アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第2話「G-セルフ 起動!」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第2話「G-セルフ 起動!」

ガンダム Gのレコンギスタ 第2話「G-セルフ 起動!」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第2話「G-セルフ 起動!」

 

 

ベルリ:G-セルフ 起動!

クンパ:キャピタル・アーミィが捕らえたパイロットがラライヤ・マンディで、彼女が搭乗していた機体をアイーダ・レイハントンと名乗るパイロットが使っていたのか?
CA兵:はい!
クンパ:その機体を宇宙海賊はG-セルフというが、デレンセン大尉はそれをみんな『出任せだ』と言ったのだな?
CA兵:はっ!
クンパ:ご苦労
ベルリ:・・・
クンパ:ベルリ・ゼナム
クンパ:すべて偶然だろう…こんなこと、仕掛けてできることではない
クンパ:フッ…
チア部員たち:行けー!昼休みー!チアガール突撃ー!
ノレド:走れるんでしょ?
ラライヤ:うん…
ルイン:宇宙海賊のモビルスーツを調べているんだったら、ウチの港の25番ハンガーだろう
ベルリ:ええっ?!そこって学術研究ライブラリーでしょう?
男子生徒:ベルリ、運行長官の息子のくせに、そういうことわかんないの?
ベルリ:だって、学内の施設とキャピタル・ガードの施設は全然別で…!
男子生徒:新設されたキャピタル・アーミィも別物だものなぁ?
ルイン:だからアーミィは、学術施設の25番ハンガーに隠して調べることにしたのさ
ベルリ:隠して、調べるって?
ルイン:女海賊が乗っていたモビルスーツアメリア軍の物じゃないのがわかっても
チア部員たち:わあ~!
ルイン:動かせないんじゃないかなぁ?
チア部員たち:1010回生~!海賊を!やっつけた!えらい!
男子生徒:おおー!
チア部員たち:女海賊を捕まえた~!
ベルリ:おお!ありがとー!
男子生徒:へへ…
ベルリ:おっ!とおっ!
ベルリ:…
ルイン:年下をいじめるんじゃない!
男子生徒:ルインこそベルリをかばって、ベルリのおふくろに取り入ろうなんて、さすが〝クンタラ〟…!
ルイン:てめえ!
男子生徒:!
ベルリ:あれ!
ルイン:…
男子生徒:…
ベルリ:あれ!
ノレド:ステップ、ステップ!
男子生徒:クラウンにいた子じゃない?
ベルリ:…
男子生徒:キャピタル・アーミィが監視してる女子なんだろう?
ルイン:…
チア部員たち:うおー!1010回生!すごい!
ノレド:ほら
マニィ:ノベルもやってるよ
ラライヤ:…
ノベル:!
チア部員たち:宇宙海賊やっつけたー!
ルイン:マニィ!彼女どうしたんだよ?
ラライヤ:……
マニィ:アタシたちのクラスに編入してきたんだよ。記憶が戻るまで、面倒を見ろって
男子生徒:クンタラか~い?
ノレド:どこから来たのかもしゃべれないんだよ…!体まともなのに…
男子生徒:そおみたい
ノレド:やめなさい!
男子生徒:う
ルイン:ラライヤ・マンデイって本名じゃないんだろ?
ラライヤ:…
ノレド:月曜日に発見されたから、マンディだって
ベルリ:(クラウンにいたキャピタル・アーミィの連中だ)
校内放送:ルイン・リーベルリ・ゼナム、以上の者はただちに校長室に集合!
ルイン:みんなで優しくしてやるんだぞ!
男子生徒:ヘヘへ
ノレド:触らないの!
ラライヤ:…
ノレド:あら?
マニィ:法皇様よ
ノレド:みんな!礼!
チア部員たち:礼!
ノベル:礼!
ラライヤ:……
ノレド:?
法皇:うん…そらから来たお嬢さん?
ノレド:そういうのでのぞくから…!
ラライヤ:…
法皇:すまなかったね。ノレド・ナグさん
ノレド:はい、法皇
法皇:あんな年頃の娘では、考えられんが…
ベルリ:じゃあ、あれがうわさのキャピタル・アーミィカットシーですか?
ルイン:そおだよ
ルイン:お前さ
ベルリ:え?
