アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ブレンパワード 第9話「ジョナサンの刃」全セリフ

ブレンパワード 第9話「ジョナサンの刃」全セリフ

ブレンパワード 第9話「ジョナサンの刃」全セリフ



 

ブレンパワード 第9話「ジョナサンの刃」全セリフ


前回のあらすじ
寄港地の偉い人は、ノヴィス・ノアやブレンパワードを見ても、何が起こるか想像する事は出来なかった。
でも、私達はリクレイマーのスパイを追い出したりしながら、ブレンパワード達が仲良くなっていくと感じた。



「こういう事にブレンを使うの、何でOKしちまったんだろ、俺?」
比瑪
「もっと丁寧にやってよ」

「分かってます」
比瑪
「あれ……?」

「何ていう光り方をしてんだ?」
比瑪
「正気かしらね」
アノーア
「何て色……!」
ノヴィス・クルー
「船舶ナンバーによれば、ミスター・モハマドです」
アノーア
「若いのに理事長になった……?」
ノヴィス・クルー
「ビジネスの話をしたいらしいですね」
アノーア
「ビジネス?」
アノーア
「冗談ではない!」
モハマド
「はい、本気です。黄金は、この五十倍をトラックに用意してあります」
「これで、ノヴィス・ノアを買います」
「いやいや……買うといっても、究極の指揮権を譲渡して頂きたいのですよ」
アノーア
「ミスター・モハマド……貴方が、アラブ経済界の重鎮である事は存じております」
モハマド
「オルファンが動き出す危機を、我々は、深刻に受け止めているのです」
「中東各国も、この未曾有の危機を乗り越える為に、もう一隻建造させ……」
アノーア
「ノヴィス・ノアは、国連軍所属の軍艦です。民間人がこの船の指揮権を得る事はありません」
「ましてや、特定の民間人の為に、特別の行動を取る事もありません」
直子
「失礼致します。お茶をお持ち致しました」
クマゾー
「ケーキも」
モハマド
「ほう……軍艦というお話でしたが、民間人のクルーも居られるようですな」
直子
「今日届いたばかりの新茶を……」
クマゾー
「ケーキ」
「あっ……!」
ジョナサン
「こ、この……!」
直子
「ご、ごめんなさい」
ジョナサン
「い、いい。触るな」
直子
「はっ……!」
ジョナサン
「動くな!」
ゲイブリッジ
「直子を放せ!」
アノーア
「ミスター・モハマド……!」
モハマド
「き、貴様は……!」
ジョナサン
「挨拶が遅れました。私はジョナサン・グレーン、リクレイマーのパイロットです」
アノーア
「ジョ、ジョナサン……ジョナサンだというの? 何で貴方が……!」
「リクレイマーって……貴方、いつから……」
ジョナサン
「近付くな! この爆薬は、この船の1ブロックぐらい、簡単に吹き飛ばしてしまうぞ」
アノーア
「ジョナサン、貴方っていう人は……!」
ジョナサン
「息子がバラバラになる姿なんて、見たくないだろ? ママン」
シラー
「あそこにカナンも入ったってのかい」
「カナンは、勇の教育係みたいなものだったから、こうなるのも分かっちゃいたけどさ」
「ジョナサンの奴、ビー・プレートを確認するだけじゃなくて」
「ノヴィスの、オーガニック・エンジンの実態も調べるといって、張り切ってたけどさ」
ノヴィス副官
「ああ、艦長。補給は概ね完了です。これで当分……」
「ん、何です……?」
ジョナサン
「何でしょうかね!」
ノヴィス副官
「何だ、あっ……!」
ジョナサン
「たった今、このノヴィス・ノアの究極の指揮権を持った者だ」
ゲイブリッジ
「手出しはするな。全員吹っ飛ぶぞ」
ジョナサン
「流石、提督」
「さて副長、管制表示を……」
「まだこんな物持ってたのか! あんたみたいな女が、こんな物持つ資格はない!」
アノーア
「母親が、子供のカードを持っていて……」
ジョナサン
「あんたは、これを持つ資格はない!」
アノーア
「お前が十の時、プレゼントしてくれたのに……」
ジョナサン
「よく覚えてるから怒ってんだ。あの時だって、ママンは家に居てくれなかった!」
「あんたには、カードを持って見せるような、見せ掛けの愛しかない!」
「こんな事やられたって、子供には分からない! 伝わらないんだ!」
「男との愛情を育てるのを面倒がった女は、子供との愛情を育てるのも面倒だったんだよな?」
「だから俺を捨てて、仕事に逃げたんだ!」
アノーア
「貴方を愛しているわ」
ジョナサン
「今、何やった!」
艦内アナウンス
「これより全ての操作は、アノーア艦長の音声確認が必要となります」
ジョナサン
「やるね、ママン」
ヒギンズ
「非常警戒といっても、潜入したリクレイマーは、まだ艦内に居るんでしょ?」
ラッセ
「居るんだよな?」
ノヴィス・クルー
「らしいぜ」
ヒギンズ
「だったら、何処へ出撃しろっていうの?」
ラッセ
「近くにグランチャーが待機してるかもしれないだろ」
ヒギンズ
「内と外?」
ノヴィス・クルー
「イランドは上空待機!」

