アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」

 

 

ベルリ:カットシー乱舞

ノレド:艦(ふね)が隠れてる
ベルリ:あれ宇宙船のはずだよ
ノレド:何で?!
ベルリ:宇宙で捕虜になったあの女を取り返しに来たなら、宇宙に上がれなくっちゃ
ノレド:海に浮いてんだよ?
ドニエル:はぁ…やれやれ
クリム:3人はこれで降りてもらう
ノレド:さ、ラライヤ乗って
ラライヤ:あ、う…
ノレド:いい子いい子
アイーダ:クリム!ご苦労でした。命拾いをしました!
クリム:自分にとってはお安いことです。今回はやや不覚を取りましたが
クリム:ハハハハハッ!
ベルリ:(ヤツがクリム・ニック中尉っていう大統領の息子か?)
クリム:少年!
ベルリ:!
クリム:貴様は底から飛び降り降りるというつもりかぁ?
ベルリ:は、はい!
ベルリ:お願いします!中尉殿!
ベルリ:うわっ!おっと!
ノレド:ああっ
ベルリ:!
ノレド:あはっ
クリム:すまん!ダメージを受けているようなので
クリム:調子が悪いようだ
ベルリ:うそいえ…
ベルリ:ん?
ノベル:ウー、ウー
アイーダ:艦長…!ご心配をおかけしました
ドニエル:自分の判断も甘かったのです…反省しています…アイーダ様をあてにし過ぎました
アイーダ:わたしの軽率な動きが、ううっ、カーヒル大尉を戦死させてしまったんです。うう…
ドニエル:おつらいでしょう…おつらい…
アイーダ:う、ううっ…
ベッカー:スペースデブリ用のレーダーだけであったのだが、最近の緊張状態に対応しなければならないと判断をして、地上監視用の長距離レーダーを運ばせて、第1ナットで使うことにした!
兵士たち:おおー!
ベッカー:さすが、キャピタル・アーミィに選ばれた諸君は、良い反応をする。今日(こんにち)までキャピタル・タワーは、フォトンバッテリーの運搬と、基幹産業の育成に力を注いできたが
ルイン:…
ベッカー:今後は大陸間戦争を続けているアメリア軍とゴンドワン軍の攻撃が予想されるのであるから、それに対応する力を持たなければならない!
ベッカー:デレンセン隊は、出撃位置へ!
デレンセン:おう!
兵士:頑張れよー!
兵士:第一陣なんだからな!
兵士:大尉の働きを期待するぞお!
生徒:教官殿!けがしないくださーい!
生徒:熟練!熟練!
生徒:アーミィなんて目じゃないよお!
マニィ:ルイン
ルイン:おう
マニィ:こんなアーミィになってたなんて知ってたぁ?
ルイン:カットシーをこれだけそろえたんだぜ?
ルイン:そりゃ知ってたさ
マニィ:軍隊だっていうんだよ?
ジュガン:デレンセン大尉の部隊には、宇宙海賊の居所を見つけ、人質を取り返す作戦を実施することを命じる
デレンセン:総員!かかれぇ!
デレンセン:ご苦労
兵士:大尉こそ、ご苦労様です
デレンセン:よくもまあ、お祭り騒ぎにしやがって
ウィルミット:大佐
クンパ:何か?
ウィルミット:この・・・
ウィルミット:この式典を含めて、法皇の許可は下りているのですか?
クンパ:この作戦は、長官のお子様と市民を取り返すためのもので
ウィルミット:…
クンパ:軍事行動ではないということで、許可を取ったようです
ウィルミット:(ベルリ救出を口実にされた……!)
ウィルミット:キャピタル・アーミィのやっていることは、科学技術を進歩させてはならないという
クンパ:…
ウィルミット:アグテックのタブーを犯しています…!
クンパ:タブーについては、法皇の意見もありまして
ベッカー:やりますね
ジュガン:あてにできるというものだ
ベルリ:そんなに食べていいのか?
