アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第41話 囚われたシュウトとリリ

SDガンダムフォース 第41話 囚われたシュウトとリリ

SDガンダムフォース 第41話 囚われたシュウトとリリ

 

SDガンダムフォース 第41話 囚われたシュウトとリリ

 

シュウト:ぼくはシュウト!
ガーベラとの戦いで大破したキャプテンを、次元転送装置でネオトピアに送り出したぼくたち
その時、突然元気丸を狙って、騎馬王丸が襲ってきた!
ガンダムサイは大ダメージを受け、ぼくとリリ姫も元気丸を助けたかわりに、騎馬王丸に囚われてしまった!
これからいったい、どうなっちゃうの?


シュウト:「囚われたシュウトとリリ」


虚武羅丸:元気丸どこだ?
グラップラーグフ:うおおー!ダッ!
一体、どうなってやがるんだー!
デストロイヤードム:誰か止めてー!
ザッパーザク:お掃除できない!
ザコソルジャーたち:ザコー!
虚武羅丸:ムゥ……フッ!
翼の騎士ゼロ:ウッ……デェッ!
爆熱丸:ウオッ……クッ!
ゼロ:ウ……ウウ……
爆熱丸:ウアッ……クワッ!エイッ、グァッ!
ゼロ:ウ……ウウ!ハァッ!ライミさん!
爆熱丸:脱出、できんのか!
ライミ:「推力が確保できません、申し訳ありません」
爆熱丸:あきらめるな!
元気丸:エイッ!
爆熱丸:元気丸!
ゼロ:その力……空間を越えてきたのか!
元気丸:なんだよこりゃ……ミノフスの裂け目に飲み込まれちまうじゃねえか!
ッ、アウウ……
ゼロ:何をする気だ元気丸!
元気丸:うるせー、いいからオイラに任せろ!
オイラの力でここから脱出する!
ウ……ムム……
爆熱丸:何だかわからんが、力を持っているのならお前だけでも逃げろ!
元気丸:うるさい!……もうオイラだけで、逃げるのはゴメンだ!
シュウトの奴、オイラを逃がして捕まっちまった……借りを作ったままじゃ、飯がまずいんだよ!
回想:シュウト:「元気丸、早く逃げて!」
回想:元気丸:「……ッ!……エイッ!」
回想:リリジマーナ姫:「アアッ!」
回想:シュウト:「ウウ、アアッ!うわああ!」
元気丸:あのプニプニ生物たちを助けに行く!
……ウウウ……
ゼロ:元気丸!くじけるな!
元気丸:わかってらい!オイラは元気丸!
天宮(アーク)の若武者、元気丸だー!
エイッ!エイッ!
爆熱丸:おお!
ゼロ:ライミさん!
ライミ:「了解、全速前進します!」
元気丸:いっけえ!
元気丸:クソッ、小さすぎるか?
元気丸:うわ!うわ!ウワーッ、ウヘエ!ウウウーッ!
ゼロ:入っていく!やったぞ、元気丸!
爆熱丸:お前の武者頑駄無(がんだむ)魂、見せてもらったぞ!
元気丸:ヘ、ヘヘヘ……オイラの力……ふわぁ……見たか……
完全善大将軍:時空の彼方で、よもやこのようなところに居合わすとはのう……若武者達よ、運命の導く先へと進め!
ム?あの者達もおったか
虚武羅丸:元気丸……ここにもおらぬか……
ザッパー:ジー……
