アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて」

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて

 

 

ベルリ:死線を越えて

 

ジュガン:ごほっ!ごほっ!
ジュガン:あんなビラビラしたビームを見たことがあるか?ごほっ、ごほほっ
CA兵:はぁ?撤退?!帰れってことですか!?
ジュガン:ごほっ!ごほっ!
CA兵:もう!
ジュガン:何だって?ごほっごほっごほっ
CA兵:クンパ大佐が帰って来いって
ジュガン:戦術的後退ってことか?うっ…
クノッソス級艦長:あ~もうこんな状態で、ノウトゥ将軍の夢をかなえる戦いなど、できるわけないでしょ!
マッシュナー:それができるんだ。フルムーン・シップ乗っ取りを仕掛ければ
マッシュナー:我々はガランデンの下を潜り抜けなければならないが
クノッソス級艦長:あ~たねぇ…
マッシュナー:我々を追っているサラマンドラが、ガランデンとやり合ってくれる
クノッソス級艦長:…
マッシュナー:そうなれば勝ちにいける!
クノッソス級艦長:そんなにうまくいくか!
マッシュナー:うまくいくって!ロックパイがいってるんだよお!
クノッソス級艦長:それじゃ地球に引っ張られるんだぞ!
マッシュナー:やれるって!
クノッソス級艦長:ええっ…
ドレット兵:投降しましょうよ
マッシュナー:ノーマルアフターバーナーで加速
クノッソス級艦長:!
ドレット兵:し、司令!
マッシュナー:引っ張られないよーに加速っ!
ケルベス:クレッセント・シップから運び込んだコンテナの中に
ケルベス:ルシファーのフィンのスペアはあるから、荷解きさせておきます
ラライヤ:頼みます
ベルリ:それから、バッテリーと水の玉もお願いします
ケルベス:アダムさんとハッパにはどやされるぞ
ラライヤ:戦ったんですよ…?!
ケルベス:言っとくよ
ベルリ:あっ
ベルリ:一番近いクノッソスは…まあ大丈夫か。あっ
ノレド:このウエットシート使いな
ベルリ:ありがとう
ベルリ:大丈夫?
アイーダ:このインナー乾かしてくれてありがとう
ラライヤ:ここのヒーター、効くんですよ
ベルリ:じゃあ僕も
ラライヤ:お父様のこと、ご愁傷様でした…
アイーダ:ありがとう
アイーダ:…父は、軽率だったんです。時代に迎合しようとし過ぎて
アイーダ:組織の持つ力関係に負けた人なんです
ベルリ:……
アイーダ:地球にはいつくばっていたようなアメリア人が、ヘルメスの薔薇の設計図に踊らされて、『イノベーションだ』、『宇宙の革新だ』なんて…!
アイーダ:うっ…
ベルリ:(それで、宇宙海賊まで突っ走ったってこと?)
ラライヤ:ガランデンサラマンドラにクノッソスって、イノベーションですよ
ノレド:どういう意味なの?
ラライヤ:フルムーン争奪戦かも!
ベルリ:そうか…!僕らも急がないと!
アイーダ:そ、そうしましょう!
マニィ:バララに手柄を取られっぱなしでは、このジーラッハがかわいそうです!
フラミニア:戦場を見てきたからって、ここは宇宙ですよ…!?
マニィ:ユグドラシルが心配じゃないんですか?
フラミニア:それはそうですけど
マニィ:(バララに手柄を取られたら、ルインを…)
マニィ:とられちゃうじゃない!
マスク:ビーナス・グロゥブの方々には、軌道が低くなっておりますので、くれぐれも…
クン:だからアタシたちに観戦しろっていうんだろ?マスク
チッカラ:リジットの戦闘小隊もいるんだから、その話は聞けないな
クン:地球人やトワサンガ人には
クン:指一本、フルムーン・シップには触らせない!
マスク:そのためには、この低軌道から侵入するものを撃破する必要がありますが…
