アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話 全セリフ

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話

 

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話

 


ストーカー:さてみなさん。いよいよお別れの時がやって参りました。私には、もう何も説明するべき事は残されていません。そう!これが最後のガンダムファイト!みなさんご一緒にぃぃーっ! みなさん:レディィィィィィーッ、ゴォォー!!


Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!


ドモン:待っていろ、レイン!今俺がぁぁぁっ、ゆくっ!

レイン:ううっ…

サイ:うっ…な、なぁに!?

ジョルジュ:再生!?

チボデー:バカな…こんなスクラップになってまで!

アルゴ:化け物めぇぇっ!

ジョルジュ:うわあああああっ!

アルゴ:うおおおおっ!

サイ:ああああああああっ!

瑞山:な、なんだ突然!

恵雲:おおおっ!

カラト:おおっ…地球が…

ライゾウ:ドモン!容易ならぬ事態だ!動力炉が再生しているらしい!

ドモン:なんだって!?

ライゾウ:お前の仲間が再び戦いを開始した!どうやらデビルガンダムは、我々の想像以上の能力を備えてしまったようだ!

ドモン:わかった父さん!レインを救い、必ずデビルガンダムを止めてみせる!ああっ…うおおおっ!ぐっ!うおおおおおおおっ!

ライゾウ:いかん!相手の注意を分散させて、ドモンへの攻撃を緩めさせてください!

ナスターシャ:了解した!全艦、攻撃よおーいっ!

瑞山:はいわかった!

恵雲:ここは我らに任されよ!

レイモンド:では、左は我々ネオフランスが!

マリアルイゼ:照準、セットいたします!

瑞山:瑞山ビーム!

恵雲:恵雲レーザー!

恵雲&瑞山:発射あっ!

マリアルイゼ:後方から、敵が接近して参ります!

バニー:ガンダムヘッド接近!

ナスターシャ:全速後たぁいっ!

ジャネット:ダメだわ、間に合わない!

キラル:とぅああああああっ!

アレンビー:らあああああああっ!こいつらは私たちに任せてっ!

キラル:皆はドモンの応援を!

恵雲&瑞山:アレンビー殿、キラル殿。かたじけない!

キラル:なんのぉ!ガンダム連合第一部隊は私に続けぇっ!デビルガンダムの脚、一本たりとも地球へ近づけるではないぞぉっ!全員構えぇっ!最大出力!仕掛けるぞぉっ!キラル殺法!曼陀羅、円陣っ!極楽往生ぉーぅ!南無阿弥陀仏!ふーっはっはっはっは、見たか、我らの力!な、何!?うおおおおおおっ!

アレンビー:キラルーッ!

ライゾウ:デビルガンダムめ…地球を飲み込むつもりかっ!

ナスターシャ:全世界へ警告!地球が危なぁいっ!

ホイ:おじいちゃぁーん!

ミン:大丈夫よ、ドモン達が地球を守ってくれるわ!

ホイ&ミン&ハン:うわあああっ!

ハン:そうだ、信じるんじゃ!ワシらのガンダム達を!

チボデー:マシンガァァンッパァァァァンチッ!

サイ:真、流星っ胡蝶けぇぇぇんっ!

ジョルジュ:ローゼスハリケェェェェンッ!

アルゴ:グラビトン、ハンマァァァァッ!

サイ:やったぜぇ!

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:うわああああああっあああああっ!

チボデー:うおっ!

ジョルジュ:うあっ!

サイ:うっ!

アルゴ:ううっ!くそおっ…これじゃラチがあかないっ!

アレンビー:ドモン!ドモンはどうしたの!急いで!みんなもたないわ!

男:こちらはネーデルガンダム編隊!Mr-Ⅲ、Mr-Ⅴ、Mr-Ⅸ、大破ぁっ!

パイロット:これより地球はMr-サーティーンが…うおおおっ!

ドモン:うおおおおおおっ!

シャリー:前部甲板!後部左舷!損傷!

ライゾウ&カラト&ナスターシャ:デビルガンダムッ!

ナスターシャ:進路右!さけろぉぉっ!

ドモン:うあっ…ガンダァァァァァァァァムッ!

