アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ブレンパワード 第16話「招かれざる客」全セリフ

ブレンパワード 第16話「招かれざる客」全セリフ

ブレンパワード 第16話「招かれざる客」全セリフ



 

ブレンパワード 第16話「招かれざる客」全セリフ


前回のあらすじ
ラッセ・ブレンは、自分の意思で神風をやったんですって。
だったら、グランチャーだってオルファンだって、ああいう事をやるかもしれないんだ。
そうか、それで地球が全滅しちゃうんだ。
でも逆に考えれば、ラッセさんが生き残れたのは、ブレンからオーガニック・エナジーを貰えたからでしょ?
という事は、オルファンが人間にはとってもいいように作用する事も考えられるな。


ガードマン
「着艦するなって言ってます」
「オルファンに近付きたがってる連中が、ノヴィスに逃げ込んで満杯になってんです」
モハマド
「後部デッキが空いているだろう」
ガードマン
「あのデッキは傾いてるんですよ?」
モハマド
「着艦しなさい」
ノヴィス・クルー
「エアポケットに入ってた飛行機は、怪我人を満載してたんだからしょうがないでしょ」
TV関係者
「――そんな事言わないでくださいよ」
アイリーン
「言いたくもなります。貴方がたは招かれざる客です」
「遭難信号を出していたから着艦を許しただけで、貴方がたのインタビューに答えるつもりは私にはありません」
TV関係者
「おっ、また遭難機だ」
「黄金のヘリじゃないか……」
「モハマドだぞ!」
「経済界の重鎮が何しに来たんだ?」
「アラブがノヴィス・ノアを買い取ったのか?」
モハマド
「は~い、アイリーン。お待たせしたね~」
ユキオ
「塞ぎ込んでる暇があったら……!」
アカリ
「ブレンを擦ってやったら?」

「心配するな、そのつもりだよ」
「今は休め、気にするんじゃない。お前一人騒いだって、どうなるってもんじゃないんだから」
ラッセ・ブレンが活躍出来たんで、焦ってるのか?」
「気持ちは分かるけど……オルファンを見れば、そう簡単に行かない事くらい分かるだろ?」
比瑪
「勇」
「また一人で、何とかしようなんて考えてるんじゃないでしょうね?」

「こいつが興奮して落ち着かないんだ」
「だから……色々考えなくちゃならないだろう」
「下手に自爆が効果あるなんてブレンが理解しちゃったら、みんな俺達の言う事を聞かなくなっちゃうぞ」
比瑪
「そ、そうか……」

「そうだよ」
「そういう気分がさ、比瑪ブレンにも感染しないようにしないとな」
比瑪
「了解」
「君は優しいんだから、比瑪ブレンと仲良くしてね」
カント
「ん、あれ……?」
ノヴィス副官
「何だ、天才少年?」
カント
「艦長さんはいらっしゃらないんですか?」
ノヴィス副官
「ミスター・モハマドと会議中だ」
カント
「えぇ……?」
ノヴィス副官
「性懲りもなく、この船の指揮権を買いに……」
ノヴィス・クルー
「副長、輸送船です」
ノヴィス副官
「輸送船……何処のだ?」
アイリーン
「皆さん、聞いて頂戴」
モハマド
「ハロー、エブリバディ」
アイリーン
「ミスター・モハマドが、いいお話を持って来てくださいました」
ノヴィス副官
「し、信じられないけど……」
アイリーン
「本艦が南下するにつれて補給の心配があったのですが」
「華僑連合とアラブ連合が援助をしてくれる事になりました」
ノヴィス副官
「そ、そりゃ僥倖……」
モハマド
監査役のモハマドです」
「アジアとアラブは、力の限りノヴィス・ノアをバック・アップ致します」
アイリーン
「孤児院の件、お忘れにならないでくださいね?」
モハマド
「勿論ですよ、アイリーンさん」
アイリーン
「あ、有難う……」
カント
「孤児院って?」
アイリーン
「ノヴィス・ノアを孤児院にするのよ」
カント
「へぇ……」
モハマド
「太平洋側の各地には、津波の被害による難民が沢山出ています」
「子供が犠牲になる状況は、こりゃ戦争です。ですから……」
ノヴィス副官
「い、いや、ご高説に感銘致しました。そのような趣旨なら、我々も賛成です」
比瑪
「ビー・プレートっていうのが、何だか分からないっていうのが変じゃない」