ルイン:囚人の塔に入れられている女海賊を助け出したいんだろ?
ベルリ:えっ!?
男:ウィルミット・ゼナム運行長官、ご到着!
ベルリ:そこまですっとんきょじゃありませんよ
ウィミット:あら、狩り出されたのね
ベルリ:…
ウィルミット:ご苦労様
男:クンパ・ルシータ大佐、ご到着
ウィルミット:ああ、大佐
ベルリ:こんばんは!
クンパ:ああ、ベルリ君。ご子息が海賊のモビルスーツを捕まえたとか、さすがですな
ウィルミット:偶然でしょう。負けず嫌いで手が早いだけ
ベルリ:…
クンパ:そうなのかな?
ベルリ:母の期待に応えようとしたら、こうなります
クンパ:長官のご気性こそ、ご子息には毒のようですなぁ
ウィルミット:いやですよ
儀仗兵:礼!
ウィルミット:法皇様はもういらっしゃって…!
法皇:どうぞ、お座りになってください
眼鏡の男:おお、運行長官がいらっしゃった
ウィルミット:何でこのようにお早く?
ヒゲの男:こちらの花火が見たかったのです
ウィルミット:恐れ入ります
女たち:ララララララ!
女たち:は~い!
来客たち:おお~!
ウィルミット:こちらがクンパ・ルシータ
法皇:イザネル大陸の方々には穏やかに…な
ウィルミット:すいません
クンパ:はっ…
クンパ:調査部は、世界情勢の助言をするだけですから
クンパ:…
デレンセン:何のノイズだ?
男:!
クンパ:…宇宙海賊だと?
デレンセン:ミノフスキー粒子を散布されたようです
ノレド:ああっ、ノイズばっか!
ノベル:ノイズ、バッカ!ノイズ、バッカ!
ノレド:ノベルは黙るの!
ノレド:ああ、っと
マニィ:どういうこと?
ノレド:う~ん
ノレド:あれじゃない!?
ラライヤ:お家…!お家…!
ノレド:混信していたとき、GのパイロットやGを奪い返すって言ってなかった?
ラライヤ:あっ…
マニィ:何!?
ノレド:いいっ!?
スタッフ:あっ!
男:空襲だってぇ!?
女:爆発だって!
男:ウソ!?
女:どこからなの!?
男:そんなバカな!
女:アメリアでしょ!
男:キャピタル・アーミィでしょ!
デレンセン:アーミィはまた出来上がっちゃいないんだ
ベルリ:あれ、海賊のモビルスーツじゃない?
ルイン:地上戦をやろうっていうのか!?
ベルリ:あのレクテン、無茶でしょ?!
ベルリ:うっ!
ルイン:うわっ!
マニィ/ノレド/ラライヤ:うわぁっ!
ラライヤ:ああっ!
ノレド:ラライヤ?!
マニィ:大丈夫?!
ラライヤ:うう…
ラライヤ:うっ、う
マニィ:ラライヤ!乗りな!
ベルリ:囚人の塔か25番ハンガー…?!
ルイン:そうだろうが!
ベルリ:うわー!
マニィ/ノレド:ああっ!
ラライヤ:ああっ
ベルリ:ううっ!
ルイン:ぐうっ!
マニィ:ルイン!
ノレド:ベル!
ベルリ:イタタタ…
ルイン:っと…!
ベルリ/ルイン:ふう…
ラライヤ:ジィ!
ベルリ:はあ?
ラライヤ:ジィ! ! ジィ!ジィッ…!
ルイン:何だって?
ベルリ:わ、わかりません
ラライヤ:…
ラライヤ:はっ!
ラライヤ:!
ベルリ/ルイン:?
マニィ:…
ノレド:あ…
ノベル:…
ルイン:お前たちは家に帰れ!
マニィ:ええっ!
ノレド:25番ハンガーに行くんでしょ!?
ベルリ:囚人の塔が狙われてるって思わないか?!
ルイン:お前、運河はどうするんだよ?
ルイン:アイツら…!
ベルリ:うおぉぉっ!
ルイン:おっ?!
ルイン:あぁああっ!
ベルリ:うっ!
ルイン:いっ!
ベルリううっ!
ルイン:あっ!
マニィ:ベルリたちがやるならぁ!
ノレド:ええっ!?
マニィ:女の力でぇぇっ!!
