アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第14話「宇宙、モビルスーツ戦」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第14話「宇宙、モビルスーツ戦」

ガンダム Gのレコンギスタ 第14話「宇宙、モビルスーツ戦」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第14話「宇宙、モビルスーツ戦」

 

 

ベルリ:宇宙、モビルスーツ

 

ノレド:えへへへー!
ベルリ:あっ?えっ?
ノレド:えへへっ
ベルリ:あ?
ノレド:どう?
ベルリ:あっ!
ラライヤ:…これ、似合います?
ベルリ:ラライヤさん!?そのファッション!
ノレド:ここは聖域で
ラライヤ:ウフフ
ノレド:ろくな店がないんだけど、ラライヤには変装させといた方がいいんでしょ?
ラライヤ:ウフフフ
ベルリ:そうか、トワサンガの人たちの中には、知っている人もいるかも
アイーダ:フフッ
ベルリ:それ、いいですね
アイーダ:ついでに褒めたでしょ?
アイーダ:ん…
ノベル:イイネ!
アイーダ:会談は始まっていますよ
ベルリ:はい
ノレド:ラライヤ
ラライヤ:はい
クンパ:外交交渉の場で殴り合いをするのだから、まるで子どもだ
バララ:ドレッド艦隊も、見た目ほどではないということですか?
クンパ:アメリア軍のクリム大尉は、旗艦を潰せば艦隊が崩れると考えたのだろうが…
クンパ:しかし、将軍を倒さなければ意味はないな
マニィ:…
マスク:2度目は無理ですよ
クンパ:キャピタル・タワーで上がってくる戦力もつける
マスク:ここで暗殺をすればいいだけのことでしょう?
マニィ:!
マニィ:…
クンパ:聖域ではだめだ。世界中の信者に嫌われる
クンパ:宇宙戦艦とともに沈めることに意味があるのだ
バララ:花火になるということですか?
クンパ:戦死なら、名誉の死と言える
マッシュナー:我がトワサンガ政権が用意した要求文書です
グシオン:承った
グシオン:アメリア大統領には、直接、手渡します
ウィルミット:ほかの大陸には、私どもの方から
グシオン:それと、ヘルメスの薔薇の設計図がどこから出てきたのかについてはわかりませんでした。トワサンガで内紛があれば、地球に密航してきた技術者はいるでしょうが…
ウィルミット:キャピタル・タワーでは伝統的にチェックしておりますから、密入国者はあり得ません
アイーダ:知っているのですね?
ラライヤ:ノウトゥ・ドレッド将軍に、マッシュナー・ヒューム、ターボ・ブロッキン。階級は知りません。わたしたちは、まったくの別働隊でしたから
法皇:制式文書は、アッシジ、エルライド、イザネル、オストラにも送り…
グシオン:それぞれの大陸の意見をまとめる時間も必要です
法皇:半月後には、ここで年に一度のカシーバ・ミコシの降臨祭があります。そのときにいらっしゃる方が、穏当でしたのに
ノウトゥ:アメリアの宇宙艦隊が唐突に宇宙に上がってきたから、我々が出ざるを得なかったのです
ノウトゥ:ヘルメス財団の一団は、とっくにサクンスーンにいますがね
ウィルミット:サクンスーン?
ターボ:トワサンガの最大の港です。財団の連中は、フォトン・バッテリーの運搬以外のことは、何一つやろうとしない怠け者ぞろいで、手を焼いています
グシオン:ん?
アイーダ:ラライヤ、ありがとう
ラライヤ:…
ベルリ:行くぞ
ノウトゥ:確かに、カシーバ・ミコシに同道していれば…
男:品揃えは済んでます!
男:確認しろと言ってる!
男:下の冷蔵庫に入れるヤツがいるか!
アイーダ:聞いたでしょ?トワサンガに行きます