「どういうものか分からないから、ビー・プレートって呼んだんだよ」
比瑪
「それがあれば、オルファンをやっつけられんでしょ?」

「そのくらい力のあるもんだから、探しに出たんだろ?」
比瑪
「ならさ、探しに行こうよ」

「双子が生まれるプレートしか見付から……わっ!」
比瑪
「いきなり危ないでしょ? どうしたの?」

「アンチ・ボディが降りてくる」
「グランチャーだぞ」
比瑪
「何で?」

「何だよ、あいつ……」
比瑪
「青少年一名?」
ナッキィ
「ふんっ……」
比瑪
「吠えるのやめなさい」

「何だよ、あいつら……!」
比瑪
「喧嘩売るんじゃないの?」

「そんなつもりはない」
勇、比瑪
「あっ……?」
クマゾー
「ブレンも、ブレンも」
アカリ
「今日は、ご苦労様です」
クマゾー
「ブレン……みんな友達も」
ノヴィス・クルー
「誰に断って入ってきたんだ?」

「グランチャーも居る。アカリ、クマゾーはユキオの所へ行って、ブレン達のマッサージの道具を」
アカリ
「うん」
ノヴィス・クルー
「そのグランチャーは怪我でもしてんのか? 自律神経失調症か?」
ナッキィ
「いや……」

パイロットは、アンチ・ボディに乗ってるのか?」
比瑪
「誰も居ないみたい」

「あのグランチャーは?」
ナッキィ
「あれも僕のです」
勇、比瑪
「リクレイマーなのか?」
ナッキィ
「ふっ、またまた……」

「ふざけるんじゃない」
「ブレン三人にグラン一人、なのに乗り手は貴様一人だというのか?」
ナッキィ
「無礼な……!」
「面倒見ているんです、あの四人を」

「ひ、一人で、アンチ・ボディ四人をか?」
ナッキィ
「人手がなければ止むを得ないでしょ?」
比瑪
「な、ならどうして貴方は、こんな……」
ナッキィ
「君はチャイニーズ? コリアン? マレーシアン?」
比瑪
「ジャパニーズ!」
ナッキィ
「オー、ゲイシャ・ガール! ヤマトナデ……!」
「ヤマトナデ、ヤマトナデ……!」
比瑪
「何だってんです?」

「俺の女に何をするんだ!」
比瑪
「俺の女~?」

「取り敢えず……やめなさいよ!」
ナッキィ
「僕はナッキィ・ガイズ。ノヴィス・ノアのアンチ・ボディ部隊の戦力を補強する者です」
研作
「ノヴィス・ノアの動きがオルファンに干渉していると考えられるのだ」
依衣子
「なら、あいつらを撃破してもいいのだな?」
研作
「勿論だ……が、条件がある」
「一気に始末を付けるという事だ。出来るか?」
依衣子
「望むところだ。ブレンに侵されて、オルファン嫌悪症に罹ってる連中など……」
研作
「ずっとそう言っているが、勇一人討てないでいる……。ガバナーの忍耐も限界だぞ」
依衣子
「ガバナーも切れるという事か?」
研作
「私とて、いつまでも庇い切れるものでは……」
依衣子
「分かっている!」
研作
「親として最後の忠告だ」
依衣子
「余計な事を……!」
「抗体として、アンチ・ボディの任務を果たしてみせる」
「ガバナーにはそう伝えておけ」
研作
「聞いたな、翠?」
カント
「勇さんは?」
ノヴィス・クルー
「そこのブレンの股だ」
カント
「すいません」

