アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

新世紀エヴァンゲリオン(TVシリーズ) 第弐話 「見知らぬ、天井」 全セリフ

新世紀エヴァンゲリオン(TVシリーズ) 第弐話 「見知らぬ、天井」 全セリフ

新世紀エヴァンゲリオン(TVシリーズ) 第弐話 「見知らぬ、天井」 全セリフ

 

新世紀エヴァンゲリオン(TVシリーズ) 第弐話 「見知らぬ、天井」

 


ミサト:いいわね、シンジ君?

シンジ:は、はい。

ミサト:最終安全装置、解除!

ミサト:エヴァンゲリオン初号機、リフトオフ!

リツコ:シンジ君、今は歩くことだけ、考えて。

シンジ:歩く…

リツコ:歩いた!

シンジ:歩く…

ミサト:シンジ君、しっかりして!早く…早く起き上がるのよ!

ミサト:シンジ君、落ち着いて!あなたの腕じゃないのよ!

リツコ:EVAの防御システムは?

マヤ:シグナル、作動しません。

マコト:フィールド、無展開!

リツコ:だめか!

マヤ:左腕損傷!

マコト:回路断線!

ミサト:シンジ君、よけて!

マヤ:頭蓋前部に、亀裂発生!

リツコ:装甲が、もう、持たない!

シゲル:頭部破損、損害不明!

マヤ:制御神経が、次々と断線していきます!

マコト:パイロット、反応ありません!

ミサト:シンジ君!

シンジ:!

シンジ:………知らない天井だ。

委員:使徒再来か。あまりに唐突だな。

委員:15年前と同じだよ。災いは何の前触れも無く訪れるものだ。

委員:幸いともいえる。われわれの先行投資が無駄にならなかった点においてはな。

委員:そいつはまだ分からんよ。役に立たなければ無駄と同じだ。

委員:左様。今や衆知の事実となってしまった使徒の処置、情報操作、NERVの運用はすべて適切かつ迅速に処理してもらわんと困るよ。

ゲンドウ:その件についてはすでに対処済みです。ご安心を。

テレビ:昨日の特別非常事態宣言に対する政府発表が今朝、第一…

テレビ:今回の事件には…

テレビ:在日国連軍の…

ミサト:発表はシナリオB-22か。

マヤ:はい、爆心地における汚染の心配はありません。使徒のサンプルはEVAに付着していたもの以外はまだ何も。そうです、模擬シミュレーションの通り、その99.9%が蒸発したものと思われます。

ミサト:またも事実は闇の中ね。

リツコ:広報部は喜んでいたわよ。やっと仕事ができたって。

ミサト:うちもお気楽なもんねぇ。

リツコ:どうかしら。本当はみんな恐いんじゃない?

ミサト:あったりまえでしょ…

委員:ま、そのとおりだな。

委員:しかし碇君、NERVとEVA、もう少しうまく使えんのかね?

委員:零号機に引き続き、君らが初陣で壊した初号機の修理代。国が一つ傾くよ!

委員:聞けばあのオモチャは君の息子に与えたそうではないか。

委員:人、時間、そして金。親子そろっていくら使ったら気が済むのかね?

委員:それに君の仕事はこれだけではあるまい。人類補完計画、これこそが君の急務だ。

委員:左様。その計画こそがこの絶望的状況下における唯一の希望なのだ。我々のね。

キール:いずれにせよ、使徒再来におけるスケジュールの遅延は認められん。予算については一考しよう。

委員:では、後は委員会の仕事だ。

委員:碇君、ご苦労だったな。

キール:碇、後戻りはできんぞ。

ゲンドウ:分かっている。人間には時間がないのだ。

ミサト:やっぱクーラーは人類の至宝、まさに科学の勝利ね。

リツコ:シンジ君が気付いたそうよ。

ミサト:で、容体はどうなの?

リツコ:外傷は無し。少し記憶に混乱が見えるそうだけど。

ミサト:まさか、精神汚染じゃ!

リツコ:その心配はないそうよ。

ミサト:そう…そうよねー、いっきなりあれだったもんね。

リツコ:無理も無いわ。脳神経にかなりの負担がかかったもの。

ミサト:心…の間違いじゃないの?

作業員:オーライオーライ!

作業員:よーし、そのまま!

