アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第6話「強敵、デレンセン!」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第6話「強敵、デレンセン!」

ガンダム Gのレコンギスタ 第6話「強敵、デレンセン!」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第6話「強敵、デレンセン!」

 

 

ベルリ:クリム中尉がアメリア軍に入隊しろと言ってきても、キャピタル・ガードの生徒としては受け入れられない。しかも、キャピタル・アーミィが攻撃してくれば、出撃しなければならなくなって、コア・ファイターのまま出ることになれば、それは地獄の体験になった…!

ベルリ:強敵、デレンセン!

ステア:メイン・ノズル、カット
ステア:周回速度、フィックス!
ステア(一仕事):あ~!
ドニエル:食事と各自の用は済ませておけ、キャピタル・アーミィはいつでも襲撃してくる距離になった
ノレド:歯磨き
ノレド:ガムだけで嫌ならここで口を洗えるよ。あむ
ノレド:何でいけないんだよお
ベルリ:歯茎のマッサージはあ
ベルリ:ん、ん、ん
ノレド:そりゃ、マッサージはできないけどさ
ノレド:かゆいの?
ノレド:ねえ!
ベルリ::ああ?
ベルリ:何?
ノレド:いつ逃げ出すんだ…?
ベルリ:アメリア軍の宇宙艦隊の数を確認していないんだ
ノレド:キャピタル・ガードの生徒だってこと、忘れてないんだ
ラライヤ:嫌~!外してぇ~!
ベルリ:ああっ!
ノレド:ピーッピピッ!
ノレド:今はメットは着けとくの!外に出るかもしれないんだから!
アイーダGセルフで逃げ出すことを考えているんですか?
ベルリ:ハッパさんは、僕を出すつもりでいるんですよ
アイーダ:今度は、わたしもG-アルケインで出ますから
ノレド:宇宙なのに…!?
ベルリ:無茶ですよ
ウィルミット:何ですか、これ?!
ウィルミット:何でこんなことになるんです…!?
ウィルミット:宇宙海賊を退治するのに、あんな数のブースターとモビルスーツが必要なんですか?
ジュガン:海賊がアメリア軍とわかれば、ジロンド部隊の規模くらいは出す必要があります
CM兵:デレンセン大尉がアンダーナットに到着しました
ジュガン:よし
ウィルミット:キャピタル・タワーで何をやろうとしているのです?
ジュガン:大尉ののエルフ・ブルを発進させるだけです
ウィルミット:はぁ?冗談でしょう?!
ジュガン:フン、ババァめ…
ベッカー:ご苦労であります
ベッカー:ジロンド部隊は出撃したようです
デレンセン:マスクからの報告は信用できるのか?
ベッカー:彼の失敗を参考にした作戦でありますから、万全でありましょう
デレンセン:マスクは、エルフ・ブルの量産機1号で、はしゃぎすぎたか?
デレンセン:今回の作戦で、自分の教え子であるベルリ・ゼナムを救出してみせる!
男:キャピタル・アーミィってのがさぁ
女:嫌よねぇ~嫌ぁ~
デレンセン:ん?
女:もともとキャピタル・ガードなんだろうにさぁ!
士官:今し方、キャピタル・タワーのコントロールルームから、通信が入っています
デレンセン:地上からか?
ウィルミット:そちらのアンダーナットは、軍事基地になってしまっているじゃないですか
ベッカー:アメリアの海賊どもは、この20年間のゴンドワンとの大陸間戦争で、実戦慣れしていますから
デレンセン:長官殿
ウィルミット:はあ?
デレンセン:ご子息は、必ず取り戻してみせますから
ウィルミット:デレンセン大尉が?ご自身で…?!
ベッカー:我々は雪辱戦を仕掛けているのです!
ウィルミット:雪辱…
ジュガン:キャピタル・アーミィのやることに!
ウィルミット:!
ベッカー:大尉、ジロンド部隊を合流できますね?
デレンセン:トレースはできるようだが、データは間違っていないか?
ベッカー:間違いない!
