アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第34話 黒き衣のラクロア姫

SDガンダムフォース 第34話 黒き衣のラクロア姫

SDガンダムフォース 第34話 黒き衣のラクロア姫

 

SDガンダムフォース 第34話 黒き衣のラクロア姫

 

シュウト:ぼくはシュウト!
ラクロア城に向かったキャプテン、ゼロ、ぼくはポーンリーオー達やデスサイズの分身魔法と戦って、それを撃退した。
ついにぼくたちは、ラクロアの姫を助け出し、白バグバグを使って石化を解くことに成功したんだ!
やったね、ゼロ!
姫さまカワイイ~!


シュウト:「黒き衣のラクロア姫」


リリ姫:私(わたくし)が、リリジマーナ・ミヤ・ド・ラクロアです
以後よしなに
ゼロ:姫、この者達が、姫の命により異世界より連れて参りました、新しき仲間です
シュウト:ぼく、シュウト!
キャプテンガンダム:私は、キャプテンガンダムです
リリ姫:ありがとう皆さん、よくぞ、私を助け出してくださいました
ゼロ:姫、あと1人、爆熱丸という天宮(アーク)の武者がおりましたが……
回想:爆熱丸:「ヌオッ……ククッ……」
回想:爆熱丸:「ナァッ!」
回想:爆熱丸:「当たり前だ!」
回想:フェン:「フェーン!」
回想:けい子:「まあ!」
回想:爆熱丸:「おいでー!」
回想:元気丸:「このー!変態野郎!」
回想:爆熱丸:「誰が変態だぁーっ!」
回想:爆熱丸:「ああっ……」
回想:デストロイヤードム:「横倒しー!」
回想:元気丸:「ウワー!ウウッ、ウ!……ウワー!」
回想:シュウト:「元気丸が!」
回想:爆熱丸:「俺に任せろ!テヤァッ!」
回想:シュウト:「うわあッ!」
回想:キャプテン:「爆熱丸!」
回想:シュウト:「爆熱丸ーッ」!
ゼロ:……不調法者ゆえ、捨てて参りました
シュウト:捨ててきたーっ!?
ゼロ:ウム!
シュウト:ひどいよゼロ、捨ててきたなんてー!
ゼロ:あのような熱苦しいヤツを我が姫の御前(ごぜん)にはおけぬ!
美しい姫には私のように美しい騎士(ナイト)がふさわしいのだ!
シュウト:爆熱丸だって、ずっといっしょにがんばってきた仲間じゃない!
そりゃあ確かに、ちょっと熱苦しいところもあるけど……
ゼロ:そうだろう?
キャプテン:しまっておこう
リリ姫:あ、いけません!
ゼロ:エ?
シュウト:そうだよね!仲間を捨ててきたなんて言うのはいけないよね!
リリ姫:え?……ええ!
アハ……
リリ姫:……そうです、いけませんね……ウフフ……
ちょっと気分が。着替えてきます
ゼロ:姫、お供をー!
リリ姫:大丈夫です
リリ姫:う……ハァ……
ゼロ:石化が解けたばかりで、姫もお疲れなのであろう
シュウト:はー……
デスサイズ:「これぞまさしく石化解除の白き虫
よいか、何としてもその虫を手に入れるのだ
くれぐれも……気づかれぬようにな」
