アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第17話「アイーダの決断」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第17話「アイーダの決断」

ガンダム Gのレコンギスタ 第17話「アイーダの決断」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第17話「アイーダの決断」

 

 

ベルリ:キャピタル・テリトリィで育った僕と、アメリア軍の総監の娘が兄妹だなんて、誰が信じるものか。そんなとろにガランデンが来たというので、G-セルフで出たのだけれど、僕が何をやったのか、知らない人に奉られたって楽しいことなどはないのだから、1人で踏ん張るしかなかった

 

ベルリ:アイーダの決断

 

アイーダ:艦長、ごみよけのいん石風船は、もっと出せないんですか?
ラライヤ:これは事故です~、がれきが大桟橋の方に行かないようにするんです
ラライヤ:南の方のリングの修理、ちゃんとやってないんで、これは人災ですよ…?!
ドニエル:文句は言いなさんな
ドニエル:ラライヤさん。追加のいん石風船を放出するぞ。メガファウナのがれきよけだ
ラライヤ:は、はい!
アイーダ:移動させます。ラライヤも手伝ってください
ラライヤ:メガファウナの前へ出します
ラライヤ:アイーダさん
アイーダ:何かしら?
ラライヤ:こんなごみ掃除にかこつけて、メガファウナが出港したのって
ラライヤ:何か訳があるんですか?
アイーダ:訳?
アイーダ:モロイの港に居っぱなしになると…
ラライヤ:はい
アイーダ:自由にならないでしょう?
ラライヤ:そ、それはそうでしょうね
アイーダ:ラライヤ、右側!
ラライヤ:ええっ!
ラライヤ:あっ、中尉。ありがとう
ケルベス:ラライヤの体には、かすり傷1つ付けさせないよ
リンゴ:ラライヤの体がどうしたってぇ!?
ケルベス:リンゴぉっ…!
リンゴ:ラライヤちゃん怖くなかったかい?
ラライヤ:大丈夫です
ケルベス:リンゴぉ!
アイーダ:ケルベス中尉
ケルベス:はあ?
アイーダ:わたしたちは上がります。あとの指揮は中尉、お願いいたします
ケルベス:はっ!任せてください!
ラライヤ:リンゴ少尉
ラライヤ:ケルベス中尉をよくサポートしてやってくださいね
リンゴ:えっ?
リンゴ:そりゃ、まあ、言うこと聞けば?
ラライヤ:リンゴが言うこと聞くんです…!
リンゴ:は、はい
ベルリ:何なのこのうるさいのお!
ベルリ:ふわ~
ベルリ:あれ?れはロルッカさんたちだ
ベルリ:何なんです?
ミラジ:南の農業ブロックの外壁がはがれて、土砂が流れ出しているんです
ベルリ:この音のことじゃなくて、この果物の木箱のことです
ハッパ:ワイヤーの強度は大丈夫ですよね?
ルッカ:無論です
フラミニア:土砂が流れ出したおかけで、メガファウナは外に出られました
ベルリ:モロイの桟橋にいたらいけないんですか?
ミラジ:全員追い出されて、底の抜けた農場で開拓をやらされましたね
ベルリ:本当ですか…!?
ベルリ:果物は上でしょ?
フラミニア:ああっ、これ
ノレド:ネオドゥってさ!大昔から使っていた機体なんだって!
ベルリ:この機体のこと?
ミラジ:スペースコロニー建設用に使われ続けてきて、いろいろに改良できる便利なやつなんです
ハッパ:溶接機のあと、シールドを組み立てる
ノレド:あらま。あれ、ビームライフルじゃないの?
ベルリ:同じようなものさ
ノレド:あ、あ、頭痛はいいの?
ベルリ:今はなんともない。このモビルスーツは何なの?
ノレド:ラライヤが使うって
ベルリ:ラライヤが!?
ベルリ:今どこにいるの?
マスク:何であんな物が持ち込まれたんです?
クンパ:G-セルフを取り返したいと言ったら、ここの軍がこれを貸してくれた
マスク:ちょっと扱いが厄介です
クンパ:使えるのか?
