アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第42話 戦乱の天宮

SDガンダムフォース 第42話 戦乱の天宮

SDガンダムフォース 第42話 戦乱の天宮

 

SDガンダムフォース 第42話 戦乱の天宮


シュウト:ぼくはシュウト!
ダークアクシズで、プロフェッサーガーベラに利用されそうになったぼくとリリ姫は、ガンダムフォースを呼び寄せようとする騎馬王丸に、天宮(アーク)へ連れて行かれちゃったんだ
ゼロや爆熱丸、元気丸はどうなったんだろう
天宮を舞台に、また激しい戦いが起こりそうな予感……キャプテン、早く戻ってきて!


シュウト:「戦乱の天宮」


武里天丸軍野武士(ノブッシ):オオ!?
武里天丸軍野武士たち:ウワア!
武里天丸軍野武士たち:ワア!
武里天丸軍野武士たち:オオー!
武里天丸軍野武士たち:退却ー!退却ー!
爆熱丸:おお!天地城が優勢だ
ゼロ:この凄まじき城、天地城というのか
爆熱丸:ああ!騎馬王丸に対抗する唯一の武将、武里天丸(ぶりてんまる)様の城だ
俺もかつてはあの城に身を寄せ、騎馬王丸軍と戦っていた
はっ、あれは家紋砲(かもんほう)だ!
いけ!騎馬王丸軍を蹴散らせ!
武里天丸軍野武士たち:ワー!ワア!
爆熱丸:ヘッ?
武里天丸軍野武士たち:ワー!
ゼロ:凄い威力だな……ン?どうした
爆熱丸:あ……あれは!
……騎馬王丸の家紋!
ゼロ:何?
爆熱丸:あれは!
……騎馬王丸の旗!
あれは、ダークアクシズのザコブッシ!
ザコブッシ・騎馬王丸軍野武士たち:ウオー!ヤー!
爆熱丸:あれは……騎馬王丸の、王将號!
ゼロ:姫!シュウト!
爆熱丸:おのれ騎馬王丸!ここで会ったが百年目!
ゼロ:姫、今このゼロがお救いいたします!
武里天丸軍野武士:五の陣が破られた!四の陣まで引けい!
ゼロ:姫ーッ!……ウッ!
爆熱丸:シュウトー!ウオッ!
爆熱丸:俺を炎の武人、爆熱丸と知っての不意打ちか!
爆覇丸:フハハハハハハ!炎の武人だと?
笑わせてくれるわー!
爆熱丸:貴様……何者!
爆覇丸:ワシか!ワシの名は!
東方不敗!爆覇丸!
(とうほうふはいばくはまる)
猛禽丸:天剣絶刀!猛禽丸!
(てんけんぜっとうもうきんまる)
機獣丸:獅王争覇!機獣丸!
(ししおうそうはきじゅうまる)
破餓音丸:笑倣江湖!破餓音丸
(しょうほうこうこはがねまる)
騎馬王衆4人:騎馬王衆、見参!