マスク:クノッソス!?
クン:トワサンガの?
チッカラ:さっきから追いかけてる?
クリム:クノッソスが低軌道から突っ込んで行ったのは、ガランデンをよけるつもりだな
ミック:マスクのヤツは、フルムーン・シップを抱き込み
ミック:クノッソスは敵(かたき)討ちに出てきたんですね
クリム:あの女司令が生き残っているのか。ならば!
ミック:何でここから加速かけるんです?
クリム:メガファウナが遅れているすきに
クリム:勝利を我が手にするんだろ!
アイーダ:(このメガファウナだって、父が残してくれたもの…)
ルアン:ご苦労様です。お父上のこと、お悔やみ申し上げます
アイーダ:ありがとう。今は、G-ルシファー武装の補充を急ぎます
ドニエル:旗艦の指揮を執るのは姫様です
アイーダ:そんな…!
アイーダ:……
ドニエル:そのために、ビーナス・グロゥブにまでいらっしゃったのでしょう?
アイーダ:そんなの無理です!
ドニエル:姫様の義務なんですよ…?!
アイーダ:!
ドニエル:そのために、我々はできる限りのお助けをいたします
ステア:…
アイーダ:うっ、ううっ…
アイーダ:わたしにはできないよ、ステア…!
ステア:アンタにはできるんだよ!
ハッパ:遅いんだよみんなは!ラライヤは格納庫に入って!
ラライヤ&ノレド:怖い~!
ノベル:ヒェ~!
ラライヤ:は、入ります!
ハッパ:G-セルフG-アルケインのバッテリー交換も同時にやるんでしょ!
ガランデン艦長:バカ!何で出てきたんだ!ジーラッハにだって慣れてないのに!
マニィ:ビーナス・グロゥブで特訓しました!
マニィ:あの火球の数…!マスクと敵も互角の数ってこと…!?
クノッソス級艦長:ガランデンの部隊だ!もう攻撃薄いっ!
マッシュナー:何でマスクは、いつもいつも邪魔をするんだ!ビームシールドを張るんだよ!
ドレット兵:!
クノッソス級艦長:出力は分散できませんっ!それもロックパイの指示だってのかぁ!?
マッシュナー:そぉりゃ、そうでしょう♪
マニィ:ルイン先輩!お手伝いしますっ!
チッカラ:ミノフスキー粒子があっても、フォトン・アイ付きミサイルには意味ないっての!
チッカラ:クン・スーンはどうなの?
クン:お互いに戦力になってるってのにねぇ
クン:ん?
クン:ビーナス・グロゥブの技術に土下座させてやるっ!
マスク:さすがビーナス・グロゥブの技術はすごい…が!死に物狂いの人間は怖いぞ!
マスク:トワサンガ人は!月を見てりゃいいのだぁっ!
ドレット兵:ああっ!
クノッソス級艦長:撃ち落せって言ってんでしょっ!
マッシュナー:……
マッシュナー:そうだよロックパイ!加速をかければいいんだよ!
クノッソス級艦長:うひゃひゃひゃぁ~!
マッシュナー:一緒だねぇ~!
マッシュナー:!
チッカラ:これが戦争かぁ
クン:戦争が文化を進歩させるとは、キア・ムベッキ隊長のお言葉でした
クン:何か?マスク大尉
マスク:高度が低くなり過ぎました。それに…それと、フルムーン所属機の信号!
マスク:援軍!?
マスク:ジーラッハ!?
マスク:マニィの光?
ウィルミット:わたしはここで降りますが
ウィルミット:法皇様はここのまま地球へお帰りください
法皇キャピタル・アーミィの軍艦がここまで降りて…
ウィルミット:クンパ大佐もここに降りたのです。怖がっている職員を励ましてやらないと
法皇:ああ…
ウィルミット:ごきげんよう
法皇:あ、ああ…
職員:23便、発車です!
職員:クンパ大佐の作戦なんですって!
ウィルミット:地球での決戦に持ち込むなんてナンセンスでしょ!
クンパ:ドレット艦隊が全滅したのは司令もご覧になってのでしょ?
ジュガン:だから!あとはサラマンドラをたたけば済むことだったのだ
