アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ブレンパワード 第26話「飛翔」最終話 全セリフ

ブレンパワード 第26話「飛翔」最終話 全セリフ

ブレンパワード 第26話「飛翔」最終話 全セリフ



 

ブレンパワード 第26話「飛翔」最終話 全セリフ 


比瑪・ナレーション 「さあ、決戦だ。決戦だって出ていったんだからオルファンからアーミーグランチャーなんかがいっぱい出てくるんだと思ったけど、オルファンさんはちゃんと分かっていて、そういうことはなかった。けど、依衣子さんがオルファンに取り込まれてしまったんで、その後全部が金縛りになっちゃうんだろうね、と心配なんだよね」


子供 「うわぁっ!」
副長 「オルファンは浮上してから引っ繰り返ろうとしています!」
アイリーン 「方向転換?地球の自転を利用している?」
子供 「怖いよう・・・!」
副長 「それで周回軌道に乗るつもりです!」
モハマド 「オルファンが我々を押し潰す?」
アイリーン 「そんな事は絶対にありません!離れてくれています」
アカリ 「比瑪姉ちゃん達負けちゃったの?」
ユキオ 「そんなことあるもんか!」
アカリ 「オルファンが飛んでるのに?」
クマゾー 「飛んでるも。綺麗だも」
ユキオ 「飛んでるからって綺麗じゃないんだよ!」
コモド 「オグンよ。これがあたし達に課せられた運命なのですか!?・・・カント!」
ユキオ 「ああーっ!」
クマゾー 「わあっ!」
カント 「ああ・・・!帰ってこられた」
ユキオ 「カント!」
カント
ユキオ 「あっ?」
クマゾー 「みんな帰るも」
カント 「良かった。皆帰ってこられた」
ユキオ 「ヒメ・ブレンとユウ・ブレンがいないじゃないか!」
アカリ 「どうして?」
カント 「そんなの分かりませんよ」
ジョナサン 「ううっ!」
シラー 「ジョナサン!オルファンに戻れたんだよ!」
ジョナサン 「余計な事したろ!」
シラー 「皆飛ばされたけど、あたし達は二人でいたからオルファンに戻れたようなんだ」
ジョナサン 「もう少しで勇と決着がつけられた!あいつを後悔をさせられ・・・」
バロン 「ジョナサン!」
ジョナサン 「・・・バロン!」
バロン 「無茶をしてバロン・ズゥを失っていたら、勇一人後悔させる事は出来なかった。クインシィというアンチボディを得てオルファンは動き出した。もう誰もおまえを思い煩わせる事はないのだ」
ジョナサン 「そうかい、ならここはクインシィの胎内というわけかよ。ハッハッハッ・・・ハッハッハッハ!」
バロン 「そうだ。これからは全ておまえの望む通りにしてやる。おまえも生まれてくれたのだから・・・」
村人A 「空気が薄くなってねえか?」
村人B 「あたし達の生き血を吸うんじゃないの?」
村人C 「この子だけでもお救い下さい!・・・ああっ?」
源野 「オルファン、待ってよ!あなた私を、ああっ・・・忘れてるわよう!オルファンさーん!」
勇 「何で・・・泣いてるんだ、俺。姉さんがあんな事になって悲しいのか?・・・どうして、こんな・・・うっ!」
勇 「カントの言っていたバイタル・グロウブに敏感な花・・・」
比瑪 「勇!元気ね!」
勇 「比瑪こそ、怪我は無いのか」
比瑪 「あたしは平気よ。それよりブレン達の方が心配じゃない?随分エナジーを吸われたみたいだから」
勇 「ここの花がこんなに輝いてるのは、オルファンが反応しているからなのか」
比瑪 「そうでしょう?だから、こんな綺麗なものを作り出せるオルファンが、何もかも奪ってしまうなんて嘘よ」
勇 「これは幻覚だよ」
比瑪 「これが?こんな風に感じ合えるのに?」
勇 「比瑪・・・」
比瑪 「ねっ?直子おばあちゃんや依衣子さん達を助けないままで良いと言うの?」
勇 「ブレンだって立ち上がれもしない」
比瑪 「諦めるの?あたしは最後まで生きるわ。勇と、皆と一緒に」
