アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第28話 三つの道

SDガンダムフォース 第28話 三つの道

SDガンダムフォース 第28話 三つの道

 

SDガンダムフォース 第28話 三つの道

 

シュウト:ぼくはシュウト!
ついにガンダムフォースは、ネオトピアからラクロアを救うためにガンダムサイで出発した!
ところがついた場所は、見たこともない巨大な部屋の中、そこにはダークアクシズの幹部たちがいたんだ!
ぼくたちは強力なビームの攻撃を受けて、そこから脱出するしかなかった
そして飛ばされて出たのは、またまた見たこともない場所だった!
ここはどこ!?それに助け出したこの子はいったい誰?


シュウト:「三つの道」


ライミ:「全方位観測、開始しました」
キャプテン:了解、頼むシュウト
シュウト:うん、ザクレロゲート、オープン!
ザクレロゲート、オープン!
爆熱丸:ゲートさえ開けば……
ゼロ:ネオトピアへ戻れるはずだ
シュウト:んっ……
ライミ:「ザクレロゲート、反応ありません」
シュウト:だめか……
ライミ:「電磁波の反射、磁気反射、通信への応答、
これらも全て、反応無しです」
シュウト:えー?
キャプテン:何もわからないということか
シュウト:ねえ、あの妙な部屋にいたのは、ラクロアと天宮(アーク)を裏切った大物なんだよね?
ゼロ:そうだ、1人はデスサイズ
爆熱丸:もう1人は騎馬王丸だ
元気丸:ええ?
シュウト:他にもいたよね?
キャプテン:ああ
シュウト:何なんだろうあそこは、ダークアクシズの本拠地かなあ?
キャプテン:確率は高いが不明だ
シュウト:そうだ!
助けたあの子なら何か知ってるかも!
あれ!?いない!
ゼロ:あそこだ!
シュウト:エ?
爆熱丸:おっ!?
シュウト:目が覚めたんだね!
ぼくはシュウト!からだは大丈夫?
爆熱丸:シュウト、ここは、俺に任せてくれ
……さあ!いいコだー!
おびえなくてもいいぞー!降りておいでー!
ブワアッ!
元気丸:エイッ!オイラは元気丸!
怪しげな所に連れ込んで!オイラをどーする気だー!
怪しげなことしようってんじゃないかー!?
このー、変態野郎!ヘンタイヘンタイヘンタイヘンタイー!
爆熱丸:ムゴムゴムゴムゴ……!
こらー!!誰がヘンタイだー!!
それが初めての相手に言うことか!
待て!こら!このっ!
シュウト:まあまあ爆熱丸、小さい子なんだからさ……
ね?
爆熱丸:なりは小さくとも、こやつは武者頑駄無
遠慮する必要はない!
シュウト:この子が……武者頑駄無
爆熱丸:おう!これから大きくなるのだ!
ゼロ:武者とは成長するものだったのか……
キャプテン:……驚いた
キャプテン・ゼロ:ン?
シュウト:アー、ウウ……ウー、ウー?ウ、ウ、ウ……
元気丸:何だこのプヨプヨの生き物は
シュウト:なーにすんだよー!
元気丸:「ウワア!アアーッ!」
シュウト:「ああっ!」
騎馬王丸:「しまった!」
元気丸:「アアッ!……」
シュウト:「あぶない!」
シュウト:「キミ、大丈夫?」
元気丸:「邪魔すんなよ!」
元気丸:あ……お前はオイラの邪魔をした奴!
おまえらダークアクシズだな!
つかまってたまるかよ!
シュウト:ちがうよ!ぼくらはダークアクシズじゃないよー!
元気丸:だまされるか!このボケ!カス!
シュウト:ねえ、ちがうって!あ……
元気丸:フン!
シュウト:ああ!
ゼロ・爆熱丸:おお!
元気丸:これはカラクリ昇降機だな……だとすると……これか!
元気丸:よし!
元気丸:こっちか!
元気丸:こっちだ!
エルメチュ:エルメチュー!
元気丸:いったい出口はどこだよ、こっちか!?
元気丸:こっちだ!
エルメチュ:エルメチュ!
元気丸:ここも行き止まりか!クソー、こうなったら……
元気丸:ヨッ!
元気丸:ふう……ここは……あ?ワアー!
ワアア!地面がなーい!何だココー!