ミサト:…EVAとこの町が完全に稼動すれば、いけるかもしれない。

リツコ:使徒に勝つつもり?相変わらず楽天的ね。

ミサト:あら、希望的観測は、人が生きていくための必需品よ。

リツコ:…そうね。あなたのそういうところ、助かるわ。

ミサト:じゃ。

アナウンス:第一内科のウガイ先生、ウガイ先生、至急、第一外科のアズマ先生までご連絡ください。

アナウンス:E事件の医療会議は予定通りに行われます。担当者は第2会議室へ集まってください。

リツコ:よろしいのですね、同居ではなくて。

冬月:碇たちにとってはお互いにいない生活が当たり前なのだよ。

リツコ:むしろ、一緒にいるほうが不自然、ですか…

ミサト:一人でですか?

NERV職員:そうだ。彼の個室はこの先の第6ブロックになる。問題は無かろう。

シンジ:はい。

ミサト:それでいいの?シンジ君?

シンジ:いいんです。一人のほうが。どこでも同じですから。

ミサト:…

リツコ:なんですって?

ミサト:だから、シンジ君は私んとこで引き取ることにしたから。上の許可も取ったし。心配しなくても子供に手ぇ出したりしないわよ。

リツコ:当たり前じゃないの!まったく何考えてるの、あなたって人は!いっつも…

ミサト:相変わらずジョークの通じない奴…

ミサト:さぁーて、今夜はパーっとやらなきゃね。

シンジ:何をですか?

ミサト:もちろん、新たなる同居人の歓迎会よ。

主婦A:やっぱり、引っ越されますの?

主婦B:まさかここが本当に戦場になるとは思ってもみませんでしたから。

主婦A:うちも主人が私と子供だけでも疎開しろって。

主婦B:疎開ねぇ。いくら要塞都市だからと言ったって、何一つ当てにできませんものね。

主婦A:昨日の事件!思い出しただけでもぞっとしますわぁ。

ミサト:すまないけど、ちょーっち寄り道するわよ。

シンジ:どこへですか?

ミサト:うふ、い・い・と・こ・ろ!

シンジ:なんだか寂しい街ですね…

ミサト:時間だわ。

シンジ:すごい!ビルが生えてく!

ミサト:これが使徒迎撃専用要塞都市…第3新東京市。私たちの街よ。

ミサト:そして、あなたが守った街…

シンジ:…

ミサト:シンジ君の荷物はもう届いてると思うわ。実は私も先日この町に引っ越してきたばっかりでね…さ、入って。

シンジ:あの…お邪魔します。

ミサト:…シンジ君、ここはあなたの家なのよ。

シンジ:た、ただいま…

ミサト:おかえりなさい。

ミサト:まあ、ちょーっち散らかってるけど、気にしないでね。

シンジ:これが…ちょっち?

ミサト:あ、ごめん、食べ物を冷蔵庫に入れといて。

シンジ:あ、はい…

シンジ:氷…つまみ…ビールばっかし。どんな生活してるんだろ。

シンジ:あの、あっちの冷蔵庫は?

ミサト:ああ、そっちはいいの。まだ寝てると思うから。

シンジ:寝てる?

ミサト:いっただきまーす!

シンジ:いただきます…

ミサト:んぐ、んぐ、んぐ、んぐ、んぐ、んぐ、ぷはーっ!かぁーっ!やっぱ人生この時のために生きてるようなもんよねぇ。

ミサト:食べないの?結構旨いわよ、インスタントだけど。

シンジ:いえ、あの、こういう食事、慣れてないんで…

ミサト:だめよ!好き嫌いしちゃあ!

シンジ:あっ、いや、あ、違うんです…あのぉ…

ミサト:楽しいでしょ?こうして他の人と食事すんの。

シンジ:あ、あ、はい…

ミサト:じゃあ、次いくわよ…ジャンケンポン!ポン!ポン!ポン!ポン!ポン!あー悪いわねーシンジ君。よし、これで公平に決めた生活当番もオールOKね!

シンジ:はい…

ミサト:さて、今日からここはあなたの家なんだから、何にも遠慮なんて要らないわよ。

シンジ:あ、あ、はい…

ミサト:もー、はいはいはいはいって、辛気臭いわねえ。おっとこのこでしょう!しゃきっとしなさいしゃきっと!

