アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」

ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」

 

 

ベルリ:海の重さ

 

ベルリ:これ、立体映像じゃないよね?本物…?!
ベルリ:本物の海だよ!
ベルリ:重力もある!あの敵、あっ!
キア:海の底に穴を開けたか!?
キア:俺は、地球人のおかげでとんでもないことをしちまった…!
キア:そこっ!
ベルリ:狙われていた?!
ベルリ:あっ!?
ベルリ:うわぁぁっ!
キア:キアだ!チッカラとクンはどこにいる?!
ベルリ:ええっ!?
チッカラ:もう!何で水漏れが起きるんだ!
ベルリ:二度は!
ベルリ:メガファウナは!僕の位置をわかれ!わかってくださいよ!
ベルリ:メガファウナ
ベルリ:姉さーん!
ドニエル:レーダーは…何だって!?
ベルリ:あっ!
ドニエル:ベルリ!どこだ!?
ベルリ:ジット団のモビルスーツ海上で追いかけているんです!
ベルリ:追いかけられてもいますけど!
副長:ジット団のロールパンは行ってくれましたね
ドニエル:海だ何だというのが、よくわからん
ステア:食べられないロールパンは嫌いだ
副長:嫌だよね
ドニエル:ベルリはここに入り込んだらしい
ノレド:ロールパンはこっちに上がった
ミラジ:メガファウナの向いてる方向は?
ノレド:ギゼラさんのところでわかる
ミラジ:ギゼラさんのところで?
ミラジ:あっ
ギゼラ:ああっ!
ミラジ:あっ
ギゼラ:あっ?
ドニエル:あ?
ギゼラ:すみません…な、何でしょう?
ミラジ:ここからだと、メガファウナの向きがわかると
ギゼラ:…
ギゼラ:ああ、あの数字で…
ミラジ:1の380(サンハチマル)に見えます
ギゼラ:は、はい…
ミラジ:なるほどね
ギゼラ:……
エル:ああ…
クレッセント・シップ副長:……
ヤーン:キア隊長…考え抜いた末の脅しだったんでしょうけど…
クレッセント・シップ副長:うっ…
団員:南京錠ってヤツでしょ?これ
クレッセント・シップ副長:さ、触らないで…!
フラミニア:見たことあるんですよ、これ
エル:そ、そうですか…
フラミニア:パーティで見ません?
ヤーン:えっ?
フラミニア:あっ!水中花だ!水の中のお花グッズ、それに色にって
エル:!
フラミニア:ほーら
エル:うわー!
ヤーン:そうだった
クレッセント・シップ副長:やめてください!ああっ!
クレッセント・シップ副長:あああ!あー!
団員:ははは!ここで開くとこうなるんだ
フラミニア:G-セルフを…
ヤーン:すみません…
クルー:海が壊れたって警報が出てますけど…どういうことなんでしょう?
エル:海が壊れた…?
ドニエル:後部機銃座!対空戦闘用意だ!
ドニエル:各モビルスーツも、再度第1戦闘態勢!
ノレド:あっ、ジット団の人、魚食べさせてくれるって言ったけど、ダメかな?
ドニエル:何だ?ベルリより食い気か?
ノレド:ベルのために聞いたんですっ!
ドニエル:うう、ああ…
ドニエル:ラボの反応はないからって、油断はするなよ!
ラライヤ:全景からのデータ確保、転送しときます
ケルベス:ジット団の男が、ジット・ラボに入れって命令してたってことは
ケルベス:向こうからの攻撃は、ないってことでしょ?
アイーダ:えっ?
アイーダ:フフッ、そうかも。そうですよね。この桟橋だって、砲塔みたいなのないし
リンゴ:海の底が抜けたって
リンゴ:かなり騒いでます。ということは、上の方は手薄ってことで…あれ?ポリス?
ポリス:公社のメンテナンス部門に、緊急出動命令だ
ポリス:メガファウナは、ロザリオ・テンに入港するように!
副長:了解しました。ジット・ラボの要請に従って、ここに寄ったのです
アイーダ:ケルベス中尉にリンゴ少尉、何やってるんです?
リンゴ:ラライヤの股に手を突っ込んで、何をしようっていうんだ!?
ケルベス:こんな物が引っかかってるから
ケルベス:外してんだろ!
ノレド&マニィ:うわ!あ~あ~!
ケルベス:何だって!?