勇 「比瑪はいつも強いな。その強さをブレンに分けてくれないかい?」
比瑪 「良いよ。ネリー・ブレンが嫌でなければ、どうぞ!」
勇 「ネリー・ブレン・・・大丈夫か?比瑪」
比瑪 「うん」
勇 「比瑪、まだやれるかもしれない!」
比瑪 「そうですよ!お花のオーガニック・エナジーを貰っているんですもの!」
勇 「アレロパシティ。植物が共生し合う力が、顕在化したんだ!」
モハマド 「ノヴィス・ノアで特攻なんて!」
アイリーン 「ミスター・モハマドは子供達を避難させてくだされば良いんです」
モハマド 「そんな!」
デッキクルー 「フェロモン剤を持ってこいって言ってんだろう!」
ユキオ 「一生懸命擦ってやって皆の元気を分けてやれ!」
子供達 「はぁーい!」
アカリ 「これも戦いなんだぞ!」
クマゾー 「戦うも!」
アイリーン 「皆が・・・!」
モハマド 「これは!?」
カナン 「この子達、ブレン達の疲れが分かるんですよ!」
ラッセ 「そろそろ、再出撃出来ます。艦長」
ナンガ 「このままやられっぱなしは性に合わないし・・・」
ナッキィ 「まだ手はあるってんですよ、天才少年に」
カント 「あ、はい。これが光っているという事は・・・」
アイリーン 「オルファンを沈めるというより・・・」
カント 「共に生きると考える方が正しいんですよね?」
桑原 「おそらくね」
カント 「元気出して下さい」
ヒギンズ 「オーガニック・エナジーを試してみるの?」
桑原 「な、なるほどねえ。オーガニック・エナジーは暖かいか・・・」
モハマド 「諦めが悪いのは、この船に乗る皆そうみたいですね」
アイリーン 「はい」
勇 「ようしブレン、元気になってきたな。比瑪、そっちはどうだ?」
比瑪 「良いみたいよ、オーガニック・エナジーが集まってくる。これなら大丈夫だよ」
勇 「これだけの花が咲いてるんだ。溜め込めるだけ力を溜め込めよ。ネリー・ブレン!」
勇 「こういう事が出来るのも、オルファンの意思なのか?・・・あいつ!」
勇 「誰だ!?この感じ、ジョナサンじゃない!」
勇 「やめろ!その者!・・・バロン?」
研作 「依衣子!オーガニック・エナジーが高いぞ!高いぞ、高くなってる・・・」
翠 「あたし達が望んでいた事が始まってます」
研作 「良いのか?これで?」
翠 「やぁねぇ、コンピューターと机の上なら完璧な方が、現実となると恐れる・・・」
研作 「怖がっちゃいない」
翠 「そうですよ、あたし達のDNAを受け継いだクインシィ・イッサーのエナジーが、護ってくれているのですから!」
クインシィ 「ははは、あはははっ・・・!」
ジョナサン 「どういうことだ!シラー!」
シラー 「まだ動けるグランチャーは外に出せ!硬化しちまったら・・・」
ジョナサン 「どういうことだ!俺のバロン・ズゥは!?」
シラー 「知らないよ!オルファンは体内にあるプレートやグランチャーのオーガニック・エナジーを吸っているみたいなんだ」
ジョナサン 「何故だ?」
シラー 「分かるものか!これじゃあたし達もオルファンの餌食になるぞ!・・・ジョナサン!」
ジョナサン 「バロン!あんたはバロン・ズゥを持ち出して、俺を裏切る!俺の力を信用していないのか!」
勇 「バロン!」
バロン 「伊佐未勇死ねよや!」
勇 「ちいいっ!」
勇 「オルファンの前で斯くもネリー・ブレンを潰そうとする!俺も殺そうとする!」
バロン 「お前がそれをさせるのだよ!」
勇 「何故罪を重ねるんだ!?」
バロン 「ジョナサンに累を及ぼさない為に罪も罰も一身に受ける!」
勇 「くうう!」
バロン 「我が力を使え!」
勇 「この力・・・どこからくる?」
比瑪 「直撃なのに・・・どうしてさ!?」
勇 「比瑪!来るんじゃない!こいつは異常なんだ!」
バロン 「おまえの力は無限だ!さもなければ、お前が私の想いに応えてリバイバルはしなかった!」