ゼロ:まったく、いつの間にこんな所へ……
いいか、いま艦(ふね)の外に出るのは危険なんだ!わかったか!
元気丸:クッソー……
シュウト:ぼくたちは、異世界にあるネオトピアっていう所から来たんだよ
そこには防衛組織『S.D.G.』というのがあって、ぼくたちはその特殊部隊!『ガンダムフォース』なんだ!
元気丸:知らないね
シュウト・ゼロ・爆熱丸:……はー……
キャプテン:よし!ライミさん、ネオトピアの映像を出してください
ライミ:「了解」
シュウト:さすがキャプテン!それを見れば……
元気丸:ぎえ!首が回った!
こ、ここはお化け屋敷か!
ライミ:「映像を出します」
シュウト:ほら見て!これがネオトピアだよ
シュウト:ここはヒトとロボットが仲良く暮らす理想郷なんだ!
天宮の世界とは、別の次元世界にある街だよ
キャプテンたちロボットは、モビルシチズンって呼ばれてるんだ
ぼくたちガンダムフォースは、このネオトピアを、ダークアクシズの侵略から守ってたんだ
ザッパーザク:「あっらー!」
シュウト:「よおし!」
シュウト:「いっけえ!」
グラップラーグフ:「ン?……こいつ!何をする!」
爆熱丸:「止められると思うな!ヤァ!」
ゼロ:「エイ!」
ゼロ:「ヴァイオレット・トルネード!」
再現;爆熱丸:「フン!」
ゼロ・爆熱丸:「デヤアーッ!」
キャプテン:「ウオオオオオッ!!!」
キャプテン:「スペシャルフォーメーション!」
キャプテン・ゼロ・爆熱丸:「ガンダムフォース!」
シュウト:「ダークアクシズなんて怖くないぞ!」
シュウト:どう?
キャプテン・ゼロ・爆熱丸:うん!
シュウト:あ……あ……
爆熱丸:ヤアーッ!!ヌワーイッ!
子供はちゃんと育てねばーッ!
ンーヤッ!エエイッ!デヤァッ!
折り曲げて、ガムテープ巻いて完成!
愛の教育ハリセン!
元気丸:ンイッ!?ビックリさせんじゃねーよ!
爆熱丸:行儀がなっとらん!
まず人の話はちゃんと聞けい!
お前も武者頑駄無のはしくれなら、
『武者道』をわきまえろ『武者道』を!
元気丸:フン!だれだよお前
爆熱丸:我が名は爆熱!炎の武人、爆!熱!丸!
爆熱丸:さあ聞けい!
武者道とは、すなわち己(おのれ)の頑玉に恥じぬ生き方!
爆熱丸:「ィヤアアアオオウッ!」
阿修羅丸:「騎馬王無情流奥義!阿修羅!電影斬!
ウガアアッ!」
爆熱丸:よいか、武者は頑玉にかけて、大義のために生きねばならん
かつて、俺と戦った友は、選んだ大義は違えど、武者道を知る真の武者だった
爆熱丸:「ウオッ!」
爆熱丸:「何ッ!」
再現;爆熱丸:「ダァアアーッ!ドワアッ!」
爆熱丸:「ククゥッ……!」
爆熱丸:「阿修羅丸……」
爆熱丸:「ウオオオオッ!」
阿修羅丸:「ノオオオッ!」
阿修羅丸:「テヤアッ!」
阿修羅丸:「なに!?」
爆熱丸:「そこだァッ!」
阿修羅丸:「ンオァッ!」
阿修羅丸:「おのれェッ!」
爆熱丸:「ガッ……ヌウッ!」
阿修羅丸:「エエーイッ!」
爆熱丸:「ウッ!」
阿修羅丸:「ダァーッ!」
爆熱丸:「ヤッ!」
阿修羅丸:「タアッ!」
阿修羅丸:「何ッ!」
爆熱丸:「フンッ!デヤァッ!」
阿修羅丸:「アアッ!」
阿修羅丸:「天宮の平定をつかむはずが……もはや」
爆熱丸:「俺が守る!」
阿修羅丸:「……うむ!」
爆熱丸:武者道とは、すなわち!仁、義、礼、智……
えっと、そのう……仁、義……ひい、ふう、みい……あれ?えーっと……うーん……
つまりだな!
よく食ってよく寝て、敵を倒して礼儀を正しく、嘘をつかずに生きねばならんのだーっ!
フーッ、ひさびさに良いことを言ったゾ!
って、人の話を聞けーっ!
元気丸:仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌!八つの徳目ぐらい知ってらあ!言ってみな!
爆熱丸:え……あ、仁、義、礼、智、忠、ちん……あれ?ハテ……
シュウト・ゼロ:アリャー……

