アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第36話 おにぎりと英知の園

SDガンダムフォース 第36話 おにぎりと英知の園

SDガンダムフォース 第36話 おにぎりと英知の園

 

SDガンダムフォース 第36話 おにぎりと英知の園

 

シュウト:ぼくはシュウト!
ラクロアについたぼくたちは、石化されていたリリ姫を助け出した
だけどその途中、元気丸や爆熱丸が、ガンダムサイから落ちてしまったんだ
大丈夫だと思うけど、今ごろどうしているんだろう、いったいどこにいるのー?
ぼくたちは、白バグバグを増やす方法を見つけるため、伝説の英知の園という場所に向かってる
必ず合流できるよね!


シュウト:「おにぎりと英知の園」


シュウト:姫ー!姫ー?ひーめー!
おっかしいなあ、どこ行っちゃったんだろう……
姫ー!ひーめー!
リリ姫:はい、デスサイズ様、計画は順調に……石化を解く白いバグバグも手に入れました
デスサイズ:「よくやった、未だ気づかれてはいまいな?」
リリ姫:はい、この艦(ふね)は英知の園へ向け……
シュウト:あ!いたいた、姫!
リリ姫:アッ!
シュウト:どうしたの?こんなところで
リリ姫:あ、あの……
シュウト:ああ、ひょっとしてまた、迷っちゃった?
リリ姫:ええ、そうなんです、ああ……
おなかが、空いてしまって……それで何か食べ物を頂きに行こうと思ったのですが
シュウト:ええ!大丈夫?
リリ姫:ええ、まあ……
シュウト:あ、そうだ!いいこと思いついた!
翼の騎士(ナイト)ゼロ:ムゥ……ウーム……
キャプテンガンダム:追っ手はないようだな
ゼロ:ウーム!修理の状況は!
ライミ:「65.25%まで完了、24時間以内に、完全な状態に戻ると予測されます」
ゼロ:それまでデスサイズが黙ってるとも思えんが……
キャプテン:警戒を続けよう
ところで、リリジマーナ姫は?
ゼロ:シュウトが見ていてくれてるのだが……
ウーム、こんな状況でなければ私が姫のお世話をするところをー!あああ、心配だー!
姫に、何か無礼があったらどうしよう……
あああ!居ても立ってもおられんー!
キャプテン:……
シュウト:それでもないこれでもないこれでもない
アアー!どれだどれだどれだー!
リリ姫:あの、本当にもう結構ですから……
シュウト:いいからいいから、待っててね!
今とっておきのごちそう作るから!
わあ!アイタ!ああ……ウ……うわ!
クソッ、元気丸の仕業だなー!
イメージ:元気丸:「ベロベロベー!」
シュウト:クーッ!負けるもんかー!トリャア!クソ!
あー、イテテテテ!イテ!
リリ姫:あのー……
シュウト:あ、クソ!元気丸めー!
コレでもないコレでもない……アイテテテ!イテ!イテーよソコちがうってー!これじゃないあれじゃないー!
リリ姫:ウフッ!ウフフ!
キャプテン:少し、機械室の様子を見てくる
ゼロ:わあ待て!私も行く!
ゼロ:やはり姫のことが心配だ!
今ごろきっと、不自由な思いをなさっているに違いない!
あのような高貴な女性のお相手とは、誰にでもできるものではないのだ!
キャプテン:そういうものなのか?
ゼロ:そーなのだ!
やはり私のように騎士(ナイト)道を極めた者が姫のお側には絶対に必要……
シュウト:ヘヘ、ヘヘヘ……それでね、ゼロったら……!
リリ姫:まあ!ウフフフ!
シュウト:アハハハ!
ゼロ:シュウト、何をしてるのだ!
シュウト:ハァ?エヘ!ないしょないしょ!
リリ姫:ゼロ、ご苦労様です
シュウト:エヘ!
ゼロ:ウオッ!!あ、あ……
キャプテン:ゼロは必要ないようだな
シュウト:エッ……よっと……はっ……ふっ……
できたー!はい!
