アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

新世紀エヴァンゲリオン(TVシリーズ) 第参話 「鳴らない、電話」 全セリフ

新世紀エヴァンゲリオン(TVシリーズ) 第参話 「鳴らない、電話」

新世紀エヴァンゲリオン(TVシリーズ) 第参話 「鳴らない、電話」

 

新世紀エヴァンゲリオン(TVシリーズ) 第参話 「鳴らない、電話」

 

 

リツコ:おはようシンジ君、調子はどう?

シンジ:慣れました、悪くないと思います。

リツコ:それは結構。EVAの出現位置、非常用電源、兵装ビルの配置、回収スポット、全部頭に入っているわね?

シンジ:多分…

リツコ:では、もう一度おさらいするわ。

リツコ:通常EVAは有線からの電力供給で稼動しています。非常時に体内電池に切り替えると、蓄電容量の関係でフルで1分、ゲインを利用してもせいぜい5分しか稼動できないの。

リツコ:これが私たちの科学の限界ってわけ。お分かりね。

シンジ:はい…

リツコ:では昨日の続き、インダクションモード、始めるわよ。

リツコ:目標をセンターに入れて。

リツコ:スイッチオン。

リツコ:落ち着いて、目標をセンターに。

シンジ:スイッチ…

リツコ:次。

マヤ:しかし、よく乗る気になってくれましたね、シンジ君。

リツコ:他人の言う事にはおとなしく従う、それがあの子の処世術じゃないの?

シンジ:目標をセンターに入れてスイッチ…目標をセンターに入れてスイッチ…目標をセンターに入れてスイッチ…目標をセンターに入れてスイッチ…目標をセンターに入れて…

テレビ:それではスタジオから、松崎のシノハラナツコさーん!

テレビ:はい、おはようございます、シノハラです!今朝は何と、西伊豆の松崎へ、ダイビングに来てるんですよ!本日も西伊豆地方は今日も快晴!予想最高気温は…

シンジ:ねえ、ミサトさん…もう朝なんですけど…

ミサト:ん~、さっきまで当直だったの…今日は夕方までに出頭すればいいの…だから、寝かせて~

シンジ:じゃ、僕…

ミサト:今日、木曜日だっけ!?燃えるゴミ、お願いね~

シンジ:…はい。

ミサト:学校のほうは、もう慣れた?

シンジ:ええ…

ミサト:そう、行ってらっしゃい…

シンジ:行ってきます…

ミサト:ううん、うーん…はい、もしもし…なんだ、リツコか…

リツコ:どう?彼氏とはうまくいってる?

ミサト:彼?…ああ、シンジ君ね…転校して二週間、相変わらずよ…いまだに誰からも電話かかってこないのよね…

リツコ:電話?

ミサト:必須アイテムだから、ずいぶん前に携帯渡したんだけどね、自分で使ったり、誰からもかかってきた様子、ないのよ…あいつ、ひょっとして友達いないんじゃないかしら。

リツコ:シンジ君て、どうも友達作るのには不向きな性格かもしれないわね…ヤマアラシのジレンマ、って話知ってる?

ミサト:ヤマアラシ?あのとげとげの?

リツコ:ヤマアラシの場合、相手に自分の温もりを伝えたいと思っても、身を寄せれば寄せるほど、体中の棘でお互いを傷つけてしまう。人間にも同じことがいえるわ。

リツコ:今のシンジ君は、心のどこかで痛みに怯えて、臆病になっているんでしょうね…

ミサト:ま、そのうち気付くわよ…大人になるってのは近づいたり離れたりを繰り返して、お互いがあんまり傷つかずに済む距離を…見つけ出す、ってことに…

ケンスケ:ギューン!ダダダダダダダダ!グワーン!

ケンスケ:なに?委員長?

ヒカリ:昨日のプリント、届けてくれた?

