アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第23話 発動!キャプテンシステム

SDガンダムフォース 第23話 発動!キャプテンシステム

SDガンダムフォース 第23話 発動!キャプテンシステム

 

SDガンダムフォース 第23話 発動!キャプテンシステム


少年:行くよー,そおれ!
ジム:ホッ,それ!
少年:ホイ!
ジム:よいっと!それ!
少年:うっ!
ジム:ナイスキャッチ!
シュウト:ここは、人とロボットが仲良く暮らす理想郷、未来都市、ネオトピア!
突然現れたダークアクシズの巨大メカ、その攻撃に、ブランベースも墜落寸前!
おまけにママたちに、キャプテンや基地の秘密がばれちゃったんだ!
なんとかみんなの力を合わせてやっつけたけど、ブランベースも落ちてしまった!
いったいこれからどうなっちゃうんだろう!
シュウト:「発動!キャプテンシステム
ザコレッド:作戦第一段階は目的を達成したザコ
続いて第二段階に移るザコ
ベルウッド:ドヒャア!エッライ事になったもんだなー!
カオリン主任:アチャー!チョワッ!ホワッ!タタ!……
シュウト:いったいこれからどうなっちゃうんだろう……
カオリン主任:ハヤァッ!コレで司令部機能が使えるヨ!
マーガレット市長:「S.D.G.基地、応答してください!S.D.G.基地、応答して……」
カオリン主任:オオット!
シュウト:ハッ!
ハロ長官:ネオトピア市街の動向は?
カオリン主任:イヤッタッ!ホウ、アタタ!……
ハロ長官:市長、こちらS.D.G.基地
市長:「やっと通じたのね!こちらネオトピアタワー、
街が……ネオトピアが大変なの」
シュウト:エエッ!まちが?
グレード-ガ:よっしゃあ!プレゼントをくれてやれ!
ネオトピア市民達:ああっ……(どよめき)
グレードーガ:これでお前たちも、ダークアクシズのソルジャーだ!
女性市民:あ……
男性市民:ああ……
タカヒト:ねえ、どうしちゃったの?
……ねえ!アッ、アアッ!
ああ……
市長:「人間とモビルシチズンが共存する街……
ネオトピアで、こんな事が起こるなんて……
ウ……」
ハロ長官:我々の基地を襲ったのは、この作戦の予備段階だったのか!
カオリン主任:長官!暴走したモビルシチズンの状況を、モニタリングしてみたヨ!
ベルウッド:こっちのモニターに出すぜ
カオリン主任:この勢いだと、今晩中にネオトピアの全モビルシチズンがやられてしまうネ!
シュウト:ええっ!?大変だ!早くとめなきゃ!
けい子:「シュウト?その声はシュウトなの?」
シュウト:……ママ!
けい子:「どこにいるのシュウト!ママのそばから離れちゃダメでしょう?」
シュウト:ママ、ぼくは大丈夫だよ!
市長:「おかあさん、シュウト君は私たちよりも安全なところにいます、安心してください」
けい子:「でも……」
シュウト:心配させちゃってゴメン、でもぼく……
アアッ……
ベルウッド:ダメだ、向こうの通信設備がイカれたらしい
シュウト:ママ……
キャプテン:長官、キャプテンシステムの発動を要請します
ベルウッド:エエッ!?
シュウト:キャプテン……システム?
カオリン主任:オッ……アレはまだテストすらしたことがないのヨ!
