アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第18話 S.D.G.基地 危機一髪!

SDガンダムフォース 第18話 S.D.G.基地 危機一髪!

SDガンダムフォース 第18話 S.D.G.基地 危機一髪!

 

SDガンダムフォース 第18話 S.D.G.基地 危機一髪!

 

少年:行くよー、そおれ!
ジム:ホッ、それ!
少年:ホイ!
ジム:よいっと!それ!
少年:うっ!
ジム:ナイスキャッチ!
シュウト:ここは、人とロボットが仲良く暮らす理想郷、未来都市、ネオトピア!
果たし状がきた
相手は武者頑駄無(がんだむ)の阿修羅丸!爆熱丸に恨みを晴らすため、ダークアクシズの仲間になって、天宮(アーク)の国からやってきたんだ!
その戦いの中で、爆熱丸の大事な刀が折られてしまった!そして、かばったキャプテンもやられちゃったんだ!
大丈夫!?キャプテン!爆熱丸!


シュウト:『S.D.G.基地危機一髪!』


S.D.G.隊員:『こちらガンペリー1号機キャプテンガンダムの回収完了
ダメージレベル、ZD9(ゼットディーナイン)』


シュウト:キャプテン、聞こえる?キャプテン!
しっかりしてよォ!


S.D.G.隊員:『2号機に収容の爆熱丸、ダメージカテゴライズ不能、目視では大破』


S.D.G.隊員:『キャプテン、爆熱丸共に状況は予断を許さない
メンテナンス班の緊急配備を要請します』


虚武羅丸:これが……奴らの城か……フッフッフ、ンッフッフッフッフ……


虚武羅丸:ム……?


監視カメラ:キュ、キュ、キュ、キュ、キュ……キュ、キュ!


虚武羅丸:フッフッフ……
S.D.G.隊員ジム1:お、おい!
S.D.G.隊員ジム2:侵入者か!?
虚武羅丸:ハッ!


S.D.G.隊員ジム1・2:◎※×△……!


S.D.G.隊員ジム1:何かあったか?
S.D.G.隊員ジム2:……別に!
S.D.G.隊員ジム1:おかしいな……


虚武羅丸:侵入成功……チョロいもんだ、ンッフッフ……


カオリン主任:フーンム……ムムムムムムムムム…………
シュウト:キャプテン、大丈夫だよね?カオリン主任


カオリン主任:チョワーッ!チョワーッ!チョワチョワーッ!
ハロ長官:それでどうなのだ!主任!
シュウト:……キャプテン死んじゃうの?
カオリン主任:ムン!ムオァーッ!ホワーッツ!ホッ、ホッ!
ウムーッ、
……大丈夫、心配要らない、任せるネ!
シュウト:はっ、ハー、よかった……
ハロ長官:ひとまず安心だな
カオリン主任:ンーンーンーンー!
爆熱丸:そうか……
シュウト:ああっ!
爆熱丸:……キャプテンは……大丈夫か……
翼の騎士ゼロ:早く、診てやってくれ!
爆熱丸:……俺も……安心したぞ……ああっ!
シュウト:爆熱丸!
翼の騎士ゼロ:しっかりするのだ!


ハロ長官:問題はこちらだ、我々の技術では、どう対処したらよいものか……
カオリン主任:チョーッ!ターッ!
シュウト:魔法では治せないの?
翼の騎士ゼロ:この傷は私の魔法で治る類(たぐい)のものではない
シュウト:そっか……
翼の騎士ゼロ:すまん……
爆熱丸:気にすることはない、おにぎりを食べれば治る
翼の騎士ゼロ:……おにぎり?
カオリン主任:ホウ!
爆熱丸:おにぎり100個だ、じゃんじゃん持ってきてくれ
シュウト:ああ!そっか!おにぎりだね!


シュウト:ハハッ!よっと!ヨッ!
けい子・ジュリ・セーラ:(笑い声)
けい子:さあ、あと10個よ!みんなで頑張りましょう!
シュウト・ジュリ・セーラ:ハーイ!


シュウト:よかった、ママがおにぎり作ってくれて
ジュリ:ええ、本当に!ネオトピア救助隊にご協力、ありがとうございます!
けい子:困ったときはお互いさまよ!セーラちゃんもお手伝いに来てくれたし、ネェ!
セーラ:ほっ、ほっ……ケーキじゃなくても、お料理は得意ですのー!ホイ!美味しそうですねぇ!
けい子:難破船のために炊き出しなんて、……キャプテンの救助活動も大変なのねー
ジュリ:あっ……そ、そーなんですよ、
ね、シュウト君!
シュウト:あ、ウン……大変らしいよ、
翼の騎士ゼロ:できたぞ!
シュウト:オワッ!?
ジュリ:まあ!
翼の騎士ゼロ:……私としたことが……少々美しくない……
シュウト:おいしそうだよ!ゼロの作ったおにぎり!
翼の騎士ゼロ:……そうか?
シュウト:とってもおいしそうだよ!


