アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第22話「地球圏再会」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第22話「地球圏再会」

ガンダム Gのレコンギスタ 第22話「地球圏再会」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第22話「地球圏再会」

 

 

ベルリ:地球圏再会

 

ローゼンタール:コックピットコアとマズラスターの整合性はどうなのお?
クン:水漏れの箇所の修理は完ぺきです。クレッセントから合流してくれたクルーは働いてくれているのか?
メカマン:彼らのおかげでフルムーンエンジンの立ち上がりを早められました
ローゼンタール:フ~
クン:チッカラは出られるのか!?
チッカラ:出られるから!99!100(ひゃ~く)!
チッカラ:テン・ポリスが出てるんだって?
ローゼンタール:ポリジットの数が増えてるのよ!
フルムーン・シップ艦長:こちらフルムーン・シップの艦長でありますロザリオ・テンの警察の妨害が厳しくなる前に、出港することにします
フルムーン・シップ艦長:各員には、本艦が鉄骨桟橋から離れきるまでに、作業を済ませていただく
クルー:器具やパーツ類をエアロックに戻せ
クルー:撤収なんだってよ
クン:強行突破するんですか?
チッカラ:あのなクン・スーン
チッカラ:テンポリスの連中にだって、キア隊長の考え方に賛成してくれてるのはいる!
フルムーン・シップ艦長:フルムーン・シップは、キア・ムベッキ隊長の遺言を受けて
フルムーン・シップ艦長:レコンギスタの道を開くものである。ん?
ポリス:出港は許可されていない!
フルムーン・シップ艦長:やれ
フルムーン・シップ艦長:これが、キア・隊長の回答なんだ
フラミニア:キア隊長、ついにわたしたちのレコンギスタの船出です
チッカラ:クンのエスコートを!
ローゼンタール:了解
クン:キア隊長の遺言を実行しているんだ。邪魔をしないでくれ!あっ
ローゼンタール:キア隊長の邪魔はしないのっ!
フラミニア:こ、これ、コンキュデベヌス…!艦長!キア隊長が泣いています!
フルムーン・シップ艦長:何だと…!?
フルムーン・シップ艦長:コンキュデの目か?
フラミニア:はい…!
ヤーン:あっ…
フルムーン・シップ艦長:コンキュデのクルーは?
フラミニア:3人ほど助かったようですけど…隊長の名前はありません…
女性キャスター:生存者はいないのではないかというのが、当局担当者の見方です
フルムーン・シップ艦長:キア・ムベッキ…!
フルムーン・シップ艦長:ロザリオ・テンとテン・ポリスは、身をもって海の底をふさいだ
フルムーン・シップ艦長:キア隊長の遺志を弔ってやってくれ。我らは、隊長の死を悼んで、本艦の満艦飾をもって手向けとする
フルムーン・シップ艦長:フルライトだ!満艦飾!
クン:チッカラの言う通りだ…
ローゼンタール:力の差を見せたからでしょ?
チッカラ:テン・ポリスにだって、レコンギスタしたいヤツらはいるんです!
クン:ああ、キア隊長…!
クン:これが長年夢に描いてきた光景ですよね
チッカラ:こうなるとジーラッハやダーマが盗まれたって話が
チッカラ:面白くないんだよっ!
ローゼンタール:んっ!そんなのアタシの責任じゃないですよお~
ノレド:どいた!どいた!どいて~!
マニィ:ノレドが避けるの!
パイロット:何ぃっ!?
パイロット:かかしだぁっ!
ベルリ:エンジンを切って!こちらで着艦させる!
ベルリ:クッ!うっ!
ラライヤ:うう~!