リリ姫:はい……偉大なるデスサイズ様
デスサイズ:姫……
おお、麗しく青きバラたる我が伴侶、リリよ
伝説のミノフスの海よりもたらされし小さき力、石化解除の白いバグバグが、もうすぐ手に入るぞ……今しばらくの辛抱だ……
ライミ:「あと5時間以内に、エンジンの応急修理完了します」
キャプテン:了解だ、ライミさん
キャプテン:キャプテンガンダム、定時偵察、いきます!
リリ姫:着替えてきました
ゼロ:オオ……!
シュウト:うわあ……!
リリ姫:どうです?私には黒いドレスの方が似合いませんか?ウフッ!
ゼロ:勿体ない!何を召されてもお美しい限り……
リリ姫:手を
ゼロ:ハハッ!……ン?
ウッ!ムムムム……オオッ!?
リリ姫:手を
シュウト:ああ?……
ゼロ:シュウト!手をお預かりするのだ!
シュウト:う、うん……
ゼロ:さあ、姫、こちらへー!……アアッ!
リリ姫:私はこちらで
シュウト:はい
ゼロ:ひ、ひ、姫……
リリ姫:ン……キャプテンがいないようですが……
シュウト:ああ、キャプテンなら、偵察に出てるよ
デスサイズが姫を取り戻しに来るかもしれないからさ!
リリ姫:デスサイズ!
ゼロ:……我がラクロアを滅ぼした張本人は、トールギスにあらず!
闇の騎士(ナイト)、デスサイズだったのです!
映像:五賢人:「我らに力を与え給え……
マナよ、マナよ、マナよ……」
映像:リリ姫:「異世界の仲間と石化解除に秘法を見いだし、ラクロアを救うのです!」
映像:ゼロ:「姫ぇーッ!!」
映像:ゼロ:姫に転送された私は、異世界ネオトピアでダークアクシズの脅威を説き、S.D.G.という組織を結成させ、その2年後、全てが始まったのです
映像:女性オペレーターB:「ネオトピア港湾部、T7エリアに、ダークアクシズ出現です!」
映像:ハロ長官:「やはり出てきたか!」
映像:ゼロ:「この美しいワタクシめが全て解決してご覧に入れます」
映像:シュウト:「これならダークアクシズなんて怖くないぞ!
ウワッ!」
映像:ガンバイカー:「ワシも忘れるでないぞ!」
映像:ジュリ:「初出動よ!ウフッ!」
映像:ゼロ:「こちらのダメージにつけ込むとは、美しくないぞ!ダークアクシズ!」
シュウト:ええー?ゼロがS.D.G.を作らせたのー?
ゼロ:そのとおり!そして案の定、ラクロアと同じくネオトピアにも、ダークアクシズが侵攻してきたのです
映像:ゼロ:「爆熱丸!私達で片付けるぞ!」
映像:ゼロ:「エエイッ!」
映像:ゼロ:「超魔法!ヴァイオレット・トルネード!」
映像:パープルドーガ:「これならどうです!」
映像:ゼロ:「フッ……美しくない!」
映像:ゼロ:「ラクロアン・クレセント!」
映像:パープルドーガ:「グワッ!
わ、私がやられるなんて……!」
映像:ゼロ:「何ッ!」
映像:コマンダーサザビー:「お前たちの力はその程度か!」
映像:ゼロ:「エイッ!ウウッ!エエッ!」
映像:爆熱丸:「デイヤーッ!」