ベルリ:はい。知らないことが多過ぎますから。行く必要はありますけど…
アイーダ:あっ、ラライヤは?
ラライヤ:あっ
ラライヤ:ふふっ
ノレド:へへっ
アイーダ:彼女は必要要員ですね
ベルリ:はい。隊長も良いようだし
ベルリ:急ぐんだから!
ノレド:わかってる!
ラライヤ:んっ!
ベルリ:おっ!
アイーダ:あらすごい!
ノレド:乗んな
ラライヤ:はい
ベルリ:物を捨てるのはよくないけど…
アイーダ:宇宙で生活する人って、ああいうのを捨てたと思っていないんですって
ベルリ:食べ残しも肥料にするのは、キャピタル・ガードでも同じです
アイーダ:ラライヤさんはトワサンガの人でしょ?
ベルリ:純粋な宇宙育ちだから
アイーダ:ラライヤを好きなんでしょ?
ベルリ:きちんと育てられた人じゃないですか
アイーダ:そうですね
ノレド:マニィ!
ベルリ:どうしたんだ?
マニィ:ベルたちが急に出たって聞いたから
ノレド:何あたふたしてるの?
マニィ:わたし…ガランデンに帰る!
ノレド:何で…!?
マニィ:わたし軍人になったんだよ!?それに、マスク大尉には目をかけられているし…
マニィ:彼を助けられると思っているの!またね!
ベルリ:出港するんだ?
マニィ:作戦のことは下っ端には教えてもらえないわ
ノレド:マニィ!
アイーダ:!
ベルリ:ノレドはおふくろが下りるときのクラウンに乗って、地球に帰んな
ノレド:月まで行かれるんなら、ロマンチックじゃない?
ラライヤ:フフッ
アイーダ:ケルベス中尉から、サラマンドラが動き出したそうです
ベルリ:クリム大尉も動くっていうなら、マスク大尉はどこに行くつもりなんだろ?
アイーダキャピタル・アーミィの動きは、ベルが教えてくれなければね
ベルリ:えっ?!はあ…
婦人:ははは、いやですよ社長は
社長:はは、冗談、冗談
マニィ:ポイントなんか、いりませんよ…!
レンタル屋:1時間も余ってんだよ?
職員:スペースガランデンの人はこっちで~す!
マニィ:マニィ・アンバサダ
職員:スペース・ガラデン、終了!
CA兵:ほら、マニィ
マニィ:すみません
マスク:急ぐぞ
CA兵:はっ!
マニィ:…
マスク:…
ガランデン艦長:総員!第1戦闘態勢のまま!各ブロック、機密チェーック!
マニィ:マスク大尉は、本気で花火を上げる覚悟なんだ…
下士官:そこの!
マニィ:!
下士官:甲板上のバッテリー、コンテナの固定を確認!
マニィ:はい!
マニィ:すぐにミノフスキー粒子が散布されるの?
マニィ:あっ?!何?
マニィ:大尉?!
マスク:マニィ、ちょっと危険な作戦を実行することになる。なるべく艦内深くに隠れていろ
マニィ:大尉…
マスク:わたしはクンタラの名誉をかけているんだ
マニィ:そ、それはわかっていますから、応援…
マスク:ん?
マニィ:ル…!
マニィ:あの女…!
バララ:マックナイフは出られます
マスク:急ぐなよ
マニィ:モビルスーツの操縦、できなくっちゃ、わたし…!あっ
下士官:ぼんやり突っ立っている暇はないだろ!
マニィ:んんー!んっ!
ノウトゥ:トワサンガ産業革命は、100年前に終了していると考えております
法皇:だからと申して…
マッシュナー:大佐
ターボ:ん?
マッシュナー:時間を引き延ばしてください。後続部隊のためにも
ターボ:ん、任せる
マッシュナー:…
マッシュナー:そうだロックパイ。迎撃戦とつい激戦を同時にやることになりそうなのだ
マッシュナー:ん?何喜んでいるんだ…
マッシュナー:クッ、ミノフスキー粒子の干渉が入った…!
マスク:ミノフスキー粒子はどの方向から散布されたのです?
ガランデン艦長:妙なのです。ザンクト・ポルトのようで…
マスク:我々の頭の上からだと?大佐があおっているのか?モビルスーツが展開したら、艦砲射撃をギニアビザウに仕掛けてください
