アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第20話「フレームのある宇宙」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第20話「フレームのある宇宙」

ガンダム Gのレコンギスタ 第20話「フレームのある宇宙」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第20話「フレームのある宇宙」

 

 

ベルリ:フラミニアさんは医者だったけれど、戦う人でもあった。ジット団を呼び込んだのは、あの人と助手のヤーンさんだ。エル・カインド艦長さんは、ヘルメス財団の人なんだろうけど、ただのいいおじさんだった。僕はフラミニアさんに眠らされてしまって、アトのことなど、何も覚えてはいない

 

ベルリ:フレームのある宇宙

 

ベルリ:ジット団ってさ…お邪魔様
アネッテ:うんにゃ
ノレド:ジット団、何か緊張してるみたい
ラライヤ:艦長さん、このままだとメガファウナに乗り込んできますよ
ドニエル:わかってる!このマップ
ドニエル:本当に信用できるのですか?
ミラジ:これを見たフラミニアが青くなったことがあるから、信用できるんですよ
アイーダ:この円盤が直径100kmで、水深150メートルの海があるんですって?
ドニエル:そのデスクの天井が3000メートルってんだろ?
アイーダ:この海に面して、ジット団のラボがあるんですか?
ルッカ:昔からの技術を伝える組織なのですから、マシンのテストのためには、海も必要でしょう
クン:モビルスーツの編隊を出せるのは、ロザリオ・テン・ポリスだけです
キア:我々の考え方が、リギルド・センチュリーの正義だということをロザリオ・テンの連中は、どうしてもわからないとみえるな
ベルリ:ロザリオ・テンにラ・グーっていう偉い人がいるんなら、そこにまっすぐ行けばいいんでしょ?
アイーダ:ジット団は、その手前の自分たちのラボに、クレッセント・シップを向かわせているんです
ドニエル:ということはだな。メガファウナはここを飛び出して、ロザリオ・テンに向かえば、連中はビーム攻撃をすることはできなくなるな
ベルリ:ならジットラボへ向かいましょうよ
ノレド:何考えてんだ?
ノベル:ナンダ?ナンダ?
ラライヤ:ジット・ラボというのだから、そこは研究所でしょ?
ケルベス:軍事施設でないってことは
リンゴ:抵抗はないってことですね
ラライヤ:そこの人たち、トワサンガ以上に、外から敵が来るなんて考えていませんよ
アイーダ:さすがトワサンガ
ドニエル:姫様、あうっく
ドニエル:お前らも何考えてんだ?!
ステア:ん~!
ベルリ:ジット団は僕たちをクンタラにするって言ってるんです!
アイーダ:わたしはあの人たちの食料になるのは嫌です。動き出しましたよ
ステア:キャプテン!
チッカラ:G-セルフ、まだ動かせません
キア:構わん。最悪、テン・ポリスのポリジットにぶっつけて爆発させる
キア:そのときにクレッセント・シップのエンジンとの共振反応をチェックする
チッカラ:そうすれば、クレッセント・シップの高性能化の秘密も
チッカラ:わかるってものです
キア:現在のクレッセント・シップは以前と違って、10数%も航行時間を短縮しているのだから、我らが艦(ふね)フルムーンにも応用できる
クン:そうなればテン・ポリスの抵抗は
クン:排除しましょ
キア:まっ、そういうこった
ケルベス:研究所というんなら、接触する価値があるってもんさ
