アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」

ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」

 

 

ベルリ:飛べ!トワサンガ

 

ドニエル:いつ攻撃があるかしれんのだ!ネットは広げるだけ広げろ!
ドニエル:サラマンドラなどあてにするなぁ!
ドニエル:何しろお坊ちゃんクリムが戦闘指揮者なんだからなぁ
ベルリ:ふぁ、ああ~
ラライヤ:わたしたちは、YG-111
ラライヤ:と呼んでいました
ノレド:起きたの?
ベルリ:うう~シャワーを浴びます
ノレド:そうしな
ベルリ:うん
ノレド:オキタカ?ベル!
ベルリ:うるさいね
ラライヤ:わたしたちは、地球に着いたらあとはドレット艦隊の到着を待つだけだったんです
ノレド:じゃあ、あれって偵察用のモビルスーツだったんだ?
ラライヤ:いえ、軍で不採用になって、わたしたちに回されたって
アイーダ:それで、地球にいる間はレイハントン家の生き残りを捜せって命令されていた?
ラライヤ:見つかればいいぐらいで、ドレット軍では、トワサンガの家同士の問題なんか、昔話になっていました
ノレド:タイチョーチェック!チェック!
ベルリ:はぁ~!
ベルリ:はぁ~めんどくさ
ラライヤ:フォトン・バッテリーの技術を教えろ、というのがドレット家で、レイハントン家はそれに反対していたんです
ノレド:それでトワサンガは分裂していたんだ
アイーダ:技術の独占は反対
ノレド:でも、フォトン・バッテリーは分解して調べようとすると
ノレド:みんな、ボ~ン!
アイーダ:それでレイハントン家は、技術をヘルメス財団
アイーダ:独占させていたかったのね
ノレド:そのバッテリーや
ノレド:空気や水の玉は、降臨祭でヘルメス財団から地球に配給されてるんでしょう?
アイーダトワサンガ経由でね
ベルリ:この空気の玉1つで、人間1人、1カ月生きられるんですからねぇ
ノレド:食べていきな
ベルリ:いいですか?
アイーダ:どうぞ、G-セルフをフル活用できるパイロットさん
ベルリ:嫌味ですか?
ラライヤ:捕虜になったリンゴ少尉がそう
ラライヤ:言ってるんですって
ノレド:…
ベルリ:ドレッド艦隊のパイロットの
ラライヤ:そう
ベルリ:ふ~ん
クノッソス艦長:エルモラン、出撃した。あ~マッシュナー司令、どうぞ
マッシュナー:すまない
マッシュナー:ロックパイ、アリンカトで狙撃すれば、モビルスーツが失われることはないんだから
マッシュナー:貴様の働きは重要なのだぞ
ロックパイ:わかっています!そのためのアリンカトですから!
クノッソス艦長:クノッソスもモビルスーツ部隊を追いかけますが、テールノズルが焼き切れるかもしれませんぞお?
マッシュナー:つきの引力圏に入れば、フライ・バイでトワサンガに入れるんだろ?
クノッソス艦長:んあ~はい
マッシュナー:なら今は、地球人の2隻の戦艦を沈めることが先だろ
クノッソス艦長:アリンカト2隻そろったぞ
マッシュナー:いぃじゃないか
ロックパイ:金の鉱脈に餌を求める妖怪がアリンカト。地球人にはこの性能は、想像はつくまいよ
ロックパイ:我々が取り逃がした敵機の後始末は、よろしく!
ドレッド兵:任せてください!
ベルリ:ええっ!?
アダム:ハッパ!本気でベルリに使わせるのか?
ハッパ:砲撃だけです。バカでも使えます
ベルリ:この照準器、あてになるんですか?
ハッパ:1戦闘距離からでも当てられるよ
ベルリ:ウソでもそう言ってもらえると安心します!
ハッパ:ウソじゃ、ないっ!
ルアン:ネットの位置、もう少し上に移動した方が良くないか?
オリバー:ブリッジだけ守ったってしょうがないんだぞ!あれ?どっちが上なんだ?
ルアン:宇宙では北極星の方向が上
ルアン:俺らの感覚は関係ないんだよ
副長:光源来たぁー!ミノフスキー粒子散布!
ドニエル:総員来るぞ!対空戦闘用意!
マッシュナー:では、モビルスーツ部隊を追い越して、砲撃をさせます
クノッソス艦長:あ~よろしく
マッシュナー:各砲座、一斉射!てぇぇ!
ロックパイ:直撃したか?