ガランデン艦長:はい。しかし、一斉射撃をしたらガランデンは後退して…
マスク:そのあとは
マスク:作戦通り
ガランデン艦長:了解
マスク:(クンパ大佐はわたしを使っているつもりだろうが)
マスク:(わたしは本気でドレッド艦隊をいただくつもりだ)
マスク:バララ!わたしのマックナイフをここへ!
バララ:面倒をかける大尉さん
マスク:ご苦労!
バララ:アタシたちが動き出し
バララ:ミノフスキー粒子がまかれたんだから、ただじゃ済みませんよ?
マスク:天才クリム君も動いてくれるのだから、面白くなるよ
サラマンドラ艦長:ミノフスキー粒子が散布されたんだぞ大尉
クリム:しかし、それはガランデンがまいたものではない
ミック:しかも、ガランデンの動き方は、ザンクト・ポルトを盾にするようにして、ドレッド艦隊に向いています
サラマンドラ艦長:ガランデンが砲撃しても…
クリム:艦隊は撃てないな
ミック:そのすきに…!
サラマンドラ艦長:お月様に行こうってのか?
ミック:予定通りでうれしいんでしょ?
クリム:フッ、そうだな
ミック:マスク大尉はクンタラですね
ミック:われわれの鼻を明かすつもりで、突進、突撃
クリム:正しい見立てだが
クリム:今回はお友達作戦ではない
ミック:あ…はい!
ギゼラ:このまま、ザンクト・ポルトの下に入ります!
ドニエル:それでいい!ステア!キャピタル・タワーのケーブルから外れたら、狙い撃ちされるから、外れるな!
ステア:やってるでしょ!このまま月まで行けます!
ドニエル:おう!メガファウナの性能は、キャピタルからも保証してもらったからな
ステア:ん?
ステア:あっ!何見てんです!?
ドニエル:ん?体が浮くんだよ
ステア:……
副長:本気なんですかぁ?!
ドニエル:何がだ?
副長:月の裏側まで行くって話
ドニエル:ヘルメスの薔薇の設計図から建造されたメガファウナだから、ダイジョブなんだよ!
ステア:追い越します!
ドニエル:ん?
ギゼラ:ありゃ、アーミィの増援部隊を載せた車両じゃないですか!
ステア:ザンクト・ポルト!1戦闘距離に入ります!
ギゼラ:G-セルフとアルケイン、出てくる可能性あり!
ドニエル:総員!目視監視!
ステア:ん?ザンクト・ポルト、見えてきました
ドニエル:ギゼラ!上空には2つ艦隊がある!計測!!
ギゼラ:了解!
マッシュナー:ロックパイたちの反応は遅くないのか?
艇長:敵の動きがザンクト・ポルトの上下で3つほどあるようなので、混乱しています。それにミノフスキ…
マッシュナー:戦場でそいういうのは死ぬんだよ!
艇長:はっ、はい!
マッシュナー:世の中、手引書通りに行かないから、人間がいるんだ
マッシュナー:光信号は何といっている?
艇長:「ロックパイガランデンに向かった」です
マッシュナー:そうでなくっちゃ
ロックパイ:同じことをやりに来ても!やらせない!
ロックパイエルモラン!今ならザンクト・ポルトが後ろで、攻撃ができる!
マスク:モビルスーツ戦をやってみせれば、敵はガランデンの動きに気付かない!
マスク:ゆえに!我々はここで引き下がる!
バララ:マスク大尉の予定の行動
ロックパイ:何だ?!突然の後退?何の光だ?!
ロックパイ::何だとお!?
ロックパイ:汚い!ザンクト・ポルトを盾にして、艦砲射撃をするのか!
ロックパイ:阻止するぞ!エルモラン隊!
バララ:マスク大尉は予定通り。アタシはアイツラをしとめる!
回避するロックパイ機、エルモラン
ロックパイ:肉弾戦もタブーである!
ガランデン艦長:砲撃やめぇ!マスク大尉が、敵、ドレット艦隊に接触する!
マスク:バララ…すまない!
ロックパイ:彼奴(あやつ)!
マスク:撃ってこい!わたしは今は、ザンクト・ポルトを後ろにはしていないぞ!