ノレド:あぁ~あ~!
ノレド:!?!?
ラライア:……
ノレド:うっ!
ノレド:やっ!
ノレド:あぁ~
マニィ:ルイン!そっち危なくないの?
ルイン:わかってる!
ルイン:逃げ遅れてるんじゃないのか?!
ベルリ:だったら!
ベルリ:(あの人は…!)
ベルリ:…
ルイン:えっ?!
ルイン:レクテンで海賊!?
マニィ:ベル!やめなさい!
ベルリ:行ってやるっ!
ベルリ:うっ!おおっ!?
ベルリ:ふぅ
ベルリ:えっ?!えっ?ええっ?!
ベルリ:!
ベルリ:アイーダ・レイハントーン!!返事してぇぇっ!!
ベルリ:…
ベルリ:…
ベルリ:わぁぁっ!
ベルリ:おおっ…
ノレド/マニィ:女に気をとられて!
一同:!?
ノレド:あっ…
ベルリ:ライト消して…!
男:当番兵は動くんじゃない!
別の男:出足が遅すぎるんだよ!
CA兵:アメリアのモビルスーツじゃないのか?
CA兵:宇宙海賊って話だが
マニィ:もっと前に行って
CA兵:テリトリィでビームライフルを使ったんだぞ?
マニィ:しゃがんで
CA兵:ヤツラは何も言ってないんだから、勝手な思い込みでしゃべるな!
ノレド:わあぁっ!
ノレド:うわああっ!
CA兵:けが人!いませんかー!
ベルリ:あっ!
ノレド:うん!
ベルリ:こっちか!
CA兵:ヤツラ正気じゃないぞ!
CA兵:カットシーはちゃんと戦え!
CA兵:火が出た!消火…!
ベルリ:外に逃げるんだ!聞こえているだろうお!?
ノレド:外に逃げてー!
CA兵:こっちだ!消火器!
CA兵:なにやってる!
CA兵:これでいいんですよ!
ベルリ:こっちか
ノレド:あっ、ベルっ!
CA兵:あまり多くの指示は出てないんですよ!?
ノレド:ベルぅっ!
ベルリ:ええっ!?
ベルリ:うっ!
ノレド:ああっ!
ベルリ:ああっ!
ノレド:あ!あ!
ノレド:ううっ…!
ベルリ:…
ノレド:階段だけぇっ?!
ベルリ:うう、ぃってて…
ノレド:ベル?
ベルリ:迷路のつもりなんだろ…?!
ベルリ:個室がある!
ノレド:何?光の棒?
ベルリ:えっ!?
ベルリ:まさか!ビームサーベル!?
ノレド:うっ!
アイーダ:うっ!
ベルリ:あっ!まだ上があるんだ!
ノレド:こっちから下だ~
アイーダベルリ・ゼナム君!
ベルリ:えっ?!
ノレド:何だ?
ベルリ:ええー!?
ノレド:ああっ!
ノレド:コイツかぁー!
アイーダ:んっ、あっ!
アイーダ:きゃあああっ!
ベルリ:うっ!
ベルリ:ああっ!
ベルリ:あっ
ベルリ:動かないでください!
アイーダ:……
ノレド:ダメでしょ!
アイーダ:うっ!イっつ!
ノレド:お尻を出さない!
アイーダ:クッ… !
ノレド:ああっ!アンタはあ~っ!
ノベル:いや~!
アイーダ:ああっ!
ベルリ:あっ!
ベルリ:!
ベルリ:うっ
アイーダ:アンタこそ…!
アイーダ:わざと強く当てたでしょう…?!
ノレド:ハンティング用のパチンコだよ!
ノレド:本気で使ったら、アンタのお尻に穴が開く…!
アイーダ:あっ
ノレド:ん?
ベルリ:何で僕の名前を知っているんです?
アイーダG-セルフを動かした飛び級生って、取調官から教えてもらいました
ベルリ:あなたがヤツらを呼んだんでしょ?
アイーダ:身包みはがされて、呼べるわけないでしょう?
ベルリ:何であなたのような人が…!? ああっ
ベルリ:宇宙で海賊なんかを…?!
アイーダ:地球上に太陽光発電のパネルを張ればいいのに、キャピタルはそれを禁止しています!
