アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第12話「キャピタル・タワー占拠」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第12話「キャピタル・タワー占拠」

ガンダム Gのレコンギスタ 第12話「キャピタル・タワー占拠」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第12話「キャピタル・タワー占拠」

 

 

ベルリ:キャピタル・タワー占拠

 

ラライヤ:あんなの、イヤっ!
クレン:何でわからないんです!?
オリバー:そう言ったって…
ラライヤ:く!
クレン/オリバー:あっ!
オリバー:どうしたんだ?
ラライヤ:んんっ!
ノレド:落ち着かないのよお!
ラライヤ:ん~はっ!
ノレド:ラライヤとまれっ!
ラライヤ:んっ!?クション!
アイーダ:どうしたんです?
ラライヤ:んん~ハックション!
ラライヤ:ハックション!
ノレド:やめなさい!
ハッパ:ラライヤが壊しに来たのか?
ベルリ:何を壊すんです?
ラライヤ:こんなのイヤ!どかしてよ!
ラライヤ:ジィ、嫌がってる!
ノレド:ラライヤ落ち着いてぇ!
ラライヤ:わたし、イヤっ!
ベルリ:ラライヤ!やめなさい!
ラライヤ::ジィ!ハックション!
ベルリ:G-セルフがアサルトパックに包まれてるのが嫌なんだよね?
ラライヤ:ベル!
ノレド:もお~!
ラライヤ:イヤっ!
アイーダ:嫌じゃないの!
ノレド:動くなっ!
ラライヤ:うっ!
アイーダ:いい子にするの!
ベルリ:腕力ある~ぅ
アイーダ:どうしたの?
ノレド:G-セルフが自由じゃないって言うの
アイーダ:ああ、それもわかるわね…
ラライヤ:ふん!
ノレド:わがまま言わないの!
ノベル:アドレナリン チョイチョイ アップ!
ラライヤ:クション!
アイーダ:(そうかこの子…)
ベルリ:ラライヤの感じ方は、G-セルフを知っているからですよ
ハッパ:その話、わかるようになったけど、このアサルトパックをつけたのは、次の戦場がどうなるか想像してのことなんだぞ?
ベルリ:次の戦場って…ハッパさんがそれを決めるんですか?
ハッパ:俺は、大陸間戦争に参加しているから、貴様やケルベス中尉より戦争経験がある
ベルリ:はい
ハッパ:ここは静止衛星軌道に近いんだから、長距離攻撃能力が優先するんだ
ベルリ:モビルスーツは、接近戦用の兵器なんですよ?
ハッパ:だからこれをG-セルフで使えるようにしているんだろう?
ベルリ:島のカリブ研究所で作ったんですか?
ハッパ:作ったのはいいけど、グリモアやアルケインでは使えなかったんだよな
ベルリ:何で?
ハッパ:そんなのは、薔薇の設計図を作ったヤツに聞いてみなっ!
ベルリ:わっ!
ハッパ:飯を食いながらでも読んどけ。貴様なら使える
ベルリ:でもこれ、大きすぎてG-セルフの方が振り回されます
ハッパ:逆だよ。アサルトの姿勢制御システムを使うんだ
ベルリ:あっ、はい!
ハッパ:こんな艦(ふね)に配属されちまったってさ…
ベルリ:えっ?何です?
ハッパ:貴様に守ってもらいたいんだよ!
ベルリ:あっ…
ベルリ:読んでおきます!
ラライヤ:チュチュミィ…
アイーダ:こんなものを着たから!記憶が刺激されたのかもね
ベルリ:ああ~そういうことってあるんですか?
ラライヤ:…
アイーダ:あるでしょう?
アイーダ:月曜日に地球に落ちてきた子なんだから
ベルリ:はあ…
ベルリ:えっ!?アサルトって、暴行って意味もあるんですよ…!?
アメリア兵:ヘカテーを右にして、サラマンドラへ帰投!
ミック:北に膨らんでいるぞ!ほかの艦(ふね)に気をとられるな!
アメリア兵:はっ!
