アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」

 

 

ベルリ:ニュータイプの音

 

クリム:カシーバ・ミコシを空にしたマスクの艦(ふね)は、沈めるしかないだろ
クリム:そうしなければ、フルムーン・シップが持ち込んだ戦力が、キャピタル・アーミィのものになる
ミック:アタシたちにそれをさせたくないから、キャピタルのブルジンはモビルスーツを出すし、このクノッソスの女も同じ
ミック:我がサラマンドラの後ろにメガファウナとクレッセントがいるのに
ミック:この2つが攻め込んで来るんですよ!?
クリム:我がラトルパイソンとドレッド艦隊がにらみ合い、こちらが飛び出しているのだから、こうなるさ
クリム:艦長、何でその写真は消えないんだ?
サラマンドラ艦長:えっ?
グシオン:サインはこれでいいな?
士官:はっ!ありがとうございます!
士官:ん?
グシオン:何かね?
士官:失礼しました!
グシオン:うむ
ベルリ:乾燥肌なんですね
グシオン:最近のことだ…おおっ!?
グシオン:痛っ! うお…
アイーダ&ノレド&ラライヤ:?
グシオン:くすぐったいじゃないか
ベルリ:すいません
ラライヤ:えい
ノレド:何をぉ~
ノベル:オハダノウルオイ、クレッ!クレッ!
グシオン:アーミィのジュガン司令が口を滑らせたことはないのかね?
アイーダ:あの人が何かしゃべると思います?
グシオン:そりゃそうだ
ベルリ:でも、ワンジラの港で見たものの話は、参考になったでしょ?
グシオン:だから、今の命令書にサインをした。これからラトルパイソンは、空になったカシーバ・ミコシを奪い取りに行く
ノレド:ええ~っ!?
ラライヤ:カシーバ・ミコシをですか?
ノレド:罰(ばち)が当たりますよ
アイーダメガファウナの建造から宇宙艦隊の編成までなさったお父様が
アイーダ:なんで最前線にいらっしゃるのです?左遷ですか?
グシオン:息子を戦場に出している大統領が、そんなことをするわけがないだろう?
ベルリ:でも、カシーバ・ミコシを盾にしたりすれば、世界を敵に回しますよ
ノレド:だからマスク大尉は、カシーバ・ミコシを出てフルムーン・シップを味方にしようと動き出したんでしょ?
ベルリ:ドレット艦隊だって、フルムーンやクレッセントは欲しいんだから、黙っていませんよ
アイーダ:フルムーンには、ジット団がいるんです。このままなら、戦争は長引くでしょうし
グシオン:G-セルフG-ルシファーは、アメリア軍に合流してくれるな?
ラライヤ:はい?
ノレド:!
ベルリ:メガファウナという海賊船の一員のままでいいです
グシオン:何でそういう面倒な言い方をするのだ
ベルリ:アメリアの、というのではなくて、誰かさんの命令に従いたくないのです
ラライヤ:地球人の誰かさん、ということよね?
ノレド:メガファウナのみんなもそう考えています。たぶん
グシオン:何で、皆でそういう面倒な言い方をするのだ?
アイーダビーナス・グロゥブを見てきたからです
グシオン:…メガファウナは艦隊に移籍させる。お前はわたしのそばで、艦隊指揮といったものを勉強しなさい
アイーダ:そんなものは、ドニエル艦長から習っています。みんなの言っていることは、わたしの意見でもあるのです
アイーダ:それは、わかってください
グシオン:ん?アイーダ、何があったんだ?
アイーダトワサンガでの現実も知りましたし、わたしはいい弟にふさわしい、いい姉になりたいんです
グシオン:弟…?弟だと…?!お前…!
アイーダ:そういう事実があることは、ご存知だったのでしょ?
ベルリ:…
グシオン:わからないことを言うな! !
アイーダ:きょうまで育てていただいた
アイーダ:ことには、心から感謝いたします
アイーダ:お父様…
アイーダ:ありがとうございます
アイーダ:でも、メガファウナでわたしたちなりに協力させてください
