アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」

ガンダム Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」

 

 

ベルリ:僕が言い出したおかげで、メガファウナキャピタル・テリトリィに入ることになった。そこでもアーミィの攻撃を受けてしまったのだけれど、キャピタル・ガードに助けられて法皇様に会うことができたのに、僕はケルベス中尉にさらわれてしまった…!

 

ベルリ:テリトリィ脱出

 

ケルベス:よっ
ベルリ:!
法皇:う、う…
ウィルミット:法皇様、いかがなされました?
法皇:か、考えていることがあります…はぁっ…
グシオン:大佐に、最後にお会いしたのは、メッタバルの国際会議のはずでしたな
クンパ:アメリアが、モビルスーツ宇宙艦体を建造していると、論争になったときです
グシオン:そのとき…!月の裏側には、トワサンガと呼ばれるスペースコロニーがあるというのは、公然たる事実になりましたな…?!
クンパ:だからタブーも成立しなくなって、あなたは法皇を人質に、海賊船でザンクト・ポルトに上がるつもりになったのでしょう?
グシオン:想像のしすぎです…!
クンパ:わたしの理解では…
クンパ:…失礼
ウィルミット:艦隊などと、本当なのですか?
クンパ:週末だというのに、ジュガン司令からの呼び出しです
法皇:…
ラライヤ:ノレドの家に行く!
ノレド:そうはならないみたいだよ
ラライヤ:イヤぁ~!
ケルベス:キャピタル・アーミィは、メガファウナG-セルフも、あのラライヤとかも欲しがっているんだ
ベルリ:何でなんです?
アイーダ:宇宙の脅威のことを知っていると思われているんですね?
ケルベス:何しろ、空から落ちてきた女の子だからな
ケルベス:アーミィに気付かれたくないから、できるだけ低く飛ぶんだ
CG兵:わかってますって!
ノレド:ううっ!
ラライヤ:ううっ…
ノレド:ほら、抱っこしてやる
ビルギーズ:このウーシァだけでなく、新鋭機を次々開発いたしておりますが
ビルギーズ:議員の皆様方におかれましては、なにとぞ、変わらぬご理解をいただきたく
ビルギーズ:うぁ、っと!まだ!
ベッカー:首相閣下が述べた通りである!
ベッカー:どのような事態にでも、瞬時に対応できるキャピタル・アーミィでなければならないっ!
ジュガン:結構な訓示で
ビルギーズ:あ、いや…
ビルギーズ:議会で予算を通すためには、勝利し続けることが条件なのです
ジュガン:わかっています
クンパ:宇宙戦艦も調達しましたからご安心ください
ビルギーズ:ああっ、大佐にはご苦労をかけます
チア:わたしが目を付けているのは…
チア:あそこ!
2人:ええ~!
チア:え~っ!?あの新型のモビルスーツのぉ~!?
チア:ウーシァってさ!昔の鎧の騎士みたい!
チア:あ~!
チア:わかるぅ~!
ジュガン:…!?
ベルリ:へぇ~積み込んだなぁ~
アイーダ:中尉の働きに、お礼を申し上げます
ケルベス:お礼のステップを踏まれるほどのことじゃない
ベルリ:(お礼が言える人だったんだ)
ケルベス:長官も…あっ
ケルベス:…
ケルベス:長官を連れ戻してくれた礼ぐらいはさせてもらいますよ
ドニエル:宇宙で仕事をするキャピタル・ガード
ドニエル:メガファウナは宇宙に出られるって保証してくれましたよ
アイーダ:それはよかった。けど、キャピタル・アーミィにこちらの存在を知られてしまいました
ベルリ:宇宙からの脅威も、本当のようです
ドニエル:うん?スコード教法皇が言ったのか?
ラライヤ:ノレドのお家
ノレド:違う違う
ノベル:チガウチガウ!
ノレド:はぁ
アイーダ:!?
ドニエル:アイーダ様にはメガファウナを護衛していただきます
アイーダ(詰め寄り):わたしはパイロットとして、補欠ですか?!
ドニエル:ああっ…!総監が見ていらっしゃるんですよ?
アイーダ:今はここにいません。長官に預けました
ドニエル:長官に預けた?
アイーダ:ベルリのお母様です
ドニエル:ほお~
ドニエル:総員!浮上用意だ!