アメリア兵:サラマンドラ、前1!
アメリア兵:前2!
アメリア兵:前3!
サラマンドラ艦長:だいぶん、慣れてきましたなぁ。これなら、次の戦闘は期待できます
クリム::第1ナットの高度では、周回軌道での制限があって、自由に戦えなかった
サラマンドラ艦長:重力がきついですからね
クリム:しかし、ザンクト・ポルトの高度なら、真の宇宙である
サラマンドラ艦長:しかし、ガビアルをあそこに接触させるのは無理でしょう。補給艦なんですよ?
クリム:だから好都合なんだよ
ミック:大尉はこういうものを見つけたんですよ
サラマンドラ艦長:キャピタル・タワーの宇宙憲章ですかぁ?
ミック:そこです
サラマンドラ艦長:んん~?「行動不能のビーグル類は救助しなければならない」…
クリム:ビーグルについての決まりは書いてないから、遭難に見せかければ…
ミック:ガビアルのクルーがザンクト・ポルトの中に入れて、無傷で占領できます…!
サラマンドラ艦長:ん~?
ガビアル艦長:ですから、遭難船らしく煙を出すとか、水浸しにするとかしたいものです…
クリム:そこはラジオドラマをやるように、頑張っていただきたいな
ガビアル艦長:学芸会が得意だった兵が2、3名いますからな。では…!
クリム:現在、本サラマンドラは、ザンクト・ポルトに向かってる!
兵士たち:えっ!?
アメリア兵:それって、キャピタル・タワーの一番上のナットですよね?!
アメリア兵:そんな所へ軍艦で行ったら悶え死にします!
アメリア兵:そうだ!
アメリア兵:ありえません!
アメリア兵:スコード教、最高の聖地なんだぞ!
アメリア兵:そんな罰当たりなこと反対だ!
クリム:占領するのだから、たたりなど起こりようがない!
兵士たち:えっ…?
アメリア兵:アメリアのもにしちゃうんですか?
ミック:我々を追いかけてくるガランデンからモビルスーツが出たようです
クリム:マスクがいる部隊だ…!
ミック:はい
クリム:モビルスーツ全機!本艦を守る態勢に入れ!なお、敵の状況がわかるまでは、ミノフスキー粒子は散布するな!
マスク:クンパ大佐が見ている前で、取り返せなかったのだから!
マスク:ここでアメリア軍の先鋒をたたいて、名誉を挽回する!
クリム:そちらのレーダーではキャッチできているんだな?
サラマンドラ艦長:距離は、一戦闘距離に入った。メガファウナの動きはどうなっているんだ!
サラマンドラ副長:まだ戦闘距離に入っていませんが、しかし…
クリム:しかし、何だ!?
サラマンドラ副長:しかし、モビルスーツらしいもの1機、離脱です!
クリム:1機だと?そんなはずない!
クリム:ミック!ミノフスキー粒子散布前のデータをわたしに送れ!
ドニエル:副長、ラトルパイソンの本隊は、もうザンクト・ポルトの上に出たんだろ?
副長:ガビアルが接触したら、グシオン総監が出るとか言ってます
ステア:船体、水平ー!モビルスーツ、どうぞ!
ベルリ:まだあと5ページある!?
ベルリ:あっ!
ベルリ:マニュアル全部読みました!
ベルリ:痛いっ!
アイーダ:アルケイン、出ます!
ベルリ:えっ?なら…!
アイーダ:ベル、つかまります
ベルリ:どうぞ。加速しますけど
アイーダ:合わせます
ベルリ:太陽の左側にサラマンドラがいるはずです
アイーダ:方位確定。追いかけている
アイーダガランデンのマスクの部隊って、お人形さんのようなモビルスーツでしょ?
ベルリ:そうです。サラマンドラをたたかれたら、お父さん、困るんですよね?
アイーダ:父はラトルパイソンで上がってきているのに、はしゃぎ症の天才クリムを抑えられないのです
ベルリ:マスク部隊の攻撃を、止めりゃあいいんです
アイーダ:あ、ありがと…
ベルリ:どうしたんです?
アイーダ:マスク部隊はキャピタル・アーミィなのに、よく決心してくれたと思って
