アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第24話 ピンチ!ソウルドライブ強奪

SDガンダムフォース 第24話 ピンチ!ソウルドライブ強奪

SDガンダムフォース 第24話 ピンチ!ソウルドライブ強奪

 

SDガンダムフォース 第24話 ピンチ!ソウルドライブ強奪

 

少年:行くよー,そおれ!
ジム:ホッ,それ!
少年:ホイ!
ジム:よいっと!それ!
少年:うっ!
ジム:ナイスキャッチ!
シュウト:ここは、人とロボットが仲良く暮らす理想郷、未来都市、ネオトピア!
ついにダークアクシズの大部隊が攻めてきた!コントロールホーンが大量にまかれて、ネオトピア中のモビルシチズンがおかしくなっちゃったんだ!それを解決する方法はただ1つ!キャプテンシステム発動だ!やったね大成功!みんな元に戻ったよ、ありがとう!……あれ?どうしたの?キャプテン!
シュウト:「ピンチ!ソウルドライブ強奪発動!」
キャプテン:キャプテンシステムの正常運用を確認
ブレインズワールドの秩序回復率、99.99……ムッ?
カオリン主任:「どうしたネ、キャプテン!」
キャプテン:ネオトピアの規格とは異なった回線がつながっている
調査してみる!
カオリン主任:「ワッター!どこにつながってるか分からないネ!キャプテン、十分注意するネ!」
キャプテン:了解
キャプテン:これは……ダークアクシズが撒き散らしていた、石化生物バグバグ!
カオリン主任:「ブレインズワールドは、あらゆるマシンの頭脳が集まる世界!ここに接触してるって事は、アイヤー!相手のプログラム内部に侵入できるという事ネ!」
キャプテン:だとすれば!
カオリン主任:そのAIを探れば、ずっとナゾだった石化を解く方法が、分かるかも知れないネ!
キャプテン:了解!
……いきます!
ザコレッド:ホウ……やれるものなら、やってみるんだな……ザコ
キャプテン:これは……
カオリン主任:「それはかなり表面的なプログラム障壁ネ!
もっと深く入り込まないと」
キャプテン:発見した
目からさらに深い領域に入ることが出来そうだ
キャプテン:ウッ!……ハッ!
キャプテン:ウッ!
キャプテン:ウッ!……フンッ!……ハッ!
シュウト:キャプテン……どうしたんだろう……
シュウト:ねえ、どう?
ガンバイカー:直撃だったからなァ……
あれしきのことで、動けなくなるとは……情けない!
シュウト:あ、つながったよ!
ガンバイカー:オオ、やれやれだ
シュウト:ウン
カオリン主任:「アイヤー、シュウト、大丈夫かネ!」
シュウト:うん、でもキャプテンがまだ戻らないんだ
カオリン主任:「キャプテンは、ブレインズワールドで新たな発見があって、頑張ってるネ!今、映像を転送するヨ!」
シュウト:ア……キャプテン!
カオリン主任:キャプテンは今、石化を解く秘密を探っているところネ!
シュウト:「えー、ホントに!?」
ベルウッド:いけいけー!キャプテーン!レッツゴー!キャプテーン!
ザコレッド:ネオトピアの全ロボットをつないでいるのは、あの玉だザコ
あれさえ何とかすればいい、
後は邪魔しそうな者どもはみんな石になってしまえ!ザコ
ザクレロゲート、オープンザコ
ジュリ:長官!ハッ、見てください、空を!
ハロ長官:ン!?
ハロ長官:ハッ!
ハロ長官:あれは……バグバグの群れか!
ジュリ:長官!
ハロ長官:緊急事態だ!人々を早く避難させるんだ!
キャプテン:侵入経路は、ないようだが……
キャプテン:ウワッ!ウッ!ウッ!ウッ!ウッ!クッ、グワッ、ウッ!ウッ!ダッ!
キャプテン:これが、核となっているプログラムなのか
カオリン主任:「いや、おそらく最後の障壁ネ!そいつを打ち破れば、中にはきっと石化に関するプログラムが隠されているはずヨ!」
カオリン主任:「アチョー!石化を解く方法がついに分かるかもネ!」
シュウト:キャプテン!がんばって!
アヤカ:なんだかわかんないけど、がんばって!
シュウト:あ……そういえば、他のみんなは?
カオリン主任:「まだ、アチコチで戦っているはずヨ!」
シュウト:そうか……みんなも、がんばって!
アヤカ:がんばって!
ガンバイカー:んオーッ!なんだか力が湧いてくるのぉー!
シュウト:よぉ──し、ぼくだってぇー!
ハ?……ハ?ウワー!やめてぇ!
アヤカ:ヤー!
シュウト:ハッ?
ジュリ:「シュウト君!気をつけてね!」
ジュリ:「ダークアクシズの戦艦が現れて、バグバグを大量に撒いてるの!」
シュウト:エエッ!?
シュウト:早く言ってよね!
シュウト:ここにいてね
ペットロボット:プルプルプルプル………
アヤカ:アアッ……
シュウト:ヨ!……エイッと……よし!
絶対、外に出ちゃだめだよ
ン?……ンン?
アヤカ:……おにいちゃんは?
シュウト:まかせてよ、こういうのには慣れてるんだ
アヤカ:……
シュウト:じゃ、またね
シュウト:ガンバイカー!頼んだよ!
ガンバイカー:たとえ動けなくとも、民間人の子供ひとりぐらい守りきってみせる!
シュウト:うん!
ほらほら!お前たちの相手はこっちだぞ!
おしりフリフリ、おしりペンペーン!だ!
ウウッ!
シュウト:ウワー!
ハァッ、ハァッ、ハァッ……ワアァアア!
アヤカ:アハッ……かっこいいー!
ペットロボット:プルプル……プルプルプル……
逃げまどう市民達:(悲鳴)
レオナルド:さあ、はやくこっちへ!
レオナルド:早く!
市民達:ワアーッ!
市民達:ワァーッ!
レオナルド:ウウ……ン……ウウッ!
プリオ!
襲われる市民その1:アアッ……
襲われる市民その2:アア……
襲われる市民その3:ウウ……
ゼロ:ッ!エエイ……このままでは!……ッ!
パープルドーガ:ッ……そんな戦いでは、私の記憶には残りませんよ……
ゼロ:ム……ウワッ!
パープルドーガ:テェッ!
ゼロ:アアッ!……ウウ……
爆熱丸:ムム!テェッ!ハッ!トァッ!
ブルードーガ:ほらほらぁ!石の像が壊れる壊れる!
爆熱丸:ヌ……おのれぇ、卑劣な真似を……
ザコレッド:マグナムサイ、主砲発射用意!
ザコレッド:撃てェーッッ!!

