アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第12話 迷宮のラクロア 中編

SDガンダムフォース 第12話 迷宮のラクロア 中編

SDガンダムフォース 第12話 迷宮のラクロア 中編

 

SDガンダムフォース 第12話 迷宮のラクロア 中編


少年:行くよー、そおれ!
ジム:ホッ、それ!
少年:ホイ!
ジム:よいっと!それ!
少年:うっ!
ジム:ナイスキャッチ!
シュウト:ここは、人々とロボットが仲良く暮らす理想郷、未来都市、ネオトピア!
その日、僕達は次元転送の実験をしてたんだ
ところがなんでか大暴走!
あっという間に次元を越えて、なんと、ゼロの故郷、ラクロアに飛ばされた
翼の騎士ゼロ:『此処こそ、我が最愛なるラクロア……』
シュウト:そして、地下で出会った変な三つ子とともに、今、恐ろしい敵に囲まれてしまった
嵐の騎士トールギス:『ハッハッハッハッハ、ハッハッハッハッハ!』
シュウト:いったいどうなっちゃうんだ?僕達は!


シュウト:『迷宮のラクロア・中編』


ポーンリーオー達:ポポポポポ……ポーン!
嵐の騎士トールギス:フッ!
……ンー、いい気持ちだ……
フッハッハ!ラクロアの4神獣の1つグリフォンが、いまは私の召還獣だ!
フッハッハッハハ!
翼の騎士ゼロ:ウッ……トールギス
エエィッ!フンッ!
嵐の騎士トールギス:セァッ!
翼の騎士ゼロ:グリフォンが、貴様と契約するはずがない!
汚い手を使ったな!
嵐の騎士トールギス:さあ?どうだったかな!
翼の騎士ゼロ:ウワァッ!
嵐の騎士トールギス:ッハッハー!
翼の騎士ゼロ:ウッ……
嵐の騎士トールギス:フッハハハハハ!
翼の騎士ゼロ:何!
翼の騎士ゼロ:ウッ!……ウァッ……ウウ……


三つ子達:ああっ!
シュウト:ゼロ!
爆熱丸:何だ、あの技は!
嵐の騎士トールギス:ハッハッハッハ、アーッハッハッハ!
アア、おらおらどうした!
翼の騎士ゼロ:ウウァッ!
嵐の騎士トールギス:ンー?


キャプテンガンダム :……
嵐の騎士トールギス:フッフン!
キャプテンガンダム:フンッ……ウッ……ウウッ……
アアッ!
嵐の騎士トールギス:弱い弱い!
シュウト:ああ!ビームサーベルが!
翼の騎士ゼロ:ウッ、ウウッ……ああ!
嵐の騎士トールギス:さてさて、後ろの穴は何だと思う?
翼の騎士ゼロ:……ウッ……あ……
ポーンリーオー1:ポーン!
ポーンリーオー2:ポーン!
ポーンリーオー1:ポーン!
ポーンリーオー2:ポーン!
ポーンリーオー1:下はダークホールだポーン!
ポーンリーオー2:落ちたら出てこれないポーン!
ポーンリーオー1:それに穴の中じゃ!
ポーンリーオー2:魔法は使えなーい!
ポーンリーオー1・2:ポォーン!
……あっ、あっ……ポーン!ポーン!アア!


翼の騎士ゼロ:あっ……ああ……
嵐の騎士トールギス:フーン?どうだ、怖いか?ン?ンー?
コア:待て、これが欲しくないか!
嵐の騎士トールギス:何だ!せっかくの楽しみを邪魔するな!
コア:ウ……
ドア・ノア:うん!
コア:……これは精霊の卵だ
嵐の騎士トールギス:ウッ!何だと!?
翼の騎士ゼロ:お前達、精霊の卵を持っていたのか!
シュウト:何?精霊の卵って
爆熱丸:ン、うーん……
翼の騎士ゼロ:精霊の卵は、ラクロアを救うカギだ!
コア!それを渡してはならない!
コア:見逃してくれたら、これをやる
じゃなかったらダークホ-ルに落とすよ!
落としたらもう見つからないぞ!
嵐の騎士トールギス:ム……ふたを開けて見せろ!


嵐の騎士トールギス:オオ……、かにそれだ!
ッハッハハ、何とも仲間思いの三つ子達だな……
感動したぞ……見逃してやるとも
翼の騎士ゼロ:いかん、コア!渡してはならない!
その卵がないとこのラクロアは……もう2度と……
コア:まず召還獣との合体を解け
嵐の騎士トールギス:ほう!合体を解けと?
コア:そうだ!
嵐の騎士トールギス:なかなか勇ましいな
コア:はやくしろ!
嵐の騎士トールギス:よしよし、わかっ……たァッ!
翼の騎士ゼロ:ウッ!……ッアァッ!……ア、ウワ……
ワァアーッ…………!!


