アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第20話 フェンの災難

SDガンダムフォース 第20話 フェンの災難

SDガンダムフォース 第20話 フェンの災難

 

SDガンダムフォース 第20話 フェンの災難

 

少年:行くよー、そおれ!
ジム:ホッ、それ!
少年:ホイ!
ジム:よいっと!それ!
少年:うっ!
ジム:ナイスキャッチ!
シュウト:ロボット工学が発展し、巨大な作業用ロボから小型のペット用ロボまで、様々なロボットが人間と共存し豊かな生活を送る理想郷、未来都市、ネオトピア!
今、その平和をうち破ろうと、侵略者、ダークアクシズが次元を越えてやってくる。
さあ、僕達ガンダムフォースの出番だ!


シュウト:『フェンの災難』


ポーンリーオーA:ポーン!アイテテテテテテ、エエ?
誰もいないポーン、おーし、消える魔法、実行ポーン!


ポーンリーオーA:ポンポンポンポンポンポンポンポン……
アイテッ!


炎天號:火火ン!


翼の騎士ゼロ:フェーン!
フェン:フェン?
翼の騎士ゼロ:おいでー!ここは気持ちいいぞー!
フェン:フェン!フェーン!


シュウト:うわあ……なんかこれ、すごいよー!
どんな仕掛けがあるんだろう
キャプテンガンダム:全体に強烈なフィールドが張られている
私にもサーチ不可能だ
シュウト:フーン……見せてくれないかなぁ
キャプテンガンダム:未知のフィールドだ、触らない方がいい
シュウト:ちぇっ……でも爆熱丸もひどいよ!
僕の小屋勝手に使って、中に入るなー、なんて
キャプテンガンダム:『大将軍様のためだ』と言っていたが、中では何をしているのか
シュウト:んん……気になるよね


完全善大将軍:ムー……


爆熱丸:ンン……!


完全善大将軍:出来た!
爆熱丸:大将軍!ぜひ!
完全善大将軍:聞きたいか爆熱丸
爆熱丸:ぜひ!
完全善大将軍:ならば心して聞くがよい
爆熱丸:ハハッ!


完全善大将軍:遥かなる腹が鳴る鳴るネオトピア(善)


爆熱丸:オオーッ!なんと深遠な和歌なのでしょう!
この爆熱丸、一生分の感動を使い切ってしまいそうです!
完全善大将軍:馬鹿者!
爆熱丸:ウオッ!
完全善大将軍:これしきの和歌で、そのような褒め言葉など不要じゃ!
もっと意味をくみ取れい!
爆熱丸:ハッ、恐れ入りました
完全善大将軍:ワシはさらに沈思黙考するぞ
爆熱丸:ハッ!
完全善大将軍:ああ、ひとつ言っておくが
爆熱丸:ハ?
完全善大将軍:ここはなかなか落ち着く、居心地が良いぞ!
爆熱丸:ハハーッ!


シュウト:ヨイショっと……
爆熱丸:ワーイ!ここにお招きしたのは間違いではなかったー!
そして、わかったぞ、『腹が鳴る鳴る』とは、大将軍様は空腹であらせられるのだー!
アハハハハ、やったー!


シュウト:……あ、イテテテテ……
キャプテンガンダム:大丈夫か
シュウト:アア……ひどい目にあったよ……
でも、今がチャーンス!エッヘッヘヘヘ!


シュウト:あのー……
爆熱丸:こら!
シュウト:ウウェ!ウワ!戻るの早!
爆熱丸:俺に許可なく大将軍のお気を乱しちゃイカン!
話があるなら俺を通せ!
シュウト:大物俳優のマネージャーみたいだよ
キャプテンガンダム:これが業界にかぶれたということか?
爆熱丸:実はシュウト、頼みがあるのだ
大将軍のために今すぐおにぎり200個用意したい
シュウト:ええーっ!? 200個ー!?
爆熱丸:ヤ、この間100個作ってくれたではないかぁ
シュウト:そりゃあそうだけどさ、今日は手伝ってくれる人がいないよ
爆熱丸:そ、そうなのか……?
シュウト:ママだけじゃできないもん、パパはナナの子守だし
爆熱丸:ンンーン……
シュウト:爆熱丸とか、ゼロとかー、
キャプテンも手伝う?
爆熱丸:え、ゼロはダメだ、あいつぁおにぎりがヘタだ
キャプテンは……
キャプテンガンダム:……動きはいいと思うが?
爆熱丸:ん、ンン……


翼の騎士ゼロ:やれやれ、美しくない……なあ、フェン
フェン:フェン?フェーン!フェーン!
翼の騎士ゼロ:よしよし、ハハハ!