シンジ:はい…

ミサト:まあいいわ、いやなことはお風呂に入って、パーっと洗い流しちゃいなさい!風呂は命の洗濯よ。

ペンペン:ワキャキャキャキャキャキャキャ!

シンジ:うわああああああ!みみみみミサトさーん!

ミサト:なに?

シンジ:ああっ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あん?

ミサト:ああ、彼?新種の温泉ペンギンよ。

ペンペン:クワッ

シンジ:あ、あれ…

ミサト:名前はペンペン。もう一人の同居人。それより、前、隠したら?

シンジ:うわあっ!

ミサト:チトわざとらしくはしゃぎすぎたかしら?見透かされているのはこっちかもね。

シンジ:(葛城ミサトさん…か。悪い人じゃないんだ…)

(ミサト:風呂は命の洗濯よ。)

シンジ:(でも、風呂っていやなこと思い出すほうが多いよな…)

シンジ:(父さんと…)綾波レイか…

リツコ:レイの様子はいかがでしたか?

ゲンドウ:………

リツコ:午後、行かれたのでしょう?病院へ。

ゲンドウ:後20日もすれば動ける。それまでに凍結中の零号機の再起動を取り付ける予定だ。

リツコ:つらいでしょうね、あの子達。

ゲンドウ:EVAを動かせる人間は他にはいない。生きている限りそうしてもらう。

リツコ:子供たちの意志に関係なく、ですか?

ミサト:そう、あんな目に遭ってるのよ…また乗ってくれるかどうか…

リツコ:彼のメンテナンスも、あなたの仕事でしょう?

ミサト:恐いのよ…どう触れたらいいか分からなくて…

リツコ:もう泣き言?自分から引き取るって、大見得切ったんじゃない。

ミサト:うっさい!

ミサト:(あの時、私はシンジ君を自分の道具としてみていた…リツコと同じか…)

ミサト:(あの使徒を倒したというのに…)嬉しくないのね…

シンジ:(ここも、知らない天井…当たり前か、この街で知っているとこなんて、どこにも無いもんな…)

(ミサト:ここは、あなたの家なのよ)

シンジ:(なんでここにいるんだろう…)

シゲル:頭部破損、損害不明!

オペレータ:活動維持に問題発生!

ミサト:状況は!?

マヤ:シンクログラフ反転、パルスが逆流しています!

リツコ:回路遮断、塞き止めて!

マヤ:だめです、信号拒絶、受信しません!

ミサト:シンジ君は!?

マコト:モニター反応無し、生死不明!

シゲル:初号機、完全に沈黙!

リツコ:ミサト!

ミサト:ここまでね…作戦中止、パイロット保護を最優先!プラグを強制射出して!

マヤ:だめです、完全に制御不能です!

ミサト:なんですって?

オペレータ:EVA、再起動!

マヤ:そんな、動けるはずありません!

ミサト:まさか…

リツコ:暴走!?

冬月:勝ったな。

リツコ:A.T.フィールド!?

ミサト:だめだわ、A.T.フィールドがある限り

リツコ:使徒には接触できない!

シゲル:左腕復元!

ミサト:すごい…

マヤ:初号機もA.T.フィールドを展開…位相空間を中和していきます!

リツコ:いいえ、侵蝕しているのよ…

ミサト:あのA.T.フィールドをいとも簡単に…

ミサト:自爆する気!?

ミサト:EVAは…?

リツコ:あれがEVAの…

ミサト:本当の姿…

シゲル:回路、接続。

オペレータ:システム回復、グラフ正常位置。

マコト:パイロットの生存を確認。

リツコ:機体回収班、急いで!

ミサト : パイロット保護を最優先に!

シンジ:うわあああああああ!

ミサト:シンジ君…開けるわよ…

ミサト:一つ言い忘れてたけど、あなたは人にほめられる立派なことをしたのよ。胸を張っていいわ。

ミサト:おやすみ、シンジ君。

ミサト:がんばってね。

 

 

新たな生活を、状況に流されるまま送るシンジに、友人が生まれるはずもなかった
だが、エヴァパイロットである事実は、彼を人気者にする
次回、『鳴らない、電話』
この次もサービスしちゃうわよ