アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第38話 リリ姫、復活!

SDガンダムフォース 第38話 リリ姫、復活!

SDガンダムフォース 第38話 リリ姫、復活!

 

SDガンダムフォース 第38話 リリ姫、復活!

 

シュウト:ぼくはシュウト!
フェザードラゴンに守られたゼロが、ついにデスサイズを倒した
だけどぼくは、デスサイズの魔法で姿を変えられていた青いバラ……ラクロア姫じゃなかったけど、あの優しいリリを守ってやれなかったんだ
今、本物の姫を助け出したぼくたちは、謎の光に包まれた
一体どこへ飛ばされていくんだろう?


シュウト:「リリ姫、復活!」


シュウト、爆熱丸他:ウワアアアアア!
キャプテンガンダム:このエネルギーは、英知の園から放出されたものか!
翼の騎士ゼロ:姫!ゼロが必ず!お守りいたします故!
ザコソルジャーたち:ザコザコザコー……
シュウト:はぁー……ああ……
元気丸:はー……
ザコたち:ザコザコザコザコ……
ザッパーザク:くらっくら!
グラップラーグフ:のぁ……
デストロイヤードム:ドム……
ザコたち:ザコー……
爆熱丸:なにがなんだかさっぱりわからん!どうなってるんだぁー!
ザコたち:ザコー……!
全員:ミノフス境海~!?
シュウト:オットット……また……ここなのぉ?
キャプテン:これは、フェザードラゴンとスティールドラゴンの激突が引き金になった確率、89.75%
シュウト:次元転送装置、まだ直ってないよね?
キャプテン:うむ、脱出の方法を考えよう
ザッパー、グフ、ドム:我々は、とりあえず、撤収しまーす!
ザコたち:ザコザコザコザコ……
元気丸:おい!オマエら!
爆熱丸:待て元気丸!ずいぶん探したんだぞ
元気丸:ウヒ!なんだよ、勝手に逃げやがってー
爆熱丸:とにかく、無事で良かった
元気丸:大きなお世話だぁ!
虚武羅丸:……フッ……
ハッ!
シュウト:ンン……
爆熱丸:おお!
リリ姫:あ……
シュウト:アアー!
リリ姫:アアッ!
シュウト、キャプテン、ゼロ、爆熱丸:あっ!
ゼロ:姫ーッ!
リリ姫:あっ!……フウ
ゼロ:オッ!?オオオオ!?
シュウト、爆熱丸:はぁ……
リリ姫:ン……もう、このドレスの裾は……
ゼロ:姫!
リリ姫:あ……ゼロ……
何をしているのです、早くお行きなさい!追っ手がすぐそこに……ああ?
リリ姫:あら?
シュウト:あ、ああ、あ……
リリ姫:あ……
元気丸:フーン
リリ姫:ここは……
ゼロ:もう大丈夫です、この美しき翼の騎士(ナイト)ゼロが、姫の予言どおりに
リリ姫:わかりました
……すでに、異世界にてラクロアを救う仲間を見つけ、石化を解く方法を持ち帰ったのですね
ゼロ:はい、そしてこの者達が、その異世界、ネオトピアから来た
リリ姫:ガンダムフォースの方々ね
シュウト、キャプテン、ゼロ、爆熱丸:オオ!?
シュウト:ガンダムフォースを、知っているの?
ゼロ:何故です、姫
リリ姫:私(わたくし)が得た予言の中に、その名がありました
ゼロ、あなたにも言いましたよね?
ゼロ:えっ!ああ、あ……
聞いていないと、思いますが……
リリ姫:いいえ、言いましたよ
ゼロ:アいやあ、えーと……
リリ姫:言いました!
ゼロ:ウワア!ああ、ハハー……
シュウト:あ、ああー……
爆熱丸:はあ……
リリ姫:七曜万象に宿りしマナよ!
爆熱丸:おお!
キャプテン:ゼロと同じ、魔法の言葉だ
リリ姫:ン……
これで少しは埃っぽさが取れたかしら……
ゼロ:お美しいです
リリ姫:フ……ではゼロ、紹介を
ゼロ:はは!
こちらが、ガンダムフォースの隊長、キャプテンガンダムどの
キャプテン:よろしく
リリ姫:ン……
ゼロ:次はー、ちょっと暑苦しいヤツで恐縮なのですがー、天宮(アーク)の国から来た武者頑駄無(むしゃがんだむ)、爆熱丸くん
爆熱丸:クーッ!!「暑苦しい」は余計だ!それに何だ「くん」ってのはー!
リリ姫:フフ!
爆熱丸:あ、え、いや、その、
……お初にお目にかかります!
ゼロ:あそこの壁にいるのは、妙な縁で我々と同行している武者頑駄無の子供、元気丸
元気丸:ウン、子供って言うなー!
ンー、くふゥー!プニプニしたいー!
ゼロ:こらあ!やるなー!
ゼロ:そして、こちらが
シュウト:あ……
ゼロ:ガンダムフォース特別隊員、シュウトどの
シュウト:ウン……よ、よろしく……
リリ姫:フ……
私がラクロア第一王位継承者、リリジマーナ・ミヤ・ド・ラクロアです、以後、よしなに
ゼロ:ハ……
シュウト:ああ……
リリ姫:アア……?
シュウト:あ……
リリ姫:フフ……
シュウト:あ……
リリ姫:フフ……ありがとう、シュウト
シュウト:え?
リリ姫:その美しきプリンセスローズは、わざわざ私のために用意してくれたのですね?
シュウト:ああ……!
リリ姫:さあ、受け取りましょう
シュウト:あ……こ、これは……ああ……
ゼロ:姫!
……その、プリンセスローズはァ、あのう……つまり……その、ううう……
リリ姫:ああ……
シュウト:……
キャプテン:シュウト
シュウト:あ!
リリ姫:わかりました!
それが気に入って、誰にも渡したくないというのですね?……これだから子供は!
ゼロ:あ、いやぁ、姫!それはですねぇ!
リリ姫:私は子供は嫌いです!
ゼロ:あああっ!アイタタタ……
シュウト:あの、姫、お願いがあるんだ
リリ姫:お願い?
シュウト:うん、それにはまず何があったか、聞いてほしいんだ
リリ姫:イヤです!
シュウト:はあ?
リリ姫:子供の言うことなど、聞きたくありません!
シュウト:あ、あ……
ゼロ:姫!シュウトの話を聞いてください!
リリ姫:イヤです!
ゼロ:姫、こ、これでも!
リリ姫:あ!?
ゼロ:『ラクロア城!』
シュウト:ああ、ああああ……
爆熱丸:はぁー……
ゼロ:『ンン!』
ゼロ:『バナナの木!』
ゼロ:『石ころ!』
リリ姫:フッ、ウフフフフ!アハハ!
ホホホホ!ホホホ!
元気丸:あーあー
リリ姫:ホホ……わかりました、聞きましょう!
ゼロ:オオ!姫ー!
爆熱丸:騎士じゃなくて、よかった……

