アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第40話 騎馬王丸、襲来!

SDガンダムフォース 第40話 騎馬王丸、襲来!

SDガンダムフォース 第40話 騎馬王丸、襲来!

 

SDガンダムフォース 第40話 騎馬王丸、襲来!

 

シュウト:ぼくはシュウト!
ガンダムサイにダークアクシズの幹部、ガーベラが現れた
おまけにキャプテンに、仲間になれなんて言うんだ
戦い、傷ついてしまうキャプテンだけど、ぼくたちの信じ合う心になぜか苦しみだし、逃げ出したガーベラ
その時、ぼくは見たんだ、仮面の下に隠されていた、あの姿を
そして……そしてキャプテンは……


シュウト:「騎馬王丸、襲来!」


ジェネラル:(咆吼)
騎馬王丸:説得とやらは、失敗したようだな
プロフェッサーガーベラ:……使える物は使わねばと思ったまでのこと
あのような者達、すぐにどうこうせずとも恐るるに足らん
騎馬王丸:なるほど、同類同士、相手の力も承知済みという訳か
ガーベラ:どういう意味かな
騎馬王丸:さあな
ガーベラ:どこへ行く
騎馬王丸:次は俺が出ようというのだ……ハッハッハ
あ奴らを、ジェネラルに捧げてくれるわ!
ガーベラ:それは貴様の役目ではない
ミノフスよりまず天宮(アーク)、自分の使命を果たすのが先ではないか?
騎馬王丸:これもジェネラルのため……貴公は、黙って見ていろ
騎馬王丸:ジェネラルよ!偉大なるその力、我に貸し与え給え!
ジェネラル:(咆吼)
騎馬王丸:いざ行かん!王将號!
ガーベラ:……エエイ!
飛龍・角龍:(いななき)
グラップラーグフ:グッフッフッフ!キャプテンのヤローがガーベラにやられた、今がチャーンス!
ザコソルジャーたち:ザコザコザコザコ……
グフ:フッフッフ……ヤローども!今度こそこの艦(ふね)を我らの手に!
ザッパーザク:ったーっくよお!こんなに散らかしやがって!
グフ:アン?
ザッパー:お掃除する者の身にもなれよなあ!
デストロイヤードム:ブ、ブ、ブ、ぶっきー!かぁっこいい!
ザコ1:ドム様ー!それはガーベラ様が××××……怒られるザコよ!
ザコ2:ザコザコザコ……!
ドム:スリスリ!
グフ:お、オメエら!やる気あんのかー!
ザッパー:××……そこどいて!
ドム:××……スリスリ!
元気丸:どうなんだよアイツ
リリジマーナ姫:異世界の方とはいえ、騎士(ナイト)だったら、とてもこの状態では……
元気丸:……武者だってヤベーよ
通信:ハロ長官:「そうか、わかった」
リリ姫・元気丸:ン?
通信:ハロ長官:「転送装置も安定してきている、君たちにはいったんネオトピアに帰還してもらおう
姫に元気丸君も、それでよろしいですね?」
リリ姫:よしなに
元気丸:ケッ!やなこった!
リリ姫:ウン?
元気丸:そんなとこ行かされちゃ、騎馬王丸討てねーじゃねえか!
リリ姫:急がば回れと言うでしょう?
元気丸:うぇー……
シュウト:でも、ライミさんだけを残していくなんて……
ライミ:「私なら大丈夫です、ここで皆さんの帰りをお待ちしています」
シュウト:ライミさん……
通信:ベルウッド:「まだ1人ずつしか転送できねえんだ、順番を決めてくれ!」
爆熱丸:うん、まずは、シュウトか姫様か
ゼロ:うむ、それに、元気丸も
元気丸:誰が行くもんか!ベー!
ゼロ:では、シュウトから
