アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ブレンパワード 第21話「幻視錯綜」全セリフ

ブレンパワード 第21話「幻視錯綜」全セリフ

ブレンパワード 第21話「幻視錯綜」全セリフ



 

ブレンパワード 第21話「幻視錯綜」全セリフ


前回のあらすじ
カント君は、ブレンにコンソール・パネルなしで乗っちゃうんだから、私以上だな。
だからブレンが、カント君の才能に刺激されて興奮したと思うんだけど、
雲から出て来た幽霊ブレンの事を考えると、あれもオルファンの仕業だと思える。
オルファンは謎だ。


軍人
「こちらはアメリカ合衆国の太平洋艦隊です」
「ノヴィス・ノアに通告します。無駄な抵抗をやめ、罪のない子供達を解放しなさい」
「諸君らが飽くまで子供達を盾にするのであるなら、我々も強行手段を取らざるを得ません」
「しかし、それは我々の本意とするところではありません」
「今すぐオーガニック・シールドを解除して、人質を解放しなさい」
モハマド
「子供達を人質にしていると言うのか……。盾になどしていない!」
ノヴィス副官
「やれやれ、我々は子供達を人質にするテロ集団ですか」
アイリーン
「デマでもいい……それが情報になって、善人が悪人にもなるのよ」
「大陸に上陸したオルファンを53番目の州にする国のやりそうな事よ」

「こんなの怖くないぞ、ネリー・ブレン。後少しだ」
比瑪
「きゃっ……!」

「大丈夫だよな、比瑪?」
比瑪
「あっ、痺れた……」

「あれは……」
比瑪
「綺麗……これが空で雲で太陽で、オルファン……」

「改めてオルファンという奴が、海底に居た時とまるで違ったものに見える」
比瑪
「そうよね。宇宙に飛び立とうとする羽衣……銀河の羽衣を着た女神だわ」

「銀河の羽衣? あれを見てそんな事言うなんて……」
「可笑しいとは言わないけど、そうは見える……。優しいんだな、お前」
比瑪
「そうかな。見える事言っただけだよ?」

リバイバルしたそのブレンと出会った時、お前は物怖じしなかったよな」
「俺はグランチャーに乗る時は、縮み上がったのに……」
比瑪
「それはきっと、グランチャーだったからよ」

「いいや、そうじゃない。そうじゃないよきっと……」
「……オルファンより、比瑪の方こそ女神なのかもしれない」
「そういう感じ方をする心を持っているんだから……」
比瑪
「勇、出て来たよ?」

「オルファンの糞が……」
「姉さんとジョナサンも、オルファンから……!」
依衣子
「ガバナーも落ち着いていらっしゃるオルファンだ」
「だが、大人しく帰るなら攻撃はしない。見逃してやろう」
比瑪
「勇、どうするの?」

