アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第39話 ガーベラの呼び声

SDガンダムフォース 第39話 ガーベラの呼び声

SDガンダムフォース 第39話 ガーベラの呼び声

 

SDガンダムフォース 第39話 ガーベラの呼び声

 

シュウト:ぼくはシュウト!
英知の園からまたまたガンダムサイがミノフス境海に飛ばされた
だけどぼくたちは、ついに本物のリリジマーナ姫の復活に成功したんだ
元気丸、爆熱丸とも合流できて、よかったー!
ところが、余計な連中まで一緒になってついてきちゃったんだ
姫はマイペースだし、これから一体、どうなるのー?


シュウト:「ガーベラの呼び声」


ジェネラル:(咆吼)
騎馬王丸:火急の呼び出しとは何事だ、プロフェッサー
プロフェッサーガーベラ:遅いぞ騎馬王丸、ジェネラルがお待ちである
ジェネラル:(咆吼)
騎馬王丸:ム……?
騎馬王丸:こ、これは一体……
ガーベラ:見るがいい
騎馬王丸:ム?
ガーベラ:ついに我らがジェネラルの力、82.12%まで回復したのだ
騎馬王丸:おお!腕が、腕が揃ったのか!
ジェネラル:(咆吼)
騎馬王丸:おお……あ、あれはミノフスの海の敵艦ではないか
ガーベラ:ジェネラルの次元転移能力が復活したのだ
騎馬王丸:なんと……ジェネラルにはそんな力が……
ガーベラ:これで他次元の攻略が可能になった
もうザクレロゲートも、行方不明になっているデスサイズの魔法も不要だ
おお、ジェネラルよ、今蘇りし御力をもって、我を彼の地へとお連れ下さい
騎馬王丸:何をするつもりだ
ガーベラ:そなたをダークアクシズに誘った時も、私自ら天宮(アーク)に出向いたであろう
騎馬王丸:何?
ガーベラ:そして2人きりで話をした、結果、そなたはダークアクシズに与したのだ
騎馬王丸:むろん、覚えているとも
ガーベラ:今から新しき仲間を連れ戻る
騎馬王丸:新しき仲間?
ガーベラ:いよいよ次元世界の破滅が確実になってきた
そのために必要な仲間なのだ
騎馬王丸:破滅だと?何を言っている
ダークアクシズはジェネラルの元、多次元世界を1つに支配するのが目的だろう
ガーベラ:世界を滅ぼすためにジェネラルは復活されるのだ
騎馬王丸:プロフェッサー、話したことが少し違うのではないか?
ガーベラ:んー?そうだったか?計算通りだ
フハハハハハハ
騎馬王丸:ガーベラめ、読めぬ
寝首をかかれぬうちに武者大神将の力、急ぎ手に入れねば……!
通信:ハロ長官:「通信が途絶したままで、心配したぞ
敵の襲撃があったのか?」
キャプテンガンダム:はい、トールギスの襲撃を退け、ラクロアに転移していました
通信:ハロ長官:「なんと!ラクロア!」
シュウト:今、またミノフス境海だけど……あ!
翼の騎士ゼロ:ラクロアを滅ぼした黒幕、デスサイズを倒し、姫を……ついに姫を救い出したのですー!
ウ、ウウウ、ウウ……
リリジマーナ姫:私(わたくし)がラクロア第一王位継承者、リリジマーナ・ミヤ・ド・ラクロアです
通信:ハロ長官:「私はネオトピア防衛組織S.D.G.、ハロ長官です」
リリ姫:その風変わりなお顔!
通信:ハロ長官:「ハ?」
リリ姫:わかりました、ネオトピアの王であらせられますね?
シュウト、ゼロ、爆熱丸:エエ!?
通信:ハロ長官:「え、え、いやその、あの……困ったな」
リリ姫:このたびは、我がラクロアへのご助力、ありがとうございました
通信:ハロ長官:「え、いや、あの、姫様、私は王ではありません」
ゼロ:あああ姫?あああの、ですからですね、あの、その、どうご説明して差し上げたらよいものか……ええと、あの……