バララ:操作手順調べました。2、30分慣らし運転させてくれればできます
マニィ:トワサンガの伝票って…
マニィ:ああっ、嫌だ…!
マニィ:あの人…
クンパ:ドレッド軍があれを貸してくれた意味を考えたか?
マスク:我々の内輪もめの状況を調べるためと、こちらの能力チェックでしょう
クンパ:ドレッド艦隊は、1隻でも戦力が欲しいんだよ
クンパ:だがな
クンパ:トワサンガキャピタル・アーミィのものにすることも考えられる
マスク:おおっ…!
バララ:アッ、ハハハッ!
クンパ:!
バララ:!
マスク:マニィ!今の話、聞いたか?
マニィ:はい?
マニィ:バララ中尉、ビフロンの整備、終了したようです
バララ:メガファウナの動きは?
マニィ:リングから流れる土砂と一緒にシラノ-5を周回しています
マニィ:!
バララ:…
クラーゲン:これから出るのか?
バララ:おかげさまであります!
クラーゲン:この艦(ふね)はかなり出来がいい
クラーゲン:後々のために証明書を出しておく
クンパ:ありがとうございます
クンパ:うわさの設計図が出回ったころのものですから
クラーゲン:大したものだよ。薔薇の設計図は
クンパ:マスク大尉をメガファウナ接触させますが、よろしいですな?
マスク:……
バララ:発進、チョイ待ってください
マスク:何でだ!?
バララ:発進後、慣らし運転をやりますからね?
アメリア兵:ガランデンのビフロンっていうの、発進します!
マッシュナー:やるかい?
サラマンドラ艦長:ほお~さすがトワサンガ開発のモビルスーツですなあ
マッシュナー:……
サラマンドラ艦長:あのような型でも使えるのに、感動しておるのです
クリム:ちゃんと動いた
ミック:アハハハッ
ロックパイ:実用テスト!?
バララ:ジェル・カーテンを通過する
ロックパイ:実験機を地球人にテストさせるなんて!
クリム:マスクが後見人として出るようだな
ミック:お優しいことで
ミック:あやかりたいものですね
クリム:誰のことを言っているんだ…?!
マスク:ステファン、続け!
ステファン:はっ!
マニィ:そうか、マスク大尉はバララ中尉を兵器として使っている?
マニィ:そこまでクールな大尉ではないはずよ…
下士官:お気をつけて!
マニィ:!
下士官:そこの!さがれ!ランチが出るぞ!
マニィはい!
マッシュナー:あの3機にも土砂とがれき掃除をさせられないのですか!?
サラマンドラ艦長:地球人同士といっても、彼らは敵です
マッシュナー:!
サラマンドラ艦長:!
ロックパイ:司令!
ロックパイ:ビフロンは実験機でしょ!
マッシュナー:だから、掃除できるかどうかの試運転だっていうのだ
ロックパイ:おわー!
クリム:先ほどの
クリム:命令は、取り消してもらいたいな。マッシュナー司令殿
マッシュナー:何の命令だ?
クリム:土砂・がれきの掃除をしろという命令だ!
マッシュナー:命令に従わないのなら…!
マッシュナー:はい。…カシーバ・ミコシから直接クレームですか!?
ミック:ガランデンから出たビフロンは
ミック:G-セルフをとりに行ったんですよ?!
ロックパイ:そのヘカテーも!どう見たってトワサンガの技術者が建造したモビルスーツだ!
ロックパイ:うわっ!
ミック:それが何だってんだ!建造したのはアメリア軍だぞ!
サラマンドラ艦長:我々は…!
マッシュナー:ヘルメス財団の使者が!クレッセント・シップにも傷が付くと怒鳴り散らしているのだ!
サラマンドラ艦長:どういう連中なんですかぁ?
マッシュナー:地球人は…知らなくていい
サラマンドラ艦長:クリム大尉!キャピタル・アーミィメガファウナG-セルフには触らせるな!あれはアメリア軍のものだ!
クリム:おうよ!ミック、出るぞ!
ミック:そのつもりです!
マッシュナー:…あのな、ロックパイ。貴様はがれきの掃除をして見せろ
ロックパイ:冗談でしょ!?司令!
マッシュナー:ロック!ドレッド軍としては、ヘルメス財団の顔を立ててやる必要があるんだ
ロックパイ:了解!了解!了解っ!