「――大丈夫だって。悪いようにはしないから安心しな」
カント
「グランチャーが何処なんです?」

「隣の倉庫だ」
カント
「ブレンと隔離したんですね?」

「伝染病なんて持ってない。場所がないんだ」
カント
「でも、ブレンがパイロットの人数より多くなって良かったですね」

「ナッキィは、四人共使いこなしてるってさ」
カント
「どんな人なんです?」

「俺が知りたいよ」
あいつだいけ好かない奴だろ?」
カント
「え?」
「カント・ケストナーです。宜しく、ナッキィ・ガイズさん」

「……な?」
カント
「聞こえなかったんですよ」
「この船に怒ってるのかもしれない」

「何でだよ?」
カント
「だって、だらしないじゃないですか」

「天才少年が……!」
クマゾー
「寝んねしてるも?」
アカリ
「そうみたいね」
ユキオ
「ヘルパー達は、病気じゃないかって言ってるけど……」
クマゾー
「あっ……」
ユキオ、アカリ
「ん?」
アカリ
「あっ……!」
ユキオ
「比瑪姉ちゃん」
「グランチャーでも気持ちいいのかな?」
比瑪
「同じアンチ・ボディなんだから当たり前でしょ?」
アカリ
「そうなの?」
比瑪
「さっさと手伝いなさい」
ユキオ
「あ、はい」
アカリ
「は~い」
クマゾー
「僕も!」
「あっ……」
比瑪
「どうしたの?」
「ナッキィさん……。ごめんなさい、勝手にマッサージやっちゃって」
「でもこの子、喜んでますよ?」
クマゾー
「嬉しいも」
ナッキィ
「ブレン的なものに包まれているノヴィス・ノアの中では、消耗する一方かもしれないと思っていたが……」
比瑪
「ケアですよ、ケアの仕方」
ナッキィ
「流石、ゲイシャ・ガール!」
比瑪
「宇都宮比瑪です!」
アカリ
「むっ……!」
ナッキィ
「ナイス・ガール!」
比瑪
「やめてください!」
ナッキィ
「ブレン達と中国に入って、このグランチャー・タイプと出会った時、彼は殆ど死んでいたんです」
「けど、僕にはリクレイマーの素質があるのかどうか知れないんだけど」
「何ていうのかな……こいつとは気が合うんですよ」
比瑪
「そう……この子だって、私には優しい目をしてるって見えるわ」
ナッキィ
「そうでしょう?」
「ですから僕は、グランチャーとブレンパワードの共生だって出来るんじゃないかって考えてるんです」

「……こういう奴も居るのか……」
ナッキィ
「君達のような素晴らしい子供達と、何より貴方が居る……」
「オー・ナイス! 来た甲斐があったというものです!」
比瑪
「そう言ってくれて嬉しいけど……」
「なら、ナッキィさんも擦ってあげなさい。グランチャー喜ぶわよ」
ナッキィ
「そうでしょうが、元々、マッサージは人間にやるものでしょ?」
ユキオ
「あっ……」
アカリ
「んっ……」
クマゾー
「も……」
ナッキィ
「大人同士の話をするとね」
比瑪
「何ですよ?」
ナッキィ
「この艦は戦争状態の中に居る筈なのに、全く緊張感がない」
比瑪
「そんな事ないです」
ナッキィ
「そうですよ? 僕がこうしていると、君は体を固くしている」
比瑪
「当たり前でしょ? 子供達も見ている」
ナッキィ
「こういう緊張感がなければならないのに、ノヴィス・ノアにはこれがない……腑抜けの天国です」
アイリーン
「申し訳ないわね、ナッキィ・ガイズ」
ナッキィ
「ね? だから体が訛ってるんですよ」
アイリーン
「捜しました。始めまして、艦長のアイリーン・キャリアーです」
「ピリピリしているだけが、緊張している事ではないと思うんですけどね」
ナッキィ
「あんたみたいな若い女性が、どうして艦長なんだ?」
アイリーン
「私、人を使うの上手いのよ? 人間に針を打つのもね」
ナッキィ
鍼灸師の先生でしたよね」
クマゾー
「わっ……!」
アカリ
「見てみて」
比瑪
「へぇっ……!」
クマゾー
「やったも! 元気だも!」
ユキオ
「比瑪姉ちゃん!」
比瑪
「へぇ、見た目以上に動けるじゃない」
アイリーン
「グランチャーが動いていいの?」
比瑪
「だってこの子、ブレンと同じですよ? プヨプヨして」
アイリーン
「プヨプヨ?」
ナッキィ
「こんな奴の事を、プヨプヨ……?」
アイリーン
「勇、何が起こったの?」
「アイリーンです」

