア:ふんっ……お前に真の強さがわかると言うのか?

ウォン:あなたは必要以上にドモンに肩入れしている。やはり師弟の縁は絶ちがたいと見えますな。

マスター・アジア:くだらん!奴とワシは、かたき同士だ!

ウォン:ならば、残った最後のカードにも、反対はなさらないはずですね?

マスター・アジア:ふうん……しかしこやつとドモンは共に全勝同士。どちらもバトルロイヤルへの進出は間違いなかろう。今さら対戦させても……

ウォン:だからこそ面白いんです。

マスター・アジア:だがシュバルツの正体が、もし奴に間違い無ければ……今のドモンに勝ち目はない……

院内放送:ドクターチェン、至急オペルームへ!ドクターチェン、至急オペルームへ!

アルゴ:グラハムの手術は成功した。だが、ファイターとしては再起不能だそうだ。

ドモン:そうか……

レイン:ドモン!

ドモン:アレンビーの病室はわかったのか?

レイン:それが……ここには収容されてないの……

ドモン:なにぃっ?どう言う事だぁっ!

レイン:はぁっ!

ホルベインドモン・カッシュ

ドモン:貴様ぁっ!!

ホルベイン:うああっ!

ドモン:なぜアレンビーのバーサーカーシステムを作動させたっ!

ホルベイン:違う!システムを作動させたのは我々ではない!

ドモン:んんーっ……

ドモン:どういう事だっ!

 ホルベイン:ゴホッゴホッゴホッ!何者かが同じ装置で、アレンビーを操ったのだ!

レイン:なんですって!?

ホルベイン:アレンビーはシステムの開発者、ベルイマン博士と共に、行方不明になった……二人はシステムを作動させた何者かに、誘拐されたとしか考えられん!

ドモン:誘拐!?どういう事だレイン!

レイン:ええっ……?

ドモン:アレンビーはお前に任せたはずだ!なのに、なぜ一緒についててやらなかったんだ!なぜアレンビーを一人にした!なぜっ!!お前は救護班が本物か確かめなかったのか!どうなんだ!レイン!どう見ても本物に見えただと!?だから任せてしまったのか!お前は前に言ったな!一度引き受けた患者は絶対に見捨てないと!あれは嘘だったのか!!ならお前は医者失格だ!お前に俺のクルーをする資格は無いっ!

レイン:ああっ……

ドモン:ええぇい……

レイン:どこ行くの!?

ドモン:付いてくるなぁっ!

レイン:あああっ!

アルゴ:ドモン!

ドモン:うるさいっ!アレンビーを探すのは俺一人で充分だ!一人で充分だ……!

ホイ:ドモン兄ちゃん、遅いねぇ。

レイン:はぁっ……

ホイ:どっかで迷子にでもなってんのかな?

ミン:ふうっ……大丈夫よ兄ちゃん強いもん。一人だって心配無いよ。

レイン:そうね……あなたは一人でも、いえ、一人の方がきっと……

ホイ:お姉ちゃん……

ドモン:アレンビー、どこへ行った……一体誰が、何のためにお前を連れ去った……

風雲再起:フフーン!

ドモン:ん?お前は……風雲再起!お前の主人はどうした?どうしてここにいるんだ?

風雲再起:フフーンフンフン!フーッフフーッフフン!

ドモン:俺に乗れって言うのか?

風雲再起:ヒヒーッヒヒヒヒヒン!

ドモン:ふっ……

風雲再起:ヒヒーッヒヒヒヒヒヒン!

ドモン:うおっ!うあっ……!一体どこへ連れて行くつもりなんだ!?

風雲再起:ヒヒーッヒヒヒヒヒン!

ドモン:こうなったら、腹をすえるか……んん?ここは……お前は来ないのか?

風雲再起:フフーンフンフン!

ドモン:わかったよ。ここからは一人で行こう。んんっ!?こんな場所が、ネオホンコンの近くにあったなんて……

マスター・アジア:ドォモン!

ドモン:んんっ!?東方不敗!やはりあんたか!

ウォン:マスター・アジアがドモンと接触した?

男:北東部の島におります。

ウォン:やはりな……ガンダムヘッドを出せ!

男:しかしマスター・アジアが!

