アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話

 

 

ベルリ:低軌道でモビルスーツ戦などをやれば、みんなで大気圏突入などをやることになる。僕はG-セルフの高性能を使って、ギアナ高地の大地を見ることができた。

 

ベルリ:大地に立つ

 

ベルリ:こんな高性能機をもらっているのに、僕は何をやってるんだ!
ベルリ:あっ メガファウナはどうなっている?!
ベルリ:みんなはどうやって大気圏を突破したんだ?!
ベルリ:ええっ!?
ベルリ:何でこうなるの!?
マスク:ビーナス・グロゥブの技術には感動しているぞ…ベルリ!
マスク:マニィを傷つけた礼はさてもらう!マニィは出るな!
マニィ:G-セルフの上空にも2機、あります!
ミック:大丈夫なんですか?ダーマから出たばかりのダハックで?
クリム:手間は手間だったが…
クリム:移動ポッドのダーマで、このダハックを運んで
クリム:プランダーと4本のビームサーベルを使って見せれば
クリム:天才は、天才だろう。ミック!後ろに新手が2機だ!
ミック:新手の2機!?
クン:センターのアンノウン以外は、すべてジット団で建造したマシンが集結している
チッカラ:ダハックとトリニティはクレッセント・シップに持っていかれたんだから、敵方に回ったってことですかあ?
クン:あれを使って古典的な大気圏突破をした地球人なら
クン:キア隊長の肝いりのビーム・ウイップの威力を見せてやれる!
ドニエル:ミノフスキー・フライトはまだだぁっ!
ステア:イエッサー!
ドニエル:戦闘空域が…
ギゼラ:よろしくー!
ドニエル:ギゼラ!?何で出したんだ!?
ギゼラ:姫様がベルリを助けるって
ドニエル(あちゃ~):あちゃ~ベルリは心配ないのに…!
ステア:G-セルフ ハズ ア パーフェクトバックパック
アイーダ:ああっ!?
ラライヤ:乗ってください!
ノレド:アイーダ、減速が遅い!
ラライヤ:今は第1ナットからのキャピタル・アーミィの艦(ふね)と
ノレド:アメリアの艦隊の方が問題でしょ!
アイーダアメリアの艦隊は全滅しました
ノレド:違うって!北側の下!ギアナ高地の!
ラライヤ:機体、回します!
アイーダ:北側の下に艦隊って…そういえば、父が地球に頻繁に行き来をしていたのは、このことでだったの?
ノレド:こういう機会にアメリアは、キャピタル・テリトリィを占領しに来るって!
ラライヤ:それはあるでしょうね
アイーダ:! あのズッキーニ大統領ならやることよね!
ラライヤ:光信号、使います!
ギゼラ:G-ルシファーの光信号…!?
副長:光信号の下!艦隊らしいものをキャッチ!
ギゼラ:冗談でしょう?ラトルパイソンとクロコダイル級4隻!
ドニエル:ズッキーニ大統領はどれだけ税金を無駄にしているんだぁ…
副長:ギゼラ!第1ナットから出たブルジンはどうなった!?
ギゼラ:ミノフスキー粒子をまいた方向からすれば、ここに降りてきます!
副長:何でそんなことができるんだ!?
ドニエル:トワサンガから流れてきて、キャピタルの黒幕になったクンパ大佐なら仕掛けられるだろ。ステア!面舵!
ステア:ハード トゥ スターボード!ディセンド!
ドニエル:地上画像をまわせ!
ギゼラ:ラジャー!
CA兵:間違いなく艦隊です
ジュガン:そんなインスタント艦隊など、このブルジンのウーシア部隊でたたき潰せる!
CA兵:マスク大尉だって戦ってるんだろ!
CA兵:地上戦みたいな動きですけど…
ジュガン:モビルスーツ宇宙艦隊が地上戦かよ
マニィ:ジーラッハの!センチピードなら!
ベルリ:でかいからってぇぇっ!
ベルリ:あれも宇宙から帰還して…!何かみんなが降りてきて…!
ベルリ:ジーラッハは!?望遠モニターは!?
ベルリ:地上すれすれに艦隊が飛んでるの?
ガランデン艦長:モビルスーツ戦が2カ所ぉ!?
CA兵:いえ!4カ所…のようです!