爆熱丸:ネオトピアに王様はいないよな?
キャプテン:うん、マーガレット市長が市民の代表者だ
通信:マーガレット市長:「呼んだかしら?」
ゼロ:お?
爆熱丸:ウン?
シュウト:マーガレット市長!
通信:市長:「ハアイ、シュウト君!」
リリ姫:市長?
ゼロ:はい!
通信:市長:「私が、ネオトピア市長、マーガレット・ギャザームーンです」
通信:ハロ長官:「ああ、ソウソウ」
通信:市長:「ラクロアの大変な事情、お察しします
私にできることがあったら……」
リリ姫:わかりました
通信:市長:「……は?」
リリ姫:ハロ殿(どの)は仮面をかぶっていらっしゃいますが……それにはとてつもない理由があるのですね
シュウト、爆熱丸:ええ!?
通信:ハロ長官:「ええ……?」
ゼロ:ひ、姫?
シュウト:とてつもない理由?
通信:ハロ長官:「そんなことは……」
リリ姫:そしてマーガレット殿はそれをかばっていらっしゃる!
通信:市長:「え、えと、そうかしら?あ……」
通信:ハロ長官:「私からはなんとも……」
通信:ハロ長官、市長:「あはははははは……」
リリ姫:……ゼロ
ゼロ:は、はい!
リリ姫:なぜ気遣いが必要なことを先に言わないのです!
ゼロ:いや、姫、先ほど、ご紹介がてらしようかなあと……
リリ姫:言い訳ですか?
ゼロ:イエイエイエ!
リリ姫:言い訳は嫌いです
ゼロ:ああー!
リリ姫:キチンと話せばわかるはずです
ゼロ:ももも申し訳ありません!あのですね、今すぐ、お話しさし上げますので、なにとぞですね、姫?姫!?話を聞いてください!
元気丸:ZZZ……
通信:ハロ長官:「ああ……ああ?なんだ?」
爆熱丸:どうした!?見えないぞ?どうした!こらあ!
キャプテン:通信が途絶したようだ
ライミ:「原因不明、どこにも異状はありません」
シュウト:ああ!
爆熱丸:なんだ!
ライミ:「わかりません、本館の周囲にも異状は認められません」
キャプテン:ダークアクシズ
ゼロ:どうやってここへ!
ライミ:「映像です、実体は存在していません」
ガーベラ:……ハハハハハハハ!
シュウト:うわあ!出てきた!
キャプテン:次元を転移する魔法もザクレロゲートも、敵にはもはや無いはずだが
ガーベラ:そのようなものは、もはや我々には必要ない
シュウト:リリ姫、ここはぼくたちに任せて!
ゼロ:お下がり下さい!
シュウト、ゼロ:ンン?……ンー?
リリ姫:よしなに
爆熱丸:行っちゃった……
キャプテン:ガンダムサイ艦長として警告する、直ちに武装を解除し、速やかに撤収せよ!
フッ!
シュウト:エイッ!
ガーベラ:私はダークアクシズ最高技術長官、プロフェッサーガーベラ
キャプテンガンダム、お前を説得に来た
シュウト、ゼロ、爆熱丸:ああ?
キャプテン:私を説得?
爆熱丸:問答無用!
ゼロ:倒されたデスサイズの復讐に来たのであろう!
ガーベラ:ム?……デスサイズはお前らに倒されたのか
ムン!
ゼロ:ウワ!
爆熱丸:オワッ!
ゼロ:アアッ!
爆熱丸:ドワーッ!
ゼロ、爆熱丸:う……
シュウト:ゼロ!爆熱丸!
ガーベラ:キャプテン!
キャプテン:ム!
ガーベラ:一対一で対話しようではないか
ガーベラシステム、発動!
シュウト:ああ!ああ……アア!
……あ……ああ!なに……これ……
シュウト:あ……アアッ!
ライミ:「ガンダムサイ、繰艦不能です
ガンダムサイ、繰艦不能です」
ザッパーザク:あっらー!イキナリ!どうしたの!
グラップラーグフ:何をした!何が起きたんだー!
デストロイヤードム:ドムー!ドムー!こっちドムー!
リリ姫:あ……
シュウト:キャプテン!大丈夫!?
キャプテーン!キャプテーン!