シュウト:ぼくより……まず、キャプテンを……
ゼロ:あ……
通信:ベルウッド:「エエ?」
リリ姫:当然ですね
シュウト:あ……
キャプテンガンダム:シュウト
シュウト:ン……
通信:ハロ長官:「わかった、それではキャプテン、君から転送を開始する」
シュウト:キャプテン、絶対、絶対直るよね
キャプテン:ああ、大丈夫だ、心配ない
シュウト:うん!
キャプテン:……初めて会ったときは、シュウト、君に直してもらったのだったな
シュウト:直したってほどでもないけど……
回想:シュウト:「ム……ムム……」
回想:シュウト:「うわっ!」
回想:シュウト:「がんばれー!キャプテンー!がんばれー!」
キャプテン:それからも、何度もシュウトには助けられた
回想:ザッパー:「なんでかなー!!」
回想:ザコたち:「ザコー!」
回想:シュウト:「エイッ!」
回想:キャプテン:「シュウト、こんな所まで来るなんて」
回想:シュウト:「いっけぇーっ!!!」
回想:コマンダーサザビー:「なんと!」
回想:シュウト:「アア!」
回想:シュウト:「ウウーッ!!」
回想:シュウト:「アアッ……!」
シュウト:ううん、それ以上にキャプテンはぼくを助けてくれたよ、そう……何度も
回想:キャプテン:「シュウト、ここは危険だ、下がっていてくれ」
回想:シュウト:「うん!」
回想:虚武羅丸:「なんだと!?」
回想:シュウト:「キャプテン!」
回想:キャプテン:「こちらは武装火器の使用を認められている、侵略行為を停止し、速やかに撤収せよ!」
回想:シュウト:「ウワーッ!」
回想:キャプテン:「シュウト、危ない!」
回想:シュウト:「アアアアッ!……キャプテン!」
回想:キャプテン:「ゼロたちの援護に出る!」
回想:シュウト:「ウン!がんばれ!」
回想:シュウト:「ウウウワア!」
回想:シュウト:「キャプテーン!アハッ!アハハ!
キャプテン!アハハハ、ハハハハ!ハハハハハ……」
シュウト:そうだよね!
大丈夫だよきっと、今回も乗りこえられる!
だって、ぼくたちはガンダムフォースなんだから!
爆熱丸:おう!
ゼロ:ウン!
キャプテン:ウム!
通信:ベルウッド:「よっしゃ、スタンバイOK?ザクレロモバイルを忘れないでくれよ、帰りに必要になるかもしんねえからな」
シュウト:……すぐ、ぼくたちも行くからね
通信:ベルウッド:「オーライ、次はシュウトの番だ、準備を始めてくれ」
元気丸:ケッ!オイラはぜってェ行かねーからな!
ハン?……うわああ!
元気丸:な、なんだ!?
爆熱丸:何事だ!
シュウト:ライミさん!
ライミ:「前方の空間より突然ビームが飛来、直前まで全く反応がありませんでした」
通信:ベルウッド:「ちょっと、ちょっと、ナニ?
なにかあったのかー!?」
爆熱丸:敵か!
ライミ:「第2弾、来ます!」
シュウト:はッ……うわあ!
シュウト:ウワッ!ウワア!ア、爆熱丸!
ハァッ、ウウッ、ウウッ!
爆熱丸:ウオッ!シュウト!
通信:ベルウッド:「シュウト!なにがあった、シュウト!」
通信:シュウト:「アアッ!」
ベルウッド:シュウト!……ああ……
ハロ長官:おい!どうした!
ベルウッド:わかんねえ……通信が切れた……転送装置も作動しねえ!エエイッ!
元気丸:ああっ!
シュウト:ハァッ!
爆熱丸:ああ!
飛龍・角龍:(いななき)
元気丸:……騎馬王丸!