ベルリ:仕方がないじゃないですか!
サラマンドラ艦長:追いかけてくるモビルスーツ部隊と、本艦、キャピタル・タワーを一直線上に乗せろ
サラマンドラ艦長:我々がキャピタル・タワーを前にしておけば、後ろから来る敵は、長距離攻撃できない
サラマンドラ副長:と言うことは、我々の方がラトルパイソンより先に?
サラマンドラ艦長:そうだ…!
サラマンドラ艦長:グシオン総監ではなく、我々が一番乗りになる!
アメリア兵::伝令!メガファウナからもモビルスーツ2機が出ました!
クリム:アルケインも出たか
アメリア兵::こちらと合流できるようです
ミック:アイーダ様と一緒に戦えるんで
ミック:うれしいんでしょ?
クリム:彼女にそれほどの腕はない
ミック:G-アルケインなら戦力になりますけど?
クリム:期待はするな!
ミック:何怒ってんです
バララ:長距離ミサイルをスタンバイ
マスク:おう!
マスク:バララ!そのミサイルのフォトン・アイを作動させれば
バララ:はい。ミノフスキー粒子があっても、目標を追いかけられます
アイーダ:待ちなさい!ベル
アイーダ:デジタル画像でマスク部隊の位置がわかったといったって
アイーダ:それは推定位置ですよ!
ベルリ:狙い撃ちは無理でも、サラマンドラへの攻撃はやめさせられます
ベルリ:ハッパさんの予想が的中して、長距離攻撃用のアサルトが使えるんですから
アイーダ:アサルトのフォトン・アイって信用できるんですか?
ベルリ:ええっ!?ったって、ハッパさんのメンテナンスは信じます
アイーダザンクト・ポルトまでが照準に入っているんでしょ?
ベルリ:距離が全然違います
ベルリ:けど、射撃性能は不明で、当たらないわけだから、あとは大変かもしれない…!
アイーダ:! そういうの…メガファウナは?
アイーダ:見えるわけ…ないか
アイーダ:ベル、頼みます
マスク:2回戦はないぞ!名誉挽回の作戦を実行する!
バララ:照準、合わせ!タイマー、セット!
マスク:ザンクト・ポルトが背景にあって、サラマンドラ
マスクジグザグのコースを取っているが…!
マスク:てぇぇっ!!
バララ:いっけぇぇっ!よく見てねっ!
ベルリ:モビルスーツは沈められなくてもっ!
サラマンドラ副長:追いかけてくる光は4つ!
サラマンドラ艦長:迎撃命令が先だろう!モビルスーツ部隊は反応しろっ!
サラマンドラ艦長:バイパーバイパーは、迎撃の弾幕を開け!味方機は落すなよ!
操舵士::うわー!クッ!
サラマンドラ副長:横合いから、ビームとミサイルの助けがありました!
サラマンドラ艦長:クリムたちが防戦してくれたのか?
サラマンドラ副長:方向がまったく違います!
クリム:あの爆発の光は!?
ミック:サラマンドラが狙われました!
クリム:マスクはモビルスーツ戦を嫌って、艦(ふね)を狙ったのか?!汚い!
マスク:サラマンドラは無事だと?!横合いから邪魔が入ったということは、またヤツか!
バララ:このビームの方向…大尉、我々の邪魔したヤツは、アタシの正面!
マスク:了解だが、現在のサラマンドラは先発隊をザンクト・ポルトに出して、守りが薄い!
ベルリ:来ませんか?
アイーダ:動きはあるようだけど…
マスク:クンタラの名誉にかけて、サラマンドラマックナイフの手で沈める!
操舵士:敵機正面!
サラマンドラ艦長:一斉射でしょう!
マスク:守りは甘いぞぉっ!!
バララ:軍艦は飛行機には勝てないの!
マスク:後ろのエルフがやられた!?援軍が来たのか?うっ!
バララ:マスク!サラマンドラモビルスーツが戻ってきました!
マスク:チッ!
クリム:成り上がりの軍隊に、戦艦が沈められるものかよ!
ミック:クリムは口より手が先だろ!
クリム:あ それっ!
クリム:生意気だったの、褒めてやるよ
クリム:うおっ!?
マスク:わたしの部下をアメリアごときにやらせるかぁぁっ!