 

キャプテン:……ここは?
ガーベラ:電子的虚数空間ネガティブゾーンだ
ここならば絶対に邪魔が入らない
仲間になるのだキャプテン
キャプテン:仲間だと?
ガーベラ:見よ!
映像:キャプテン:「お前にも……ソウルドライブが!?」
映像:コマンダーサザビー:「フッフッフ……これが何を意味しているかわかるか?
私と貴様は、次元を越えてつながっているのだ……キャプテンガンダム!」
映像:キャプテン:「ウ……つながっているだと?」
映像:コマンダー:「我らダークアクシズの仲間になれ」
ガーベラ:私の部下サザビーは話し下手だったようだな
キャプテン:コマンダーサザビーがお前の手下?
ガーベラ:サザビーの胸にあった黒いソウルドライブのこと、聞きたくはないか?
キャプテン:ウ!
シュウト:なんとかして……キャプテンを……ウワッ!
助けださなきゃ……
ウーン!ハッ、ハッ、ハッ……爆熱丸!ゼロ!
ウーン!ウーン!ウーン……アアッ!
キャプテン:シュウト!……ああ……
ガーベラ:人間の子供が気になるのか、見せてやろう
キャプテン:ム……シュウト!無事か!
ガーベラ:声は聞こえん
キャプテン:ウッ!
ガーベラ:安心しろ
シュウト:ウウウ……うわあ!イッテテテ……ええい!
ガーベラ:ダークアクシズ要塞を見たことがあるな?
あの中には、二千万人の人間が……冷凍睡眠しているのだ
キャプテン:……なに?
ガーベラ:人間たちは奴隷としてダークアクシズの我々を作り出し、侵略を任せたのだ
キャプテン:証拠は!?
ガーベラ:証拠?証拠はこれだ!
キャプテン:ウ……あ、あ……
ガーベラ:ソウルドライブは人間の心とシンクロし、それを反映して成長するものだろう
キャプテン:そうだ
ガーベラ:まさにコマンダーサザビーのソウルドライブを悪に染めたのは、要塞に眠る人間たちの潜在意識なのだ
キャプテン:……
ガーベラ:悪意こそ人間の本質!悪意こそ正しい!
フン!
ダークアクシズに与せよ!仲間になれ!仲間になるのだ!
シュウト:キャプテン!キャプテン!
ハ……ウワッ!……ああ?
キャプテン?キャプテン!
……ああっ!危ないキャプテン!見えないの!?アアッ、気がついてよ!ウウッ!
キャプテン!キャプテーンッ!!
キャプテン:あ……これは……
ガーベラ:何!?
キャプテン:……フッ!
シュウト:キャプテーンッ!!
キャプテン:エイッ……クッ!
ガーベラ:チッ、よく気づいたな……しかし、お前は私には敵わない!
私の言葉に従え!その身を捧げよ!
キャプテン:ウッ……お前の言ってることには、何一つ真実がないぞ!ガーベラ!
ガーベラ:何ィ?
キャプテン:要塞に人間が冷凍睡眠しているという明確な証拠はない!
ガーベラ:では黒いソウルドライブは……誰が悪に染めた!
キャプテン:フッ!
ガーベラ:……ほほう
キャプテン:私は、サザビーとの対決からずっと考え続けてきた……何故ソウルドライブが悪くなってしまうのか
ガーベラ:お前にそれがわかるというのか!
キャプテン:フンッ!
キャプテン:ウウッ……ソウルドライブが悪くなる原因……それは、人間と一緒にいないからだ!
ガーベラ:何ッ!?
キャプテン:人間と一緒にいないと、正しく成長しないということだ