「何の非常警報が出たんだ?」
カナン
「また、リクレイマーに潜入されたらしいわ」

「何やってんだ」
ユキオ
「比瑪姉ちゃん~!」
アカリ
「クマゾーが連れてかれた!」
比瑪
「リクレイマーにか?」
アカリ
「ジョナサンとかって奴に」
ユキオ
「艦長さんも司令も、変な外人も捕まったんだ!」
カナン
「本当なのね、比瑪ちゃん? ジョナサンって」

「ったく……!」
ジョナサン
「そんな子供騙しのセキュリティなど、すぐに解除してみせる」
アノーア
「殺したいのならそうしなさい。それで貴方の気が済むのなら……」
ジョナサン
「よく分かってるじゃないか」
アノーア
「クマゾー君……!」
ゲイブリッジ
「君、君……!」
ジョナサン
「この餓鬼……!」
ゲイブリッジ
「ま、待ちたまえ」
「君の探している物は、ひょっとすると、ビー・プレートではいのかね?」
アノーア
「ビー・プレート?」
ジョナサン
「ビー・プレートは、我々オルファンに必要不可欠なものだ」
ゲイブリッジ
「そう……そうならば、だがね……」
「どうだろう、私が君をプレートの格納庫まで案内して……」
「艦長」
アノーア
「はい、司令」
ジョナサン
「いいだろう。だがそれまでは、貴方がた全員が人質です」
モハマド
「き、君……その“何とかプレート”とかいうのはないが、金ならある」
「これで何とか、助けては……」
「あ、貴方は……!」
ノヴィス副官
「ほ、本当に撃った……」
ジョナサン
「あんたって奴は典型的な方だな。そこの坊やの方がずっと人間が出来てる」
直子
「偉いって、お兄様が褒めてくださってるわ、クマゾー」
クマゾー
「うん」
カナン
「聞いた? アノーア艦長が、ジョナサンのお母さんだったんだって」
比瑪
「冗談言ってんでしょ?」

「知らねぇぞ?」
カナン
「アノーア艦長の事、憎んでる事は確かよ」
比瑪
「お母さんだったら、憎む訳ないでしょ?」
カナン
「そうよね、アノーア艦長みたいなお母さんだったら、何も不満はないよね」
比瑪
「一緒に居れば、親子の愛情なんて育てられるじゃない。私なんて一杯お母さんが居るから……」

「迂闊に手は出せなくなった。どうすればいい?」
ゲイブリッジ
「さあ、入りたまえ」
ジョナサン
「先に入るのが、諸君の立場だろ?」
「そっちの旦那も」
ゲイブリッジ
「人質は私と艦長だけで十分だろう。他の人達はここで解放したまえ」
ジョナサン
「坊やもお婆ちゃんも、副長も入って」
「そうだ、お二人は並んで中へ入れ」
ゲイブリッジ
「優秀な男だな、君の息子は……」
アノーア
「申し訳ありません」
ジョナサン
「どれだ? どれがビー・プレートだ?」
アノーア
「ビー・プレートがどれか、私達には分からないのは、知っているのではなくて?」
ジョナサン
「何?」
ゲイブリッジ
「それはそうだろう」
「ビー・プレートの存在を過程したのは、オルファンの研究者達からで」
「その詳細は、我々には知らされて……」
ジョナサン
「何故、閉めた!」
アノーア
「オート・セーフティ・ロック……もう、外には出られないわ」
モハマド
「わ、私はどうなる……!」
ジョナサン
「人間の作ったシステムだ。どうとでもなる筈だな、ママン?」
アノーア
「そういう甘さを排除しています」
ゲイブリッジ
「そうだ。直子さんには申し訳ないが、付き合ってもらう事になる」
直子
「貴方となら何処までも……」
ゲイブリッジ
「有難う」
「しかしクマゾー君には、本当に短い人生になってしまって、申し訳ないな」