シュウト:ゼロ!
コア:ああっ!
ポーンリーオー:ポーン!
コア:あ、ああ!?
ポーンリーオー:ポポポポポ、ゲットだポーン!
嵐の騎士トールギス:ガキの遊びは終わりだッ!


シュウト:うわあ!
三つ子達:わあー!
嵐の騎士トールギス:フッハッハッハ、ハーッハッハッハッハ!
爆熱丸:ぬっ……、おのれぇー!クッ、クゥッ……
ンー、テヤァーッ!
嵐の騎士トールギス:ンン!ハァッ!
爆熱丸:ドワァーッ!
シュウト・三つ子達:うわあー!
爆熱丸:オオーッ!
キャプテンガンダム:ウッ……ウウッ……アアッ!


嵐の騎士トールギス:精霊の卵はもらっていくぞ!
ファッハッハッハッハ!アーッハッハッハッハ!


シュウト:うわーああああっ!!
三つ子達:わぁああああ!!


シュウト:ふあっ、はっ、はっ……アアーッ!
アアアアアアアッ、
ああ、ああ、ああ、ああっち!
あっ、はっ、あっ、フン、フン、うう、ああ!
アウーッ……ムグムグ……むお……ッダ!
アア……ア


シュウト:うわあ……ケホ、ケホ……
ああーん、どこだ、ここ……
三つ子達:ウワアッ!アアアア……
シュウト:わわわわわ、うわ!
ノア:ワーオ!
シュウト:うわあ!
ドア:フウッ!
シュウト:っ……、フッ!
コア:ワッ!
シュウト:……ああ!……あっちゃぁ……
三つ子達:ううう……
シュウト:……大丈夫?
三つ子達:……たたた……
コア:あ、あああ、あああああ……!
……どう?
ドア:うん、大丈夫!
コア:よかった!
ドア・ノア:うん、うん!
三つ子達:……フン!……よし!
シュウト:はあ?


シュウト:キャプテーン!ゼローッ!爆熱丸ー!


シュウト:キャプテン、聞こえる?こちらシュウト、聞こえる?
……やっぱり、異世界じゃ使えないのかなー
ノア:何それ?
ドア:それで話できるのー?
シュウト:ぼくの世界じゃ、これでオッケイなんだ
ノア:魔法みたーい
ドア:でも、使えないのかよ
コア:フン、役立たず
シュウト:うっ……とにかく、キャプテン達を探そう!
精霊の卵だって取り返せるよ!
何てったってぼくらには、ラクロアを救う騎士(ナイト)がついてるからね
コア:ゼロ?あいつはだめだ
シュウト:ええ?
コア:精霊の卵を使ってチャンスを作ってやったのに、
なんだよ、結局やられちゃって!
あいつはラクロアを救う騎士(ナイト)なんかじゃない、
救世主ゼロなんかじゃない、偽物ゼロだ!
シュウト:偽者なんかじゃない!
ゼロは本物の、ラクロアを救う騎士(ナイト)だよ!
コア:フン、信じられるもんか!
シュウト:ちょっと!どこいくんだよ!もー……


翼の騎士ゼロ:クッ……だめか……みんなは、無事だろうか
翼の騎士ゼロ:ウッ……
嵐の騎士トールギス:『ハッハッハッハッハ、ハーッハッハッハ!』
翼の騎士ゼロ:……姫様……私は……私は……
ハッ……?


爆熱丸:うううっ……ううう……おお……おおお……
キャプテンガンダム:……ここにもシュウト達の反応はない
爆熱丸:ああ……ううう……
キャプテンガンダム:ン?どうしたのだ、爆熱丸
爆熱丸:うっ!?ああ、あいや、なんでもないのだ、
あは、あはは……ヒッ!
あ……かっ……でやああー!!ぎゃあ!
……かっ……ああ……かっ……
キャプテンガンダム:さっきから変だぞ、爆熱丸
爆熱丸:……いっ……じ……じつはコワいのだ、どうも、その……
で、出そうではないか……あ……ナ?
キャプテンガンダム:出る?何が?
爆熱丸:え?や、だから……
ゆ、ユーレイだよ、ユーレイ!
キャプテンガンダム:幽霊?
爆熱丸の故郷天宮(アーク)に人間はいないと言っていたが、どんな幽霊なんだ?どんな姿をしているんだ
爆熱丸:え、いや、どどどんな姿をしていると……
やややユーレイの話だけはどうか勘弁してくれ!
頼むからそのー……かーっ……
キャプテンガンダム:そうか
爆熱丸:だぁっ、ああっと、ああ、あ、ちょっ、ちょちょっと待ってくれ!
キャ、キャプテン殿ぉ~!
でっ!
でぇっ!
出たぁーっ!!!