ガランデン艦長:アメリアの艦隊というのは何だ!?こんな話は聞いていない!
操舵手&ガランデン副長&ガランデン艦長:うわっ!
ガランデン副長:バリアー!ビーム、回避!
ガランデン艦長:マスク大尉は何やってんだ!?
ガランデン副長:巴戦をやってるんですって言ったでしょう!
ガランデン艦長:他人の戦争で死ぬ気などはない。艦隊を突き抜けてカリブ海に出るぞぉ!
ローゼンタール:なんでこうなるまで混戦をやるんですぅ!?地球人は戦争オタクですかぁ!?
ウィルミット:着陸しろって言ったって…
クンパ:ガランデンの働きは、見たいのですが
ウィルミット:そ、そんな!
クンパ:はぁ…
マスク:マニィは!ガランデンに合流しろ!
マニィ:それではルインを助けられない!
マスク:この状況ならヤツだって混乱してくれているだろうし、生まれた大陸に帰ってこられたのだ
マニィ:ええっ?
マスク:引導を渡してやるにはいい機会だと思わないか?
マニィ:ああ~!
マスク:飛び級生は何を考えているんだ!?
ベルリ:艦隊の戦いはやめさせるっ!
マスク:将来、独裁者になるような!血筋の者はぁっ!
ベルリ:あっ!
マスク:この世を、去れぇぇっ!
ベルリ:ヨーヨーだってぇ!?
ベルリ:金縛りなど…!全方位レーザー!
マスク:G-セルフは悪魔かっ!
マスク:マニィは?!
ベルリ:出力が続かない…っていうより、ビーナス・グロゥブのマシンが強力なんだ
マニィ:ルイン!コイツら…!
クリム:ミックは上だ!
ミック:わかってますよっ!
クン:チッカラ!そっちも!
チッカラ:わかってるって!
クリム:ミック、うかつだ!我々のマシンは、彼らが建造した物なんだぞ!
ミック:そうでした…!しかし、彼らの戦い方の手の内もわかったんですよ!
クリム:そうだな。ビーナス・グロゥブのジット・ラボの正体の想像もついたというものだ
クン:何だ、あの編隊は!?
ジュガン:ガランデンを狙うアメリアの艦隊に集中攻撃をかけろ!
ガランデン艦長:ああ…何だコイツら!?
チッカラ:あれがマスク大尉の敵になる艦隊というのならたたく!あっ
クン:こういう場合は下からの攻撃が有効なんだろ
アイーダ:放しなさい!
ラライヤ&ノレド:もう遅い!
ノレド:今からアメリアの艦隊を止めに行ったって、やられるだけしょ!
アイーダ:ラライヤ!父が仕掛けた作戦はやめさせるんです!
ウィルミット:ふぅ~
ウィルミット:ふう…はっ!
クンパ:ん?
クンパ:うわっ!
クンパ:ん?
クンパ:南へ移動しているようです
ウィルミット:ベルの軍艦は…!?あの軍艦の向こう!
クンパ:長官!
ウィルミット:まさかあの戦場の中にベルが!?
クンパ:大地の下のジャングルでも戦いはやっているんですよ!
ウィルミット:えっ?ああっ!
クンパ:うわっ!
ウィルミット:ああっ!
クンパ:長官!
クン:キア隊長!
チッカラ:あれは…!ダハックだろう!
クリム:7機…!いや!9機目ぇっ!
ミック:わたしは4機!あっ大尉!
クン:トリニティとダハックは、アメリアにつくのか!
チッカラ:ジット団は1つ!
ラライヤ:あの大きい軍艦の正体はわかりました!
ノレド:正体?
ノベル:ナンダ?ナンダ?
ラライヤ:あの軍艦に乗っている大人って、大きなおもちゃをもらってはしゃいでるんです!くっ!
ノレド:うわっ!
ノレド:下から攻撃だろう!?
ラライヤ:あそこにいる大人たちが!
ラライヤ:あなたたちは、そういうものを使う意味がわかっていません!
アイーダ:ラライヤ、ノレド!よくやってくれました
ベルリ:パーフェクトバックパックは伊達ではなかったけど、今になって…!クッ!こうも立て続けでは!
マスク:地上をはいずっていたとは
マスク:似合わんぞ
マスク:飛び級生!
ベルリ:シールド!
マスク:貴様には死んでもらわんとクンタラとしては情けないのだぁっ!
ベルリ:アサルト!
ベルリ:何っ…!?