ベルリ:姉さんはまっすぐにロザリオ・テンに突っ込んでくださいね
アイーダ:はい。ラ・グー総裁という人物にかけます
アイーダ:注射を打たれた所の空気漏れは大丈夫ですね?
ベルリ:アネッテさんに修理してもらいました
アイーダ:よかった
ベルリ:姉さんが心配してくれるなんて
アイーダ:大事な戦力ですからね
ベルリ:ヘヘヘッ
マニィ:何いちゃついてんだ?
ノレド:無視。無視する
ケルベス:ベルリがアルケインで、アイーダさんがグリモアでいいですね?
アイーダ:無茶をやりますけれど、アルケインの性能を出してくれますから
ケルベス:そうですよねぇ
ベルリ:ムグッ
ケルベス:よかったなぁ!お姉ちゃんに認められてぇ!
ケルベス:ラライヤさん!リンゴ少尉!集合!
リンゴ:何です?ケルベス中尉?
ラライヤ:あっ、やるんですね?
アイーダキャピタル・ガードの伝統の!
ベルリ:ウォークライ!
ケルベス:ジット・ラボ経由でぇ~!
オリバー&ルアン:おっし!
ケルベス&オリバー:ラ・グーという偉い人に!
ベルリ&アイーダ&ケルベス&ルアン:会いに行くぞお!
ラライヤ&リンゴ:ファイトぉ!
一同:うおっ!うおっ!うおっ!うおー!
マニィ:覚悟がついたんだね
ノレド:おっ
ノレド:そう思うよ
マニィ:そのゴムすごいね
ノレド:すごいよ。ここでも使えるんだから
マニィ:あっ
ケルベス:レックスノーは行けるな?
リンゴ:俺の方はいんだよ。ネオドゥのメンテはちゃんとやったな?
ハッパ:ラライヤさんみたいに、ピカピカでしょ?
ラライヤ:何です?
マニィ:ん~!くっ
アダム:それでいい。次は下だ
マニィ:は、はい!
マニィ:人使いは荒いなぁ…ノレドのヤツ
ベルリ:ノレドー!
ベルリ:どうした?具合悪いのか?
ノレド:またモビルスーツ戦をやるんだろ?
ベルリ:こんな所でやるつもりはないよ。ノレドは安全な場所に隠れているんだ
ベルリ:いいな?
ノレド:うん…アタシは、隠れる…
アダム:メット着用ー!メット着用!
ベルリ:あっ
ノレド:あっ
マニィ:ファスナーをして。宇宙で暮らすとね、やることがいっぱいあるんだよ
リンゴ:ノレドはさ
リンゴ:後方支援以外に、歴史政治学もやるんだろ?
ケルベス:接触回線、聞こえますよね?
ドニエル:おう!
ドニエル:何だ?
ケルベス:格納庫の赤い光も、消しときましょうよ
ドニエル:そうだな
キア:現在、ただ今接近しているテン・ポリスをたたく必要がある。が、クレッセント・シップ
キア:まっすぐジット・ラボの鉄骨桟橋へ向かえ
キア:艦長にかぶせてある爆弾とその席は、このカメラで監視している。うかつに動いたら
キア:人間爆弾になって、このブリッジごと吹き飛ぶ
エル:わっ、わかている…!
エル:服艦長殿もだ!よろしいな?
クレッセント・シップ副長:う、りょ、了解です!
団員:G-セルフを動かすって言っているの!どうなっているんだ!?
フラミニア:やっていますから!ヤーン、急いでください
ヤーン:これで、済むはずです
ポリス:クレッセント・シップの進路が、ロザリオ・テンに向いていないのはなぜか!
キア:クレッセント・シップは技術的問題が発生している
キア:ロザリオ・テンの港で爆発事故でも起こしたらどうする!
ポリス:降臨祭を済ませずに帰国した件の尋問もある…うわっ!
キア:始めたからには中途半端ではっ!
チッカラ:レコンギスタ作戦は実行できない!
クン:そうだ。バッテリーとオーシャン・リングに、ビームを向けることは、絶対に禁止だ
エル:テン・ポリスが武器を使っただと!?