 

コア:ついてくるな!
シュウト:ああ?
コア:そっちはそっちで勝手に仲間を捜せばいいだろ!
シュウト:君達をほおってはおけないよ!
ドア:あのね、このダークホールは俺達の隠れ家みたいなもんなの!
シュウト:隠れ家?
ノア:そーゆーこと!奴らの目が届かない絶好の場所なんだよ!
シュウト:こんな暗いところにずっと隠れ住んでるってこと?怖くないの?
コア:フン、異世界のガキに心配されたくないね
シュウト:異世界のガキだってー!そっちだって
コア:シッ!
シュウト:うぇ?な、何?


ドア:見つかった?
ノア:まさか、俺達が見つかるはずが……
三つ子達:ああ!
シュウト:何の音?ああ?
三つ子達:しまった!アアッ……
シュウト:どうしたの、急に!ええ……わあ!
うわああああ!うわああ……


シュウト:フゥ、フゥ、フゥ……うううわああ!だぁああ!
ううっ!うわあああ!
来るな……来るな……来るなぁ!
シュウト:うわあああ!


シュウト:うわああああ!何で、僕ばっかり!
翼の騎士ゼロ:シュウト!
シュウト:ああ!ゼロ!


翼の騎士ゼロ:オオオオーッ!デェッ!
シュウト:ゼロ!
翼の騎士ゼロ:逃げるんだ!


翼の騎士ゼロ:……情けない……この程度の相手に、逃げ出さねばならんとは!


シュウト:ハッ、ハッ、フッ、フッ……


翼の騎士ゼロ:ああっ!ダッ、アア!シュ、シュウト!
シュウト:ううっ、ううわあ!うわあ、わあああううう、ううわあ!
おっ!ううう……
フッ、フッ……うう……うわあ!はっ、はっ、はっ、はっ……
おお!ワワワワワ、ああ!ウワァ!ああ!
アア!アア!アア!アア!


シュウト:へえっ……ふぅ……
翼の騎士ゼロ:シュウトーッ!ダアッ!
……クッ……何か武器があれば……ウッ、ウウ……ウウウ……
ハッ!これは……!
シュウト:うう……うう、ああ!ううわあああ!
翼の騎士ゼロ:オオオオッ!
シュウト:うわあ!


シュウト:それ……キャプテンの、ビームサーベル
翼の騎士ゼロ:エィッ!フッ!エイッ!……ンッ!
シュウト:ゼロ!助かったよ!ありがとう
翼の騎士ゼロ:いや……これのおかげだ
あの時ダークホールから落ちたビームサーベルが、
偶然にもここにあったのだ
シュウト:……うん
翼の騎士ゼロ:マナよ……感謝します


シュウト:ノアー!ドアー!コアー!
んー、どこ行っちゃったんだろう……
おーい!ゼロと一緒だよー!
出ておいでよー!
コア:よく聞け!俺達は行く!
シュウト:ええ!
ノア:ここは俺達の隠れ家だ!
そう言ったよな!?だから好きにする!
シュウト:もー、何でだよ!せっかくゼロと合流できたのに!
コア:俺達はそいつに会いたくないんだ
シュウト:ええ?
翼の騎士ゼロ:ッ……
ノア:俺達は、ラクロアを救う救世主ゼロを待っていたんだ
コア:だけどそいつはそうじゃなかった
俺の作ったチャンスも生かせずトールギスに負けた!
そいつは偽者ゼロだ、偽者なんかに会いたくない!


シュウト:何言ってんだよ!
さっきだけじゃない、
これまでだってゼロは何度も何度も助けてくれたんだ!
石化を解く方法を探しながら、
それでも異世界のぼくらを助けてくれる立派な騎士(ナイト)なんだよ!
ゼロは絶対ラクロアを救うよ!救世主ゼロなんだよ!
おい!……おいってば!
ゼロを信じてよー!
……ゼロを信じてよ……
翼の騎士ゼロ:シュウト……ありがとう……
シュウト:……よおし、こうなったら意地でも卵を取り返すんだ
そのためには、まずキャプテン達と合流しなくっちゃ!
シュウト:キャプテンも爆熱丸も、ここから脱出しようとしているはずだよ
とにかく上に行こう!
きっとダークホールの入り口で会えるよ、会えば何とかなる……
僕らは、ガンダムフォースなんだ!
翼の騎士ゼロ:……そうだな
しかし、ここでは、私は飛べないし、魔法も使えない
どうやって上に行くか……
シュウト:岩壁を登るんだよ!自分の手足で!
さ、早く!……ッ、ハァッ、ハァッ……
翼の騎士ゼロ:シュウト……君は……すごいな