爆熱丸:むぐ……むぐ……はぐ……はむっ……
シュウト:ねえ、爆熱丸、おいしい?
爆熱丸:はぐっ、はむっ……
シュウト:ねえねえ?
翼の騎士ゼロ:……おにぎりとは、美味なものなのか?
爆熱丸:うむ!うまいっ!特にこのデカイのが、なぜだかミョーにうまいっ!っははは!
翼の騎士ゼロ:ムムム……そのようなもので傷が治るとは、不思議なカラダだナァ!
爆熱丸:当たり前だ!おにぎりには、握ってくれた人の愛情が握り込められているのだからな!
(全くラクロアの奴らはおにぎりも知らんのか!これだから、愛情?を食べんって奴らは困るッ!そもそもひとつぶのおコメに何人もの神様が宿っていると言われてるくらい!ありがたい食べ物なのだぞ!まったくもうングングングング!腹が減っては戦はできぬと言うからな!ングングングングこの塩加減がなかなか……うまいっ!お、これは誰が作ったのだ、……)
シュウト:ねえ、僕の話聞いてる?ねえってば、そんなに食べるとのどにつまっちゃうよ?
翼の騎士ゼロ:おにぎりとは不思議な食べ物なのだな……
シュウト:そうだよ!僕だってママのおにぎりのおかげで、運動会のかけっこ一番になったんだ!
翼の騎士ゼロ:なるほど、そういうものなのか
シュウト:そうだよ!あはっ、ゼロ、ホントに知らなかったの?
翼の騎士ゼロ:ラクロアにはないものだからな


カオリン主任:チョーワーッ!アチョーッ!ホッ!ホッチャアー!ウンッ、ウワチャッ、チャッ!アタタタタ!ホワッ!イヤーッ!……
シュウト:キャプテン……大丈夫かな……
ジュリ:心配しないで
カオリン主任がいるから大丈夫!
シュウト:うん……
ジュリ:ハァッ……だけど、こんな時にダークアクシズが来たら……ン?
翼の騎士ゼロ:ガンダムフォースにはまだ我々がいる……特に!私がいる!
シュウト:はーっ……
翼の騎士ゼロ:2人はしばし、休ませてやろう!
シュウト:ハァ……
ジュリ:うふっ!ありがとう……アッ!
シュウト・翼の騎士ゼロ:アアッ!


女性オペレーターB:ネオトピア港湾部、T7エリアに、ダークアクシズ出現です!
アリシア海上S4エリアにも、ダークアクシズと思われる反応が出現……ああっ……もしかしてこれは、総攻撃では!
女性オペレーターB:山岳部、M3エリアでも反応!強くなっています!
ハロ長官:うむ!
ガンダムフォース、全機スクランブルだ!


アリシア:『ブランベースはスクランブル態勢に入りました』
女性オペレーターB:『ガンイーグル、ガンダイバーズは至急発進デッキへ!』
爆熱丸:……ダークアクシズめ……うっ、くっ……阿修羅丸もいるはずだ、奴に引導を渡せるのは俺しかおらん!ウグッ!アア……!


爆熱丸:クッ……ウウッ……あっ……?はっ……
翼の騎士ゼロ:たまには私達を信じて、しっかりおにぎりを食べていろ
シュウト:ウン!
爆熱丸:……ウム!


ガンイーグル:領空侵犯!まばたきしてる間に、叩き落としてやるぜ!ガンイーグル、いくぜ!


ガンダイバー01・02:キャプテンさんと爆熱丸さんがいないんだ!発進します!
ガンダイバー03~07:僕達が頑張らなきゃ!発進します!
ガンバイカー:若い奴らに後れはとれんわ!トオリャア!アアー!
翼の騎士ゼロ:こちらのダメージにつけ込むとは、美しくないぞ!ダークアクシズ


女性オペレーターB:山岳部M5エリアに、新たな反応
アリシア:敵反応450に増加!すごい数です!もう機体が残っていません!長官!
ハロ長官:ダークアクシズめ……
シュウト:通信:『僕もいきます!』
ハロ長官:ン?

シュウト君!
シュウト:通信:『僕も、ガンダムフォースの一員です!』
ハロ長官:君はキャプテンと爆熱丸君についていてくれたまえ
シュウト:通信:『でも!』
ハロ長官:まかせなさい、ネオトピアへの侵攻……この私が……絶対に許さない!


アリシア:『ゲートオープン、ゲートオープン
ハロ長官専用ガンペリー、カタパルトへ!』
ハロ長官:よし……発進!


