アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第17話 新たなる刺客、その名は阿修羅丸!

SDガンダムフォース 第17話 新たなる刺客、その名は阿修羅丸!

SDガンダムフォース 第17話 新たなる刺客、その名は阿修羅丸!

 

SDガンダムフォース 第17話 新たなる刺客、その名は阿修羅丸!

 

少年:行くよー,そおれ!
ジム:ホッ,それ!
少年:ホイ!
ジム:よいっと!それ!
少年:うっ!
ジム:ナイスキャッチ!
シュウト:ロボット工学が発展し,巨大な作業用ロボから小型のペット用ロボまで,様々なロボットが人間と共存し豊かな生活を送る理想郷,未来都市,ネオトピア!
今,その平和をうち破ろうと,侵略者,ダークアクシズが次元を越えてやってくる
さあ,僕達ガンダムフォースの出番だ!


シュウト:『第17話新たなる刺客、その名は阿修羅丸!』


ザッパーザク・グラップラーグフ・デストロイヤードム:(わー、やっぱりこれってー……などと悲鳴)
ザコソルジャー達:ザコー……


ザッパーザク・グラップラーグフ・デストロイヤードム:お……お許しを……
コマンダーサザビー:ええい、黙れ!これまでに何度失敗した、貴様らはもうあてにならん!
ザッパーザク:そ、そんなぁ
コマンダー:既にお前達に代わる新戦力の投入を決定した、見るがいい!
ザッパーザク:見るって何を……
ザッパーザク・グラップラーグフ・デストロイヤードム:オオーッ!
ザコソルジャー達:ザコー!ザコー!


阿修羅丸:我が名は阿修羅!
天宮(アーク)の国より参った、阿修羅丸!


ザッパーザク:どわーっ、武者頑駄無(がんだむ)!?
グラップラーグフ:なぜ武者頑駄無がここに!
阿修羅丸:騎馬王丸様の命を受け、コマンダー殿を助太刀いたすため参上した!
ザッパーザク:ガンダムって敵じゃないの?
グラップラーグフ:んー、聞いた話だが、天宮の国には我らダークアクシズに与した武者頑駄無の軍隊があるらしい
ザッパーザク:ハハッ!あーいつ1人来たところでなーにが出来る


阿修羅丸:フッ!
ザコソルジャー達:ザコザコザコザコー……ザコー!!


ザッパーザク:あら?あ?
デストロイヤードム:ン?ン?ン?ン?
阿修羅丸:我はお前達とは違う
ザッパーザク・グラップラーグフ:ウン?
阿修羅丸:敵国の制圧なぞ、この体1つで成し遂げてみせる
グラップラーグフ:ハン!ガンダムフォースの連中を知らないから何とでも言えるんだよ!
阿修羅丸:我には簡単なこと!
ただ一人、爆熱丸を倒せばよい
あとは雑魚なり!


ザコソルジャー:ザコー………


虚武羅丸:フッフッフ……参るとするか


爆熱丸:んんー……
刀身が曇っている、なにか災いが降りかかる予兆だろうか?
シュウト:できた!
爆熱丸:ん?
シュウト:ねえねえ、見てみて!
キャプテンガンダム:私も出来たぞ
爆熱丸:ほほう!
シュウト:すごーい、キャプテン!むずかしい字も書けるんだね!
爆熱丸:ハッハッッハッハ!2人とも、なかなかスジが良いぞ!
フェン:フェン?
爆熱丸:次は、『将来の夢』という題で書いてみろ
フェン:フェン、フェエーン!
爆熱丸:ん?あ?ハッハ、フェンだったか!間違えた、すまんすまん!


ゼロ:こら!何をする!


爆熱丸:おわあっ!?
フェン:フェーン……
ゼロ:フェン、大丈夫か、危うくまっぷたつにされるところだったな
爆熱丸!
爆熱丸:ンッ、ウ……
ゼロ:ナマクラ刀を早く納めんか!
爆熱丸:これは師匠から直々(じきじき)に賜(たまわ)った五星剣(ごせいけん)の中のひと振りだ!
ナマクラ刀ではないぞ!
ゼロ:五星剣だかなんだかしらんが、用がないのならしまっておけ!
爆熱丸:ンン!刀は俺の魂だ!常日頃からの手入れも修行のうちの1つだ!
貴様もたまには剣の修行でもしたらどうだ!
ゼロ:私の腕を疑うようだな、ならばひとつお手合わせ願おう!
爆熱丸:よかろう
シュウト:チョ、ちょっとやめなよ、2人とも!ねえ!
爆熱丸:いざ!どわーっ!
ゼロ:ハッ!ダーッ!