ラライヤ:ケルベスさん!そっちは大丈夫ですか?!
ケルベス:おお!
ケルベス:リンゴも手伝え!
リンゴ:よっしゃあー!
ノレド&マニィ:はぁ…
マニィ:死ぬかと思った…
ラライヤ:はあ!?何でノレドさんが!?
マニィ:やらせろって聞かないのよ~
ノレド:マニィにできることなら、アタシにできないわけがないでしょ
ベルリ:民間業者のビーグルと衝突していたら、ここの刑務所行きだったんだぞ!
アイーダ:あの円の内側の空間を、大型バッテリーで埋めるのですか?
ラ・グー:地球そのものを隣の銀河に飛行させようとすれば、あのような規模の物があと3つは必要でしょう
ラ・グー:しかしわたしは、こんな技術は地球人に知らせてはならないと考えました
アイーダ:どうしてなのでしょう?
ラ・グー:ジット団のような存在を知れば、人類というものは、そう簡単に変われるものではないとわかります
アイーダ:はい
ラ・グー:20年近く前に、ピアニ・カルータ事件というのがありましてね
アイーダ:ピアニ…?
ラ・グーキャピタル・テリトリィでは…
アイーダクンパ・ルシータです
ラ・グー:彼が、ここで人が劣化していく姿を見て、地球上で弱肉強食の戦いをさせて、人の強化が必要だと宣言をしたのです…
アイーダ:宣言…ですか?
ラ・グー:6つ目の海が潮で満ちるようになれば、人々の心も緩んでくるのでしょう
アイーダ:クンパ大佐1人の意見などで…!
ラ・グー:…
アイーダ:?
ラ・グー:ボディスーツはご存じないでしょ?
アイーダ:あ、はい
ラ・グー:その実態を知れば、人類に絶望もしますよ
アイーダ:……
ラ・グー:ご覧になる勇気は…お有りかな?
アイーダ:わたしは見栄っ張りで、強がっているだけの女かもしれないと…いつも恐れています
ラ・グー:なら…
アイーダ:あっ……!あ…
アイーダ:……
アイーダ:……
ラ・グー:…
ラ・グー:あなたは、お強い方です…
ノレド:ええっ!?もう1回?
ノレド:隙間のある所は2重にしておくってこと?
ルアン:そうすると、下敷きのフィルムがすき間をふさいでくれるんだ
ノレド:それで耐熱コーティング
ノレド:完成なんだ…
ノレド:あっ
ラライヤ:ラライヤ、出ます!
ギゼラ:どうぞ
ラライヤ:これ使いようですね…
ラライヤ:マニィさん?
ラライヤ:生真面目なんだ
オリバー:ふっ!
アイーダ:クッ!
アイーダ:はっ!
アイーダ:(わたしは人類の女性として健康…!)
ミラジ:うわっ!わかりましたっ!
ミラジ:つまりトリニティは実用機ということなんですね
ミラジ:このダハックも試作機ではない?
メカマン:目を光らせます?
ミラジ:あっ、いや、結構です
ルッカダハックのカバーがダーマですか?
メカマン:カバーだなんて失礼な!あれだって、モビルスーツみたいなものです
ミラジ:ありがとうございました
メカマン:いや
メカマン:耐熱マシンなんです。ダーマは
メカマン:ほら
ルッカ:これらの物をアメリア軍に提供するというのは、どうだろうかな?
ミラジ:そんな…!
ベルリ:技術屋の理屈なんだからこのままできるわけないないですよ~
ハッパ:けどなぁ!パーフェクトバックパックって言うんだから!
ベルリ:それが信用できないんですよ
ハッパ:ヤツは最前線、こちらは後方だものな
ノレド:んっ!
ラライヤ:ほっ
アイーダ:う、うう…!
コック:そんなに刻まなくたっていいんですよ?
アイーダ:今は泣きたいんです!
一同:えっ?
アイーダ:うっ、うっ…!
ノレド:ノベル、体重
ノベル:エーッ!キクナ!キキタクナイダロ!キクナ!
ノレド:言え!体重計!
ノベル:キノウカラコンマ5キログラムゾー!
ノレド:ええ~!
ノベル:ゾー!ゾー!
