アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第13話「月から来た者」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第13話「月から来た者」

ガンダム Gのレコンギスタ 第13話「月から来た者」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第13話「月から来た者」

 

 

ベルリ:月から来た者

 

ギニアビザウ艦長:ザンクト・ポルトの目の前で爆発させるとは何事だ!脅せと命令しただけだぞ!
ノウトゥ:カシーバ・ミコシを近々ここに来させようというときにこれかい…本物の軍人を育てるにはあと100年かかるか
ミック:サラマンドラを動かすのは早くありませんか?
クリム:モビルスーツ部隊を出してもらうのだ
ラライヤ:アハハハッ!
ノレド:ラライヤ!
ベルリ:あっ!
アイーダ:ラライヤ!
ラライヤ:チュチュミィ!チュチュミィ!ウフフ!
ノレド:ラライヤ早いよ!どうしたの!?
ベルリ:あの子、事態がわかっていますよ?
アイーダ:まっすぐにロッカールームに戻っています
ノレド:えっ?そこ?
ベルリ:ん?
アイーダ:ロッカーの位置まで覚えていた?!
ベルリ:すごい!
ラライヤ:んっ!
ノレド:あっ、ありがと…
アイーダ:ラライヤさん、あなたはトワサンガからの警告というものを…
ラライヤ:!
ノレド:今はまだ、そういう話、早いんじゃない?
アイーダ:怖がっているようね…
べルリ:さっき…
アイーダ:はい?
ベルリ:グシオン総監と何の話をしていた…あっ
ラライヤ:……
ベルリ:何の話をしていたんです?
ベルリ:アイーダのお父さんは、ラトルパイソンに戻るって
アイーダキャピタル・アーミィが、クラウンで上がってくるんです
ノレド:ラライヤー?
ラライヤ:!
ノレド:ヘルメットだろ!
ラライヤ:チュチュミィの!
ノベル:ラライヤ!
ノレド:メット!メット~!待ちなさい!
ケルベス:おお!元気じゃないか。お
ベルリ:ケルベスさんじゃないですかあ!
アイーダ:なんでここにいるんです?
ケルベス:貴様たちを助けるために、上がってきたんだろう!
ケルベス:ルアンは、G-セルフバックパックを持って、外で待ってるぞ!
ベルリ:ええっ!
ベルリ:ありあとございます!
ベルリ:…
アイーダ:よくレックスノーでは入れましたね?
ケルベス:自分は、キャピタル・ガード出身ですよ?それに、ルアン少尉のグリモアもいれば、ここに入れます!あっ、長官がいらっしゃった
ウィルミット:出るのですか?
ベルリ:そのつもりです
グシオン:ラトルパイソン以下には、キャピタル・タワーを盾にして迎撃態勢に入らせます
ウィルミット:ここでの戦争はタブー中のタブーです!
グシオン:我が軍の艦(ふね)がやられ、その爆発で!このザンクト・ポルトも傷ついたのかもしれなのです!
ウィルミット:だからといって、戦争はタブーです!
ベルリ:母さん
ベルリ:!
ウィルミット:!
ウィルミット:わたしはクラウンの運行長官です!
グシオン:アルケインは使えるのだな?
アイーダ:はい、みんなも一緒ですし
ベルリ:法皇様です!
ウィルミット:えっ!?
ウィルミット:あっ、あ、ご心労をおかけいたします
グシオン:法皇様は、我が方のボートにお乗りください
クンパ:グシオン総監もウィルミット長官も、ご心配はいりません。月からの艦隊は絶対にここを爆撃いたしません
ウィルミット:軍艦をやっつけるようなものに、何でそんなことがいえるのです!
法皇:彼らの…ヘルメス財団を創設した…
アイーダG-セルフを出しましょう
ベルリ:はい
アイーダ:わたしも出ます
ベルリ:本体と連合ですか?
ウィルミット:何でそのような…
ケルベス:あっちは偉いさんの話し合いで…こっちは…