ドレッド兵:あの爆発、どう思う?
ドレッド兵:いやに軽いよな
ロックパイ:確かに
ロックパイ:ビームは自己放電させられ、ミサイルは自爆させられている?
ロックパイ:地球人どもは、生意気に抵抗をしているのだ…!ミサイルを使う?!
ロックパイ:もう一息距離を詰めて!一撃でしとめる!
ロックパイ:ハハハハッ!このエネルギーの溜まりよう!地球人ども、月にたどり着けるなどと思うなよ!?
ベルリ:ああっ、こちらのミサイルがやられた?
ベルリ:何?!
アイーダ:バリヤーに使っていた網が!
オリバー:網の切れっ端だって、バリヤーになるってことで!
ケルベス:アイーダさんはメガファウナへ後退!
ルアン:俺たちの帰れる所を守ってください
ベルリ:そうです。僕の帰る所はメガファウナなんですから!
アイーダ:り、了解!
アイーダサラマンドラはまたミサイルを発射しました
ケルベス:こっちだって、使えるものは使うってね!
ベルリ:何これ!?ハッパさん!
ベルリ:この照準器使えますよ!
ベルリ:すっごい!
ベルリ:この距離だと直撃するかもしれないけど、そっちが攻めてくるんだから、死なないでよ!
ノベル:イタゾ!
ノベル:ココダ!ラライヤ!
ラライヤ:…
ノレド:いたのお?
ノレド:何してたんだ?
ラライヤ:リンゴ少尉が言っていることなど、わたしにはわかりません…!
ノレド:何なの?
ラライヤ:艦長から、ドレッド艦隊で使うビーム・キャノンの性能を聞き出せって…!
リンゴ:…
ノレド:ん?
リンゴ:信じられん…
リンゴ:あんな子が先発隊に送り込まれていたのか…
リンゴ:ドレッド軍なんていっても、やってることは無茶苦茶だろ
ハッパ:んっと…使うんですか?ラライヤさん
マキ:コンピューターの方は済んだよ
ハッパ:おう!
ハッパ:出撃するつもりなの?
ラライヤ:動かせるかどうかを
ノレド:まだ無理でしょ
ラライヤ:遊んでいるわけにはいきません
ノレド:これ軍用だよ?
ハッパ:武装関係のことは…
ラライヤ:モビルスーツって、ビームライフルまでは標準装備なんですよ
ハッパ:メーカーによってクセがあるんだぞ?
ラライヤ:それは、そうですけど…
ノレド:まだ、全部、色塗り終わってないんだぞ?
ラライヤ:すぐ出るなんて言ってません
ドニエル:本艦は退避運動に入る!
アダム:うっ!
ベルリ:ビームが消えた?
ベルリ:当たらなかったんだ
ベルリ:ってことは、こちらがやられるんだ!
ベルリ:!
ドニエル:ステア!手加減しろ!
ステア:イエッサー!
アダム:ステアめー!
ノレド:うわっ!
ラライヤ:宇宙で暮らすための技術開発はするけど、古くていいものは、地球の記憶がありますから
ラライヤ:ずっと使っています
ノレド:いいっ!?
ノレド:うわっ!
ミック:はい。大尉は最後に出撃でよろしい。宇宙ではこのヘカテーの方が使い勝手が良いんですよ
クリム:ミックめ、わたしの機体を置くにしまい込ませて、しかし、わたしは貴様のお尻を追いかけるわけにはいかない
クリム:敵はあの光の向こうから出てくるぞ!
ミック:だからアタシが出ているんでしょ…!
ロックパイ:よし!アリンカトの射程距離に入った!
ベルリ:!見えた!けど…!
ベルリ:戦艦以上に速い物に、高熱源が…2つか!
ベルリ:当たれぇ!
ベルリ:ううっ…!うっ!
ベルリ:あれか…!クッ
ベルリ:死ぬんじゃないぞ?撃っちゃうから!
ロックパイ:ミッシェル隊がやられた!?あれかっ!
ベルリ:取り囲まれた!
ベルリ:死ぬなよ!
ベルリ:!
ベルリ:うっ!ううっ
ベルリ:クッ!
ドレッド兵:うわっ!何だあの機体!?
ドレッド兵:あれは不採用になったYGじゃないか!
ベルリ:パイロットは脱出してよ!爆発させてないんだから!うっ!
ドレッド兵:こっちは制式採用をしたモランなんだぞ!
ドレッド兵:しゃらくさいんだよ!
ベルリ:なっ?!
ベルリ:僕にライフルを使わせないでください!
ベルリ:まだいる!
ベルリ:追いかけてこなければ!
ロックパイ:YGは速いっ?!
ロックパイラライヤ・アクパールは殺人鬼になったのか!?
ロックパイ:ラライヤが地球人に寝返ったのか!?