「あの三人だけなら俺が引き付ける。お前は行け」
比瑪
「でも……」

「オルファンが待ってるのは、きっとお前の方なんだ。出迎えてくれるよ」
比瑪
「う、うん」
依衣子
「どういうつもりだ、ブレン!」

「行かせてやってくれ、姉さん!」
依衣子
「馬鹿を言うな! またブレンを自爆させて、オルファンを傷付けるつもりなんだろ!」

「違う!」
依衣子
「騙されるものか!」

「いつになったら治るんだ、その性格は……!」
比瑪
「ブレン待ってよ! 勇を一人にしておけないわ!」
「待ちなさい! 止まりなさい! パートナーの言う事聞きなさいよ!」
シラー
「あのまま行かせていいのですか? ジョナサン・グレーン」
ジョナサン
「気にするなシラー、オルファンに魅了されるブレンパワードだって居るさ」
「勇の進化したブレンは倒さにゃならんが、クインシィ・イッサーを守るように動かねばな」
シラー
「ああ……了解、ジョナサン」
軍人
「識別信号はないのだな?」
「オルファンのグランチャーには、ない奴も居ますが……」
「ノヴィス・ノアのブレンパワードです。一機、オルファン中央山脈に接近中」
ゲイブリッジ
「勇君か……」
「比瑪ちゃんのじゃないか。流石だな」
軍人
「迎撃隊、出します」
ゲイブリッジ
「その必要はない。ブレンの動きをフォロー、オルファンの体内反応のチェック」
軍人
「オルファンのリアクション、チェック!」
ゲイブリッジ
「そうだ」
軍人
「ミスター・ガバナーへ、太平洋艦隊より入電。ノヴィスノアは未だに沈黙したままだそうです」
ゲイブリッジ
「やむを得ん、最後通告を出せ」
直子
「最後通告、ですか……」
ノヴィス・クルー
「アイリーン艦長。太平洋艦隊より最後通告が来ました」
アイリーン
「ん……」
ノヴィス・クルー
「貴艦に30分の猶予を与える」
「それまでに人質を解放し、オーガニック・エンジンを停止させなければ、核による攻撃を開始する」
モハマド
「何だと? 核の攻撃?」
ノヴィス・クルー
「僕だってスペルぐらい読めますよ」
モハマド
核兵器を使う……!」
アイリーン
「あのアメリカが? どういう事……」
ノヴィス副官
「艦長……オーガニック・シールドが、核に通用するというデータはありませんよ!」
モハマド
「子供達を解放したにしても、アメリカは核を使ってくる……」
ノヴィス・クルー
「どうしてです? あの大国が……」
モハマド
「大国ったって、新興国アメリカは今まで国家として自信がなかったんだ」
「しかしオルファンを手に入れて、自信を付けてしまった……」
ノヴィス副官
「なら我々も、核を使いますか?」
アイリーン
「どちらにしても、私達は攻撃される運命にありますね」
「だとしたら、子供達だけでも助けましょ」
モハマド
「アイリーンさん……」
アイリーン
「オペレーター、太平洋艦隊へ返信。通告を受諾する。子供達を退艦させる」
「以後の接触については協議したし」
ノヴィス・クルー
「了解」
依衣子
「覚悟しろ、勇!」

「覚悟なんか出来るもんか!」
ジョナサン
「ならば、悶え苦しんで死ぬがいい!」

「ふざけるな!」
シラー
「お前を倒す事で全てを変革する事が出来ると、ジョナサンが言っている!」

「それはそっちの都合だろ!」
比瑪
「オルファン、聞こえて? 聞いて欲しい事があるの。オルファンさん!」
ゲイブリッジ
「はい、オルファンの意思でなければスイッチは作動しません。大統領閣下」
「……了解であります」
直子
「ゲイブ、本当にそのボタンを押してしまわれるんですか……?」
ゲイブリッジ
「まあ見ていてください」
直子
「貴方だって、少し前までノヴィス・ノアを認めていたではありませんか」
ゲイブリッジ
「彼らは過ぎた力を持ってしまったのです。それを野放しのままにしておいてはならないのです」
軍人
「我々は味方です。これからこちらの船に乗り換えてもらうから、静かに」
ユキオ
「やだよ!」
ノヴィス・クルー
「待ってくれ!」
ユキオ
「何でだよ? 俺達は元々この船に乗ってたんだぞ!」
ノヴィス・クルー
「いいから早く……!」
アカリ
「どうして私達まで、アメリカなんかに行かなきゃならないのよ!」
クマゾー
「行かないも!」
ノヴィス・クルー
「艦長、キメリエスのレイト艦長から緊急連絡です」
アイリーン
「モニターに回して」
レイト
「アイリーン艦長、敵のミサイル・ハッチの開閉音をキャッチ!」
「SLBMです!」
アイリーン
「どちらにしてもやるつもりなんだ……!」
比瑪
「分かり合える筈なのに戦うなんて、絶対に可笑しいって思いません? オルファンさん!」
ゲイブリッジ
「失礼、時間ですので」
軍人
「ミスター・ガバナー、まだ救助艇が戻っていません!」
ゲイブリッジ
「予定は遂行する」
軍人
「子供達がまだ……!」
直子
「ゲイブ……!」
ゲイブリッジ
「私がやらなければ他の誰かがやるのですから、私の手で……!」
直子
「ゲイブ!」
ノヴィス・クルー
「ミサイル確認! (?)核弾頭搭載のものです!」
「第一次被害、半径2000メートル以上!」
モハマド
「子供達が……まだ子供達が……!」
アイリーン
「オーガニック・シールド発動! 最大限!」
ノヴィス副官
「オーガニック・シールド最大? しかし急激過ぎます! バイタル・グロウブにどんな影響が出るか……!」
アイリーン
「やりなさい!」
ノヴィス副官
「艦長! ミ、ミサイルが……核ミサイルが消えました!」
モハマド
「消えた……?」
アイリーン
「急いでバイタル・グロウブの軌道計算をしなさい!」
ノヴィス・クルー
「計算出ました。大陸内……オルファンに向かっています!」
アイリーン
「やはり、そういう事……!」
軍人
「ミスター・ガバナー、ミサイルが現れました」
ゲイブリッジ
「宜しい。その映像を全世界に送信しろ」
軍人
「りょ、了解……!」
ゲイブリッジ
「ノヴィス・ノアは、我々オルファンに対し、卑劣にも核ミサイルを発射してきた」
「オルファンは既に数万の難民を収容しているにも関わらず、この愚挙に及んだのだ」
比瑪
「きゃぁぁっ!」
依衣子
「これは……!」
ジョナサン
「まさか……!」
シラー
「核……!」