ケルベス:おっ!ご出陣ね!
ケルベス:危ないじゃないか!やめさせなさい!
ラライヤ:んんー!
ノレド:やめなさい!
ノレド:やめれー!
ラライヤ:!
ケルベス:どうしたんだ!
ノレド:G-セルフをしばっているテープが嫌だって言ってんです!
ケルベス:ベルリ!さっさとこの2人を収容しろ!
ベルリ:あ、はい!
アイーダ:クリム大尉は、敵の大将をとれば、敵は引くかもしれないと言い出しているんです
ケルベス:はあ…天才大尉の考えそうなことだ
ノレド:よしよし
ベルリ:そういうアメリア軍の動きって、止められますか?
ケルベス:偉いさんをまもらなければいけないらしいし…外に出て、バックパックを装着しておけ!
ベルリ:了解です!
ウィルミット:ガランデンも出たのすか…!?
ケルベス:長官は、キャピタル・タワーの標準回線を使ってらっしゃる
ベルリ:ガランデンって、どこに隠れていたんです?
ウィルミット:143番ナットにいたようです
クンパ:グシオン総監!
クンパ:うかつな動きは、月からの艦隊を刺激するだけになります!
グシオン:わかっていますが、仕掛けられたのです…!
アメリア兵:メガファウナからです
グシオン:わたしだ、ドニエル艦長。よく聞こえる。何!?ガランデンはこちらに向かっているだと!?
グシオン:なっ…!?謎の艦隊に対しては、地球人同士、共同戦線を張るべきだと言ってきたのだな?
クンパ:……
ウィルミット:共同戦線だなんて…!
アナウンス:エマージェンシーライブ ナウ
ウィルミット:!
クンパ:ん?
アナウンス:エマージェンシーライブ ナウ
アナウンス:エマージェンシーライブ ナウ
アナウンス:エマージェンシーライブ ナウ
ベルリ:なんなのっ~!
クンパ:チッ
ベルリ:どうした?
ラライヤ:うう…ドレット…ドレット、ドレット…
ノレド:ラライヤ?どうした?
ラライヤ:ド…ノート…ドレッド…ドレット…ドッ、ドッ…
グシオン:各員は外で待機だ!
ウィルミット:法皇様!
クンパ:青少年に期待するか
ロックパイキャピタル・タワーのケーブルの間に動く艦(ふね)があります
ロックパイ:バリアーを張る必要が出てきましたか?
ターボ:それほど無茶はすまい。連中は宇宙に出てきたばかりのヒヨッコだ
アイーダ:ルアンは、あそこにいます
ノレド:ケルベスさんと一緒だ!
ベルリ:行くぞ!
ベルリ:あれ~?サラマンドラとかっていう、クリム大尉の戦艦じゃないのか?
ノレド:ここ、ザンクト・ポルトだよ!
ベルリ:ルアンさん、ありあとございます
ルアン:背中を向けろ
ベルリ:はい
ケルベス:そっちへ、3人が詰まってんのか?
ベルリ:見てたでしょ
ケルベス:あのなぁ、共同戦線に参加するかもしれないんだ
ケルベス:ラライヤとノレドはこっちに移れ!
ベルリ:えっ?
ラライヤ:嫌ぁ~!
ノレド:ラライヤ?どうした?
ベルリ:共同って、どういうことなんです?
ルアン:よ~し!バッテリーも取り替えておくからな!
ノレド:んっ!
ベルリ:うっ!
ケルベス:だから!ノウトゥ・ドレット将軍が乗り込んでくるんで!
ラライヤ:ノート!?ノート!ノート……
ノレド:ラライヤ!
ラライヤ:ノート…
ルアン:終了!
ルアン:ケルベス中尉、ベルリ!済んだぞ
ベルリ:ありあとあした
ベルリ:じゃあ、あれがガランデンということですか?
アイーダ:そうです。クリムたちサラマンドラ
アイーダ:連絡を取り合っていたようです。謎の艦隊というのなら、地球人にとっての敵なのだから、協力して戦おうというのです
ノレド:ガランデンって、キャピタル・アーミィゴンドワンから調達した軍艦なんだって
ラライヤ:チュチュミィ
ベルリ:どこから聞いたんだ?
ノレド:副長さんから?ここの人?
ケルベス:よ~し!
ベルリ/ノレド:うわっ!
ノレド:ケルベスさん!
ベルリ:ガランデンって敵ですよ!