勇 「武器を再生する力もついてる?」
比瑪 「あっ」
比瑪 「あれ、大きくなってるの?」
勇 「バロンの怒りの力のせいだ」
勇 「バロン・ズゥは・・・バロン、あなたのエナジーを吸ってる。任せっぱなしにすると、あなたの身体が持たないぞ!」
バロン 「伊佐未勇を倒す!ジョサナンの望みだ!それが出来ればそれで結構!」
勇 「ジョナサンだと?」
比瑪 「勇!あの人を止めないと大変な事になる!」
勇 「比瑪!合わせろ!」
バロン 「喜べジョナサン!おまえの願いは私が叶えてやる・・・!」
ジョナサン 「バロン・マクシミリアン!」
ジョナサン 「バロン!」

比瑪 「チャクラ・エクステンション!」
aaaa 「バローン!」
バロン 「こんな事ではぁ!」
勇 「落ちない・・・」
比瑪 「ゆ、勇」
バロン 「私の想いを受けて生まれたバロン・ズゥは無敵である!見ていなさいジョナサン!あなたの敵は私が排除してあげる!」
ジョナサン 「バロン?」
バロン 「息子の為に死ねえ!」
勇 「アノーア艦長・・・?」
ジョナサン 「…」
比瑪 「勇ー!」
勇 「艦長さんが・・・楽になるというなら、良いよ。艦長さんが良いなら・・・!」
バロン 「うわあああ!」
比瑪 「ブレン!怖がらないで!」
比瑪 「んならもぅー!っと!」
比瑪 「縮んでく?」
勇 「グランチャーを、ああいう風に使ったらどんなエネルギーだって・・・使い過ぎれば無くなっちまうんだ!強過ぎる力は身を滅ぼす・・・」
ジョナサン 「くっ。バロンが!?」
バロン 「ジョ、ジョナサン・・・」
バロン 「ああ・・・」
ジョナサン 「あんた・・・?ええぃ」
ジョナサン 「・・・ははっ、はははっ!ははははっ、何であんたがバロンなんだ!」
アノーア 「お前の傍に・・・居たかった。今度こそお前の為に・・・何かをしてあげ・・・」
ジョナサン 「遅いんだよ!俺を騙して裏切ったんだぞ!」
アノーア 「元気な・・・ジョン・・・」
ジョナサン 「起きろよ。あんたにはまだ言いたい事がいっぱいあるんだ!」
勇 「お袋さんは、やる事はやったんだ。許してやれ!」
ジョナサン 「親子の間に入るな!」
勇 「ヒメ・ブレンも、ネリー・ブレンも撃つな!」
比瑪 「でも後ろにグランチャーが!」
勇 「うっ!・・・シラー!聞こえるか!」
勇 「シラー、力を貸してくれ。ジョナサンは母親に会った」
シラー 「聞こえたよ」
勇 「怒るな!ジョナサンは俺の身代わりになってくれた。シラーの身代わりもやってくれたと思わないか?」
シラー 「くっ・・・」
比瑪 「身代わり?」
勇 「俺達は出来る事をやるしかないんだ。放っておいたら地球も人類も皆消えちまう。違うか?シラー」
シラー 「オルファンは・・・いやクインシィは、グランチャーもリクレイマーもアメリカも排除している。このままじゃ星になった弟達に会えなくなるじゃないか!」
勇 「済まない、シラー」
比瑪 「ブレーン!」
副長 「オーガニック・エンジン臨界持続中」
アイリーン 「オルファンからの攻撃に・・・」
副長 「左舷にオーガニック・リアクション!」
アイリーン 「ええっ?」
アイリーン 「勇に比瑪ちゃん!」
モハマド 「グランチャーも一緒じゃないか!」
勇 「ノヴィスの力もジャンプ台になった」
カナン 「勇と比瑪ちゃんだけには任せないわよ」
勇 「カナン!」
カナン 「シラーだけにもね」
カント 「ビー・プレートの件ですけどね」
カント 「オルファンが欲しがる何かの事だと思います。オーガニック的な何か!」
ヒギンズ 「オーガニック的な何か?オルファンが欲しがっているもの・・・」
ナンガ 「それをやりゃ・・・」
ラッセ 「オルファンを潰せるのか」
比瑪 「潰すんじゃないわ」