「比瑪は……!」
カント
「核……」
ナッキィ
「爆発……!」
官僚
「ノヴィス・ノアが核ミサイルを……!」
「我々の希望を踏み潰すつもりか!」
ゲイブリッジ
「だが、我々はこれに屈しない。誇りあるアメリカ合衆国の名に於いて」
「我がオルファンは、ノヴィス・ノアと戦い続ける事をここに宣言する!」
ナッキィ
「アイリーン艦長も思い切った事をやったな……」
カント
「こんな事する訳ありませんよ。オルファンを核攻撃したって、どうにかなるもんじゃないんですよ」
ナッキィ
「じゃあ……」
カント
「これはオルファン側の策略に決まってるでしょ?」
軍人
「発射!」
ノヴィス・クルー
「第二波来ます! 物凄い数です!」
モハマド
「何故撃ってくるんだ? ノヴィス・ノアにはミサイルは効かないって、何故分からないんだ?」
ノヴィス副官
「しかしこの数が来るんだ。どうなるか分からんぞ!」
アイリーン
「効果があると分かってるんでしょ。覚悟して頂戴」
ユキオ
「か、数が分からない……」
アカリ
「え~っ?」
ユキオ
「わっ……!」
アカリ
「来る!」
クマゾー
「短い人生……!」
ユキオ
「人生はまだあるぞ!」
アカリ
「あるの……?」
クマゾー
「あるも!」
ノヴィス副官
「ミサイル全弾、バイタル・ネットに乗りました!」
アイリーン
「りょ、了解! 神よ……!」
バロン
「んっ……」
研究員
「ミ、ミサイルじゃないか!」
「オルファンに……我々に向かってる!」
バロン
「ガバナーの奴、ここに至ってノヴィス・ノアを孤立させ、自滅させるつもりだ」
「その為に、こんなにも手の込んだ芝居を打つのか……!」
軍人
「ガバナー閣下へ」
ゲイブリッジ
「ん?」
軍人
「ここの大陸の政府から感謝状が入りました」
「『我が国の増え過ぎた人口を、合理的に間引きをして頂いて有り難い』と」
ゲイブリッジ
「そのような事を……」
直子
「ゲイブ、貴方って人は……貴方って人は、人の命を何だと思っているのですか?」
ゲイブリッジ
「文明を盲信する人類の目を拓かせる為には、こんな方法しかなかったんです」
「直子さん、私がこんな役目を喜んでやっていると思いますか?」
直子
「貴方はこんな事をする方ではなかった……」
ゲイブリッジ
「僕は変わっていませんよ。昔から、この旧態然とした社会に変革を齎そうと考えていました」
「その為だったら、大量虐殺の汚名を着せられても受けるつもりです」
「人類粛清の汚名は、全て僕が被るつもりです」
「しかし、ここまでのオルファンの動きは、人類絶滅の方向に進んでいるんです」
直子
「ゲイブ……」
ゲイブリッジ
「しかしオルファンが齎す結果が、地球の生命体全てを根絶やしにするとも思えないのです」
「ですからね、直子さん……」
「貴方には、貴方だけにはこの気持ちを理解して欲しかった」
直子
「分かりました。もう何も言いません。もう貴方から離れませんから……」
カント
「あれは核ミサイルの光……。でも……」
「ここにも、オルファンに入国したいという人が居るんだ!」
ナッキィ
「どこへ行くんだ、カント!」
カント
「何とかしないといけないでしょ?」
ナッキィ
「何を、どうしようというんだよ? ここまで来て……!」
依衣子
「ミサイルが来るだと?」

