アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第27話 突入!ダークアクシズ

SDガンダムフォース 第27話 突入!ダークアクシズ

SDガンダムフォース 第27話 突入!ダークアクシズ

 

SDガンダムフォース 第27話 突入!ダークアクシズ

 

シュウト:ぼくはシュウト!
ヒトとロボットが一緒に暮らしているネオトピアに、異世界のロボット軍団、ダークアクシズが侵略してきた!
でもぼくには一緒に戦う仲間がいる
キャプテンガンダム
翼の騎士(ナイト)ゼロ!
武者頑駄無(がんだむ)爆熱丸!
ぼくたちガンダムフォースは、コマンダーサザビーを倒して、ダークアクシズを追い返した!
さあ、今度はゼロや爆熱丸の世界を助けに行くぞー!


シュウト:「突入!ダークアクシズ


ジェネラル:(うなり声)
プロフェッサーガーベラ:……おお、我らがジェネラルよ
どうぞそのお怒り、お鎮め下さい
闇の騎士デスサイズ:……いやいやいや
ガーベラ:ム?
デスサイズ:これは大変なところへ来てしまいました……
ジェネラル、かなりご立腹であらせられる
ガーベラ:闇の騎士、デスサイズ……ジェネラルはさらなるガンダミウムをお望みである
デスサイズ:わかっております
フフフ、しかし、我がラクロアの資源は既に使い果たしてしまいましたからねぇ
ガーベラ:騎士ガンダム達は良質なガンダミウムとなってくれたな
デスサイズ:全てはジェネラルのため……
皆ここで溶かしてしまい、もう1人も残っておりません
おまけにコマンダーサザビーの無様な敗北、
ジェネラルのお怒りも無理はない
ガーベラ:所詮は先遣部隊の失敗に過ぎぬ
騎馬王丸:それは強がりかな、プロフェッサーガーベラ!
ザクレロゲートを失った以上、異世界ガンダムには手出しできぬだけでなく、きゃつらの方から攻めの手を打ってくる可能性、考慮せねばなるまい!
デスサイズ:これはこれは……
ガーベラ:騎馬王丸
元気丸:見つけた!
タカヒト:それっ!
ジム:ホッ!それっ!
タカヒト:えっへへ!ヨッ!エイッ!
ジム:ヨッと!そーれ!ナイスキャッチ!
ジム:ウッ!
タカヒト:うわー、すっごーい!
タカヒト:アッハッハ、かっこいー!
ネオトピア市民たち:オーイ!
爆熱丸:急げー!急ぐのだ、炎天号!
炎天号:火、ヒーン!
爆熱丸:待ちに待った今日、この日こそ、誰よりも早くこの爆熱丸が駆けつけねばならんのだー!
ゼロ:ホホーウ?
爆熱丸:ム!
ゼロ:ならば急いだ方が良いぞー?
それでは日が暮れてしまうからなあ
爆熱丸:いやおのれゼロ!たまには自分の足で走って見せろー!
ゼロ:炎天号に乗ってるおまえに言われる筋合いはなーい!
爆熱丸:ウンヌヌーッ!行くゾ炎天ー!
ベルウッド:ヤッホーウ!どうだ、ついに完成したぜ!
ゼロ:オオ!
ベルウッド:ヘヘン!オレってやっぱテンサーイ!