 

映像:偽リリ姫:「あ……ああ……シュ、シュウト……」
映像:シュウト:「リリ……」
映像:シュウト:「は……ああ……」
爆熱丸:ウッ……クッ……
リリ姫:ウッ……ウウ……
シュウト:と、いうことがあって……ああ?
リリ姫:ウウ……そう……そのプリンセスローズに、こんな事があったのですね……
爆熱丸:グッ!ウウウ!
俺は!モーレツに悲しいー!!ウエエエッ!
シュウト:あ、あ、あああ……
リリ姫:わかりました、シュウト、あなたの願いというのは、そのプリンセスローズを人の姿に戻せないかということですね?
……でも、残念ながらできません、いくら私の魔法でも、それは不可能なのです
シュウト:ちがうよ、そうじゃないんだ
リリ姫:は?違う?
シュウト:姫がラクロアに帰るときに、このプリンセスローズを一緒に連れて行ってほしいんだ
姫の庭にはたくさんのプリンセスローズが咲いてるって聞いた
だから……仲間のいるその庭に……一緒にいられるように置いてほしいんだ
そうしたら……きっと……さびしくないと思うから……
リリ姫:シュウト……
爆熱丸:うむ……
:(警報)
シュウト:ああ!?
キャプテン、ゼロ、爆熱丸:ムム!?
ライミ:「緊急警報、艦首格納庫が開いていきます」
ライミ:「映像を出します」
映像:グフ:「アーアーアー、おーい、聞こえるか!換装リングはオレたちがもらった!
壊されたくなかったら、今後はオレたちの命令に従えー!」
映像:ドム:「ウフン、武器でないモノは捨てちゃうよ!
ポイッ!」
元気丸:あーあ、勝手にやってるし
爆熱丸:やれやれ……
シュウト:行こう!
キャプテン:了解だ
シュウト:これ!持ってて!
リリ姫:ゼロはここで姫を!
爆熱丸:ウム!
ゼロ:おう!
リリ姫:あ……
爆熱丸:ムン!
シュウト:エイ!
グフ:ンーッハッハ!リングに内蔵されている武器は全て頂いた!大人しく降参しろい!
ドム:ぶっきー!ぶっきぶきー!るるーん!
爆熱丸:どうする!強行突破か!?
キャプテン:排除するのは可能だが、彼等をミノフス境海に落とすのは、少し可哀相だ
シュウト:ぼくに考えがあるよ
爆熱丸:ほう
シュウト:まず……ぼくと、爆熱丸が……
あっちに行って……
グフ:デェ、何コソコソ話してる!まずはキャプテン、前へ出ろ!抵抗するなよ?思い切りブチのめさせろよ?
アーッ、ハー、ハァッ!
ンー……オラオラァ!オラオラー、オ……イタイ……ンー、ハァッ!
ザコたち:(ザコザコザコザコ……ウフーフー!……おーソレザコヤレザコ、ウフー、いいザコザコ!それそれそれそれ、あちゃちゃちゃ、危ない危ない……ザコザコザコー、わちゃちゃちゃ!)
キャプテン:よし、相手になろう
映像:シュウト:「イェーイ!こっちだよー!」
映像:爆熱丸:「ヤーイヤーイ!」
映像:ドム:「待て待て待て!アン?なんだよ!エネルギー入っとらんドム!待て待て待てー!」
映像:ザコたち:「ザコザコー!」
映像:グフ:「アッ!抵抗するなって言ったろーが!」
映像:キャプテン:「承知したつもりはない!」
映像:グフ:「ああ、痛ッイタ!」
リリ姫:ゼロ、彼らこそあなたの新しい仲間なのですね
ゼロ:はい、心強い仲間です
映像:シュウト:「アッハッハ、ヘヘッ、ヤーイ!」
リリ姫:長い間ご苦労でした、まさか、あなたの友ディードがあのデスサイズだったとは……さぞかし辛かったでしょう……
ゼロ:ッ……姫……
回想:ディード:「我らもすぐに後から行く!」
回想:デスサイズ:「アア……リリ……」
ゼロ:ディードは許すことのできない馬鹿者です
リリ姫:……彼が道を誤り始めたのは英知の園……あそこに違いありません