「姉さんと戦ってる時じゃない!」
「この光……。ネリー・ブレン、分かっているよな?」
ナッキィ
「どうやるんだよ?」
カント
「チャクラでトライアングルを作ります! ノヴィス・ノアの真似です!」
ナッキィ
「だったら一人足りないぜ?」
カント
「いや、今来ました!」
ナッキィ
「うっ……!」

「カント!」
カント
「チャクラ・トライアングルをバリアにします! いいですね?」
ナッキィ
「了解!」

「いいぞ!」
カント
「数が多過ぎる……。駄目かもしれない……」

「もっと広がれ! 俺達の後ろには、オルファンと比瑪が居るんだぞ!」
ナッキィ
「グランチャー!」

「姉さん……!」
ナッキィ
「こいつら……」
カント
「協力してくれてる……?」
シラー
「クインシィ、ジョナサン! 何故ですか!」
ジョナサン
「ミサイルがオルファンに跳ね返るのは、ガバナーに分かっていた。奴の思い通りにさせる気はない!」
依衣子
「オルファンが傷付けられるのを、黙って見ていられるか!」

「姉さん! クインシィ・イッサー!」
依衣子
「分かってる、勇!」

「みんな、力を!」
「止まれぇぇっ!」
依衣子、ジョナサン
「はぁぁっ……!」
ナッキィ、カント
「はぁぁっ……!」
ナッキィ
「と、止まった……」
カント
「止まったけど、起爆装置は……」
ジョナサン
「これがアンチ・ボディの力かよ……!」
依衣子
「不思議だ……不思議な感覚だ……。涙が……涙が溢れる……」
研作
回想:「男の子だ、でかしたぞ翠! こいつは俺のDNAを継いだんだ!」

回想:「もうお姉ちゃんね、依衣子」
研作
回想:「俺の子だ! 俺のDNAだ!」
警察
回想:「待て!」
ナッキィ
回想:「あっ……!」
回想:「ママの誕生日なのに……!」
少年
回想:「天才の癖に誕生日パーティなんかやるなよ」
回想:「ムカつくんだよ。人並みな振りしやがって……」
回想:「ほ~れ、カント。そらよ!」
シラー
回想:「みんな起きて! 今夜頑張ってくれれば、明日にはパンを盗んできてやるから!」
回想:「死ぬんじゃないよ! 起きててよ!」

回想:「俺はもうお前には乗らない。乗りたくないんだ」
回想:「お前だって辛がってるのが分かるから、乗らないよ……」
比瑪
「さあ、もう泣かないで。寂しくないよ」
女の子
「うん……」
比瑪
「私だって貴方に触れるから、寂しくない」
女の子
「え?」
比瑪
「寂しがる殻というのがあってね、いつまでもそこに閉じこもってると泣いちゃうんだよ?」
女の子
「寂しがる殻……?」
比瑪
「うん、その殻の中に居ると、ずっと泣いちゃうんだよ?」
「だからね、そこからは出るの」
女の子
「殻から出るの?」
比瑪
「そう。私は宇都宮比瑪っていうんだ」
女の子
「比瑪姉ちゃん?」
比瑪
「そうだよ」
女の子
「あ、そうか。私ね、比瑪姉ちゃんをずっと待ってたんだ」
比瑪
「あっ……」
「あ、貴方……」
女の子
「ふふっ……」
比瑪
「きゃっ……!」
比瑪
「こんな物なくったって、人は生きていけます!」
「め、でしょ! あっ……!」

「何だ?」
カント
「チャクラ・シールドが膨張してるんです! みんな逃げてください!」

「来た!」
依衣子
「しまった!」
ジョナサン
「クインシィが……!」
カント
「勇さん!」
ゲイブリッジ
「こういう力を持っていたんですよ、直子さん。オーガニック・エナジーは……!」
直子
「ええ……」
ゲイブリッジ
「オーガニック・エナジーの可能性というものを垣間見る事が出来た」
直子
「比瑪ちゃんは?」
ゲイブリッジ
「すぐにあのブレンパワードを回収しろ!」
ジョナサン
「バロン! クインシィ・イッサーが何処かに飛ばされてしまったんだぞ! なのに……!」
バロン
「リクレイマー部隊の作戦は中止だ。今後はジョナサンが指揮を執ればいい」
ジョナサン
「バロン!」
バロン
「オルファンが生まれ変わる時が来たのだ、ははっ……!」
アイリーン
「イランド部隊、ブレン達は勇達と合流! 回収して!」