マッシュナー:サラマンドラはいい艦(ふね)だとわかったが、手空きのモビルスーツにはがれきの掃除をさせろ
サラマンドラ艦長:了ぉ解です。お互い友好的に…
マッシュナー:いこう
アイーダ:あのピンク、宇宙船なんですか
アイーダ:シラノ-5の構造物かと思いました
ルッカスコード教御神体とも言うべきカシーバ・ミコシです
ノレド:ホント、まるでカーニバルの山車(だし)
ノレド:あれがザンクト・ポルトに来るフォトン・バッテリー運搬船なんだ
ラライヤ:わたしは初めて見ます
アイーダ:今仰ったじゃないですか!
ベルリ:ん?
アイーダクンパ・ルシータ大佐を見たと!
ルッカ:い、いやあ、ニュース画面でアナウンサーがそういう名前を言っていたと
ミラジ:マスク大尉というような人物もいたじゃないですか
アイーダ:クンパ大佐については、知っている人物だと…
フラミニア:違うのですか?
ルッカキャピタル・アーミィの軍艦に乗ってきた人物ですよ?
ベルリ:ご老人は何を知っているんです?
ミラジ:いやぁ、我々はニュースで報じられる…
ベルリ:気になることは説明してください…!
ルッカ:いやぁ、まだ本人かどうか確認していないので
ベルリ:大佐を知っているんじゃないですか?
アイーダ:!
フラミニア:…
ベルリ:それでガランデンの動きがわかりました。クンパ大佐はここに来たことがあるか、ここの人だった…!
ルッカ/ミラジ:……
フラミニア:…
ベルリ:そのクンパ大佐のいるガランデンから、モビルスーツが出てくることがあれば…
アイーダ:ただでは済まないでしょうね。トワサンガもキャピタルも欲しがっています
ルッカ:少なくともG-セルフは、な?
ミラジ:おそらく
ベルリ:ラライヤ、ネオドゥを出す用意を
ラライヤ:はい
ベルリ:がれきのそうじもあるけど…
アイーダ:掃除にかこつけて
アイーダトワサンガを逃げ出す算段をしたいですね。艦長
ドニエル:クンパ大佐がトワサンガ人かい
ルッカ:ベルリ皇子…
ミラジ:アイーダ姫様も
フラミニア:若いレイハントンの後継者…
リンゴ:あっ!ラライヤさん!本当にそれで、出るんですか!?
ラライヤ:わたしはこれで操縦、習ったんですよ
リンゴ:そぉだけどさ、ネオドゥなんだぜ?
ラライヤ:そのはたき、いただきます
アイーダG-セルフとアルケインは前から出ます。ラライヤさん、ベルを頼みますね
リンゴ:ラライヤは、不肖リンゴが守ります!
アイーダ:もちろん
ハッパ:総員モビルスーツ出し~!
ハッパ:用~意!
ドニエル:ラライヤさんのネオドゥも、がれき掃除に出てもらいます
ルッカ:それはよかった
フラミニア:お役に立つといいのだけれど
フラミニア:溶接器は持っているのかしら?
ミラジ:持っているはずです
ギゼラ:プラズマノズルの方だよ!ステア
ステア:セーフティデバイス、これで砂は吸い込まない
アダム:よーし!ぬわっ!?
アダム:リンゴ!
リンゴ:出ます!
ラライヤ:何?!この出力?!
ラライヤ:オーバーワーク!
リンゴ:ラライヤさん?!どうしました!?
ラライヤ:コントロールが!
ラライヤ:手が!手が!
ラライヤ:うわぁっ!ぷっ!
バララ:何だあ?!
バララ:トワサンガモビルスーツ
リンゴ:ラライヤさん…!なんてモビルスーツと…
マスク:気をつけろ!バララ!ステファン!敵は正面からだけではないっ!
ドニエル:ネオドゥは何かとぶつかったぞ!ベルリは!?オリバー、ルアン、ケルベスは!?
ミラジ:ネオドゥの整備にはわたしが立ち会っていました!
ルッカ:ミスがあったとは言っていない。ラライヤはどうなんだ?
フラミニア:ノイズが出てCG画像になりました
副長:あっ!G-セルフネオドゥを認めましたあ!
ドニエル:うん!ケルベス!オリバー!姫様は連れ戻せ!
オリバー:ええっ!?ケルベス中尉、何で出したんです!?
ケルベス:艦長!
ケルベス:命令したんじゃないんですか?!
ステア:ハリーアップ!
メディー:えっ?ただのカナリアにはなりたくない?