ゼロ:で、あれもベルウッドが作ったのか?
ベルウッド:ああ、あれね、リサイクルだよ、リサイクル!
ダークアクシズの落とし物拾ってきて、適当やってたらできちゃってさー、やっぱオレって天才!フッフー!……あ?
爆熱丸:……あれで、……今度こそ天宮(アーク)やラクロアと、自由に行き来できるのだな……ハァハァ
ゼロ:やっとついたのか
爆熱丸:ん?シュウトやキャプテンはまだか?
シュウト:ここだよー!2人ともー!
おーい!ここだよー!
ゼロ:おお!
爆熱丸:シュウト!
シュウト:アハハ!
爆熱丸:そんなところで何やってるんだー!
シュウト:いっくよー!?それ!
爆熱丸:ダァアアアア!!!
ゼロ:アアア!危ない!シュウト!
シュウト:うわああ!
ゼロ:ア。
シュウト:ああ……
ゼロ:あ、あ……
シュウト:大丈夫?
シュウト:ごめんね、ゼロ
これで驚かせようと思ったんだ
爆熱丸:ムフフ……
炎天号:ウヒ……
シュウト:キャプテンのバックパックをまねて作ったんだよ
ゼロ:まあ……そこそこの美しさ、か……な……
シュウト:フッ!エイッ!……あ!キャプテンだ!
爆熱丸:おっ!
シュウト:キャプテーン!アハハハ!オーイ!
ゼロ:オオ……
いつの間にあんな立派な艦(ふね)を……
爆熱丸:ウン……しかしどこかで見たような……
カオリン主任:ワッチョー!そのとおり!これはネオトピアに残された、ダークアクシズのマグナムサイを改造した艦なのヨー!
爆熱丸:なるほど!そうだったのか!
ゼロ:これもまたリサイクルというわけか
シュウト:はぁー、すごいよねー!
ザコ1:ザ、ザコたちのマグナムサイがあんな姿に…
ザコ3人:悲しいザコー!
ザコ1:あ、でもでもでも
ザコ2:もしかしたら!
ザコ3:あれに乗ってダークアクシズへ帰れるかも!
ザコ3人:ザコ!
キャプテンガンダムキャプテンガンダムガンダムフォース専用艦ガンダムサイのテスト飛行より、帰還しました
カオリン主任:ホワッチャー!ハッ!ホワッ!……
ハロ長官:ご苦労!キャプテン
では、早速だが、この白バグバグを持って、異世界ラクロアの人々の石化を解いてきて欲しい
ゼロ:おお!
ついに我がラクロアを救う時が来たぞ!
爆熱丸:あの三つ子たちを早く元に戻してやらねばな!
ゼロ・爆熱丸:ウム!
シュウト:いよいよ出発だね、キャプテン!
キャプテン:うん!
ハロ長官:シュウト君!
シュウト:ハイ?
ハロ長官:本来なら、こんな危険な旅に君を参加させたくはない、
だが、ガンダムフォースには君が必要なのだ
十分気をつけて行ってきてくれたまえ!
シュウト:わかりました!
よーし、行こう!ラクロアへ!
キャプテン・ゼロ・爆熱丸:オー!
シュウト:うわー!
キャプテン:ここが、ガンダムサイのブリッジだ
シュウト:すっごーい!アハ!かーっこいー!
キャプテン:シュウトの席はここだ
シュウト:あ?うわあ、キャプテンのとなりー?