翼の騎士ゼロ:ムオッ!
フェン:フェン、フェーン!


セーラ:ラララララン、ララランランラン♪ランランラランルルルーン!ララララランラララ……
翼の騎士ゼロ:セーラ姫ぇー!!
フェン:フェーン!


セーラ:あ……ウフッ!


セーラ:まぁ!
翼の騎士ゼロ:セーラ姫、今日もまた一段とお美しい……
この私(わたくし)めに何かご用がおありで?
セーラ:まあぁー!!
フェン:フェーン!
翼の騎士ゼロ:ン!
セーラ:可愛いいいー!
翼の騎士ゼロ:ウワ!ウワ、ア、ア……!


けい子:いらっしゃい、セーラちゃん
セーラ:こんにちは!
けい子:あら、さっそく!
セーラ:ハイー!とってもかわいいです!
この子がフェンちゃんなんですね、
シュウトさんから聞いていたとおりですぅ
フェン:フェン……フェーン!
けい子:フェンちゃーん!
セーラ:フェンちゃーん!
フェン:フェーン!フェーン!
けい子・セーラ:んー、か・わ・い・い!
けい子:さあ、始めましょっか
セーラ:ハーイ!


翼の騎士ゼロ:ハッ!い、今、何が起こったのだ?
何か恐ろしいことがあったような気がしたのだが……
キャプテンガンダム:羨ましいな
翼の騎士ゼロ:ハッ!ああ、なんだ突然
キャプテンガンダム:ゼロや爆熱丸は表情が豊かだ
それが羨ましい
翼の騎士ゼロ:そ、そうか?
シュウト:セーラちゃん、何しに来たのかなあ
翼の騎士ゼロ:いや、来てないぞ?
シュウト:へ?今、いたじゃん
翼の騎士ゼロ:いやあ、来てない
シュウト:ん
翼の騎士ゼロ:ン?は……ウワ!
シュウト:フフ、思い出した?
翼の騎士ゼロ:ア、ア、アア、ア……
キャプテンガンダム:……豊かだ
爆熱丸:む!新しい魔法か!? ん、ハッ、こ、これは!
シュウト:はー、セーラちゃん、ママと何してるのかな


爆熱丸:ム、敵か!?
翼の騎士ゼロ:ハッ!ウン、ウンン……敵!
シュウト:ダークアクシズ!?
爆熱丸:ム!
シュウト:んん!
翼の騎士ゼロ:ヌ!


キャプテンガンダム:……いや、違う!
翼の騎士ゼロ・爆熱丸・シュウト:アア、ア、アア……
キャプテンガンダム:みんなどうした?
私が頼んでおいたものが、用意できたらしい
一度S.D.G.基地へ戻る
翼の騎士ゼロ・爆熱丸:ウン?
シュウト:頼んでおいたモノ?
キャプテンガンダム:新装備だ、みんな驚くぞ、きっと
翼の騎士ゼロ・爆熱丸:ああ……
シュウト:ウン……
爆熱丸:驚く……?
翼の騎士ゼロ:ウン……なにやら、自信がありそうだが……
シュウト:なんか、凄いモノかも知れないね!ウン、ウン
爆熱丸:ええい!それよりおにぎり200個!何とかならんかー!
シュウト:だからさっきから言ってるじゃん、ダメだって
爆熱丸:欲しいのだー!
シュウト:んじゃいっしょに作るー?
爆熱丸:ウン


ポーンリーオーA:ンー?あ、あれは、オ?なんだ?ンッと、ヨッと


ポーンリーオーA:ポーン?


ポーンリーオーA:ポーン!ポンポンポーン!ポポポポポーン!
ポポポー……ハァ、ハァ、ビックリしたポーン!異世界には変なモノがあるポーン!
……おおー?……ポン


ポーンリーオーA:ポーン?……ポーン……
ポーン?……ポーン……ポン!?


完全善大将軍:喝!!
ポーンリーオーA:ポーン!