「まるでキャッチ出来ない……」
カナン
「なら、方法は一つね」
エナジー・チューブに並行している通気口が、プレートの保管庫に繋がっているわ」
「これを使えばいいんだけど……」
比瑪
「どうしたの? いいアイデアじゃない」
カナン
「狭いのよ」
比瑪
「あ、そうか……」
アカリ
「通気口使って、何すんの?」
比瑪
「いいの」
ユキオ
「プレートの倉庫に行ってさ、ジョナサンを倒す……俺、やる」
アカリ
「私も」
比瑪
「馬鹿言いなさい、そんな危ない事させられる訳ないでしょう?」
ユキオ
「クマゾーと直子婆ちゃんが捕まってんだぞ!」
アカリ
「私達しか行けないんだったら、私が行って戦うよ」
比瑪
「いいの?」

「可愛い子には冒険させろって奴さ」
「頼むぞ、二人共」
ユキオ、アカリ
「オッケー!」
モハマド
「なぁ君、私にもしもの事があると、世界規模の大恐慌が起きてしまうのだ」
「私と取り引きしないか?」
「私が君の為にノヴィス・ノアを買い上げて、場合によっては、オルファンも買い取ってもいい」
ジョナサン
「黙れ!」
モハマド
「ぐっ……!」
直子
「乱暴はおやめなさい」
アノーア
「貴方は、大変聡明な方の遺伝子を受け継いでいるのよ?」
「こういう行動がどんなに馬鹿げているか、分かる筈です」
ジョナサン
「あんたは男と女の愛情なんかより、まだ遺伝子の方を信じてるんだな」
「それで天才の遺伝子を買って、シングル・マザーになったが」
「この俺の気性は、その天才の遺伝子を受け継いだからじゃないのかね?」
アノーア
「それは……私の遺伝子に問題があったからよ。精子の方の問題ではない」
ジョナサン
「だったら! 自分に欠陥があるのなら、子供なんか作るな!」
「俺の前で母親ヅラなんかするんじゃない!」
直子
「ジョナサンさん、そうやって憎まれ口を叩けるのも」
「命を与えてくださったお母さんがいらっしゃるからでしょ」
ジョナサン
「……男を一人も愛さなかった女を、どうして母と呼べる?」
ゲイブリッジ
「いや、艦長は毎日、君の事を想っていたぞ」
ジョナサン
「勝手に想ってるだけの想いなど、子供に伝わる訳がないだろう!」
アカリ
「ユキオ、大丈夫?」
ユキオ
「僕は男の子だぞ」
アカリ
「私だって女の子よ」
アカリ
「やってくれるわ」
比瑪
「勇はブレン使うんでしょ?」

「あ、ああ」
シラー
「潜入して二時間もすれば戻ってくると言ってたのに……」

「データ、出ました?」
アイリーン
「呼び出すの面倒だったけど」

「厚さは25ミリか……」
アイリーン
「持久戦にするしかないでしょう。敵が疲労したところで強行突入するのよ」

「そうですか」
アイリーン
「勇? どうするつもりなの?」

「それじゃ、クマゾーが可哀想ですよ」
直子
「もう少しの辛抱よ。比瑪お姉ちゃん達が、必ず助けに来てくれますからね」
ジョナサン
「何てノイズの大きな計器だ」
ノヴィス副官
「ん、あぁ……」
ジョナサン
「モゾモゾ動くんじゃない」
ノヴィス副官
「ストレッチぐらいさせろよ」
ゲイブリッジ
「副長、人質だという事を弁えないと、最初に殺されるぞ?」
ジョナサン
「これが、国連が信託している軍艦か?」
「走るんじゃない! オシッコなら、その辺でしちまえよ」
「チンチン出してやるから、壁際でな」
クマゾー
「お兄ちゃん、お母ちゃんのおっぱい欲しいんだも?」
「ママのおっぱいが欲しいんで、ここに会いにきたんだも?」
ジョナサン
「き、貴様……ふざけんな!」
ノヴィス副官
「貴様は……!」
モハマド
「それは良くない」
直子
「クマゾーちゃん、大丈夫?」
アノーア
「ジョナサン……!」
ジョナサン
「違うぞ、違うんだ! 俺はこんな事の為にここに来たんじゃない!」
アノーア
「ジョナサン……」
クマゾー
「そうだよ、母さんに会いにきたんだよ? なのにさ……」
ジョナサン
「この餓鬼、何言ってやがんだ! その顔、吹っ飛ばしてやる!」
アノーア
「その子に手を掛けては駄目、ジョナサン!」
ジョナサン
「黙れ! こんな時に何言ってる!」
クマゾー
「そんな事したら、おっぱい貰えないも!」
アノーア
「貴方は、相手が分かってるの?」
「やめなければ、母が貴方を殺します」
ノヴィス副官
「艦長……!」
アカリ
「カナンさん、勇……!」
ジョナサン
「くっ……!」
シラー
「チャクラ・フラッシュだぞ? 船の中で撃ったのか?」
ジョナサン
「何だ……?」

