アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第18話「三日月に乗れ」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第18話「三日月に乗れ」

ガンダム Gのレコンギスタ 第18話「三日月に乗れ」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第18話「三日月に乗れ」

 

 

ベルリ:三日月に乗れ

 

ノレド:ロルッカさんたちは、いろんなもの持ってきても放り出しっぱなしでさ
ラライヤ:ここでも運んでくれただけでも、感謝しなさいよっ
ハッパ:G-セルフは前格納庫に移動だっ
ベルリ:はい。やっときます
ラライヤ:ベルリ、疲れてるね
ノレド:そうでしょ?あっ!あれね!カシーバ・ミコシ
ラライヤ:ああ、そうそう!
ラライヤ:あれがザンクト・ポルトに行って、降臨祭をやるのよ
ラライヤ:ノレド!カシーバ・ミコシの上!
ノレド:あれがクレッセント・シップね!
ノレド:大きいねぇ~!
ガヴァン:伝統あるザックス兵団が!地球人になめられっぱなしでは!ヘルメス財団の信用をなくしてしまうっ!
カヴァン:ん?何だ?
ガヴァン:はっ?はい
ガヴァン:カシーバ・ミコシが出港するから!ビームライフルは使うなという命令は!100回聞いている!
ガヴァン:ったく!
隊員:うわっ!ガヴァン!物を投げるな!
ガヴァン:これは名誉挽回の作戦であることを忘れるなあ!
隊員たち:おおー!
マッシュナー:ロックパイ、ガヴァン隊を止めないと騒動になるぞ
ロックパイ:もう少し待ってください!
ロックパイ:まだ出られないのか?指令にしかられたぞ!
ロックパイ:どうなの?!
メカマン:電極が30個あるんですよ!
クンパ:クレッセント・シップがまだいるというのに、女司令は出るのですか
ガランデン艦長:マスク大尉は訓練飛行。サラマンドラは、クリム大尉が大統領の息子の力を借りて
ガランデン艦長:遊びに出てますからな
クンパ:トワサンガは我々の艦(ふね)を欲しがっているんですから
クンパ:G-セルフも確保しておけば、ドレッド将軍との交渉も有利になります
マッシュナー:本当なのですか?ビフロンは損傷しているはずなのに
マッシュナー:ガヴァン隊より先に、YG-111の連行をするんだぞ!
ロックパイ:了解です!出ます!
ロックパイ:ビーム・マントをテストする!
ロックパイ:今の出力は10%だった。本気を出せば…!
マッシュナー:YGを壊すんじゃない
ロックパイ:うっ
マッシュナー:捕えるんだ!
ロックパイ:はっ!はい、わかってます!
ケルベス:最大望遠だとこんなものですけど…見えます?
ドニエル:よく映っている
アイーダ:これがフォトン・バッテリーを運ぶ輸送船だなんて。地球人をバカにしていません?
ルッカ:どういう意味です?
アイーダ:権威付けでしょ?こういうデコデコしたデザインで、わたしたちに尊敬しろって強制してます
リンゴ:ケルベスさん!カシーバ・ミコシの上!
ケルベス:クレッセント・シップなんだろ?
リンゴ:そうなんだけど
リンゴ:あれで、メインエンジンのスタートをかけているんだぜ
ケルベス:アイドリングに3日ぐらいかかるっての?
リンゴ:何しろビーナス・グロゥブまでの長距離航行をしようっていうんだからなぁ
ケルベス:料金高いんだ?
リンゴ:ヘルメス財団の会員になっていなけりゃ乗れないの。ん?ケルベスさん!
ケルベス:おっ、キャッチした!
リンゴ:ガヴァン隊です
リンゴ:こちらがサクーンスーン桟橋前から離れたら、仕掛けてくるつもりです