リリ姫:ああ……あの……これは?
シュウト:おにぎりっていうんだ、どうぞ
リリ姫:あ……おにぎり……
シュウト:そう!おいしいよ!ハグ!ングング……
わあ、おいしい!ングング……
リリ姫:あ……
シュウト:はー、われながらいい出来!本当はママが作ったのが一番おいしいんだけどね
リリ姫:ママ……おかあさんですか?
シュウト:うん、ネオトピアと連絡つかなくなっちゃったから、ママ、心配してるだろうな……
回想:シュウト:「たかいたかーい!」
回想:ナナ:「アハ!アハ!」
回想:シュウト:「たかいたかいたかーい!」
回想:ナナ:「アウー……」
回想:マーク:「ハッハッハッハ」
回想:けい子:「ほおら!」
回想:けい子:「あら!みんなで出かけるの?」
シュウト:パパやナナも元気にしてるかな……
リリ姫:大丈夫。
シュウト:え?
リリ姫:大丈夫!きっと、みんなの元へ帰れますよ
シュウト:……うん!そうだよね!
リリ姫:フフ……うん!
シュウト:フフ……実はね、ぼくラクロアにも友達がいるんだ
回想:シュウト:「なんとかならないの!」
シュウト:それで、その子たちにも約束したんだ、いつかネオトピアの食べ物をごちそうしてあげるって
だから、絶対にラクロアを、元の平和な世界に戻さなきゃいけないんだ!
大丈夫!きっと、全部うまくいくよ!
姫も絶対にしあわせになれる!
ぼくもキャプテンも、みーんな、仲間だからね
リリ姫:そう……そうですね……
ゼロ:「姫、ブリッジへお越し下さい」
シュウト:どうしたの!?
ライミ:「指定の座標に近づきました」
ゼロ:ここからは、案内をお願いいたします、姫
リリ姫:う……
ゼロ:おお、あれは!
キャプテン:足跡のように見える
ゼロ:そんなことはわかっている!
私が言いたいのはだなあ!
リリ姫:足跡です
ゼロ:ハ!?
シュウト:ええっ?
ゼロ:た、確かに、足跡ですが……
リリ姫:9、10、11、12、13……あそこ、
あの中に下ろしてください
シュウト:行こう!キャプテン
キャプテン:了解
シュウト:うわー……
シュウト:本当にこんな所に何かあるの?
リリ姫:あそこです
シュウト:んー?
シュウト:エエッ!こ、ここが?ハー……
……柱、だけ?
ゼロ:姫、これはいったい……
キャプテン:ム!
ダークポーンリーオー:「ポーン!」
キャプテン:ウ!
シュウト:ああっ!
キャプテン:危ない!
ゼロ:ウッ、何!?
ダークポーンリーオーたち:ポーン、ポンポンポン……ポンポンポンポン!
キャプテン:シュウトはリリジマーナ姫を
シュウト:わかった、さ、姫!
リリ姫:ええ……
ゼロ:いくぞ!
キャプテン:ウム!
ダークポーンリーオーたち:ポ、ポーン!
キャプテン:フッ!
ダークポーンリーオーたち:ポーン!ポーン!
キャプテン:私は特例として、武装火器の使用を許可されている!
キャプテン:フッ!
ゼロ:ヴァイオレット・トルネード!
ダークポーンリーオーたち:ポーン!ポン、ポン!
ゼロ:フッ……美しくない者達だ、そのような姿、我が姫の前に二度と見せるな!
しかし、なぜこいつらがここに……
キャプテン:ハッ!
ダークポーンリーオーたち:ポーン!
キャプテン:ハッ!
ダークポーンリーオーたち:ポーン!ポン、ポン……
シュウト:がんばれー!キャプテン!ゼロー!
大丈夫、あんな奴らにキャプテンたちは負けやしないから!
ガンバレーィ!
リリ姫:アアッ!
ダークポーンリーオー1:ポンポーン!
リリ姫:ッ、危ない!
シュウト:うわっ……アアッ!
ダークポーンリーオー1:ポーン!
キャプテン:アッ!
ゼロ:姫ーッ!
ダークポーンリーオー1:ポンポーン!
ゼロ:姫ーッ!!
リリ姫:ウ……キャアーッ!!