ノレド:ここの油良いもの
ドニエル:ん?食材には気をつけさせている
ベルリ:この艦(ふね)、衛星軌道まで行って帰ってきたんですよね?
ドニエル:ベルリ君の名字は、キャピタル・タワーの運行長官とおんなじだなぁ
ベルリ:キャピタル・タワーのクラウンを3度襲った海賊部隊は、この艦(ふね)から出撃したんですよね?
ドニエル:ウィルミット・ゼナム長官の息子さんかあ
ベルリ:僕には人質の価値はありません。母は仕事のことしか考えられない人ですから
ドニエル:それは子どもの発言だな
ドニエル:ん?
アイーダ:あっ…艦長はわたしのことで責任を感じることはありません
ドニエル:アイーダ様…
アイーダ:父には何も言わせませんから!
ドニエル:恐縮です
ノレド:…
ベルリ:洞窟の桟橋の奥って、あれ、反対側のカリブ海洋研究所に続いているんですよね?
アイーダ:この生徒が使っていたレクテンだって、技術的には進化していました
ドニエル:キャピタル・ガードもタブーに触ってるってことか?
アイーダ:そのキャピタル・タワーの姿勢が、セカイの再生を遅らせて、結局アメリアはゴンドワンと大陸間戦争をするようなことになってしまって…!地球は西洋世紀の時間に戻ってしまったんですよ!
ドニエル:何だって?!そんなことは前から言ってるだろ!
ベルリ/アイーダ:?
ドニエル:G系の部品は、全部メガファウナに運び込んでおけ!こちらには、天才的なメカニックマンだっているんだ
ベルリ:それって、うわさのヘルメスの薔薇の設計図のことでしょ?そんなものに触るなんて、本当に罰(ばち)が当たりますよ!?
ドニエル:あのな、技術屋の間では、トワサンガから流れてきた図面だってのが…
アイーダ:この少年を海賊の法律で裁きましょ!
ドニエル:アイーダ
ノレド:戦争を仕掛けてきたのはそっちでしょ!?
アイーダ:!
ドニエル:アイーダ
ベルリ/ノレド:…
ラライヤ:…
ドニエル:あの3人は、ここから出すな
兵士:はっ!
ラライヤ:ん?あっ…
ノレド:あっ…
クリム:わたしを狙ったな…?!
ノレド:弾、ない…
クリム;フン!
ノレド:あっ!何するの?!
クリム:キャピタルのクンタラは、これで獲物をとるんだろお?目をつぶされるところだった
ラライヤ:食べるか?
クリム:うっ?
ノレド:あっ
クリム:貴様、G-セルフを動かして見せろ!
ベルリ:はい?
クリム:カーヒル大尉をやったのだろお…!?
ベルリ:あなたたちは、衛星軌道上で、キャピタル・タワーのクラウンを襲って
クリム:やってみせろ!
ベルリ:モビルスーツの基本操作は同じなんですよ?
クリム:天才といわれたわたしに、操縦ができなかったのだ!
ノレド:アハハハハッ!できなかったんだ
ノベル:ハハハッ ハッ
ラライヤ:食べな
ベルリ:僕は逃げ出しますよ?
クリム:この2人を人質に取っておく!
ノレド:あっ
クリム:ミノフスキー・フライトもやってみせるんだ!
ノレド:汚いヤツ!
兵士:おらっ
ノレド:クッ!
ラライヤ:目がきれえ
クリム:いつも言われていることだ。来い!
アイーダ:クリム中尉!
クリム:敵の能力チェックです
アイーダ:艦長の許可は?!
クリム:よろしく取り計らっていただきたい。行け
ベルリ:っと
アイーダ:クリム中尉!
クリム:アイーダ様の話が本当なら、この女子にも試させたいのです
ノレド:何を試そうっていうの?!
アイーダ:ラライヤのこと?