エル:そこまで嫌うか…!
ステア:キャプテン!メインエンジン、クリティカルポント!
副長:チョイ待ちぃ!コース特定!
ドニエル:やってる!
ドニエル:よーし、ステア!
ステア:イェッサー!
クルー:艦長!
エル:わかている。こらえなさい
エル:本物の悪人などは、いないものです
クレッセント・シップ副長:信じております…
ステア:アプローチ ザ バウ!
ドニエル:ベルリは!?
ギゼラ:総員第1戦闘態勢!
ベルリ:順序なんだから!やります!
リンゴ:いや、ラライヤさんは出なくていいでしょ?
ラライヤ:わたしは、1人で地球に降りた経験があります
団員:地球人が来た!
フラミニア:えっ?
ラライヤ:うわっ!
フラミニア:あっ…
フラミニア:うっ!
ベルリ:フラミニア先生はどいてください!
フラミニア:ああ~っ!
ヤーン:あっ何?動いた?ああっ!
ベルリ:出てくださいって!
ヤーン:うっ、ああっ!や~ん!
ヤーン:うわ、うお
甲板上でバウンドして流れていくヤーン
ラライヤ:やった、ベル!
ベルリ:よし、移動する!
ラライヤ:ええっ!?
ステア:メインノズル、ファイア!
ドニエル:メガファウナの目標は!ビーナス・グロゥブの上にある!オーシャン・リングのジット・ラボ!
ノレド:ベルリは!?
ノベル:ベル!ベル!
アイーダ:ベルリとラライアは、G-セルフを取り戻しました
ノレド:やった!
ギゼラ:何してんの?
マニィ:すみません。ノレド、手伝って!
ノレド:何?
マニィ:ベルリの仕事の後始末
ノレド:えっ?
マニィ:人を突き飛ばしたはずなのよ
ノレド:そうか!レッセルさん!モニターの拡大ってどうやるの?
キア:どうした?
団員:申し訳ありません!G-セルフを…
キア:奪い取られたというのか!?
クルー:回収作業に入っています。き、緊張してまして…2人に気付いていなくって…もう大丈夫です
クルー:ありがとう
マニィ:よかった
ノレド:じゃあ、フラミニア先生とヤーンさんはよろしく
クルー:は、はい!あぁ、実は!
クレッセント・シップ副長:余分なこはしゃべらない!
一同:いいっ!?
フラミニア:ヤーン!
ヤーン:先生~!
団員:自分は何とでもします!隊長殿は作戦を!
キア:よし!貴様はクレッセント・シップに合流して、ラボへ戻れ
団員:はい!
キア:クン・スーン
クン:我らがジット団は、レコンギスタを目的に決起した。以後、邪魔をするものは、テン・ポリスといえども容赦はしない。
クン:この無線、オーシャン・リングのロザリオ・テンにも聞こえているな?
チッカラ:ビーナス・グロゥブの前は飛び道具はタブーだ。ジャスティマに任せてもらう!
チッカラ:ジャマするなって宣言しただろう!
ベルリ:ええっ!?あんなに遠いの!?
キア:ポリジット!こんなに素早かったか
キア:クン!G-セルフが地球人の手に渡ったようだ!
クン:フラミニア先生だってついていたんでしょ?取り戻ります
ベルリ:やるしかないでしょ!クッ!
ベルリ:うっ!うわぁ!ああ~!
ラライヤ:ええっ!?何遊んでいるんです!?
ベルリ:うっ!
ベルリ:なっ!ぶっ!べっ!
ベルリ:うう…
システム:レイハントンコード、確定
ベルリ:あっ!
ベルリ:知らない人に触らせて、ごめんなさい!
ラライヤ:誰に謝っているんです?うわっ!
ラライヤ:ぷはっ!
クン:アタシは何を迷ってたんだ!
ラライヤ:メガファウナへ合流します
ベルリ:頼みます
ベルリ:G-セルフは!
ベルリ:ロザリオ・テンの警察と接触します!