クンパ:メガファウナクレッセント・シップから補給を受けたということをお忘れだ
クンパ:ん?
ウィルミット:メガファウナにまだわたしの息子がいるんじゃないんですか?
ジュガン:現在はその件を考慮している状況ではない!大佐!カシーバ・ミコシから運び出した耐熱フィルムのコーティングで、ブルジンは、前世紀レベルの大気圏突入ができるのだな?
クンパ:できますよ。ビーナス・グロゥブの技術ですから
ジュガン:よぉし!
ウィルミット:(やはり地球で戦争…)
アメリア兵:まったく知らないモビルスーツモドキです!
サラマンドラ艦長:落せばいいんですよ!
クリム:低軌道だから、上空から攻めてくるのはわかるが
ミック:大型機1機って、正気じゃないですよ!
チッカラ:マスク大尉の見込んだ彼女だ!
クン:突破口を開いてくれたが、ヤツら、ダーマとトリニティを持ち出した?!
マスク:マニィ!よくやってくれた!
マスク:接近戦に大型は振りだ。後退していいぞ!
マニィ:はい!
ミック:あの4機はビーナス・グロゥブのもの!
クリム:ならば互角かっ!
ミック:ビーナス・グロゥブの新兵器!?
サラマンドラ艦長:艦(ふね)は降下させなさいよ!
サラマンドラ副長:ガランデンは降下しています!
サラマンドラ副長:が、降下したら重力に引かれて…
クリム:追うんだよ!
サラマンドラ副長:!
クリム:ついて来い!
ミック:出稼ぎ部隊など沈めぇぇっ!
チッカラ:有線式ファンネル!?
クン:小ざかしいっ!
チッカラ:マスク大尉が見えないよ
クン:足元に降りたろ
チッカラ:足元って下だろ?
チッカラ:ジーラッハも下だ!
クン:マニィってヤツもか?
チッカラ:アイツら、重力は気にならないのかい?股がスースーするのに
クン:チッカラ、何怖気づいてんだ!
チッカラ:おしっこ出そう!
クン:! き、気合を入れよう! せーの!
クン&チッカラ:んっ!
チッカラ:あっ、G-セルフG-アルケインは間違いない!
クン:アメリア軍としてフルムーン・シップを乗っ取る気か!?
ノレド:索敵モニター、真下から2機
ラライヤ:了解!
ノレド:ベルは真っ直ぐ前方の、ガランデンに行って!
アイーダ:出撃前の命令通り!ベルはガランデンを説得する!
ベルリ:ジット団のモビルスーツかもしれないのに…!
ベルリ:うわっ!
アイーダ:姉貴の!
アイーダ:わたしの命令でしょ!
アイーダ:あっ!
クン:マズラスターのビーム・ウィップを破るだとお!?
チッカラ:我々の開発したルシファーだって、褒められない!
ラライヤ:アイーダさん、援護!
ノレド:うえ~ぇ~!
ノベル:ビェー!
#対艦ビーム・ライフルを放ち、フルドレスを展開してビームを放つG-アルケイン
アイーダビーナス・グロゥブの人は!武器は使わないっ!
ベルリ:ガランデンが戦艦同士で
ベルリ:砲撃戦ができる距離に来た!
マニィ:ベルリ、お願いだからルインのために負けてやって…!
マスク:ベルリ…!マニィのためにやられてやってくれっ!
マスク:なっ!?何だ!?この出力のなさは!?
ベルリ:トラクタービームです!こっちへ引っ張れる!
マスク:な、何だとお!?ベルリのG-セルフっ!
マニィ:あっ!ベルリはいっぱいいい目にあってきたんだから
マニィ:残りの運は、わたしたちにちょうだいよ!
ベルリ:もう残っている艦(ふね)は2隻だけなんだから、戦うのはやめられるでしょ!
ガンデン艦長:サラマンドラが射程距離に入ったのなら一斉射だろ!
ガランデン副長:そりゃダメです
ガランデン艦長:アメリア艦隊を全滅させられるのだ!8門!斉射ぁっ!
ガランデン副長:ああっ!
ガンデン艦長:射撃結果を
ガランデン副長:ひっ!お、落ちるぅ!