整備士:ああっ、はいっ!
アイーダ:アルケインは、わたしの機体ですから
ベルリ:!
アイーダ武装は、確実にやっておいてください!
ベルリ:やっぱり、突撃娘って人かぁ…!
ベルリ:あれ!?G-セルフ、どこに置いたんです?
ハッパ:ここにあるじゃないか!もう少しかかるから、支度してて!
ベルリ:支度しろって言ったって、G-セルフがなけりゃ、僕はどうすれば…!
ケルベス:おう!
ベルリ:うっ!
ケルベス:コイツはキャピタル・アーミィから持ち出してきたんだ
ベルリ:…何を持ち出したんです?
ケルベス:この陸戦用の高トルクパックだろう
ベルリ:ええっ!?
ハッパ:G-セルフとこの高トルクパックを見ると薔薇(ばら)の設計図のG系という意味がわかってきて、ワクワクしますねぇ~!
ケルベス:ウーシァを建造しているときに、同時にこれを作ったんだけど、ウーシァで使えないってわかったんだ
ベルリ:はぁ~っ?!
ケルベス:俺はこっちだって思ったし、貴様はいろいろバックパック使ったってんだろ?
ベルリ:遊びじゃないんですよ、教官!
ケルベス:もう教官じゃない
ベルリ:ううっ
ケルベス:戦友だよ戦友!
ベルリ:う~
グシオン:自分には大統領に、宇宙艦隊の出撃を中止するように言うことができます
ウィルミット:キャピタル・タワーのアンダーナットまでは、1時間ちょっとです。そこから大気圏グライダーを使えば、あっという間にお国へ帰れます
グシオン:お借りできますか?
ウィルミット:タブー破りに近いので、高いですよ?
ウィルミット:ハーブですけど
法皇:好きな香りです
法皇:やむを得ないでしょう。キャピタル・タワーの安全のためです…
法皇:結構ですな
グシオン:ああ・・・
法皇:わたしはきょうの最終便で、ザンクト・ポルトへ上がります
ウィルミット:よろしいのですか?1週間はかかります
法皇:毎年やっていることです
ウィルミット:では、ご一緒に?
グシオン:はい。メガファウナには…
ウィルミット:今なら有線回線が使えますから、わたしから
グシオン:おいしいです
ウィルミット:ふ…
ルイン:キャピタル・アーミィといっても、素人みたいなものだぁ。ん?
ルイン:ぐっ!
アイーダ:だからって油断は禁物です!
ルイン:りょ、了解です、姫様!
ベルリ:僕にだって!
アイーダ:?
ベルリ:できないことはありますよ!
ケルベス:キャピタル・ガードと同じ気合でやりゃあいいんだよお!
べルリ:ぬあ~!!
アイーダ:ん? ああっ?!
ベルリ:あ~あ~あ~!!
アイーダ:…
ノレド:こ~ら~!待ちなさ~い!
アイーダ:!
アダム:またか!ああっ!
アダム:寝かしつけろ!
ノレド:ラライヤー!
クルー:おっと!
ラライヤ:出動!G-セルフ!出動!
ケルベス:ほら!
ノレド:本当にもう…!
アイーダ:あの子…
ベルリ:ん~!ん!
ベルリ:ん?!ん?!んー!
アイーダ:ベルリも何なの…?!
ノレド:ほら、チュチュミィが寝ようって
ラライヤ:!
ケルベス:寝られないのか?
ノレド:だって急に叫んじゃってさ
ケルベス:G-セルフって言ってたよな?
ノレド:そっ!G-セルフはベルリに任せればいいんだから!
ケルベス/ノレド:あっ
ベルリ:どうしたんだ?
ノレド:ラライヤが
ベルリ:あっ!
ノレド:うっ!
ベルリ:ごめん
ノレド:ん?
ノレド:G-セルフどうしたの?
ベルリ:中尉に聞いてよ!
アイーダ:あの子、違ってきている?
アイーダ:!
ジャマ:来た!来た!来た~!
アイーダキャピタル・ガードの?!
ドニエル:モビルスーツは迎撃態勢をとれ!
ドニエル:合流してくれたレックスノーは、味方になってくれたキャピタル・ガード
ドニエル:ハチマキをしてくれている。
アイーダ:・・・
ドニエル:間違うなよ
アイーダ:ケルベス中尉もこの艦(ふね)を守ってくださるのですか?
ケルベス:長官命令だけではありありませんよ?
ケルベス:メガファウナは、ちょっと興味がありましてね
ケルベス:ヘヘッ
アイーダ:ああ、軍艦好きなんですか
ケルベス:バカにしました?
アイーダ:心強いです