爆熱丸:ムグムグムグ……
シュウト:みんな……長官……がんばって!


虚武羅丸:ンッフッフッフ……馬鹿な奴らだ……
S.D.G.隊員ジム2:R7ブロック、異状ありません
S.D.G.隊員ジム1:ご苦労、X8ブロックも異状なしだ
S.D.G.隊員ジム2:この基地に異状なんて起きっこないですよ
S.D.G.隊員ジム1:こらこら、油断はいかんぞ?ハハハハハ!
S.D.G.隊員ジム2:じゃあ、僕はあっち見てきます
S.D.G.隊員ジム1:よし、頼んだぞ
虚武羅丸:ここの連中はよっぽど平和ぼけのフヌケとみえる
俺が流した偽情報にすっかり騙されて出て行きおった
……なるほど、そういうカラクリか……フッフ、
十個目の城は落としたも同じ……


虚武羅丸:……フッハッハッハ!この虚武羅丸、狙った城は必ず落とす!

 

アリシア
緊急警報!基地内に侵入者!
緊急警報!基地内に侵入者!
虚武羅丸:『ヤアヤア!遠からん者は音にも聞け!
近からん者は寄って目にも見よ!』
ジュリ:どこ?
アリシア:牽引ワイヤー基部です
ジュリ:まずいわね


シュウト:な、なんだこいつ!


虚武羅丸:『我こそは、城落としの!
虚、武、羅、丸!なりー!
フヌケ世界のガンダムども、難攻不落の城をことごとく落としてきたこの俺の輝かしき戦歴に、おマえらの城を加えてやる、ありがたく思え!』
爆熱丸:……阿修羅丸だけではなかったのか
シュウト:ええっ!
あいつもダークアクシズの一味なの!?
爆熱丸:天宮の武者頑駄無、たった一人でここのつの城を落とした、『城落としの虚武羅丸』
しかしその姿を見た者は誰もいない……あいつがそうだったのか……!
シュウト:ッ……!城落としの虚武羅丸……よーし!


虚武羅丸:ンッフッフ……単純な仕掛けよのぉ!こいつを切れば地上に落下して、一巻の終わりというわけか……フッハッハッハ!
これぞほんとのォ、城落としィ!
ンー!血が騒ぐのォ!


アリシア:デカボーが発進します!
ジュリ:ええっ!?いったい、誰が出しているの?
アリシア:これは……シュウト君です!


虚武羅丸:ゆくぞ!十個目の城落としよ!
ン?フンッ!ンッ!エッ!
……チッ、ガンダミウムで撚(よ)った縄か……ならば……この上はどうかな……


シュウト:あいつはどこだ?どこだ!?
ああっ!
ジュリ:『シュウト君!戻って!』
シュウト:大丈夫です!ジュリさん、あいつ、ワイヤーを登ってます
ジュリ:『いけない!
中継ジョイントを狙うつもりだわ!』
シュウト:中継ジョイント?
ジュリ:『衛星から基地をつるしているワイヤーは、丈夫なガンダミウム製なのでも、それをつなぐ中継ジョイントはそうじゃないもし、中継ジョイントを狙われたら……!』
シュウト:アァッ、それじゃ、今度こそ!
ジュリ:『基地は……落ちる!』


虚武羅丸:フハハハハハ!この城を落とせば、フヌケ世界は取ったも同然!
シュウト:スピーカー:『そんなことはさせないよ!』
虚武羅丸:ムム!
シュウト:スピーカー:『ネ、ネオトピアへの侵攻に対して、えーと、とにかく!このワイヤーから降りて!んじゃなくて……降りないと落っことしちゃうぞ!』
虚武羅丸:フン!只の小僧か
シュウト:おいってば!ンアーッ!バカにして!


シュウト:ンーン、ンー、ウワーッ!ッ!


虚武羅丸:うっとうしい小僧め……タアッ!
シュウト:うわーっ!
ジュリ:『シュウト君!気をつけて!』
シュウト:うううう……ウーン!


シュウト:いっけぇ!超必殺デカボー、パンチ!
虚武羅丸:ウン!
シュウト:わー!
虚武羅丸:テヤッ!
シュウト:わぁーっ!!
虚武羅丸:フン!手こずらせやがって!


虚武羅丸:……ノオッ!……何っ!
シュウト:ハア……ハア……ヘヘッ!どんなもんだい!
虚武羅丸:小僧のくせに生意気なーッ!
ムンッ!タアッ!
シュウト:ウワーッ!ンンーッ、はなすもんか!基地が落ちたら、ネオトピアが守れないんだ!ンンッ!

……そうか……そんなに痛い目が好きか……
シュウト:ウワアーッッ!!
みんないつも命がけで守ってるんだ……!
フワーッ!……ウッ……僕だって、ネオトピアを守るんだ!