クルー:おしっこ、おしっこ…
リンゴ:ぐっ!
リンゴ:何ですか…ラライヤさんたら痛いなぁ…
エル:フルムーン・シップに追いつけたとみていいが、彼らの位置は?
クレッセント・シップ副長:地球の静止衛星軌道をパスしたところです
エル:そんなに低く?
クレッセント・シップ副長:地球の艦隊と接触するのでしょ?
エル:メガファウナ以下、全モビルスーツのスタッフ
エル:に告げます。地球圏に入りましたので、第2戦闘配置です
ドニエル:自分の家の庭に帰って来てもこれだってんだから、何だってんだ!
エル:いつ敵の攻撃があるかもしれません
ローゼンタール:ドレッド艦隊が上、アメリア艦隊が下
ローゼンタール:キャピタル・アーミィも艦(ふね)を出してる
クン地球人が宇宙で戦争やるなんて
チッカラ:最悪だね
チッカラ:艦長、どの辺りで周回軌道になるのだ?
フルムーン・シップ艦長:原則のタイミングが遅かったので、キャピタル・タワーからは多少ずれます
クン:地球人同士の戦争には巻き込まれたくはない
フルムーン・シップ艦長:処女航海で地球なんです!無理を言わないでください!
クレッセント・シップ艦長:こんな低軌道にカシーバ・ミコシまでが降りてきて
クレッセント・シップ艦長:3つの勢力がにらみ合っているのに、G-セルフには第3ナットのワンジラまで行かせるなんて!
ドニエル:キャピタル・アーミィキャピタル・タワーを基地化しているらしいので
ドニエル:ベルリは気になるのです。だからといって1人では行かせられません
エル:わかりました。各員お気をつけて!
ドニエル:ジーラッハメガファウナと一緒にラトルパイソンにまで慣らし運転だぞお?
マニィ:わかっています!ルアンさんにオリバーさん、よろしく!
オリバー:了解だ。ケルベス中尉もラトルパイソン行きだ
マニィ:サラマンドラ?こんなに近いの?
ノレド:G-ルシファーノレド・ナグは、里帰りの気分!
ラライヤ:わたしだって、キャピタル・タワーには縁がありますし
ノレド:ラライヤ、ゴー!
ノベル:イテッ!
アイーダG-アルケイン、出ます!
ハッパ:ベルリ、バックパックの使い方には
ハッパ:くれぐれも気をつけてくれよ?
ベルリ:いい慣熟飛行になります!
リンゴ:マニィさんは言わずもがな、ですね
マニィ:あ、はい!ありがとうございます
ルアン:そういうでかいの!
マニィ:フ…
ルアン:ん?総員!ワンジラからノズル光だ!
ルアン:この数、何よ!?
ラライヤ:この動き、変ですよ!
ノレド:けんか腰だ
アイーダ:お出迎えという雰囲気はありませんね
ベルリ:結局、母さんはキャピタル・アーミィに負けちゃったの…!?
ベッカー:クレッセントから出たモビルスーツ隊なら、ドレッド艦隊の片割れである!
ベルリ:キャピタル・アーミィのウーシア!?ああっ!
アイーダ:あんな数を出してくるなんて!
ラライヤ:G-ルシファーで!
ベルリ:ダメだ!
ラライヤ:ああっ!
ノレド:何でぇ!?
ベッカー:縦の竿の編隊ならば!
ベッカー:扇の編隊でいただくっ!
ベルリ:フォトン・トルピードを試します!
ベッカー:なっ、なななっ、何がっ?!
ベッカー:ジ、G-セルフだったよな?ジ、G!
アイーダ:ベルリはワンジラに入らせます。中尉以下はメガファウナに合流してください
ケルベス:了解っ!アメリアのラトルパイソンって艦(ふね)を見学させてもらう
アイーダ:ありがとう。ベルリ、大丈夫ですね?
ベルリ:は、はい
ベルリ:はあ…出力は100%じゃなかったはずだけど…!
ベルリ:あれがフォトン・トルピードの威力だってのか!
職員:キャピタル・タワーの方では、アイーダ・スルガンは登録されています