マスク:何だ!?
マスク:G-セルフめ何を企んでいる?!
クリム:来たかよ!姫様を連れ出さずに来れなかったのか?!
ミック:キャピタル・アーミィだって、混成部隊を編成できるようになったんですよ!
ミック:うぅぅお!
ベルリ:あ…あああ…あっ…
アイーダ:ベル?
ベルリ:あああ~っ!あっ!
アイーダ:ベル!?
アイーダ:どうしたの!?
ベルリ:あ、ああっ…!
アイーダ:ベルリ!どうしました!?
アメリア兵:うわっ!?隊長!?
クリム:味方機か!
バララ:ダメでしょ大尉、焦りが丸見え。それじゃ青いジャハナムにやられる!
ベルリ:あんたたち!ザンクト・ポルトの目の前でモビルスーツ戦なんて!人類のやることじゃありませんよ!!
アイーダ:! あっ、そう!ベル…!
クリム:ザンクト・ポルトを占領するためには、この空域で戦ってはならない!
クリム:うっ!
ミック:もうサラマンドラに帰る頃合です!
クリム:そ、そうではあるが!
ミック:マスク部隊も同じです!
クリム:あっ!
サラマンドラ副長:援護射撃で味方を撃ち落とすな!
サラマンドラ艦長:歴史的なモビルスーツアメリア軍がやれるようになるなんて、わたしは感動している
サラマンドラ副長:艦長!航海日誌なんかあとで書いてください!
サラマンドラ艦長:…
マスク:ザンクト・ポルトが射程距離に入ってしまえば戦えない!ガランデンキャピタル・タワーへ向かうのは、当初の作戦通りだ!
アイーダ:ベルリ、メガファウナに帰投します
ベルリ:あっ、はい!
アイーダメガファウナザンクト・ポルトに入りましょう
ベルリ:ええっ?!できませんよ!
ベルリ:外からはキャピタル・ガードのマシンだって入れないんですよ?
アイーダ:えっ?そうなんですか?
アイーダ:なら…ザンクト・ポルトの下のナット、144番ナットなら入れるでしょ?
ベルリ:あっ!はい!桟橋はありますし、ケルベス中尉なら入港許可を取れるはずです
マスク:艦長!ジュガン司令に、我々はキャピタル・タワーに取り付くと伝えていただきたい
ガランデン艦長:ガビアルはザンクト・ポルトに受け入れられたようです
マスク:そうであればこそ、戦力の補強は必要です。クンパ大佐にはそれをやってもらわなければなりません
ステア:モア!ちょい!ちょっ!
ギゼラ:オーライ!止めぇ~!
ケルベス:あのね!俺たちは、法皇様とウィルミット長官がザンクト・ポルトに上がっているのは知っているんだ!
職員:そうであっても、当局はケルベス中尉とベルリ・ゼナムのIDを確認しただけなのですから、遭難船としてのメガファウナは、この港以外への移動は認められません
職員:ザンクト・ポルトにいらっしゃるウィルミット長官とは…
ケルベス:それは!急いでくださいよ!
ケルベス:あいつら丸め込めたら、上に上がれると思ったんだけど…
ベルリ:さっきの戦闘も、アメリア軍がザンクト・ポルトに入ったのも知らないなんて、何なんです?
アイーダキャピタル・ガードってああなんでしょ?
ケルベス:またひっぱたきますよ?
アイーダ:…
職員:偽造かもしれないでしょ
職員:はは、まさか…
アイーダ:わたし、アルケインで上がってみます
ベルリ:なら僕だって行きます
アイーダ:えっ?
ベルリ:あの人たち、僕らのことわかってくれませんもの
ドニエル:そりゃあそうだ
ケルベス:サラマンドラザンクト・ポルトに入ったっての、本当なんですか?
ドニエル:ガビアルをダシにして入れたなぁ
ケルベス:ってことは占領したんだ!?罰当たりめ
ドニエル:ううっ…
ドニエル:アメリアは!キャピタル・タワーを全人類に開放しようってんだぞ!?
アイーダ:今はザンクト・ポルトの様子を調べることが先です!モビルスーツ2機で行きます!
ラライヤ::フフフッ、チュチュミィに入った。ウフフ…