ベルリ:協力はさせていただきます
グシオン:(ニューアークの育児園にいたアイーダの履歴は……)
グシオン:(なぜ姉弟(きょうだい)だと信じているのだ?アイーダは)
ドレッド兵:では!
マッシュナー:うむ
ロックパイ:司令、行ってきます
マッシュナー:今回は混戦になる。ロックパイには、錐(きり)1本の穴を開けてくれればいい。あてにしている
ロックパイ:マスクたちをフルムーン・シップには接触させません
ロックパイ:あれは、司令が指揮すべき艦(ふね)です!
マッシュナー:うれしいことを言う。体は本当に大事にしてくれ
ロックパイ:精鋭を集めましたから!
ロックパイ:無駄な出撃はしません!
マッシュナー:フッ…
クレッセント級艦長:な~んで、キャピタル・タワーから出てきたブルジンのモビルスーツがここまでたどり着けるんだ?
マッシュナー:彼らにはキャピタル・タワーで鍛えた技術があるうえに、フルムーンを欲しがっているんです。ここはロックパイに任せればいい
クレッセント級艦長:い~つもロックパイですか
マッシュナー:ドレット将軍に告げ口をしてもいいですよ?
クレッセント級艦長:はっ!それほど子どもじゃない
マッシュナー:気持ち、よかったんだから
クレッセント級艦長:あ~結構なこってぇ
マッシュナー:砲撃戦は覚悟してください
クレッセント級艦長:ああっ、副長ぉ!
クレッセント級副長:総員、モビルスーツ部隊の送り出しはいいかげんにして
マッシュナー:…
クレッセント級副長:砲撃戦の用意だ!
マッシュナー:(それにしても、ブルジンからのモビルスーツメガファウナを速いな…)
アダム:ポリジットさん!よろしいですね!?
隊長:3機、行けます!
アダム:どうぞ!
ギゼラ:ポリジット、3機発進です!
隊長:大丈夫か?
隊員:大丈夫!
隊員:G-セルフが待ってる
隊長:バカ!冗談でも味方機にライフルを向けるんじゃない!
隊員:すんません!
ベルリ:あの人たち、戦争が怖いってわかってないよな
ドニエル:ベルリ
ベルリ:はい!何ですか?
ドニエル:お前らの隊は、前に出過ぎるなよ
ベルリ:わかってますよ
ドニエル:アイーダ
ドニエル:ルアン!オリバー!リンゴは
ドニエル:本艦から動くんじゃない!
副長:艦長!
ドニエル:何だ?
副長:ブルジンから出たモビルスーツ部隊は、えらく速いですよ!
ドニエル:それでフルムーン・シップ乗っ取り作戦が開始ということだ
クリム:ブルジンからのモビルスーツ部隊は
クリム:ブルジンからのモビルスーツ部隊は、艦対戦を仕掛けてくる勢いじゃないか
ミック:このままだと、マスクの艦(ふね)の足止めは出来なくなりますよ
クリム:ちょっと油断しすぎたかな
ミック:寝坊しましたものね
サラマンドラ艦長:!
ミック:…
クリム:少々だ
サラマンドラ艦長:!
ミック:出ますよ!
クリム:ああ!
サラマンドラ艦長:!
サラマンドラ副長:ブルジンから出たモビルスーツ部隊が、1戦闘距離に入りました
サラマンドラ副長:嫌だ!クノッソスも1戦等距離です!んーもー!
サラマンドラ副長:ミノフスキー粒子です!
ベッカー:ランゲバインは
ベッカー:ウーシアが離脱した30秒後に、サラマンドラに砲撃を加える!
ヌール:そのあとで!我々ウーシアで、サラマンドラを沈める!
ベッカー:そうだ!いや、待て!ヌール
ベッカー:ん?ミノフスキー粒子
ベッカー:我々の攻撃の間に、フルムーン・シップを乗っ取る手はずだったが…最大望遠で位置!
ベッカー:来ましたよ…!
ベッカー:なーにが天才クリムの艦(ふね)だよ
ベッカー:22、23、24、25、26、27、28
ベッカー:29、30…!
ベッカー:光学照準をなめるなよぉぉ!
ミック:もっともらしい攻撃に!
ミック:ヘカテーの棺おけビットは!守りにも使えるっ!
ベッカー:なんじゃとて!?ビームが、渦になった!?