完全善大将軍:フン……


フェン:フェーン!
爆熱丸:おおっ!これは!
シュウト:すっごーい!どうしたの!?
けい子:差し入れよ
セーラ:私達でにぎりましたのぉ
シュウト:ヘェー!
けい子:あの方、爆熱丸さんの先輩なんでしょう?
シュウト:ハァ?
けい子・セーラ:時代劇大スター!
けい子:大将軍さんにこれ、食べてもらってネ!
爆熱丸:おおっ……ありがたい!
けい子:そのかわりシュウト、白状しなさいよ!
シュウト:エエ、何?
けい子:またこっそり大作映画作ってんじゃないの、マーガレット市長さんが!
シュウト:アア、アア?
けい子:あのアクターさん、重要な役どころなんでしょう?
豪華な衣装に小道具、威厳ある振る舞い!
今のうちにサイン欲しいなぁ!
セーラ:あのー、ワタシもぉ……
シュウト:大将軍のサイン……?
けい子・セーラ:そう!サイン、サイン、サイン、サイン!
シュウト:アアー、イヤイヤイヤ、ちょっと待ってって、そんなぁ、ウーン、ちょっと待って、そんなこと言われたって僕困るよ……!
フェン:フェーン、フェーン、フェーン、フェーン!
……フェーン!
シュウト:ねえちょっと待ってって、ねー、2人とも落ち着いてよ……!
フェン:フェーン!フェーン、フェーン!フェーン!
翼の騎士ゼロ:フェン、耐えることも覚えるのだ
フェン:フェーン、フェエエエン!……フェン?
シュウト:ハァ……でも知らなかったよ、
ママはともかく、セーラちゃんがそんなに映画ファンだったなんて
セーラ:実は……そうなんですのぉ
シュウト:はあ……
爆熱丸:オッホン!大将軍のサインは、この爆熱丸が何とかする!
セーラ:ありがとう、爆熱丸さん、うれしいですぅー!
爆熱丸:はあ、あ、あ、あ、アア!
こ、コチラこそ、お二人のタイッヘンな心遣いに、大感動ですっ!
翼の騎士ゼロ:爆熱丸の奴ーッ!!
フェン:フェーン!……フェーン!
シュウト:ああ!
フェン:フェーン!フェーエーン!
シュウト:うわあ!
けい子・セーラ:ああ……
シュウト:おにぎりが……
フェン:フェーン!フェーン!フェーン!
翼の騎士ゼロ:こら!フェン!やめないか!
シュウト:うわ!イヤうわわわわ!うわっちち!
(あつあつあち!やつあたりだって!やめて!ね、ちょっと、やめて来ないで!ダメ!どうして!やめて!おねがい!やめて!フェーンー!)
セーラ:あらら……
けい子:あらあら
セーラ:真っ黒焦げですわー


カオリン主任:ワッチャー!キャプテンそこそこニコニコネ!
キャプテンガンダム:はい、お願いします
カオリン主任:オワー!ワッチャ!アチョー!アタタタタタ!


フェン:フェーン!フェーン!
シュウト:だれか何とかしてー!
翼の騎士ゼロ:フェン!してはいけないこともあるぞ!
フェン:フェーン!
シュウト:やめてー!おねがい!
フェン:フェーン!
シュウト:ごめんなさいー!
翼の騎士ゼロ:やむを得ん……マナよ!


フェン:フェーン!
シュウト:ワー!
フェン:フェン……フェーン……フェーン
翼の騎士ゼロ:無駄だ!しばらくその中で反省しろ
フェン:フェン、フェエエエン!
シュウト:そこまでしなくても……
翼の騎士ゼロ:いや、これはフェンのためでもある
ママさん、セーラ姫、すまなかった
爆熱丸:おにぎりが!あああ!
けい子:まあまあ、別なものを作れるから……
けい子・セーラ:ネー!


シュウト・翼の騎士ゼロ:おおー!
けい子:差し入れ!
セーラ:また作りましたのぉ
けい子:これ食べてもらって!
セーラ:ですぅ
爆熱丸:おお!重ね重ね、ありがとうございます!
翼の騎士ゼロ:フェンのせいですまない
けい子・セーラ:イエイ!
フェン:フェンフェーン、フェンフェーン!
シュウト:やっぱり、ちょっとやりすぎじゃない?
セーラ:カワイソウかもー
シュウト:もう許してあげたら?
翼の騎士ゼロ:こいつは、ラクロアにとってとても大事な存在なんだ、
だからこそ甘やかすわけにはいかないのだ


ポーンリーオーA:大事な存在ー?
シュウト:……ん?
フェン:フェーン、フェーン!フェーン!


翼の騎士ゼロ:フェン、どこへ行く、あまり暴れるな
フェンどうした!?
シュウト:……なんか変じゃない?
翼の騎士ゼロ:フェン!
シュウト:ゼロ!
爆熱丸:何かおかしい!
シュウト:行こう!
爆熱丸:オウ!