ザコたち:ザコ……
ドム:ドム?
グフ:ウオオオーッ!
ザッパー:お掃除させて!
完全善大将軍:これでよい、彼等もまた、己(おのれ)の果たすべき役割をじきに見出すであろう
完全善大将軍:フッフ……時空のカラクリも、面白いものよ
フッフッフッフ……フハハハハハハ!
ハハハハハハ!ハハハハハハ!
ジュリ:ガンダムサイ、応答してください
こちらS.D.G.実験場、ガンダムサイ、応答してください
……ダメです、応答ありません
ハロ長官:原因はまだ判明しないのかね
ベルウッド:こっちの機能に問題はない!
ハロ長官:ウン?
ベルウッド:ッ、ガンダムサイにトラブルが起きたとしか思えねえ!
ハロ長官:原因究明を急いでくれ、通信途絶の状況、彼らがラクロアへ行っていたときとは違うようだ
ベルウッド:わかってる!ジュリ、呼びかけ続けてくれ
ジュリ:はい
ガンダムサイ、応答してください、こちらS.D.G.実験場
ベルウッド:キッズ、ガンダムたち……今度こそユーたちの居場所突き止めてやる、もう迷子にはさせないぜ!
キャプテンガンダムカオリン主任、シュウトも無事に転送されてきたでしょうか
カオリン主任:ウーン、アター!装置はばっちりヨー!後からすぐ来るネー!ウーン!
……ウン……それよりキャプテン、自分の損傷を回復することに専念するネー……
キャプテン:……シュウト……
ジェネラル:(咆吼)
角龍・飛龍:(いななき)
シュウト:うわあ!ああ……
リリ姫:ンッ!
騎馬王丸:あと少しで元気丸を捕らえられたというのに……ジェネラルよ、いま一度、ミノフス境海へ!
ジェネラル:(唸り声)
騎馬王丸:ヌウ……
シュウト:ここは……あの時の!
リリ姫:わかりました、ダークアクシズの本拠地、我がラクロアの平和を乱した悪の中心ですね
シュウト:ウン……ぼくらをこんな所へ連れてきて、どうするつもりなんだ!
騎馬王丸:お前たちは勝手についてきただけであろう
……フッ!
シュウト:ああ!……ンッ!
騎馬王丸:俺の狙いは、元気丸のみ!
リリ姫:わかりました
シュウト:ええ?
騎馬王丸:ム?
リリ姫:幼き武者頑駄無を養子にして、悪の後継者にするつもりですね
騎馬王丸:フン!……む……
騎馬王丸:ンン……うーん……
リリ姫:ウッ……
騎馬王丸:……プニプニ
リリ姫:エッ?
騎馬王丸:プニプニ、プニプニ!
リリ姫:ア、ア、ア!
シュウト:やめろ……うわあ!あああ……
騎馬王丸:プニプニ……
リリ姫:アア……
騎馬王丸:プニプニ、プニプニ……
ほう、これが人間か……
シュウト:あ……
騎馬王丸:ハハハハハハ!面白いものよのう!
シュウト:ええ?
騎馬王丸:よいか、天宮を支配するのは力ある者のみ、俺を倒した者のみよ!
リリ姫:力だけで支配できるなど、天宮とはずいぶん単純なところですね
騎馬王丸:……ふふん、面白いぞ娘
プロフェッサーガーベラ:騎馬王丸
シュウト:アア!
ガーベラ:神聖なるジェネラルの間に汚らわしき有機生命体を連れてくるとは許し難き行為ぞ?
シュウト:……あいつは!