父王と私が英知の園を調査したとき、随行した彼は古代の伝説と数々の秘法を知り、おかしくなったのでしょう……
禁断の魔法と共に封印された、スティールドラゴンの存在……そして、人にもなれるというスペリオルドラゴンの力を知ったために……
ゼロ:人になろうとは……そして、姫を……
回想:ディード:「ラクロアが平和だった時代から、いや、親衛隊の一員となったその日から……」
回想:ディード:「リリを……愛しているからだ……」
ゼロ:愛……同じ愛でも、心を善に目覚めさせる愛もある……
回想:シュウト:「おにぎりっていうんだ」
回想:偽リリ姫:「ウフッ!」
ゼロ:シュウトへの愛が、彼女を……
回想:デスサイズ:「ムゥ?」
回想:偽リリ姫:「ハァ……ア……ア……」
回想:シュウト:「ッ!リリ!」
回想:偽リリ姫:「ハッ!シュウトー!
キャッ!キャアーッ!!」
回想:シュウト:「リリ!」
回想:偽リリ姫:「ハ……シュウト……」
リリ姫:愛に罪はありません、ただ、ディードは騎士(ナイト)道を踏み外したのです、その結果、ラクロアも己(おのれ)も破滅させてしまいました
ゼロ:はい……
リリ姫:人は人としての道があり、騎士ガンダム騎士ガンダムとしての道がある……そして、バラはバラとしての……それぞれが誇りを持って、共に生きていくのが、正しき道なのです
シュウトは、それをよく知っているようですね
ゼロ:以前、それぞれの道について話したことがあります
リリ姫:新生ラクロアは、騎士道をしっかり正さなければなりません
ゼロ:はい
リリ姫:ラクロアに戻るまで、まだ旅は続くでしょう……
私たちは彼らに報いるために、できることを惜しまぬよう心に刻みましょう
ゼロ:はい、姫
キャプテン:よおし!ライミさん、リングアタックだ
ザコたち:ザコザコ!ザコザコ!
グフ:フン!デヤアッ!
キャプテン:ハッ!
シュウト、爆熱丸!フォーメーションBだ
シュウト:了解!タァッ!
ザコたち:ザコザコザコザコ!
ライミ:「秒読み、開始します」
爆熱丸:デェッ!タァッ!
ライミ:「5,4、3、2、1……ゴー!」
ザコたち:(ザコザコザコザコ……)
キャプテン:フンッ!
グフ:オオオーッ!
ザコたち:ザコ!
グフ:オワアーッ!
ザコたち:ザコーッ!
シュウト:やったあ!大成功!
グフ:ウウッ、た、助けてー!
ドム:無理無理ー!ドムー!
ザコたち:ザコザコザコ!
ザッパー:おっそうじ♪……ン?何か、さみ、しい……
ってみんなお掃除さぼってなぁにやってんだよ!
リリ姫:ラクロアに戻るまでここにおいてあげて
シュウト:ありがとう!……リリ姫
リリ姫:ウフッ……
皆さん方、今回の一連の働きに感謝を表して、私からプレゼントを進ぜましょう
元気丸:うぇ?
リリ姫:……マナよ!
シュウト:うわー……
爆熱丸:おお……
シュウト:はー……ああっ!
爆熱丸:ああ!……マント?
ゼロ:それは、なかなかもらえないものだゾー?
よかったなあ!
シュウト:でも……なんだか小さいし……固いよ?
ゼロ:……魔法の力がなければ、なびかないのだ!
シュウト:ええ!……そうなの?
リリ姫:なに?不満足だというの?
シュウト:あぁ!
爆熱丸:うえぇ!
リリ姫:このリリジマーナ、できることは惜しまないと心に刻んだばかり!
ン……マナよ!
爆熱丸:お?
シュウト:うわ……あ、あ、あ、あ、あのう……
リリ姫:……まだなの?そんなにおっしゃるなら!
ウウ……マナよ!!
シュウト:う……ああ……
爆熱丸:あら?なんと?これは!
キャプテン:……
爆熱丸:かー……
シュウト:あー……