爆熱丸:うわーっ!
ゼロ:オワーッ!


爆熱丸:グウッ、何事だ、いったい……これは!


シュウト:ッ……大丈夫?爆熱丸、ゼロ!
ゼロ:私は大丈夫だが、それよりもこいつは……
キャプテンガンダム:ン……?何か文字が書いてある


爆熱丸:まさか……あいつが……


シュウト:ああ、爆熱丸!
キャプテンガンダム:これは、爆熱丸の国の文字だな
シュウト:わかるの?キャプテン
キャプテンガンダム:ああ
『かつての無念晴らすべく、貴殿との決闘、本日ただいまより書き記し場所に来られたし
付添共に無用の事終始、剣術を以って勝敗を決すべき事天宮よりこの地へ来しは、生死を決せんが為なり』

(果たし状:かつての無念晴らすべく貴殿との決闘左記の如く決行仕る可く候
本日ただいまより書き記し場所にて
付添共に無用の事終始剣術を以って勝敗を決すべき事天宮よりこの地へ来しは生死を決せんが為なり)
シュウト:『生死を決せんが為なり』?
ゼロ:これは……果たし状だ、
このままほっとくわけにもいかんようだ、
私は爆熱丸を追う!
キャプテンガンダム:……私達も行こう、シュウト
シュウト:うん!


虚武羅丸:阿修羅丸……
阿修羅丸:虚武羅丸か
虚武羅丸:我らはこの国を制圧するために来た
私念は捨てろ
阿修羅丸:一石二鳥だろう、黙って見ていろ


阿修羅丸:来たか!?


爆熱丸:ハッ!天宮が武人、爆!熱!丸!見参!
阿修羅丸:よく来たな、爆熱丸
爆熱丸:一つ聞く!どうやってこの世界に来た!
ムッ!?


爆熱丸:その旗に記された騎馬の紋!
もしや騎馬王丸の軍門に下ったのか!
奴は天宮の裏切り者だぞ!
阿修羅丸:貴様との因縁、この場で断ち切らせてもらう!
行くぞ!
爆熱丸:む、待て!
阿修羅丸:問答無用!……デェエーイ!
爆熱丸:ンッ!
阿修羅丸:フッ!
爆熱丸:ダァッ!
阿修羅丸:ハッ!


阿修羅丸:エェイ!フッ!
爆熱丸:フッ!
阿修羅丸:デェイ!ハッ!
爆熱丸:ハッ!
阿修羅丸:デェエイ!
爆熱丸:ウッ!ハッ!
阿修羅丸:ハーッ!ウウッ……エァアア!


爆熱丸:ムゥッ!
阿修羅丸:ティ!
爆熱丸:フンッ!
阿修羅丸:ウウウッ……ンンンッ、トリャアッ!
爆熱丸:オワッ!……オッ……ンッ、ドワアッ!クッ!


爆熱丸:ンッ!
阿修羅丸:ともに修行したこの技で、今日こそ貴様を倒す!
爆熱丸:やめろ!孔雀丸!
阿修羅丸:ゼェエーイッ!
爆熱丸:やめろ!
阿修羅丸:ダァーッ!
爆熱丸:ッ!
阿修羅丸:……ヌワーッ!フンッ!タァーッ!
爆熱丸:フンッ!
阿修羅丸:グッ……


阿修羅丸:抜け!剣を抜かんか!
爆熱丸:テァッ!


阿修羅丸:逃がさん!テッ!フンッ!テイッ!
爆熱丸:オワッ!
阿修羅丸:トワーッ!
爆熱丸:ドワァーッ!……ウウウッ!クゥッ……


爆熱丸:……クゥッ……デェイッ!
やむを得んと言うのか……
阿修羅丸:敵に背中を見せるのかぁーッ!!
爆熱丸:これが……運命だというのかぁーッ!!
阿修羅丸:エェイッ!


爆熱丸:クゥッ……ノオッ!