アイーダ:こうなんです!
リンゴ:何だよ
ノレド:ベルを助けるには!中に入らなくっちゃ!
マニィ:んぬぬ~ロープが引っかかって
ケルベス:あのなぁ…やりようってのがあるだろう
ノレド&マニィ:うわぁ~!
団員:コイツはまだ組み立て中なんだぞお!
団員:キア隊長は、それでも出せって命令してきたんだ!
団員:おら、行けっ!
団員:うわぁぁっ!
ローゼンタール:ここで実戦が体験できるなんて、そうぞうもしていなかったなぁ、アタシ
キア:地球人が侵入した
キア:爆発させずにしとめるんだ!俺はコンキュデで迎撃する!
団員:隊長は何でずぶぬれなんでありますか?
キア:海の中を潜り抜けてきたからだろう!
チッカラ:貴様たちは海水を止めに行け!
団員:オートマチックでふさがるんでしょ?!
チッカラ:それでは止められない穴になってるんだ!クン!どこにいる!?
クン:ラボの北ゲートから入りました
住人:おかあさ~ん!
住人:ぎゃー!おかっ!おかーさーん!
ベルリ:メガファウナはジット・ラボの桟橋に取り付いたらしいってことは、僕は…あっ
住人:!
妻:ひっ!
妻:ひえ~!
住人:おかあさんっ!
住人:エリザベートお!
ベルリ:僕はここにいるだけで、役に立っているはずだ。姉さんのことだから…となれば、いつまでもこんな民間人の家を盾にしてはいけない!
団員:ううっ!
団員:隊長!ここでオーブンを使うのは危険です!
キア:出力調整はできる!ここで野蛮人にモビルスーツを使わせる方がよほど危険だ
団員:コックピットが水漏れを起こしているでしょ!やめてくだ…うわぁっ!
団員:隊長!無茶です!
クン:鉄骨桟橋に地球人が居座っているだと!?
キア:!
キア:メディスペ・シーに入ったヤツを処分する方が先だ!
キア:クンとチッカラ!
キア:ローゼンタールは!正面に回ってやれ!
チッカラ:しかしコイツは!
ベルリ:ほかぁ!本物の海で戦ってきた!
ベルリ:こんなものは!爆発させないで
ベルリ:動かなくしてやるっ!
チッカラ:ううっ!ああっ!
チッカラ:ん?
ローゼンタール:チッカラ・デュアル、隊長命令で後退します
チッカラ:ローゼンタールか?!
ローゼンタール:地球人、アタシたち2人を相手にするかいっ?!
アイーダ:わたしたちは、クレッセント・シップから反乱分子をけん制しろと言われているのです
ポリス:ジット・ラボから反乱分子って、本当なのですか?
ラライヤ:それはそちらで調べてください
ラライヤ:中からの反応がありませんから、入ります!
ポリス:ど、どうぞ
ポリス:その宇宙服には中身が入っているのか?
ノレド:警察なら、ちゃんと悪いヤツを捕まえなさいよ
マニィ:…
ポリス:えっ?地球人はクレッセント・シップの捕虜だってのか?
ノレド:聞いた?捕虜が勝手に動けると思ってるんだ
マニィ:文化の違い。考え方が違うのよ
ノレド:研究施設かぁ…
ケルベス:はあ?
アイーダ:ええっ!?
リンゴ:はあ!?
ルアン:ええっ!?
ラライヤ:本物の景色なんですか、これ?
ノレド:うぇっ
マニィ:へへ
ラライヤ:どこに行くつもりなんです!?
マニィ:今、ラボの中を見たでしょ!
ノレド:偵察するチャンスだってことお!
アイーダ海上にいるんですか?ベル!?
ルアン:受信!
ケルベス:方位は?
リンゴ:クッ、磁気嵐が!
ラライヤ:右にもジット・ラボの発着場があるようです!
ルアン:敵機が来たぁっ!
ローゼンタール:四角いおもちゃが!
ルアン:うわっ!
チッカラ:地球人!
ローゼンタール:ズゴッギーの伝統ぅ装甲は頑丈で!
ローゼンタール:このマニュピレーターでチビのアンタなんか!
ラライヤ:ああっ!
リンゴ:ラライヤー!
ローゼンタール:わたしのマニュピレーターが~!
ラライヤ:リンゴさん!
リンゴ:いつもラライヤの
リンゴ:守護神であります!
チッカラ:ローゼンタール!こうなったら、フルムーンに飛び込むしかない!
ローゼンタール::ち、地球人がジット・ラボに入っていくのをチェックしてますけどお?
チッカラ:やらせておけ!フルムーンの装備を持ち出すんだ!
