アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ブレンパワード 第12話「単独行」全セリフ

ブレンパワード 第12話「単独行」全セリフ

ブレンパワード 第12話「単独行」全セリフ



 

ブレンパワード 第12話「単独行」全セリフ


前回のあらすじ
私はチラッとしか見ていないけど、難しそうなお父さん。
それに、姉さんのクインシィさんまで攻めてきたんだから、世の中どうなるんでしょうね。
カント君は姉弟の出会いを見ているんだけど、そういう事になると、あの子、何も教えてくれないんだな。


直子
「戻ってこないね」
比瑪
「そうですね」
アカリ
「いいお野菜、一杯買えて良かったね、比瑪姉ちゃん」
「比瑪姉ちゃん」
比瑪
「あ、何?」
アカリ
「勇の事、そんなに心配しても、しょうがないでしょ?」
比瑪
「あんな奴の事、誰が心配するもんですか」
アカリ
「そっか~?」
比瑪
「こら」
クマゾー
「あっ……」
比瑪
「勝手に入っちゃ駄目でしょ?」
クマゾー
「違うも、スパイだも」
比瑪
「お腹空いてる訳ないのに」
クマゾー
「違うも、違うも」
アカリ
「あ~っ!」
比瑪
「あっ……!」

「あっ……!」
アカリ
「勇!」
比瑪
「何してんの、そんな所で……!」
女将さん
「知り合いなら、お金、貸してもらいな。こんな所の代金は安いんだから……」

「いえ、知り合いじゃありません」
比瑪
「ちょっと、そういう態度はないんじゃない? みんな心配……」

「うわっ!」
アカリ
「喧嘩だ!」
女将さん
「え?」

「喧嘩?」
比瑪
「何て町さ……」
女将さん
「ちょいと、バケツの水をぶっかけるんだよ」

「あ、はい」
女将さん
「こっちまで巻き添えにされちゃ堪んないから、追い出しな」

「掛けますよ」
女将さん
「バシャッとね」
比瑪
「あれ、勇のお父さん?」

「え?」
アカリ
「そうみたい」

「本当か? どれさ?」
怪しい男
「馬鹿タレが! 何も分かってねぇんだから……!」
「どうもすいません、先生」
研作
「いや……」

「何で、あんな連中と一緒なんだ?」
比瑪
「お父さんでしょ?」

「これ、頼む」
比瑪
「ちょ、ちょっと……!」
アカリ
「勇、待って!」
クマゾー
「僕も!」
比瑪
「待ちなさい!」
女将さん
「お嬢ちゃん、あの子は勘定の半分しか働いてないんだよ。払っていきな」
比瑪
「あぁ……」
比瑪
「アカリ」
アカリ
「スパイ続行中」
比瑪
「え?」
店員
「姉ちゃん……」
比瑪
「え?」
店員
「これだけ貰うぜ?」
比瑪
「そんな……」
「クマゾー、アカリ!」
クマゾー
「あっ……!」
アカリ
「クマゾー、大丈夫か?」
クマゾー
「だいじょ、だいじょ」
「むぅっ……!」
アカリ
「静かに」

「あんな連中をリクレイマーに勧誘しようってのか?」
「……え?」
クマゾー
「行くなも」

「こんな所で、逃げる訳ないでしょ」
比瑪
「そうかしら」
アカリ
「勇のお父さんを追い掛けてるんだろ?」

「その倉庫に入った。声を出すなよ。待ってるんだ」
比瑪
「クマゾーはいいわ。動くんじゃないのよ?」
「あんな事言っても、オルファンに帰るかもしれないし、油断なんか出来るもんですか」