ドニエル:了解だ。現在、コンタクトを取りつつある
ステア:方位!オーシャン・リング!
ドニエル:どおなんだ?
副長:こちらを認識してくれています!
ギゼラ:アダム!ネオドゥがアルケインを連れ戻す!
マニィ:下に下ります!
ノレド:アタシも!
リンゴ:ラライヤ、体は大丈夫かい?
ラライヤ:はい。ジット団は、破壊が目的じゃなかったから
キア:何で泣いているんだ?
クン:泣いちゃいません
キア:だったら、さっさとビッグアームを持ってこい!
クン:はい…!
ベルリ:んっ
ベルリ:あれ?…あっ
ベルリ:そうか、ビーナス・グロゥブの中では、ビーム戦はやらないんだ。やれないんだ!
ベルリ:タブーってことか!クッ!
アイーダアイーダG-アルケインへ移動します
ドニエル:了解します
ドニエル:オリバーはグリモアへ移動だ
ドニエル:レクテンは…
ドニエル:何か?
ルッカクレッセント・シップは、オーシャン・リングへ直進するという以外、応答がないのです
ドニエル:エル艦長も、応答なしですか?
ルッカ:副艦長もだんまりです
アイーダ:オリバー、ありがとう
オリバー:姫様も、無茶しないでください
マニィ:水、空気の玉はありますか?
アイーダ:えっ?
アイーダ:ありがとう
マニィ:これも
アイーダ:何です?
マニィ:コンペイトー。ノレドが、甘いものいりますよって
アイーダ:じゃあ、ラライヤにもね
ギゼラ:ステア!もっと北角!
ステア:あっ!イエス、マダム!
アイーダ:ルアン、間違ってもバッテリーには傷付けないんで
ルアン:姫様も傷つけさせません
ラライヤ:ケルベスさんもリンゴさんも、もっと離れてください!これだとみんなが一緒にやられてしまうでしょ?
ケルベス:それでいいじゃないですか
リンゴ:ラライヤの盾になるんですよ!
ラライヤ:それで軍人ですか!
ケルベス&リンゴ:う、うわ~
ドニエル:海の魚を食わせる?!
ルッカ&ミラジ:魚?!
ノレド:魚を食べられるって、何?
キア:まっすぐにジット・ラボに入ってくれれば…
ノレド:!ジット団の親分
キア:海の魚を食わせてやると
ドニエル:条件は何だ!?
キア:まっ、地球人の建造した艦(ふね)を見せてもらえば…
ドニエル:磁気嵐だ
クン:ジット・ラボには援軍を出すように言いましたから、地球人はたたけます
キア:だから、テン・ポリスを出してくるロザリオ・テンが問題なのだ!
キア:このビーナス・グロゥブを抜けたら
キア:また、テン・ポリスが仕掛けてくるぞ。各員、覚悟して排除しろ
クン/チッカラ:はっ!
キア:自分は
キア:ロザリオ・テンで1000年の夢をむさぼっている連中には、現実というには戦いとるもの
キア:だということを教えてやる…!地球人は地球の寄生虫なのだから、殺菌するだけだ!
キア:…
ベルリ:ロザリオ・テンのある所も見当がついていきました
ベルリ:けど、テン・ポリスはこの空域では姿は見せません。メガファウナ!どういうことなんです?
ドニエル:あのなあ!今は…!
アイーダ:想像しなさい!
ベルリ:想像しなさい?聞いたことあるセリフ…
ベルリ:ああっ!
ベルリ:あっ
ベルリ:ジット団のサーベル使い!?
クン:対モビルスーツでもあるのが、ジロッドなんだよ!
ベルリ:ジット団とかぁっ!まだビーナス・グロゥブのそばだぞ!
ベルリ:なっ!?
ベルリ:ジット団の親玉!?
キア:地球人よ!そのG-セルフともども
キア:ジット・ラボに入ってくれれば、ジャイオーンのフル装備を見せる必要もなくなるが…
キア:どうだ?
ベルリ:えっ?