映像:ゼロ:「ヤアッ!」
ゼロ:こうして、私がネオトピアを救ったのです!
シュウト:これじゃあ、まるでゼロ1人が活躍したみたいじゃない!
ゼロ:まあキャプテンやシュウト、それに爆熱丸にも、少々手伝ってもらったがな!
シュウト:ハァ……
ゼロ:ネオトピアを出発した我々は、伝説のミノフスの海へと迷い込み、宿敵トールギスと3度相まみえることとなりました
映像:ゼロ・トールギス:「エエイッ!」
映像:トールギス:「エイッ!エエイッ!」
映像:ゼロ:「フッ!フッ!フッ!ウウッ!エィッ!ウッ、ウッ!」
映像:トールギス:「ハッ!ハッ!ハッ!テアッ!ハッ!タアッ!」
映像:ゼロ:エイッ!
映像:凶戦士エピオン:エイッ!
映像:ゼロ:アアッ、ウッ!
映像:エピオン:ダァッ、フン!
映像:ゼロ:「インフィニティ・ウィンズ!」
映像:ゼロ:「ウッ!フッ!」
映像:ゼロ:「ディスペル・ソード!」
映像:ポーンリーオー:「ポーン!」
映像:ゼロ:「姫……
御前(ごぜん)に戻って参りました……」
映像:デスサイズ:「それでは始めようか……」
映像:ゼロ:「これがラクロアの希望!」
映像:ゼロ:「エエイッ!」
映像:デスサイズ:「ウワアアッ!アア……」
映像:リリ姫:「ン……あら……?」
ゼロ:このようにしてワタシめが姫をお救いしたのでございます
リリ姫:ご苦労でしたゼロ、ところで
ゼロ:は?
リリ姫:ワタクシの石化を解いたあの白いバグバグは、どのように手に入れたのですか?
シュウト:ああ、あれはね、キャプテンがキャプテンシステム……
ゼロ:アア!アア、あれはですねー!
ラクロアのけなげな三つ子と、フェザードラゴンの力により、元のバグバグを変異させたのです
映像:コア:「精霊の卵が……真の主(あるじ)をしめしているんだ……」
映像:フェン:「フェーン!」
映像:シュウト:「フェン……どうなっちゃったの?」
映像:ゼロ:「わからない……」
映像:シュウト:「ああっ!」
映像:トールギス:「こいつがあの卵からよみがえった聖獣!」
映像:ゼロ:「伝説の聖獣……フェザードラゴン!」
映像:ゼロ:「シュウト!早くキャプテンに!
ああっ、フェンの羽が!」
映像:ゼロ:「ああ、姫……ついに!」
ゼロ:我が姫のためとはいえ、このゼロも苦労いたしました!ハッハッハ!
シュウト:ゼロったら……ん?
キャプテン:偵察から帰還した、周囲10kmに敵影なし
ゼロ、交代を頼む
ゼロ:え?……お、おい!
キャプテン:私はエネルギーのチャージが必要だ
ゼロ:姫をおいていくわけにはいかん!
リリ姫:私なら、大丈夫
ゼロ:エエ!?
シュウト:ほー?
シュウト:なんでぼくまで行かなきゃいけないのー?
ゼロ:姫に粗相(そそう)があってはいかんからナァ
シュウト:どういう意味!
リリ姫:よしなに、ウフッ!
……ム!
キャプテン:ライミさん、エネルギーのチャージを頼む
ライミ:「了解」
リリ姫:フッ……ウフッ……