ダークアクシズに人間はいない、だからこそ、ソウルドライブは悪くなった!
ガーベラ:貴様……
キャプテン:ソウルドライブを持つ者は、人間とともに歩むべきなのだ!
ガーベラ:……貴様に何がわかる!
キャプテン:ウッ!ウッ……ウワッ、ウウッ!グッ!
シュウト:ああっ!キャプテン!
キャプテン:アアッ!
ガーベラ:次は……邪魔な物を取り払ってやる!
キャプテン:ウッ、ウワッ!!
何を、する……グワッ、ガッ!
ガーベラ:人間と共に育ったソウルドライブなぞ……
シュウト:あっ、ソウルドライブが!
やめろ、やめろ、やめろーッ!!
ガーベラ:人間と我々は違う!決して解り合えぬ!
キャプテン:……私は人間を信じる……
シュウトを、信じる!
ガーベラ:ハッハハハハハ!見よ、あの子供などもう逃げ出しているぞ?
キャプテン:私を騙そうとしても無駄だ
ガーベラ:なんだと?
キャプテン:私には、聞こえる
シュウト:エイッ!
シュウト:ウウッ!
シュウト:がんばれ!キャプテン!
負けるな!キャプテーンッ!!
キャプテン:聞こえる!
ガーベラ:ウッ、まさか……
シュウト:キャプテーン!!がんばれーッッ!!
ガーベラ:ウオオッ!クッ……グッ、グワアッ!
ウッ……ソウルドライブが!
キャプテン:私とシュウトの心のつながりは……決して消えやしない!!
シュウト:キャプテーンッッ!!!
ガーベラ:ウウウ……ウオオッ!!
シュウト:ウワッ!
ゼロ:ウウ……
爆熱丸:ウウッ……オオ!
元気丸:ムム……ムゴ……
リリ姫:あ……
ザッパー:ああ止めて!ああ?
グフ:おお?
ドム:ドムドムン?
ザコソルジャーたち:ザコー?
ライミ:「回復します、機能、回復します」
ゼロ:ウウ……シュウト!
爆熱丸:ああっ!
シュウト:……キャプテン!
爆熱丸:シュウトーッ!
シュウト:エイッ!……ああ!……キャプテン!
キャプテン:シュウト!
シュウト:キャプテーン!
キャプテン:シュウト……
ガーベラ:貴様ら!
シュウト:アアッ!
ガーベラ:グググ……その信じ合う心!
それが苦痛なのだ!
シュウト:よくも!キャプテンを!
ガーベラ:消えろ!人間!
シュウト:ウウ……うわあ!
キャプテン:戦う相手はこっちだろう!
ガーベラ:ウウ……
キャプテン:ウ……!
シュウト:あれは……!
爆熱丸:……ウウ……
ゼロ、爆熱丸:アッ!
ガーベラ=黒いガンダム:……エエイ、おのれ……
計算をしなおさねば……
キャプテン:黒い!
シュウト:ガンダム
ゼロ:ああ!
爆熱丸:何と!
ゼロ:待てェ!
爆熱丸:こらあ!逃げるとは卑怯だぞ!戻ってこい!
この俺と勝負しろ!
キャプテン:……ウ……
シュウト:キャプテン!
爆熱丸:ああ!
シュウト:キャプテン、大丈夫!?
しっかりして!キャプテン!
ゼロ:キャプテン!
キャプテン:大丈夫だ、シュウト
シュウト:キャプテン……
爆熱丸:大丈夫なのか!?
ゼロ:大丈夫か!?
キャプテン:ウン……体が上手く動かないのが問題だが
シュウト、ゼロ、爆熱丸:アアッ!
キャプテン:プロフェッサーガーベラ……何者なんだ
元気丸:何があったんだ?ウン?うわあ!