クリム:ミック!よくやってくれた!
クリム:棺おけのスペアを持ってきたわたしがわかるか!?
ミック:クリム!
ミック:モビルスーツ部隊が、来ます!
クリム:ということは、今のビームはなんだったのだ?!
ベッカー:別働隊?メガファウナからではないな
サラマンドラ副長:ドレット艦隊の方向からの別働隊です!
サラマンドラ艦長:クリムは三方向からの攻撃を守りきれるのか!?
クリム:ミックは下を!
ミック:はい!
クリム:サラマンドラは応戦すればいいだろう!
サラマンドラ副長:うわー!
サラマンドラ艦長:クリム!
クリム:砲撃戦でしょう!
サラマンドラ艦長:後方ー!
サラマンドラ副長:艦砲射撃だ!ミサイルだ!
ロックパイキャピタル・アーミィにあおられている艦(ふね)などはぁぁっ!
サラマンドラ艦長:撃ち落せぇぇっ!
ロックパイ:地球人のミサイルとビームは腰が弱いなぁ!
ロックパイ:ハハハハハッ!
マッシュナー:やめろ!ロックパイのいる所に撃つんじゃない!ビームは狙い撃て!
クノッソス級艦長:そぉこまでかわいいか!
クノッソス級艦長:ビームを狙って撃つんだとよ
ギゼラ:モビルスーツ戦の閃光確認!
副長:サラマンドラの方位です
ステア:…
ドニエル:ガランデンの動きは?
ギゼラ:フルムーンとの距離は、詰めてます
副長:サラマンドラがここで逃げ出すって考えられます?
ドニエル:天才クリムにはそれは有り得んよ。アイーダ様、ベルリ君はどう考えますかね?
アイーダ:地球に帰って来てから
アイーダ:ベルリは戦争の根っこになるものは取り除きたいと言っていました。そのために、ビーナス・グロゥブのポリスの方にも、戦争を見てもらって…
アイーダ:フフッ、フルムーン・シップを爆発させる、とか
ドニエル:ええっ!?
アイーダ:冗談です
隊長:本物の戦争の光ですか?
隊員:は、離れろよ!
ケルベス:落ち着いて、落ち着いて
ケルベス:編隊訓練中ですよ
隊長&隊員:すみません!
ベルリ:戦闘空域に近くなりますけど
ベルリ:光に引っ張られたりはしないでください
隊長:そんな恐ろしいこと、しやあしません
ベルリ:ラライヤ!
ベルリ:ビーナス・グロゥブの人は守ってやってよ?
ラライヤ:えっ?ベルリはどうするの?
ベルリ:もう少し距離を詰めて、戦争を観察したい
ノレド:無茶はダメだ!
ベルリ:あたり前だろ
ノレド:軍艦同士、ビーム当たってるのかな?
ラライヤ:破片にあたっても、ビームって爆発したように見えるのよ
ノレド:えっ!?そうなの?
クリム:ビームの元を狙うんだっ!
クリム:邪魔だぁっ!
ロックパイ:直撃!?アメリアの!
クリム:致命傷ではないっ!
ロックパイ:よけられ…よけられたっ!
クリム:我がサラマンドラは?
サラマンドラ艦長:かなり、フルムーン・シップ接触するコースより外れてしまったんですぞ
クリム:我々はグシオン総監のラトルパイソンと連携しているのだ!
サラマンドラ艦長:むぅ…そんなことわかってます
クリム:我々がこうして戦っている間に、ご老体がカシーバ・ミコシに乗り込んでくれれば
クリム:作戦の目的は達成されるのだ
クリム:何が不服なんだ?
サラマンドラ艦長:いや、別に
ミック:後ろではクノッソスとアーミィのブルジンが戦争やってんですよ!
クリム:敵同士のつぶし合いなど、好きにやらせておけ
ベッカー:バカめ、ブルジンは我々を放出しただけで引っ込んでりゃいいものを
ベッカー:クノッソスから出た連中か?
ロックパイ:司令が艦隊戦を始めるなんて…!
ロックパイ:まだ7、80%の出力は出せる
ロックパイ:マッシュナー!艦長任せにしちゃダメです!
一同:うわっ!
マッシュナー:回避運動遅いでしょ!
クノッソス級艦長:貴様がさっさと撃ち落さないからだ!
ベルリ:ダメだ。こんなものに近寄れない
ベルリ:あのブルジンが出しゃばったから