キャプテン:君達は、そちらに座ってくれ
爆熱丸:どちらが俺にふさわしいかなー
ゼロ:おい!勝手に決めるな!
爆熱丸:ヘヘン!ゼロはプカプカ浮いておれば良かろうが!
ゼロ:なんだとお!
爆熱丸:なにぃい!
シュウト:アア……
ライミ:「当艦内では、ケンカは禁止です」
ゼロ・爆熱丸:ヌワー!何をするー!
シュウト:エエ!
ライミ:「仲良く席について下さい」
爆熱丸:な、なんだこれは!
キャプテン:ライミさんだ
シュウト:ああ?
ライミ:「私は、このガンダムサイの制御AIの、ライミです
みなさん、よろしくお願いします」
シュウト:わー……よろしく!ライミさん!
ベルウッド:よーし……次元転送……スタート!
炎天号:火、ヒーン!
爆熱丸:待ってろよ、炎天号……次は天宮だぞ
ゼロ:姫よ、ついに帰還します
キャプテン:シュウト、これを使ってくれ
シュウト:ああ!ザクレロモバイル
キャプテン:これを使って、ザクレロゲート本体を、こちらの次元に呼び寄せることができたんだ
シュウト:よーし、ザクレロゲート、ラクロアへ向けて、オープン!
ザクレロゲート:「ザクレロ……」
キャプテン:ガンダムサイ、発進!
ザコ1:おーい!ザクレロゲートー!
ザコ2:ザコたちをダークアクシズへ帰して欲しいザコー!
ザコ3:お願いザコー!
ザコ3人:おーねがいおねがーい!
ザクレロゲート:だーめレロ!
ご主人様の言うことしか聞けないレロー
ザコ3人:なんザコー!?
ザコ1:言うこと聞かないと!
ザコたち:くすぐってやるザコー!
ザクレロゲート:ホー!ヨ……
ハロ長官:なんだ!?
ザクレロゲート:ダー!ヤヤ、やめてレロー!くすぐったいレロー!
ザコたち:ザコザコザコザコ……!
シュウト:ああっ!あああ……
ライミ:「ザクレロゲートに、異常発生」
キャプテン:なに?
ザコたち:ザコザコザコザコ……!
ザクレロゲート:だー!レロレロ……わかったレロー……
ザコ1:よし、今だー!
ザコたち:ザコー!
ザクレロゲート:今回だけレロ……
ベルウッド:ウワー……
ライミ:「艦をコントロールできません」
シュウト:ああ!ああああ!わあ!
キャプテン:転送中止だ!
ライミ:「通信も遮断されています」
シュウト:エー!?
ザコたち:ザコー!
騎馬王丸:ジェネラルよ、我が天下取りの成果、間もなくご覧に入れる所存
デスサイズ:しかし、未だに天宮の制覇には苦労されているのでは?
ガーベラ:必要なら、ダークアクシズの戦力、さらに貸してやっても良いのだぞ
騎馬王丸:不要!既に天地城も落とした
すぐにでも天宮を統一し、ジェネラルのためこの間を、武者頑駄無(むしゃがんだむ)で埋め尽くして見せようぞ
それまでジェネラル……しばしそのお怒り、お収め下さい
元気丸:今だ!
騎馬王丸:ん?何奴(なにやつ)!
元気丸:オイラは武者頑駄無・元気丸!
天宮の裏切り者騎馬王丸!
その首!もらったぁ!