ケルベス:メガファウナー!わかってんのかぁ!?
ドニエル:レックスノーのキャノン、用ー意!
ドニエル:G-セルフは前デッキだ
副長:了解!
アダム:リフレクターパックも前デッキへ移動だとよ
ベルリ:リフレクターの調整、ありあとあした!
ハッパ:仕事仕事!
ベルリ:ん?ああっ、カシーバ・ミコシ
べルリ:クレッセント・シップ
ベルリ:フォトン・バッテリーカシーバ・ミコシに運び込めば、ビーナス・グロゥブに帰るのか…
ベルリ:何だよ?!
ノレド:ベルは働き過ぎ!
ベルリ:アイーダさんが思っていることを、手伝わないといけないからさ
ノレド:…
ラライヤ:お姉さんを大事にしたいんだ
ベルリ:まだ慣れてないんだよ
ノレド:ベルは天才でないし、タフでもないんだよ?
ベルリ:だから、ロルッカさんたちが用意したものぐらい、使えるようにしたい
アダム:いつになったら、G-セルフを前デッキに移動してくれるんですかねぇ?
ノベル:ベルリクン
ドニエル:本艦がカシーバ・ミコシから距離をとったら攻撃されるが
ドニエル:シラノ-5の上に出るクレッセント・シップに接近すれば、攻撃はされない!
アイーダ:ご苦労様。G-セルフの移動
ベルリ:どおってことありません。それよりガランデンは?
副長:あれは、アパッチ軍港にはいないんだ
ベルリ:いないんですか?
ルッカクレッセント・シップ
ベルリ&アイーダ:?
ドニエル:あぁそうだ!うん
ルッカG-セルフ接触できれば、化けるはずなんです
ノレド:へぇ~そういう関係なの?
ラライヤ:じゃあ、クレッセントのシステムも同じようなものなんですか?
ルッカ:まあ、そうでしょうねぇ、としか、言いようがないか
フラミニア:ヘルメスの薔薇の設計図らしいんですよ
ラライヤ:そうなんだって!
ノレド:怪しいんだ
ロックパイ:もう少しで、メガファウナカシーバ・ミコシは距離が離れる!
ロックパイ:流れ弾がカシーバ・ミコシに当たるようなことがあってはならない!
ロックパイ:聞こえているんだろ!ガヴァン!
ガヴァン:艦隊の貴様たちは出てこなくていいっ!
ロックパイミノフスキー粒子をまいたら、力ずくで貴様たちの行動をとめてみせる!各員!いいな!
アイーダ:それはライフル1発撃っても
アイーダ:政治問題になりますよ
ノレド:どうしたの?
アイーダ:月の方向で、トワサンガモビルスーツの動きが変なのよ
ノレド:モビルスーツ戦をやろうってんじゃないかなぁ?
ルッカ:事前偵察に出したG-セルフのデータが欲しいんですよ
ドニエル:ん~
ルッカ:だから、ガランデンG-セルフを破壊しようとしたので、連行するつもりになったんです
ノレド:…
ノレド:うわぁぁぁ
一同:!?
ノレド:あぁぁっ!
アイーダ:あっ!
一同:あっ!
マニィ:ハッチを開きます!
マスク:頼む
ノレド:マックナイフから人が出ました!
ドニエル:カメラ!
ノレド:あの人?!うそでしょ!?
ステア:どうした?
リンゴ:お前たちは何をしにここへ…?!
リンゴ:うわぁっ!
バララ:レーダーが使えないんだから、もっとよく見なくちゃねぇ、周りをさ!
リンゴ:周りを見たら、ラライヤがいたんだろ!
マニィ:ユニバーサルスタンダードだから…
ドニエル:アダム・スミス!正面から敵兵に入られるぞ!しかし、正面にはマックナイフとでっかいヤツがいる
ステア:狙われています!
ギゼラ:別の後続部隊が来ます!
アイーダ:ならクリムでしょ!でもメガファウナは、当初の予定通りです、艦長
ドニエル:で、できますか?
アイーダ:ベルのG-セルフは、前デッキにいます
ノレド:出ます?
アイーダ:もちろん
ノベル:フー!
アイーダ:下は危険でしょ?
ノレド:ブリッジは狙い撃ちされる