爆熱丸:フンッ!
阿修羅丸:爆熱丸ーッ!デェーッ!
やっとッ!やる気になったようだなーッ!
フゥッ!デェイッ!
爆熱丸:ノッ!テッ!ゼァッ!
阿修羅丸:エィッ!
爆熱丸:ガッ!
阿修羅丸:オワッ、タッ!
爆熱丸:エエーイッ!
阿修羅丸:ンアーッ!


シュウト:ああっ!爆熱丸が!
キャプテンガンダム:もう、始まっていたか
ゼロ:あれは!
シュウト:ああっ!


阿修羅丸:タァッ!ティッ!トワーッ!
爆熱丸:オワーッ!……ッ!グワッ……


シュウト:ああーっ、ねえ、キャプテン、ゼロ、あれじゃあ爆熱丸がやられちゃうよ!お願い、助けてあげて!
爆熱丸:ならん!
シュウト:ああっ?


爆熱丸:助太刀はならん……断じてならんぞ!
阿修羅丸:覚悟しろ、爆熱丸!
キャプテンガンダム:あれはガンダム!敵はガンダムなのか!
ゼロ:あれは、天宮の国の武者頑駄無だ!
シュウト:ええっ!?ガンダムなの?

 

阿修羅丸:いくぞ!爆熱丸!
爆熱丸:来い!
阿修羅丸:騎馬王無情流!
爆熱丸:ンーッ、ムォッ!
阿修羅丸:テェッ!タァッ!テェイッ!タァッ!ハッ!テェイッ!ァグッ!タァアッ!ノォッ!タァッ!ハッ!エエイッ!テェイ、ハッハッ!
爆熱丸:ティッ!トォッ!ヤァッ!ムゥーッ!ムンッ!ノアッ!
阿修羅丸:ウォアァッ!ティッ!エエイッ!グアアッ!
爆熱丸:テイッ!フンッ!フンッ!
阿修羅丸:エイッ!トァアッ!
爆熱丸:フンッ!


シュウト:なんで!?ガンダム同士で戦うなんて!とめなきゃ!ああっ!
炎天号:火、ヒン!
シュウト:炎天号!
ゼロ:手を出すな!
シュウト:エエッ!?
ゼロ:手を出すなと言っているのだ
シュウト:……でも!
キャプテンガンダム:様子を見よう、シュウト
シュウト:う……うん……
フェン:フェン、フェーン!
ゼロ:フェン!どこへ行く……ン?あれは……
どうやら伏兵がいるらしい


阿修羅丸:奥義!きつ突きーッ!
爆熱丸:騎馬王丸の流派など、俺には通用せん!
阿修羅丸:デャアーッ!何ッ!?
爆熱丸:うぅおおーっ!!
阿修羅丸:エエイッ……
爆熱丸:ホッ!はっ、何ッ!?……ウオッ、ダァーッ!
ナァアーッ!!


阿修羅丸:……ザコトウ!(不明)


阿修羅丸:フッ、ハッハッハ!フンッ!
爆熱丸:貴様ぁっ、その体は!
阿修羅丸:ハッハッハ!どうした、我が流派は効かないのではないのか!
爆熱丸:ンッ、クッ、テッ!
阿修羅丸:ええーいっ!
シュウト:爆熱丸!
爆熱丸:ダワァッ!
阿修羅丸:騎馬王無情流を学んだ我は、この体を得た!
無情流の奥義、しかと味わうがいいーっ!
爆熱丸:ハッ!
阿修羅丸:テェッ!
爆熱丸:とおーっ!
阿修羅丸:ムムッ!


阿修羅丸:ヂェィッ!ムアーッ!
爆熱丸:何が貴様をそこまでさせるのだッ!孔雀丸!
阿修羅丸:呼ぶな!その名はとうの昔に捨てたわーっ!
爆熱丸:ドワッ!
阿修羅丸:デェッ!
爆熱丸:ドワッ!
阿修羅丸:ふーんッ!
爆熱丸:てやぁっ!ウウッ……
阿修羅丸:我が名は阿修羅丸!今はこの体を与えてくださった騎馬王丸様に仕える修羅の鬼!
爆熱丸:騎馬王丸がダークアクシズに与(くみ)しているのは知っていよう!何故だっ!


シュウト:爆熱丸……!