士官:しかしなぁ…
ベルリ:母がこの入港を許(ゆる)したんですか?
職員:脅かされたんでしょう?
下士官:ランゲバインの搬入はどこまで済んだんだ?
下士官:ブルジンへの水と空気の玉は…
ベルリ:母に…ウィルミット長官に会いに来たんです
士官:ああ
ジュガン:ハハハハッ
ウィルフリッド:…!
ウィルミット:よく…無事で……!
ベルリ:…
ベルリ:あっ
ウィルミット:あの威力を見せてくれたG-セルフが来てくれたということで、ここの人たちは戸惑っているんだけど。わたしがいる限りはタブー破りはさせませんからね…!
ベルリ:!
ウィルミット:あっ
ベルリ:いえ…
ジュガン:G-セルフとブルジンの威力をもってすれば、我々地球人の敵はたたけます
ベルリ:母はキャピタル・タワーを基地にしてくれるなと
アイーダ:ジュガン司令は、クンパ・ルシータ大佐が何を考えて…!
クンパ:ノウトゥ・ドレッドは法皇様を人質にして、カシーバ・ミコシに押し込めたのですよ?
ベルリ:えっ!
アイーダ:!
ノレド:法皇様を?!
ラライヤ:そんな…!
ノベル:トン デモナイッ!
クンパ:事態はわたしの思惑など、とっくに乗り越えられています
ベルリ:…!
アイーダ:人って…!人ってそのように動くものなのですか…!?
ジュガン:あ、いや、人はもっと動きましたよ?
ジュンヤ:我らがマスク大尉が、カシーバ・ミコシを占領してくれましたので、一件落着しました
ノレド:よかった~!
ラライヤ:…
クンパ:長官には、法皇様お迎えのために上がっていただいたのですが
ジュガン:お嬢さんには、我がアーミィの捕虜になっていただきます
アイーダ:はぁっ?!
ベルリ:姉さんは、僕らの仲間なんですよ!?
ウィルミット:姉さんって…
ジュガン:アイーダさんのお父様の艦隊もドレッドの艦隊も健在なのですからそうなります
ジュガン:何だ!?
士官:カシーバ・ミコシのマスク大尉が、サラマンドラを追うために出るというのです
ジュガン:カシーバ・ミコシを空にするのか?
CA兵:ええっ!?ベッカー大尉が出られるんでありますか!?
ジュガン:今度は何だっ!?
CA兵:G-セルフにやられそうになったのに、生き残ったからマスクのガランデンを助に行くって!
ジュガン:2機ぐらいしか残っていなかったんじゃないのか!?
CA兵:合流する連中はいます
ジュガン:サラマンドラをフルムーンに接触させるわけにはいかん!
アイーダ:……
ジュガン:ベッカーには出撃させろ!
ノレド:行こう
ウィルミット:クラウンの定刻運行はしますからね
ジュガン:そんなのは勝手にやればいいでしょう!
ベルリ:……
士官:…
ウィルミット:ここだって、さっさと明け渡してもらいます!
ジュガン:用が済んだらね!
クンパ:(見ちゃいられんな…マスクにサラマンドラを沈めさせて、フルムーンに向かわせりゃいいのに)
ベルリ:まったくさ、どこに行ってたの?とか、どこに行くのくらい聞いて欲しかったなぁ
ノレド/ラライヤ/アイーダ:……
ベルリ:あっ、ごめん…!フフ…
アイーダ:そうよね
ラライヤ:立派なお母様よ
ノレド:立派なだけじゃ、子どもがたまらないわね
ベルリ:プライドにはなるから、いい母さんだよ
アイーダ:それはそう。わたしの父も同じかもしれないけれど、会いに行きましょ
ラライヤ:メガファウナと合流ですね
ノレド:出られると思う?
ベルリ:出られるさ。クラウンの運行長官が怒鳴り散らしてからね
アメリア兵:からかうのはやめて、警戒だ!
アメリア兵:だけどコイツがビーナス・グロゥブ製って信じます?
アメリア兵:こっちがトワサンガ製ってのも怪しいですよ
リンゴ:何でだよ!
アメリア兵:目、丸いじゃないですか