ケンスケ:え、あ、いや、トウジのうち、なんか留守みたいでさ…

ヒカリ:相田君、鈴原と仲いいんでしょう?2週間も休んで、心配じゃないの?

ケンスケ:大怪我でもしたのかなあ?

ヒカリ:ええっ、例のロボット事件で?テレビじゃ一人もいなかったって…

ケンスケ:まさか…鷹巣山の爆心地、見たろ?入間や小松だけじゃなくて、三沢や九州の部隊まで出動してるんだよ。絶対、10人や20人じゃ済まないよ…死人だって…

ケンスケ:トウジ…

ヒカリ:鈴原…

トウジ:何や、ずいぶん減ったみたいやなぁ

ケンスケ:疎開だよ、疎開。みんな転校しちゃったよ。町中であれだけ派手に、戦争されちゃあね。

トウジ:喜んどるのはおまえだけやろなぁ、生のドンパチ見れるよってに。

ケンスケ:まあね…トウジはどうしてたの?こんなに休んじゃってさ。この間の騒ぎで、巻き添えでも食ったの?

トウジ:妹のやつがな…

トウジ:妹のやつが瓦礫の下敷きになってもうて、命は助かったけど、ずっと入院しとんのや。

トウジ:うちんとこ、オトンもオジイも研究所勤めやろ?今職場を離れるわけにはいかんしな。俺がおらんと、あいつ、病院で一人になってまうからな。

トウジ:しっかし、あのロボットのパイロットはほんまにヘボやなあ!むちゃくちゃ腹立つわ!味方が暴れてどないするっちゅうんじゃ!

ケンスケ:それなんだけど、聞いた?転校生の噂。

トウジ:転校生?

ケンスケ:ほら、あいつ。トウジが休んでる間に転入してきたやつなんだけど、あの事件の後にだよ。変だと思わない?

ヒカリ:起立!

老教師:えー、このように、人類はその最大の試練を迎えたのであります。

老教師:20世紀最後の年、宇宙より飛来した大質量の隕石が南極に衝突、氷の大陸を一瞬にして融解させたのであります。

老教師:海洋の水位は上昇し、地軸も曲がり、生物の存在をも脅かす異常気象が世界中を襲いました。

老教師:そして、数千種の生物とともに、人類の半分が永遠に失われたのであります。

老教師:これが世に言う、「セカンドインパクト」であります。

老教師:経済の崩壊、民族紛争、内戦、その後生き残った人々もありとあらゆる地獄を見ました。

シンジ:ん…あ…

老教師:だが、あれから15年、わずか15年で私たちはここまで復興を遂げる事ができたのです。

コンピュータのモニター:碇君があのロボットのパイロットというのはホント? Y/N

シンジ:はっ!

老教師:それは私たち人類の優秀性もさる事ながら、

コンピュータのモニター:ホントなんでしょ? Y/N

老教師:皆さんのお父さん、お母さんの血と、汗、涙、努力の賜物と

シンジ(キー入力):YES

老教師:言えるでありましょう。

シンジ(キー入力):(リターンキー)

クラス:ええーっ!

老教師:そのころ私は根府川に住んでいましてねえ。今はもう海の…

ヒカリ:ちょっとみんな、授業中でしょう!席に着いてください!

女子:あー、またそうやってすぐに仕切るー!

男子:いーじゃん、いーじゃん!

ヒカリ:よくない!

女子:ねえねえ、どうやって選ばれたの?

女子:ねえ、テストとかあったの?

女子:恐くなかった?

女子:操縦席ってどんなの?

シンジ:いや、あの、そういうの、秘密で…

男子:えー、なんだよそれー!

女子:ねえねえ、あのロボット、なんて名前なの?

シンジ:よくわかんないけど、みんなが、EVAとか初号機って…

女子:EVA?

男子:必殺技は?

シンジ:何とかナイフっていって、振動が…えっと、超音波みたいな…

女子:でも凄いわ、学校の誇りよねえ!