マッシュナー:バカな!旗艦のギニアビザウに体当たりか!?
マスク:フン、わたしのやったことを見破れよ?
マスク:ガランデン!この空域を離脱だ!
ガランデン艦長:モビルスーツは本艦を守れ!追撃部隊が来るぞ!
ガランデン艦長:本艦はザンクト・ポルトを盾にして、月へ向かう!
マニィ:月に行くって…マスク大尉、本気なのかしら…?!
サラマンドラ艦長:サラマンドラは、ザンクト・ポルトを離脱する
サラマンドラ艦長:ドレット艦隊の追撃があろうが…おい、本当にメガファウナは動くんだろうな?
サラマンドラ副長:はい!望遠モニターで確認しました
サラマンドラ艦長:ああ、G-セルフとアルケイン、合流したのか
サラマンドラ艦長:敵の戦力が分散するとなれば…月へ行くぞぉぉっ!
アイーダ:ベル!ベルリ!急いでください!
ドニエル:ステア出せよ!サラマンドラも出たぞ!
アイーダ:ほら!
ベルリ:やってるでしょ!うっ!
ベルリ:このバックパックの接続、よくないんですよっ!
ギゼラ:ステア!最大戦速で離脱!
ステア:ラジャー!
ドニエル:殿(しんがり)になっちまったぁ!
ベルリ:月まで行くんだから、ここでかすり傷1つ受けるわけにはいきませんよ?
アイーダ:何他人事いってるんです…!?ハッパ中尉が
ベルリ:宇宙用のバックパックをセットしてくれました
アイーダ:はい、良くできました
ドニエル:…
ベルリ:任せてください…とは言えませんけど
アイーダ:言いなさい…!こういうときは、うそでも人を安心させるものです
ケルベス:ザンクト・ポルトが盾になっている間はいいが
ケルベス:そろそろドレット艦隊だって、艦砲射撃を撃ってくるぞ!
ケルベス:ってことは、モビルスーツの追撃もある!
クリム:攻撃が始まったということは、モビルスーツ部隊が出てくるということだ。…が
クリム:3機だけとはバカではないか!
ミック:バカではないでしょ。自分たちのモビルスーツに自信があるんですよ
ミック:やはりバカだ!光に飛び込んでくるのは虫だけだろっ!
クリム:ミックのヘカテーは、真に宇宙戦用か。来る!
クリム:フフッ、フフッ!ハハハハハッ!
クリム:つくづく天才だよ!俺は!
ドニエル:ほら!望遠モニターに敵機キャッチ!
ドニエル:モビルスーツが取り逃がしたら、直接迎撃だ!
トワサンガ兵:敵のモビルスーツが動いた!
リンゴ:クッ、チェック!
リンゴ:あれ?あの色にあの角…うちにあった試作機じゃ…?
リンゴ:速い!
ベルリ:1つ!
ベルリ:2つ!
ベルリ:3つ!
ベルリ:あっ?
ベルリ:な、にー?!
リンゴ:スコード…!…ん?
リンゴ:あっ!?
ベルリ:はぁっ、はぁ~
サラマンドラ艦長:メガファウナも動いてくれたおかげで
サラマンドラ艦長:ドレット艦隊の射程距離からは抜け出したとみていいだろう
クリム:同感だな。ミック!
サラマンドラ艦長:ふう~
サラマンドラ副長:艦長、日誌を書くのはあとにしてください!
サラマンドラ艦長:なぁんでだ!?
サラマンドラ副長(指差し):大尉たちを見てください
サラマンドラ艦長:ん?
クリム:船体チェックだ
ミック:なら、バーニアを持ってこさせます
ガランデン艦長:マスク大尉、ご苦労でした
マスク:いーやいや、艦長のご決断があってこそ出発できたのですから、感謝しています
マスク:これで敵艦に撃ち込んだメッセージチューブを、艦隊の連中が読んでくれれば、勝利の道が開けます
ガランデン艦長:間違いなく届きましょう。降参すれば、地球に住まわせてやるという内容ですから
マスク:トワサンガの船乗りは、みんな地球に移住したがっているという話です
ステア:んっ!あ、あ~!
ステア:進路固定まで、警戒、よろしく!
ドニエル:おう!次の号令までは警戒のまま!
ラライヤ:ウフフ、チュチュミィ、帰るんだって