マスク:貴様はいつも圧倒的な力をもらって
マスク:ぬくぬくとしてクンタラを見下す!
ベルリ:殺しあってうらみだけを生んだって!
ベルリ:あれマニィだろ…?!
サラマンドラ艦長:モビルスーツ戻せぇー!
サラマンドラ艦長:改修しなければ全機全滅するぞ!
アメリア兵:しかし、クレッセント・シップがくれた耐熱フィルムって、ホント大丈夫なんですか?
サラマンドラ艦長:大丈夫だから本艦にも塗ったんでしょっ!
ステア:キャプテン!エマージェンシーをかけてください!
ドニエル:ギゼラ!どうなの!?
ギゼラ:そろそろ限界!
ミック:大尉!サラマンドラへ戻ります!
クリム:おじけづいたのか?
ミック:この高度!地球に引っ張られてるんですよ!
クリム:何ぃっ!?
ラライヤ:もう落ちてます!
アイーダ:落ちてるって…地球に引っ張られているってこと!?
ラライヤ:メガファウナに合流しないと
ノレド:燃えちゃうかも!
クン:やめなって
チッカラ:相手のクセがわかったんだ。今度こそたたき斬ってやる!
クン:アタシたちも、ガランデンで大気圏突入に備えるんだ
マスク:ぶ、武器が使えない!
ベルリ:大気圏突入に備えろ!
マスク:大気圏突入だと?マニィは?!
マスク:マニィ!コントロールができていないぞ!
マニィ:大気圏突入のための耐熱マニュアルがないんです
マスク:後ろ向きになって!
クン:チッ
クン:降下速度が速いな。チッカラ!行け!
CA兵:クン・スーンマズラスター収容!
CA兵:3機、未帰還!
ガランデン艦長:マスクのカバカーリーはどうしたんだ!?
CA兵:マスク機、画像出ます!
ガランデン艦長:これか!
ガランデン艦長:よくわからん!
ノレド:さすがベル!
ラライヤ:メガファウナです!
ベルリ:こういう使い方もあるんだ…!
クン:マスク大尉のカバカーリーが戻っていないって?
ガランデン艦長:ジーラッハとかいうのと一緒に落ちているぞ!
チッカラ:カバカーリーには耐熱フィルムはあるし、ひざ当ては2000度にも耐えられる物だ!
クン:マスク大尉に知らせてやれ
CA兵:プラズマ障害が起こってんです!
クン:それに対応できるアンテナもある!
クリム:こうか。ミック、どうだ?
ミック:ダーマはいい角度です。サラマンドラは何で
ミック:逆噴射をかけないんだ!
サラマンドラ艦長:本艦はクレッセント・シップでコーティングした耐熱フィルムで守られているし
サラマンドラ艦長:メガファウナより改良されておるのですぞお?
ミック:船体に傷はないな?
サラマンドラ艦長:へっ?
ミック:形が複雑なのは気にならないか?
サラマンドラ艦長:形が複雑過ぎるって…!?
ミック:問題なんだよ…!大尉!あっ…
クリム:冷却システムがわかったぞ
クリム:ミック!来いっ!
ミック:クリム大尉!
マスク:マニィ!よくやった。わたしがよしと言ったら逆噴射をかけろ!
マニィ:は、はいっ!
マスク:耐熱フィルムはあったのだが…
ルイン:うまくいくかどうかは、やってみなければわからん!
マニィ:はい!
ルイン:俺とマニィが一緒に助かるためには
ルイン:この方法しかないと思った
マニィ:はい…!
ルイン:失敗したら一緒に死ぬことになる…!
マニィ:いいわよ、ルイン
ルイン:じゃあやるぞ!耐熱フィルムを開いたら、マニィの方で逆噴射全開だ!
マニィ:はい!ルイン!
ルイン:行くぞ…!マニィ!
ルイン:逆噴射!ブレーキっ!
マニィ:行きます!
リンゴ:ラライヤ!足を抱くぞ!
ラライヤ:おお!
アイーダ:ベルリ!ベルリ!
ケルベス:アイーダさん!ベルリのG-セルフはどうしたんだよ?
アイーダ:今見たでしょ!ベルリはサラマンドラガランデンモビルスーツの動きが怪しいからって、警戒に出たんです!