 

元気丸:その首!もらったぁ!
ウヌァ……!
騎馬王丸:ムムッ!
元気丸:ウヌ……!
ハッ!……ウッ!……ええぃっ!アアッ!
元気丸:グッ……ッ!離せー!
騎馬王丸:何処の者だ、こわっぱ!
ガーベラ:……この神聖な空間へ侵入するとは大したもの、この私自ら解体してさし上げよう
元気丸:ウッ……フッ!ンー、ンー!
デスサイズ:ほほう……?見物(みもの)ですな……
騎馬王丸:控えよ!2人とも!
ジェネラルの御前(ごぜん)である、見苦しいぞ!
ガーベラ:フフン
見れば子供とはいえ武者頑駄無、ジェネラルのための溶鉱炉
デスサイズ:少しはジェネラルのお怒りも静まるのでは?
騎馬王丸:わかっておる
騎馬王丸:……先ほどの技、まさかこやつが大神将の鍵では……
元気丸:放せ放せ放せってんだよ!ウングー!ウンンー!アア!
元気丸:ウウ……
騎馬王丸:貴様何者だ
元気丸:ウ……?
ガーベラ:さあ、早く落とせ
騎馬王丸:黙っておれ!
……素直に言わんと、本当に落としてしまうぞ?
元気丸:ウー、ウウー!
騎馬王丸:ウウン?
元気丸:ああっ!ハッ!?
騎馬王丸:な、何だ!
ガーベラ:ザクレロゲートだと?
騎馬王丸:これはっ!巨大な頑駄無!いや、戦船(いくさぶね)か!
ジェネラル:(唸り声)
シュウト:うわー、なになになに!?
ここは、ラクロアなの?
キャプテン:ライミさん、状況を
ライミ:「只今、座標確認中
本艦は、ザクレロトンネルとゲートの途中に引っかかった状態と思われます
原因は未だわかりません」
ザコたち:(ザコー)
ゼロ:違う!ここはラクロアではないぞ!
シュウト:ええっ!?
爆熱丸:こんなおぞましい所、天宮にもないはずだが……うーん……ヌォ?
騎馬王丸:「中の者、出て参れぃ!」
爆熱丸:うっ!あやつは!
ゼロ:こんなところに!
爆熱丸:ヌーッ!
ゼロ:おのれー!行くぞ!
爆熱丸:ウオオッ!
シュウト:アッ!待ってよ!
爆熱丸:ダークアクシズに与した、天宮の裏切り者、騎馬王丸!
騎馬王丸:ムッ!
爆熱丸:我が名は爆熱、炎の武者、爆!熱!丸!
ここで会ったが百年目ー!テヤァッ!カッ!
騎馬王丸:ウヌッ!
爆熱丸:フンッ!ハッ!ヌ……
騎馬王丸:ム!ムッ!フフフ……
爆熱丸:む……ハッ!
騎馬王丸:良い太刀筋だ!ム!ハ!
元気丸:う!ウウッ!
爆熱丸:ドォアッ!ク……おのれぇ、卑怯だぞ!
ゼロ:ヴァトラスソード!
デスサイズ:まだラクロアの騎士の生き残りがいたわけだな!
ゼロ:あやかしの魔法でラクロアを陥れた罪、今こそあがなわせてやるぞ!デスサイズ!ウッ!
デスサイズ:フフフ……
ゼロ:なに!アアッ!ウッ!アアッ!
デスサイズ:お前も溶けてしまうがいい……他の騎士達と同じようにな
ゼロ:ッ……どういう意味だ!
シュウト:ゼロー!爆熱丸ー!ああっ、あれは……
ガーベラ:……おのれ……
シュウト:なに、あれ
爆熱丸:テイッ!
騎馬王丸:ウヌッ!ク!……オッ!?
爆熱丸:ハッ!ダアッ!
ゼロ:ッ!オアッ!
爆熱丸:アア!
ゼロ:ッ、ウッ!アアッ!
シュウト:うわああ!
……キャプテン!
キャプテン:ゼロ達の援護に出る!
シュウト:うん!がんばれ!
爆熱丸:ダァッ!
シュウト:アアッ?
騎馬王丸:ウヌッ!ウワッ!
元気丸:ウワア!アアーッ!
シュウト:ああっ!
騎馬王丸:しまった!
元気丸:アアッ!……
シュウト:あぶない!
シュウト:キミ、大丈夫?
元気丸:邪魔すんなよ!
シュウト:はぁ?……うわあ!
ゼロ:ッ!キャプテン!
シュウト:キャプテン……
キャプテン:バックパックをやられただけだ、それよりこの子は?
シュウト:早く、みてあげないと
騎馬王丸:こわっぱー!
爆熱丸:デヤァ!
騎馬王丸:ム!ハッ!
爆熱丸:ウ!おのれぇ!
キャプテン:ゼロ!爆熱丸!撤退するぞ!
ゼロ:エイッ!エイッ!ッ!……逃げるというのか!