ベルリ:なっ、何い!?
ベルリ:次から次へと、何だっていうんだよ…!
マニィ:およそ無防備の土地柄なのね…
ノレド:研究するったって、古いものをコピーするだけなんでしょ?
ノベル:テーサツ、テーサツ
ノレド:けど、本物の工場だ
マニィ:だって、本格的にモビルスーツを量産させてる大元締めでしょ?
ノベル:イテッ!
団員:うわっ!何だよのハロビーは
ノレド:動くな!
団員:何だ!?
団員:な、何だ!?
ケルベス:マニィ~ノレド~どこだ~?
ノレド:工具を武器にするな!
団員:うわっ!
団員:あっ!
ケルベス:何を組み立てているんだ?マニィさん
マニィ:新型みたいです
ラライヤ:何か見つけたんですか?
ケルベス:リンゴは、その山の下の奥をチェックでしょ
団員:地球から来たって、本当なのかよお前たち
マニィ:ケルベス中尉!これ、すごいですよ!
ケルベス:何がすごいの?
マニィ:操縦がユニバーサル・スタンダードなんですよ!このモビルスーツ
団員:G-ルシファーだろ
ケルベス:G?
ラライヤ:マニィさん!何考えてるんです!?
マニィ:マックナイフ以上に操縦は簡単かもしれないんです!G-ルシファー
ベルリ:冗談メカと思いたくないけど!
キア:地球人には焼け焦げになってもらう!
ベルリ:魚じゃあるまいし!
ベルリ:誰がオーブンに焼かれるかっ!
キア:地球人!?
ベルリ:何ぃ!?何なん!?
ベルリ:やられないっ!
クン:キア隊長!
キア:クン・スーン!ミサイルはだめだ!
クン:なっ、何でっ!?
キア:海の底が抜けているのがわからんのか!
クン:あの下に穴が開いてるってこと!?
ベルリ:渦の勢いが速くなっている
キア:これえではメディスペシーが、全滅する!
ベルリ:あっ、天井。ということは、海面からの高度3000メートルってとこ?
ベルリ:テン・ポリスの…!
ベルリ:天井を背にしていれば、ジット団は撃ってこないけど
クン:海水の補充は始まっているんです!隊長!
キア:すでにオートマチックで修復する規模ではなくなっている…!
クン:キア隊長!何をなさろうというのです!?
キア:コンキュデベヌスの容量があれば、穴をふさげる…!
クン:やめてください!それでは地球人に!
キア:地球人は貴様たちが手なずければいい!メディスペシーの底が抜け切ったら!10数万人の人間が死ぬんだぞ!
キア:い、意外と速い!?
ベルリ:あの機体で、海の底をふさごうっていうのか!?
クン:それはダメです!隊長、ジャイオーンだけでも上がってください!これにつかまって!
キア:確実に沈めなければならん…!やめろクン!このボールは邪魔なんだよ!
キア:穴はふさがるぞ!
キア:コンキュデベヌスは穴に向かっている!
クン:キア隊長!
クン:隊長!
キア:ううっ!機体は止まった!?
キア:穴はふさいでいる!
クン:ジャイオーンだけでも脱出してください!
クン:地球人!?
ベルリ:ダメでしょっ!
クン:敵に助けられた!?わたしはうかつだっ!
クン:隊長!自分もお手伝いいたします!
クン:隊長!何で脱出しないのです!?
キア:貴様たちはレコンギスタをしろ!地球では俺の分も楽しめ!
キア:フルムーン・シップの準備は完了しているんだ!クレッセントと…なっ!?
クン:動いてください…!
クン:隊長と一緒にレコンギスタできなければ、意味ないじゃありませんか!
キア:宇宙兵器は水圧に弱い。ささっと浮上しろ!
クン:あっ、水が…
クン:外か?脱出できる…!
クン:クッ!
クン:はっ!
クン:隊長!一緒に行くんじゃないんですか…?!
キア:うっ!?ショートだって?どこだっ…!?ああっ!…クン…!チッカラにも…!
クン:用意してくださったフルムーン・シップは、もう、いつでも出港できるんですよ…!?
アイーダ:海の中まで追えるわけないでしょ!
アイーダ:渦の勢いも弱くなっています。戻りましょう、ベル
ベルリ:あれだけ大きい物が沈めば、穴はふさがるだろうけど…
ベルリ:宇宙にこんな物があるのがおかしくないか?
アイーダ:ご苦労様。体は大丈夫ですか?
ベルリ:海に助けられましたけど…あっ!