シュウト:……ぜったいに守るんだ!


キャプテンガンダム:シュウト!


カオリン主任:キャプテン!まだ全部治ってないネ!


キャプテンガンダム:大丈夫ですロケットブースターの使用を許可してください!


ジュリ:換装リング、射出!


カオリン主任:フウ、フウ、フウ、フウ……
ジュリ:ロケットブースター、装着完了!
秒読みスタート!10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、点火!


キャプテンガンダムキャプテンガンダム、発射!


ジュリ:がんばって!
カオリン主任:頼むネ!キャプテン!


シュウト:ウワーッ!


シュウト:ウワッ!
虚武羅丸:小僧のくせに良くやったと褒めてやる、が、それももう終わりだ……
さあ、お前も城と一緒に……落ちろ
輝かしき俺の歴史が、また1頁(ぺーじ)!
なっ!グォッ!


虚武羅丸:なんだと!?


シュウト:キャプテン!目覚めたんだね!
虚武羅丸:き……貴様……動けたのか!


キャプテンガンダム:ネオトピアへの侵攻に対して、こちらは武装火器の使用を認められている、侵略行為を停止し、速やかに撤収せよ!


虚武羅丸:フンッ!病み上がりがーッ!


キャプテンガンダム:駄目だ、照準が定まらない


虚武羅丸:ウッウワッ!


虚武羅丸:おのれ……フンッ!


虚武羅丸:ハァッ!


シュウト:キャプテン!頑張れーッ!


虚武羅丸:何ッ!?


キャプテンガンダム:フンッ!
虚武羅丸:オワァッ!
シュウト:やったあ!


虚武羅丸:……ッ、クッ……今はこれまでか、だが!これで終わりと思うなよ!


シュウト:はぁっ……ああ!キャプテン!
キャプテンガンダム:シュウト!無事か!?
シュウト:うん!キャプテンこそ!……あ、ああっ!


キャプテンガンダム:制御系が故障している、このまま、私がブランベースに激突する確率は……


シュウト:……0%だよ、ウン!


ガンイーグル:まさか、俺達までハッキングにだまされるなんて、思わなかったぜ
翼の騎士ゼロ
まったくだ
ガンバイカー:おーい、誰かぁ!
翼の騎士ゼロ・ガンイーグル:オッ?
ガンバイカー:助けろー!
ガンイーグル:ガンバイカー!
翼の騎士ゼロ:飛べないのに無理するからだ……


ハロ長官:シュウト君、キャプテン、2人でよくこの基地を守ってくれた、礼を言う
シュウト:はい!キャプテンもなおってよかったね!
キャプテンガンダム:……シュウトのおかげだ
シュウト:は?……アハッ!ホントによかったね!
ハロ長官:武者頑駄無か……我々は、恐ろしい相手を敵にまわしたのかも知れない


爆熱丸:みんな……おにぎり美味かったぞ……


阿修羅丸:傷は癒えた……!


阿修羅丸:タァーッ!


炎天號:火、火ーン!!


ザコソルジャー3人:『ザコザコアワー!』
ザコソルジャーA:皆さん、こんにちは
ザコソルジャーB:ウイッ!
ザコソルジャーC:オイッス!
ザコソルジャーA:本日のミーティングは
ザコソルジャー3人:武者頑駄無って、なんなのよ!2-!
観客ザコソルジャー達:(歓声)
ザコソルジャーA:です!
ザコソルジャーC:実は、武者頑駄無についてすンごい噂を耳にしたザコよー
ザコソルジャーA・B:どんな?
ザコソルジャーC:武者頑駄無って、自動的に鎧が直るらしいんですよォ
ザコソルジャーA:はーっ、武者頑駄無って
ザコソルジャーC:不思議ザコー!
ザコソルジャーB:ウウ?違うんですよそーなんですよぉ!
このヒミツがわかればー、今まで壊れた武器やコムサイなんかも直せるザコよー!
ザコソルジャー3人:これで我々ザコ達も偉くなれるザコよ
虚武羅丸:おい!呼んだか?
ザコソルジャー3人:ダーッ!!
ザコソルジャーA:なんで鎧が自動で直るザコ?
ザコソルジャー3人:教えて教えてコーブちゃん!
虚武羅丸:あれはナノスキンシステム(NanoSkin System)による自動修復だわかったな
ザコソルジャー3人:だーっ!
ザコソルジャーA:速ッ!
ザコソルジャーB:よくわからないザコ!
ザコソルジャー3人:でも明日も頑張るザコーっ!
観客ザコソルジャー達:(歓声)
観客ザコソルジャーの1人:ホラホラーッ!


シュウト:ついに来た!武者頑駄無同士の、真の戦いの時が!
次回、SDガンダムフォース『決闘!爆熱丸対阿修羅丸』