ドニエル:大気圏突入中にだぞ!?
ステア:ベルリ、クレイジー
ベルリ:やっぱりだ。G-セルフのパーフェクトパックの力は…!
ベルリ:うぐっ!ブレーキのアサルト…!コピペ!
ベルリ:これなら敵を追える!
ウィルミット:これで
ウィルミット:ギアナ高地方面でよろしいのですね?
クンパ:ありがたいですな
ウィルミット:ジュガン司令とご一緒なら
ウィルミット:あのブルジンに乗れましたのに
クンパ:わたしはただ、物事を観察するだけの傍観者ですから
ウィルミット:(ブルジンを呼び戻したのは、大佐でしょうに)
ジュガン:ババアめ、また大気圏グライダーかよ
ジュガン:現在、アメリア軍のメガファウナサラマンドラ
ジュガン:ギアナ高地方面に降下中である!諸君のウーシア部隊は、ランゲバインの機動力をもって、追撃中のガランデンをよく助け、アメリア軍を撃破していただく!
ジュガン:なお、本艦は耐熱フィルムと同時に、バッテリーも十分にあるから、音速超えはしない!
サラマンドラ艦長:損傷カ所には風船を使いなさいよ!
アメリア兵:モビルスーツは脱出させましょう!
クリム:何をやってるんだ!
ミック:もう少し減速すれば…!
CA兵:やった!大気圏先頭の用意を!
ガランデン艦長:ちょっと待て!方向転換する前に、前方のメガファウナのケツの穴へ砲撃する!モビルスーツは出撃用ー意!
士官:動けば体が重力に慣れていく!
士官:出撃用意だろ!
チッカラ:くぅっ!何て重力ってぇ!
クン:メガファウナモビルスーツの動きを知らせろって言ってるんだ
ガンランデン艦長:総員!砲撃の衝撃に備えろ!
クン:え?
ガランデン艦長:一連射のあとに、本艦は大気圏飛行へ移る!てぇぇっ!
ベルリ:しまった!メガファウナ!当たるな!
マニィ:ガランデンメガファウナを見つけたんだ!
マスク:そそっかしい艦長だ
ミック:ガランデン、撃ちましたよ!
クリム:当たるわけがなかろう
ギゼラ:後方!熱源!
ステア:イエス!副長!
副長:上げ…下げだ!
ステア:メイン、カット!降下!
ステア&ギゼラ:う、あ~あ~!
ドニエル:こらえろ!
副長:よ~し!ステア!ブレーキかけぇ!
副長:う~わっ!
ステア:メインノズル、ファイア!
ドニエル:よ~し、ステア、よくやった!
ベルリ:減速して大気圏に入るのが精一杯!
ベルリ:こんな高性能機をもらって、僕は何をやってんだ!
クリム:空気抵抗だ。ダーマは放出する!
ミック:はい!
ミック:いきなり実戦でダハックですよ?
クリム:だ~れが操縦していると思っているんだ?
ミック:ダッハハッ!
マスク:右手首以外、問題はない
マニィ:G-セルフ、キャッチ。先行してました
マスク:よし、一撃でしとめてみせる
マスク:それが友人であった者への礼儀だと思っている
マニィ:そうしてやってください
マニィ:そのための手伝いはします
マスク:単独で大気圏突入を成し遂げたG-セルフの高性能…そんなものをベルリのような選ばれた者に持たせておくのは、危険なのだよ…!
クン:マスク
チッカラ:大尉
マスク:ご苦労であります
チッカラ:クン!地球ってさ!あったかいね!
クン:キア隊長、これが本物の土の色ですよ
クン:緑も見える…!

 

 


次回予告
武器を持つパイロットは、地球に帰っても戦う衝動は激しかった。それは…
次回、Gのレコンギスタ「大地に立つ」
見てくれる君へ感謝!


次回予告2
何のための戦いなのか…と考えているひまはなかった。武器を持つパイロットは地球に帰っても、戦う衝動は激しかった。それは僕もだ。しかし、アイーダ姉さんは冷静に戦場を見ていて、一瞬にして僕をなだめてくれた。
次回、Gのレコンギスタ「大地に立つ」
見てくれる君に、感謝の心を