「プレート……?」
比瑪
「プレートがどうしたの?」

「静かにして」
比瑪
「プレートを、勇のお父さんが持ってくって事ならさ」
「リクレイマーが新しいプレートを手に入れるって事よ?」

「触んな」
「勝手な事すんなよ」
比瑪
「入口を見張るわ。勇はそこで監視して」

「おい……!」
研作
「……全部、偽物じゃないか」

「金を出すのが惜しくなったのか?」
研作
「こんな物を口実に、私に接触するとは」

「はっ!」
研作
「うっ……!」

「お、親父……!」

「本物だろうが偽物だろうが、俺達には関係がない」
「俺達をノヴィス・ノアに乗れるようにしてもらうぜ」
研作
「そ、そんな事は無理だ……」

「あんた! あんたの命を引き換えなら、どうとでもなる筈だ!」
研作
「ノヴィス・ノアは、無理だ!」

「強情だな……命縮めるよ、博士? 二、三日ここで考えてくれれば……やってくれるよな?」
 〃
「誰だ!」
比瑪
「農家の人、ごめんなさい!」
アカリ
「ジャガイモさん、ごめん!」
クマゾー
「カボチャさん、ごめん!」

「どこの餓鬼だ!」
比瑪
「ごめんなさい!」

「うっ……!」
 〃
「ふざけんな!」
比瑪
「あっ……!」
アカリ
「えっ……!」

「えいっ!」
研作
「勇!」

「やめねぇか!」
「うっ……!」
比瑪
「決まった!」
アカリ
「偉いぞ!」
クマゾー
「やったも!」
研作
「済まなかったな、勇」

「別に、あんたを助けたくて来たんじゃない」
研作
「そうだろうが……」
勇、研作
「ん?」

「貴様達が要らねんなら、海に捨てちまう!」
比瑪
「クマゾー、下がって!」
勇、研作
「うっ……!」
研作
「しまった、あのプレートは生きているのか」

「偽物が生きてんのかよ?」
研作
「あんな連中に、本当の事が分かるものか」

「比瑪、アカリ、クマゾー、大丈夫か?」
比瑪
「こっちよ」
「プレートどうしたの?」

「走ってった」
比瑪
「走っていった?」
民間人
「プレートが来るぞ!」
 〃
「わっ……!」
 〃
「近寄ったら危険だぞ!」
研作
「ノヴィス・ノアの、プレートの研究員です」
警察官
「近付いたら、リバイバルに巻き込まれるぞ。下がってなさい」
比瑪
「お巡りさんの言う通りよ? どうすんの?」

「親父の口振りじゃ、少なくともグランチャー・タイプにはならない」
民間人
「プレートのみんなが、リバイバルするもんじゃないんでしょ?」

「他人の車で……!」
アカリ
「比瑪姉ちゃん」
比瑪
「追い掛けるっていったって……」

「分かってるよ」
研作
「物事を諦めないというところは、母親そっくりだ」

「並べよ」
比瑪
「このバイクの運転は難しいんだから……!」
研作
「一緒にオルファンに戻るか?」

「ふざけるな! 何故、俺がオルファンから逃げたのか、分からないのか?」
研作
「たまには、外に出たくなるのは分かる」

「あんたがオルファンの動きを止めようとしなかったからだ」
アカリ
「お父さんを撃つのか?」

「こうしなければならない時だってある」
研作
「オルファンは、自分の力でもうすぐ海上に出る。とっくに止められなくなっていた」

「中からぶち壊せばいい」
研作
「止められるほどに壊せるものか」

ブレンパワードを使えばやれるんだろ?」
研作
「やれる訳がない」

「ブレンとグランチャーが、本能的に反目し合ってるのは何故だ?」
「ブレンが、オルファンの中で活性化しないのは何故だ? それを考えれば……」
研作
「そうか、そこに方法があるのか……」

「ブレンの抗体反応は、オルファンの体には毒になる」
比瑪
「そういう考え方があるんだ」

「ブレンがパワーアップしてるってのは、オルファンには驚異になる筈だ」
研作
「お前のつもりなど」

「わっ……!」
「親父め!」
研作
「親父……グランチャーで来たのか?」
「やっぱりだ。選りに選って、同じような所に隠して……!」
比瑪
「やる事が一緒なんて、やっぱり親子ね」

「嫌味か?」
比瑪
「事実でしょ?」
研作
「ノヴィス・ノアと勇はどう動くか、手並みを見せてもらうぞ」
アカリ
「そら」
比瑪
「待ちなさいよ! 追い掛けてどうするの?」