 

シュウト:ッ……よくもキャプテンを!
ガーベラ:人間め……この場で分解してやろう!
シュウト:クッ……
騎馬王丸:ほおお、プロフェッサーがそのように声を荒げるとは
シュウト:ウワア!
騎馬王丸:この小わっぱ!……何か特別なのかな?
ガーベラ:クゥ!
騎馬王丸:心配せずとも、俺は再びミノフス境海へ出陣する、その時こやつらを連れて行こう……人質としての、利用価値があるかも知れん
ガーベラ:ガンダムフォースならもうあの空間には存在しないぞ
騎馬王丸:なんと!?もしや裂け目に飲み込まれたか
ガーベラ:いや、99.72%の確率でいずこへか脱出したと推測される
騎馬王丸:ムゥ……また行方を見失ったか
シュウト:みんなうまく脱出できたんだ
リリ姫:ええ……
シュウト:……ねえ、魔法で、ここから
リリ姫:無理です、逃げられません、今動けば斬られます、時を待つのです
シュウト:でも!……ッ!
騎馬王丸:……
騎馬王丸:ガンダムフォースの居所がわからぬ以上、お前らは餌として欠かせぬという訳か
ガーベラ:その子供は確かにキャプテンガンダムの力の源、だがもう1人は……どこかで見たな、お前
シュウト:ああ……!
あ、ぼくはガンダムフォースの特別隊員、シュウト!でも、彼女は関係な……!
リリ姫:私(わたくし)は!ラクロア第一王位継承者、リリジマーナ・ミヤ・ド・ラクロアです
シュウト:……言わなきゃいいのに
ガーベラ:やはり……なるほどラクロアの王族であったか、その顔、確かにデスサイズの報告にあった映像と一致する
お前ならラクロアの精霊の樹を操れるはずだ
リリ姫:わかりました、騎士(ナイト)ガンダムを誕生させて利用するつもりですね
……そんなことはさせません
ガーベラ:嫌でもそうすることになる
リリ姫:……ッ!
シュウト:やめろ!姫にひどいことするな!
騎馬王丸:プロフェッサーよ!俺の戦利品、手荒く扱わないでもらおう
ガーベラ:ほう?ラクロア姫は渡せないというのか
リリ姫:私に何かがあれば、精霊の樹は永遠に使えなくなりますよ?
ガーベラ:ええい……
騎馬王丸:ハッハハハハ!ますます面白い、勇気ある小わっぱどもだ
ガーベラ:精霊の樹があれば騎士ガンダムをジェネラルに捧げることができる、この者はどうしても譲るわけにはいかんな
騎馬王丸:欲しければ実力で奪うがよい!
ガーベラ:そうさせてもらおうか
騎馬王丸:ンンムッ!ムム……ムオッ!
ヌヌヌ……
ガーベラ:……ムゥ!
リリ姫:今です、フッ!
シュウト:アアッ!あ、ああ……うわ!ウワア!アアッ!
ガーベラ:人間!何をする!
シュウト:ウ、ウワア!ど、どうするの!
リリ姫:あれこそ、ダークアクシズの中心と見ました
ガーベラ:ジェネラルに近づくな!無礼な人間め!
ガーベラ:チッ、汚らわしき人間どもめが!
シュウト:……ジェネラル……
リリ姫:我は、リリジマーナ・ミヤ・ド・ラクロア
あなたが連れ去った我が国の騎士ガンダム達を、返しさい!
シュウト:うわあ!
リリ姫:アアッ!
シュウト:……あ?
リリ姫:キャアー!!
シュウト:……ッ、エイッ!リリ姫ーッ!
ガーベラ:フッ、何!
シュウト:ンア!ア、アア……
リリ姫:ああ……
ガーベラ:おのれ……!
騎馬王丸:ハッハハハハー、こんな所でこやつらを死なすのはもったいない
シュウト:エ……イタタ……
リリ姫:大丈夫ですか
シュウト:ああ……なんとか
リリ姫:アアッ……
シュウト:あ?……ン、ウワア!
シュウト:あ、あれは……騎士ガンダムの……
リリ姫:あ……あ……
回想:紅蓮の騎士バトール:「この4万体の敵、我ら4人が……」
回想:熱砂の騎士ロック:「姫を祭壇にお連れしてください」
回想:青銅の騎士ナタク:「戦いは数で決するものではないのだ!」
リリ姫:ああ……ああ……
騎馬王丸:プロフェッサーよ、こやつらは俺が連れて行く
代わりにぬしの望み、叶えてやろう
ガーベラ:なんだと?
騎馬王丸:こやつらを餌にガンダムフォースをおびき出し、俺に逆らった武者頑駄無達とあわせて、嫌と言うほど!ジェネラルに捧げてみせるわ、フン!