フェン:フェン、フェーン!
翼の騎士ゼロ:この動き……まさか!
来たれ!古(いにしえ)より伝わりし
聖なる魔法の剣、ヴァトラスソード!


翼の騎士ゼロ:姿を現せ!
ポーンリーオーA:ポイッとー!! ホホッ!
シュウト:ああー!こいつラクロアの!
翼の騎士ゼロ:逃がさん!
ポーンリーオーA:ポンポンポンポンポンポン……
翼の騎士ゼロ:フッ!ヌッ!クソッ!
フェン:フェン!フェーン!
翼の騎士ゼロ:ウヌゥ!
ポーンリーオーA:ポンポンポンポンポンポン……ポポーン!
キャプテンガンダム:待たせた!
シュウト:キャプテン!
ポーンリーオーA:近寄るなポン!
シュウト:そうだキャプテン、新装備を見せてよ!
キャプテンガンダム:今?
シュウト:今だよ!
キャプテンガンダム:よし!
ムムム……
『ニコッ!エーン!うわあ!ムッ!』
シュウト:あ、ああ、あ……
ポーンリーオーA:ポーン……
シュウト:驚く新装備て、それ……?
キャプテンガンダム:……驚かない?
シュウト:え、いやあ……驚いたよ、スゴーイ……
キャプテンガンダム:良かった!


ポーンリーオーA:えーっと……
フェン:フェン?フェーン?
ポーンリーオーA:ポーン!あれー、これは精霊の卵じゃないポーン!
こんな物いらないポーン!だまされたポーン!
フェン:フェーン……フェーン!
翼の騎士ゼロ:フェン!
フェン:フェーン!
翼の騎士ゼロ:大丈夫か!
フェン:フェン……フェーン!フェン、フェーン!
ポーンリーオーA:ポンポンポンポンポンポン……
翼の騎士ゼロ:よしよし……おのれ!良くも私の大事なフェンを恐い目にあわせたな!許さん!
ポーンリーオーA:ポンポンポンポンポンポン……ポーン!
コロッとポンポンポンポン!


爆熱丸:ヌオオオ!俺の出番がないゾ!


フェン:フェーン!フェン、フェーン!
翼の騎士ゼロ:無事で良かった……
フェン:フェーン!
翼の騎士ゼロ:お前には、立派に育って欲しいのだ
フェン:フェーン
翼の騎士ゼロ:時には厳しくするが、全てはお前を思ってのこと、
わかってくれ、フェン
フェン:フェーン……フェン、フェーン!
シュウト:よかったね
フェン:フェン……フェーン!
翼の騎士ゼロ:ン!?
シュウト:うわ?
フェン:フェーン!
翼の騎士ゼロ:これは!
シュウト:うわあ!
翼の騎士ゼロ:き、聞いたことがある、深い愛情を感じたとき、急に成長する精霊が、いるとォ!
シュウト:うわ!
フェン:フェーン!
シュウト:うわあ、フェフェフェフェフェンが育ったってことー!?
フェン:フェーン!


完全善大将軍:うむ、善き哉、善き哉(よきかな)
では行くか!


炎天號:火、火ーン!
爆熱丸:ム、炎天號!どうした
炎天號:火ン!
爆熱丸:ハッ、これは、大将軍の印籠!
炎天號:火ン、ヒヒ火ン火ン
爆熱丸:何?大将軍が行ってしまわれた?
炎天號:火火
爆熱丸:そしてこれを大事に持っていろと……
完全善大将軍:爆熱丸よ!
爆熱丸:大将軍!
完全善大将軍:それを与える、肌身離さず持っているのだ!
いつか役に立つ時が来る!
爆熱丸:ハハッ!
完全善大将軍:さらばじゃ!
爆熱丸:ありがとうございました!
どうか、我が友の頑玉(がんだま)を、天宮(アーク)の国へお導き下さい!
シュウト:ふええ、今ので大将軍行っちゃったの?
爆熱丸:そうだ、何人(なんぴと)も大将軍をひき止めることは出来ないのだ
シュウト:いろいろ聞きたかったのに……残念だな
あっ、ああ?
爆熱丸:これは……爪楊枝……
シュウト:それ、何?
爆熱丸:歯の間に突っ込んで、食べ物カスをほじくる道具なのだが……なぜこれが……
シュウト:エエーッ!武者って、歯があるのー!?
うわあウソだーっ!誰かウソだと言ってーっ!
翼の騎士ゼロ:誰か、助け、て……
フェン:フェーン!