ドニエル:ベルリ・ゼナム、配置急げ!
ベルリ:急ぎます!
ベルリ:ノレド
ノレド:!…何?
ベルリ:フライスコップが格納庫の外につながっている。G-セルフは後ろの右を使えと言われた
ノレド:? ああ!
ノレド:ラライヤ、おしっこしておこう
ラライヤ:んっ!
ノレド:どうしたの?!
ラライヤ:フンだ!フンだ!フンだ!
下士官:大丈夫です
ベッカー:そうだな。まだ地平線上にメガファウナは見えてこない!
デレンセン:結構だ
ノレド:あんなの付けられていいの?
ベルリ:別にいいよ。重くなるだけなら嫌だけどね
アイーダ:あれだって
アイーダアメリア一の技術者たちが、カリブ海洋研究所で建造したものです
クリム:ビームを反射させるものだが、モンテーロに付けられなかったんだよ!
アダム:それは言いっこなしですぜ、中尉。あてにしているぞお少年!
ベルリ:冗談じゃない!
ベルリ:それじゃ、生体実験じゃないですかあ!
ハッパ:君にとって本格的な宇宙戦争になりそうだから、防御を厚くしたんだ
ベルリ:はい!
ハッパ:リフレクターのコントロールは外付けにしたんで、マニュアルと照合しておいてよ!?
ハッパ:ゲージと起動用とあるんだから
ベルリ:あっ、はい!
ウィルミット:デレンセン大尉、よろしく頼みます
デレンセン:お任せください!
デレンセン:では!
ベルリ:リフレクターの操作は、これが起動で
ベルリ:マニュアルはこれで呼び出す
クリム:リフレクターを付けた分、わたしの盾になってもらうぞ
クリム:メガファウナの軌道は、弾道飛行レベルだから
アイーダ接触回線、聞こえますね?
アイーダ:うかつに離れると、自由落下することになります
ベルリ:高高度グライダーの実習もやりました
アイーダ:それに、ビーム・シールドになるんなら…
ドニエル:スルガン総監には
ドニエル:前世紀の認証技術の研究は、急がせてください
アイーダ:父には言い続けてます
ベルリ:…
ベルリ:ノレドとラライヤ、潜り込んでくれたかなぁ…
ノレド:もっと入って
ゲッツ:G-セルフにこんな高度で迎撃戦をやらせるんだとさ
ジンジャー:キャピタル・ガードのガキならできそうだけど、いいのかなぁ?
デレンセン:ジロンド隊の位置は…
デレンセン:ジロンド隊が下から押し上げてくれれば、不肖、デレンセンが、海賊に捕らわれたベルリ以下2名を救出して、G-セルフも取り戻す!
デレンセン:わかっているな?ジロンド隊
ジロンド:海賊船が思った以上に高度を上げているのが問題なんだ
デレンセン:そんな事は初めから、わかっていることだろうが!
アダム:これからは無線は使えなくなるから、総員、メガファウナを見失うなよ!
ベルリ:アダム・スミスさんて、顔に似合わず気遣いがあるんだ
アダム:フライスコップ!どうぞです!
ベルリ:確かに宇宙慣れしている
ハッパ:リフレクターは使わないときは…
ベルリ:はあ?
ハッパ:使わないときは小さくしとけ!畳んどけ!
ベルリ:わかってますよ
ゲッツ:G-セルフ接触回線、よろし?
ベルリ:はい!
ベルリ:聞こえます!
ノベル:ピッ!
ノレド:フフッ、ベルリは来てくれたよ
ラライヤ:……
ゲッツ:貴様の腕は了解だ。何事もないように頼むぜ
ベルリ:了解です。死にたくはないですから
ベルリ:高高度戦闘かよ…
ベルリ:調整は万全か
ベルリ:(この高度で自由落下したら、地獄だぞ…!)
ゲッツ:キャピタル・タワーを正面にして接近するからな
ベルリ:了解ですけど…
ラライヤ:!?
ノレド:どうしたの!?何!?ええっ!?ああっ!空気!
ノレド:ラライヤ!?
ラライヤ:はぁ~っ、はぁ~っ、はぁ…
ノレド:はぁ…
ラライヤ/ノレド:うっ!
ノベル:カンキョーチェック!カンキョーチェック!
ノレド:しゃべるな
ノベル:カンキョーチェック!ソーソー
ノレド:我慢すんだよ…!
ラライヤ:我慢…ずっと我慢…ずっと…ずっと…
ラライヤ:…
ジロンド:話が違うじゃないか!海賊船がエフラグを射出した!
