アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第32話 エピオン強襲!

SDガンダムフォース 第32話 エピオン強襲!

SDガンダムフォース 第32話 エピオン強襲!

 

SDガンダムフォース 第32話 エピオン強襲!

 

シュウト:ぼくはシュウト!
闇の騎士(ナイト)トールギスが襲ってきた!
傷つけた相手を取り込んで、自分の力にしてしまう、恐ろしい魔剣エピオンで攻撃してきたんだ!
キャプテン、ゼロ、爆熱丸の合体技でなんとかはね返したけど、それで終わりじゃなかった
トールギスを取り込んだ魔剣が変化して、見たこともない奴が現れた!
なんだかヤバそうだー!


シュウト:「エピオン強襲!」


翼の騎士ゼロ:凶戦士エピオン……魂なき魔剣が、哀れな騎士を喰って、実体を得た姿だ……
シュウト:じゃ、トールギスは?
ゼロ:すでに、奴、エピオンに、完全に身体を奪われてしまった……
キャプテンガンダム:凄まじいエネルギーを感じる……
魔剣とトールギスグリフォン、ヴァイエイト
……そしてメリクリウス、全ての力が1つになったパワーだ
凶戦士エピオン:(唸り声)
T様ファンのザコ:T様~!魔剣に吸い込まれてしまったザコー!
ザコ1:ヒィー、おいたわしいザコ
グラップラーグフ:なんだかヤバげな雰囲気!
デストロイヤードム:怖いドム
ザッパーザク:お願いだからおそうじしろってばよぉー!
エピオン:オマエ達……喰ラウ!
……ハァッ!
ゼロ:ウッ!
ウッ!ウッ!ウッ、ウッ!
エピオン:エイッ!エイッ!オオッ!エイッ!
……エイ……ヤァッ!
ゼロ:ウ……ダァッ!
シュウト:うわああ!
炎の武者爆熱丸:おおっと!
キャプテン:ウッ!
シュウト:なんて速さだ!
キャプテン:あの機動性は、ガンイーグルに匹敵する!
爆熱丸:また来るぞ!
シュウト:ウワアアア!
キャプテン:シュウト!危ない!
エピオン:(唸り声)
キャプテン:ウッ!ダァッ!
シュウト:キャプテーン!
エピオン:ハッ!ウガァッ!ガァッ!フン!
ゼロ:エエイッ!
エピオン:ダァッ!
ゼロ:……ウウッ、アアッ!
エピオン:……オマエ達、喰ラウ!
T様ファンのザコ:T様じゃないけど、アイツ強いザコー!
ザコ1:ガンダムを倒すザコー!
グフ:アレなら、ひょっとして、ガンダムフォースとの共倒れが期待できるかも!
ドム:かも、かも!
ザッパー:(オイコラ!おそうじしろってばよ!
無視すんなよオマエら!
相手してくんないとな、すねるぞー!)
元気丸:うるせえな!いったい何の騒ぎなんだよ!
ザッパー:(おそうじってのはな、とっても大切なんだ!
おそうじするとな、体も心も清らかになるんだよ!
オレを見てみろオレを!なあ?なあ!?)
グフ:フハハ、聞いておどろけ!ついにこの艦を乗っ取る日が来たようだぞ!
元気丸:ああ?
ザッパー:話聞いて……!エッ?
ザコたち:ザコザコザコザコ……?
エピオン:オマエ達、喰ラウ!
ザッパー達3人・ザコ:ギャー!
ザッパー:ウッソー!
元気丸:はぁ?
虚武羅丸:ム!この尋常ならざる邪悪な気配!
虚武羅丸:いかねば!
ザコたち:ヒィー!ザコー!
ザッパー・グフ:な、なんだ!
元気丸:フン!
ザッパー達3人:うわあ!
元気丸:ウ!なんだ!?
エピオン:喰ラウ!
元気丸:うわっ!
元気丸:うう……冗談じゃねぇぜ!クッ!
キャプテン:ウ!
シュウト:ああっ!
爆熱丸:元気丸!
元気丸:うう……ググ、グウウ……ッット、ハァッ、ハァッ……!
元気丸:ハッ、ハッ、ハッ……うわあ!
エピオン:喰ラウ!喰ラウ!