ケルベス:レックスノーは、キャピタル・ガードの物だ!キャピタル・アーミィに撃てるわけはないだろう!
ルアン:行くぞ!
CA兵:機体は4つです!4つ!
マスク:クンパ大佐からの要請もあったはずです
ガランデン艦長:敵だったのかもしれんモビルスーツ4機の受け入れだ
マスク:今は同じ地球人同士です
ガランデン艦長:謎の艦隊というが、どこの大陸のものなのです?
マスク:トワサンガ…月の裏側のコロニーの連中でしょう
ガランデン艦長:バカな!そんな冗談!
マスク:ゴンドワンの方には信じられないでしょうが…そういう人々がいたから、このガランデンだって建造できたのです
ガランデン艦長(得心):ああ…
バララ:来たよ
バララ:優しくお出迎えだよ
バララ:あと2機!顔をお見せ!
マスク:ウーシアは外で警戒態勢。受け入れ機と交代!
マスク:バララ隊には後方を守ってもらうことになる
バララ:話が違います!
マスク:トワサンガの艦隊をなめるな…!
バララ:えっ?あっ、はい
マスク:敵を敵にぶつけられるチャンスだ。運試しはやるべきときにやるのだ
バララ:…
バララ:タフになりましたね
マニィ:メカニック・チェックです!
ノレド:待ちなさーい!
ラライヤ:ぷは~!
ノレド:ラライヤー!
マニィ:ん?
マニィ:そうだよね!
ラライヤ:チュチュミィ!
マニィ:ノレド!
ノレド:えっ?ん?えっ何だ?
マニィ:マニィだよ!マニィ・アンバサダ
ノレド:何でこんな所にいるんだ?!マニィ?!
マニィ:ルインが前線に出たっていうから、捜しに来たんだよ
ノレド:キャピタル・アーミィに入ったんだ!?
マニィ:そ、そう
ベルリ:マニィ?マニィなんだ!
マニィ:そうだよ!クラウンで海賊に襲われて以来じゃない?
ノレド:ルインは見つかったの?
マニィ:ううん
マニィ:あっ!マスク大尉だ
マスク:わかったぞ貴様
マスク:クラウンで捕虜になった宇宙海賊の女だ
アイーダ:そちらこそ、こちらを攻撃してきました
マスク:海賊を名乗った当然の報いだよ
アイーダ:!
アイーダ:やめましょう。ガランデンも謎の艦隊を攻撃すると聞きました
マスク:そちらのサラマンドラも協力してくれる気になったようだが?
アイーダ:大尉殿が、アメリアの天才におだてられたのでしょ?
マスク:クリム・ニックか。わたしがそんなそそっかしい男に見えるか?
ベルリ:うわっ!
バララ:サラマンドラからモビルスーツ部隊が出たようです
マスク:意外と早いな
バララ:わたしはバララ・ペオール!お見知りおきを…なっ!
ベルリ:サラマンドラザンクト・ポルトのそばで、モビルスーツを出したんだ
ノレド:タブー破りも甚だしい!
ベルリ:信じられます?サラマンドラガランデンが共同戦線を張るなんて?
ルアン:本気だよ。俺たちの機体の面倒だってみてくれてんだぜぇ?
マニィ:は、はいっ!モビルスーツ発進用意でありますね?
マニィ:じゃ、じゃあね
ノレド:元気でね
マニィ:ベルリも!
ベルリ:おう
ノレド:ラライヤ?
ベルリ:お?
ラライヤ:ノ~ベルちゃんに、チュチュミィ
ベルリ:アイーダさんには、ラライヤとノレドをお願いします
アイーダ:えっ?!
ベルリ:ルアンさん!付き合ってくれます?
ルアン:こういうのはめったにないからなぁ!
ケルベス:どうしたぁ!?
ベルリ:中尉は、アイーダさんたちを守ってやってください!
ケルベス:俺だって!ザンクト・ポルトには入ってみたいんだよ!
ノレド:よいしょっ
ラライヤ:チュチュミィ、ノベル
ラライヤ:!
ノレド:?
ラライヤ:ザンクト・ポルト
ガランデン艦長:よし!合流部隊の発進も許す!
ベルリ:中尉!ノレドとラライヤをお願いします!
ケルベス:おう!
ベルリ:メガファウナを守るのも
アイーダ:わかってます!さっさと行かないとマスクになめられます!
マスク:ん?光信号?あれこそアメリア軍のクリム・ニック大尉か
ベルリ:はい。青いジャハナムといいます