アイーダクンパ・ルシータ大佐の話では、彼女をキャピタル・ガードで捕虜にしたのが月曜日なので、ラライヤ・マンディと名付けた。あの日、カーヒル大尉たちは…
カーヒル:各員、聞こえるな?こいつを島に持っていく
アイーダ:カーヒル大尉たちの働きで、G-セルフをビクエスト島に誘導してくれたのが、月曜日だった…
カーヒル:どうしたんです?
アイーダ:あれの整備をやってて
カーヒル:アルケイン…フル装備にしたんですねぇ
アイーダ:取り付けてみただけなんです
カーヒル:新しいのにしましょ
アイーダ:大丈夫です
クリム:あっ
カーヒル:指先にもかすり傷がありますよ
カーヒル:中尉、どうしたんです?
クリム:何で天才のわたしに!これが動かせないんだ!!?
アイーダ;そんなに、特別なんですか?
クリム:この外見は、G系に似ていないか?
カーヒル:ああ…アルケインに似ていますよね
クリム:コイツもヘルメスの薔薇の設計図…
アイーダ:広いし、壁全体がモニターになっている?
システム:レイハントン・コード、了
アイーダ:何?
カーヒル:姫様、アルケインに似ていますよね?
アイーダ:ええ、プライスコップから降ろしてみせましょうか?
クリム;冗談じゃあない!
カーヒル:自分が代わりますよ。姫様
カーヒル:自分が代わりますよ。姫様…
アイーダ:カーヒル
デレンセン:ミノフスキー粒子を散布した結果からの推定コース?
デレンセン:レーダーの精度はどうなんだ?
操縦士:一応、軍用のレーダーです
デレンセン:順次離脱!
ラライヤ:ジィ、ジィ、ジィ…
ノレド:お願いだから落ち着いてラライヤ
ドニエル:ほれ
ラライヤ:ジィ…!ん?んあ…
ラライヤ:ニィ~!
ラライヤ:チュ!チュ!チュチュチュ!
ノレド:何の手品なんです?
ドニエル:宇宙に出るとなあ、そういう水っぽいものが薬になるようなんだよ
ノレド:そうなの?
ラライヤ:チュ…チュチュミィ!チュチュミィ!
ドニエル:G-セルフを見て興奮するとなりゃぁ、関係あるとみるしかないな
クリム:そこまで動かせたのだから!飛行してみせろ!
アイーダ:クリム中尉…!
クリム:自分は、モンテーロで監視します
アイーダ:まったく…!
ドニエル:ベルリは私服ですから、無茶はできませんよ
アイーダ:あっ
ベルリ:ミノフスキー・フライト、できると思いますけど
クリム:やってみせろと言っているだろ!
ベルリ:ビームサーベル
クリム:どうした?
ベルリ:やりますよ
ベルリ:全天周モニターも了解!
クリム:ハッチは閉じるなよ!
ラライヤ:あああ…
ノレド:上がった~!
アイーダ:艦長はブリッジへ。クリムは先に出られますね?
クリム:出せるグリモアから出せ!
乗組員:邪魔だってんだよ!
ノレド:どうしたの?
乗組員:ミノフスキー粒子がまかれたんだ!
ベルリ:よし!水平飛行に移れば、こんなの…!
ベルリ:あれ?クリムさん?聞こえないけど…?!
ドニエル:帰還臨界急げ!総員…!
副長:総員、対空防御急げぇ!
クレン:入ります!
ドニエル:ああ、アイーダ様。間違いありません、人質を解放しなければ
ドニエル:モビルスーツ部隊の攻撃をかけるという
アイーダ:通信が入ってからミノフスキー粒子が散布されたのですね?
ドニエル:キャピタル・アーミィと言っていました
アイーダ:あの3人の解放で済むのなら、開放しましょう
ドニエル:いや、開放しても、この場所が知られたんですから…出せ!
副長:出します!