ドニエル:本当に感謝いたします、長官…はい、有線電話はこれで切ります。では
ドニエル:G-セルフはどうなっているんだ!?
ハッパ:キャピタル・アーミィのG系のバックパックの調整は面倒で…
ドニエル:使えるようにすりゃアいい!
ハッパ:でも!
ドニエル:ベルリは何をしているんだ?!
ベルリ:泣いてます!
ハッパ:むぐう!
ベルリ:存在意義がないんで!
ドニエル:はあ?
ベッカー:ベッカー部隊のウーシァは!宇宙海賊を撃滅するために!今ここに~!
ジュガン:バカめぇ~!
ベッカー::うっ?!
ジュガン:G-セルフは捕まえるんだ!ラライヤ・マンディも!ベルリ・ゼナムも!保護するのが本作戦の目的である!
ビルギーズ:…
ジュガン:カットシー部隊は!しっかりウーシァを援護しろ!
一同:おお~!
ベッカー:なら、ウーシァの手先の器用さを
ベッカー:見せてやるか!
ベッカー&ウーシァのパイロット:おおー!
一同:おおー!!
チア:ステキ~
チア:男の世界よねぇ!
チアたち:フレー!フレー!ウーシァ!海賊船をやっつけろ!キャ~!
ジュガン:女どもは…!
クンパ:ああ、わたしだ
ジュガン:!
クンパ:マスクと連絡は取れるな?
クンパ:ああ、そちらに行く
ドニエル:キャピタル・タワーの真下だ。こちらからは仕掛けるなよ
ベッカー:カットシーとダベーが、モビルスーツメガファウナを切り離してくれれば
カットシーパイロット:何で海賊船にレックスがいるんだ?!
ギゼラ:キャピタル・ガードだけに任せられないって、姫様が…
ドニエル:じゃじゃ馬娘がぁ~!!
ベッカー:ウーシァはメガファウナに乗り込むぞぉっ!
ベッカー:カットシーが航空機ならば、こちらには宇宙用の身軽さがあるっ!
ベッカー:ジャンプだけでぇっ!
ベッカー:ブ、ブリッジは…!?
ベッカー:クッ!G-セルフ!?…ではない!
アイーダキャピタル・アーミィが、あんな数のモビルスーツを地上で使うなんて!うっ
アイーダ:正気ではないでしょ!
ベッカー:しかし、G系のモビルスーツとみた!
アイーダ:ううっ!うっ!
CA兵:ベルリとラライヤは、海賊船のどこにいるんです?
ベッカー:ブリッジに脅しをかけて!引きずり出すんだぁっ!
ブリッジクルー:うっ!
ベッカー:海賊船の船長!聞こえるなぁっ?!
ベッカー::G-セルフベルリ・ゼナムと!ラライヤ・マンディを我が方に引き渡せ!抵抗もやめさせるんだ!
ステア:…
ドニエル:…
ドニエル:ミノフスキー粒子をまいておいて!どうやって連絡したらいいんだ!?貴様たちが力ずくで止めろぉっ!
ベッカー:なっ?!
ベッカー:ああ?
ベッカー:なんだぁ?貴様はぁっ!?
ベッカー:人が話し合いをしているんだから
ベッカー:引っ込んでなさいっ!!
副長:ラライヤを要求してきたって、どういうことなんです?
ドニエル:知るかよ。キャピタルの連中が気にしているってんだから、気にはしとけぇ
副長;はあ…
ノレド:ほら、体に穴が開いちゃうんだよ?
ラライヤ:ビームライフルの…戦争?
ジャマ:その子に…ノーマルスーツ…
ジャマ:その子に…
ノレド:ノーマルスーツ!
ジャマ:……
ケルベス:あれ、ウーシァじゃないか!いつの間にかアーミィで実用化しやがって!
アイーダメガファウナが落とされる!?
ベッカー:またかよ!
アイーダ:何を企んでいるのです!
ベッカー:ベルリとラライヤを引き渡せと命令しているっ!!
ドニエル:!?
ステア/ギゼラ:うっ!?
アイーダ:やめなさい!
アイーダ:はっ!
アイーダ:ああっ!
ベルリ:あれ、アイーダさんの足!
ベルリ:ハッパさん!どんな強力なバックパックだって、使えなければ意味ないですよ!
ハッパ:当たり前のことを言うなー!メガファウナを守れなきゃ、俺たちだって死ぬんだ!
ベルリ:アイーダさん!無茶はダメでしょ!
ハッパ:ほれてんのか?
ベルリ:そういうことじゃないでしょ!ああっ!
ベッカー:この機体もG-セルフに似ていて、気になるなぁ~!
アイーダ:あっ…!
ベルリ:ハッパさん!
ベルリ:はっ!?
ハッパ:出力が上がった!いけるぞ!
ベルリ:はい!