 

ゼロ:ちゃんと見張っておけよー!
シュウト:わかってるよー!
……ハァ……
リリジマーナ・ミヤ・ド・ラクロア……リリ姫か
……カワイイな……
リリ姫:……ン……
……ンフッ……ウフ!アハハッ!
……よく寝てるわね……
リリ姫:ン……ン……あら?あ……
どうすれば開くのかしら……
キャプテン:くすぐっているのですか?
リリ姫:え!?
キャプテン:だとしたら、くすぐったがって笑うのが正しい反応ですね
リリ姫:エ……エ……?
キャプテン:では。
ッハハハハハ!ハハハハハ!ハハ!ハハハハハ!ハハハハハ!ハハハハハハ!……
リリ姫:……キャアアアアアア!!!!
シュウト:リリ姫!?
ゼロ:大丈夫ですかあああっ!!
キャプテン:すまない、笑い方に不備があったらしい
シュウト・ゼロ:はあ……?
映像:キャプテン:「ハハ!ハハハハハ!ハハ、ハハハハ!」
映像:キャプテン:「ニコッ!エーン!うわあ!ムッ!」
映像:シュウト:「あ、ああ、あ……」
映像:ポーンリーオー:「ポーン……」
映像:キャプテン:「どうだ、驚かない?」
映像:シュウト:「え、いやあ……おどろいたよ、スゴーイ……」
映像:キャプテン:「良かった!」
映像:キャプテン:「オマエになぞやられるものかー」
映像:爆熱丸:「おのれ小癪な!トォレ!」
映像:キャプテン:「わーやられたー、ムネンなりー」
映像:爆熱丸:「だっはっはっはっは」
映像:爆熱丸:「次でキめるぞ!」
映像:キャプテン:「了解
オマエなどにやられるか、オマエなどにやられるか」
シュウト:ね?キャプテンもこーんなに表情豊かになったんだよ?
ゼロ:ムムムム……
リリ姫:騎士とは違うのですね、ネオトピアの機械人形は……
キャプテン:もっと感情表現を研究する必要があるな
シュウト:ウン!でも、リリ姫、なんでキャプテンをくすぐったりしたの?
リリ姫:エッ?そ、それは……その、あの……ウ……
少し、気分が。
ゼロ:姫!
シュウト:大丈夫?
リリ姫:エ、エエ!大丈夫!
……ハァ!
リリ姫:アァ……
困ったわ……このままでは白バグバグを、手に入れられない!
いったいどうしたらいいのかしら……
シュウト:あのー……
リリ姫:ハッ!……あ、あら、シュウト!
シュウト:リリ姫、本当に大丈夫?
リリ姫:え、あ、ハイハイ!
大丈夫です、ほら、このとおり!ウ、フフ……
シュウト:アッハハ!よかった!
ちょっと、心配しちゃった
リリ姫:ア……でも……本当は悲しいのです
シュウト:え、どうして?
リリ姫:確かに私は石化が解けました、けれど、ラクロアの人々は未だ石にされたまま……
シュウト:リリ姫……
リリ姫:早くみなを元に戻し、平和で美しいラクロアを復活させたいのです
シュウト!
シュウト:エエ?
あ、ウン……
リリ姫:力を貸してください……お願いします
あなたの力が、私には……必要なのです
シュウト:リ、リリ姫……
ゼロ:こおらあああああ!!!
シュウト:わあああ!!
リリ姫:アアッ!
ゼロ:ナニをやっとるんだぁ!シュウト!
シュウト:アワアワアワ……何って別にィ……アッ!
キャプテン:シュウト!無事か!
シュウト:キャプテン……!
キャプテン:……この表情は!
鼓動が上昇、体温も平均以上だ、顔面の一部に紅潮も見られる
シュウト:ふぇ……?
キャプテン:今のシュウトの表情は、この時と同じように見える
リリ姫:まあ……
映像:シュウト:「ハァ……ハァ……」
ゼロ:な、なんだ、これは……
キャプテン:うわあ!キャプテン!見てたの!?
映像:シュウト:「ンー……」
キャプテン:メモリーに残っていたのだ
映像:シュウト:「ムー……(高鳴る鼓動)」
映像:シュウト:「ウウ……うわっ!」
シュウト:わあー!見せちゃダメー!
キャプテン:シュウト、この感情は「恋」ではないのか?
シュウト:こ、恋~?
ゼロ:ムムムム……!?
シュウト:あ……ああ……
ゼロ:ムムム!
シュウト:ち、ちちちちがうよ!
そんなんじゃないってばー!
キャプテンのバカバカバカバカバカー!
リリ姫:そうです!違います!
シュウト:は?
キャプテン:ン?
リリ姫:私はシュウトに、ただお願い事をしようとしてただけです