ドニエル:アダム・スミスはどこだ!?G-セルフには捕虜が乗ってるんだろう!?
ギゼラ:後部グリモアは、そこから出すことになる!
クリム:少年!武器を取れ!
ベルリ:ゴンドワンが攻めてくるんですか?
アイーダキャピタル・アーミィです。この場所が見つかってしまったんです
ベルリ:僕が止めてみせます!
アイーダ:えっ?!キャピタル・アーミィですよ!?
ベルリ:キャピタル・アーミィなんて、母だって、僕だって知らなかったんですよ!
アイーダ:お母様?こちらには、ラライヤとノレドがいるんですよ!?
ベルリ:だから!アーミィの攻撃を止めなくっちゃならないでしょう!
アイーダアイーダアダム・スミスG-セルフにシールドとライフルを持たせてください!
アダム:ええっ!?捕虜に武器を持たすんですかぁっ!?
クリム:グリモアは、フライスコップで上がれ!
ベルリ:ノレド!艦(ふね)の一番安全な所に隠れるんだ!
ノレド:ラライヤが上に行きたがってる!
アダム:とまれぇ!
アダム:って!つぶすのかぁぁっ?!
ベルリ:ああっ?!あぁぁ~!
ベルリ:こ、これ使っていいんですか?
アダム:こいつなら、ユニバーサルサイズだから、使えるはずだ
アダム:姫様ー!格納庫へ退避してください!
アイーダ:ここで対空防御をします
アダム:御身になにかがあったら!我らは…!
アイーダ:ハッパにウイングを取り付けるように言っておいたのに!…あっ
アダム:バックパックの積み込み中だったんです!
ベルリ:返せる借りじゃないけど、返す努力はします!
アイーダ:あの子…
クリム:低空から来るのは!お見通しである!!
クリム:悪いが、ゴンドワンとの戦いでぇ!空戦には慣れているんでなぁ!!
クリム:遅いなっ!!、
ベルリ:違う!エフラグで来るなら、上からだ!
デレンセン:なめてもらっちゃあ、困るのよ!
デレンセン:ビラッキー!
デレンセン:! ありゃあ、G-セルフとか?!
CA兵:投降するのか?!
ベルリ:やっぱり、雲のの中から来た!
ベルリ:うわぁっ!
デレンセン:そのモビルスーツは、もともと俺が見つけた物なんだぞ!
ベルリ:自分は!ベルリ・ゼナムですっ!攻撃しないでください!艦(ふね)にはノレドとラライヤがいるんですっ!
デレンセン:あのポーズは、戦わないってことか?
クリム:ド素人め、G-セルフの姿に惑わされて!
クリム:少年、足を止めてくれただけでも結構だ…!
デレンセン:G-セルフ
デレンセン:降参してキャピタル・アーミィに来てくれる
デレンセン:のか?!
ベルリ:接触回線で聞こえる?!
デレンセン:そうなのか?!
ベルリ:デレンセン教官殿ですね?!僕、ベルリです!
ベルリ:うわっ!
クリム:やるってのか!?
デレンセン:チッ!
クリム:速い!?
デレンセン:チェストぉぉっ!!
クリム:うあっ!
ベルリ:クッ!
ベルリ:戦うだけかぁぁっ!
ベルリ:どうなってんの!?うわっ!いっ!?
デレンセン:G-セルフ!抵抗するならここで落すぞ!
ベルリ:3人同時?!
ベルリ:三方同時!スコード!!
デレンセン:うわぁぁっ!
ベルリ:好きで武器を持っているのではない!!
デレンセン:あの機体、何が起こっているんだ…?!あのビームサーベルも何だっていうんだ?!
ベルリ:い、い、行ってくれたんだ…
クリム:接触回線で聞こえるな?少年
ベルリ:えっ?あ、はいっ…
クリム:一瞬に3機を撃退してくれたのには感動した
ベルリ:あ、はい
ベルリ:でも、何で引き揚げてくれたんでしょう?