 

爆熱丸:おのれ!奴め!
騎馬王丸:我が名は騎馬王!天宮が覇者、天下掌握!
騎馬王丸!見参ー!
元気丸:ムムム……エイッ!ウウーッ!グググ……
シュウト:どこに行くんだ、あぶないよ!
ゼロ:爆熱丸、いくぞ!
爆熱丸:オウ!大人しくしていろ!元気丸!
元気丸:ウウウ、離せ!離せェ!
グフ:おお!敵襲だ!やっぱりチャーンス!フッフ!今こそ艦橋を!
ザッパー:あキュッキュ!あキュッキュ!
ザコたち:ザコザコザコザコ……
ドム:俺のぶっきー!
グフ:オマエらいい加減にしろよー!
爆熱丸:騎馬王丸!
騎馬王丸:ほお、いつぞやの武者か、確か爆熱丸と言ったな
爆熱丸:よくぞ1人で来た、いざ勝負!
騎馬王丸:あいにく貴様らの相手をしている暇はない
元気丸という小僧がおろう、そいつを渡せ
さすれば命だけは助けてやる
ゼロ:なに、なぜ元気丸を……
爆熱丸:理由などはどうでもいい、誰が貴様の言いなりになるものか!
騎馬王丸:ならば仕方がない
……我が剣にて叩き伏せるのみ!
爆熱丸:ウオオオオ!テヤアッ!
騎馬王丸:未熟!
爆熱丸:オオアーッ!!
ゼロ:このおーッ!エイッ!
騎馬王丸:非力!
ゼロ:アアーッ!!
元気丸:ッ、離せ!離せーッ!ウウ、ウーン!
シュウト:ここは爆熱丸たちにまかせるんだ!
元気丸:あんな奴らにまかせられっか!グゥ……ッ!
リリ姫:どうやら、深い因縁があるようですね、あの騎馬王丸という者と……
シュウト:アアッ……
元気丸:……あいつは……騎馬王丸だけは……
オイラの手で倒さなきゃならねえんだ!
虚武羅丸:ハッ!
シュウト:ああ!ウワアッ!ゲホ、ゲホ……ああ!
リリ姫:アアー!
シュウト:元気丸!
元気丸:何すんだー!ウー!
元気丸:コラ!離せ!離せッつってんだろーオイ!
クソー!お前、やっぱり……
虚武羅丸:……
飛龍・角龍:(いななき)
元気丸:離せ!コンチキショウ!クソー!
騎馬王丸:ふん、虚武羅丸め、やっと働きおったか
ハアッ!
ゼロ・爆熱丸:ウオオオオオッ!!
爆熱丸:騎馬王丸!覚悟ーッッ!!何ッ!?
爆熱丸:ウワアアーッ!!
爆熱丸:ノワアーッ!
ゼロ:エイッ!
爆熱丸:ウッ……
ゼロ:……なんたることだ、奴の足を止められない!
リリ姫:ガンダムサイ、応戦を
ライミ:「了解、主砲発射準備」
リリ姫:発射!
ライミ:「敵、なおも接近、速度変わりません」
シュウト:ああーっ!
騎馬王丸:ダアーッッ!!
騎馬王丸:フオオオアッ!!
シュウト:ウワー……アアー!!
リリ姫:ウッ、ア……これは!
爆熱丸:ウオッ!
ゼロ:なんだと!?
ゼロ:剣の一振りで、ガンダムサイを……
爆熱丸:き……騎馬王丸ー!
騎馬王丸:ハァッ!
元気丸:離せーッ!……騎馬王丸……
騎馬王丸:ハァッ!
シュウト:アアッ!元気丸が!ライミさん!
ライミ:「私なら大丈夫、早く元気丸隊員を!」
シュウト:ゴメン!……姫!
リリ姫:行きますよ!遅いのね、シュウト!
リリ姫:ゼロ!
シュウト:爆熱丸!
爆熱丸:逃がすかッ!騎馬王丸!
騎馬王丸:ム?
爆熱丸:デェエイヤァアアッ!!
爆熱丸:ムッ!斬馬王刀・雷撃破!
爆熱丸:ウッ!
ゼロ:ミノフスの裂け目が!
爆熱丸:オワッ!
ザッパー:アア!アレ!?
ドム:ドムゥー!
グフ:オットット
ザコたち:ザコー!
ザコたち:ザコー!
ザッパー:アーララララ!
ドム:あららら……!
グフ:ット!
ゼロ:駄目だ、追いつけない!
爆熱丸:元気丸――!!
元気丸:クッソオ!離せ!
騎馬王丸:ハッハッハッハ、でかしたぞ、虚武羅丸!
これで天宮は我がものよ
ハッハッハッハッハ!
元気丸:ウウ……ウウ……!
シュウト:ッダアアアーッ!!エイッ!エイッ!
虚武羅丸:ウッ!
元気丸:はっ、エイッ!
騎馬王丸:しまった!