けい子:さあみんな!お茶にしましょう!
あら?ケーキがないわー?
セーラ:ああっ!ケーキのかわりに、サインが置いてありますわー!
まあ、もしかしてこれは大将軍さんのサインかもーっ!
けい子:エエーッ!ウッソー!本当!?


コマンダーサザビー:斥候のポーンリーオーは倒されたようだな
精霊の卵は見つからなかったではないか
嵐の騎士トールギス:代わりにイイ餌が見つかりましたよ、あの毛玉のペットを利用して、直接聞き出しますよ
コマンダーサザビー:好きにしろ
嵐の騎士トールギス:……フッ……
機は熟した!今こそ出陣の時!
ヴァイエイト・メリクリウス:……!
嵐の騎士トールギス:フッフフフ……首を洗って待ってるがいい、翼の騎士(ナイト)ゼロよ!
ハッハッハッ、ハッハッハッハッハ!


ザコソルジャー3人:『ザコザコアワー!』


ザコソルジャーA:みなさん、こんにちはザコ!
ザコソルジャーC:ンー?ザコー!
ザコソルジャーB:こんにちは!
ザコソルジャーA:本日のミーティングは、T様再登場、
ザコソルジャーA・B・E:おめでとう!
ザコソルジャーE:T様とは、トールギス様のことザコーん!
ザコソルジャーA:です!
ザコソルジャーA・B:イヤー、めでたいめでたいナー!
ザコソルジャーE:トールギス様ー!! かっこいいいいー!!
……あ
ザコソルジャーA:あれ、あまりの感動に失神したザコ
ザコソルジャーB:こいつT様の大ファンだったザコ
では、気を取り直しまして!
ザコソルジャーA:とにかく話を進めるザコ
トールギス様は今までいったいどうしていたのザコ!
ザコソルジャーB:ハイハイ!それについては、すでに情報は仕入れてあるザコ!スクリーンぷりーずザコ!


ザコソルジャーB:前回ラクロアで戦ったトールギス様は、ガンダムフォースの奴らにダークホールへ落とされてしまったザコ
こりゃもうターイヘンな痛手を受けてしまったザコよ!
でも、そこから脱出したザコ!
ザコソルジャーA:ふーん、ダークホールの中は魔法が使えないのにどうやって?
ザコソルジャーB:イヤそれがまた違うんですよそーなんですよ!魔法は使えないんですよ!
ザコソルジャーA:だからどうやって脱出したザコ
ザコソルジャーB:はっはっはっはー、それについても情報は仕入れてあるんですよ
ザコソルジャーA:ほほう?


ザコソルジャーB:なーんと、ダークホールの中はー?魔法は使えないけどー、精霊の力はー使えたんですよー!ポイーン!


ザコソルジャーB:精霊グリフォン!このグリフォンの力は、使えたんだナーこれが


ザコソルジャーA:ンーダー!
ザコソルジャーB:グリフォンの力でいっしょに閉じこめられたはずのー、トールギス様お付きのあの2人も助け出したザコー
ザコソルジャーA:ほーお!お付きのおふたりというと……
ハッ!あの!
ザコソルジャーB:その!あの2人はね、ナカナカやるそうですよ?
ザコソルジャーA:ナカナカやりますか
ザコソルジャーB:ナカナカ!
ザコソルジャーA:ナカナカ


ザコソルジャーB:実は、最初にトールギス様がラクロアを攻めたとき、一緒に戦ったらしいザコよー
ザコソルジャーA:フンフン!
ザコソルジャーB:でも、ラクロアの騎士達の反撃を受けて、どこかの岩に閉じこめられちゃったザコよー
ザコソルジャーA:フンフン!
ザコソルジャーB:それが!ダークホールにあったということザコ
ザコソルジャーA:はあはあ!で、名前は?
ザコソルジャーB:え?


ザコソルジャーA:だから、おふたりの名前は?
ザコソルジャーB:アえーとね、そのー……
ヴァイエイト:ヴァイエイトでっす!
ザコソルジャーB:イターイ!
メリクリウス:メリクリウスです!
ザコソルジャーA:あ俺もかい!


ザコソルジャーE:ンガ!トールギス様あ!かっこいいー!
ハ、ン?あれ?ハ?なんなの?
おーし負けないゾー!
ザコソルジャーも、ファイトー!
観客ザコソルジャー達:オー!
(歓声)
観客ザコソルジャー:あっ!虚武羅丸だ!虚武羅丸ザコー!


シュウト:精霊の卵を狙って、再びあのトールギスが、ヴァイエイトとメリクリウスとともに襲ってきた!フェンが危ない!
次回、SDガンダムフォース『覚醒!フェザードラゴン』