ベルリ:うわっ!なにっ!?
隊長:す、すいません!ご、ごめんなさい!見とれてしまって…
ベルリ:あの動き、怖がっているんだ
ベルリ:どうしたんだ!?ラライヤ!ノレド!
ラライヤ:編隊は解かないでください!
隊長:あの光に引き込まれちゃって…
ラライヤ&ノレド:ええっ!?
ノレド:引き込まれないよお!
ベルリ:おびえていれば、そういう心理にもなる…!
ベッカー:援護はさせなーい!
ロックパイ:地球人のウーシア!?
ベッカー:ビームのカーテン!?
ベッカー:ビームを!はね返す!
ロックパイ:あのなぁ、もともとの出力が、地球人のモビルスーツと、違うんだよぉっ!!
ロックパイ:わかれよ!地球人!
ベッカー:うわっ!うわあぁぁっ!!
隊長:ああっ!ひ、光がっ!
ラライヤ:行かないで!
ノレド:ラライヤ止めて!
ラライヤ:やめてください!
ノレド&ラライヤ:!?
ノベル:ビー!
ベルリ:やめるんだ!
ラライヤ:なぜです!?
ノレド:どうしたの?ベルおかしいよ!
ベルリ:戦争は無駄死にを生むから…
ベルリ:ノレドとラライヤはそこから動くな!
ベルリ:僕はG-セルフの義務を果すっ!
ロックパイ:なんだぁ?コイツは!
隊長:うわぁぁぁあぁぁぁっ!
ロックパイ:正気か!?
ベルリ:ダメだぁっ!
ベルリ:ビーナス・グロゥブから来た人を!
ロックパイ:その姿、G-セルフか!
ベルリ:高トルクパンチは!
ロックパイ:勝ったつもりだろうが!こちらの付け目っ!
ベルリ:全方位レーザー!
ロックパイ:なっ、何ぃっ!?
ベルリ:アサルトモード…
ベルリ:使います…!
ロックパイパイ:マッシュナーぁぁっ!
マッシュナー:うっ!?
クノッソス級艦長:どうしたんだ?マッシュナー!
マッシュナー:う…ああ…わたしの男が…
ベルリ:はぁ、はぁ…
ベルリ:な…何だ…?この寒気は…?
CA兵:ト、トワサンガビーナス・グロゥブの新兵器じゃないのか!?
CA兵:データは取ったから検証する!
ラライヤ:左右に敵がいます!
ノレド:わかっている
ノレド:メガ・キャノンは軍艦を落せるんだろ?!
ラライヤ:ベルリ!動きなさい!
ラライヤ:ベルリ!
ラライヤ:死んでるんですか!?
ノレド:敵はクノッソスでしょ?
ラライヤ:ベルリ!
ノレド:狙い撃ち!
クノッソス級艦長:回避運動ー!遅いでしょ!
マッシュナー:ロックパイを殺した光…!
クノッソス級艦長:当たるぞー!よけて本隊へ戻るんだ!
クノッソス級艦長:うう、ブルジンへの対空ミサイル!ビーム・バリアー!
クノッソス級艦長:弾幕薄いでしょ!
マッシュナー:帰投するエルモランの部隊がある。防御網はこれでいい!ロックパイが死んだ空域からのビームが
クノッソス級艦長:あ、あああ、はい?
マッシュナー:ブルジンへのけん制にもなっていますから、脱出できます。あれです!
マッシュナー:わたしは素人だ!馬鹿者だ…!ううっ、こんな戦争の中にロックパイを入れれば、宝を失うことになることは、わかっていたはずなのに…!
ラライヤ:接触回線つながった!どこが痛いの?!ベルリ?!
ベルリ:い、痛くはないけど…寒いんだ
ラライヤ:うっ!
ノレド:パイロットスーツの電源!
ノベル:デンゲンギレ!デンゲンギレ!
ベルリ:ヒーターは…
ベルリ:ヒーターは正常だよ。お尻は汗かいてるしさ…!
ノレド:戦いが嫌だったんだ
ベルリ:G-セルフのおかげで、僕は助かったけど…
ラライヤ:敵のパイロットも同じです
ベルリ:同じって…?
ラライヤ:G-セルフのベルリだって、戦死することはありますから…!
ベルリ:G-セルフでだぞ!パーフェクトバックパックがあるんだろ!?
ラライヤ:名前で勝てたり!生き残ったりします!?
ノレド:名前なんて希望でしょ?名付けた人の保証じゃないよ
ベルリ:!それは…そうだけど
ラライヤ:中尉!みなさん!異常ありませんね?
ケルベス:だいたい観測できたあ