ベルリ:…
アイーダ:それって独裁でしょ?
ベルリ:地球…!
ベルリ:だからなんですよ!
ベルリ:うっ!
ノレド:アンタは!ベルをひっぱたいた!
ノベル:ひっぱたいたっ!
ルイン:ここは!
アイーダ:!
ルイン:出るぞ!
ベルリ:…
ノレド:狙われてるんだ!
ルイン:ミノフスキー粒子がまかれる前に、アンタを返せという通信が入っていた!
アイーダ:(さすが!カーヒル大尉が来てくれて…!)
アイーダ:うっ
ルイン:ほら!
アイーダ:うっ!
ノレド:宇宙で海賊をやれば、そりゃあ死刑でしょう…!
マニィ:ルイン!ボートは出してもらえるって!
ルイン:そうか!ごくろうさん!
ベルリ:ボートって?
ノレド:25番ハンガーに行きたいんでしょ?!
アイーダ:ふん!
ベルリ:あっ…
アイーダモビルスーツの所へ、行くんですか?
マニィ:何でわかるの?
ノレド:マニィ…!うかつだよ
ルイン:あっ、この橋じゃ渡れないぞ…!
アイーダ:渡りましょう!
ルイン:ええっ…?
マニィ:何?あれ?
一同:ああっ!
ベルリ:ケルベス教官?!
ルイン:何ですかこれ!?
ケルベス:さっさと乗ってくれ!海賊を追い返すんだろ!?
ルイン:そりゃそうです!
ケルベス:海賊のモビルスーツは移動させたいんだとよ。よし、やれ!
ケルベス:うわっ!
マニィ:ルイン!
ルイン:マニィ!
マニィ/ベルリ/ノレド:うわぁ~あぁ!
ケルベス:アーミィの連中は、まだ海賊のモビルスーツを動かせないでいるんだ
ケルベス:それで、ベルリに手伝わせろって伝言なんだ
ベルリ:伝言て、誰からなんですか?
ケルベス:デレンセン大尉!
ケルベス:デレンセン教官殿だ!
カーヒル:民間人が乗っている?
カーヒルアイーダ様のアイリスサイン…!
カーヒル:間違いない
カーヒル:なっ!?コイツは…?
カーヒル:何だ…?!
カーヒル:アイリスサインが2つも出ているだと…?!
カーヒルアイーダ様!どういうことなのです?! がっ!?
ケルベス:25番ハンガーだぞ
パイロット:はっ!
ベルリ:見えますか?!
ルイン:25番ハンガーだ!
ルイン:ハンガーを調べるつもりだぞ!アイツら!
ベルリ:さっきのヤツは来るかも!
ノレド:ええっ!
ケルベス:何で人がいないんだよ!
ノレド:ベル
ルイン:ここかよ…!
ベルリ:アイツ!
ノベル:ベル!ノレド!ベル!ノレド!
マニィ:ラライヤ、降りましょう
ラライヤ:ん?
ベルリ:ん?
ベルリ(ワクテカ):あれかぁ!
ケルベス:アーミィだなんて、即席の組織だから…!
アイーダ:はっ
ベルリ:あれぇ?
アイーダ:何です?
ベルリ:…
アイーダ:何です?!
ベルリ:僕が出たときのまんまの格好なんですよ、これ
アイーダG-セルフです
ベルリ:何で?
アイーダ:わたしが付けた呼び名です
ベルリ:ハッチだって開けたままだし
ノレド:え~?!
ケルベス:そのために来たんだろう…?!
ケルベス:ルインは、はしけのエンジンをスタートさせろ!
ルイン:はい!
ケルベス:ベルリは、ソイツを動かせ!
ベルリ:えぇぇ~っ?!
ベルリ:はい!
アイーダ:!?
カーヒルG-セルフと姫様!
カーヒル:組み立て…?いや、レクテンの整備か
アイーダ:!
ノレド:その女ぁっ!ぐ、くっ!
マニィ:…
ラライヤ:誰かさんが、乗って、きた…
マニィ:ラライヤ?
アイーダ:クッ!
ベルリ:!?
ケルベス:ベルリ!そいつはたたき落せ!
ベルリ:落せって言ったって!
アイーダ:!
ベルリ:ああっ!
ベルリ:ん、ナロォ!
ベルリ:んんっ!ぐっ!