ゼロ:お願い……ですか
リリ姫:ラクロア復活のために、私に白バグバグを渡してほしいのです
ゼロ:白バグバグを?
シュウト:そう……だったのか、ハ……
キャプテン:では、これを
キャプテン:どうぞ
シュウト:あ、アアッ!?
ゼロ:さすが我が姫!この白バグバグの数を増やして、ラクロアを救ってくださるおつもりなのですねー!
シュウト:ゼロッたらぁー!
リリ姫:あ……白バグバグを増やす?
ゼロ:もちろん姫なら、その方法もご存じのはず!
リリ姫:え?
ええ!……では。
ゼロ:どうぞ
リリ姫:あ……
ゼロ:姫!
リリ姫:エエッ?
ゼロ:さっそく白バグバグの数を増やし、ラクロア全土をお救い下さい!
シュウト:お願いします!
リリ姫:ここでは無理です!
ゼロ:エエッ!
シュウト:エエ?
リリ姫:あ……アノ、その……
そう、英知の園でなら!
ゼロ:英知の園!この世の全ての知識を収めた、王家により封印されし禁断の聖地!
リリ姫:そうです、伝説の英知の園へ、私が案内します
ライミ:「エンジンと外装は、42.61%修理完了です
何とか航行できますよ」
ゼロ:では、英知の園へ向かって!
キャプテン:ガンダムサイ、発進!
シュウト:いっくぞー!
リリ姫:……よしなに
デスサイズ:ッフフフフフ!来い!我が元へ……
石化解除の秘法……持ってくるのだ!
ザコ3人:「ザコザコアワー!」
ザコ赤:みなさん、こんにちは
ザコ青:ハーイども!
ザコ黄:オイッス!
ザコ赤:本日のミーティングは
ザコ3人:「ラクロアって、こんな所だったのォー!」
ザコ赤:エー、です!今日もまた、ラクロアの洞窟からお伝えするザコ
ザコ青:ンーしかし、いつになったらガンダムサイに戻れるザコ?
ザコ黄:ダークアクシズに帰りたいザコー!洞窟ばかりで飽きたザコー!
ザコ赤:落ち着くザ・コ!
ザコ黄:ザコ!
ザコ赤:確かにミノフス境海からエピオンの魔法陣をとおって、怪しい城にでたと思ったら、アーッという間に穴の中ザコ
ザコ黄:ラクロアってもっとステキなところだと思ってたザコー
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよ!ザコたちの嫌いな、草や木が石化しているのは、嬉しいんですけどねー
ザコ赤:うーん、こーんな穴だらけの殺風景な世界だったとは……ハァ、がっかりザコ
ザコ青・黄:ザコザコ
ザコ3人:ああ……
ポーンリーオー:ポーン!お答えしましょうポーン!
ザコ赤:また出た!
ポーンリーオー:以前のラクロアは、たくさんの木々に覆われた有機物タップリの世界だったポーン!
ザコ3人:ゲー!
ザコ赤:気持ち悪いザコー!
ポーンリーオー:しかーし、今は亡きトールギス様が騎士ガンダムや人間からこの地を奪い、バグバグを使って石化した死の世界に変えたポーン
泡立て器ザコ:やっぱりT様はーカッコイーザコーォ!
ザコ赤:……あいつ、T様のファンだからな
ポーンリーオー:ところが!そのトールギス様も実は、ある方に利用されていたのだポーン!
泡立て器ザコ:フエッ!?
……T様が利用されていたザコ?
誰がそんなコトするザコ!
……許さないザコ!
だれザコ?だれザコ?だれザコー!!
デスサイズ:……伝説のミノフスの海よりもたらされし小さき力、今こそ我が物と……
ポーンリーオー:そーです!トールギス様を利用していたのは、このデスサイズ様ポーン!
ザコ3人:オオー!
泡立て器ザコ:そ、そんな……T様を利用するなんてースルナンテースルナンテー……
デスサイズ:我が愛しの青きバラよ……今しばらくの辛抱だ……
ザコ3人:オオーッ!!
デスサイズ:ハッ!
泡立て器ザコ:……デスサイズ様……カーッコイーかもー!
ザコ3人:浮気したなザコー!
ポーンリーオー:アそれでは、ワタシもこの辺でー……ポーン!
ザコ3人:ワア!
ザコ赤:明日みんなで出口を探すザコー!
ザコ3人:ファイトー!
観客ザコたち:「オー!」
泡立て器ザコ:デスサイズ様ー!またねー!

 

シュウト:姫が助かったのはよかったけど、ガンダムサイから落ちた元気丸や爆熱丸はどうしてるんだろう
次回SDガンダムフォース「天下一等!元気丸~っ!の巻」