 

ゼロ:そろそろ私の出番のようだな……
私こそ、美しき騎士(ナイト)ガンダム
天駆ける華麗なる翼の騎士、ゼロだ!
シュウト:ゼロ!
キャプテン:うむ
爆熱丸:おお!
元気丸:……翼の騎士?
ゼロ:我が『騎士(ナイト)道』……その美しき道に従う私の、美しき活躍を見て、考えるがいい!
ゼロ:「精霊達よ,今こそ、その力を我に与えよ」
ゼロ:「翼の騎士との盟約において盾となれ!超魔法,アイフィールド!」
シュウト:「うわあー」
ゼロ:勇気と、忠誠と、寛容を持ち、たとえ、身を捨てても弱き者を救う……特に女性を!
それが、我がラクロアの騎士道!
シュウト:「わー、すごいや!」
元気丸:ラクロアだって?
ゼロ:「トォッ!」
シュウト:「ちょっと!待ってよ!」
市長ロボ:「ホッホッホ!」
シュウト:「うわあ!」
トールギス:「ヌワア!」
ゼロ:「トールギス!」
トールギス:「なにっ!」
ゼロ:「受け取れ!三つ子たち!」
三つ子たち:「ハッ、ハッ、ハッ……わあ……ゼロ!」
ゼロ:「アアアッ!」
トールギス:「このままダークホールまで突き落としてくれるわ!」
ゼロ:「エイッ!」
トールギス:「フン!」
トールギス:「ウウッ」
トールギス:「ウワアッ!」
ゼロ:「こ……これは……」
トールギス:「奴の召喚獣になるというのか!」
ゼロ:「私が次元の裂け目を塞ぐ!」
シュウト:「ゼローッ!」
ゼロ:「マナよ!」
シュウト:「ゼロォーッ!!」
爆熱丸:「お前も早く逃げろーっ!」
ゼロ:「縁があればまた会おう!」
シュウト:「うわ……何、ここ……」
ゼロ:「すまないが、あまり見ないでやってくれ……」
ゼロ:そうだ、ラクロア……
天宮と同じソラジオラーマの別の国……
ヒトと騎士ガンダムが、共に王家に忠誠を誓い、平和を守っている……
リリジマーナ姫:「行くのです、ゼロ
ラクロアの未来を頼みます……
頼みます……頼みます……」
ゼロ:姫……
元気丸:ああ、そうか
ゼロ:ハ?
元気丸:ラクロアって確かダークアクシズにあっさりやられちゃったっていう情けねえ国か
ゼロ:まだやられてはいない!
石化した人々と姫様を、ようやく助けに行こうと……!
元気丸:ようやく?
お前そいつらをずっとほっといたんだ、
キッタネエ!
ゼロ:ヌッ!グッ、グ……ググ……
シュウト:ウーン、まあまあゼロ、よくわかってないんだから、あー……
キャプテン:私の番だな
シュウト:キャプテン!
ゼロ・爆熱丸:オー!?
キャプテン:私は、ダークアクシズの侵略行為を止めるため、武装火器の使用を許可されている
私の名は、キャプテンガンダム
キャプテン:私は、ガンダムフォース隊長として、仲間と共に、ダークアクシズと戦ってきた
デストロイヤードム:「ンッ!オオッ?」
ゼロ:「フンッ!」
ゼロ:「卑怯なことが嫌いでな」
キャプテン:「破壊すればッ!」
爆熱丸:「デヤーッタァーッ!オーリャリャリャリャリャリャ!」
シュウト:「ウウッ……ハァッ!?」
キャプテン:「オオオオッ!」
爆熱丸:「ウオーリャリャ!」
ゼロ:「ハァーッ」!
キャプテン:「ガンダムフォース
スペシャルフォーメーション!」
シュウト:「いーっけぇーッ!!」
シュウト:「アアッ!ア?」
シュウト:「ううわああ!」
コマンダーサザビー:「ウオオッ!?」
コマンダー:「ムウッ!デェッ!」
コマンダー:「グアアアアアッ!」
ゼロ:「よけない?」