ガーベラ:……
騎馬王丸:聖なるこの間に、人間を置いておきたくはないのだろう?
ガーベラ:……よかろう
シュウト:おい!ぼくたちをどこへ連れて行くつもりだ!
騎馬王丸:俺とガンダムフォースの決着をつけるのにふさわしい戦場……天宮だ
シュウト:エエッ!?
騎馬王丸:待っておるぞ元気丸、ガンダムフォース!我が故郷、天宮にて!
角龍・飛龍:(いななき)
爆熱丸:アアッ……なんとか助かったようだな……
ゼロ:ああ……
ゼロ:よほど疲れたと見える、よく眠っている
それにしても、ここは一体どこなのだ
爆熱丸:オ……
ゼロ:どうかしたのか?
爆熱丸:シッ、静かにしろ
爆熱丸:アッ、ウ……
ゼロ:……なんだ?
爆熱丸:ハッ、アア!
ゼロ:こ、これは一体?
爆熱丸:……アアッ!
ゼロ:なんなんだ、この、戦いは!
爆熱丸:……ム?まさか!
ゼロ:城が……動いてる!
爆熱丸:まさしくあれは……天地城だ
爆熱丸:そしてここは俺の故郷!俺の守るべき国!
天宮だぁ――ッ!!!
ザコ3人:「ザコザコアワー!」
ザコ赤:みなさん、こんにちは!
ザコ青:ハイです!
ザコ黄:オイッス!
ザコ赤:本日のミーティングは、
ザコ3人:この方は!誰だー!揺れるガンダムサイからお送りしますー!ドワ、ダア、アララ!
……ッです!
ザコ赤:あイヤイヤイヤイヤ、突然すぎてビックリしたザコ!この方を覚えているザコ?
ザコ青:もちろんですザコ!
ザコ黄:ハイ!ハイハイハイ!答えるザコ!
あ真の力ー!
ザコ赤:じゃ、どうぞ!
ザコ黄:そう、謎の方とはこの方です!
ザコ赤・青:アホかー!これは爆熱丸ザコ!謎の方じゃないザコ!
ザコ黄:あれえ?じゃ、この方です!
ザコ赤・青:アホかー!これは子供武者ザコ、謎の方じゃないザコ!
ザコ黄:あれえ?じゃあじゃあこの方ー?
ザコ赤:アーハ!そうザコ!
ザコ青:この方ザコ!
ザコ黄:この方は、以前ネオトピアに現れた謎の大将軍ザコ、ものすごい技と力を持ってるのに、いつも見てるだけのヘンな武者頑駄無だったザコ
ザコ赤・青:そう、そうだったザコ
ザコ黄:どうです?真の力を見たかー!
ザコ赤・青:威張るなっての!
ザコ黄:だってだって、こういうステージでは何と言っても情熱が大事じゃないッスかー?情熱がいるんですよ情熱が!
ザコ赤:キミに情熱とか言われたくないザコ!
ザコ青:ンでぃショッと!まずキミは太鼓持ちとしてがんばらないとダメザコよー!
ザコ黄:なんですとーッ!?ザコは太鼓持ちじゃないザコ!?ギャグキャラでもないはずザコー!
昔は、マシンガンやヒートホークを持って敵に恐れられたこともあったはずザコ
ザコ青:すげカッコイー!グッ!
ザコ赤:そうだよなー、ザコたちはこうだったよな……
ゲ?違うザコ!テーマがずれてるザコー!
ザコ黄:ヤア、あマアマアマアマアマアそんなに怒らなくてもー、いま結構ハマってたじゃないッスかー?ネエネエ?
ザコ赤:な、なにおお!
ザコ青:ンニャーしゅタッと!まずキミは自分のミスを認めることを覚えるザコ!
ザコ黄:ンなんですとーッ!?
いっつも自己主張ばっかりのアナタに言われたくないザコー!
ザコ青:……なんですとー!?
ザコ黄:なんですとー!?
ザコ赤:イヤー、マアマアそんなこと言ったって、2人とも似たもの同士ザコよ?
ザコ青・黄:ガ、ガーン……に、似てるなんてー……
ザコ青:あれ?そういえば
ザコ黄:あれ?似てるような……
ザコ青・黄:♪ふったりは似たもの同士!あザッコザコ!
ザコ赤:戯れ言はやめろ!
……アーどうザコー?今のカッコよかったでしょ?ど、ど、ど、どう?
ザコ青・黄:アンタも自己主張激しいザコ!
ザコ3人:あ、あれ?てことは3人とも似たもの同士ってこと?似てるー?
ワアー!とにかくわからないことだらけだけど、がんばるザコーィ!

 

シュウト:やっとたどり着いた天宮は大合戦の真っ最中だった、はなればなれになった爆熱丸のピンチに、次元を越えて現れたのは……
次回SDガンダムフォース「戦乱の天宮」