ゼロ:騎馬王衆だと?
爆熱丸:その城は、武里天丸様が治めていたはず!
爆覇丸:我ら騎馬王丸軍が落としたのよ、ビグザムとかいうダークアクシズのカラクリを、二十と九つも失ったが、この天地城!それだけの価値はあったわ!
爆熱丸:おのれー!天驚剣!
爆覇丸:バカ武者がー!
酔舞!爆覇槌撃ー!
(すいぶばくはついげき)
爆熱丸:うおっ!グワ……ガーッ!
ゼロ:ウッ!
破餓音丸:破餓音!鎧突進!(はがねがいとっしん)
ゼロ:ダアーッ!!
爆熱丸:ドワーッ!
ゼロ:ウウッ!ウ……天地城、おそるべし!
爆熱丸:こうなったら、武里天丸様の力を借りるしかあるまい
ゼロ:頼りになるのか、そのお方は
爆熱丸:ああ……かつて天宮の半分を治めていた武将だ
『太音ヶ士磨大短丁(だねがしまだいたんちょう)』を自在に使い、心清らかな者にしか着ることができぬ伝説の武具、『爆心の鎧』をまとった勇猛果敢なるお方……
武里天丸軍野武士1:「騎馬王丸軍の者か」
爆熱丸:おお!武里天丸軍の者だな、俺は爆熱丸、武里天丸様の本陣へ案内してくれ
武里天丸軍野武士1:爆熱丸はすでに死んでおるわ
爆熱丸:死んだ!?
ゼロ:ハッハッハ!ではここにいるのは誰だ
武里天丸軍野武士2:何だそのガキは
爆熱丸:オッ?
武里天丸軍野武士3:向こうの丘で見つけたんだ
爆熱丸:元気丸!
ザッパーザク:あーエラい目にあったなー!
グラップラーグフ:目が!回るー!
デストロイヤードム:どこ!どこ!ドムドム~!
ザコソルジャーたち:ザコザコ……
虚武羅丸:ここはまさか……
ザッパー・グフ・ドム:ダーッ!なんじゃこりゃあ!
ザッパー:えらいことになっとる!
虚武羅丸:やはり天宮であったか
ザッパー:あー、なんだなんだ!オイ!
グフ:何だオイ!
ドム:ドム!ドムー!
ザッパー:アーラー!
グフ・ドム:オー!
ゼロ:ッ……あのばかでかい刀は何だ
爆熱丸:武者大神将の太刀、『大両国技剣(だいりょうこくぎけん)』だ
武里天丸様は、あれを守って、この地に本陣をしかれたのだ
ゼロ:あの銃は?
爆熱丸:太音ヶ士磨大短丁……
ゼロ:あの鎧が!
爆熱丸:うむ、爆心の鎧だ……
俺が幼い頃に見た、あの鎧をまとった殿のお姿……颯爽としたそのお姿が、まぶたの裏に焼き付いておる……
ゼロ:……で、あの方が
爆熱丸:ウン!武里天丸様だ
ゼロ:ウ……ウウウ……
爆熱丸:殿!爆熱丸、ただいま異世界より帰還しました
武里天丸:信用せーん!
爆熱丸:エエッ!