シュウト:「キャプテン!逃げて!」
キャプテン:我々は、ラクロア救出に出発した所なんだ
元気丸:じゃあなんでこんな所ウロウロしてるんだよ!
キャプテン:それはわかっていない
元気丸:ハッ!そんなマヌケなヤツら信用できるか!
キャプテン:……
シュウト:……キャプテン!がんばれ!
キャプテン:元気丸!
元気丸:な、なんだよ!
キャプテン:我々も、君が味方かどうかわからない
しかし、ここでは力を合わせることが得策だ
どうだろう、つまり
元気丸:やだね!
理屈で相手を説得できると思ってんのかよ!バッカじゃねえの!この唐変木
もっと勉強しろ!
キャプテン:……
シュウト:キャキャキャキャプテンには「なんとか道」とかなんかないのかな!
ゼロ・爆熱丸:そうだとも!キャプテンの道を聞きたいな!
キャプテン:私は……『ロボ道』……かな
シュウト・ゼロ・爆熱丸:『ロボ道』?
キャプテン:もし私に、歩むべき道があるとすれば、
それは、このソウルドライブが導いてくれるはずだ
シュウトと共に歩んで、仲間と共に、自分のできる最善のことをする……
それが私の……ロボ道……かな
ゼロ・爆熱丸:ウンウン!
元気丸:で!
そこのプヨプヨ生物はなんなんだよ!
そんな奴戦えるの?仲間ってホントかよ!
足手まといになってるだけじゃねえの!?
シュウト:ウ……
キャプテン・ゼロ・爆熱丸:そんなことはない!!
シュウトは我々の最高の仲間だ!
シュウト:……みんな!
元気丸:……フンッ!
シュウト:あのさー、もういいかげん……あ、あ……?
ライミ:「次元通信つながりました、投影します」
シュウト:やったあ!S.D.G.基地からだよ、きっと!
キャプテン:ああ、良かった
シュウト・ゼロ・爆熱丸:んー?
セーラ:「……あらあ?」
シュウト:セーラちゃん!?
ゼロ:セーラ姫!
セーラ:「みなさーん!お久しぶりですぅ!ああ……」
ベルウッド:「おっ、つながったか!」
シュウト:うわぁ!セーラちゃんのケーキ食べてるー!
セーラ:「あのお……」
ベルウッド:「ムグ……ユーたち、なんて所にいるんだ!
そこはオレたちの次元でも、ラクロアの次元でもないぞー!」
キャプテン:どちらの次元でもない……?
爆熱丸:どういうことだぁ?ベルウッド!
ベルウッド:「座標数値が虚数になってる……なんでそんなトコに!」
セーラ:「みなさんの分のケーキ、食料庫につんでありますから食べてくださいねー」
シュウト:食べる食べる!ありがとう、セーラちゃん!
ゼロ:どちらの次元でもない……そうか!わかったぞ、ここはミノフス境海!
シュウト・キャプテン・爆熱丸・ベルウッド:ミノフス境海?
ゼロ:そうだ、ラクロアの古き言い伝えによれば、『超常の力と力ぶつかりし時、次元の狭間に落ち込みし者あり、そこな世界、ミノフス境海より帰還すること叶わず』
シュウト:えっ!もうここから出られないの?
ゼロ:それは……
爆熱丸:あッ!元気丸がいないぞ!
シュウト・ゼロ:ええっ!
元気丸:なんだこりゃ、これが食いモンか?
元気丸:アッ!……うまい……
爆熱丸:いたか!
ゼロ:いや、いない!
キャプテン:食料庫が荒らされていた!
シュウト:エッ!ああ!今のまさか!
シュウト:うわー!
やっぱりそれはセーラちゃんのケーキー!
元気丸:ベエー!あーマズイマズイ!
シュウト:元気丸ゥー!放せぇ!セーラちゃん!セーラちゃんのケーキ!ケーキ!放せぇー!!