副隊長:エルフ・ブルを迎撃するつもりなんでしょうか?
ジロンド:敵は実践慣れをしている!海賊船にミサイルを浴びせて気をそらせるんだ
副隊長:ここから届きますか?
ジロンド:射程距離までもうちょい!
ジロンド:無線、封鎖!
副長:信じられません!下からアンノウンが5機、距離を詰めてます!
ドニエル:ステア!キャピタル・タワーからは、長距離ミサイルも来ると思え
ステア:イエッサー!
ドニエル:こちらが仕掛ければ、キャピタルの連中がアメリアの宇宙艦体の動きに気づくことはない
副長:G-セルフにリフレクターを付けたのも
ドニエル:派手にやるためさ。クリム中尉!聞こえているな?
ドニエル:自由落下の戦闘も、覚悟していただきます
クリム:当然でありますよ
クリム:フッ!
ドニエル:アイーダ様はG-セルフを助ける役目です。くれぐれも前には出ませんように
アイーダ:ありがとう、ドニエル。G-セルフはあんなものを背負わされて…
ゲッツ:キャピタル・タワーから接近するものがあるのは、わかっているな?
ベルリ:艦(ふね)でないのが気になります
ゲッツ:まだ上昇するのか?!
ベルリ:はい!お願いします
ゲッツ:貴様!戦闘前に推進剤を使いきらせるつもりか!?
ラライヤ:あっ、ああっ…
ノレド:ん?どうした?
ラライヤ:立った…!立ってる!
ノレド:ホントだねぇ
ノベル:ジャイロ、シューセー!ジャイロ、シューセー!
ノレド:この子、まともになっている?
ラライヤ:…
ノレド:うわぁっ…!
ノベル:ウワ~!
ジンジャー:G-セルフ!?
ゲッツ:飛んだあぁっ?!
ベルリ:北極側の地平線の向こうの撮影をするためには!
ベルリ:展開、確認。カメラ起動
ベルリ:すごい!見えた!
ベルリ:3、4、5隻!艦艇のシルエットだ
ベルリ:アメリア軍の、宇宙艦隊が…周回軌道上にいるんだ!
ゲッツ:G-セルフ!上空にアンノウンが来るぞ!
ベルリ:クッ
ベルリ:このメタルはメディアなんだから
ベルリ:データ保存…できた!
ベルリ:ミノフスキー粒子がまかれた!?
ドニエル:迎撃ミサイルは全方位に備えろ。下からもアンノウンが上がっている
ドニエル:船底にバリアー展開!
副長:まだ早いでしょ
ドニエル:えっ!?そうなの…?
クリム:上が気になるが、下から押し上げてくる部隊が厄介だな
ジロンド:デレンセン大尉が仕掛けたんだ
副隊長:しかし、向こうもモビルスーツを出して…
ジロンド:ベルリ救出作戦の手順は守る
副隊長:射程距離!ミサイル撃ちます!
副長:熱源接近!
ドニエル:ステア!加速!
ステア:イエス!サー!
ジロンド:ダメだ。ダベーの限界高度だ
ベルリ:ミノフスキー粒子を散布してきたのは、上空からだ!
ベルリ:なっ!?何じゃとて!?これがリフレクターの威力なら
デレンセン:海賊船から出たヤツは1機だ
デレンセン:カメラではシルエットが違うが
デレンセン:G-セルフだ!
デレンセン:完全に海賊のものに成り下がったか!
ベルリ:体当たりをやろうっての?!
ベルリ(気合):はぁぁっ!来るっ!
ベルリ:敵のビームをエネルギーにしてくれている?!これなら!
ノレド/ラライヤ:!
ノベル:ピッピ~ッ!
ステア:サイドノズル!ファイア!ファイア!ファイア!
ステア:はぁ~
ドニエル:ステア!よくやったあっ!
副長:対空砲火は各自に任せます
ドニエル:おう。アイーダ様には戻っていただく方がいいのか?
クリム:メガファウナが無事なら、この上でモビルスーツ戦を仕掛ける生徒を援護する!
クリム:貴様らはメガファウナの援護だ!
デレンセン:貴様は何人の戦友を殺してきたのか
デレンセン:わかっているのかぁっ!?
ベルリ:リフレクターは作動している!
デレンセン:ううっ!
デレンセン:直撃しているはずだぁ!化け物か!?
ベルリ:キャピタル・アーミィがあんなものを建造していたなんて!
ベルリ:母さんは、キャピタル・アーミィのことを
ベルリ:知らなすぎです!
クリム:クッ…!わかっていのか…G-セルフ!落下しているぞ!!