ウォン:構わん……万一あの老人が生き延びても、やっこさんが私がガンダムヘッドを操れる事を知らない。なんとでも言いつくろえる。ふっふっふっふっふっふっふっ

マスター・アジア:ドモン!何を呆けておるか!声をかけられるまでワシの存在に気付かぬとは!未熟千万!そんな事でガンダムシュピーゲルに勝てるとでも思っているのか!

ドモン:ガンダムシュピーゲル!?すると、俺の次の相手はシュバルツなのか!

マスター・アジア:左様!だがシュバルツに倒される前に、このワシが倒してくれるわぁっ!

ドモン:何をぉっ!!

マスター・アジア:ふあああっ!!逃さぁぁぁぁぁんっ!

ドモン:ふっ!ふっ!

マスター・アジア:ドモン!底無しの泥の海に落ちるがよい!

ドモン:おのれぇーっ……!!はっ!ガンダムヘッド!?

 

 

ドモン:ガ、ガンダムヘッド!

マスター・アジア:まさかウォンめ!

ドモン:くっ、東方不敗!これもあんたの仕業かっ!

マスター・アジア:バカを言えいっ!

ドモン:なら他に誰が……ぬああああっ!

マスター・アジア:ドモォンッ!

ドモン:うああああっ!

マスター・アジア:未熟者ぉっ!ふあああああっ!

ドモン:うおおっ……うあっ!東方不敗……

マスター・アジア:気を抜くなっ!

ドモン:ふっ!

マスター・アジア:んっ!なんとぉっ……

ドモン:ぐああああっ!

マスター・アジア:ぶはっ!ゴホッゴホッゴホッ!んっ?

ドモン:はっはっ……東方不敗……

マスター・アジア:うろたえるでない!ここは昔、本土とこの島をつないでいた地下通路。ゆくぞ!

マスター・アジア:うおっ……ん……

ドモン:どうした?

マスター・アジア:落ちた時脚をやられたようだ。なぁにたいしたことは無い。それより……んんーっ……ここを登るしかないか……

ドモン:東方不敗!さっきはなぜ俺を助けた。

マスター・アジア:ふんっ!助けたわけでは無いわ!お前を倒すのはガンダムヘッドでは無く、このワシだ!

ドモン:ならばぁっ……

マスター・アジア:慌てるな。今ここでやり合っては共倒れだ。

ドモン:そうだな……こうしてはいられないな……ガンダァァァァッ!!

マスター・アジア:やめいっ!

ドモン:ああっ……

マスター・アジア:こんな所でガンダムを呼べば、ワシらはガレキの下敷きになるだけだ。そんな事もわからんのか!

ドモン:じゃあ、どうすると言うんだ!

マスター・アジア:このまま本土まで歩く。地上に出るまで一時休戦だ。いいな……

ドモン:あ、ああ……あっ?

マスター・アジア:ワシはこの脚では跳べぬ。お前が先に、あそこへ行き、そいつでワシを引き上げてくれ。

ドモン:あんたを置き去りにするかも知れんぞ?

マスター・アジア:ふっ……

ドモン:何がおかしいっ!

マスター・アジア:早くせんかっ!さあどうするっ!貴様のグズは、まだ直っておらんのか!

ドモン:ふんっ!ふっ!ふっ!はっ!んん……なあ師匠……あ……んっ…東方不敗。なぜあんたがデビルガンダムに襲われるんだ。あんた、あいつらの仲間だろ。それに、このあんダムファイト決勝大会で、一体何をする気なんだ。

マスター・アジア:どけっ!

ドモン:しまった、ふさがれたっ!んっ!?

マスター・アジア:ふあぁぁぁぁぁぁあああああっ!!覚えておるかドモン?以前にもこんな事があった……そう、そしてあの時も、この流派東方不敗、最終奥義を放ったはず。その名はっ!石破っ!天驚けぇぇぇぇんっ!!

ドモン:これはっ!覚えている、覚えているぞ!あの時も同じだった……俺は、この人に助けられたんだ……

狼:ううううっうっううううっううううっ……

ドモン:修行の旅の途中、師匠とはぐれてしまった俺は、狼の大群に囲まれてしまった……あの時俺は、狼に恐怖し、何もできなかった……

修行ドモン:うああああああああっ!!