ハッパ:焦って死ぬなよ!
ベルリ:恋を知ったんだ!誰が死ぬもんか!
ハッパ:ホバーをかけて!着地するんだ!
ハッパ/整備士:うわ~!
ベルリ:アイーダさんはどこ!?あっ
ベッカー:面白ぇ!やるじゃねぇか!キャピタル・アーミィが開発したこのウーシァ、俺はほれたぜぇ!
アイーダ:ば、馬力が…!
ベッカー:何だ?
ベルリ:うううっ!
ベルリ:来た!
ベルリ:貴様も!
ベルリ:あれなら爆発しないはずだ!アイーダさんはどこ?!
ベルリ:いた!
ベルリ:アイーダさんが
ベルリ:捕まっている!
ベッカー:何がジャングルに潜り込んだんだあぁっ?!
アイーダ:うっ!パワー負けしている!
ベルリ:みんなも戦ってくれていて、1人でやるしかないんだから!
アイーダ:!
ベッカー:俺をなめているのかぁぁぁっ!!
ベッカー:何だぁっ?!
アイーダ:!
ベルリ:いっちゃえぇぇっ!!
ベッカー:うわぁぁぁっ!
ベッカー:うわぁぁっ!
アイーダ:ベルリ1人のアイデアとはね
ベルリ:だ、だって、アイーダさんを…
ベルリ:あっ
アイーダキャピタル・アーミィ
ベルリ:キャピタル・タワーは目の前なんだから!帰ってくれ!
ベッカー:し、沈むぞぉ~!
ベッカー:だ、誰か~!!
ベッカー:うっ
ベッカー:うっ!
ベッカー:うわぁ~!うう~っ!
ベッカー:近づくな~!近づかないで助けてくれぇぇっ!!
アイーダ:よくもまぁ、沼地にはまっていませんでしたね
ベルリ:足のセンサーの性能が良かったんで、足場の固さはわかるみたいです
ベルリ:Gがかかります
アイーダ:翼を壊されたから、覚悟しています
ベルリ:では、メガファウナへ帰ります
アイーダ::はっ!うぅっ…うっ!
アイーダメガファウナには、キャピタル・ガードの人たちも来てくれました
ベルリ:はい。キャピタル・アーミィのやり方に問題があるんでしょうね
ベルリ:あそこに帰ること、母だって許してくれます
ハッパ:G-セルフG-アルケイン、帰投!
アイーダ:前の方のデッキでしょ!
ベルリ:わかってます
アイーダ:うっ!
ステア:ノー!
ベルリ:まずい…ルアンさんが怒ってる!
アイーダ:ベル、あの子たちを収容しなさい
ベルリ:あっ、ラライヤがデッキに出てきてあんなことをやってる
ベルリ:ラライヤ・マンディか…
ベルリ:はっ…!
アイーダ:このバックパックのおかげで、命拾いをさせてもらったけれど…こんなもの、あって、いいのかしら?
グシオン:法皇様が、恐れるものは宇宙からではなく、地球人がもたらすというお話は、心に響きます
ウィルミット:あっ…
ウィルミット:時刻は守らなければなりませんので失礼します。責任を持って総監をお送り手してな!
職員:はっ!
グシオン:ありがとうございます
職員:アメリアの国営放送のニュースの件ですが…
グシオン:国営放送?
グシオン:我が宇宙艦隊を、大統領が発進させるだと!?
ウィルミット:あっ、いつお乗りになったのです?
クンパ:慌てて出てまいりましたので、最後尾の貨物車両に飛び込みましてな
法皇:…
ウィルミット:調査部の大佐が何のご用で?
クンパ:ゴンドワンからガランデンを調達させたのは自分です。あれの働きには責任がありますから
ウィルミット:ご苦労様ですね
ウィルミット:定刻での発車となります
法皇:わたしは休ませていだきます
ウィルミット:はい。ごゆっくりおくつろぎください
法皇:…
法皇:……
運転士:MMF、正常作動。発進~!
ハッパ:空気漏れしそうな所には、パッキングを押し込むんだ!
ハッパ:モビルスーツには人間にはできない分!働いてもらうからな!
ガランデン艦長(艦内放送):よ~し!本艦スペース・ガランデンは!周回軌道に入り、マスク大尉と合流したのちに!アメリア軍の攻撃を阻止する作戦に入る!

 

 


次回予告
世の中どうなっていくのか、メガファウナに乗っていたらわかるわけがない。衛星軌道上にまで上がった僕は、お人形さんみたいなモビルスーツに襲われ、肉弾戦までやることになって、死にそうになった…!あのマスク男は異常だ!
次回、Gのレコンギスタ「突入!宇宙戦争
足の下は地球なんだぞ!