阿修羅丸:でぇいっ!
既に天宮は疲弊し、荒廃しきっている!
これ以上、乱世を続かせてはならんのだ!
たとえダークアクシズの力を借り魔神となりても!乱世に幕を下ろさんとするその騎馬王丸様の所業は!決して天宮への裏切りなどではない!
爆熱丸:何を言う!
ダークアクシズに与するのは間違いだ!
奴らは天宮を食い潰しているにすぎん!
シュウト:あのガンダムはダークアクシズの仲間なの?
このままじゃ、爆熱丸が!
キャプテンガンダム:了解だ、相手がダークアクシズとなれば
シュウト:うん!
キャプテンガンダム:S.D.G.基地!


男性オペレーター:キャプテンからの換装リング、緊急要請信号を確認
ハロ長官:よし、換装リングの射出用意!


爆熱丸:目を覚ませ、孔雀丸!
武者の頑玉(がんだま)を汚(けが)すのか!
阿修羅丸:一度は死んだこの身!我の魂など、あの時あの場所で捨ててきたわ!
そう……貴様が我を辱めたあの時ッ!


孔雀丸(阿修羅丸):ま……負けた……?
この孔雀丸が、負けただと?


孔雀丸:待て!何故とどめを刺さん!
勝負に負けた我に情けをかけたつもりか!馬鹿にするな!
今ここで我を殺せ!
爆熱丸:……天宮を思う気持ちは俺も同じ、命を無駄にするな!孔雀丸!
孔雀丸:ああっ……


孔雀丸:……おのれ……殺せ!我を殺してくれェッ!


孔雀丸:……いらぬ……貴様に汚(けが)された孔雀の名など、もういらぬ!
爆熱丸よ……貴様を倒すために我は今から鬼となる!復讐の鬼となるのだーっ!!


孔雀丸:こ、これはっ!
騎馬王丸:我が名は騎馬王丸
お前に復讐のための力を与えよう
孔雀丸:騎馬王丸……様……
騎馬王丸:今日からお前は、阿修羅丸となるのだーっ!


阿修羅丸:アアアアアオオオオオーッ!!


爆熱丸・阿修羅丸:トオッ!
阿修羅丸:あの時の貴様自身の甘さー!
悔いるがいいーッ!
爆熱丸:戻れぬのかーッ!?
阿修羅丸:戻れる過去など、すでにないっ!
爆熱丸:ともに技を磨いた、あの日々はーッ!?
阿修羅丸:貴様の情けが、全てを、無駄にしたーッ!
爆熱丸:オオゥッ!
阿修羅丸:タァッ!
爆熱丸:ウウッ!ワァーッ……!!!
ドオッ!
阿修羅丸:ハッハッハッハ、どうした、もうおしまいか!
ムムッ!
爆熱丸:俺は……ダークアクシズに与する者を、見逃すわけにはいかない!
そして、かつての友を修羅に貶めたのはこの俺の責任!貴様に引導を渡すことで、果たしてくれよう!
阿修羅丸:我が来たのも生死を決せんがため!いくぞ!
騎馬王無情流奥義!
ぬわぁああっ!
シュウト:うわあ!
阿修羅丸:阿修羅、電影斬!ウガアアッ!


爆熱丸:フンッ!ェイッ!オオオオオオ……
天驚剣ーッ!


爆熱丸:うおあああああ!
阿修羅丸:アアアアアッ!


阿修羅丸:ンガアアアッ!
爆熱丸:グ、ググッ……


爆熱丸:何ッ!


爆熱丸:ああっ!?


爆熱丸:ドワアーッッ!!ドワッ!


爆熱丸:グッ……剣が……俺の五星剣が……!
折れた……


阿修羅丸:ンッハッハッハ!
シュウト:爆熱丸!
キャプテンガンダム:いかん!


阿修羅丸:さらばッ!我が屈辱の過去!


爆熱丸:ま、まさか……
阿修羅丸:誰だ!……貴様ッ!
爆熱丸:キャ、キャプテン!


シュウト:キャプテン!


阿修羅丸:エエイ、邪魔しおって!


キャプテンガンダム:ああ……
爆熱丸:だ、大丈夫か、キャプテン!
キャプテンガンダム:……す、すまない……君の戦いの、邪魔をしてしまったかも知れない……
だが……あのままでは、君の勝利する確率は、0.92%、だっ…た……
爆熱丸:キャプテン!
キャプテンガンダム:大丈夫だ……
阿修羅丸:ええいっ、
戦いはまだ終わってはおらんぞぉーッ!
シュウト:ああっ!
爆熱丸:おのれっ!
阿修羅丸:ゼアアアッ!
爆熱丸:アアアッ!タアッ!