狼:ヒンヒヒンヒンヒンヒン!ヒンヒヒンヒンヒンヒン!

修行ドモン:師匠!

マスター・アジア:馬鹿者っ!武闘家たる者、いっときたりとも拳から気を抜くものでは無いわぁっ!でなければ、この石破天驚拳、習得するなど、夢のまた夢ぇーっ!

ドモン:師匠……

マスター・アジア:ついにこの技だけはお前に伝えられなかった……お前はあの頃からまるで変わっておらん。目先の事にとらわれ、すぐに心を乱し、一番大切な事を見失う……無駄話がすぎたな……急ごう…ぐうっ! ドモン:おっああっ!

マスター・アジア:おおっ……す、すまんな……

ドモン:無駄口を聞いてる暇は無いんだろ?行くぞ!

マスター・アジア:よく見ておけドモン。地球上で最大の繁栄にわく街。そのもう一つの顔がこれだ。世界中、どこもかしくも破滅は確実にせまっている。しかし人々は、それに目をそむけ知ろうともせず、ガンダムファイトに浮かれている。人間とはつくづく救いがたい生き物だとは思わんか?人間など、もはやこの地球には無用の存在!だからこそ、だからこそこのワシは!

ドモン:んん……ええええい……またかっ!

マスター・アジア:ドモン、力を貸せっ!

ドモン:えっ?

マスター・アジア:ワシにはもう石破天驚拳を撃つ力は残っておらぬ。んっ!時間が無い、急ぐのだ!一挙に突き破るぞぉっ!

ドモン:うんん……!

ドモン&マスター・アジア:はぁぁぁぁぁぁぁっ!とおおおりゃああっ!

マスター・アジア:うっうう……

ドモン:大丈夫かっ!

マスター・アジア:どうやら命拾いしたようだな……だが気を抜いてはいかんぞ……

ドモン:おおっ!先回りしていたのか……!ガンダァァァァァァムッ!

風雲再起:ヒヒーーーンッ!

マスター・アジア:来たか風雲再起!我が脚となって闘えぇっ!!

風雲再起:ヒヒーッヒヒヒヒン!ヒーッヒヒヒヒン!ヒーッヒヒヒヒン!

マスター・アジア:おおりゃああああっ!

ドモン:お見事っ!

マスター・アジア:気を抜くなっ!ドモン、行ったぞ!

ドモン:おおっ……こっのおおっ!ぐあっ!おおおっ!

マスター・アジア:ドモン、石破天驚拳、今こそ撃って見せいっ!

ドモン:うう……はぁぁぁぁぁっ……流派!東方不敗っ!最終奥義っ!!石破っ!天きょぉぉっ拳っ!で、できた……

マスター・アジア:ドモンよ……流派東方不敗、最終奥義石破天驚拳。確かに伝授したぞ……

ドモン:師匠……

その技あらばガンダムシュピーゲルとの闘いにも、遅れはとるまい。

ドモン:待ってください!俺はまだ師匠に聞きたい事がっ!

マスター・アジア:よいかっ!この廃墟と化した街をっ!人類の黄昏の光景をっ!胸に刻んでおけっ!バトルロイヤルであおうっ!

風雲再起:ヒヒーッヒヒヒヒン!

ドモン:人類の黄昏……し、師匠……ししょぉぉぉぉぉぉぉっ!

ミカムラ:最終チェックを急げ!ウルベ少佐が戻ってくる前に、使えるようにしておくのだぞ。

カラト:やれやれ……ゴッドで精一杯だと言うのに何のためのガンダムなんだ。これは……

ミカムラ:そうだ。これはラインを迂回して……

カラト:ミカムラ博士!あんたの娘、レインが……!辞表を出しおったぁ!!

ミカムラ:……なんですってぇ!?

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!決勝リーグ戦注目の大一番!全勝同士のドモンとシュバルツが、金網爆弾リングで火花を散らすます!しかし驚いた事に、レインはネオドイツのクルーとして姿を見せたではありませんか!機動武闘伝Gガンダム!「非情のデスマッチ!シュバルツ最終決戦」にぃー!レディィィ…ゴー!