マスク:バッテリー切れだなぁ、ベルリ・ゼナム君!
ベルリ:トリッキーモード!
マスク:クッ…!ベルリ!
ベルリ:な、何だ?
ベルリ:ここは…陥没した穴だ。あっ
ベルリ:ミノフスキー粒子がなくったって…無線はだめか
ベルリ:みんなはどうなっちゃってるんだ?
ベルリ:あっ
クリム:何がビーナス・グロゥブのジット団だぁっ!
ミック:しょせん、懐古趣味の歴史オタクとわかったんだよ!
ミック:あっ
ミック:クリム、ごめん!
ミック:うわぁぁっ!
ミック:ア、アタシは甘かった…!
ミック:ぐわっ!
クリム:はあぁっ!
クリム:諸君らはビーナス・グロゥブから、わたしにやられに来たんだよなぁ!?
クン:キア隊長、ダハックのビームってこんなに強力だったんですか…!?
チッカラ:ダハックめぇぇぇっ!
クリム:プランダーとして使っている暇はないが、バリアーにはなるぞ!
チッカラ:そんなこけおどし!
チッカラ:エネルギーが吸われる!?
クリム:ぬうっ!はぁっ!
チッカラ:キア隊長ーー!
クン:あっ!チッカラぁっ!
クン:うっ!
ミック:アタシの前でよそ見をするからだろぉっ!?
ミック:うっ、クリム…!
クリム:ミックはもう十分に戦った。さがれ
ミック:嫌ですよ!クリムのダハックだって、左腕は使えなくなっているんでしょ!?
クリム:ミックをいじめてくれた黒いヤツな…
ミック:はい?
クリム:あれを潰すには
クリム:ミックは足手まといなんだよ
クンパ:別艦隊を用意していたグシオンは褒めてやれるが、まるで戦いになっていないな
ウィルミット:どこにいるの… メガファウナにブルジン…!?
ウィルミット:ベルなんだから、ベルを鳴らしてちょうだい…!
ウィルミット:まさかね…
クンパ:ふむ…
ベルリ:わかったよ
ベルリ:フォトンサーチャー
ベルリ:パワーの高いところを黙らせれば、人を死なせないで戦いを終わらせられるんだ!
ベルリ:G-セルフフォトンサーチャー!
ベルリ:データ取得。落ちるな!ジャンプ!
ベルリ:もっともフォトンパワーの強い者を!
ベルリ:こういう道具を使えないようにすればいいだけ!うっ!
ベルリ:どこまでもつか…!ジャンプ! あれ?
マスク:マニィ!ガランデンはもっと東だ!
マニィ:G-セルフです!
マスク:何っ!
マニィ:ベルリ!ルインのために
マニィ:いなくなって!
マニィ:G-セルフに逃げられて…!その下の洞窟です!
マスク:マニィはガランデン
マスク:合流しろ!ビットも使うなよ!
マニィ:ルイン先輩…!
マニィ:ごめんなさい…!何の手伝いも…できなくて…!クッ…
マスク:宇宙世紀時代の遺跡かい
マスク:わかったぞ、G-セルフの居場所!
マスク:それと、あのジャンプで貴様はバッテリー切れとみた!
マスク:勝負、かけた!
マスク:そこかいっ!
ベルリ:武装だけを破壊するなんて、できそうにない…!
ベルリ:(姉さん、どうしたらいいんだよ…!)
ベルリ:クッ!
ジュガン:な、何とかならんの!
CA兵:脱出を!
ジュガン:!
リンゴ:生意気に爆撃機のまねをするからでしょ!
リンゴ:見つかりましたか!
ベルリ:リンゴさんにケルベス教官
ベルリ:あっ!大気圏グライダー!?
クンパ:G-セルフが…
ウィルミット:ベルなのね!
ウィルミット:ベルが…うっ!
ベルリ:撃つ!
クンパ:うっ!?
クンパ:うわぁぁぁっ!
ベルリ:まだー!
クン:ならばっ!
クン:なっ、何だこの縛りは!?
クン:何でわたしを縛る!?
ベルリ:縛ったんじゃなくて、つながっているんです!あなたのビーム・ウィップとは違うんです!
ベルリ:もう僕は攻撃はしません。その意味はわかりますよね?
クン:子どもじゃないんだ。わかっている…!
マスク:Gかぁっ!
ベルリ:トラックフィン!
マスク:うっ!おわっ!
マスク:まだぁっ!
ベルリ:何っ!?
アイーダ:あっ!
ラライヤ:ああっ!
ノレド:いっ!?
ウィルミット:う、うう…!