阿修羅丸:ウッ……何ッ……


爆熱丸:ッ!フンッ!
阿修羅丸:フッ……ウッ!?
シュウト:なんでガンダム同士で戦うんだよ!
爆熱丸:シュウト!
阿修羅丸:貴様も我との戦いを邪魔するのか!
ぐわっ!
……くだらん!
とんだケチがついてしまった……
爆熱丸!この勝負、いったん預けた!
今度は必ずその首を取ってみせる!ゼアッ!
シュウト:ああっ!なっ……どこに行ったんだろう……


ゼロ:ム……伏兵は取り逃がしたか……
フェン:フェン?
ゼロ:!ガンペリー……


ゼロ:何があったのだ、キャプテン!
キャプテンガンダム:……大丈夫、……だ……
シュウト:ああっ、キャプテン、しっかりしてよ……


ゼロ:爆熱丸も大丈夫なのか!
シュウト:キャプテン!ねえ、しっかりしてよ、キャプテン!
爆熱丸:……すまぬ
ゼロ:ああっ!爆熱丸!しっかりしろ!


虚武羅丸:ふっふっふ……さあ、案内してもらおうか、貴様らの城に


ザコソルジャー3人:『ザコザコアワー!』


ザコソルジャーA:皆さん、こんにちは
ザコソルジャーB:チャーッス!
ザコソルジャーC:どもー
ザコソルジャーA:本日のミーティングはー、
ザコソルジャー3人:『武者頑駄無って、何なのよー!』
観客ザコソルジャー達:(歓声)
ザコソルジャーA:です!
ザコソルジャーB:実はね、武者頑駄無について、すごいウワサを耳にしたザコよ
ザコソルジャーA・C:どんな?


ザコソルジャーB:武者頑駄無って、子供を産むらしいんですよ


ザコソルジャーA・C:カハッ……なーっ、オソロシイー!ダァッー!
ザコソルジャーA:武者頑駄無って、なんなのよザコー?
ザコソルジャーC:アそういえば、阿修羅丸や虚武羅丸はガンダムなのに、どうしてダークアクシズの仲間ザコ?


ザコソルジャーB:んっふっふ、よくぞ聞いてくれたザコ
実はこの2人、天宮の国から来たザコよ
ザコソルジャーA・C:あーくの国?


ザコソルジャーA:そもそも我々ダークアクシズは今、武者頑駄無がいる天宮の国を、ラクロアの時と同じく侵略しているのですよー
ザコソルジャーB・C:わーるものザコ!
ザコソルジャーA:そして!
ザコソルジャーB・C:そして?
ザコソルジャーA:その戦いで、我々の仲間になった武者頑駄無達がいるザコよ!
ザコソルジャーB・C:裏切り者ザコね!
ザコソルジャーA:そいつらを指揮しているのが騎馬王丸ザコ!
ザコソルジャー3人:騎馬王丸!
ザコソルジャーB:あーっ、これ見たことあるある!
ザコソルジャーA:あるある!
ザコソルジャーC:これは騎馬王丸の家紋ザコ
ザコソルジャーA:そーザコ!その騎馬王丸の手下がこの2人、阿修羅丸と虚武羅丸ザコ
ザコソルジャーC:だから仲間ザコね


ザコソルジャーA:やっぱり
ザコソルジャーB:武者って
ザコソルジャーC:何なのよザコ


ザコソルジャーC:アでもでもでもーっ!
武者の名乗りってちょーっと格好いいザコー!
ザコソルジャーA・B:か、格好いいザコー!
ザコソルジャー3人:ザコ達もやってみるザコー!せーの!


ザコソルジャー3人:挫・枯!


ザコソルジャーA:ダーッ!これだとボロボロに負けたうえに、枯れ果てたイメージがするザコよ!
ザコソルジャーB:んじゃあねぇ、座・小?
ザコソルジャーC:アじゃあじゃあ、雑・魚
ザコソルジャー3人:……ムー!
だぁーっ!漢字はむずかしいザコ!
ザコソルジャーA:みなさーん、もっと漢字を勉強するザコー!
観客ザコソルジャー達:(歓声)


シュウト:キャプテンも爆熱丸もやられちゃった!その隙をついて、虚武羅丸が襲ってきた!次回、SDガンダムフォース『S.D.G.基地危機一髪!』