元気丸:ウキャキャキャキャ!
ふははははは!こりゃいいや!アハハハ!ハハハ!
シュウト:あの、リリ姫?これは、ちょっと……
リリ姫:まだ?……コレだから子どもは!
ゼロ:ひ、姫?この辺で……
リリ姫:いいえ!こうなったら!……ムム……
ゼロ:ハア!
シュウト:ああ!
リリ姫:……マナよ!!!
シュウト、爆熱丸:やめてーッ!!!
ザコ3人:「ザコザコアワー!」
ザコ赤:みなさん、こんにちは!
ザコ青:どうもッス!
ザコ黄:オイッス!
ザコ黄:本日のミーティングは
『愛って、あ何だぁーああああーッ!!』
観客ザコ:(ブーイング)
ザコ黄:です!
ザコ赤:あー、それはこの前やったザコ!
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよ、やったんですよ!
ザコ黄:でもでもでもでもでもーっ!ちゃんと答えられなかったザコ!
あれからずっと気になって、夜も眠れないザコ……
あー!愛って何ザコ何ザコ!愛って何ザコ!愛ってぇー!何ザコ何ザコ!?愛って何ザコ何ザコ!?愛って何ザコ!?愛って愛って……真の、力ぁ!
ザコ赤:もーはいはい、やかましー、静かにする……はい!
ザコ青:うるさいなもう……大人しくしててくださいね、あっちいけ!
ザコ赤:では!気を取り直して、本日のミーティングは
ザコ赤、青:『ラクロアの姫って、何だぁあああ!!』
観客ザコ:(歓声)
ザコ赤:です!
困ったことにいつの間にか、『姫』という有機物が1人増えてしまったザコ……オゲェ
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよほぉ!
こーんな格好して、騎士ガンダムみたいに変な魔法使うんですよ
たりらりーん!
お玉ザコ:「ちょーっとちがうザコ!」
エルメチュ:エルメチュ、エルメチュ!
お玉ザコ:みんながラクロアに落ちてたときー、実は、1人だけ残ってザコは見てたんですよ……
こぉーんな格好して、デスサイズ様みたいに、変な魔法使うんですよ!
ザコ赤:えっ?えっ?どこが違うザコ?
ポーンリーオー:答えましょうポーン!
ザコ3人:うわあ!
エルメチュ:エルメチュー……
ポーンリーオー:こちらが、リリジマーナ・ミヤ・ド・ラクロア姫ポーン!代々ラクロアを治めてきたラクロア王家のお姫様で、精霊の樹にある聖なる泉を司る力を持ってるポーン!
ザコ赤:ほほー、重要人物ザコねぇ……
ザコ青:そう、偉いんザコよ?
ポーンリーオー:でぇ、こちらは、デスサイズ様がプリンセスローズに魔法をかけて作った偽者ポーン!
お玉ザコ:に、偽者ぉおおおおーッ……
こっちのが可愛いと思ってたのに!ハッハッハ!マジッすか!マジッすか!信じられないッスよ!アハ、アハアハ、アハーッ!!
ザコ赤:こらこらこら!あいては有機物ザコ!
ザコ青:え?どれどれー?
ポーンリーオー:デスサイズ様みたいにストーカーになっちゃうポーン!
ザコ赤:ザコザコ!
エルメチュ:エルメチュー!エルメチュー!……
ザコ青:え、あ、あた、あだ……どっちも同じ顔ザコ、
お玉ザコ:ダハーッ!偽者だっただなんてぇえ!
ザコ黄:愛って、何だー!あ真の力!真の力!
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよ!
ザコ赤:「とにかく明日もがんばるザコー!
明日もファイトー!オー!」
観客ザコ:(オー!)

 

シュウト:ガンダムサイにダークアクシズの幹部、ガーベラが現れた!キャプテンに仲間になれだって?どういうつもりだ!
次回、SDガンダムフォース「ガーベラの呼び声」