ライゾウ:おおっ、ドモン!無事だったか…

ドモン:今、俺が真っ赤に燃えるこの手で戦う!だからみんな、持ちこたえてくれぇぇぇぇっ!ゴッドォォッ!フィンガァァァァァァッ!ここが中枢…レイン…レインどこだぁぁっ!んっ!?こ、これはぁぁっ…

カラト:カッシュ博士!このガンダムは一体!

ライゾウ:ま、まさか…信じられん!だが、もしこれがデビルガンダムの最終形態ならば、とんでもない事になっている!

ドモン:なっ…馬鹿なっ!自分の体内で、武器を使うなんてっ!自殺行為だぞぉっ!うっ!ならば、レインを探す前に!ばぁぁぁぁぁぁぁくねつっ!ゴッドォォッ!フィンガァァァァァァァッ!ああっ!レイン!まさかっ!ぐうううっ…ううっ…今のは、レイン…レ、レイン…レ、レイン…なぜ…

 

 

ドモン:レイン!どういう事なんだ!そんな所で何をしているんだ!そうか…一人じゃ出られないんだな…ならばっ!こいつを叩いてやるぅぅぅっ!

ライゾウ:やめろドモン!

ドモン:うっ!ぐわぁっ!ぐっ!な、なぜなの父さぁぁん!

ライゾウ:よく見ろ!

ドモン:ええっ!?

ライゾウ:そのガンダムこそ、レイン自身なんだ!

ドモン:え?

ライゾウ:考えてみろ。デビルガンダムはお前がレインに近づくほど、攻撃を強めその成長を早めた。

ドモン:でもなぜぇぇっ!

ライゾウ:いいか、ドモン!レインはなぁっ、お前を避けているんだ!

ドモン:なんだってっ!?

レイン:あなたを苦しめてきたのは私の父。そして父の罪は私の罪。ごめんなさい、ドモン。もう2度と会う事は無いわ。 ドモン:そんな馬鹿なぁぁぁっ!

レイン:うあああああああああっ!

ドモン:すまないレイン!大丈夫か?

レイン:いやああっ!こっちへ来ないでぇっ!

ドモン:うああっ!ううっ…そんなぁ…

ライゾウ:これで分かったろう!このガンダムこそ、人間の感情を、心理をエネルギーにした、究極の最終形態!そしてレインそのものなんだ!

ドモン:そんなぁ…ここまで来て、最後の敵が、レイン、お前だなんて!勝てるわけなんて無いよぉっ…勝てるわけなんて無い…

アレンビー:あきらめちゃダメ!

ドモン:え?

アレンビー:どうしてレインの気持ちをわかってあげないの?いい?自分の愛する人を、自分の父親が不幸な目にあわせてしまった。レインの心の奥は、そんなあなたへの罪の意識でいっぱい。それであんなガンダムで、心を閉ざしちゃったのよ!だから!レインの心の扉を開くのに、絶対に効く呪文を教えてあげる。それは、「好きだ。」って一言。ねぇ、今までレインに好きだって言ってあげたことある?

ドモン:ああ…

アレンビー:じゃあ、ドモンこそ自分の気持ちに素直になればいいだけじゃない。

ドモン:え…でも…

チボデー:だったら話は早いぜ!

アルゴ:言ってしまえばいいだけだ!

ジョルジュ:そう、誰にも遠慮はいりません!

サイ:アニキのありったけの気持ちを!

チボデー:ぶちかましちまいなよぉ!

アレンビー:ファイトッ!出ないと私、ドモン以外の人、好きになれないよ。

ドモン:アレンビー…

アレンビー:えっへへっ…あっ!うるさいわねぇいっ!さあ早く!

ドモン:ありがとう…ううっ…レイィィィィィィィィィィィンッ!!

キラル:おおおっ…

ライゾウ:止まった!