元気丸:オイラなんか喰ったってうまかねえぞ!
来るなー!
元気丸:ハッ!
エピオン:ガァッ!?ガァッ、ワァッ!
虚武羅丸:フンッ!
エピオン:グウッ……
元気丸:ううん?……わぁ!
虚武羅丸:今……この小わっぱに死なれては、任務が果たせんのでな
エピオン:(唸り声)
爆熱丸:……ええい、好き勝手にしおって!
剣風……天驚剣……!
シュウト:フワアア!?
キャプテン:いけない!
爆熱丸:ンー……!テヤッ!タァッ!
元気丸:わ……ヨッと!
虚武羅丸:ハッ!
爆熱丸:どうだ!思い知ったか!
シュウト:ダメじゃない!爆熱丸!
爆熱丸:……え?
……ああっ!
シュウト:アアアアーッ!
爆熱丸:しまったー!思わずやってしまったー!
キャプテン:ライミさん
ライミ:「ハイ、最大出力で脱出します」
ライミ:「安全圏への到達まで、あと30秒」
ゼロ:なんとか……持ち堪えてくれ……!
……ウッ!
エピオン:ウグゥア!
ゼロ:フッ!
エピオン:グゥ!エイッ!ヤァッ!ウオッ!タアッ!
ゼロ:エイッ!エイッ!エイッ!
……ウワアアアーッ!!
アアッ!……
キャプテン:ゼロ!
シュウト:ゼローッ!
ゼロ:ウ、ウ……アアッ!?
エピオン:(唸り声)
爆熱丸:まずい!
シュウト:ゼーローッ!!
ゼロ:ウ……ア……ア……
エピオン:喰ラウ!……喰ラウ!喰ラウ!
ゼロ:私は……私は、こんな所で……!
ゼロ:……こんな所で倒れるわけにはいかない!
エピオン:ウウ……
エピオン:ウッ!
ゼロ:あれは!
爆熱丸:ああ……
シュウト:まさか!
フェザードラゴン:(咆吼)
爆熱丸:おおーッ!おおーッ!
シュウト:フェン!
キャプテン:このミノフス境海にいたのか
ゼロ:……フェン!
エピオン:ガッ……!フンッ!
ゼロ:ウ……ウオオオオッ!!
ゼロ:フェン!
ラクロアを救うために、いま一度、お前の力を貸してくれ!
シュウト:わあー!
エピオン:マバユキ精霊竜……喰ラウ!
闇の騎士デスサイズ:そう……凶戦士エピオンの力ならば、必ずやゼロを危機へと追い込む……
思ったとおり現れたか、精霊竜
我の欲する真の力よ!
ゼロ:ツインバスターソード!
ゼロ:オオオオォッ!!
エピオン:ウオオッ!フンッ!デイッ!エイッ!
ゼロ:ッ!エイッ!エイッ!!
ゼロ:エエイッ!
エピオン:デイッ!ハッ!ハッ!
ゼロ:ウッ!ウッ!ハァッ!
シュウト:ハッ、ハッ、ハッ……がんばれ!ゼローッ!
ゼロ:エエイッ!……グッ!
エピオン:ウッ!
ゼロ:エイッ!
エピオン:エイッ!
ゼロ:アアッ、ウッ!
エピオン:ダァッ、フン!
ゼロ:……アアッ、逃がさん!
エピオン:グウッ……
ゼロ:何ッ!?ウッ!
シュウト:変形した!
キャプテン:双頭の竜!
爆熱丸:あれが奴の本当の姿か!
エピオン:(咆吼)
デスサイズ:ワイバーン・エピオン……
今こそ精霊竜の力を、我が元へ……
エピオン:(咆吼)
ゼロ:ウウッ!ウワッ!
エピオン:(咆吼)
ゼロ:アアッ……
エピオン:我、帰還ス……!
ゼロ:ウウッ!ウ……ウワアッ!アアッ!ア!
シュウト:ゼロが!
爆熱丸:奴め!あの魔法陣で、ゼロを連れ去る気か!
キャプテン:ライミさん!
ゼロを追って、ガンダムサイも魔法陣へと、突入!
ライミ:「了解!」
爆熱丸:ム!
シュウト:ウウ……ウッ!
元気丸:今度はなんだ!!
グフ:オイオイ!どこへ行こうってんだよ!
ザコたち:ザコザコザコザコザコ……!
ドム:オイー!
ライミ:「機関出力、臨界を越えます!」
シュウト:がんばって!ガンダムサイ!
キャプテン:ここで彼等を見失ったら、また次元の彼方に離れ離れだ!
爆熱丸:そうだ!いっけえーッ!