デレンセン:別方向からだと?!
クリム:クッ!ビームが!
クリム:うっ?!
デレンセン:G-セルフか!
ベルリ:中尉は!足で蹴っ飛ばしなさいよ!
クリム:体当たりをかけたのか?!ベルリは!
ベルリ:何ぃぃっ?!
ベルリ:うっ!
デレンセン:速いっ!?、が!
ベルリ:なっ!?何だってんだあぁぁっ!
デレンセン:なっ!?何だっていうんだ!?
ベルリ:あっ!?
デレンセン:ベルリ生徒だったか……!!
ベルリ:デレンセン…教官殿…!?
ベルリ:そんな新型を出してくるからでしょ…そんなもので変形したりするからでしょ…!
ベルリ:教官殿がそんな小手先のことをやるからぁっ!
ベルリ:!
ベルリ:ふぅ…
ベルリ:クリム中尉は…どうしている…?!
ベルリ:あっ!リフレクターゲージは、フルチャージ!
ベルリ:中尉はダメージを受けて落下しているんだから…あっ!あれか!?
ベルリ:ダベーの連中、何で気がつかないんだ!
ベルリ:リフレクターでフルチャージになってくれたおかげで、G-セルフは!
クリム:制御が利かないっ!
クリム:どこまでもつんだこの機体っ!?室温も上がっている…!
クリム:わたしには!無駄死にというチョイスはないんだ!!
クリム:ぐあっ!
クリム:何だ?何の光だ?!
ベルリ:こ、このガスの流れが装甲になっている?
ベルリ:中尉!大丈夫ですか?!
クリム:G-セルフに何をやらせたんだ?
ベルリ:知りませんよ。ハッパさんに聞いてください。リフレクター回線は解除します
ベルリ:下にいるはずのダベー部隊は、勝手に後退したんですか?
クリム:エフラグの限界性能を出してくれた連中だ
クリム:いいじゃないか?
ベルリ:あっ…そうですか…そうですよね…
ベルリ:そんなバカな…!
ベルリ:あるわけないじゃないか!
クリム:どうした少年!逆制動をかけろ!
ベルリ:……あっ、はい!
ゲッツ:モンテーロG-セルフ
ゲッツ:傷つけられたんじゃないか!
ジンジャー:それにしちゃあ、よく帰ってきたもんだ
ノレド:ベルリだからでしょ!
ジンジャー:うわっ?!何だよ?!
ゲッツ:どこにいたんだ?!何者なんだ?
ノレド:あんたたちの腕を調べておかないと、いざってとき、心配だからでしょ
ジンジャー:お前!うっ
ラライヤ:チュチュミィ。フン、フン
ノレド:そうだね
ジンジャー:ボールの水は換えてやらなくちゃな
ラライヤ:うん
ドニエル:洋上に出た。一気にビクエスト島に帰投する
副長:はっ!
副長:総員、下舷監視は継続!
ステア:ミノフスキー・フライトへ移行!ヨーソロー!
アダム:見られるようにはしたぞ
ハッパ:ありあとあした!
ドニエル:これがキャピタル・タワーから直接飛行してきた変形するモビルスーツ
ハッパ:先日のヤツと同じ型ですかね?
ベルリ:それはわかりませんけど…
アイーダ:…艦長!ベルリ・ゼナムは休ませてください!
ドニエル:うむ…そうだな。ベルリ君
ベルリ:失礼します…
クリム:…
クリム:かなりのものです、彼は
アイーダ:リフレクターは有効だったのですね
クリム:初めて使わせてしまったんですよ、ベルに
アイーダ:あっ、そうでした。しかも本体の損傷はかすり傷程度
ドニエル:我々の製造能力も大したものだというべきでしょうなぁ
ベルリ:あれは、聞き間違いだ…!絶対に…!
ノレド:…
ラライヤ:アハ、アハハハッ
ベルリ:…
ラライヤ:ねっ?
ベルリ:ああ…
デレンセン:…せやがって!
ベルリ:!!あ…ああっ…!ウソだよ…!う、うう…
ベルリ:デレンセン教官だったなんて!ウソだ!
ラライヤ:チュチュミィよ、アイーダ
アイーダ:そうね…
ラライヤ:ふっ、ふっ、ふふふっ うふふ うふふふ

 

 


次回予告
天才クリムにそそのかされて、ラライヤがG-セルフを操縦する。そんな時、変形モビルスーツ部隊が襲ってくるのだから、僕がG-セルフに乗り込んでいった。けど、それで勝てるわけじゃない…
次回、Gのレコンギスタ「マスク部隊の強襲」
どうなるか、見たいでしょ?