「潰すんだよ」
比瑪
「親を潰したって、どうなるものでもないわ」
勇、比瑪
「あっ……!」
アカリ
「比瑪姉ちゃん、勇、大丈夫か?」
比瑪
「……分かったわ。お父さんの行方を追うにしても、援護はするわ」

「頼む」
アカリ
「喧嘩してたのか?」
比瑪
「違うよ」
アカリ
「ん?」
比瑪
「クマゾーは?」
アカリ
「ん?」
比瑪
「あっ……!」
クマゾー
「わぁぁっ!」
アカリ
「あ~っ!」
比瑪
「クマゾー!」
「どういう事なの?」
アカリ
「やだ~!」
比瑪
「勇、クマゾーが引っ付いてんのよ!」

「ブレン、親父を追って……」
「ん?」
「ブレン、済まない」
「クマゾー、何やってんだ?」
「一体、何をやろうとしてたんだ?」
クマゾー
「スパイだも、スパイ。比瑪姉ちゃんはいつも、勇をスパイしろって言うも」

「まだそんな事言ってんのか、あいつ」
勇、クマゾー
「ん?」

「親父の奴、真っ直ぐにオルファンに帰るのか」
研作
「このまま付いてきたら、勇……お前はまた、オルファンのアンチ・ボディになる」
「ブレンと人間のアンチ・ボディ化は、違うからな」
アカリ
「そうなの、アイリーンさん」
比瑪
「だから、ブレンみんなで勇を追い掛けるんです」
アカリ
「すぐ港に着くよ」
比瑪
「……ブレンがオルファンに対抗する者なら、元々、そういう力を持たされている訳よね?」
「だから、勇は一人で戦えると思ったんだ」
「なら、みんなでやれば、何とかなる……?」
研作
「海に浸ると落ち着くのは、太古からの記憶に抱かれているからだ」
「この意味を分かってくれ、勇」

「クマゾーも居るんだって感じさせれば、ブレンは頑張ってくれる」
ノヴィス・クルー
「船は外海に出るぞ」
カナン
「ドクターの誘いに乗ってオルファンに近付けても、その後、どうするつもり? 勇……」
ラッセ
「無茶する坊やだって思わないか?」
ヒギンズ
「何としてでも、オルファンを止めたいんでしょ」
「私は好きだな。ね、ブレン?」
ノヴィス副官
「キメリエスに進路を確保させろ。レディ1とレディ2は前衛だ」
アイリーン
ラッセ・ブレンが比瑪ブレンを桟橋まで運んでくれるわね?」
カナン
「私も連れていきます」
アイリーン
「なら、全員で比瑪ちゃんを迎えて、それから移動で間に合いますね?」
カナン
「勿論。イランドを追い越せます」

「何だと? オルファンはこんなに浮上してるのか」
クマゾー
「負けるも?」

「負けるもんか」
比瑪
「ブレン!」
「そこで待ってらっしゃい。すぐにウェッジが迎えにきてくれるから」
アカリ
「うん。行ってらっしゃい、比瑪ブレン」

「こんなに大きかったのか」
クマゾー
「大きい? 大きいも?」

「ああ」
「引かれてるのか、ブレン? 苦しくないか?」
「触る?」
「ここか?」

「プレート台の上に休ませるだけでは、グランチャーは活性化しません」
「総合フェロモンの投与と、神経系への投与も忘れるな」
シラー
「お呼びですか、ジョナサン・グレーン」
ジョナサン
「ああ。フィジジスカの方から、グランチャーを出してくれと言ってきた」
「行ってやってくれ」
シラー
「分かりました」
「ドクター翠、いやに張り切っているじゃないですか」
ジョナサン
「グランチャー部隊の存在が分かったのさ」