クリム:実戦であのように撤退する決断ができる指揮官は、優れた軍人だな。このモンテーロの指も斬ってくれた
クリム:となればその機体、アイーダ様を守るためには、使いこなさなければならない
デレンセン:5機目のカットシーか…!
デレンセン:俺の頭でっかちの作戦のおかげで、7人も戦死させてしまった…!クッ!カンダハンもセブリィ、トレッソもいた…!
デレンセン:すまねぇ…!
ラライヤ:あははっ あはは うふふ
ノレド:ダ~メ、中に入るの
ラライヤ:いや~ん チュチュミうれしいって
ノレド:うっ
ラライヤ:うれしがってる
ラライヤ:あははっ フフフ、フフフッ
ハッパ:バックパックが交換できるのは、見りゃわかるでしょ!
ドニエル:そうなんだが、電気系はどうすんだよ?
アイーダ:間違いないでしょうね?やってみましょう
アイーダ:えっ?何?
ベルリ:何でしょう?
アイーダ:あっ
ベルリ:あっ
アイーダ:うっ
ベルリ:何です?
アイーダ:いえ
ベルリ:うっ
ベルリ:こっちは図解か。読めるか…
アイーダ:脱出ポッドとして独立してますよ。試せます?
ベルリ:えっ?操作は…
ベルリ:試します
アイーダ:脱出ポッド出ます!
ベルリ:うわっ!
ドニエル:うおっ!
クリム:ほぉ 使えるじゃないか
ドニエル:何で今になって動くんだ?
ベルリ:慣れてきたんでしょ
ドニエル:いろいろやったからな
アイーダ:ハッパさん。稼動部の整備、それとフォトン・バッテリーと推進剤の補充はお願いします
ハッパ:はい。その前に、モニターのデータ、コピーさせてください
アイーダ:抜けますか?
ハッパ:この状態であずけてくだされば
アイーダ:…
ハッパ:何とかします
ベルリ:ノレドー!早く着替えないと風ひくぞー!
ノレド:ここからラライヤが動かないのよお!
ベルリ:んっしょ
ハッパ:ひっ!
クリム:きょうのキャピタル・アーミィの攻撃で、優れた軍人がいるということがわかったのですから
ベルリ:キャピタル・アーミィなんて、キャピタル・ガードでも、母だって知らなかったんです
アイーダ:お母様?
クリム:君の母上を脅かすものが、宇宙から降りてくるとわかったから、キャピタル・アーミィが新設されたのだ
ベルリ:宇宙から来るもの?
アイーダ:中尉、それ、本当のことなのですか?
クリム:昨日、本国でスルガン総監から聞いたことです
アイーダ:父から…!?
ベルリ:あなた…!アイーダ・スルガンですか?!
アイーダ:……
アイーダ:艦長、中尉
クリム:対応しますよ
ドニエル:お任せください
ベルリ:・・・
ハッパ:だからさ、ここで建造したG系のバックパックだって使えるんだ
ノレド:ベル!
ベルリ:…!
ノレド:キャピタル・タワーに帰ろうよ!
ノベル:カエロ!カエロ!
ベルリ:これもラライヤもそらから来たんだ。中尉の話、聞きたくないか?
ノレド:うん!ベルはこの艦(ふね)に貸し作ったんだから帰れるよ!
ベルリ:えっ?あ~!
アイーダの私室 上着を脱ぐアイーダ
アイーダ:きょうはあの子にやられっぱなしだったけど…
アイーダ:これ、あの機体にあった物…

 

 

 

次回予告
アイーダさんに大変な借りのある僕は、メガファウナを守らなければならなくなった。なのにコックピットとG-セルフは別々になっていて、戦いようがない。けどやってしまった
次回、Gのレコンギスタ「敵はキャピタルアーミィ
見たくなったでしょ!?