 

エピオン:(咆吼)
ゼロ:ウッ……どこだ!この世界は……
アアッ!?
シュウト:ああ……
爆熱丸:オオッ!
シュウト:あれは……!
シュウト:まさか……ここって……
キャプテン:ああ……99.89%の確率で、間違いない
エピオン:(咆吼)
ゼロ:ウ……アアッ!
……ア……アア……
ゼロ:……あれは……ラクロア城!
エピオン:(咆吼)
ゼロ:ここはッ!ラクロアなのか!
ゼロ:ウッ!あれは!
ゼロ:姫!リリ姫ッ!
デスサイズ:ンッフフフフフフ!来たか……
ゼロと融合したフェザードラゴン……
ゼロ:貴様!デスサイズ!
デスサイズ:全ては我が意のままに成れり!
……フッハハハハハ!ハッハハハハハ!
エピオン:(咆吼)
ゼロ:姫!……姫ーッ!!
ザッパー:なんか……揺れてる!
グフ・ドム・ザコたち:ウワワワワワ!
元気丸:おい!……この艦(ふね)……落ちてってるぞ!
ライミ:「ガンダムサイ、エンジン、推力が低下しています!」
爆熱丸:なに!
キャプテン:エンジンに無理をさせすぎたか
シュウト:ゼロ!
ゼロ:ウウッ!姫ー!
エピオン:(咆吼)
ゼロ:アアッ……ウウッ!
邪魔をするな!
エピオン:喰ラウ!喰ラウ!
シュウト:ウワアアッ!ぶつかっちゃうよー!
ライミ:「総員、何かにつかまってください」
ドム:アアー?
グフ:何かにーって……オオーッ!
ザッパー:オー!
ザコたち:ザコザコザコザコザコ……!
元気丸:ウワー!ウウッ、ウ!
ザッパー・グフなど:ワー!
ドム:横倒しーッ!
ザッパー:ヤッパリドックは無理だよ!
ドム:ダメ!ダメ!ダメ!
ザッパー・グフ・ドム:ワー!
元気丸:わー!
虚武羅丸:ム!
元気丸:ウウ……ググ……
元気丸:ウワアア!!
虚武羅丸:いかん!ハッ!
シュウト:元気丸が!
爆熱丸:俺に任せろ!テヤァッ!
シュウト:うわあッ!
キャプテン:爆熱丸!
シュウト:爆熱丸ーッ!
ゼロ:エイッ!
エピオン:トヤァ!デエイッ!ダァッ!ヘアッ!
……トァッ!トァッ!エイッ!
ゼロ:ウッ……エイッ!エイ!
エピオン:ウッ!ウッ!トァッ、タッ!テヤッ!テヤッ!
エピオン:道をあけろ!私は……私は、姫の元へ!
ウ……ウウ……
エピオン:テヤッ!
ゼロ:アアッ!
エピオン:(咆吼)
ゼロ:ウウッ!ウウ……ウオオオオオッ!!
ライミ:「ガンダムサイ、これより不時着します」
シュウト:ああっ!ゼロが……
キャプテン:ライミさん、主砲発射準備!
ライミ:「了解」
キャプテン:目標、双頭の竜、エピオン
エピオン:グッ……ウウ……!
キャプテン:ファイヤー!
シュウト:ウワッ!
エピオン:(咆吼)
ゼロ:今だ、力を貸してくれ!フェン!
ゼロ:超精霊魔法……インフィニティ・ウィンズ!
エピオン:(咆吼)
シュウト:わー……これって、エピオンがンンになっちゃったの?
ゼロ:そのとおりだ、シュウト
シュウト:ああ!
ゼロ:精霊は、決して滅びることはない
エピオンもグリフォンも、ンンとなって還(かえ)ったんだ
大地へ……森へ……ラクロアの自然へ
フェザードラゴン:(咆吼)
ゼロ:そして私も……ついに帰ってきた
シュウト:……ゼロ!
キャプテン:ウン