ノレド:ラライヤ?!
ラライヤ:ノレド・ナグさんですね?ノレド・ナグ
ノレド:そうだよ!かわいくて元気な、ノレド・ナグさんだ!
アイーダ:おめでとう…と言っていいのかしら?
ラライヤ:よくわかりませんけど…アイーダ・スルガンさん?
アイーダ:よろしく!
ベルリ:ラライヤが話をしている?!
ラライヤ:ベルリ・ゼナムさん
ベルリ:へぇ~!そうかぁ!よかったね!ラライヤ!
ラライヤ:ラライヤ・アクパールです
ベルリ:ラライヤ・アクパールかぁ!
ラライヤ:はい
アイーダ:はい、触らない
ベルリ:えっ?
アイーダ:捕虜の顔を見に行きます
ノレド:へへ~
ベルリ:あっ、そのパチンコのゴム、どうしたんだ?
ノレド:モビルスーツで使っているやつ、分けてもらったんだぁ。地球で使っていたヤツは使えないで…しょ!
ノベル:イテッ!
ノベル:イタイダロ!
サラマンドラ艦長:月に直進しますが、メガファウナに先行させていいのですか?
クリム:何でそんなことを聞くのだ?
サラマンドラ艦長:あ、いやぁ、別に…
ミック:艦長は、アイーダ様のことを心配しているんですよ
ミック:追い返した方が点数が上がるんじゃないかってね
サラマンドラ艦長:と~んでもない。2隻で行く方が心強いですよ
クリム:そりゃそうだ
ミック:それに、アタシたちが本国をたたくとみせれば、ドレッド艦隊は引き上げてくれますよね?
クリム:ドレット艦隊の中には、我が軍に協力してくれる連中がいるとみたな、わたしは
ミック:地球での居住権を餌にしましたものね
マッシュナー:地球人の艦艇3隻、トワサンガに向かった
ロックパイ:はい。当方の戦力を分散させるつもりでしょう
マッシュナー:何、敵の艦(ふね)とモビルスーツを本国で捕えられるのだから、これでいいのさ
マッシュナー:こちらは増援部隊と合流して、次のレコンギスタ作戦を仕掛けるだけだ
ロックパイ:さすが!マッシュナー中佐です!
ロックパイ:…
マッシュナー:惚れ直しな?
リンゴ:だから~この戦艦だってトワサンガ接触できますよ
アイーダ:どうしてです?
リンゴ:だってそうでしょ?トワサンガでは、地球人が来るなんて考えてないから。想定外のことに対応できる人間なんて、いやしませんよ
ノレド:想像力がないってこと?
ノベル:ハハハハハハッ!
ノベル:アー!
ケルベス:素人ならそうなるだろうなぁ
ケルベス:リンゴ…なんてったっけ?
リンゴ:リンゴ・ロン・ジャマノッタ
リンゴ:少尉です
アイーダ:とはいえ
アイーダ:艦隊を動かした国家なのですから、無防備ということは考えられません
アイーダ:ベル!
ベルリ:えっ!?何で僕なんです?
アイーダ:きょうの見事な戦い方で知りました。あなたは立派な戦士です!…違いますか?
ベルリ:!
ベルリ:人をおだてたって、早々乗れるものじゃありませんよ?
アイーダ:能力がある人は、その義務を果さなければならないんです!
ベルリ:おだてには…乗りません…!
ノレド:男をやれって言われてんだろ!
ノレド:うれしがって、やりな!
ベルリ:わかったよお!
ベルリ:僕がここに帰って来られたのも、みんながいてくれて、メガファウナがあったからです!だったらやることはやってみせます!
ベルリ:そりゃ僕だって、月の裏側にあるトワサンガは見てみたいし。勉強はしたいですよ!
ラライヤ:フフッ
ラライヤ:トワサンガ

 

 


次回予告
メガファウナは月の裏側に向かった…!トワサンガの戦艦は、これをさせたくないから追撃部隊を出してくる。ならば防戦をする!行くためにはしょうがないでしょ!というおかげでメガファウナはついに、ラライヤの生まれ故郷に上陸をした
次回、Gのレコンギスタ「飛べ!トワサンガへ」
宇宙にちょうちんが浮いていた!