アダム:侵入者がゲートを開こうとしてる。後部デッキのグリモアは出しとけぇ!
アイーダ:ハッチが開きました!
ノレド:ええっ!
ラライヤ:あのパイロットスーツの人…!
ノレド:右舷がエアロックだよね?
アイーダ:ええ
アイーダ:あっ!
ベルリ:ああっ!
マスク:G-セルフトワサンガで建造されたから
ベルリ:グッ!
マスク:返さなければならんのだ!
マニィ:あっ!
ノレド:やっぱりマニィじゃないか!
マニィ:なっ
ノレド:何でこんなふうにきたの?
マニィ:だって!G-セルフトワサンガに返せば、3隻とも地球に帰れるって…!
ベルリ:むう!
ベルリ:うっ!
マスク:ガランデンメガファウナも補給してもらえるのだ!
ベルリ:ううっ!ダメですよっ!
マスク:うっ!
マスク:ぐはっ!
ベルリ:G-セルフは僕とアイーダさんの!
マスク:何だ?マニィ!
ラライヤ:接触回線で聞こえますね?
マニィ&ノレド:…
ラライヤ:デッキの上でモビルスーツ戦です。もっと奥に隠れてください!
ノレド:何でぇ?
マニィ:マックナイフの後ろで!?
ベルリ:何やってるの!
ベルリ:メガファウナのデッキの上で何やってるんです!
ラライヤ:ヘカテージャハナムです
ベルリ:ミックさんとクリム大尉!?
リンゴ:近くにカシーバ・ミコシがいるっていうのに!地球人は!
マスク:サラマンドラの天才と突撃娘か
バララ:後から出てきてぇ!
クリム:その格好では接近戦は
クリム:無理でしょっ!
バララ:なめるなぁぁっ!
クリム:ばかなっ!?
ミック:ならパワー半減!
バララ:うっ!
バララ:なめるなって言ってるでしょ!
マスク:バララ!落ち着け!
バララ:えっ?
マスク:いざとなればビーム・シャワーを使えばいいが
マスク:トワサンガの部隊も接近している
クリム:こちらの戦いをトワサンガの連中につけ込まれる!
ミック:えっ?
クリム:カシーバ・ミコシは、まだ視界の中なのだ!
ミック:でも、クノッソス1隻が出ています!
クノッソス艦長:あ~メガファウナで内輪もめがあったようだ。こりゃ拡大させるわけにはいかんぞお!
クノッソス艦長:マッシュナー!
マッシュナー:わかっています。ヘルメス財団の使者が見ている前で、カシーバ・ミコシにビーム1発かすめたら、軍は即刻解体されます…!そんなことはさせはしませんよ
ガヴァン:自分の守備範囲で!地球人に好きにさせるわけにはいかんのだ!
ベルリ:ノレド!なるべく艦(ふね)の中央に隠れていろ!マニィも!あの人たちは…!
ノレド:マニィこっち!
マニィ:だけど…!
ラライヤ:ベルリ、何をするの?
ベルリ:ダミーいん石を格納庫の前に引っ張り込みます!
ラライヤ:そうか…!わたしも!
ドニエル:グリモア2機は前へ!ハッチは閉じろ!
ステア:…
アイーダ:アルケイン、出ました
アイーダ:な、何?
ステア:NO!前見えない!
ドニエル:ギゼラ!ステアにモニターはないのか!?
ギゼラ:前を見るモニターですよね?あるはずです
ラライヤ:来た
ベルリ:えっ?
バララ:おのれあの女ぁぁっ!
ミック:わたしの大尉を蹴飛ばしたのは許せないって言ってるんだ!!
バララ:蹴飛ばされた男が悪いんだろ!
ギゼラ:はい。コイツなら、センターカメラとつなげたんで
ギゼラ:正面の景色は、映る!
ステラ:ええっ!?ちっちゃい!
ベルリ:クッションになったじゃないか
ベルリ:ラライヤ!仮留めでいいんだから
ラライヤ:わかってます!
ガヴァン:ここはお前たちの遊び場じゃないんだぞ!
ミック:トワサンガの部隊…!?あっ!
ロックパイ:ならず者ガヴァンは数の暴力!
ガヴァン:マッシュナーのおもちゃがぁっ!
クリム:トワサンガの連中はライフルは使わない
ミック:スコード教の信者ですからね
ガヴァン:上も押えろ!