キャプテン:しかし主任、あれだけの数のモビルシチズンに対処する方法は、他にありません
ハロ長官:よし……わかった
カオリン主任:ウウ!?
ハロ長官:まさに今日、この時のために、君はキャプテンガンダムとして、その名と機能を与えられたのだ、私は君を信じているよ、キャプテン
キャプテン:ありがとうございます
ハロ長官:うん……キャプテンシステム、封印解除!
換装リングをスタンバイ!
カオリン主任:ウウ!マズイねソレ!
ハロ長官:どうした?
カオリン主任:……換装リング、海に沈んじゃってるヨ!
ハロ長官:な……なんと!
ガンバイカー:任務了解、キャプテンを、換装リングの所へ送り届ければ、いいわけじゃな
爆熱丸:ウム!なんとかシステムのことはよくわからんが、やるべきことはわかった!
ゼロ:だが、それには敵の大部隊を突破しなければならないわけだ
ガンバイカー:ワシにはわかーる!
これは凄まじい、大激戦になるぞ!
ジュリ:みんな……がんばって!
ゼロ:アナタの瞳を、涙で曇らせはしません!
ジュリ:ありがとう!
ベルウッド:頼むぜ!爆熱丸!
爆熱丸:おう!失敗したら、おぬしに何を言われるかわからんからな
ガンイーグル:クソッ……
オレも……このカラダが動けば……!
ハロ長官:よーし、S.D.G.、並びにガンダムフォース
総員出動!
爆熱丸:オレたちも行くぞ!
レオナルド:やめなっさい!
レオナルド:みんな自分の任務へ復帰しロォッ!?
プリオ:アッ……?……あ……
アアッ!アッ!
プリオ:……ウ……
アア……
グレードーガ:ヘッヘッヘ、この世界のヤツらはいい兵士になってくれそうだぜ
これでコマンダー様をお迎えする準備が整いそうだな
作戦を、第3段階へ移行させましょうや
ザコレッド:いや、その前にやるべき事があるザコ
グレードーガ:あ?
ザコレッド:戦いとは、いつも2手、3手先を読んで行うものザコ
……来たザコ、ガンダムども!
キャプテン:よし、間もなく市街に突入するぞ!
キャプテン:皆無事でいてくれると良いが
シュウト:きっと大丈夫だよ、ぼくたちの手で、ネオトピアを救うんだ!
キャプテン:その通りだな、シュウト!
ゼロ:来たぞ!
シュウト:アアッ!
ゼロ:爆熱丸、私たちで片付けるぞ!
爆熱丸:うむ!キャプテンたちは真っ直ぐ突っ切ってくれ!
キャプテン:すまない
ゼロ:いくぞ!
爆熱丸:オウ!
爆熱丸:ダークアクシズども、俺の怒りを止められると思うな!トァッ!
爆熱丸:火焔熱風奥義!天驚剣!
ゼロ:ラクロアの悲劇は、繰り返ささん!エエイッ!
ゼロ:七曜万象に宿りし大いなるマナよ!
翼の騎士(ナイト)との盟約の元、精霊たちよ、今こそその力を我に与えよ!
ゼロ:超魔法!ヴァイオレット・トルネード!
ゼロ:いけ!キャプテン!シュウト!
シュウト:爆熱丸!ゼロ!
ガンバイカー:構うな!
今は駆け抜けることが、我らの任務!
キャプテン:その通りだ!
爆熱丸:さあ来い!俺たちが相手だ!
炎天号:ヒン……火、ヒーン!
爆熱丸:ン……ム!
ゼロ:ウッ!
爆熱丸:ハッ!
ゼロ:ヤッ!
爆熱丸:ム!
ブルードーガ:ヘー、こいつらがガンダム
弱っちそうだねえ!
爆熱丸:なんだとー!?
パープルドーガ:ドーガ四天王……死出の旅路の案内人として、覚えていただきましょう……
ゼロ:ム……!
爆熱丸:……ウンッ!