マスク:ジャハナム
バララ:アメリア軍は、ザンクト・ポルトの港にまで入り込んでます
マスク:フン。天才が指揮をしているからだろう?
マスク:わたしはキャピタル・アーミィのマスク大尉であります
クリム:我が方の申し出を受けてくれてうれしい
マスク:同じ地球人同士
マスク:勝ち目があるとみたのだが?
クリム:敵艦隊からは交渉団が出たが
クリム:艦隊の中央のでかいヤツをたたけば、戦争慣れしていない連中はバラバラになる
マスク:いぃアイデアじゃないか。戦争慣れしてない連中か
ベルリ:交渉団のボートは出たんでしょ?
クリム:ベルリ君かい!気付かないフリをすればいいのだよ。しかも、われわれも使者になる
ベルリ:白旗ですか!
マスク:なぁるほどぉ!
マスク:降参するとみせかけて、近づいてから艦隊の親玉をたたきますか!さすが天才!
クリム:そういうことだが!
クリム:1人でやるには心もとないから、わたしにはミックという同伴者もいる
ミック:ヘカテーミック・ジャックです
クリム:何より諸君の協力がなければ、実行する勇気がわかなかった
マスク:バララ!大尉の考えはわかったな?
バララ:よーくわかりました。アタシはバララ・ベオール…
マスク:(さすが大統領のバカ息子か)
ターボ:モラン隊、気付いているのか!?大桟橋から地球人どものモビルスーツ隊が動いたのだぞ!
ロックパイ:何だと!?
ロックパイ:白旗!?降参したって合図じゃないか!ターボ大佐!投降の使者が艦隊に向かっているのであります!呼び戻しますか?
ターボ:前もって知らせもない使者などはバカだろう。追い払え!
ノウトゥ:非公式の動きを見せるものは撃墜しておけ
マッシュナー:はい。やりましょう。ミノフスキー粒子の散布がなければ、ホーミングミサイルで一撃で殲滅(せんめつ)します
ベルリ:うわぁ、あれが宇宙艦隊
ベルリ:どうすんの…?!
ベルリ:見破られてた!
クリム:G-セルフが守ってくれた!?
クリム:ミック!
ミック:直撃はさせやしません!
マスク:バララ!迎撃はー!
バララ:マックナイフの得意技!
ルアン:グリモアだってー!
ベルリ:それっ!
ベルリ:後退です!
クリム:ベルリ!何をする!
ベルリ:見破られてるんです!
バララ:何です?
マスク:後退だ!
マスク:白旗が破られた!G-セルフと青いのを追え!
バララ:後退!?
ベルリ:はぁ~
クリム:な、何だ?
ベルリ:ザンクト・ポルトを真後ろにしたからですよ
クリム:ああ~これではヤツらには撃ってこられないなぁ
クリム:ハハハハッ!
ロックパイ:戦闘は終わった。交渉団はザンクト・ポルトに入ったのだ
ロックパイ:我々は、交渉団を守らなければならない!
侍従:ノウトゥ・ドレッド将軍閣下、ご到着…!
ノウトゥ:法皇閣下が直々にお迎えくださるとは、スコード
法皇:スコード
法皇:ノウトゥ・ドレッド将軍には、この場にいらっしゃっていただきまして感謝いたします
アイーダ:急ぎます。ノレド!
ノレド:ほれ、走る!
ケルベス:!
ノレド:なぁっ?!
ベルリ:あっ
アイーダ:!
クリム:すみません
マスク:…
ミック:…
バララ:…
アイーダ:上がります
ミック:えっ?
マスク:成り行きだ
クリム:久しぶりだな
ミック:ベルリ・ゼナム候補生?
ミック:あ、アイーダ様!
クリム:姫様、御壮健で
アイーダ:ありがとう
マスク:アイーダ・スルガン少尉。自分の通り名はマスク大尉でご容赦いただきたい
アイーダ:大尉…殿?
マスク:こちらは…
バララ:バララ・ペオール中尉です
ベルリ:どういうつもりなのです…?大尉
クリム:敵の大将の顔を見れば、次の作戦も立てられるというものさ。なあ?
ミック:まあ…
バララ:ねぇ
ノレド:あ…
アイーダ:…
バララ:わぁ~
職員:カードはお1人1枚ずつです
職員:大聖堂まで5分ほどで…
ルアン:よくわからねぇなぁ。あれが港口ビルってぇのかぁ