ロックパイ:つかまれた?!
ガヴァン:マッシュナーにかわいがられてりゃいいのに
ガヴァン:ん?なぁぁっ!?
ガヴァン:斬られたぁっ!
ロックパイ:自分は111を捕えるのが任務だっ…が!
ロックパイ:地球人がミサイルを使った!?
バララ:大尉…!
マスク:バララを助けるためにはやむを得ん!
バララ:た、大尉…!
バララ:敵の数に負けそうになっちゃった
マスク:メガファウナが加速をかけたぞ!
バララ:!
ステア:見えているんですか?!キャプテン!
ドニエル:見えてきたよな…?!ギゼラ!副長!
ギゼラ:上角度23度です
フラミニア:違います!
ギゼラ:えっ?!
ルッカ:ち、違うのか?!
フラミニア:上角30度…
フラミニア:取り舵3度で、クレッセント・シップの真後ろにつきます!
ドニエル:よ~し!
ベルリ:正面です!
アイーダ:そう!
ラライヤ:クレッセント・シップ!?
ベルリ:G-セルフが出れば、メガファウナは狙われない!
バララ:G-セルフが出てきた!マスク!
マスク:わたしに捕まるために出てきてくれたか!…が!トワサンガの!
ガヴァン:やられたぁっ!
ガヴァン:地球人めぇ!
ガヴァン:ん?マッシュナーが出てきている?!
クノッソス艦長:うぉぉっ?!おおっ!おほっ!
マッシュナー:撃てって命令してるだろう!
クノッソス艦長:マッシュナー!やめんかぁっ!
マッシュナー:3番4番も撃ちなさい!
クノッソス艦長:おおっ!?
クノッソス艦長:貴様はわたしを死刑台に送るつもりかぁっ!?
マッシュナー:停船命令で止まるような連中ですか!
クノッソス艦長:はい…
ベルリ:パイロットさんは、逃げてくれた…!
ベルリ:ビーム戦などは、できないはずなのに!
ベルリ:クレッセント・シップはあそこか!
ガヴァン:111は連行する!
マスク:G-セルフ!クンパ大佐に性能を解析させろぉっ!
クリム:ベルリ君!G-セルフは人質にする価値があるのだから
クリム:わたしに貸すのだ!
ベルリ:みんなで取り合いに来てぇっ!うっ
クリム:貴様たちにはやらせない!
ロックパイ:やったな地球人!マッシュナー!援護してくれ!
マスク:ビーム干渉が拡大?!うっ、うわっ!
クリム:は、弾かれる?!うわっ!
ガヴァン:111は化けた!
ベルリ:故郷(くに)へ帰ってください!うっ!
ベルリ:ああっ!
ロックパイ:出力!出ました~!
クノッソス艦長:クレッセント・シップに接近している!
マッシュナー:ロックパイの足を止めろ!
一同:うわぁっ!
ドニエル:誰が撃てと命令した!?クレッセント・シップが目の前なんだぞ!
ルッカ:あれはまだアイドリング中なんですよ
フラミニア:ビーナス・グロゥブに帰るというのに…
ギゼラ:それでもクレッセントに逃げ込むしかない!
ステア:最大戦速!What's!?
ケルベス:G-セルフが苦戦のようだ
オリバー:ただの電磁バリアじゃないぞ
アイーダ:バリアが帯になっています!
ラライヤ:プラズマイクオールとか…来ますよ!
ステア:追いつかれる!
ケルベス:光っている方だ!
ラライヤ:届けぇぇっ!
ベルリ:コイツはお化けかぁっ!?
ベルリ:あっ!うっ!
ロックパイ:ここまでだ111のパイロット!
ベルリ:G-セルフフォトン・シールドあります!
ドレッド兵:クレッセント・シップに近づくのはやめてください!罰(ばち)が当たります!
クノッソス艦長:最大戦速ぅ!
ドレッド兵:やめてください!艦長ぉぉっ!
クノッソス艦長:減速しましょっ
マッシュナー:ダメッ!
クノッソス艦長:最大の最大戦速ぅ!
マッシュナー:ロックパイが命をかけているんだから助るっ!
クノッソス艦長:イタイイタイ