ベルリ:これ以上、僕にライフルを使わせると!
ベルリ:みんなで死ぬぞって言ってるでしょう!!
ロックパイ:あれはラライヤではない!地球人が操っているんだ!
ベルリ:サラマンドラから出た編隊?追いかけ過ぎ!
クリム:G-セルフはやられた?!
クリム:ほぉ、本体は無事かっ!
ベルリ:深追いは危険ですよお!
ベルリ:メガファウナを狙ったビームは?
ケルベス:拡散ビームは狙撃するんだ!
オリバー:ビームの破片が!
ルアン:通り過ぎてくれぇぇっ!!
アイーダ:ビームで弾幕を張れば防げます!
ステア:な、何でぇ!?
ギゼラ:ラライヤがモランを出しました!
ドニエル:何だとお?!ラライヤに操縦させただとぉ?!
ノレド:ラライヤ、チュチュミィを忘れていった!
アダム:いつ直撃があるかしれないんだぞ!
リンゴ:結局、モランを動かしてしまったものな…
ラライヤ:ネットがなければ、メガファウナはとっくにやられていた!
ミック:フフッ!ハハー!グシオン総監が調達してくれたヘカテーは使えるじゃないか!
ミック:大尉!
クリム:外した!?しかし!
クリム:わたしは天才である!
クリム:アメリアが建造した宇宙用ジャハナムってなぁ!宇宙世紀の成果ともいうぞ!
ベルリ:はぁ…はぁ…
ベルリ:あっ、照準、きた!
ベルリ:クリム大尉たちが追いかけているんだから
ベルリ:っと…この角度で推定方向は…
ベルリ:こんなもんか?これで撃つけど…
ベルリ:これはけん制なんだ!
ベルリ:誰も死ぬなよ!
クリム:うおっ!?
ミック:ビームだと!?
ロックパイ:狙われた!?
ロックパイ:どうせまぐれ当たり!
ロックパイ:マッシュナー司令が援護してくれている!
ロックパイ:えっ、まさか、地球人の中に伝説にいわれているニュータイプなんてのが…いるわけはないだろう!
ミック:追いかけてきた連中は
ミック:後退してくれました聞こえますか?大尉?
クリム:おう
クリム:G-セルフが援護してくれたらしいな
ミック:大尉、機体に傷があります
クリム:接近戦をやったからな
ミック:空気漏れ、大丈夫ですか?
クリム:どちらが近い?
ミック:えっ?ああ、メガファウナです
ハッパ:見ればわかるでしょう!工具をさっさと持ってきて!
クリム:アサルトを使って、狙撃をしてくれていたようだな
ベルリ:あ、はい!
ミック:…
クリム:アメリア軍に入隊してくれたか?
ベルリ:自分はキャピタル・ガードのままです
ミック:なぁ?かわいくないだろ?
アイーダ:大尉、機体の修理が終わったら、直ちにサラマンドラへ帰ってください
クリム:了解です。姫様はなぜトワサンガへ向かう気になったのです?
ベルリ:あ…
アイーダ:ドレッド艦隊の動きを止めるためです
ケルベス:ラライヤが
アイーダ:!
ケルベス:モランを使ったんだって?
ラライヤ:動かしてみただけです!
ノレド:まだリハビリ中なんだからね
クリム:そうか、それを操縦しましたか!
ラライヤ:はい!
ノレド:覚えている?
ラライヤ:クリム中尉。本名はクリムトン・ニッキーニ
ノレド:今は大尉
ラライヤ:それにミック・ジャック中尉
ミック:あはっ!わたしのこと覚えているの!?
ドニエル:どういうつもりでサラマンドラを出したのだ?
クリム:トワサンガの存在をタブーにしている意味がなくなったからです。となれば…
ベルリ:ドレット艦隊と連合するんですか?
クリム:! 何だと?
ミック:キャピタル・テリトリィが内部分裂を始めたから、思いついたんだろう?
ベルリ:…
ミック:候補生は
ベルリ:えっ?
ベルリ:そうじゃないです。そうじゃなくって
ベルリ:大尉は天才だから
ドニエル:父上の作戦か
クリム:…
ドニエル:大統領として、対ゴンドワン戦を考えて…
クリム:お父上がお考えですよね?
アイーダ:わたしは知りませんけど…
アイーダトワサンガも意見の違いがあるから、ベルはそう考えたんでしょ?
ベルリ:まあ、そうです
ラライヤ:あそこです
ハッパ:見てみるけどさ
ドニエル:モビルスーツどもは応答なしなのだな?
ギゼラ:トワサンガは、ウーもスーもありません!
アイーダ:リンゴ少尉の言う通りで、トワサンガの人たちは、想定外のことで慌てているんでしょ?