「ジョナサン・グレーン」
ジョナサン
「はっ……」

「新兵器の事で相談があります。手が空いたら研究室に」
ジョナサン
「今でも宜しい?」

「無論です」
ジョナサン
「プレートの残りカスと言いますが、あれは使えます」

「お帰りなさい」
研作
「おう」

「どうでした、会議は?」
研作
光合成とオーガニック・エンジンの関係をついた者が居た」

「流石、人物は居るものですね」
研作
「オルファンと植物エネルギーの総量を再チェックする必要があるが……」

「こちらも取り込み中ですが……」
研作
「やむを得んな」
依衣子
「ジョナサンまで一緒なのか」
研作
「クインシィ、体はいいのか?」
依衣子
「当たり前だ」

「何事です?」
依衣子
「私が休んでいる間に、グランチャー部隊の編成を変えようとしたな?」

「いけないかしら?」
依衣子
「部隊に関しては、全て私に任されてる。ガバナーからもね」
「ジョナサン、付き合いな」

「私と彼でも、グランチャーの強化の相談をしています」
依衣子
「私と相談しろ!」

「くっ……!」
「この辺りは、まだ手を入れてない所じゃないか?」
「すぐに戻るから……動くんじゃないぞ」
「近くの偵察だけだ」
クマゾー
「すぐだも?」

「ブレン、クマゾーを頼む」
クマゾー
「あ、苦しい……!」

「クマゾーを外には出すなよ?」
クマゾー
「おしっこ……」
カナン
「比瑪さん、出過ぎです。急がないで」
「オルファンは近いのよ? 勇と町で何があったの?」
比瑪
「勇が、お父さんのグランチャーに付いていけば、オルファンに潜り込めるって」
カナン
「そんな馬鹿な……」
比瑪
「そうですか?」
カナン
「え?」
比瑪
「カナンさん、リクレイマーの教義に縛られ過ぎてません?」
カナン
「そうか……」
「信じ込まされてたけど、私は今、双子のブレンの一人に抱かれてる……」
ヒギンズ
「比瑪もカナンもコックピットへ入って。私達は、オルファンの海域に入っているんだよ?」
クマゾー
「降ろしてよ……漏っちゃうも」
「え?」
「有難う。勇に内緒、内緒な」
研究員
「いいね、シラー・グラス。助かる」
シラー
「後、三箇所で済むの?」
研究員
「今日はね」
シラー
「……ガバナーは何で、あんな伊佐美ファミリーに、リクレイマーのリーダーを任せたんだろうね?」
「昔は……」
「あっ……」
「まだここに居るね?」
研究員
「ああ」
クマゾー
「あれ、どっちだったっけ?」
シラー
「おい」
クマゾー
「わっ……!」
シラー
「ここは立ち入り禁止地区だぞ? 居住区の子が、何で入り込めたんだ?」
クマゾー
「ご、ごめんも……ごめんなも」
シラー
「泣くんじゃないよ。どこの居住区なんだい?」
クマゾー
「ノ・バ……」
シラー
「ああ、ノバビア区の子かい。半日歩きっ放しじゃなかったの?」
「こんな所まで探検するなんて、元気な子だ」
「お前みたいのが、銀河で暮らせるようになる新人類なんだろうね」

「これじゃ、偵察する前に迷子になっちまう」
「え?」
研究員
「はっ……!」
「今の、伊佐美勇じゃないのか?」
シラー
「参ったね。ミイラ獲りがミイラになっちまった」
「フィジジスカに連絡を取るか……」
クマゾー
「む、向こうも。向こう」
シラー
「そうかい?」
「あら……?」
クマゾー
「わっ……!」
シラー
「こ、こら!」
「放せ! 落とすぞ!」
「勇のブレンじゃないか」
「何でこんな所に居るんだ、こいつが……」

「ん、何?」
「シラー、クマゾーを放せ!」
シラー
「そういう事か!」

「動くな!」
シラー
「貴様……!」

「クマゾーの面倒を見ていてくれたのか」
シラー
「そういう趣味がある訳ないだろう」

「弟達を食べさせる為、オリンピックの選手になろうとした気持ちを忘れてないなら、オルファンから出ろよ」
シラー
ブレンパワードに汚染された奴の話なんか、聞きたくもない!」