ロックパイ:ビーム・コーティングというやつか…?!ガイトラッシュビームサーベルをつかんで防いでいる…!
システム:レイハントン・サイン レイハントン・サイン
ベルリ:あっ!
アイーダ:ラライヤ!
アイーダ:ダミーいん石のワイヤーを切って!
ラライヤ:えっ?!
ラライヤ:あっ!ああっ!
ケルベス:ステア!わかってんのかぁっ?!
ステア:オー マイ スコード!
ギゼラ:ステアー!
ステア:チョイ!チョイ!チョイ!
ドニエル:ギゼラも!
オリバー:姫様!ぶつかりますよ!
アイーダ:ぶつからないようにしますっ!ラライヤさんっ!
ラライヤ:はいっ!
ケルベス:落ちないでください!
ラライヤ:ステアさん!右舷!
ラライヤ:うっ!ああっ!
アイーダ:だめぇぇ!
ドニエル:そのままだステア!
アイーダ:あっ!抜けた!?
ステア:はぁっ、はぁっ
ドニエル:抜けたのか!?
フラミニア:クレッセント・シップの中です!
マッシュナー:ロックパイ
クノッソス艦長:クッ!軍法会議ものだぞお!
マッシュナー:ロック!生きてるか!?
ロックパイ:司令!ぼ、僕!一生懸命頑張ったんですよ!
マッシュナー:そうだろう。わかってるよ、ロック。ロックパイ
ドレッド兵:正面!何だあれは!?
クノッソス艦長:緊急回避!よけろっ!
マッシュナー:あっ!
ベルリ:こっちを向くとメタルの振動が強くなった。ロルッカさんたちが言おうとしていたことって、このことか
ベルリ:けど、フラミニアさんは言ってた
フラミニア:ヘルメスの薔薇の設計図などという伝説など、確かめた人は…
ベルリ:いないって
ベルリ:そ、そりゃあドアなら開くんだろうけど…開いた?!大きすぎません?!
ベルリ:あっ…
ベルリ:工場じゃないよな?
ベルリ:あのパターン!?
ベルリ:そうか!
ベルリ:冗談と思えないのは、形がドンピシャリ!
ベルリ:来ましたよ
ベルリ:フッ
システム:定常運転、起動スタート
ベルリ:あれ?今、あれは定常運転スタートって言ったけど、だったら今まで、どうやって運転してたんだ?
アイーダ:ベルリ、この奥にいるんですか?
ベルリ:あ、はい!坂道をまっすぐです
アイーダ:ここにG-セルフごと入ったんですか?
ベルリ:ええっ?いけなかったの?
アイーダ:ここはメイン・エンジンルームなんですよ
ベルリ:ええっ?これ、メイン・エンジンルームだったんだ
アイーダ:位置を考えなさい
アイーダ:わたしたちのメタルと同じ?
ベルリ:うん。姉さんのメタルでも使えると思うな
アイーダ:よくわかったわね
ベルリ:…
ベルリ:僕は何もやっていない。あのめちゃめちゃなモビルスーツとの戦いのあとは
ベルリ:父さんと母さんの仕掛けに乗って、なぞっただけさ
アイーダ:父と母の仕掛け…?
ベルリ:コイツのおかげでね
アイーダ:あっ…
ベルリ:ああっ!メガファウナとみんなは?!
アイーダ:この艦(ふね)に接触したわ。全員無事でね
ベルリ:そうかぁ!
アイーダ:だからわたしもここに来れたのでしょ
ベルリ:そうだよね!
アイーダクレッセント・シップの艦長さんがお礼を言ってる。聞こえるでしょ?
ベルリ:えっ?はい
ベルリ:ヒッグスルート・カプセルの解除ありがと、そうでなければ、アイドリングをあと2日続けなければ、クレッセント・シップは出港できなかった…
ベルリ:フォトンバッテリーと同じような縛りがあるのか!
ベルリ:ねっ?

 

 


次回予告
ビーナス・グロゥブへ行く宇宙船に乗り込めば、マラソンはやる。メカの点検整備、メガファウナの修理と超多忙。なのにわけのわからない一団が乗り込んできて、動くな!と言うんだから楽になる。僕なんか、眠らされちゃったんだから
次回、Gのレコンギスタビーナス・グロゥブの一団」
見たって言いふらしてくれ…!