アイーダ:ああっ
ベルリ:あっ!
ベルリ:僕だって、動かせるんですからね!
カーヒル:ん?前世紀のクラシックコレクションかい
アイーダ:!
システム:レイハントンコード、確定
アイーダ:あなた…!
ベルリ:バックパックをセットして
システム:ユニバーサルマルチコンタクト、セットアップ
ベルリ:この音声が出たら
ベルリ:僕、追い出されちゃって
アイーダ:(でも、これは動き出した。カーヒル大尉にもクリム・ニックにもできなかったのに…)
システム:バックパック、フィックス
ベルリ:あっ!これでいいみたい!
ベルリ:でしょ…?!
アイーダ:えっ?えっ?!
カーヒル:ジョバンニ、隣を頼む
ジョバンニ:はっ!カーヒル大尉!
マニィ:ルイン!出たら目立つんじゃない?
ルイン:どの道、見つかっちまうんなら…!
ケルベス:まだ、ミノフスキー粒子が邪魔しやがって!
ケルベス:保護観察の子は、しゃべれるようになったのか!?
ノレド:しゃべってない、しゃべってない。ねぇ?
ノレド:?
ラライヤ:だーれかさんが、だーれかさん
アイーダ:何で、ここで取り付けたバックパックが?
ベルリ:みんな国際基準なんだから、そりゃあ合いますよ
アイーダ:うっ!
アイーダ:(カーヒル、どこなんです?!)
カーヒル:!?G-セルフだよな…?
ベルリ:あっ!?
カーヒルアイーダ!姫様!
アイーダ:! カーヒル
ベルリ:アイツ!
カーヒルアイーダ様が、バックパックを背負って動かすか…?敵対行為!
ケルベス:うおっ!
ノレド:あぁ~ああ!
ノレド:ベルぅー!
ジョバンニ:カットシーか!
ベルリ:うあぁぁぁっ!
アイーダ:う、ううっ!
カーヒル:そいつをきゃぴたるに渡すわけにはいかんのだぁ!!
アイーダ:きゃああぁああぁっ!!
ベルリ:仲間を殴り殺すのかぁっ!!
カーヒル:姫様!?
アイーダ:……
ベルリ:ああっ…!
アイーダ:!?
アイーダ:返してください!
ベルリ:うっ
アイーダ:カーヒル大尉を生き返らせて、わたしに返してください!!
アイーダ:あなたは殺さなくていい人を殺したんです!!
ベルリ:僕は殺しちゃ…!
アイーダ:大尉は、アメリア軍を背負っていける人だったんです!!
アイーダ:熱血漢で優しくて、ううっ、優れた大人だったんです!!
ノレド:何よあの女!ベルが人殺しするわけないのにねぇ?!
マニィ:そう!自分で仕掛けた結果なのに
ラライヤ:ぱ~ぱっ ぱ~ぱっ
ルイン:1発でしょう?
ケルベス:中は完全に、焼き切れているなぁ
ルイン:ベルは彼女をかばってやったって言ってますよ
ケルベス:それで…あれかよ
ベルリ:あ、あ…
アイーダ:うう…うっうっう…ううっ、うっ、う…!
アイーダ:そのコックピットを元に戻してください…!ううっ、そしてカーヒルを生き返らせて!!
ベルリ:えっ…!?
アイーダ:カーヒルと戦えたあなたなら!そのくらいのことできるでしょう?!!
ベルリ:…!
アイーダベルリ・ゼナムっ!!
ベルリ:そりゃあ…無理です
アイーダ:うっ、ううっ!あぁぁ!!あああっ!
アイーダ:あ、あ、あぁぁ!
マニィ:…
ノレド:…
ケルベス:聞こえます、デレンセン大尉。そのまままっすぐに来てください。ええっ?なんですって?
デレンセン:承知したって言ってるだろ!
ケルベス:調査部の連中も来てるってんですか?
クンパ:……

 

 


次回予告
女海賊に一目ぼれをしたからではない。調査部の大佐に呼び出されたから出かけたんだ。そういう朝に女海賊を救出するための攻撃があれば、僕はG-セルフで出撃…できなかった。アイーダさんに操縦されてしまったからだ。次回、Gのレコンギスタモンテーロの圧力」。待ち遠しくても、待てっ!