「ブレンは、乗り手の気持ちを分かってくれるアンチ・ボディだ」
シラー
「弟達を飢えで死なせちまった私の気持ちを、分かってくれる訳はないだろう!」

「分かってくれるよ……!」
シラー
「なら、あいつに涙を流させてご覧よ。胸が苦しいって悶えるかい?」

「意気地なしの当て擦りか!」
研究員
「居たぞ!」
シラー
「くっ……!」
研究員
ブレンパワードが動いてる?」
シラー
「何で潜り込まれたんだ?」
研究員
「そんな事言われたって……」
シラー
「こいつ、活性化している……!」

「よ、よし、クマゾーのお陰だ」
クマゾー
「も」
クマゾー
「ご、ごめん……ごめんな」

「怒っちゃいない。一人にさして済まない」
「何?」
シラー
「いけしゃあしゃあと、オルファンに入ってきて……帰すものか!」

「こんな内輪喧嘩をして、何になるんだ!」
カナン
「冗談でしょ?」
比瑪
「フリュード・スーツに着替えた方が良かったのかな……」
「あれ? 海底が明るいの?」
「ち、違うわ。あれ、オルファン……」
「駄目だ。オーガニック・レーダーが滅茶苦茶だ」
「こんなものに勇が引かれていったの? そ、そんなの……」
クマゾー
「うぇぇ、比瑪姉ちゃん……!」

「俺が抱いてやってるんだぞ。怖がるとブレンが焦るだろ」
クマゾー
「比瑪姉……!」
シラー
「往生際が悪いぞ!」

「比瑪の所に帰りたかったら、俺とブレンを信じてろ!」
シラー
「勇め……!」
クマゾー
「ぶつかる!」

「ぶつからない!」
「シラー、やるな!」
シラー
「この! 私に斬られてしまえ!」

「シラー! 闇雲にオルファンの為に戦ったって、お前の弟達が喜ぶものか!」
シラー
「何の力も無かったから、弟達を飢え死にさせちまったんだ!」
「グランチャーの力があれば、こんな時代にした連中に仕返しが出来る!」
「オルファンが銀河旅行をすれば、星になった弟達にだって、会う事が出来る!」

「そういう生命力を吸ってオルファンは浮上するんだ。その時は人類は全滅する」
「全滅したら仕返しする奴も居なくなる」
シラー
「結構じゃないか!」

「その命の力を、逃げる為に使うな! 生きる為に使わせるんだ、オルファンにも……!」
シラー
「出来る訳ない!」

「出来る!」
「目を覚ませ、シラー!」
シラー
「煩い! みんな死んじまえ!」
クマゾー
「死にたくないも!」
「死ぬと冷たいも! 死んだ母ちゃん、氷だったも! 何も言わないも!」
シラー
「うぉぉっ……!」
クマゾー
「や、やっつけちゃわないのか、勇?」

「やっつけたって……やっつけたって、どうしようもないんだよ」
「グランチャーの大群……あんなにか!」
「逃げる!」
カナン
「数が読めないけど……」
比瑪
「勇が浮上している?」
ラッセ
「敵情視察もしてないんだぞ」
ヒギンズ
「見た目の数は、20とか30という数」
ラッセ
「勇を収容して後退だ」
クマゾー
「比瑪姉ちゃん!」

「下がるの、急げ!」
比瑪
「クマゾーは居るのね?」
クマゾー
「逃げるも! グランチャーが一杯だも!」
比瑪
「分かってる」
ヒギンズ
「イランド隊には、偵察・監視依頼します」
「上昇」
カナン
「宜しい? 空域、離脱します」
アカリ
「日本とお別れするの?」
比瑪
「そうだね……」
「ね、シラー・グラスってどういう人?」
クマゾー
「強い、優しい、肩硬いも!」
比瑪
「昔から知り合いなんだよね」

「そりゃ、色々あったけど……」
比瑪
「色んな女の人、知ってんだ」

「他人の事なんか、何も分からないよ」
比瑪
「そうなの? そうなんだ……」