「遭難している」
アイリーン
「難破船?」

「そいつ、動けんのか?」
比瑪
「勇が出るの?」
ナッキィ
「私が連れてきたグランチャーだ」

「グランチャーはオルファンの抗体だ」
比瑪
「あの子は……」
アイリーン
「勇」

「はい」
ナッキィ
「何です?」
アイリーン
「オルファンの海域に入って、遭難した船があるんです」
ナッキィ
「民間の船ですか?」
アイリーン
「地球を脱出したがってる人の難民船」
ナッキィ
「そんな……自分の事しか考えない奴らなど、救う必要はない」
アイリーン
アメリカ軍からブレンパワードを盗み出した貴方に、言える事かしら?」
ナッキィ
「何っ……?」
アイリーン
「モハマドさんから拾われるまでの大陸での放浪生活だって、貴方の我侭さが感じられるわね」
ノヴィス副官
「これ以上逃げ込んでくる奴が居ても、受け入れられない」
「ナンガ、ヒギンズ、カナンのブレンは、そういう連中を追い返す」
「勇ブレンは救助作業」

「完熟飛行だよ。ノヴィスの装備にも慣れなくちゃならないだろ」
アイリーン
「カナン、ヒギンズ、貴方達は動いては駄目よ?」
比瑪
「今日に限って勇がフリュード・スーツで、私がTシャツなんだ」
クマゾー
「も、も……!」
ユキオ
「駄目だよ、グランチャーにブレン・バー持たせちゃ……まだどういう反応するか分からないんだぞ」
ナッキィ
「君達のマッサージのお陰で、元気になった」
ユキオ
「気が付いたばかりで……」
アカリ
「全部元気になってない」
ナッキィ
「こいつとは長い付き合いだから、心配するな」
「艦長さんにグランチャーの特性を見せたいんだ」
モハマド
「艦長が淹れてくれたんだぞ?」
ガードマン
「我々の好みをよくご存知です」
ナッキィ
「連中は、オルファンが一つ動いたら、ノヴィス・ノアが沈んでしまう事が分かっていない」
「何を考えているのやら……」
比瑪
「こちら、ノヴィス・ノアのブレンパワードです」
船長
「漂流してオルファンに吸い込まれているようだ」
比瑪
「船に乗ってる人を助けるっていったって……」
「勇、救命ボートに乗り移ってもらおうか?」

「馬鹿言いなさい。どうやって運ぶの?」
「このまま流されると……。比瑪、この船落っこちるぞ」
比瑪
「落ちる? どうして?」

「進路のシミュレーションだ」
比瑪
「うん、見える」

「オルファンが海面を盛り上げていて、その先は滝になっている」
比瑪
「だから落ちて沈むの?」

「多分ね」
「しかし、錨の楔を引っ張って、落ちないように……」
「奴のグランチャーだ」
「ナッキィか? オルファンに行くつもりだ」
比瑪
「勇……!」
ナッキィ
「うっ、この頭痛は何だ? ナッキィ・グランよ、何を苛立ってるんだ?」

「体が震えてるぞ。そんな調子で何処へ行くつもりだ?」
ナッキィ
「グランチャーなら怪しまれずに接近出来る。潜入だって簡単だ」
「そうしたら、一発でオルファンにトドメが刺せる」
「俺は一躍ヒーローになれて、アメリカに凱旋出来るんだ」

「オルファンはそんな簡単な相手じゃない。退け、ノヴィスへ戻る」
「ん、あれは……」
「ナッキィ、グランチャーに行かせるな」
ナッキィ
「心配するな。こいつのコントロールは俺がしてるんだ。この頭痛は初めてのものだ」
「俺には分かる。こいつはオルファンに帰りたがっていない」
「すぐに呼んでくれなかったオルファンに、仕返しをしたがってるんだ」
「ナッキィ・グラン、まず愛想良く帰ってきたよって感じで、接近しようぜ」