だ、大丈夫なのかコイツ!どうしたんだ一体!何があったんだ!?オイ、大丈夫なのか!?大丈夫か?オイオイ!ええー!?
リリ姫:とりあえず、追い返したということですね?
ゼロ:姫……
シュウト:また来ても絶対……絶対負けないよ!
爆熱丸:ああ……
今度やってきたら、俺がぶちのめす!
ゼロ:私がいるから大丈夫だ!
元気丸:オイラがいるから平気さ!
爆熱丸:だから!俺がぶちのめーす!
ザコ3人:「ザコザコアワー!」
ザコ赤:みなさん、こんにちは!
ザコ青:ザコです!
ザコ黄:おいっす!
ザコ赤:本日のミーティングは
ザコ3人:ガーベラ様の、正体って何だー!
観客ザコ:(歓声)
ザコ赤:です!
ザコ黄:ガーベラ様の正体?そんなの、我々ダークアクシズの中で、ジェネラル様の次にエラいお方に決まってるザコ
ザコ赤:そういわれてみればそうザコ、言うまでもないザコよ
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよ!
実は、さっきチラッと見ちゃったんですよ、ガーベラ様の真の姿を……
ザコ赤:真の姿!
ザコ黄:真の姿!あ真の姿!
ザコ青:それがですねぇ、なあんと!ガンダムだったのですよ!
ザコ赤・黄:えー……
ザコ赤:ぶはははは!イヤヤヤヤヤ!ありえません!
ザコ黄:えらーいガーベラ様が、あは、実はガンダムだったなんて!アハハハハ!
ザコ青:しかしですねぇ、ここもー、あそこもー、こーんな感じでぇ、こらま、どう見ても……
ザコ赤:ふんふん、確かに……
ザコ青:でしょ?てことは……
ザコ3人:むー……やっぱりガンダムだったザコー!?
ザコ赤:一体これはどうしたことザコ!
ザコ青:ちがうんですよ!まったくですよ!
ザコ黄:そうザコ!だからコマンダー様にもソウルドライブがあったんだザコ!
ザコ赤:どういうことザコ?
ザコ黄:ガンダムといえば、ソウルドライブザコ
ザコ赤・青:ソウルドライブ?
ザコ黄:そうザコ!もしガーベラ様がガンダムなら、ソウルドライブを持ってるに違いないザコ
だから部下のコマンダー様にも、ソウルドライブがあったんザコよーォホホ、多分ネ……
ザコ赤:なるほど!
ザコ青・黄:ザコザコ
ザコ赤:それじゃあ、コマンダー様の部下のザッパーザク様や、グラップラーグフ様や、デストロイヤードム様にも、もしかして、ソウルドライブがあったりして……
ザコ青・黄:うおおおーっ!
ザコ赤:ってことは、その部下のザコたちにも……
ザコ3人:ソウルドライブがあったりして!
おほー!
ザコ赤:ソウルドライブと言えば確か、クルクルーッと回ってて
ザコ青:がんばれーぇえ!と叫ぶと
ザコ黄:ウウウオー!って燃え上がるザコー!
っと、あー!アチアチアチャチャ!
ザコ赤:で、ザコたちのソウルドライブは?
どこザコー!?
ザコ黄:どこどこどこ?
ザコ3人:あれぇ?見つからないザコー!
ザコ赤:これは永遠の謎ザコ!
みんなも一緒に考えるザコー!
ザッパー:おっそうじおそうじルンルルン!
あキュッキュキュ!あキュッキュキュ!
ドム:ドムーゥ!

 

シュウト:元気丸を狙って騎馬王丸が現れた!ガンダムサイが大変だ!キャプテンもいないし、どうしたらいいんだろう?次回SDガンダムフォース「騎馬王丸、襲来!」