キラン:どうしたの?
ノレド:わかんない…
ノベル:…
ラライヤ:はぁっ!
バララ:ヨツデ・ユニフィケーション!アタック!
ラライヤ:そんなまやかしっ!
リンゴ:ラライヤさんは、俺が守る!
マスク:バララ!頭を冷やせ!天才パイロットまでが来るぞ!
マスク:となれば、目の前のメガファウナからは来るべきものが来るか…!
ミック:G-セルフトワサンガのものと、キャピタル・アーミィ
クリム:ことのついでではあるが…ヤツは狙撃するっ!
マスク:天才クリムだ!
ステファン:迎撃します!
ステファン:プラズマ・クロウなら!
クリム:やるかぁっ!
ミック:こっちはトワサンガモビルスーツだ!
リンゴ:アメリアのモビルスーツ
リンゴ:あのデカブツゥッ!
アイーダ:わかりました。ケルベス中尉と
アイーダ:オリバーも、360度警戒!
オリバー:了解!
ケルベス:姫様は、動いちゃいかんのです
アイーダ:(それぞれの任務か…)
アイーダ:わたしの役割は…何だろう?
ラライヤ:数が多いだけで!うっ!
バララ:逃がすか!
バララ:あっ!
ノレド:ラライヤはネオドゥに乗ったら輝きだしているもの
メディ:うむ…あーんして
ノレド:あ~
メディー:別に、腫れもない
キラン:ラライヤさんが自立したんで、寂しくなったのよ。ねっ?
メディ:そんな暇はないぞお
メディ:アイーダ姫様のブレーキ役とか、ロルッカさんたちに持ってきてもらう不足品のリストアップとか
ノレド:…
メディ:やることはいっぱいある
ノレド:そうか…
ノベル:ソウソウ!
ラライヤ:ネオドゥは!1000年使われている頑丈な機体なんだから!
バララ:モニターまでやられる!?
ラライヤ:溶接ビームの方が強力…!
ラライヤ:ということはないけど!
ラライヤ:あっ!
ベルリ:ダメですよ!まだ敵は力がありますし、シラノ-5の北から、別の部隊が来ます!
ラライヤ:網を持っているなら、お掃除部隊です!
マスク:撃つなステファン
マスク:がれきを掃除する部隊の警告だ
ステファン:掃除をする?!こ、この土砂をですか?
ロックパイ:地球人はどこでも戦争するな!トワサンガクレッセント・シップで、ヘルメス財団の使者が
ロックパイ:着ている意味を考えるんだ!
ミック:接触回線で聞こえる?!
クリム:トワサンガモビルスーツの通信?!
ロックパイ:彼らを怒らせたら!フォトン・バッテリーは配給されないんだぞ!
リンゴ:…
ロックパイ:そうしたら地球上の電気はすべて消えて!お湯のシャワーなど使えなくなる!
ベルリ:……?
ラライヤ:そ、それは本当です。ベル…!
ロックパイ:宇宙の道理というのはだなあ!クレッセント・シップカシーバ・ミコシ
ロックパイフォトン・バッテリー運搬のための、ヘルメス財団の艦(ふね)であるのだからし
マスク:…
ロックパイ:石っころ1つ
ロックパイ:ぶつけるわけにはいかんのだ!
クリム:…
ロックパイ:貴様たちもがれき掃除を!
ドレッド兵:手伝っていただく!
ドレッド兵:手伝っていただく!
ロックパイ:行けっ!
ドレッド兵たち:おお!
ロックパイ:うおおおっ!
ベルリ:ならば人類の!
ベルリ:平和のために!
ラライヤ:ベル!ベルリ!
リンゴ:うわ~!ラライヤさんまで!
ロックパイ:111が来るか!?
ロックパイ:ん?
ロックパイ:もっとシラノ-5のメティオ・ピラー側で網を使え!
マスク:しまった!先を越された!
バララ:マスク、やるのか?
マスク:G-セルフに負けていいのか!?
バララ:負けたくないけど!うわっ!
バララ:一体どこの回路だ?
ミック:クリム…大尉!
クリム:おう!
クリム:ミック!やるからには負けられん!
ミック:戦いがどうであれ
ミック:エネルギー源は生命線ですからね
ラライヤ:ベル!ベルリ!もっとシラノ-5に寄ってください!
ベルリ:了解!
ラライヤ:ベル、速過ぎます!網は、ネットは広げるんです!リンゴさんは遅過ぎます!
リンゴ:G-セルフが速過ぎるんですよ、ラライヤさん