 

金鶴:何が異世界だ、お前は討ち死にしたと思っていたのに!
銀鶴:戦の最中に逃げ出しておったとは!
爆熱丸:お、俺は逃げたのではない!聞いてくれ!
武里天丸:信用せーん!
爆熱丸:ウウ!武里天丸様……
元気丸:ウーン……
爆熱丸:ウン!?
ゼロ:ウン?
元気丸:よく寝た……
武里天丸:ヌ!
元気丸:ア?……アアア!ウワアア!
イテテテ……あ、あれ、あれえ?
……ウワア!ウッヒョー!ここは天宮じゃねえか!アハハ!アハアハ……アン?
武里天丸:……
元気丸:なんだジジイ?
爆熱丸:こらあ!このお方をどなたと心得る!
元気丸:ふん、そっちこそ、オイラを誰だと思ってるんだ
爆熱丸:おお?
元気丸(元騎丸):オイラは元騎丸!
天下一等!元騎(気)丸ー!……ワッ!
フン!
武里天丸:信用せーん!
元気丸:ウワ!
武里天丸軍野武士4:そ、その文字は!
武里天丸軍野武士5:騎馬王丸の一族か!
ゼロ:なんと!
元気丸:オイラは!騎馬王丸の敵だ!息子なんかじゃねえ!
爆熱丸:息子!?
元気丸:あ!
ゼロ:つまり、騎馬王丸はキミの父上だったのか!
元気丸:ち、ち、違う、違うんだ!
武里天丸:信用せーん!
元気丸:ウッ!
武里天丸軍野武士?:おお!それは騎馬王一族の家紋!
元気丸:ああ……
爆熱丸:な!まさか!
ゼロ:どういうことだ!
金鶴:こやつらやはり!
銀鶴:騎馬王丸の手下と知れたわ!
武里天丸:信用せん!
元気丸:あいつは天宮の裏切り者、オイラは部下でも息子でもない……
大体あいつは、オイラがいることも知らず、母上を捨てたんだ!
爆熱丸:やはり、騎馬王丸が父上ということではないか
ゼロ:いずれにせよ、まずは姫とシュウトを助け出さねばならない
爆熱丸:……行くなら行け
ゼロ:姫とシュウトを見捨てるのか!?
爆熱丸:仲間を見捨てる武者などおらん!
……だが、今は動けん、動くわけにはいかんのだ
ゼロ:なぜだ!?
爆熱丸:俺は……敵前から逃げ出した卑怯者といわれた、身の証を立てるまで、もう逃げるわけにはいかんのだ
……元気丸が騎馬王丸の部下でないという話、俺は、信じている
こいつは、今まで命がけで騎馬王丸と戦い続けてきた、武者の心を動かすのは、言葉ではない、俺は行動によって、武里天丸様の信頼を勝ち取ってみせる
そして!俺は2人を助け出す!
ゼロ:そうか……だが、時間を無駄にはできん!
マナよ!
爆熱丸:アアッ
ゼロ:私に任せろ!
ゼロ:……心清らかなる者しかまとえぬという伝説の鎧……私にこそふさわしい……
ゼロ:熱ちィー!!
爆熱丸:ン?お……
ゼロ:アッ!……ヌッ……
ゼロ:熱かった……
ゼロ:オ?
爆熱丸:なんの騒ぎだ
爆熱丸:おお!
元気丸:んぎ!?
ゼロ:ウワ!
爆熱丸:ドワーッ!!
元気丸:ウワー!
ゼロ:ウオアー!
元気丸:ウッ!
爆熱丸:ドワッ!
ゼロ:……!
爆熱丸:ウウ……ビグザム
ザッパー・グフ・ドム:誰か止めてー!
金鶴:天地城無くとも!
銀鶴:我ら恐れること無し!
武里天丸:ウーム!太音ヶ士磨!大短丁ー!
金鶴・銀鶴:用意、よし!
金鶴・銀鶴:ドワーッ!
金鶴・銀鶴:ウウウ……
武里天丸:信用せん……
爆熱丸:いかん!
あれを撃たれたら、こんな陣地吹き飛ぶぞ!
ゼロ:そうはさせん!ヴァトラスソード!
……ムウ!おっ、……
爆熱丸・元気丸:……
爆熱丸:今のは!
ゼロ:オオッ!
キャプテンガンダム:次元移動、完了
ゼロ・爆熱丸:キャプテン!?
キャプテン:ガンダムフォースの仲間達の無事を確認
爆熱丸:キャプテン!
キャプテン:遅くなってすまない
キャプテン:ターゲット補足、攻撃を開始する
ゼロ:キャプテンが、空を……
元気丸:すげえ……
キャプテン:よし!
ハイパーモード、始動!
キャプテン:発射準備!
Vアタック、起動!
元気丸:オオオ……