ケルベス:それでベルリ、落ち込んでんだろ?
ベルリ:そういうのとは違います。けど、ビーナス・グロゥブの方には…申し訳ありません
ベルリ:止められなかったのは…僕のせいです!
ケルベス:誰が見てもわかることだ。貴様こそ体を張った。褒めてやるよ、飛び級生!
ベルリ:あ、ありあとうございやす…!
ケルベス:メガファウナは、ラトルパイソンと合流して、カシーバ・ミコシ接触するころだ!
ベルリ:えっ?
ガランデン艦長:よーし!フルムーン・シップに入港だ!
マスク:今、入港と言いましたか?
ガランデン艦長:フルムーンの規模ならそう言います
マニィ:ご苦労様です
ガランデン艦長:おう
マニィ:うわ~!これ、クレッセント・シップより大きいですね!
マスク:そうなのか?
マニィ:はい。すごいです!
ローゼンタール:何て幸せなんでしょ!地球に来て盗まれたジーラッハに会えるなんて!
ローゼンタール:アタシ幸せっ!
ローゼンタール:おおっ!気が強そうっ!
バララ:あっ、自分はガランデン麾下(きか)の…
ローゼンタール:バララ・ぺオールちゃんっ
ローゼンタール:データの写真よりかわいっ
マニィ:フラミニアさん、お変わりなく
フラミニア:ビーナス・グロゥブクンタラって、似たような者同士なんですよ
マスク:ルイン・リーと申しますが、マスクが通り名です
ローゼンタール:…
フラミニア:力を合わせて新しい世づくりを…ですね?
マスク:はい…!
クン:キア・ムベッキ隊長は、地球侵略を考えていたわけじゃありません。あれが、ユグドラシルです
バララ:宇宙で使うビーム砲台といったものです
マスク:その大きさなら、戦艦並みの破壊力がありますか?
ローゼンタール:キア隊長のアイデアなんですよお?ホント尊敬しちゃうわぁ
ローゼンタール:ねっ
バララ:そうなんだ
ケルベス:ベルリ!落ち着いたか?
ベルリ:おかげさまで、着替えさせてもらってます
ケルベス:おう!
ベルリ:ったく、こんな所に流れ込んで
ラライヤ:メガファウナ、キャッチです!
ベルリ:おお!
ノレド:ベル!?
ラライヤ:ええっ!?
ベルリ:何だ!?
ラライヤ:裸!?
ノレド:何だってこんなときに!?
ベルリ:汗がひどかったって言ったでしょう。風邪はひきたくないからね
ノレド:……
ノレド:そっか…そうだよね。大丈夫になった?
ベルリ:うん。スーツのヒーターも問題ないんだ。あっ!ラトルパイソンは1隻だけじゃないんだ
ケルベス:クロコダイル級もついて、メガファウナと一緒に、カシーバ・ミコシ接触
アイーダ:ケルベス中尉、ご苦労様でした
ケルベス:ベルリ生徒が頑張ってくれたからですよ。お姉さん
アイーダ:……
#ツインアイを光らせるG-セルフ その横に来たG-アルケイン
アイーダ:シールドをなくしてしまうほどの
アイーダ:戦いだったのですね
ベルリ:でも、生き延びられました
べルリ:マスクは何で、あのカシーバ・ミコシを放り出したんです?
アイーダフルムーン・シップの戦力が欲しかったんでしょ?わたしたちアメリア軍と
アイーダ:ドレット軍をたたくために…
ベルリ:そうか、カシーバ・ミコシはすごい艦(ふね)だけど、フォトン・バッテリーの輸送船だものな
グシオン:後方警戒はクロコダイルチームだが
グシオン:G-セルフチームの受け入れは、メガファウナである!

 

 


次回予告
バララ・ペオールのピラミッドモビルスーツG-セルフは落せるのか?
次回、Gのレコンギスタ「宇宙のカレイドスコープ」
バッテリーフルチャージ!


次回予告2
2つの宇宙艦隊を一挙に撃破できるモビルスーツバララ・ペオールが出撃してきた。それをG-セルフの力で沈めることはできたのだが、悲劇も起こった…。しかし、戦場を生き延びるためには、涙を流してはいられないのだ
次回、Gのレコンギスタ「宇宙のカレイドスコープ」
これは食いついて見てはならない