元気丸:エイッ!、ウウー、アアーッ!アアア、アアー!ウッ!ああ!
シュウト:元気丸、早く逃げて!
元気丸:オマエ……
シュウト:いいから!早く!
元気丸:……ッ!……エイッ!
元気丸:……ッ!
騎馬王丸:ええい、追え!追わんか!
虚武羅丸:ハッ!
騎馬王丸:ム……あと一歩のところで!
ジェネラル:(唸り声)
騎馬王丸:ああっ!ジェネラルよ、今しばらく!今しばらくの猶予をー!
リリ姫:アアッ!
シュウト:ウウ、アアッ!うわああ!
爆熱丸:シュウトオッ!!
ゼロ:姫……リリ姫ーッ!!
爆熱丸:デヤアッ……ウワアーッ!!
ゼロ:グゥッ、ウワアーッ!
シュウト:ウッ!あ……ハッ!
騎馬王丸:小癪な真似をしてくれたな……小わっぱども
シュウト:ウ……
ザコ3人:「ザコザコアワー!」
ザコ赤:みなさん、こんにちは!
ザコ青:こ、こんちは!
ザコ黄:オイッス!
ザコ赤:本日のミーティングは
ザコ3人:騎馬王丸様の、強さの秘密を探れー!
ドオオ!?オオ、ノォ、アー!
ザコ赤:です!
ガンダムサイはモー大変なことになってるザコ、ミノフスの裂け目に飲み込まれそうザコ!
しかーし!ザコザコアワーはそれでも続けるザコ!
ザコ黄:ンー、この状況でも続けるって事は!
アついに!真の力を見せるときが来たって事ザコね!
ザコ赤:ほー、じゃ今までは手を抜いていたザコ?
ザコ黄:え?あーイヤー、そのー、ってね!
スクリーンプリーズザコー!
騎馬王丸様の強さの秘密はこれザコー!
ザコ赤・青:こここれは!騎馬王丸様専用の!
ザコ黄:そう!その名も、王将號ザコ!
ザコ赤・青:王将號!
ザコ黄:アこっちが飛龍でぇ、んでもってこっちが角龍ザコー!
ザコ赤・青:オホーオゥ!
ザコ黄:この2頭のおかげで王将號は空も飛べるザコ
ザコ赤・青:カッコイー!
ザコ赤:そういえば天宮の馬は他にもいたザコね
ザコ青:あ、知ってますザコ!炎天號ザコよ!
ザコ赤:あそうそう!こいつネオトピアに置いてこられちゃったんだよね!
ザコ青:かわいそうザコ
ザコ黄:イヤ?実はそのおかげで助かったんですよ
ザコ赤・青:ホホー?
ザコ黄:これ!このどでかい刀!名前が斬馬王刀!わかるかな、諸君
ザコ青:ンー、何ザコ、わからないザコ
ザコ黄:ウッフッフッフン、この刀はそれはそれは恐ろしい刀ザコ
天宮にいる知り合いに聞いたところによれば
ザコ赤・青:フンフン!
ザコ黄:アーもうココワイ!コ怖くてこれ以上は
ザコ赤・青:早く言うザコ
ザコ黄:昔、天宮にはたくさんの馬がいたけれど、今はほとんどその姿がないらしい
ザコ赤・青:どうしていなくなったザコ?
ザコ黄:実はあの騎馬王丸様の持っている斬馬王刀が天宮のほとんどの馬を……
ザコ赤・青:ま、まさか!
ザコ黄:そう!馬が敵の手に入れば強力な戦力になると考えて!あザンバザンバと!
ザコ赤・青:ヒー!恐ろしいザコ!
ザコ黄:さあ、怖かったですか?
実は今の話テキトーに作ったウソザコ!
ザコ赤・青:ウソ!?
ザコ黄:だってだって、天宮に知り合いなんていないから、知ってるわきゃないザコよ
アハ、アハ、アハ、だまされたー!
これぞ!真の力!
ザコ赤・青:ほほう、それが真の力ですか!
ザコ黄:ダァ……
ザコ赤・青:ただのウソつきザコー!
ザコ黄:イテテ!ゴゴメンなさいザコ!
ザコ赤:まったくとんでもない奴ザコ
ザコ青:皆様の前でウソをつくなんて
ドム:あながちー、ウソじゃないかもよーん
ザコ赤・青:え……えーと、えーと……だ、ワー!
とにかく!騎馬王丸様ってすごいザコ!
エルメチュ:エルメチュー!
ザッパー:まだ回ってるー!

 

シュウト:騎馬王丸にぼくたちが連れて行かれたのは、ダークアクシズ要塞の心臓部!
ジェネラルからリリ姫を守れるのは、ぼくしかいない!
次回SDガンダムフォース「囚われたシュウトとリリ」