ゼロ:ここは……私の故郷、ラクロア……
ゼロ:そう……今度こそ、このラクロアを救うために、私は帰ってきたのだ!
ザコ3人:「ザコザコアワー」
ザコ赤:えー、みなさん、こんにちは!
ザコ青:はいドウモ!
ザコ黄:あーオイッス!
ザコ赤:本日のミーティングは?
ザコ3人:「凶戦士・エピオンとは何だったのかー!」
観客ザコ:(歓声)
ザコ赤:です!
ザコ黄:ンーなんだかいつもとステージがちがうザコ
ザコ赤:緊急事態だから仕方がないザコ!
ザコ青:でもこーんな洞くつでどうやって映像を映すザコ?
ザコ赤:ンーこうするザコー!おいっと!
ザコ黄:だーイテー!
ザコ青:オーこれが凶戦士エピオン!
ザコ赤:イヤイヤイヤイヤ!これは魔剣エピオン!
ザコ青:まけん?
ザコ赤:そう!こっちが凶戦士エピオン、よく見るとシッポがさっきの魔剣と同じザコ
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよー!
魔剣が、トールギス様を食べちゃって!でもって凶戦士になったんですよ!
そして、実は、凶戦士エピオンからワイバーンエピオンに変形するんですよ!
まったくビックリコックリなんですよ
泡立て器ザコ:T様~!ついに念願のガンダム顔になれたザコね~!ンー!おめでとうザコ~!
ザコ3人:ガンダム顔……?
ザコ赤:あいつT様のファンだったからなー
ザコ青・黄:ウン……
ザコ黄:あれー?ところで凶戦士エピオンってガンダム?それとも精霊?
ザコ3人:オオッ
ポーンリーオー:答えましょうポーン!
ザコ3人:ダー!
ポーンリーオー:ここはラクロア、私のテリトリー!
あなた方にはまったくわからないこと私にはわかるんです!
ザコ3人:何か引っかかる言い方ザコねー!
ポーンリーオー:それでは!先ほどの質問にお答えしましょう
エピオン、そう、あれはガンダムでも精霊でもあるのです
ザコ青:ちょーっと待つザコ!ガンダムと精霊は合体できるザコ?
ザコ黄:あー、てゆうか、そもそもガンダムって、なぜガンダムっていうザコ?
ポーンリーオー:お答えしましょうー!
体がガンダミウムでできてるからガンダムっていうポーン!
ザコ3人:なーるほど!
ザコ青:じゃあよぉ、一つ聞くが、何で精霊とガンダムは合体できるんだぁ?
ポーンリーオー:エー?えーとえーと、きっと精霊もガンダミウムでできてるポーン!
ザコ赤:ンー確かに!
そう考えれば筋が通るような……
するとー、あれもこれもガンダム
ザコ青:これもガンダムー?
ザコ赤・青:……なんか違うような……
ザコ黄:アでもでもでもー!これもガンダムだしー、精霊ザコよー!
ザコ3人:ンー……何かが違うような……
ポーンリーオー:あのさぁ、君たちあんまり悩まない方がいいポーン、どうせわからないだろうし!
ザコ3人:なんかムカつくー!
ザーコキーック!!
ポーンリーオー:オー!?ポーン!
ザコ3人:よーし!悩みを乗りこえるザコー!
観客ザコ:(オー!)

 

シュウト:ラクロアについたぼくたちは、石になってる姫を助けに向かった
だけど、そこにはデスサイズが!
次回、SDガンダムフォース「奪還!呪われしラクロア姫」