老教師:で、ありますから…ああ、では今日はこれまで。

女子:碇君、どこに住んでるの?

女子:旧市街のほう?

ヒカリ:起立、礼!ちょっと、みんな、最後ぐらいちゃんと…

女子:凄いよねー。

トウジ:済まんな、転校生、わいはお前をなぐらなあかん。なぐっとかな気がすまへんのや。

シンジ:…

ケンスケ:悪いね…こないだの騒ぎであいつの妹さん、怪我しちゃってさ…ま、そういうことだから…

シンジ:…僕だって、乗りたくて乗っているわけじゃないのに。

トウジ:…!

シンジ:…

レイ:…非常召集…先、行くから。

放送:ただいま、東海地方を中心とした、関東・中部の全域に、特別非常事態宣言が発令されました。速やかに指定のシェルターに非難してください。繰り返しお伝え致します…

シゲル:目標を光学で捕捉、領海内に侵入しました。

冬月:総員、第一種戦闘配置!

オペレータ:了解、対空迎撃戦、用意!

マコト:第3新東京市、戦闘形態に移行します。

オペレータ:中央ブロック、収容開始。

オペレータ:中央ブロック、および、第1から第7管区までの収容完了。

シゲル:政府、および関係各省への通達、終了。

オペレータ:現在、対空迎撃システム稼働率、48%。

ミサト:非戦闘員、および民間人は?

シゲル:既に、待避完了との報告が入っています。

放送:小中学生は各クラス、住民の方々は各ブロックごとにお集まりください。

放送:第7…

ケンスケ:ええっ、まただ!

トウジ:また文字だけなんか?

ケンスケ:報道管制、ってやつだよ。僕ら民間人には見せてくれないんだ。こんなビックイベントだっていうのに!

ミサト:碇司令の居ぬ間に第4の使徒襲来…意外と早かったわね。

マコト:前は15年のブランク、今回はたったの3週間ですからね。

ミサト:こっちの都合はお構い無しか。女性に嫌われるタイプね。

冬月:税金の無駄遣いだな。

シゲル:委員会から、再びエヴァンゲリオンの出動要請が来ています。

ミサト:うるさい奴等ね。いわれなくても出撃させるのに。

オペレータ:エントリー、スタートしました。

マヤ:L.C.L.電荷

オペレータ:圧着ロック、解除。

シンジ:(父さんがいないのに、なんでまた乗ってるんだろう。)

シンジ:(人に殴られてまで…)

ケンスケ:ねえ、ちょっと二人で話があるんだけど…

トウジ:なんや?

ケンスケ:ちょっと、な?

トウジ:しゃーないなあ。

トウジ:委員長!

ヒカリ:何?

トウジ:ワシら二人、便所やー。

ヒカリ:もう、ちゃんと済ませときなさいよ!

トウジ:で、何や?

ケンスケ:死ぬまでに、一度だけでも見たいんだよ。

トウジ:上のドンパチか?

ケンスケ:今度いつまた、敵が来てくれるかどうか、分かんないし。

トウジ:ケンスケ、おまえなぁ…

ケンスケ(軍人口調で):この時を逃しては、あるいは、永久に!

ケンスケ:なあ、頼むよ、ロック外すの手伝ってくれ。

トウジ:外に出たら、死んでまうで?

ケンスケ:ここにいたって分からないよ。どうせ死ぬなら、見てからがいい。

トウジ:あほ!何のためにNERVがおるんじゃ。

ケンスケ:そのNERVの決戦兵器って何なんだよ?あの転校生のロボットだろ?この前もあいつが俺達を守ったんだ。それをあんな風に殴ったりして。それも二度も。

トウジ:う…

ケンスケ:あいつがロボットに乗らない、なんて言い出したら、俺達死ぬぞ。

ケンスケ:トウジには、あいつの戦いを見守る「義務」があるんじゃないのか?