瑞山:攻撃が…

恵雲:止まった…

チボデー:さあ…これからだ…

ドモン:レイン。聞こえるか、レイン。返事はしなくてもいい。ただ、聞いていてくれればいい。ミカムラのおじさんは、逝ってしまったよ。「全て自分が悪かった。」って、言い残してね。っでもっ!そんな事はもういいんだ!いいんだよ…それとも、その事で俺がお前を責めるって、思ってるのか?なあ、俺たちはこの一年間、一体何をしてきたんだ?俺たちのこの1年間は、一体なんだったんだ?まだ何も答えなんか出てないじゃないか!覚えてるか?あの時、母さんの墓前で、10年ぶりにあった俺たちは、上の連中に、無理矢理ガンダムファイトを押し付けられて、何もわからないまま、地球というリングに放り出された!俺は!無我夢中で闘った!でも、終わってみれば、周りはそしらぬ顔で、後の事しか考えちゃいない。でもそれで、俺たちの1年が終わってしまっていいわけないだろう?確かに、俺はガンダムファイトに勝った。でもそれは全て、お前が一緒に居てくれたおかげなんだ!そうだよ…お前と俺とで闘ってきた勝利なんだ。だから、これからも一緒でなくちゃ、意味が無くなるんだ!

バニー:見て!

シャリー:シーッ!

バニー:ん…

チボデー:はっ!

アルゴ:ぬっ!

ドモン:なあレイン。決勝の朝、俺は言ったよな。優勝したら、お前に聞いて欲しい事があるって。俺は、闘う事しかできない不器用な男だ。だから、こんな風にしかいえない。俺は、お前が…お前が…お前が好きだっ!!お前が欲しいっ!!レイィィィィィィィィィィィィィィィィンッ!!

レイン:ドモォォォォォォォォォンッ!

ドモン:レイィィィンッ!

レイン:ドモォォォォォォォォォォォォンッ!

ドモン:レインッ!

レイン:ドモンッ!ごめんなさい、でも、私もう離れない!

ドモン:放しはしないっ…

レイン:ずうっと、ずうっと一緒よ!

ドモン:ずうっと、ずうっと一緒だ!

ドモン:さああっ…最後の仕上げだっ!

レイン:ええっ!

ドモン&レイン:二人のこの手が真っ赤に燃えるぅっ!

ドモン:幸せ掴めと!

レイン:轟き叫ぶっ!

ドモン&レイン:ばぁぁぁぁぁぁくねぇつっ!!ゴッドォッ!!フィンガァァァァァァァッ!!

ドモン:石っ!

レイン:破っ!

ドモン&レイン:ラァァァァァァラブゥゥッ!てんっきょおおおおおおおっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇんっ!!!

レイン:はっ…

ドモン:さあっ…これが俺たちの門出だ!

レイン:うんっ!

バニー&シャリー&ジャネット:ああああっ…

ライゾウ:おおおおおっ…

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:ドモン・カッシュ!!

アレンビー:ああっ…あっあっ…

ドモン:うんっ…風雲再起ぃっ!

風雲再起:ヒーッヒヒヒヒヒン!

ドモン:行くぞぉっ!

バニー&シャリー&ジャネット:見てっ!地球がっ!

恵雲&瑞山:おおおっ!

ハン:おおおおおっ!

ミン:わあああっ!

カラト:おおっ!市民は無事だぞ!

ライゾウ:そして、どうやら宇宙の覇権なども一緒に消えたようだな…

カラト:はぁぁっ…なあカッシュ博士。これからガンダムファイトはどうなるのかのぉ…

ライゾウ:ふっふっふっふっふ。恐らくは続いていくでしょう。

カラト:ええっ?

ライゾウ:確かに、ガンダムファイトには様々な問題があったようです…ですがそれがわかっているならば、間違いを正す事も可能なはず。

カラト:所詮我々人類は、闘わずにはいられぬ生き物。

ライゾウ:そして、希望の未来を勝ち取っていく。あの若者達のようにね…

バニー&シャリー&ジャネット:うっふっふっふ!

チボデー:おおう!

バニー&シャリー&ジャネット:チボデェーッ!

チボデー:はっはっはっは!

ジョルジュ:うっ…なっ…

サイ:うーっ!

ドモン:さあレイン、帰ろう!兄さんとシュバルツと、師匠たちの愛した地球へ!

レイン:ええっ!

ドモン:ふっ…ガンダムファイトォォッ!!レディィィィィッ!

一同:ゴォォォォォォォォォォォォッ!!

テロップ:さようならみなさん、またガンダムファイト14回大会でお会いいたしましょう…

 


END