「山脈一つ潰すというのが、オルファンを破壊する事なんだぞ。ナッキィ」
ナッキィ
「グランチャーはオルファンのプレートから生まれたものだ。こいつはオルファンの急所を知ってる」
比瑪
「こんな船を、私一人で引っ張っていけるのか……?」
遭難者
「この嵐を乗り切れるのか?」
「エンジンは止まってるんだって?」
比瑪
「うぉぉっ……!」

「バイタル・グロウブのネットが干渉してるのか……?」
ナッキィ
「気にするな、俺のグランチャー。敵は目の前だ」
「どうした?」
「気合を入れろ! 私の頭痛など、気にしないでいい!」
「怯えてどうなるものでもない!」
「ん、オルファン……あれがオルファンか」
「何だ? オルファンのグランチャーか?」
「ユウ・イサミ、逃げられないのか?」

「ブレン、落ち着け。この程度の金縛りなんか……」
「ん?」
「クインシィ……姉さんのグランチャー!」
依衣子
「勇でしょ?」

「姉さんか?」
依衣子
「やっぱり……来ると思っていたよ、勇」

「どうしたんだ? いつもと様子が違う……」
依衣子
「勇、私殺される……ガバナーに私、殺されるのよ……」
比瑪
「あんな高低差があるの? どうやったら沈没させないで抜けられるの?」
「ブレン、出来るの? あの船、一杯人が居るのよ?」

「何があったんだ、姉さん? 辛いならオルファンを出ればいい」
依衣子
「オルファンから出たら生き残れない。体のエネルギーを吸われて、みんな死んでしまうんだよ」

「そんな事させるもんか。上の村に一緒に帰って、あそこの空気を吸えば……」
依衣子
「今更、故郷に帰れるものか。そんな事、出来る訳がない」
「お前に出来ても、私には出来ない」
「お前のせいなんだ……」

「姉さん……!」
依衣子
「勇、私を姉と思うなら、この世から消えてなくなれ!」

「姉さん!」
依衣子
「お前のような弟が居るのは、私の名折れなんだ!」
ナッキィ
「何だ、あのグランチャーは? 姉とか言っていたか?」
「兄弟同士の戦いなどで、決着が付く訳ないだろ!」

「どけ、ナッキィ!」
ナッキィ
「やめろ、姉さんなんだろ?」

「今は違う! グランチャーに毒されて、変わっちまったんだ!」
ナッキィ
「それでも姉さんだろ? やっちまったら一生後悔するぞ!」

「しかし……!」
依衣子
「このぉっ!」
ナッキィ
「兄弟同士で殺し合う辛さからは、俺が救ってやる!」

「ナッキィ・ガイズ!」
ナッキィ
「どうした? しっかりしろ、おい!」
「うっ……!」
依衣子
「餓鬼は消えろ!」

「ナッキィ!」
ナッキィ
「下に行った!」

「分かっている!」
比瑪
「あんなにオルファンに近い所で、勇が戦っている?」
ナッキィ
「くっ……!」
依衣子
「落ちろ、落ちろ……落ちろ、勇! お前のせいで私は、ガバナーに誓っている忠誠心も疑われているんだぞ!」
「落ちろ、落ちろ……ガバナーに殺される訳にはいかないんだ! 落ちろ!」

「何だ?」
比瑪、ナッキィ
「はっ……!」
依衣子
「一緒に付き合え!」

「入られた!」
比瑪
「勇! ナッキィさん!」
ナッキィ
「うぅっ……!」
比瑪
「勇、クインシィさんだったの?」

「何だよ姉さん、このっ……!」
「やめようよ、こんな事! 姉さん!」
ナッキィ
「何が……何が起きたんです?」
比瑪
「何って、オルファンのバリアが何かしたんでしょ?」
「貴方が無茶したから、こんな事が起こったんじゃないの!」
「オルファン……私達を脱出させてくれるの?」
ノヴィス副長
「あの形、オルファンの輪郭に見えますな」
カント
「動き出したんですよ、オルファン」
モハマド
「ノヴィス・ノアの孤児院化は無駄なのかな?」
アイリーン
「いいえ。そういう愛の形は、オーガニック的なものでしょ?」
「オルファンがオーガニック的なものなら、こういうやり方で対抗する事も出来るのよね」
「ね、クマゾー君?」
クマゾー
「うん」