ノレド:クラウンが来た!
アイーダザンクト・ポルト、近くなりました
ノレド:あれがザンクト・ポルト
ノベル:テーイン オーバーノママ!
ベルリ:アメリア軍のモビルスーツ
ノレド:かなりいるじゃない?!
アイーダ:天才クリム…かなり乱暴なことをやって上陸した?アメリア軍なら…!
ラライヤ:あっ!
ノレド:いいっ!?
ベルリ:ちょ…ちょっと我慢して…!
ノレド:…
ベルリ:パスはしてくれる
アメリア兵:G-アルケインじゃないか…!
アメリア兵:アイーダ様が合流なさってくださるぞ!
アメリア兵:アイーダ様のG-アルケインG-セルフを…はい?はあ、G-セルフはしばられています!
士官:われわれも着いたばかりでクリム大尉が入られるのは…
ラライヤ:ウフフフ!
ノレド:あー!走らないっ!
士官:クリム大尉は法皇に会うために、グシオン総監と一緒に
アイーダ:父が来ているのですか?
士官:ラトルパイソンできてますから
アイーダ:場所はどこなのです?
士官:ここを出て、エレベーターで港口ビルに上がって、外です
アイ-ダ:あ、ありがとう
アイーダ:お母様は、法皇様とご一緒ですよね?
ラライヤ:エレベーター
ベルリ:おそらく、一緒です
ラライヤ:上に行きます
ラライヤ:フフ
職員:あっ
職員:カードはお1人1枚ずつです
アイーダ/ベルリ/ノレド:へぇ~!
ノレド:これがスペースコロニー
職員:レンタルのシャンクなら、大聖堂まで5分ほどだよ。ああ、聖餐室ともいいますねぇ
クンパ:よくもまあ…グシオン閣下もいらっしゃるというのに
ウィルミット:許し難い…!認められません…!
ウィルミット:グシオン総監は!こんな若者のはしゃぎ症に乗せられて…!見損ないました
グシオン:……
法皇:…
クリム:まどろっこしい!
ミック:…
クリム:ザンクト・ポルトに艦隊を寄せたということは!アメリアにここを管理する能力があるということでしょう!
グシオン:いかがでしょう?ここは、自体が進むままにということで、ご容赦いただきたい
ウィルミット:そうはいきません。法皇様が精霊祭でもないのに、ここまで上がられたのは、異例中の異例なのですよ?
アイーダ:お父様は、宇宙からの脅威を、ないものにするためにいらっしゃったのではないのですか?
グシオン:アイーダ!?
ウィルミット:ベル!?
クンパ:(この2人…)
クリム:その前に、フォトン・バッテリーの供給システムを支配しておかなければ
クリム:脅威に対応できないでしょう!
ウィルミット:キャピタル・タワーの管理運営は、スコード教から与えられたわたしの使命なのです!
クンパ:…
ベル:母さん!
法皇:お若いのは、聖域のトワサンガの力を…
ニック:トワサンガの連中などは!宇宙世紀の生き残りが!ヘルメス財団をでっち上げて…!
アナウンス:エマージェンシーライブ
ウィルミット/ベルリ:!
アナウンス:6秒前より再生、直結
ノレド/ラライヤ:!
アナウンス:6秒前より再生、直結。方位SS、11度
ミック:ガビアルが狙撃されました!
クリム:ああっ…!
グシオン:宇宙からの脅威は、本当じゃないか!
ベルリ:違いますよ
グシオン/アイーダ:?
ベルリ:本当にそうなら、ここが真っ先に攻撃されたんじゃないですか?
ミック:ガビアルはザンクト・ポルトの上空にいた…ってことは、これは警告でしょう…!
アイーダ:警告?
グシオン:警告?
ベルリ:警告…

 

 


次回予告
新たなる敵の出現に驚かされたのに、もっと驚いたのは、マスク部隊とクリム部隊と僕たちが共同戦線を張ってしまったことだ。挙句に1つのエレベーターにクリム大尉とマスクが一緒になれば、お姉さんたちの香りに圧倒されてしまう。それはしまったことだった
次回、Gのレコンギスタ「月から来た者」
見なければ何もわからない!