爆熱丸:ダークアクシズに、背を向けられるか!
騎馬王丸:隙あり!
爆熱丸:ドワッ!アアーッ!
ゼロ:やむを得ん!
爆熱丸:ウウ……!
ジェネラル:(咆吼)
爆熱丸:イヤだー!逃げるのはー!ドワッ!
ゼロ:アアッ!
キャプテン:ライミさん緊急離脱!
ライミ:「了解」
騎馬王丸:おのれぇ……虚武羅丸!
虚武羅丸:ハッ!
デスサイズ:フ……ン!
ゼロ:超魔法!アイフィールド!
シュウト:ウワアア!
爆熱丸:ウッ……クッ……
ゼロ:ウッ……
シュウト:ウワアアーッ……!
ジェネラル:(咆吼)
シュウト:アア……あ?……
キャプテン:シュウト、気がついたか
シュウト:みんな!無事だったんだね!
ゼロ:無事と言えば無事だが……
爆熱丸:ああ……
シュウト:あ?……アアアーッ!!……なにここ?
シュウト:ここは、どこーっ!!?
ザコ3人:「ザコザコアワー!」
ザコ赤:み皆さん!こんにちは!
ザコ青:毎度!
ザコ黄:らっさい
ザコ赤:本日のミーティングは?
ザコ3人:何で真っ白になっちゃったんだマグナムサイ
改めガンダムサイー!
観客ザコ?:(歓声)
ザコ赤:です!イヤイヤイヤイヤ久しぶりのステージザコね!
ザコ青:違うんですよそーなんですよ!
ザコ黄:キキ緊張するザコ!
ザコ赤:思えば長ーい戦いだったザコ!
ザコ青:ザコたちも!人知れずダーイ活躍してたですよ!
ザコ3人:ザコザコ!
ザコ黄:あっちへ逃げたり……アこっちへ隠れたり!
じっとしてたり……死んだふりしたり。
ザコ赤・青:ザコー……
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよ!
で、気がつくと、我らがマグナムサイが、
せ、宣戦の角になってしまったんですよー?
ザコ赤・黄:うぉおおお!
ザコ黄:すごいザコー、マグナムサイって何でもできるザコねえ
ザコ3人:さすが我らがダークアクシズ
ザコ赤:さすが我らの……
ザコ3人:マグナムサイ!
ザコ赤・黄:ウオオオ!
ザコ黄:でもってコマンダー様と一緒に木っ端みじんザコ
ザコ3人:ウオオオ!……?
ザコ赤・青:やかましい!
ザコ黄:ザ、ザコー……
ザコ赤:ダークアクシズも終わったな
ザコ青:コマンダー様のみならず、マグナムサイまでも
ザコ黄:これでザコたち宿無しザコ
ザコ黄:でもでもでもー!
ザコ赤:うぬ?
ザコ黄:じゃ何でザコたちここにいるザコ?
ザコ赤:えー?
ザコ黄:ここはどこ?ザコは誰?このステージはいったい何ザコー?
ザコ赤:うー、いやそう言われても……
ザコ青:実はですねえ、宣戦の角に取り込まれたマグナムサイは、S.D.G.に回収され、こともあろうにガンダムフォース専用艦、その名も「ガンダムサイ」に改造されてしまったんですよー!
ザコ赤:タハー!なんてこったザコ!
ザコ青:ううー!
ザコ黄:か、格好いいザコー……
ザコ青:ザコー!?
ザコ赤:なぬー!?
ザコ黄:い!なんだかキレイになってー、ガンダム顔までついちゃってー、前より強そうザコ
ザコ赤:な……言われてみれば……
ザコ青:そうなんですよ……
ザコ黄:すごいザコー?
マグナムサイってこんなふうにもなれるザコねー!
ザコ赤・青:ヌヌヌヌヌ……ちがうだろー!
ザコ黄:タタ!ザコ!イ……
ザコ赤:たとえマグナムサイがガンダムサイになろうとも!
ザコ青:たとえ、コマンダー様が敗れようとも!
ザコ赤・青:ザコたちがいる限り、ダークアクシズは永遠に不滅ザコー!
ザコ黄:ザコ!
ザコ赤:とにかくみなさーん!
明日もがんばりましょー!
ザコ3人:ザコソルジャー!ファイトー!オー!
観客ザコ(1人しかいない):オー!
ザコ赤:寂しい感じザコ……


シュウト:助けたあの子は子供の武者頑駄無だった!
名前は元気丸!でも全然僕らを信用してくれないんだ……
次回、SDガンダムフォース「三つの道」