ベルリ:あなたたちは、オーシャン・リングのお仲間たちを何機破壊したんです!?
キア:な、に…!?
ベルリ:あなたは!
キア:あの機体、フラミニアとヤーンの言う通りだ…!何としても捕えて、ジット・ラボで調べねばならん
クン:キア隊長!被弾したんですか!?チッカラ!
チッカラ:わかってる!
ベルリ:手ごわい…!
アイーダ:それはさせません!
アイーダ:何、あのバリアーの強さ!?
チッカラ:こちらがビームを発射できないからといってぇ!
ベルリ:逃げろ!アイーダ
クルー:入港用意
クレッセント・シップ副長:…
クルー:低圧運転に入ります
クレッセント・シップ副長:あっ!寝てたのね、わ、わたし…
エル:ジット・ラボへの進路でな
クルー:は、はい
ヤーン:本当に自分が情けなくて…
フラミニア:すべてのことがわかってる人なんて、いないんですから
フラミニア:あら?なっ!
クレッセント・シップ副長:わ、わたし、もう…!か、艦長!
エル:良い結果を想像しましょ
フラミニア:どうしたんです?
クルー:ああ…しゃ、しゃべっていいのかどうかも…
フラミニア:はぁ?
ベルリ:だからって!シールドの性能はまだ生きてるし!あの人の戦闘力を奪えば、周りは黙る!
キア:G-セルフの外観の画像データがあれば機体分析はできるが…
キア:コクピット・コアだけは回収しなければ
キア:ブラックボックスは手に入らん!
キア:クン・スーンメガファウナを監視。自分はG-セルフの胴体を奪う
クン:胴体だけを?
キア:モビルスーツの頭と手足などは飾りだ。コンピューターだよ!
ベルリ:白兵戦!?シールド!
ベルリ:(なっ!?何だ!? この!)
キア:ち、地球人が建造した物に!ジャイオーンがやられるわけがない!
キア:シー・デスクのフレームの中に逃げ込んでもだなぁ!
ベルリ:これじゃあ、やられないかもしれないけど…!
ベルリ:この上に海があるっていうんだろうに!
ベルリ:見境のないヤツ!
ドニエル:ポリジットの誘導に従ったら
ドニエル:シー・デスクの下じゃないか!
副長:ジット団に攻撃されないからでしょ
ルッカ:海水の重さを支えるフレームの中ですから、発砲は厳禁ですぞ!
ミラジ:ポリジットは、ロザリオ・テンのあるシー・デスクだと言ってましたね?
ドニエル:ああそうだ!ギゼラ!方位わかるか?
ギゼラ:ロルッカさん
ルッカ:その地図…!
ステア:前方!ビーム、ファイッ!
副長:ええっ!?
ミラジ:バカな!
ドニエル:ビーム!?
ベルリ:こんな人たちのおかげで!うっ!
ベルリ:姉さんの邪魔などさせるか!
ベルリ:後退!
キア:ここで止まるかな
キア:海の底に傷つけた!
キア:ダメだ!これはダメだぁっ!
キア:これはやっちゃならんことだぁっ!うわっ!
ベルリ:こ、このすきにやっつけられるなら!
キア:流れ出るんじゃないっ!
ベルリ:追いつけないっ!
ベルリ:うっ!
ベルリ:えっ?!
ベルリ:こ、これって…?!
ベルリ:僕は月を飛び越してきたんだぞ…!?何だよこれ!?
ベルリ:渡り鳥までがいる…!

 

 


次回予告
宇宙にも海があった…!G-セルフも敵も、この海水地獄から脱出できるのか?
次回、Gのレコンギスタ「海の重さ」
君のバッテリー、フルチャージ!

 

次回予告2
宇宙にも海があった。僕は侵略者でもないのに海水地獄の攻撃を受ける。ジット団は巨大なフライパンのような兵器まで出して、僕を焼き殺そうとした…。海の底の穴をふさぐためなのだが、それに付き合うわけには行かない…!
次回、Gのレコンギスタ「海の重さ」
俺は友達と一緒に見る!