爆熱丸:ああ!マアマア……
元気丸:ヘン!こいつら敵じゃねえや!
ゼロ:(食べたかったら……相手に……等)
……シュウト!落ち着け!
爆熱丸:(……から!……)
キャプテン:落ち着くんだシュウト!
虚武羅丸:……さあて……
ザコたち:これからどうなっちゃうザコー!
ザコ1:ザコッ!ザコッ!ホホッ、ザコーッ!
ザコ3人:「ザコザコアワー!」
観客ザコ:(歓声)
ザコ赤:みなさんこんにちは
ザコ青:らっしゃい!
ザコ黄:おっす!
ザコ赤:本日のミーティングは
ザコ3人:ザコたちはホントにダークアクシズへ帰れるのかー!
観客ザコ:(歓声)
ザコ赤:です!
ザコ赤:いまザコたちがいるのは、ミノフス境海と呼ばれる謎の空間ザコ
ザコ青:ガンダムフォースの連中も、ここから脱出する方法がわからないデス
ザコ黄:テーヒッヒッヒッヒー!ダークアクシズは!ダークアクシズは!どっちザコ?エどっち?
ザコ青:ラクロアへ行くはずのガンダムサイをダークアクシズへ向かわせたのに、なぜこんな所へ出たのでしょう?
ザコ赤:ザクレロゲートくすぐりすぎたザコー?
ザコ黄:でもでもでもー!ザコたちは一度ちゃんとダークアクシズについてたザコー!
ザコ赤・青:な、なんですとー!
ザコ黄:あの時気がついたらザクレロゲートが引っかかってたザコ
あそこは、ダークアクシズ要塞の心臓部、『ジェネラルの間』に間違いないザコ!
ザコ赤・青:おおーッ!
ザコ赤:もしかして君は、ジェネラル様も目撃したザコー?
ザコ青:ダークアクシズで一番偉い噂のジェネラル様を?
ザコ黄:確かに見たザコ!
ザコ赤・青:うおおっ!
ザコ青:で、そのお姿は?
ザコ黄:このお方デス!
ザコ赤・青:ハハーッ!
ザコ青:ってこの方は、騎馬王丸様ザコ
ザコ黄:……え!?
ザコ赤:天宮統一の野望に燃える武者頑駄無、騎馬王丸様ザコ
ザコ黄:ジェネラル様じゃないザコ!?
ザコ赤・青:ちがーう!!
ザコ黄:じゃあこのお方です!
ザコ赤・青:ハハーッ!
ザコ青:ってこのお方はラクロアの魔導士デスサイズ様ザコ!
ザコ黄:ではではこのお方でッス!
ザコ赤・青:ハハーッ!
ザコ青:ってこのお方はプロフェッサーガーベラ様!
ザコ黄:ああっ、そうだったザコ?
ザコ黄:あ、そういえば、もう1人知らないお方がいたザコ、あんな姿は見たことも聞いたこともなかった
ザコ赤:それはまさしくジェネラル様!?
ザコ青:どんなお姿だったザコ!?
ザコ黄:知りたいザコ?
ザコ赤・青:うん!
ザコ黄:本当に知りたいザコ?
ザコ赤・青:うんうん!
ザコ黄:後悔しないザコね!?
ザコ赤・青:うっ……うん……
ザコ黄:では……
このお方こそジェネラル様ザコ!
ザコ赤・青:ハハーッ!!
ザコ3人:ああ……あはー……ああ……
ザコ青:この方が……ダークアクシズの支配者ジェネラル様……
ザコ赤・青:ちょっとやだ……
ザコ赤:!!アダダダダ!
ザコ黄:アワワワ!
ザコ青:ザザザザザ!
ザコ赤:も、もしかしてー!?
ホントにジェネラル様ー!?
ザコ青:ちがうんですよそ-なんですよ!
ザコ黄:アワワワワワ……!
ザコ赤:ニョホホホー!
ザコ3人:お、お許しをー!
ザコ赤:それではみなさん!ジェネラル様のために!
観客ザコ(2人しかいない):ザコー!

 

シュウト:ガンダムサイで元気丸はやりたい放題
そこへ、あの虚武羅丸が襲ってきた
次回、SDガンダムフォース「必殺技封印!?ミノフス境海の脅威」