「ジョナサン、観念しろ!」
ジョナサン
「このチビも殺したいのか? 人質だぞ!」
直子
「終わりにしましょう」
ジョナサン
「分かりましたよ、お母さん」
「それじゃ、ベストが脱げないじゃないですか」
「有難う……!」
ゲイブリッジ
「逃げろ、それは爆弾だ!」
比瑪
「勇!」

「ブレン!」
モハマド
「あっ、ジョナサンが……!」
ジョナサン
「心配するな。お前はオルファンに連れてってやる」
クマゾー
「比瑪姉ちゃん!」

「ブレン!」
比瑪
「クマゾー!」
シラー
「何やってる!」
「手に武器を持っている時は気を付けな! 危ないじゃないか!」
「ジョナサンの救出に行くよ」
ノヴィス・クルー
「リクレイマーは、BブロックをGブロック方面へ逃走中です」
アイリーン
「Gブロックへ向かってる……?」
アノーア
「エマージェンシー・コード解除、ブリッジのEブロックへの通路を閉鎖」
ジョナサン
「しっかり掴まってろ」
クマゾー
「う、うん」

「ジョナサン!」
比瑪
「クマゾーを降ろしなさい!」
アイリーン
「リクレイマー、クマゾーを……!」
ジョナサン
「俺の足でも狙うか?」
「モハマドの護身用の武器だとさ」
「目、瞑ってろ!」
ノヴィス・クルー
「こんなスイッチ、使いやがって……!」
カナン
マグネシウムの光? 何だったの?」
アノーア
「護身用に、絨毯にご立派な仕掛けをなさったんですね」
モハマド
「私は、そんな厄介な物を持ち込んだりはしませんよ」
アイリーン
「火傷をしたクルーも居るんです」
モハマド
「どなたか?」
アイリーン
「この船の医者で、鍼灸師です」
モハマド
鍼灸師……」
アノーア
「人間に針を刺すんですよ」
ジョナサン
「ちゃんと掴まって、体を前へ持って来い!」
ヒギンズ
「何、あの煙……?」
ラッセ!」

「もうこれ以上、上へは上がれないぞ、ジョナサン!」
ジョナサン
「悪いな、今日はお前と遊んでいる暇はない」
アノーア
「いい加減でクマゾー君を降ろして投降なさい。そうすれば悪いようにはしません」
ジョナサン
「嘘を吐け! 悪いようにしないなんて、ずっと言ってきたじゃないか!」
「だけど、いつもいつも裏切ってきたのが、ママンだ!」
アノーア
「そんな事ありません!」
ジョナサン
「八歳と九歳と十歳の時と、十二歳と十三歳の時も僕はずっと、待ってた!」
アノーア
「な、何を……」
ジョナサン
「クリスマス・プレゼントだろ!」
アノーア
「はっ……!」
ジョナサン
「カードもだ。ママンのクリスマス休暇だって待ってた」
「あんたは、クリスマス・プレゼントの代わりに、そのピストルの弾を息子にくれるのか?」
アノーア
「そんなに忘れてない……!」
ジョナサン
「シラー、俺のグランチャー!」
シラー
「止まったらやられるだろ!」
「ジョナサンが居るんだね?」
ジョナサン
「よ~し、俺はここだ」

「ジョナサン!」
ジョナサン
「ふん、もう一度オルファンに戻る気はないのか? 伊佐美博士達は待ってるぜ?」

「俺は、お前みたいなマザー・コンプレックスはない!」
ジョナサン
「俺はお袋を否定した。お前みたいにベタベタと言いなりになった事はない」
ヒギンズ
「私はドジだ!」
ジョナサン
「うっ……!」

「クマゾー!」
ジョナサン
「落ちるな! 踏ん張れ!」

「ジョナサン!」
ジョナサン
「男だったら踏ん張ってみせろ!」

「お前なら出来る!」
ジョナサン
「掴まれ!」

「一人にゃ……!」
「クマゾー!」
クマゾー
「勇!」

「グランチャーが?」
「ジョナサン!」
ジョナサン
「シラー、今日はこれで引き上げるぞ」
「俺だって、引き上げ時ぐらいは知っているつもりだ、クマゾー」
クマゾー
「うん」
「君は立派だったよ。尊敬に値する坊やだ、ふふっ……」
「オルファンにくればグランチャーをくれてやる。来るか?」
「……残念だな」
「おい」
モハマド
「この威容と収集したプレート、オーガニックなるエンジンの船……」
「それに、アイリーン……。アイリーン……アイリーンさん……」
アノーア
「はぁっ……」