トウジ:しゃーないなぁ。

トウジ:おまえ、ホンマ、自分の欲望に素直なやっちゃなあ。

ミサト:シンジ君、出撃、いいわね?

シンジ:はい…

リツコ:よくって?敵のA.T.フィールドを中和しつつ、パレットの一斉射、練習通り、大丈夫ね?

シンジ:はい…

ミサト:発進!

ケンスケ:凄い!これぞ苦労の甲斐もあったと言うもの!おっ、待ってました!

ケンスケ:出た…

シンジ:目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ…

マヤ:A.T.フィールド、展開。

ミサト:作戦通り、いいわね?

シンジ:はい!

ミサト:バカ!爆煙で敵が見えない!

トウジ:なんや、もうやられとるで!?

ケンスケ:大丈夫…

ミサト:予備のライフルを出すわ。

ミサト:受けとって!

ミサト:シンジ君?…シンジ君!?

ケンスケ:あっちゃー、やっぱ、殴られたのが効いてるのかなぁ?

トウジ:う、うるさいな!

シゲル:アンビリカルケーブル、断線!

マコト:EVA、内蔵電源に切り替わりました!

マヤ:活動限界まで、後4分53秒!

ケンスケ:こっちに来る!

ケンスケ・トウジ:うわああああああああああああ!

ミサト:シンジ君、大丈夫?シンジ君!?ダメージは?

マコト:問題なし、いけます!

ミサト:シンジ君のクラスメート?

リツコ:何故こんな所に?

トウジ:なんで闘わんのや?

ケンスケ:僕らがここにいるから、

ケンスケ:自由に動けないんだ!

マヤ:初号機、活動限界まで、後3分28秒!

ミサト:シンジ君、そこの2人を操縦席へ!

ミサト:2人を回収したのち一時退却、出直すわよ!

リツコ:許可のない民間人を、エントリープラグに乗せられると思っているの!?

ミサト:私が許可します。

リツコ:越権行為よ!葛城一尉!

マヤ:初号機、活動限界まで後3分。

ミサト:EVAは現行命令でホールド、その間にエントリープラグ排出、急いで!

ミサト:そこの2人、乗って!早く!

トウジ:なんや、水やないか!

ケンスケ:カメラ、カメラが…

マヤ:神経系統に異常発生!

リツコ:異物を2つもプラグに挿入したからよ!

リツコ:神経パルスにノイズが混じっているんだわ!

ミサト:今よ!後退して!

ミサト:回収ルートは34番、山の東側へ後退して!

トウジ:転校生、逃げろゆうとるで!転校生!

シンジ:逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ。

マコト:プログレッシブナイフ、装備!

ミサト:シンジ君、命令を聞きなさい!退却よ!シンジ君!

シンジ:わああああああああああ!

ミサト:あの、バカ!

シンジ:うわああああああああ!

マヤ:初号機、活動限界まで後30秒!28、27、26、25

シンジ:うわああああああああ!

マヤ:14、13、12、11、10、9、8、7、6、5、4、3、2、1!

マヤ:EVA初号機、活動を停止。

マコト:目標は、完全に沈黙しました。

トウジ:…

トウジ:今日で、もう3日か…

ケンスケ:俺達が、こってりと叱られてから?

トウジ:あいつが学校に来んようになってからや。

ケンスケ:あいつって?

トウジ:転校生や、転校生…あれからどないしとんのやろ…

ケンスケ:心配なの?

トウジ:別に、心配、っちゅうわけじゃ…

ケンスケ:トウジは不器用なくせに強情だからね…あの時、別れ際にでも謝っておけば、3日も悶々としないで済んだのに。

ケンスケ:ほら、転校生の電話番号。心配だったら、かけてみたら?

トウジ:…

 

 

自分の心を克服できず、ミサトからも逃げ出すシンジ
だが組織は少年をあっさりと連れ戻す
そこに優しい言葉はなかった
次回、『雨、逃げ出した後』
この次も、サービス、サービスゥ!