ドア:どうする?
ノア:……様子、見よっか
コア:フン……知らないよ、あんな奴ら!
ドア・ノア:うん……うん……


爆熱丸:ヒィッ!ええい、名を名乗らんか~!
キャプテンガンダム:……爆熱丸、よく見ろ
爆熱丸:あ……何が?……おお……
爆熱丸:……ムゥ……何だこいつらは……死んでいるのか?
キャプテンガンダム:機能は停止しているようだが
爆熱丸:うーん……んんー?見るからに禍々しい……
かつて、恐ろしいことがあったようだな、
うぉーっと、触らぬ神にたたりなしだ
もうこんな陰気くさいものに、用はないな!
さあ、行こう、キャプテン


爆熱丸:うーむ、ん、んん?
キャプテンガンダム:ン?
爆熱丸:うーむ……ダァッ!だだだだ、なななな何だ、敵か!?


爆熱丸:おー?ダダダダッ、オワーッタタタタ!
タタタ、な、な、何だ!?どっから飛んできた!?
ウッ!?
キャプテンガンダム:ここは空間がねじれている
あちこちが途切れ、別の場所とつながっている
……よし、上手くいけば上に行ける
爆熱丸:上?
キャプテンガンダム:シュウトも上へ、穴の入り口に向かっているはずだ
爆熱丸:得意の確率か
キャプテンガンダム:いや、私のソウルドライブが今、そう感じているんだ
爆熱丸:ソウルドライブ……
武者の頑玉(がんだま)みたいなものか……
キャプテンガンダム:行くぞ!爆熱丸!
爆熱丸:おわーっ!ナナナ、何をする気だぁあああ!おわあ!
キャプテンガンダム:ン!トォッ!
爆熱丸:アアアーッ!!


爆熱丸:おおっ!上に出たぞ!
うむ、よーし!この調子でどんどん登っていけば!
ああ?アアー!アァアァアァ……ホェー!


爆熱丸:ウギャーッ!
一体これを何回くり返すことやらぁーっ!


嵐の騎士トールギス:ハイ!ハイ!
♪ウンタッタウンタッタ、ウンタッタッター!
トレビアァーン!
精霊の卵がぁー、とれたヤーン!
闇の騎士デスサイズ:トールギス
嵐の騎士トールギス:ウン?
闇の騎士デスサイズ:闇の騎士(ナイト)デスサイズ、ただいま参りました
嵐の騎士トールギス:遅いぞ!姫の石像は?
闇の騎士デスサイズ:今こちらに運ばせる段取りをとっております
嵐の騎士トールギス:よーし、いよいよこれで木の封印を解く謎が解明できる……
どうだ、見ろ、美しいぞ!
闇の騎士デスサイズ:オオ……これは確かに……ンッ?
嵐の騎士トールギス:ああ?どうした
闇の騎士デスサイズ:何か魔法がかかっている
嵐の騎士トールギス:魔法だと……?
何!?……オオッ!……ンン?
アアッ!


魔法の映像:ドア:『やーい、ひっかかったなー』
魔法の映像:ノア:『これは偽物だよーん!』
魔法の映像:コア:『アハ、アハ、アハハハハー!』
魔法の映像:三つ子達:『それ!
♪おしりフリフリ、おしりペンペン、おしりフリフリおならがプー!』
嵐の騎士トールギス:ムンンンン……ンンンン……
闇の騎士デスサイズ:姫の石像の段取り、とりやめましょう
……フッ
嵐の騎士トールギス:エエエェッ……ヌオォッ!
このトールギス様をよくも謀(たばか)ったな!
許さーん!


ドア:ホントに偽者かなあ……あのゼロ
ノア:一緒にいた仲間の連中も偽者?
コア:偽者だよ!
ドア・ノア:あ……
コア:ほっとけばいいんだ、あんな奴!


爆熱丸:おおっ……おおーっとっとっと……
やった……第24関門突破!
キャプテンガンダム:ゴールはまだか!


シュウト:んっ……精霊の卵、必ず取り返すぞー!
翼の騎士ゼロ:出口に敵がいなければいいが……
しかし、登るしかない!

 

シュウト:本物の精霊の卵をねらって、トールギスが三つ子達を襲う!
僕達は間に合うのか!?
次回、SDガンダムフォース『迷宮のラクロア・後編』