 

シュウト:ウッ……ヘッ……ウッ……ヘッ……
シュウト:ンア?アアアアアアッ!!
……ハァッ!?アアッ!
シュウト:ま、まずい!うわあああ!
キャプテン:キャプテン……パーンチ!
シュウト:うわあああ……ああ!?
ああ……?うん?
シュウト:エエ?
爆熱丸:ムムッ!……これは!
ゼロ:バグバグが!
ブルードーガ:ウ……
パープルドーガ:ム……いったい……ムム……
ブルードーガ:ウウ……
シュウト:ア……そうか、アア……キャプテンが……!
キャプテン:止まったぞ……!
シュウト:キャプテーン!ありがとー!
カオリン主任:「キャプテン、今がチャンスね!」
キャプテン:よし!
ンン……ハッ!
シュウト:アア……?
ウワァアア!!!
キャプテン:ナニッ!?
カオリン主任:キャプテン!
ザコレッド:よおし、上手い具合に狙いをずらせたザコ
ザコレッド:取ったザコー!
シュウト:ソウルドライブが!
キャプテン:ダアアアアア──────ッ!!
ザコレッド:これを奪えば、
ネオトピアのロボットは意のまま、ザコ
シュウト:ウワッ!
アアッ!キャプテンが!
シュウト:ハッ!
シュウト:ン……
シュウト:ン、ンン、ン……ウン、ウン、ウン!
ンー、ウン、ウン、ウン……
ウン、ウン、ウン……ムムムム……
ググググ……
フン、フン、フン、フーン、フーン、フーン!
シュウト:ムグッ!!
シュウト:ムムム、ムムム、ムムム……
シュウト:……アッ!
シュウト:キャプテン!……ハァッ!
ハ、ハ、アアレェッ!
さっきまで海の中だったのにぃ!
ウワ、ウワ、ウワ、ウワー!ウワアアアア!!
アアアア───!アアア────アアッ!
あいたた……
市長ロボット:海への無茶な飛び込みは危険です
が、海からの飛び出しは、もっと!
危険でぇーす!
シュウト:キャプテン!返事をしてよ、キャプテン!
キャプテン!……ン……ウウ……!
ハロ長官:「聞こえるか!ダークアクシズ
直ちにネオトピアから撤収せよ!
我々は負けはしないぞ!後で泣いても知らないぞ!」
ザコレッド:うるさい!ザコ
ハロ長官:「我々は決して負けはしないぞ!
覚えておけえ!」
ザコレッド:宣戦の、角ッ!
ザコレッド:ダークアクシズによる、完全侵略のシンボル
……それが宣戦の角だ!ザコ
爆熱丸:アァ……なんだ!あれは!
ゼロ:青き空が……邪悪の色に……ラクロアの悪夢が、また繰り返されるというのか!
:(ザコレッドとコマンダーのやりとり)
コマンダーサザビー:……私は手に入れたぞ
コマンダー:このネオトピアのロボットを支配する力を……
コマンダー:「聞けい!ネオトピアに暮らす全てのロボット達と、それ以外の者達よ!」
パープルドーガ:コマンダー様……
ブルードーガ:あ……コマンダー様……
爆熱丸:ム……!
ゼロ:アアッ!
コマンダー:「私はダークアクシズコマンダーサザビー、この地を支配する者だ」
けい子:なんてことなの!?ああ……シュウトは大丈夫かしら……
ナナ:ウアア……アア……アアン!アアン!
けい子:ああ、あ……ヨーシ、ヨシ……
コマンダー:「今日よりキサマ達の運命は、全てこの私が握ることになる」
市長:冗談言わないでよね!
コマンダー:「……これがその証となるだろう!」
市長:アアッ、まさか……あれは!
ジュリ:ああ……
ハロ長官:ムム……
ベルウッド:ウウッ……
カオリン主任:ムムムムム……
コマンダー
:「選ぶことも断ることも出来ない、私がそれを許さない!
私に従え!ダークアクシズに従え!
従わない者には一切の容赦をしない!
ダークアクシズに従え!」
シュウト:キャプテン、聞こえる?とにかく、絶対にソウルドライブを取り返してあげるからね、きっと元に戻してあげるよ
シュウト:……一緒にやっつけよう、あいつを!

 

シュウト:反応しないキャプテン、
石化したネオトピア……
全てを取り戻すため、ボクはひとり、宣戦の角を駆け上がった!
次回、SDガンダムフォース「ネオトピア最大の危機」