 

シュウト:ああっ!
ダークポーンリーオー1:ポーン!
キャプテン:ウッ!
ゼロ:姫ッ!
ダークポーンリーオー:ポーン!
リリ姫:ウ……キャアーッ!!
シュウト:ウォーオオッ!!
ダークポーンリーオー:ポーン……オオッ!ウウ……
シュウト:エイッ!
ダークポーンリーオー1:ポ、ポ、ポーン!オオオ……
シュウト:大丈夫!?
リリ姫:ええ、シュウトさんも?
シュウト:平気だよ、こんなの!
キャプテン:ア……
キャプテン・ゼロ:ウム!
リリ姫:フフ……、う……
シュウト:ああっ!
リリ姫:英知の園を司りし、全知全能の神よ
封印されし知識の扉、今、我が前に開き給え!
シュウト:あ、あ、なに!じ、地震!?
キャプテン:いや、この揺れは……
シュウト:お、お、うわ、ウワー!あ、あ、ウウ……
ウワーッ!!
シュウト:ハァー、ああ……
ゼロ:こ、これは!
キャプテン:ここが……英知の園!
シュウト:すっごー……!
でも、手がかりったってどこを探せば?
キャプテン:とりあえず、手分けして探そう
シュウト:あ……ウン……
シュウト:ああ、ウウ……うわ!
シュウト:ウワー……
キャプテン:これは……文字のようだな
ゼロ:まさしく、古代の魔法文字だ
キャプテン:読むことは可能なのか?
ゼロ:いや、私でも全ては……
キャプテン:リリジマーナ姫は?
リリ姫:あ……私にも、全部は
シュウト:あれは?
ゼロ:この世界の、精霊達の序列を表した物らしいな
シュウト:ンンがいっぱいいる
ゼロ:上にいくほど位の高い精霊のようだ
シュウト:あ!……ねえゼロ、あれ、フェンだよね?
ゼロ:フェイゼラ……
うむ、間違いない、フェザードラゴンだ
シュウト:うわー、あんな上にいるなんて!
やっぱりすごいんだなー、フェンは……
あれ?あの精霊……ほら、フェンの隣に並んでいるやつ、フェンにそっくりだ
ゼロ:スティアラ……スティール……スティールドラゴン?
キャプテン:フェンと対(つい)になっているようだな
ゼロ:ああ、対等の力を持つということか
あのような精霊、聞いたこともないが
シュウト:その上にもう一体いる、あれが……いちばん強いって事?
ゼロ:らしいな、ス、スパイ……ウ、私には読めないが
リリ姫:スペリオルドラゴン……
シュウト・ゼロ:ンン?
ゼロ:スペリオル……ドラゴン?
キャプテン:ム?……エネルギー反応がある
シュウト:わー……でっかい扉……!
キャプテン:推定、18mの身長まで対応が可能だ
シュウト:ここにも、何か書いてあるよ
ゼロ:お読みになれますか、姫
リリ姫:ア……
シュウト:なんでここだけ壊れているんだろう……
ゼロ:何者かが侵入したのだろう、おそらくそれは……
シュウト:デスサイズ!
キャプテン:90.02%の確率で、間違いないだろう
シュウト:そうだね
ゼロ:行くしか……ないようだな
シュウト:どうしたの?
リリ姫:あ、あ……
シュウト:大丈夫、言ったでしょう?ぼくたちは仲間だって
ぼくたちが絶対、姫を守ってみせるから!
さ、行こう!
リリ姫:……
シュウト:ハ……うわー……
ゼロ:ここは……いったい……
シュウト:ああっ!
ゼロ:これは……!
キャプテン:ただのホログラムだ
シュウト:キャプテン!ゼロ!あれ!
ゼロ:姫!……フェン!
シュウト:これって……これっていったい……
リリ姫:ウ……
シュウト:ああっ!ああ……
ゼロ:まさか、あれは……スティールドラゴン!
ティールドラゴン:(咆吼)
デスサイズ:フッフッフッフ……ハハハハハ……!
ご苦労だったな、翼の騎士ゼロ、そして異世界の者達よ!
ゼロ:まさか……お前は!
デスサイズ:我が大願……今こそ叶えさせてもらう!
ザコ3人の声:「ザコザコアワー!」
お玉コックザコ:みなさーん、こんにちはー!本日のミーティングはぁ、
お玉ザコ:「英知の園って、いったい何なのよー!」
観客ザコの声:(歓声)
お玉ザコ:です!本日は、1人でお送りするザコ!
イヤイヤイヤイヤイヤ!それにしても、ラクロア城の近くから、ガンダムサイでずいぶん飛んできましたねー!
ディッ、ちがうんですよそーなんですよ!なんだかー、足跡みたいな所の上をー、飛んできたんですよ!
デェィッ、はいはいはいはーい!これは、すごく大きなガンダムが、歩いた足跡に違いないザコ!
デッ!てことはー、その大きなガンダムってー、ビグザムよりでかいザコーッ!
ゼィッ、ちがうんですよそーなんですよ!歩幅がメッチャ広いんですよー!
……ザコに歩幅はないザコ……
ゼェッ!でもでもでもー!昔々の出来事らしいザコー?
昔々の出来事ー?
ゼェッ!イヤイヤイヤイヤー!
エエッ!ちがうんですよそーなんですよ!
デェッ!でもでもでもでもでもー!
アガッ、イヤイヤイヤイヤ!
えーっと、ちがうんですよ、えーっと、そーなんですよ……うう……
ひ、1人でやるのは大変ザコー!
でもザコには、友達のエルメチュがいるザコ!
エルメチュ:エルメチュ!
お玉ザコ:もう1回!仲良く説明してみるザコー!
お玉ザコ:さあ!これが英知の園でーす!
エルメチュ:エルメチュ?
お玉ザコ:って!違うザコー……
だ、ダメザコ、エルメチュと一緒では、やっぱり上手く説明できないザコー!!
考えてみれば、エルメチュは友達だけどー、ザコソルジャーたる者、エルメチュに助けてもらっては、どこかで頑張ってるみんなに申し訳が立たないザコー!ウウ?
ザコ赤の声:「なんだ?うるさいぞー……カー?こちら!ザコソルー……!」
お玉ザコ:ウオッ!?まさかー、しばらく連絡がないと思ったらー!
ザコたち:「ザコー……ザコー……ザコー……!」
お玉ザコ:ああっ!遊んでるザコ!ムッキー!!
こっちが必死で仕事してるのにひどいザコー!こうなったら、1人でもがんばるザコ!
お玉ザコ:明日も!ファイト、オー!
エルメチュたち:エルメチュ、エルメチュー!
お玉ザコ:……やっぱりエルメチュは友達ザコ

 

シュウト:なんでもう1人姫がいるのー?
正体を現したデスサイズと、ついに最終決戦だ!
次回SDガンダムフォース「激突!闇のデスサイズ」