ザッパー:やっと止まった、ヘロヘロ……
キャプテン:オプションFをパージ、各部、冷却開始
爆熱丸:キャプテン!キズは治ったのだな!
キャプテン:ああ
ゼロ:なかなか……美しい姿だ!
キャプテン:ゼロ、君もなかなかだよ
ゼロ:オ……
武里天丸:ムー……
金鶴:おお!ビグザムがいつの間に!
ゼロ・爆熱丸:ンン?
銀鶴:あっぱれ、あの者たちが倒したのか!
武里天丸:ウム!ウーム!ウーム!ウーム!
ゼロ:オオ!
爆熱丸:ついに……ついに信用していただけたか!
ゼロ:ウム!
金鶴:いやいや、見事な腕前でござるな
爆熱丸:オ?
銀鶴:さすが我が軍の精鋭!殿もいたくお喜びでござるぞ!
武里天丸軍野武士2人:はあ……
武里天丸:アッパレー!
武里天丸軍野武士:ハハー……
爆熱丸:そ、そんなあ……アハア……
キャプテン:ところで、シュウトとリリ姫は今どこに?
ゼロ・爆熱丸:アア!
爆熱丸:あ!……ああ……
ゼロ:ああ……
ゼロ:それがだな……
ザコ3人:「ザコザコアワー!」
観客ザコ:(歓声)
ザコ赤:みなさん、こんにちは
ザコ青:まいどー!
ザコ黄:オイッス
ザコ赤:本日のミーティングは
ザコ3人:『こんな所にも、ビグザムがいたのー!』
観客ザコ:(歓声)
ザコ赤:です!いやいやいやいや!あのビグザムが天宮にもいたなんて!
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよー!
S.D.G.基地を墜落寸前まで追い込んだ、あの巨大なビグザムぐわ!
ザコ赤:すんごく強くて、ザッパーザク様たちが乗っていなかったらもっと強かったはずのビグザムが!
ザコ3人:なんと29機も天宮にいたなんて!
ザコ赤:我がダークアクシズビグザムが29機もあったなんて、知らなかったザコー!
ザコ赤・青:ビグザムが29機もあれば!
ザコ黄:いや……
ザコ赤:あんな事も!
ザコ黄:こんな事も!
ザコ赤:くっふぅ!
ザコ青:ウフ!
ザコ赤・青:ワーイワーイ!
ザコ黄:あの……
ザコ赤:何ザコ!ゴチャゴチャうるさいザコねー!
ザコ黄:いやあ、あのー、全部やられてたザコ
ザコ赤:ああっ!
ザコ青:えっ!
ザコ赤・青:ガーン……
ザコ赤:た、確かに
ザコ青:ちがうんですよそーなんですよ!一体だれの仕業ザコー!
ザコ赤:は!
虚武羅丸:武里天丸から天地城を奪うための戦いで、29機のビグザムは破壊されたのだ
ザコ3人:のわ!ガ、ガーン……
ザコ赤:たった1個の天地城に29機のビグザムがやられたザコー?
虚武羅丸:そうだ
ザコ3人:おお!ガガーン……
ザコ青:その天地城ってあのヨボヨボ武里天丸の物だったザコー?
虚武羅丸:そうだ!
ザコ3人:ガッガッ!ガガーン……
ザコ黄:でもって、生き残った最後のビグザムには、松の木も生えてたザコー!
ザコ赤・青:ま、松の木……
ザコ黄:あ、だから新型キャプテン1人にやられちゃったザコねぇ?納得!あザコザコ
ザコ赤・青:新型?
だー!あれがハイパーキャプテンザコ!
虚武羅丸:たった1人でビグザムを倒すとは……恐ろしい奴!タァッ!
ザコ赤:あ、とんだ
ザコ黄:ほおら!やっぱり情熱なんですよ!言ったじゃないですか、情熱があれば1人でビグザムを倒せるんですよ!
ザコ赤:よーし、ザコたちもハイパーキャプテンに負けない情熱でー!
ザコ3人:ガンバロー!
ザコ黄:あ、あれ、誰もいないザコ
ザコ青:え?あ、ホントだ
ザッパー:押すんじゃねーよ!おめえら暑苦しいんだよどっか行ってろアイテ誰だお前あー!
グフ:ウー……!
ドム:おい!いるんだろ!上に立ってるんだろ!

 

シュウト:天地城の攻撃を止めさせるため、ぼくは騎馬王丸に将棋で勝負をいどんだ!絶対に勝つぞ!次回SDガンダムフォース「究極の一手!騎馬王丸対シュウト」