ドニエル:そうなんですか?少尉
リンゴ:え?
リンゴ:はい!政権側とドレット家の間でいろいろあるようです
ステア:見えてきました!
ラライヤ:!
ステア:あの光ってる柱がシラノ-5?
ラライヤ:そうです
ドニエル:どこから入れるんだ?
ラライヤ:南のリングならいいんですけど
ドニエル:ギゼラ!入港は?
ギゼラ:ちょっと待ってください
リンゴ:君はレジスタンスの仲間だったのかよ?
ラライヤ:南リングはわたしの田舎です
ケルベス:下にいないと思ったら。艦長!捕虜をこんな所に!
ドニエル:今は水先案内人をやってもらってる!
ギゼラ:ゴーですって
ギゼラ:慣性重力合わせ!
ステア:加速チョイ!チョイよ
ドニエル:モビルスーツは監視!
クリム:ぶつからないのか?
サラマンドラ艦長:まだ3kmあります。面舵戻せぇぃ!
クリム:4番に入るのか?
サラマンドラ艦長:一番明るい桟橋ですから
クリム:メガファウナは1番に入る?
リンゴ:ええっ?ここどこです?
ドニエル:お前たちのふるさとなんだろ?
ラライヤ:来たことない港です
ステア:冗談言ってんじゃない!
ベルリ:この港、いやに寂れてません?
アイーダトワサンガモビルスーツは姿を消しましたしね
ルアン:姫様、これ罠なんじゃありませんか?
アイーダ:そうかしら?
アナウンス:シラノ-5…ようこそ…お疲れ…さまです…よい休日を…おすごしく…
クリム:よく開けたな
ミック:ユニバーサル・スタンダードだったんです
ミック:へぇ~!
子ども:モビルスーツだ!
母親:見るんじゃないの!
クリム:砂ぼこりは上から来ているのか?
クリム:うわっ!?
ガヴァン:スペースコロニー内でビームを使うバカがいるか!
カヴァン:パイロットは外に出ろ!このままコクピットの中で蒸し焼きになるか?!
クリム:コ、コイツら! !
カヴァン:政府の狙いはわかっている。地球人の兵器と戦艦は乗っ取って利用するのだ。オラ立てよ!
ラライヤ:今、地震ありませんでした?
ノレド:あったみたい
アイーダ:こんな荒れ地に降りなくたっていいのに
ノレド:少しでも早く、故郷の土を踏みたいんだって!
ラライヤ:アハッ!ただいま!
ラライヤ:サウシ・シラノはトワサンガ
ラライヤ:そうか、ここはモロイだ!
女性:ラライヤ!YGをしゃがませなさい!
ラライヤ:!
女性:そっちのG系も四角いのも
女性:しゃがませなさい
ラライヤ:お姉さん!
女性:やっぱりラライヤ!
ラライヤ:フラミィ!どうしてこんな所に?
フラミニア:話はあと。あそこにトワサンガのザックスが出てるのよ
ラライヤ:ベル!アイーダさん!しゃがんでしゃがんで!ケルベスさんも!
ノレド:どうしたの?
ラライヤ:わたしのご近所のフラミニア・カッレさん!
眼鏡の男:フラミィ!
眼鏡の男:ヤツらは桟橋の方へ戻っていった!
フラミニア:よかった
男:ラライヤだよな?
ラライヤ:そうですよ!
ラライヤ:フフッ…
フラミニア:…
フラミニア:!
ノレド:フラミニアさん?
アイーダアイーダ・スルガンです
フラミニア:フラミィと呼んでください
ノレド:よろしく、ノレド・ナグです
ベルリ:ベルリ・ゼナムです
フラミニア:あっ…!
フラミニア:あっていただきたい方がいます。今なら向こうは取り込んでいるようですから、チャンスだと思います
アイーダ:? わたしたちに会わせたい人物…ですか?
ドニエル:…
ベルリ:ここで?
フラミニア(真剣):はい
ラライヤ:お姉さん…
眼鏡の男:YGなんかは、寝かせておいた方がいい
フラミニア:ああ…モビルスーツなんかは雑木林の中に寝かしておきましょう
ベルリ:?
ケルベス:寝かせんの?
フラミニア:かくれんぼって立ったまま隠れます?仲間もいますから、何とかします

 

 


次回予告
モロイの町の郊外で出会ったレジスタンスの案内で、彼らのリーダー格という人に紹介された。それで僕とアイーダさんが、なぜG-セルフを操縦できるのかという謎が解けた。おかげで僕は、アイーダさんを姉さんと呼ばなければならなくなった
次回、Gのレコンギスタ「ベルリの戦争」
理不尽というのはこういうことだ!