 

けい子:モビルシチズンを洗脳して操るなんて、許せないわ!
セーラ:かわいそうー!
市長:大丈夫
けい子:アッ?
市長:彼等はきっと元に戻ります、ガンダムフォースがいるのですから!
シュウト:換装リングはあの向こうだよ!
キャプテン:よし、わかった!
ガンバイカー:よーし、一気に行くぞー!
ドオリャア!フンム!
ガンバイカー:フヌォ!?
イエロードーガ:あーら、何を急いでいるのかしら……
ガンダムちゃんッ!
ガンバイカー:キャプテン、後は任せたぞ!
シュウト:うわあああッ!
ガンバイカー:アーイダ!ブルブル……
キャプテン:教官殿!
ガンバイカー:大丈夫!
イエロードーガ:逃がさないわよ!
ガンバイカー:ワシを無視するなー!
イエロードーガ:エエイッ、邪魔しないでー!
キャプテン:教官!
シュウト:アアッ!
イエロードーガ:ケーッ!!
キャプテン:シュウト、先に行けッ!
シュウト:うん!
イエロードーガ:フンッ、ハッ!
キャプテン:ハッ!
イエロードーガ:タァッ!
キャプテン:ッ!
イエロードーガ:フッ!ンッ!
キャプテン:アアッ!
イエロードーガ:フッ!ハッ!エエイッ!
キャプテン:ウウッ!
イエロードーガ:ハッ!
キャプテン:アアッ!
シュウト:ハッ……キャプテン!ああっ!
イエロードーガ:覚悟おし!
シュウト:ウワアアアッ!
イエロードーガ:ウッ!
シュウト:ガンイーグル!
ガンイーグル:キャプテン!シュウトはお任せ下さい!
キャプテン:すまない
イエロードーガ:どこ行くのよ!
キャプテン:フッ!
イエロードーガ:何を考えているのか知らないけど、
ここでくたばりなさいなー!
シュウト:はぁっ!キャプテン!
ガンイーグル:大丈夫!シュウト、ガンダムフォースは海にだっているんだぜ!
シュウト:そっか!
ガンイーグル:ウオッ!
シュウト:大丈夫?
ガンイーグル:……平気平気、オレだって、ガンダムフォースの一員なんだぜ!
イエロードーガ:ウッ!?
ガンダイバー01:キャプテン、爆雷撃破完了!
ガンダイバー達:完了!
ガンダイバー01:換装リングは確保しておきました
ガンダイバー達:おきました!
キャプテン:ありがとう
……よし、換装リング装着!
キャプテン:ッ……エネルギーが足りない……!
グレードーガ:ざっと四、五千は集まったか……
ここも手に入ったも同然、簡単なものだ、
ハッハッハッハッハ……
プリオ:ウ……ウ……ウウッ!
ハ……ああ……
ハロ長官:フッ!プリオ!無事か!
プリオ:アアッ……
キャプテン:エネルギーが……ガンダイバーズ!
ガンダイバー01:僕らのエネルギーでみんなが救えるのなら!
ガンダイバー達:救えるのなら!
キャプテン:エネルギーゲージ、確認
起動出力を確保
……必ず、助けに戻るぞ!
ペットロボット:プルプルプルプル………!
アヤカ:エーン、もどってよ!
いっしょにおうちへ帰ろうよォ!
アーン……
シュウト:泣かないで!
ペットロボット:プルプルプルプル………
シュウト:止まれ!止まれったらー!
ペットロボット:プルプルプルプル………
シュウト:止まれェー!
……もうすぐ、もうすぐ君の友達を、元に戻してあげるからね!
アヤカ:……ウン……ああ!
アーン!アアーン……ウウ……
シュウト:ハッ……!ハァ……
アアッ!
シュウト:キャプテン!
この子たちを、みんなを元に戻してェッ!
キャプテン:キャプテンシステム、発動!
シュウト:うわあ……
カオリン主任:「キャプテンシステム、発動したヨ!」
ジュリ:モビルシチズン達のブレインズワールド接続率、100%を確認!
ハロ長官:頼んだぞ、キャプテン!
レオナルド:……いやだ!
私は市長やプリオの元へ帰りたい!
レオナルド:ドォッ!?
キャプテン:もう大丈夫、みんなの元へ戻るんだ
レオナルド:ドォッ!?私はいったい何を……
おおー、プリオ!
プリオ:アアッ……
……レオナルド……
レオナルド:どうかしたんですか?
……あ、そういえば、今確かに彼が……
カオリン主任:「本来、モビルシチズン達のAIは、皆ブレインズワールドという閉鎖型システムになってるヨ
でも、キャプテンは独自のプロトコルで、システムを相互接続することが出来る!
ハッキングされたブレインズワールドを、キャプテン自らが修復し、場合によってはこ個々のAIに的確な指示を与える!
それが、キャプテンシステムヨ!」
ベルウッド:キャプテンシステム……パーフェクトだぜ!
ジム1:今、確かに誰かがアクセスしてきた
ジム2:キャプテン……
ジム3:そうだ、キャプテンって言ってた
ジム4:キャプテンが僕達を助けてくれたんだ
ザコレッド:ンンン……何ということだ、コントロールホーンが有効ではないとは!
この世界のガンダムには、まだ我々の知らない機能が搭載されているというのか!ザコ!
シュウト:ほら、彼が助けてくれたんだ……今ごろみんな元に戻ってるよ!
アヤカ:ねえ、あれはだれ?
シュウト:キャプテンっていうんだ
アヤカ:キャプテン?
シュウト:ぼくらの、サイコーの仲間さ!
ザコレッド:侵攻作戦における最大の障害を確認した
作戦、第2段階失敗につき、第3段階を緊急発動……ザコ
シュウト:アハ……
アヤカ:キャプテンさん、ありがとう!
シュウト:みんな元に戻ったよー!
ペットロボット:プルプルプル、プルプルプル!
シュウト:……キャプテン?

 

シュウト:ネオトピアに大量のバグバグがまかれてしまった!一方、ブレインズワールドで戦うキャプテンに、敵の魔の手が迫る!
次回、SDガンダムフォース「ピンチ!ソウルドライブ強奪」