リンゴ:何ぃっ!?
ケルベス:そっちこそ!宇宙で羽根付きって恥ずかしくないのか!?
アメリア兵:はいはいそこまで。ドレット艦隊がいつ来るか知れないんだから、全員持ち場に就いて!
ギゼラ:ケルベス中尉!クレッセント・シップ接触する前に、マニィはもう一度訓練でしょ!
ドニエル:現物のラトルパイソン?でかいなぁ
ギゼラ:アルケイン、来ました
ドニエル:おう
アイーダラトルパイソンへ直行します
マニィ:ワンジラ、どうだった?
ベルリ:あっ、お袋に会えた
マニィ:あっ、いいんだ
ベルリ:よかないよ。ラトルパイソンに行く
ケルベス:マニィ、もう一度発進!
マニィ:あっ、はい!
マニィ:ベルリはお母さんにあったのか
マニィ:わたしだって、負けない!
オリバー:マニィ!大丈夫か!?
マニィ:何とか!
ケルベス:今度は上から?
ケルベス:マニィ!大丈夫か?!
マニィ:何とか落ち着きました!
リンゴ:ケルベス!ルアン!オリバー!
リンゴ:我々はラトルパイソンの周辺警戒だ。マニィはかなり慣れてきているから、大丈夫だよ
マニィ:このまま真っ直ぐ!誰のせいにもしない!
マニィ:わたし、マスク大尉に絶対追いつく!
アイーダ:何で、父は地球から戻ってきたばかりだって言うんです?
メカマン:補給のことで、ここんところしょっちゅうです
アイーダ:ありがとう
メカマン:よろこんで
ベルリ:あっ、ちょっと待って、姉さん
メカマン:……
アイーダ:つかまって
ベルリ:よっ
ノレド:ノベル
ノベル:ピー!
ラライヤ:大きい艦(ふね)なんですね
アイーダ:そうね
メカマン:あれで宇宙海賊やってたのか…
マニィ:あれだ!
マニィ:ルイン!ルイン・リー
マニィ:自分はマニィ・アンバサダです!
マニィ:帰って来たんですよ!
バララ:バリアシールドにでにもなったのか?!
マニィ:光信号を入力っ!
バララ:そんなものっ!
マニィ:マスク!光信号を読んでくださいっ!
バララ:マスク大尉!巨大な敵に全身がしびれています!
バララ:艦砲射撃で撃ち落してください!あっ!
ガランデン艦長:砲撃(げーき)!
マスク:いや待て!
ガランデン艦長:はあ?!バララからの要請です!
マスク:光信号が出ているとみた!読めるか?!
オペレーター:はい!ル、ル…
オペレーター:ル、イ、ン、リ…ル、イ、ン、リ、です!
ガランデン艦長:何だそれは?!
マスク:あの機体、圧倒的な味方となります!受け入れます!
ガランデン艦長:どうしたんだ?
マスク:バララたちには帰らせろ!
ガランデン艦長:ああ…
クルー:ジェル・カーテン、下ろせ!
クルー:そのあと、ハッチ閉じる!
マスク:ご苦労だった
バララ:ビーナス・グロゥブで建造されただなんて、マニィの話、信じます?
マスク:フルムーン・シップの存在を信じれば、信じるさ
バララ:すいません
マスク:すごいものだ
マニィ:あっ
マスク:……
マスク:1人なのか!?
マニィ:一所懸命、練習してましたから、1人です!
マスク:よ、よくも無事で帰って来てくれた
マニィ:! はい!先輩!
マニィ:ルイン・リー
マスク:マニィ・アンバサダ

 

 


次回予告
ビームカーテンを広げるモビルスーツと激突して、宇宙で人の声を聞いてゾッとした
次回、Gのレコンギスタニュータイプの音」
バッテリーチャージ!

 

次回予告2
マスク大尉の部隊がフルムーン・シップに合流しようとすれば、ドレッド軍がそれを止めようとした。それにベッカー部隊がからめば、僕はビームカーテンを広げるモビルスーツと激突する。宇宙で人の絶叫を聞いてゾッとした。
次回、Gのレコンギスタニュータイプの音」
君は動画を見なければ、見えないっ!