ケルベス:G-セルフだけじゃない
ケルベス:みんなで掃除を始めたぞ!
オリバー:トワサンガモビルスーツは信用できるのかよ?
アイーダ:ベルリは反射神経であれをやってしまう…
アイーダ:けど、わたしは…おバカなバカ姫にしかなれない…!
アイーダ:あっ…!
ギゼラ:入りました!
ドニエル:おっ!来た!
ルッカ:おお!
フラミニア:ああっ…!
ステア:来たぁっ!
ミラジ:がれき集めもいいが、風船いん石もがれきよけにもっと要りますよ?
ルッカ:モロイから運んでくるさ
フラミニア:メガファウナで不足している物のリストアップも。艦長
ドニエル:ありがたいですな
ノレド:リストアップの仕事が終わったらさ、
ノレド:看護師になる勉強したいな
キラン:あなたは歴史政治学
キラン:やりなさん
ノベル:ノーレード!
クンパ:何をやっているんだ?
CA兵:がれき集めでしょう?
クンパ:反対方向に回るとか、カシーバ・ミコシの周りにネットを張るべきだろう?ん?
クンパ:ほう。気付いて方向転換か
CA兵:カシーバ・ミコシの方へ戻るんですよね?
クンパ:入れるのか?
CA兵:非常口は
CA兵:ユニバーサル・スタンダートですから
CA兵:つながるんですけど…
CA兵:開きました
CA兵:では、のちほど
クンパ:手間をかける
クンパ:トワサンガのランチか
フラミニア:全部教えてしまえばいいのですよ
ルッカ:時期尚早だよ
フラミニア:ノレドさんがリストアップしてくださるというし
ルッカ:はっ…!
ルッカ:ト、トイレだ
フラミニア:はい?
ルッカ:ニュースを見てまさかと思ったが…
クンパ:ロルッカ・ビスケス殿がご健在であれば、G-セルフには核の自爆装置も仕込みましたかな?
ルッカ:貴公こそ…!ヘルメスのタブーを破って何をしようとしているのです…?!
クンパ:わたしは争いの種をもみ消すために地球に降りたのです
ルッカ:貴公が地球に降りたころから、ゴンドワンアメリアでは、宇宙世紀武装が拡大をしたのだぞ…!?
クンパ:ここから地球に流れ込んだ技術者たちが、薔薇の…!
ルッカ:貴公ぐらいのタブー破りが出ない限り
ルッカ:地球人には宇宙戦艦などは建造できなかった…!
アイーダ:あっ、ラミニアさん!
フラミニア:ああ、どうなさった…
アイーダ:あの緊急用のハッチから、誰か入りませんでした?
フラミニア:誰かって?
クンパ:わたしはG-セルフが現われるまでは、わたしが地球に捨てた赤子が、どこで育てられているか知らなかったのです…!
ルッカ:何…?!
クンパ:機構のやったことの方が悪辣(あくらつ)なタブー破りでしょう…!?
クンパ:旧世紀の人類そのままに
ルッカ:…!
クンパ:旧世紀の人類そのままに、憎しみ合いを増幅させるだけで…!
ルッカ:そ、それは…
クンパ:違いませんよ。専門家といわれる人々の考え方はいつも一直線で…うっ
アイーダクンパ・ルシータ大佐…!?
クンパ:ご活躍を!
ルッカピアニ・カルータ
アイーダピアニ・カルータ
アイーダ:ロルッカ・ビスケスさん!
ルッカ:ひ、姫様…
アイーダ:レイハントン家とドレッド家の争いのもとも、ヘルメス財団にあるというのなら、財団のある所へ行ってみる必要はあります!
ルッカ:!
ルッカビーナス・グロゥブですよ…?
アイーダクレッセント・シップは、そこと行き来しているのでしょう?!
ルッカ:! は、はい…連携論はあるのですが…
ノレド:フラミニアさーん!
ノレド:リストアップのことで相談!
アイーダG-セルフバックパックの予備もあると!ミラジさんは言っていましたよ?!

 

 


次回予告
何でマスクがメガファウナに乗り込んできたり、よその人がデッキの上でモビルスーツ戦をやったりするんだ。おかげで僕はトワサンガの変なマシンと戦い、挙句の果てに軍艦に追いかけられて、クレッセント・シップに突進することになる。それが旅立ちだなんて、何ぃっ?!
次回、Gのレコンギスタ「三日月に乗れ」
息を詰めて、見るんじゃないよ?