ヒギンズ 「生かす!」
勇 「しかしこの地球で、俺達人間がオルファンに拮抗させられるものと言えば・・・」
比瑪 「ならさ、見せつけてやりゃ良いのよ」
勇 「そうだな!」
ユキオ 「祈れば良いんだよ!」
アカリ 「オルファンと仲良く出来るって思うのよ!」
クマゾー 「出来るも!」
アイリーン 「あたし達に力が無い事が、情けなくありません?」
モハマド 「ですが幸せではあります」
アイリーン 「副長は我慢出来ます?」
副長 「現実は認めざるをえますまい。おい、手を繋げ」
ノヴィス・クルー 「は、はい!」
副長 「あぁ」
レイト 「全員甲板に上げて、手を繋げさせろ!」
ヒギンズ 「輝いてる?」
ラッセ 「感じたか、カナン。この光は・・・」
カナン 「ええ、とても暖かいわ」
翠 「依衣子のエナジーは地球のオーガニック・エナジーを誘導してくれましたね。これでオルファンは無事に銀河に旅立てる」
研作 「なら良いが・・・」
翠 「うっ!」
直子 「あなた達は!いい加減になさい!翠ね、あなただって私とイサムさんが望んで愛し合えたから産まれてこられたのに!」
翠 「何・・・?」
直子 「イサムさんが亡くなってからこっち、私はそういう事を言うのを忘れてた。悪かったわ・・・でもあなた達のやっている事は、怨念返しにしても酷いわよ!」
研作 「人間全体が生物的な、原理的なものを忘れ、どこかで間違ったのです。オルファンはこの姿を現す事で人間の知恵の、底の浅さを教えようとしているんでしょうな」
翠 「薄情になってしまった事を・・・」
直子 「翠・・・」
ゲイブリッジ 「ドクター伊佐未、オルファンと地球の生命体の因果関係はどうなっていくのかね」
研作 「この生き生きとしたオルファンを見れば、後は任せるだけです。人畜無害なのか、オルファンに取り込まれた依衣子がどうなるかと」
直子 「オルファンの成すがまま・・・」
ゲイブリッジ 「我々に出来る事はもう無い?」
シラー 「行くのか?」
勇 「ああ」
カナン 「あたし達に出来る事は、見守るだけ・・・?」
勇 「比瑪が話しかける事を試したんだから、今度は俺が試してみるさ」
比瑪 「うん。こんなに高くなっても苦しくないんだものね」
勇 「ああ、チャクラが守ってくれてるから」
比瑪 「出来るよね!依衣子さんを助ける事だって」
勇 「オルファンもね」
比瑪 「トマト畑、直さなくちゃならないか・・・」
勇 「怒るなよ!恨みは忘れろ、ネリー・ブレン」
比瑪 「オルファンさん!あたしの一番大切な人をあげるのよ!あたしの愛している人なんだから、寂しくないでしょう!?」
勇 「オルファンのエンジン・・・」
クインシィ 「勇!」
クインシィ 「あたしを傷付けに来たのか?」
勇 「今更傷付けるなんて、そんなんじゃない!」
クインシィ 「ここまで来たのに、そうじゃないって言うんなら・・・」
勇 「帰ってきちゃいけないか!?」
クインシィ 「帰ってきた?私の傍にいる連中は、私の想いなんか分からない。誰も私の傍にいてくれないのに・・・帰ってくるなんて・・・」
勇 「やり直す為だ。姉さんとオルファンを解放する為だ。出来るなんて思っちゃいないけど、姉さんも受け入れてくれるなら、地球をこのままにしておいてくれないかい?」
勇 「あっ・・・?」
勇 「オルファン!ビー・プレートの代わりに俺達を差し出す!だから、地球はこのままにしてやってくれないか!?」
ジョナサン 「見ろよママン。オルファンの輝きは暖かい。俺達の力を、俺達のやった事を認めてくれている暖かさだぜ」
アノーア 「ジョン・・・私の坊や・・・」
ジョナサン 「・・・ん」

比瑪 「ネリー・キムさん?」
ネリー 「ごきげんよう、比瑪ちゃん」


END