ケルベス:構造を考えりゃ、わかるだろ。上がったら、下りるの!
バララ:さすがって規模じゃない?
マスク:ハイクラス部隊しか入れない所なんだぞ?
ミック:あれですかね?
クリム:そうだろう?
ラライヤ:うう…
ノレド:ええっ!?熱がある?
アイーダ:頼みます
ケルベス:中に医者ぐらいいるだろ
ルアン:あのお屋敷に聞いてみな
ノレド:えっ?
ノレド:お医者様か…
クリム:グシオン・スルガン総監の警護に来たものである
マスク:同じくウィルミット・ゼナム長官のために入らせてもらう
ロックパイ:今ごろ来て何が警護だ
クリム:そちらの数に合わせるためだ
ミック:入るよ
ターボ:今し方も地球人は!宇宙世紀の時代の科学技術をおもちゃのように使ったではないか!
アイーダ/ベルリ:!
ターボ:タブーがあったからこそ、地球がここまで復活したということが、なぜわからないのです!
グシオン:そう言うそちらは、地球を侵略するための艦隊の建造を進めていました…!
マッシュナー:地球人はこの10年、大陸間戦争まで行うようになった
ノウトゥ:…
マッシュナー:となれば、武力は必要になるとノウトゥ・ドレッド将軍は考えたのです
ノウトゥ:…
クリム:わかってしまったなぁ!貴官たちはアメリアが敵対しているゴンドワンにそそのかされて、地球に攻め込むのだ!
クリム:そして、地球に移民をするレコンギスタを実行する!
クリム:それが本心だよなあ!?
ロックパイ:貴様ぁぁぁっ!
クリム:クッ!
クリム:んなろ!
ロックパイ:クッ!
ベルリ:ダメでしょ!
クリム:ああっ!
ロックパイ:あっ!
ロックパイトワサンガが地球にフォトン・バッテリーを送り続けてきたから!
アイーダ:(トワサンガ?)
ロックパイ:貴様たちは地球上でもやしのような歴史をつくれたのだぞ!
マスク:フッ…われわれの歴史はもやしですか?
ノウトゥ:まあ、地球再建のためには、トワサンガの熱意も必要。艦隊の港も必要。グシオン総監には、その主旨をアメリアの大統領と国民にお伝えいただきたい。クラウンの運行については
ウィルミット:!
ノウトゥ:これまで通りと願いますぞ?長官
ウィルミット:は、はい…
ターボ:もう一つ!アメリアが宇宙艦隊を建造できたということは、トワサンガからの協力者がみていいのです
アイーダ:…
ベルリ:!?
ターボ:レイハントン家の生き残りだけでなく、多くの密航者がいたはずです
マッシュナー:そちらの条項を書面にしていただきたいが、よろしいな?
グシオン:書面?
ウィルミット:あらためて検討する会を…。法皇
法皇:よしなに
アイーダ:!
きびすを返して聖堂を出るアイーダ
ルアン:姫様!
アイーダ:あっ
バララ:大佐からかい?
マスク:まあ、そうだ
ノレド:ねっねぇ!ラライヤがあの家気に入ったって!
アイーダ:えっ?
ノレド:お医者さんちの隣!
アイーダ:あ…
ベルリ:熱はなかったんだ
ノレド:知恵熱じゃないかってさ
ベルリ:ふ~ん…
アイーダ:ルアンはメガファウナに合流できますね?
ルアン:あっ、はい!
アイーダメガファウナトワサンガに行くと伝えて、支度をさせてください
ルアン:はあっ?!
ケルベス:ええっ?!
ベルリ:本気ですかぁっ?!
アイーダ:あの人たちだけの話で、何がわかります?
アイーダトワサンガって所に行ってみるしかないじゃありませんか
ルアン:ホントに月の裏側にあるんですかぁ?それ?
アイーダ:だから確かめにいくんでしょ!
ザンクト・ポルトの先に浮かぶ月を

 

 


次回予告
せっかく出会ったマニィはガランデンに帰ると言い。クリムとマスクはザンクト・ポルトを盾にしたモビルスーツ戦をやるのだから、僕はキレた!ラライヤさんは元気になった。そして、戦いのついでのようにアイーダさんは着きに行くと言って僕をおだてる
次回、Gのレコンギスタ「宇宙、モビルスーツ戦」
現実を直視しなさいよ!