クン:あっ…!
マスク:ク、ハッ!
ベルリ:何でぇ!
ベルリ:銃口!?
マスク:うわっ!
ベルリ:レイハントン! ぐっ!
マスク:ベルリぃぃっ!
ベルリ:動いているなら…
アイーダ:生存者は遭難者の救助です!キャピタル・アーミィのブルジンも不時着しています!すべての遭難者を救出することを
アイーダアメリアの、アイーダ・スルガンの名前を持って命令します!
ウィルミット:ベルー!ベルーぅ!
ベルリ:走らないでよ!
クン:キア隊長、地球にはああいうヤツもいるんですよ
クン:ここで…会わせたかったな
フラミニア:ん~!いいですねぇ!
アイーダ:よく走りましたね。1km以上ありますよ?
フラミニア:トワサンガでもよく人の目を忍んで走っていました
アイーダ:ミラジさんやロルッカさんにもないしょで?
フラミニア:スパイみたいなものでしたから…
ノレド:1人でできるんですか?
フラミニア:腰を下ろせば着られます
アイーダ:時間のようですよ
ノレド:本当なんですか?
フラミニア:トワサンガへ帰ってから考えます
ベルリ:すごいなぁ、女の人って
クルー:そうです。それで擬似フルムーン、セットです
ステア:イエス
クルー:そっちと
ステア:イエス
ステア:オッケー キャプテン!
クレッセント・シップ副長:…
エル:うっ。アメリアまでですからね
ステア:♪
ウィルミット:時間通り発車です
ウィルミット:何です!ああっ!出発しちゃった!
チアたち:フレー!フレー!クレッセント・シップ!フレー!フレー!クレッセント・シップ!世界巡航~イエ~イ!
ルイン:ついに世界一周飛行かい
マニィ:ルイン、コーンスープ
ルイン:おう。すまない
マニィ:きれいねぇ…
ルイン:ああ
ズッキーニ:今次宇宙戦争に命を捧げてくれた
ズッキーニ:勇敢な兵士、士官たちは、祖国アメリアへの義務を立派に果したのであります。わたしの息子、クリムトン・ニッキーニも、この祖国のために命を捧げ…!
男:月が割れた!
ズッキーニ:ん?
男:おい
女:月が
ズッキーニ:つ、月が…!
男:月じゃない!何か…!
女:冗談でしょ!?
クリム:クレッセント・シップで大統領をたたきつぶせ、ステア
ステア:了解!
エル:それはダメです!
クリム:止めないでください!
ベルリ&ノレド&クン&ラライヤ&アイーダ:!
クリム:自分の子どもを戦死させてまで利用する大統領などは潰してもいい!
エル:そうでしょうが…
男:おい!
男:降りてくるぞ!
男:トワサンガの人を怒らせたんだ!
ズッキーニ;バ、バカな…
男:来ます!
ズッキーニ:来るなぁっ!
男:うわっ!
ズッキーニ;ぐわっ!
ミック:キア・ムベッキJr.?
クン:おかしい?
ミック:いいけど…
クン:フフ
クリム:ミック
ミック:ありがとう!
クン:お気をつけて!
ミック:お待たせ
ノレド:うわぁ~!
ローゼンタール&ミラジ:?
ケルベス:何だ?
ノレド:いない!
ラライヤ:今いそがしいのよ
リンゴ:何だ?
ノレド:はっ!はっ!ベルがいない!
ノベル:ベルハドコダ!
ステア:さっき降りたよ
ドニエル:日本で~止まったろ?
ノレド:ええっ!?
アイーダ:ノレドさん、預かり物
ノレド:わっ、あっ
アイーダ:チュチュミィの世話は頼むって
アイーダ:伝言でした
ノレド:えええっ!?
ノレド:うわぁ~ん!
ベルリ:あれ、富士山っていうんですか?
おかみさん:うちとらは三つ富士って言ってけどさ
ベルリ:シャンクで登れるんですか?
おかみさん:山道はあるよ
お父さん:15分だなぁ
ベルリ:ええっ!
おかみさん:あははははっ!
おかみさん:下山するとき、須走りを使うと15分だってこと
ベルリ:は~っ、ふ~っ
ベルリ:そうか!後ろが太平洋で、前が日本海
ベルリ:海を渡って、大陸へ入るぞお!
ベルリ:ん?そうか!飛べ~!
ベルリ:はぁっと!
ベルリ:僕はこれで!
ベルリ:世界一周するぞお!

 


END