ルイン:ジット団の新手か!
ノレド:お疲れー!
マニィ:出来たわ、わたし!
マニィ:フフフ!やったぁ、マスク!
ベルリ:はあ~?!
アイーダ:マニィさん?!
ノレド:ケルベス中尉、リンゴ少尉、ラライヤの協力を得て
ノレド:捕獲マシン1号の、G-ルシファーです!
アイーダ:ジット・ラボから持ち出した?!
ドニエル:総員聞け
アイーダ:あっ
ドニエル:各員、ロザリオ・テンの港へ集結だ
ベルリ:…
ケルベス:こっちだ
ラライヤ:通路あります
リンゴ:ラライヤさん!
ノレド:ユニバーサル規格だからって、マニィ、よくやるよ
マニィ:マスク大尉から、マックナイフの整備のついでに、操縦はできるようにって
ノレド:あのマスクに教わったの?!
マニィ:まさか
ノレド:ふ~ん
ラライヤ:これかぁ、こういうフィギュアや柱は、空気や水の玉の保管場所になっているんですって
ノレド:ここから出ちゃいけないの?
マニィ:いいじゃない、わたしたちのこと認めている態度なんだから
リンゴ:ひゃ~何い?
リンゴ:ショッピングモールに住宅街?
ケルベス:こんなのが、オーシャン・リングにだーってあるのか?
ラライヤ:高度に気をつけてください
農民:何だぁ~!?
ルアン:豊作ですよトウモロコシ
パイロット:こちらの桟橋から、出ていただきます
ドニエル:全機収容後、ロザリオ・テンの港へ入るぞ!
アイーダ:エル艦長、ありがとうございました
エル:みなさんもご無事で
ベルリ:フラミニアさんやヤーンさんは、リビングエリアなんですか?
クレッセント・シップ副長:行方不明です。パイロットも一緒だったので、逃げたのでしょうね…
ベルリ:ええっ?逃げたって…
アイーダ:ベルリ。のちほど、ロザリオ・テンで
エル:そうしましょう。それまで
アイーダ:はい
アイーダ:! ああっ、薔薇って…
アイーダ:薔薇って…ここにあったんだ……!
ベルリ:姉さん、どうした?
アイーダ:目の前!上!
ベルリ:ええっ?!
ベルリ:バラ?!
秘書:げっ
ラ・グー:フッ…
秘書:ぐっ!?
一同:…!?
秘書:あああ…
ラ・グー:大事ないか?
秘書:い、いつものことで…
ラ・グー:わたしからみなさまへ、耐熱コーティング剤をプレゼントさせていただきます
副長:それって、エル艦長から聞いてます。大気圏突入を可能にするとか
秘書:あっ、失礼いたしました…皆様方にご紹介申し上げます。ビーナス・グロゥブをまとめていらっしゃるラ・グー総裁です
秘書:お仕事の手の空いた方々から、お食事の会場へどうぞ
ラ・グー:私からの、感謝と謝罪を込めての招待です
ドニエル:謝罪だって?
アイーダ:何でしょう?
ベルリ:ええっ?
ラ・グークレッセント・シップが降臨祭も終えずに帰ってきました。そして、ジット団の事件で、海の底に穴も開けた…
ラ・グー:これらすべては、私の管理不行き届きが原因なのです。ですから…
ドニエル:いや、オーシャン・リングの6つの海がつながるような時代になれば…
ミラジ:ここの人々の心も変わると思いますね
ラ・グー:そうなのです。人々もムタチオンすると知れば、絶望する人々も出ています…
アイーダムタチオン?突然変異ですか?
ベルリ:ムタチオン
ラライヤ:人がですか?
マニィ:そんなの…
ノレド:総裁は、おいくつなのですか?
ラ・グー:…まだ、200歳にはなっていません
アイーダ:!?
ベルリ:まだ200歳…
ノレド:あれで100歳超え…!?
マニィ:若いのに…!
ラライヤ:どいうの?
ドニエル:おお…!

 

 


次回予告
地球に戻ることになったのは、ジット団がフルムーン・シップを持ち出したからだ
次回、Gのレコンギスタ「地球圏再会」
バッテリーはフル!

 

次回予告2
アイーダ姉さんがラ・グーという人と話をしたらしいけれど、何も教えてくれず地球に戻ることになった。ジット団がフルムーン・シップを持ち出して、戦いを拡大する危険があるからだ。僕は母に会えても、マニィは僕らのそばから姿を消してしまった。
次回、Gのレコンギスタ「地球圏再会」
目を回さないで見てくれ!